2016年5月21日、未練たっぷりの小川山

 先週の湿気湿気の天気であ~今シーズンは終わったなと思ったのだが、それでも足は小川山へ向かった。まぁ、いずれにしろ梅雨までだし。そして、小川山に到着して、テントを立てた。あれっ、何だか、とても爽やかな空気だ。ブヨも少ない。ってことは湿度が低いのか? そして、今日の屋根岩1峰には、予期せぬ応戦団がやってきたのだった。

(1) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
・あっ、湿気っぽいが先週のような指の隙間から湿気光線が噴き出てくるような湿気ではない。

(2) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け&アップ
・バリバリとは言えないが、結構フリクションがよかった。

(3) 力THe大岩(12c)、×
・いつものように、ルートの日が陰って、しばらくしてから、11時半に1トライ目をだした。
・おー! なかなかフリクションがいいぞー! 3pクリップもいきなりこなせちゃった。
・そして、左サイドの飛ばしは、ちょっと指が冷たかったのが気になったが、せーので出したが、体の落ちる力が強すぎて、フォール。あーあ。
・どうも、この一手のポイントがわかっていない。左足ハイステップで思いっきり掻き込んで左手飛ばしではあるのだが。どうも失敗率が高い。ここで落とされたのは何回目だろう?
・あー、少し腰をシフトしながら、体全体を近づけいきながら左手出しか! 手だけだしで、やっていたから、ホールド掴んでも体が落ちてきてしまっていたのか。ここだけやれば、自然とできるが、下から繋げてくるとできていない。例の典型的なパターンだった。

(4) 力The大岩(12c)、×
・2-3p間、またまたやってしまった。凡ミス。左足滑ってあっけなくフォール。

(5) 力The大岩(12c)、×
・今度は、スローパーアンダートラバースは成功。しかし、3p目クリップで右手が抜けそうで怖くて、ヌンチャク握ってしまった。できねぇ。

(6) 力The大岩(12c)、×
・2-3p間スローパーアンダートラバースの最初の一歩が踏み損ねていた。左足充てるも、腰が落ちていた。フォール。

(7) 力The大岩(12c)、×、1テン
・夕方4時半、フリクションが一番よかった。そして、スローパーアンダートラバースは成功し、3p目クリップ。指が抜けてくる感じがして、クリップできなかった。あ~007.gif
・そこから再スタートして、終了点まで。あー! フリクションよいとよれてても、いける。3p目クリップできていたらなぁ~。
・今シーズンはこれで終わりか?自らあきらめた自分が悔しくて、情けない。

 登れませんでした。詰め切っているのに、のぼれませんでした。失敗どころが多すぎるルート。自分の集中力と状態のタイミングと、そして凡ミス。とにかく、噛み合いません。終了点リップ取りまで行けた便で登れなかったのが悔やまれます。左足に力が入ってれば、登れたのに。でも、それは、そこで落とされて初めて、そのポイントがわかったわけです。下から繋げた場合の注意ポイントです。来週はパートナーさまお休みです。梅雨次第ですが、今日が最後のチャンスだったになりそうです。悔しい!

〇 今日の応援団
・応援団さま達は、難くて有名なムーランルージュ(11c)をトライしていました。
・三人ともお持ち帰りでした。応援された私だけが登れませんでした002.gif

◇ とすこさま
b0037220_23403574.jpg
◇ Y花さま
・たった5日の学会発表のための帰国の合間に小川山へ遊びに来ていました。
b0037220_23415435.jpg
◇ コブくん
・強くなってしまったコブくん(笑)。手堅く、宿題をゲットしていました。
b0037220_23402043.jpg
きん



by Climber-Kin | 2016-05-22 23:36 | 小川山2015~2016 | Comments(0)
<< 2016年5月22日、カサメリ... 指皮と岩質との関係 >>