2014年11月22-23日、二子山、ペトルーシュクァRP

◇ 22日(土)
先々週に初めて、9p目を突破できて、10p目を超えることができたのだが、すぐに凍りついて動けなくなってしまいました。先週も土日の二日目にして、なんとか10p目を超えることができて、実質後2手まで迫ったところで、やはり、前腕が張っていて動けなくなってしまいました。今週は水曜日に平日カードを切ったのでした。そして、今度も10p目を超えて、実質終了と思っていたガバカンテを掴んだのですが、手が冷えていて乾燥し過ぎでツリツリ状態、右手がスッポ抜けて大、大フォールして悔しい思いをしたのでした。そして、今週は暖かい予報でした。チャンス!だけど、こんな時は気負い過ぎて完登できないパターンが多いことに不安を持ちながら、今週末も二子へ向かったのでした。どうせ午前中は冷たいし、3トライしかでないだろう。水曜日も二子へ行っている。いつもより、45分遅めの出発でした。

(1-2) 高く登れ(10b)、MS、再登×2
(3) バイパス(10a)、MS、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、×
・内出血している膝にはニーパッドを当てた。だが、当てる場所がわかっていたので、登る直前に付けた。しかし、これがよくなかった。
・8-9p間、第1核心でのニーバーでこのニーパッドがずれてきてしまった。オーマイガー!元気のよい一便目。余裕があったのに。
・そうか、ニーパッドをして、少し汗をかいて、滑らないようにしないといけないのか。水曜日の最終便で、ニーバーが決まらなかったのも、このせいか。
・それと、背骨の横の筋が痛めたぐらい凝ってしまって、痛くなってしまった。ダッコちゃんレストと第1核心の最初の右手ガストン取りに背中を使うんだよなぁ。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、RP
・先便降りてきてから、汗をかかせるためにニーパッドは外さなかった。エピ缶の上にあおむけに寝て、背中の凝りを少しでも、ほぐそうと次にトライまでの時間を使った。
・岩は温かいと、みな言うが、このルートのRPトライは絶対に指が冷えると思い、焼石を持って行った。
・中盤の体幹使ったレストポイントまでは、いつもと同じ感じだった。今日はツルツル感は少なかった。
・背中を痛みの様子をみながら、ダッコちゃんレストをした。右手保持で左手レストさせると、背中が苦痛だった。あまり長居はできなかった。両指を焼石で温めてから、ゴー!
・8p目クリップは、左肘を伸ばすこと。右手サイドアンダー気味に戻して、座り込んで、左手を一度シェーク。
・第一核心最初の入りの右手ガストンは、腰を壁から離さないように気を付けて、背中を捻ること。がっ、その背中が痛い! よし、右手ガストンしっかり止められた。
・ここから、みなから悪評の渾身のムーブに入る。
・左手デッド気味にちょいガバのコルネ取り、体幹使って左足上げ。体が傾かせてニーバ。そして、右手マッチ。膝に挟まれている左手を少しづつ、ずらして、そっと抜いて、さらに再度腰を入れて左手、コルネ取りへ。
・左手コルネはハンマーヘッド状の良いところが持てた。右足をツルツルしているが、少しだけ、窪んでいるホールドを搔き込みながら、滑るなよ~と念じながら、一気に立ち上がり、9p目クリップホールドのガバへ。取れた!
・9p目クリップ。ここで、レストだ。
・9p目に到着すると、途端にパンプが襲ってくる。ここに到達できたのは4回目だが、2回目と3回目は猛烈なパンプがやってきた。今回は初めて到達できた1回目のように、あまりパンプがやってこなかった。チャンスかも!
・右手ジャム、左手逆手ナックルで左右の前腕を交互に休ませる。長居をすると、今度は体幹がよれだし、いつの間にか指に力が入り出して、知らないうちにパンプしてしまう。
・行けそうな前腕具合を左右で確かめる。そして、念のため、秘密兵器を右手で握ってから最後の核心へ突入した。
・10p目クリップまで、スムーズに入れた。そして、小刻みに足を刻み、手を進める。そう、足で足で!
・先日ツリツリで落とされた、右手カンテは今日はフリクションが少しあった。とは言え、ヨレた体で大きな足上げは不安だった。少しギクシャクしながらも左手カチに届いた。そして、右手ポケットカチホールドへ、大きな動きで終了点カチへ。ロープを引き上げられなくなるぐらいパンプするのではないかと不安があったが、終了点にクリップできる余裕は十分あった。「よっしゃー!」

