2016年4月29日~5月5日、GW小川山

 今年のGWも相変わらずの小川山で過ごした。29日は渋滞予想が激しかったので、28日夜に廻り目平へ入った。例年なら、新たな課題探しで、いろいろなエリアを彷徨するのだが、今年は昨年に始めた課題がまだ終わっていなかった。それを終わらせるつもりで小川山へ向かったのだったが…
 前半は寒気が残っていて寒かった。全日風が強かった。地上では夏日とかだったようだが、標高の高い廻り目平は、まだまだ寒くて、朝に霜がはったり、午前中は10度以下の日が多かった。最高気温も12度程度の日が殆どだった。

◇ 29日
(1) 屋根の上のタジヤン(9)、MS、×
(2) 屋根の上のタジヤン(9)、WP
(3) 届け手の平(10c)、MS、×
(4) 届け手の平(10c)、再RP
(5) JECC(10d)、Tr、×
・おしかった。

 花崗岩初日ということで、スラブで慣らした。二子、習志野組がシルクロードをトライされていた。5.9のスラブで落ちてしまった。JECCはTRで一発で再登したかったのだが、最後直登の11aラインへ入ればよかった。10dラインより11aの直登の方が登り易いようだ。

◇ 30日
(6) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
(7) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(8) 力The大岩(12c)、×××、確認便
(9) 力The大岩(12c)、3p目ヌンチャク握る
(10) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功、最高到達ポイント3手更新
・3p目クリップしてから左手出して、右足上げて、左足ハイステップで左手飛ばしも成功。左手左足からの右手ガストンも止めて、左手4p目クリップホールドへは、届かず。
(11) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収
・今度も3p目クリップ成功したが、右足上げて、左足ハイステップからの左手飛ばしで、ホールド掴めなかった。

 二日目は例の課題をトライした。昨年は1-2p間で、自分のフットホールドを見逃していて、1-2p間成功率が極めて低くて、停滞していた。シーズン最後の最後にそれを見つけた。今シーズンは、1-2p間は失敗しなくなった。しかし、相変わらず3p目クリップは厳しかった。ようやく、3p目クリップに成功したのだが、次の落ちどころポイントが待っていた。それでも、昨シーズンよりは3手進めた。前進前進!

◇ 2日
(12) ヤッホー元気(10b)、×、1p目ロープ抜ける
(13) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(14) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功後、左手飛ばしで落ちる
(16) 力The大岩(12c)、×、チョンボ
(17) 力The大岩(12c)、×、またまたチョンボ
(18) 力The大岩(12c)、4p目クリップ成功、その後の体返しで右足外れる、あ~
(19) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収

 今回は、パートナーさまと1日置きで交互のトライにした。中一日で指皮の回復を図る。登る気満々だった。しかし、気持ちが逸ったか、凡ミスを連続だった。チャンスは1回だった。余力が残っていて、登れると思った。しかし、足と手の順序がちょっと違った。何気にやっていたことが下から繋げてくるとストレスが加わって、チョンボしてしまう。ドアオープンを抑える右足フットホールドがはずれてしまった。4p目クリップ後の最後のセクション、嘘でしょ?嘘でしょ?体がはがされ落ちてしまった。チキチー!

◇ 4日
(20) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(21) 力The大岩(12c)、×、チョンボ
(22) 力The大岩(12c)、×、またまたチョンボ
(23) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功後、左手飛ばしで、またやられる
(24) 力The大岩(12c)、3p目成功、4p目クリップ、終了点リップ取りでフォール
・2p目クリップは右肘伸ばして。
・3p目クリップは要脇しめて、腹筋力入れて腰を壁につけて。
・左手飛ばしは、右手右足でしっかりロックすること。左腰左足上げて、掻き込んで。
・3-4p間、遠い左手は、左腰を上げてホールドに近づくこと、最後、顔を右向けて左手を伸ばす。
・4p目クリップしたら、右手チョークアップ。木村ステップして観音開き持ちから右足右下スリットに押し込んで、左手右手と送って脇締めて、体返す!
・左手サイドで左足は、踵を付けること。すると、次の右手は静かに止められる。後は左足力抜かずに終了点クリップへ。
・その左足力入ってなくて、フォールした。オーマイガー!
(25) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収

