2015年5月23日、小川山

 GWの際の指皮削り過ぎの上に、さらにこのルートを連続してトライしているので、ずっと指皮がなくて苦労しています。先週はジムで指皮を温存して、あまり登らなかったのですが、いつまでも、出し惜しみしていると弱くなってしまいます。指皮ないけどジムでも少し登りだしました。そんなこともあって、またまた指皮が育たないまま週末を迎えたのでした。今週末の小川山はイベントでした。駐車場は混雑していましたが、このルートには関係なく、今日も黙々とトライをしたのでした。

(1) やっほー元気(10b)、再登
(2) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け

(3-5) 力The大岩(12c)、×
・1-2p間続けて2回失敗した。ここの80点取れる成功率は4分の1。残り4回に1回は40点の薬指までしかかからない。残り4回のうち2回は穴に指が引っ掛からずフォールします(0点)。
・3回目は4分の1の成功!結構リズムよく、3p目クリップ体勢へ!がっ、左手が離せない。右手でクリップしようとしたが、右手も離せない。30秒ぐらいもがいたが、パンプしてしまって、ヌンチャクを掴んでしまった。あ~。とりあえず、クリップのために右手を離せなかったのは、右足をつっぱっていなかったからということにした。だが、基本的に、どんどんフリクションが悪くなってきている。スローピーアンダーホールドにフリクションあれば、クリップできたと思う。

(5-7) 力The大岩(12c)、×
・またしても1-2p間失敗。
・その次は、40点で何とか通過。だが、途中で持ち直しが入り、ペースが乱れる。案の定、一番嫌いなフットホールドの遠い左足がスリップして3p目までいけず。

(8-9) 力The大岩(12c)、×
・またしても1-2p間失敗。
・その次も、前便と全く同じパターンで40点で何とか1-2p間を通過。またしても同じく、一番嫌いなフットホールドの遠い左足がスリップして3p目までいけず。

(10) 力The大岩(12c)、ムーブ固め便
・左足が抜けて落ちる原因はわかっている。スローピーアンダーのフリクションが悪いのだ。フリクションが悪いので体が左へいかず、遠い左足に負荷をかけられないのだ。考えた。もしかして、その左足フットホールド使わない方法があるかも?そう、一度組み立てたことがあるムーブを思い出した。今のムーブでたまに成功するようになってから、捨てていたムーブ。1便捨てて、試してみよう
・うーん。難しさは変わらないような。むしろ、狭い体勢からのアンダーの手送りが増える。だが、あの極悪スメアフットホールドを使う限り、この失敗率の高さだ。

(11) 力The大岩(12c)、×
・1-2p間20点だった。2p目クリップして、もう動けなかった。
・時間的にはまだある。もう一度、2-3p間のムーブを洗い直した。よし、この場におよんでムーブ修正だ。

(12) 力The大岩(12c)、×
・今日最後のトライ便。ドラマは生まれなかった。
・それどころか、体がヨレヨレ。ムーブを起こす力がまるで残っていなかった。

 3トライ目はチャンスがありました。最後にみつけたクリップホールド位置がわかっていれば… 
 それにしても打ち過ぎました。指が痛いです。手が穴だらけ、出血だらけです。体がボロボロです。肩も肘も痛いです。
 いつものことですが、登れそうな感触を得てから、いつもいつも、それからが長いです。この場におよんでムーブ修正しました。気が付いたポイントも沢山ありました。フリクションの変化とともに、細かい改良が沢山必要になってきています。どんどん気温が高くなってきていて、GWに触ったころより難しくなっています。既に季節は終わっているのでしょうか?一旦離れるか?他にもやりたいことが沢山あります。いや、もう1回ぐらいは修正したムーブでトライしてみたいです。悩ましいです。

〇 力The大岩とうなぎ
・うなぎ(13c?)(手前のルート)を触ってるクライマーがいるようです。トライしたチョーク跡がありました。
・奥の白い部分が、力Theです。
・下山途中に、久々にN上さん夫妻にお会いしました。なつくんは4級登れたとか、生後6ヶ月の娘さんがキャンプデビューしていました005.gif
b0037220_23521216.jpg
〇 力The大岩、今日の進展
・今さら、こんなに修正点があるのか?037.gif008.gif
① 1-2p間持ち損ねても、右足上げてから持ち直せることもある。
② 2-3p間最初の一手は左足そのままで次のホールド出せる。
③ 2-3p間最初の一手は、ホールド位置変更(少し下、手前に引けるポイント)
④ 2-3p間は、先に右足を高く上げてから遠い左足は上側のよい方へあてて、アンダーホールド送り。
⑤ 3p目クリップホールドは、スローピーアンダーフリクション持ちでなく、その5cm左の手前引き可能な部分で。ただし、次の左手出してからのムーブはスローピーアンダーフリクション持ちへ戻すこと。

きん

by Climber-Kin | 2015-05-24 00:08 | 小川山2015~2016 | Comments(2)
Commented by こーたろー at 2015-05-24 05:52 x
きんのアニキ お疲れ。今週も波状攻撃だったみてぇだな。「一旦離れるか? いや、もう1日」その気持ち良くわかるぜ。ガンバだぜ。
Commented by climber-kin at 2015-05-24 13:37
コータローの兄弟、もう夏になっちまったからなぁ。離れて別のルートってのも、もう難しいのは無理だからな。また、路頭に迷っちまう。目標ルートがあるだけで幸せだよな。
<< 2015年5月30日、小川山 2015年5月17日、小川山 >>