先シーズン、みじかしいルートをずっとトライしていたので、まずは持久力系のリハビリにと、パートナーさまがトライし始めたこともあり、これから触ってみるかとトライを始めた「ペトルーシュクァ」でした。しかし、このルートは、それほど簡単ではありませんでした。昨シーズン12月、漫然とトライして何も進まず。1月は寒くて何も進まず。そして2月の大雪で中断してしまいました。そして、今シーズンは早くから二子へ入ったのですが、台風続きでコンディションが悪く、別の岩場へ行ってました。そして、11月から突然、コンディションがよくなって、初めて9p目に到達できたのですが、そのままスンナリとRPと言うわけにはいきませんでした。9p目レストはガバですが、一度パンプしてしまった前腕は、完全には戻りません。ヘビーな私にはガバでも楽ではありません。これ登れるのかなぁと、終始不安がありました。結局、9p目到達時にそれほどパンプしていなくて、大レストでも、たいしてレストもしないで突撃! の、いつもの逃げ切り登りになってしまいました(笑)。最後の核心も、ゴキブリのようにスタスタと速登りしていたそうです。まぁ、とにかく、持久系12cは、私にとっては、とても価値のあるルートです。登れてうれしいです。

◇ 23日(日)
土曜日の夜は、下吉田キャンプ場で、アポなし下吉田へ突撃のクリちゃん&ともこさんペアの襲撃に合いました(笑)。隣の部屋には、シュンタロウくん&さっちん&ANDoさん。にぎやかな夜を過ごしました。とは言っても、21時半には就寝でしたけど。さて、任侠へ戻るか?どうするかな。まずは、あれを触ってみようと翌日も二子へ向かったのでした。

(6) バイパス(10a)、MS、再登
(7-8) 高く登れ(10b)、MS+Tr、再登

(9) 振り返るな(13a)、初触り
・アプローチと言われている前半部分に、かなり不安を持って、初触りしました。
・見た目以上にボルトが遠いです。アプローチ部分で力使いまくって、核心セクションへ到達できませんでした。

(10) 振り返るな(13a)、探り便
・核心セクションの一つ前のボルトまでは、テンションまみれで行き着くことができました。
・が、その核心セクション始まりのボルトまで行けませんでした。
・右手クロス気味に取った右手アンダーを、また右肩がグキッとなりそうで、恐くて返せませんでした。

振り返るな(13a)触ってみました。まだ、核心セクションまでたどり着けていません。右手アンダーの返しは、何とか工夫してこなしたいです。そして、次回は核心セクションを探りたいです。

〇 ペトルーシュクァ(12c)をRPする私
・10p目をクリップする私。
・両足挟み。最初はここでレストできると思ったのですが。左手結構いいホールドなのですが、シチュエーション的に力抜けませんでした。
b0037220_23363483.jpg
〇 第2核心突入前に秘密兵器を握る私
・腰にぶら下げているのが秘密兵器です。それを握ってます。
・水曜日にI田さんからもらった、ファンデーション用スポンジを腰にぶら下げています。
・これに水を染みこませています。乾燥してきた指皮、手の平に湿り気を与えると、フリクションが戻ります。
・写真は、HR角さんが撮ってくれました。HR角さんこと、ヒロくんは、難しい「火の鳥(12a)」をRPおめでとうございます。
・あっ、ANDoさんも、誰にも気づかれないように、静かに「振り返るな」RP。おめでとうございます。
・ヤーコ姐ぇも、モダンラブRP。おめでとうございます。さっそく、ペトルーシュカをトライしていました。
・まーさまのクァは、惜しかった。あと3手。次回こそ、RPだ!
b0037220_23462201.jpg

