台風の酒

今日は台風18号で一日、家に缶詰だろうとおもっていたが、その通りになった。昨日はそんな予感から、ジムで自分で設定した課題で出し切ったのだが、単に疲労の谷を深くしただけだろう。夕方からプールでもという気持ちもあったが、とっても体が怠くて、行く気もしなかった。昼寝してから、夕方、台風の雨もやみ、散歩がてら、今晩の酒を買いに、近所のサミットまで歩いていった。そこで目についたのはこの酒でした。

〇 竹鶴12年、ニッカ
・はっきり言って、高くない。¥2,380でした。お酒飲まない人から見ると、とっても高いかもしれませんけど。いや、シングルモルト12年で一番安いグレンフィディックと同じぐらいの値段かなぁ?
・シングルモルトでなくて、ピュアモルトだからかもしれません。これニッカです。
・サントリーの白州とか山崎はもっともっと高いです。だけど、白州と山崎をブレンドした北杜12年もそれほど高くありません。ブレンドは安く設定しているのか?作り方の原価から来ている価格なのか?マーケティング的な戦略的な話なのかまでは、私には、ちょっとわかりません。
・さすがに、21年ものは、9,000円ぐらいするみたいですが、一度飲んでみたいですねぇ。今の課題が登れたら、思い切って買っちゃうとか。だけど、9,000円払うなら、あれも飲みたいし。
・竹鶴は何度か飲んでいるのですが、値段の割にはあまり買ってないです。なぜなら、ちょっとセメダイン味が気になるからです。このセメダイン味はウィスキーのアクセントとして、ありなのですが、強すぎるのは、どうも苦手です。一番、セメダイン味が強いウィスキーは? それは、私の知る限り、メコンウィスキーです。
・セメダイン香(味)が強い場合は、ロックでも、少し、氷が解けて水が増えた状態で飲むとおいしくなります。
b0037220_1811396.jpg


そして、ずっとトライしている例の課題なのですが。自分の性格からか、一つの課題を始めると、他の課題に全然興味がわかなくなってしまうのです。良いのか悪いのか?
登り損ねた7月13日のトライ。リップ取りで、その前回の失敗(リップに届かなかった)から、勢いよく左手出し過ぎて、右手が外れてフォール。悔しかったのですが、そこまで行けてるから、そのうち間違えなく登れると思ってトライを継続していました。真夏のコンディションでは、今から考えると、厳しかったようです。一方で、トライしている最中に、穴ホールドの結晶が二つ取れて(すいません)、状況が少し変わってきたように思います(やはり難しくなった)。状態がよくなってからも登れないかもしれません。そうなっちゃったら、少し合間をとって、さらに鍛えて、再チャレンジなのかなぁ。今までも何度も経験してきましたが、引き際は難しいです。とは言え、まだ結論が出ているわけではありません。シーズンはこれからです。まずは、全力で頑張るのみです。酔っ払うと前向きになるなぁ(笑)。

きん
by Climber-Kin | 2013-09-16 18:20 | 酒ログ | Comments(0)
<< 2013年9月17日、T-WA... 2013年9月15日、T-WA... >>