 失敗しなければ登れる。そんな消極的な気持ちがよくなかったのだろう。失敗しないようにが裏目に出てしまった。気を取り直して、間をあけて、4便目は、ヨレヨレながらも全てがうまくいった。一手づつ声を出しながら、ギリギリで一手づつ進んだ。しかし、指皮がヌルヌルだった。最後の最後は手だけ出していた。下半身に少し力が入っていれば、終了点止まったと思う。大フォールして、赤松の枝に激突して折ってしまった。本当に惜しかった。悔しかった。だけど、それよりも、すがすがしい気分だった。メンタル面で足を引っ張って登れなかったが、出し尽くせた。岩のコンディションと自分のコンディションが合えば、登れると感じた。また、来よう! また、頑張ろう!

◇ 5日
(26) 兄岩、森と緑の右側のルート(10c)、再登
(27) ナツコのナッツ(11a)、TR、ムーブ探り
(28) ナツコのナッツ(11a)、TR、ムーブ探り
(29) ナツコのナッツ(11a)、TR、〇、WP

 パートナーさまは、午後から「力The」行ってもいいいよと言ってくれたのだが、この体では行っても無理だろう。パートナーさまが「アルパイン少女マミ(11d)」をトライしている間に隣のクラシックなルートで遊んでいました。このルート、ムズイ。パートナーさまがマミをRPしたので、早めに上がって、テント回収して廻り目平を後にしました。渋滞避けて、中津川林道から帰りました。

〇 シルクロードをトライする習志野組、29日
・5月は、マラ岩へ通うとのこと、ガンバです。
b0037220_23591099.jpg
〇 7ヶ月振りのトライ?、30日
・7ヶ月間、二子で同じルートばかりトライしていた後遺症は大きいですねぇ。
b0037220_00000287.jpg
〇 兄岩、アルパイン少女マミ(11d)、1日
・パートナーさまが選んだのはこのルートでした。

b0037220_00025223.jpg

〇 力Theを見上げる私、2日
・なんで登れないのかねぇ。
b0037220_00042697.jpg

〇 めおとカンテ(13a)をトライするコータロー氏、3日
・3日はコータローさんと一緒でした。
・めおとカンテに比べれば、力Theなんて、かわいいものです。
b0037220_00054455.jpg

・いい感じで詰めてきたパートナーさま、TRでWPしてしまいました。その後のリードは???
b0037220_00065966.jpg

〇 パートナーさま、マミRP!
・よかった!よかった!
b0037220_00080279.jpg

〇 ナツコのナッツ(11a)のNP順
・このルート難しいです。WPはできましたが、ナッツしてからの最初の核心は難しいです。ナッツでつっこめるか?
b0037220_00083545.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-05-05 23:27 | 小川山2015~2016 | Comments(2)
Commented by こーたろー at 2016-05-06 07:55 x
きんのアニキ お疲れ。
力The 精神修行が続くな。けどよ勝利の美酒はもうちょいのはずだ。その時を信じて前進あるのみだぜ。

寝不足と体調不良があったとはいえ3日は気力のねぇところを見せちまったな。写真の傾斜具合からすると力The は取り付くのも気が引けちまうよ。

お互いガンバだぜ。
Commented by Climber-Kin at 2016-05-06 14:19
こーたろーの兄弟、ムズカシイ系は狂いだすと、エンドルフィンみたいに、おかしな方向へ行っちまうことがあるからなぁ。要注意だぜ。
どっちのルートもコンディションとの競争だな。お互い、気合のガンバだな。
<< 2016年5月8日、暑い小川山 2016年4月23日、初ブヨに... >>