〇 よーこそTウォール(13a)をRPするオーミ
・暑くて、ヌメヌメしてそうなのに、余裕でRPしたオーミ。
・今日も登りながら、しゃべっていました。
・おめでとうございます。
b0037220_23403788.jpg
〇 シーズンたけなわの二子(23日の日曜日)
・日曜日は土曜日にも増して、混雑していました。
・日曜日は、この時期としては異常なぐらい暑過ぎました。もうしばらく、このぐらい暖かさが続くとよいですね。
b0037220_23405674.jpg
〇 ペトルーシュクァ(12c)
・右へ別れるペトルーシュカが12bです。12bにしては難しいと思います。
・左へ別れて、さらに10mぐらい進むのが、ペトルーシュクァ(12c)です。
・ペトルーシュクァの9p目到達で、多分、ペトルーシュカ(12b)と同じぐらいと言っている人が多いですが、私はもう少し難しいような気がします。がっ、私の第1核心ムーブは悪評ですから、だから難しく感じるのかも。笑。
・そして、9p目に到達するとパンプがやってきます。
・この9p目から、戻せる人と戻せない人で運命が別れます。
・いくらガバとは言え、足はあまりよくありません。パンプした前腕をここで完全に戻すのは、かなり難しいと思います。
・だから、みんな最後の核心で落ちてきます。
・結局9p目に、少し余裕を持って到達するのが完登の鍵になると思います。
・あまり登り易くないです。いや、かなり難しいです。このルート。
・あまり登られていないのですが、面白いルートです。もっと、トライされてもよいと思います。
b0037220_23384079.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-23 23:41 | 二子山'14-'15 | Comments(16)
Commented by こーたろー at 2014-11-24 07:57 x
きんのアニキ めでてぇ。次が振り返るな、ってぇのもなんだか意表ついたぜ。ガンバだぜ!
Commented by Climber-Kin at 2014-11-24 09:53
こーたろーの兄弟、ありがとよ。「振り返るな」、果たして、オイラが登れるルートなのか否かは、わからねぇが、とにかく、頑張ってみるぜ!
Commented by ○べ at 2014-11-24 16:58 x
あり、コメントフォームが変更されてますね。
RPおめでとうございます。
土曜はこの時期にしては気温が高かったのが
よかったのかな?
Commented by climber-kin at 2014-11-24 18:30
あべちゃん。ありがとう。今年こそは。クラウン宜しく。がんばってね。
Commented by JILL@ at 2014-11-24 21:03 x
おめでとうございます。気合入りましたね。素晴らしい!!!
Commented by Mっち at 2014-11-24 22:40 x
おめでとうございます。
暖かい二子でしたね(^o^)
Commented by ゴン助 at 2014-11-24 23:09 x
RPおめでとうございます。最後の雄叫びはかっこよかったです。振り返るな、も頑張ってください。
Commented by climber-kin at 2014-11-25 08:25
JILL師匠、ありがとうございます。9p目まで到達するだけでは、ダメで余裕を持って到達しないと完登難しい。プレッシャーでした。
Commented by climber-kin at 2014-11-25 08:27
Mっちさま、ありがとうございます。下吉田キャンプ場にMっち号が、されど、珍しく、朝遅かったですね。飲み過ぎました?笑。
Commented by climber-kin at 2014-11-25 08:30
ゴン助先生、ありがとうございます。先生に追いつくよう、まずは、振り返るな、やってみます。
Commented by mot at 2014-11-25 09:09 x
おめでとうございます。
この連休はいい天気でしたからよかったですね。
次は振り返るなですか。
大物狙いですね。
ガンバです。
Commented by climber-kin at 2014-11-25 10:30
motさん、ありがとうございます。土曜日の暖かさは丁度よかったです。日曜日は、むしろ暑すぎたようです。
二子のルートは、どれやっても大物ばかりです。
どこまで近づけるか、わかりませんが、頑張ってみます。
Commented by マル金 at 2014-11-25 16:21 x
おめでとーございます!!\(^o^)/

素晴らしいですね♪

次は『振り返るな』ですか?!

がんばってくださいね!!

二段岩壁は暖かいので、真冬でもトライできますよ。

オイラは、二子での課題を物色中・・・。(?_?)
Commented by Climber-Kin at 2014-11-25 23:27
マル金さま、ありがとうございます。相変わらず、1本登るのに苦労しています。とりあえず、振り返るな、触りましたが、今年の傾向、1回だけ触って封印になるかも。笑。
二子のルートは、いずれも、じっくりやるしかないですね。
引き続き、応援宜しくお願いいたします。
Commented by スーさん at 2014-11-28 06:42 x
おめでとうございます。おいしいよ、気合を入れてがんばります。
Commented by climber-kin at 2014-11-28 18:56
スーさん、ありがとうございます。おいしいよトライは、楽しいですよ。ガンバです。
<< ロイヤルストレートフラッシュの酒 2014年11月19日、平日二子山 >>