2016年2月21日、嵐の後の二子山

 今週末は、また低気圧通過にぶち当たってしまった。雨が降り出すのは土曜日の午後からだが、太陽のない二子は辛すぎる。日曜日は低気圧が抜けて猛烈に発達して、北風が強そうだが、それでも晴れてくれそうな日曜日にいくことにした。アプローチは毘沙門水側から入った。坂本側からでも4駆なら入れるらしい。ヨッシーがXトレイルで上がってきたようだが、無難に帰りも合角ダム側へ降りた。
 そして岩場の状態は? 思ったより濡れていなかった。しかし、「振り返るな」は5-6p間から核心へ入るあたりまでが真っ黒だった。今日は陽があたり風もあるので夕方へ向かってよくなってはいくのだろうけど、夕方までは待てないなぁ。ということで、「私生活」のムーブ探りをして、忘れないように、夕方に「振り返るな」を1便だすことにした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は前回ywt専務に教えてもらったムーブで入るが、細かいところを覚えていなくて、いや、それ以前の入り方がガバアンダー持ち替えできず。行き詰まる。
・足が高すぎたか?でっ、ヒールで右手アンダー取れて、そのあとも失敗。
・最後の核心は、やはりムーブ解決できなかった。

(4) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は難しい。中段は疲れる。最後の核心は、まだムーブ決まらず。難しい。
・このルート、振り返るなより可能性を感じない。

(5) 振り返るな(13a)、××
・朝の真っ黒から茶色ぐらいには乾いてきていた。結局、5p目クリップホールドのコルネとそこから2手目のアンダーが濡れていた。もちろん核心セクションの穴アンダー群の中は湿っぽいけど。
・「私生活」のムーブ探りで疲れていても、多少ホールドが濡れていても、それでも、6p目クリップまでは行けて、右手アンダーサイドからの左穴指アンダー取りまで行けて落ちる。ようするに、私にとって、このムーブが狭ッ苦し過ぎて、やたら負荷が高いのです。

 久々に「私生活」のムーブ探りをしてみましたが、何の進展も作れませんでした。このルートは傾斜が強いのですが、ホールドは大きいです。しかし、全てガバと言うまで方向がよくありません。動きが限られて、ストレスが溜まりました。難しいです。多少濡れてても、振り返るなをトライすべきなのでしょう。今シーズンの天気は荒れ模様です。この先どうなるかわかりませんが、再度乾いてくれることを祈りながら、もう少し頑張ります。

○ 今日の弓状
・T氏が、「おいしいよ(12c)」をRPしていました。鍛えてる人は違います。任侠もすぐ登れるのでは?
・「火の鳥(12a)」でも、松本チームの方がRPしていました。
・だんご姉ぇは「穴のムジナ(12c)」の第1核心、下から繋いで成功していました。
・パートナーさまは「私生活(12c)」下からマイライフ終了点まで繋いでいました。
・みなさん、おめでとうございます。
b0037220_22362389.jpg
〇 二段岩壁
・「振り返るな(13a)」5-6p間で、まだ染み出しています。
・写真は「サバージュ(13a)」をトライするマッシー。
b0037220_22363579.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-02-21 22:36 | 二子山'15-'16 | Comments(0)
<< 2016年2月24日、T-WA... 2016年2月13日、残雪の二... >>