年始の酒

みなさまの良い年になりますようお祈りいたします。

〇 SHERRY WOOD FINISH、GLENMORANGIE、SINGLE HIGHLAND MALT SCOTCH WHISKY
・蒸留所、GLENMORANGIE。スコットランドで最も売れているこのウィスキーはスパイシーで塩っぽいが、繊細であり、普通はバーボン・バレルで熟成される。これが軽すぎると思う者たちのために、蒸留所はウッド・フィニッシュを先駆的に始めた。グレンモーレンジはきれいな蒸留所で、林の中にあり、インバネスからウィックへ向かう北ハイランドのルート上にあるものの中で、最も有名である。(文献、Scotland and its Whiskiesより)
・BURGUNDY WOOD FINISHは2度ほど飲んだことがあるが、Sherry Wood版は初めて飲む。とても甘い味なんだと想像してたけど、そうでもなかった。上品に甘さが香るような味です。
・バーボン樽で熟成した後、シェリー樽で仕上げの熟成。私のクライミングは、まったく熟成していないけれど、それでも毎年少しづつは、いろいろな岩場で熟成していくものだと思いたい。よい年になりますように。
b0037220_16164837.jpg


きん
by climber-kin | 2009-01-01 16:37 | 酒ログ | Comments(2)
Commented by mot at 2009-01-04 12:39 x
おめでとうございます。
今年もクライミングがんばりましょう。
Commented by climber-kin at 2009-01-04 23:20
motさん、今年もがんばりましょう。タイはどうでしたか?もしかして、ビブリオ菌にやられましたか?私も10数年前プラナーンへ行った時にやられました。
<< 2009年1月2日、二子山 「2008年、一年を振り返って」 >>