肉離れの酒

最近、酒の量が増えてます。安い酒しか飲んでいないのですか、気が付くと一晩で半分とか。こりゃいかんと思いながらも、怪我してるんだから仕方がないと飲んでしまいます。これも、「スタンフォードの自分を変える教室」の第4章によれば、よくあるケーススタディのようです。さらに、その悪いケースに便乗して?、買ってきてしまいました。どうせ、沢山飲むなら、うまい方がいいじゃんって。怪我したら、自棄酒飲むしかないでしょう。「いつ飲むの?」「今でしょう!」。どこかの予備校の宣伝か?このフレーズ流行ってるみたいですね。

〇 「ホワイトホース12年」と「Famous Grouse」
・ホワイトホース。日本で言えばサントリーのダルマみたいな。
・Blendedでも、12年ものは、口当たりがいいです。沢山飲むには、口当たりがよいのがよいですね。
・「Famous Grouse」は、12年ものもあったのですが、今の自分には似合わない値段でした。パス。飲むとキンキンくる、安物で。
ホワイトホース12年は、さすがにこなれています。少~しスモーキー。ビート風味も少し。スコッチウィスキーの全ての特徴を少しづつ持っていて、12年目のまろやかさ。これ、コストパフォーマンスよいかもしれません。
・「Famous Grouse」は、ちょっとやんちゃな味が残っているかもしれません。だけど、すっきりしていて辛口でいいかも。
b0037220_18344711.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-01-26 18:46 | 酒ログ | Comments(2)
Commented by よねひこ at 2013-01-27 09:00 x
故障時に限らずクライミング意外に自分を夢中にさせてくれるものをいくつか持っているって大切ですねp(^^)q。私も読書やサックスでオーバートレーニング防いだりしてるんですが、お酒の蘊蓄はなくて飲めればなんでもいい!みたいなガサツで寂しいですf^_^;。違いの分かるオトコになりたい(^0^)/。
Commented by Climber-Kin at 2013-01-27 17:23
よねひこさん、酒は趣味とは言えないような(笑)。お腹が空いている時に飲むと、味がよくわかりますよ。酔っばらってくると、もう、味もなにもありません。なんでもOKみたいな。酒の味って体調にもよります。うまい酒はいつでもうまいのですが、うまくない酒は体調がよくないとうまくないみたいな(笑)。体調いい時は、どんな酒でも、うまいですよ。
<< 2013年1月27日、T-WA... ハムストリング筋・肉離れ(13日目) >>