ブレンド

山の洗濯ものは、山の帰りに洗濯している。小川山方面の帰りは韮崎IC傍のオギノにあるコインランドリーによることが多い。なにせ東京のコインランドリーの半額で済むのだ。洗濯ものを乾燥機にかけている間にオギノで酒を買っていた。この夏は北杜12年を買い続け、飲み続けていたのだが、私が買い占めたせいか(笑)、最近、ウィスキーの陳列棚から消えてしまっていたのだった。6月末から花崗岩通い。いろいろなルートを沢山登った。それぞれのルートには個性があり癖がある。花崗岩は傾斜が緩い分、いろいろなムーブの可能性がある。だから楽しい。いろいろな技術やムーブを組み合わせて登る。そんなところから思いつき、久々にブレンドウィスキーを買ってみた。お気に入りの中国雑技団Tシャツと同じ色だしね。多彩なムーブがでてくる花崗岩は、スラブ、フェース、クラック、カンテ、ハング等々の「ブレンディッド・クライミング」と呼べるかもしれない。

〇 バランタインブルー12年、BLENDED SCOTCH WHISKY
・バランタインブルーは、スコットランドの4つの地域、ハイランド(芳醇)、アイラ(スモーキー)、ローランド(繊細)、スペイサイド(フルーティ)の様々(40種類以上)なモルトのブレンドウィスキー。
・北杜12年もシングルモルトではなくて、白州蒸留所と山崎蒸留所のピュアモルト(複数のシングルモルトを混ぜ合わせた)ウィスキーだった。
・この夏登った、いろいろなルートを思い出しながらブレンドされた複雑な味を楽しむ。
・例年なら、そろそろ違う岩場へ移る時期だけど、今年の花崗岩シーズンは、まだ終わらない。
b0037220_13361150.jpg


きん
by climber-kin | 2010-09-23 16:36 | 酒ログ | Comments(0)
<< ライン 2010年9月22日、T-WA... >>