2015年1月18日、二子山

木曜日に結構な雨が降った。やはり、二子は雪だったようだ。ガリガリのアイスバーンだった林道は、轍のついた気持ちの良い雪道になっていた。今週は諸般の事情で当初から日曜日の予定だった。実は、先週の日曜日に重い物(廃棄しようとしたプリンター)を持った瞬間に腰に激痛が走った。やってしもうた。太ももの裏側に張を感じていて、土曜日の帰り、ザックをパッキングするために腰をかがめている時に少し、いや、それなりの違和感があった。日曜日は雑用をすませたら、ストレッチしようと思っていた。しかし、その前に、その雑用でやってしまった。あー。その翌日の成人の日の月曜日は二子へ行く予定だったのだが、整骨院へ行くことになってしまった。それから、1週間、ぎっくり腰までは行っていないようで、月曜日は靴の紐すら結べないような状況だったのだが、木曜日ぐらいから急激によくはなってきていた。金曜日は、また整骨院でマッサージを受けた。そして今週は、たまたま土曜日ではなく日曜日のクライミングだった。土曜日は、しっかりレストできた。コルセットを腰に巻いて、二子へ向かったのだった。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登×2
(3) バイパス(10b)、再登

(4) 振り返るな(13a)、探り便
・腰が心配だったが、なんとかなった。
・4p目レストは、いつもはヒールフックだが、その上はどうだ?あっ、ヒール&トゥでチョックできる。これだっ!
・ガバの裏側は冷たかったが焼石で平衡状態は保つことができた。結構戻せた。
・4-5p間の腰押し付けレストは、まだまだ休めない。5p目まで行って、テンションした。
・5p目からどこまで行けるかは?散々迷って、ぐちぐち探っていたが先週心に決めた要領で、おー!遂に、左手穴アンダークロスから右手を出して、次のホールドを取ることができた。次の右手飛ばしで落ちちゃったけど。よしっ。

(5) 振り返るな(13a)、探り便
・今度も4p目レストで結構戻せて、4-5p間腰押し付けレストは休まらず。
・そして、5p目からどこまで行けるかは?右肩痛くて、体上がらず。あー。腰は大丈夫だったけど、右肩は相変わらずダメなのね。
・核心セクション後半のリハーサルをしようとするのだが、寒くなってからと言うもの、モニョモニョホールドがスベスベで全然つかめないのだ。何故だ?うん?そうか?きっとそうだ。

久々に少し進展がありました。4p目レスト方法と5p目からの核心セクションが少し繋がりました。とは言え、核心セクション中盤からのリハーサルが全然できません。何故か、核心セクション中盤から後半のリハーサルをするころには、指皮がツルツルで全く持てなくなるのです。さらに、ロープゴボウで登ることも、ままなりません。これ理由わかりました。このルート、都度のフォール距離が長く、毎度毎度ゴボウ登りが大変なのですが、最初のうちは、そのゴボウ登りも、それほど苦ではないのですが、思い返せば、段々とロープが握れなくなっていくのでした。わかりました。その理由が、ゴボウ登りで、ザラザラのロープに指皮の油を吸い取られ、どんどんスベスベになってしまうのです。そして、核心セクション後半をリハーサルころには、指皮はツルツルテカテカで全くホールドを保持できなくなっていたのです。多分、これは当たりです。次回は、軽いビレイグローブを持っていき、ゴボウ登りは、手袋して指皮を保護してみようと思います。二段への登りのゴボウ登りの工夫も考えておきたいと思います。

〇 今日の二子山
・この寒いのに30人ぐらいが来ていました。
・おいしいよ、穴ムジラインは、なんと8人いました。
・午前中は、砂嵐状の強風で、とにかく寒いのなんの。みなよく撤退もしないで、トライしていました。お日様出てなければ、即撤退でした。
・午後2時ごろから風はぴたりとおさまり、今度はポカポカな、いい感じになってきていました。
・写真は、唐獅子をトライするヨッシー。
b0037220_23264142.jpg
きん
by Climber-Kin | 2015-01-18 23:36 | 二子山'14-'15 | Comments(0)
<< 2015年1月24日、二子山 2015年1月9日、二子山 >>