2015年3月14日、二子山

日曜日より土曜日の方が天気がよい予報だった。諸般の事情からも土曜日に登りに行く予定だった。ところが、天気予報が変わってしまって、土曜日は終日曇りになってしまった。弓状は終日4度の寒い一日となってしまった。お日様がでなければ、冬でも暖かい二段岩壁の恩恵も授かれない。トライすれば、今の状況では100%大フォールが待っている。今日のように寒いと、積極的トライする気持ちを維持するのは難しい。嫌々トライ便になってしまう。それでも、何とか気持ちを奮い立たせて3便だした。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登
(3) 猿の腰掛け(10c)、RP
・前回終了点クリップが悪くて、掴んでしまったが、今回はクリップ体勢わかっていたので無事RP。
・実は、今年初の成果。

(4) 振り返るな(13a)、×、リハーサル
・陽があたらない二段岩壁は、コルネの裏が冷える。焼石効果よりも手が冷える速さの方が増してしまって辛い。
・4p目レストは、カッコ悪いヘッドチョックで結構戻せて、4-5p間腰押し付けレストは少しはまりが悪かった。
・5-6p間は、いつも焦ってしまって、手をシェークしないでこなしてしまうが、今日は一手づつシェークして入っていくと、疲労具合が少ない気がした。当たり前か。
・6p目クリップは力が入る、右肘が少し曲がっている。あー、伸ばさないといけない!
・そのまま核心セクションへ突入。左手ガバ穴取って、右手アンダーへ送って、右足ヒールして左手持ち直し。右足上げてフリムーブで右手サイドガバは取れて、左足右足と決めて、左指穴クロスムーブは成功!右手出そうとしたら、左手指が穴からスッポぬけてしまった。あー、まだフットホールドに立てていなかった。あー。
・核心セクション後半をリハーサルするが、何とも、左手モニョモニョホールドが持てない。あー、テーピングのせいか?
・そして、右手コルネ首根っこ鷲掴みしてからドアオープン耐えも、止まらない。あー、テーピングのせいか?

(5) 振り返るな(13a)、×、リハーサル
・いつもは、左右の指、合計5ヶ所テーピングしてトライするのだが、核心セクションでのフリクションをよくするために、出血覚悟で思い切って3ヶ所にしてみた。
・4p目ヘッドチョックレストも休めて、4-5p間腰押し付けレストもまーまー決まった。そして、6p目クリップはあー、また右肘が曲がってる。力消耗。必死にクリップするので、クリップした後に気づく。気持ちが切れて、突っ込めなかった。
・気持ちを切り替えて、6p目からどこまで行けるかは?やはり、モニョモニョホールドをうまく持ててなくて、右手送りで、お決まりの大フォール。
・今日は寒いので、この便でリハーサル沢山して、最後にしようと、後半セクションを整理しようとしたのだが、うーん。
・右手コルネ首根っこ鷲掴みからヒールはずしてのドアオープンに耐えて、右足上げて、左足上げてからの左手クロス気味カチ取りがどうにも、右肩が痛くて難しい。左手は、一発で取りにいくのではなくて、ガストン気味ホールド中継してみるか。

(6) 振り返るな(13a)、探り便
・上部のセクションをリハーサルすべく、頑張って3便目を出してみた。
・核心セクション後半のリハーサルは全然できなくなっていた。右肩へダメージ与えるだけで終わってしまった。

とりあえず、4p目レストと4-5p間レストがうまく行った時に、核心セクションまでは突っ込めるようになりました。ここから一手づつ伸ばしていくのですが、未だ6p目からスタートして終了点まで繋げられません。ガチャ持ちのモニョモニョホールドが苦手なのと、右肩の力が弱っているのが厳しくさせています。このルート、まずは、できれば5p目から、少なくとも6p目からスタートして終了点まで繋げられないと話が始まりません。ゴン助先生からは、振り返るなは、5p目までのレストと核心セクションのド根性、つまり、レストとど根性のルートだと言われましたが、どちらも、まだまだです。6p目から終了点までの難しさは、最近のジム3級課題を2つ繋いだ感じぐらいでしょうか。小川山のエンドルフィン(13a)の方がムーブのグレード的難度は高そうですが、そのエンドルフィンの瞬発系ムーブに対し、こちらの核心セクションは、私の苦手な保持系要素と手数が多く、そして、どうしてもビビリが入る高度感があって、私には同じぐらいの難しさに感じます。振り返るなは遠くの方で登っているので、触ったことのない人には、どんなルートかわからないかもしれません。簡単に表現すると、核心セクション手前までで完全に戻せることが完登するための前提条件となる10手から14手のボルダールートです。二子シーズンも残り少ないですが、シーズン終わるまでは、もう少し頑張ります。

〇 今日の弓状
・そろそろ、越冬組以外のクライマーも増えてきました。任唐ラインとおいしいよ穴ムジラインは激混みです。
・寒いのに、M元さんがSVPをRPしていました。おめでとうございます。さぞや、下吉田で飲んだVSOPはおいしかったでしょう。次は「おいしいよ」とのこと、苦行の世界へようこそ(笑)。
b0037220_23441866.jpg
〇 唐獅子をトライするヨッシー
・ついに、下から繋げて核心を止めていました。がっ、任侠セクションへ入ってから、残念。頑張れ!ヨッシー。
b0037220_23435621.jpg
〇 指穴再び
・先々週、ベロンチョしてしまった左手人差し指ですが、先週は薄く出来上がった皮がテーピングの下で裂けてしまいました。
・そのまま、ケアリーヴ貼って今週だったのですが、しっかり再生できていませんでした。
・浮いていた皮膚は、取った方がよいかそのままつけた方がよいか?取りました。
b0037220_23502915.jpg
〇 ホワイトデイ
・今日はホワイトデイでした。
b0037220_13203505.jpg
きん
by Climber-Kin | 2015-03-14 23:45 | 二子山'14-'15 | Comments(4)
Commented by JILL@ at 2015-03-15 21:57 x
「嫌々トライ便、気持ちを奮い立たせて…」のくだりに全くの同感です。それでもトライしなければ登れませんよね。
Commented by ゴン助 at 2015-03-15 22:48 x
私も同感です。気合入れないと抜けられないので、嫌々やるしかない感じです。でも確かにやらないと登れないですね。ジムに、今みたいなルートがあったら登れないと思います。ムーブの工夫ができないですからね。
Commented by climber-kin at 2015-03-16 08:14
JILL師匠、寒いと辛いですね。特に、振り返るなは、ガビガビに出血、大フォールがつきもので、悲壮感倍増です。冬の二子は、お日様出てるのが前提ですよね。
Commented by climber-kin at 2015-03-16 08:19
ゴン助先生が、淡々とサバージュ探ってたので、自分もやらなきゃ、じゃー行くか〜って。繋げて初めて左指穴アンダークロス成功したけど、悲壮感にビビリが入って、自分から落ちちゃったような?
<< クライミングのおもしろさ 2015年3月11日、RANB... >>