2014年8月2日、多摩川水系・水根沢谷

今年の夏も暑過ぎる。天気も不安定です。今週も甲信越の方は午後から雷雨っぽい。夏休み前なので、岩登りは一度お休みにして、涼しい、いや真夏でも寒い沢登りへ行くことになった。そして、連日の雷で増水しているだろうなぁという不安があったが、当初は、泳ぐ沢「海沢中流」の予定だった。ところが、入渓ポイントに到着すると立ち入り禁止の立札があった。7月より伐採工事が入っているようで、海沢中流部分の一部が立ち入り禁止になっていた。見た感じも、沢に樹木が覆い被さり、何だか暗そう。もともと、海沢中流登って、元気があれば上流へ繋ぐか、午後から水根沢の二本立てもいいかなと考えていた。そして、迷わず、水根沢へ向かった。

もう記憶の彼方であるが、水根沢は、20年以上前に2度ほど入ったことがある。沢の水は濁っていた。登りだしてわかったのだが、いつしかの大雨もたらした台風のせいなのだろう。沢の回りが、いたるところで、かなり崩壊していた。そして、結構増水していた。増水していたお蔭で難易度あがっていて、かなり充実できました。

入渓:08:00
半月の滝上部先:11:30(ここで打ち切り)
仕事道経由で水根沢バス停傍到着:12:30

〇 水根沢谷
・殆どの滝は、水際気味で遡行できます。ツリツリの側壁をステミングで突破する滝が三つぐらいありました。
・水が濁っていて、水の中のフットホールドとかの様子が見えず、いきなり足取られてドボンとか多数。
・昨年行った丹波川本流のへつって泳いで突破とは違って、水に逆らって登ると言う意味で、違ったおもしろさを満喫しました。
・ずっと、濡れた状態で、水につかっている時間が長くて、芯まで冷えました。
・夏は岩へ行っても、状態悪いから、この時期は沢登りの頻度を増やしてもよいかもしれない。
b0037220_23101727.jpg
b0037220_23283034.jpg

b0037220_23283948.jpg

きん

by Climber-Kin | 2014-08-02 23:25 | 沢登り | Comments(2)
Commented by さち at 2014-08-03 09:02 x
水没する沢のハイシーブンですよね!楽しそうです、水根沢も機会があったら行きたいです。
Commented by Climber-Kin at 2014-08-03 12:51
さちさん、今年は、増水で、どの沢も難しくなってるようですね。水根沢は気楽にとりつけて、しかも楽しめる。いい沢だと思います。
<< 2014年8月2日、沢登後、カランバ 2014年7月30日、T-WA... >>