2015年12月7日、二子山

 木曜日、都内ではあまり雨が降らなかった。金曜日の二子情報だと、染み出しはかなり乾いたという話だった。そして、冬型気圧配置の週末。ただし、冬型は北海道、東北地方が中心で、もしかしたら、風はそれほどないかもと期待したのだった。期待通りで、朝は風が強かったが、徐々におさまり、ポカポカ目の気持ちのよい一日になった。しかし、振り返るなの染み出しは面積は小さくなったものの、まだ残っていた。先週の土曜日ぐらいの量にはなっていた。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登

(3) 振り返るな(13a)、×××
・2-3p間の右トラバース後のコルネがまだ濡れていた。岩が粘土のように柔らかい感触だった。
・4p目右ズレレストは、結構休めて、4-5p間は、5p目クリップホールドが濡れてる。次の一手は乾いているので、右手フキフキしてから、次の右手アンダーは濡れてる。次の左手アンダーは少し湿っぽいがなんとか。右手フキフキして、右手は6p目クリップホールドへ。まだ手が濡れてて、スッポ抜けそう~。しかも親指が岩にかかっていない。
・なんとか、6p目クリップできて、左手大穴取りは届いた。しかし、ここまでだった。左手が濡れていて、滑る感触が強くて、右手出せなかった。
・7p目にインチキしてロープかけて、核心セクションリハーサル。しかし、懸念の左手モニョモニョが全然掴めない。先週ぐらいから感じていたのだが、乾燥してきて、フリクションが悪くなってきている。デッドで左手出しはNGかも。

(4) 振り返るな(13a)、××
・前便よりは染み出しが乾いていた。6p目クリップ成功。左手大穴取り成功。左手持ち直して、フリで右手サイドカチホールド掴めた!左足クロスで右足は例の核心入りのキーホールドへ。だが、右手が濡れててスッポぬけそうで、左手離せない。ここまでか。
・7p目にインチキしてロープかけて、核心セクションリハーサル。先便終わった後、パートナーさまが、私の不甲斐ない左手モニョモニョ取りムーブに疑問を持ち、イッチーに聞いたのだった。「デッドじゃダメでしょう!」って。イッチーのムーブは知っている。ジンさんも、そうしたらしい。M子さんもそうしてた。しかし、それは私には狭そうなのと、踏み替えが2回発生してしまうので、なんとなく思い込みで敬遠して、やっていなかったムーブだ。ムーブ改良のネタがつきていて、そろそろ試してみようとは思っていたのだった。それで、やってみた。あれっ。踏み替えはあまり悪くない。しかも、左手モニョモニョホールドを安定して掴めるじゃん!
・そのまま核心セクション後半を繋げてみた。左手コルネ出し、取り損ねた。うーん。実は、これもNGとか。右手コルネ出しに戻したらどうだろう?とりあえず、左手コルネ出しを散々リハーサルしてから、降りた。
・降りる途中、最近パスしている、4-5p間の腰押しつけレストを練習してみた。あれっ、もしかして、ぶらぶらさせていた右足をトゥーフックさせたら楽?次回、腰押しつけレストを復活させてみるかなぁ。

 ずっと懸念だった、核心セクションの左手モニョモニョホールド取りは、いきなり解決されました。しかし、その先も今のムーブが適切なのか、とっても疑問になってます。そして、下から繋げてきて、やはり、左手指穴アンダークロス取りから右手出しは、閾値が高く、ここを超すのが大変そうですが、これを超えれば、あと5手ぐらい進めそうです。次回、コルネ裏側に穴ホールドも乾いているのを期待して、腰押しつけレストも復活させて、頑張ってみます。

〇 今日の弓状
・T氏がSVP(12b)をRP。T田さんがペトルーシュカ(12b)をRP。富山のTK田さんが、真珠入り(13a)をRPしていました。おめでとうございます。
・パートナーさまは、私生活をインチキしないでトップアウトしていました。
・写真は、任侠、ババージュ、即身仏をトライするクライマー。ホイッ、ウォー、ホイッ、ウォー、ホイッ、ウォーと任侠とババージュで呼応しあっていました。
b0037220_23075474.jpg
〇 今日の確認
① 4-5p間腰押しつけレスト
・左足高めで右腰をコルネへ捻りながら奥へ入れ込んで、左足をスメアに下げる。右足膝を開いてトゥーフックをかけてみる。右脇を右へ曲げる感じ?
・7手分の回復なので、30秒いればよい。
・出る時は、左足を上げて、左手は持ちやすいところで、すぐに右足バックステップに上げられるところから出ること。
② 6-8p間
・核心最初の右手サイドカチから左指穴アンダー取りで、左手離せない場合は、左手マッチで中継してみて、両手で引きつけて腰を上げてから左手出してみる。この時に、まだ右足を極薄ホールドに当てる必要はない。どこでもよいからスメアして振られをとめればよく、左手指穴アンダーさしてから、右足を所定の場所に置けばよい? いや、右足極薄輪っかホールドの向こう側押して左手穴アンダー刺してから、右足カキコミへ移すだ。
・右手穴出しの後の右手送りは上側がよいのか、持ちやすいフラット面がよいのかは、ちょっとわからなくなった。多分持ちやすい方でよいと思うが、要確認。
・まずは二軸で左手サイドカチへ送ってから、左足をスメア気味ちょっとでっぱりホールドへ踏み替えて左手モニョモニョホールド取り。再度右足へ踏み替えてから、左足ステップに右足トゥーフックで右手飛ばし。
・左足チビ三角溝ホールドにのせて、右足ヒールだが、下側のかかりやすいところにかけること。左足はまだ背伸びしなくてよい、しっかりのせること。
・右上サイド引き穴ホールド取れたら、右足踵へさらに重心を移し、左足はつま先立ち、寄って寄って、手だけだしで、左手コルネほっぺへ。届いたら親指をかけること。
・次の左足上げは、右足ヒールままでよいが、左手だけで引こうとせずに、両手で寧ろ右足にのるように上体を上げてから左足ステップをツブ足へ上げること。
・ツブ足に上がったら、右足ヒールをはずしてスメアで左手コルネこめかみのチビカチへ飛ばす。
・右足窪みにヒールして、右手寄せ、さらに、右手コルネ頭取り。そのまま8p目クリップ。
③ 8p-終了点
・右手コルネ頭に、左手コルネ鷲掴み?左の方にホールドあるかも?要確認。ここで、右足ステップするフットホールドがほしいところ。スメアでもなんとかなる?要確認。
・左手次のコルネの下の方を持って、右足左足とスメアで上げて、右足をコルネ首根っこにヒールして、右手サイドガバへ。右足上げて、左足をコルネこめかみのチビカチにのせて、左手次のコルネの上部側良いアンダーへ。右足をコルネ頭にのせて、右手ガバクラックへ。コルネ頭に左足をのせて終了点にクリップ。右足ハイステップで立ちこんで終了。
④ テーピング
・右手薬指の第一関節すぐ上と第二関節すぐ上に巻くこと。

きん

by Climber-Kin | 2015-12-05 23:09 | 二子山'15-'16 | Comments(0)
<< クライミングにおける乾燥手対策の研究 2015年12月1日、平日二子 >>