2016年11月6日、木古里岩2F、恐竜王国RP

 当初、二日目は歩いてアプローチするつもりで、中里の岩場のつもりだったのですが、初日の指皮のダメージが酷過ぎました。中一日で土日連荘の外岩ってこともあって疲れ気味です。土曜日の夜は21時には下吉田で寝ていました。簡単で一日で登れそうなルートへ行こう。あっ、あれだ!
 北風が強かったようですが、木古里岩には風が吹き込みません。暖かったです。向かいに紅葉した「中里の岩場」を見ながら、静かな岩場を楽しみました。

(1) ハンマーヘッド(10c)、×
・これは以前フラッシュしたのですけどねぇ。一カ所難しいです。クライミングの中で垂直の石灰岩が一番難しいのではないか?
(2) 恐竜王国(11b)、×、ヌンチャク掛け
・間違えて、植木鉢(10d)に取りつきかけました。
・このシチュエーション(高度感、ビレイヤーから見えない、ランナウト、等々)でオンサイトなんて、怖がりの私には無理です。核心のランナウトセクションらしきところでテンションかけます。突っ込む気が、まるで、しません。
・その上もライン取りを間違えると窮地に陥ります。最後にも??セクションが現れました。
(3) 恐竜王国(11b)、RP
・はっきり言って、初便がボロボロで、指皮も足指も痛すぎて、登れないかもしれない。そんな不安いっぱいで取りついたのですが、核心のランナウトセクションまで、一カ所迷いながら力を使ってしまいましたが、まぁまぁ落ち着いて登れました。核心セクションを何とか抜けて、あれっ、ここではレストできない!1p上にある大耳ホールドまで、大慌てで上がって、ここでレストできました。
・最後のポイントのスリット穴ホールドは、降りる際に生えていた草を抜いてしまったので、ホールド見失って、クライムダウンして仕切り直して、再度ゴー。何とか完登できました。

 ちょっと想像していたのとは違っていた「恐竜王国(11b)」ですが、とても、面白くて、いいルートでした。テントウムシの攻撃とテントウムシの雨、それと登る際に沢山のテントウムシを踏んでしまいました。凄い数のテントウムシが岩に張り付いてました。向かいの「中里の岩場」が紅葉していて癒されました。今度来る時は、少しは力を戻して、もう少し難しいルート(ドンガバチョとか)をトライしてみたいです。

〇 木古里岩から正面に見える軍艦岩
・ここにも沢山のラインが引かれているんですけどねぇ。
b0037220_22343677.jpg
〇 天狗岩
・こちらは天狗岩。多分。これの下の方にラウマーとかカチの特訓があるのだと思います。上の方も沢山ルート作れそうですけど、アプローチが大変なんでしょう。
・右奥に見える二つに割れている山は、叶山鉱山だと思います。二子山の山頂の登れば一望できるようです。
b0037220_22354722.jpg
〇 恐竜王国(11b)
・テラスからビレイします。これ以上、下がれないので全貌写真は撮れません。
・ボルト最小限と紹介されていますが、確かに、少しランナウト気味で、核心と思われるセクションは結構なランナウトでした。最初から最後まで大きなムーブです。ガバもって、ハイステップして遠いガバみたいなムーブが多かったです。ライン取りを見つける能力でオンサイトできるか否か、そんなルートだと思います。
・私の勇気力と持久力では、この手のルートを一撃するのはちょっと難しいです。
・この時期でも、15時ぐらいまでは、岩に陽が当たっていました。北風が回り込まないようです。真冬でも登れそうです。
b0037220_22371540.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-11-06 22:38 | 中里の岩場 | Comments(4)
Commented by ゴン助 at 2016-11-07 00:21 x
朝はどうもでした。二子に来られなかったので中里かなぁ、と思ってました。今日の二子は意外と空いてましたよ~。
帰りの299は車が多かったですね。時間が早かったせいかな(18時~)?名栗周りで帰りました。
Commented by Climber-Kin at 2016-11-07 09:09
ゴン助先生、おはようございます。土曜日も、よーこそTに5人以外は、この時期にしては空いていたと思います。中里の岩場あたりは、まさに紅葉まっさかりでした。秋の観光シーズンですね。我々の方も秩父市抜けるところで渋滞にひっかかりました。秩父超えてから、飯能バイパス超えるまでは渋滞はなかったですよ。所沢近くは季節に関係なく渋滞するので、いつも狭山湖を抜けて帰ってます。
Commented by JILL@ at 2016-11-07 21:15 x
こんばんは。恐竜王国の高度感と露出感は凄いですよね。おまけに私が登った時は、終了点に残置が無くて、ここで結び替えかと、さらに恐怖感が増して、なんどもなんども指さし確認した思い出があります。
Commented by Climber-Kin at 2016-11-08 09:54
 JILL師匠、おはようございます。恐竜王国は木古里の岩場の看板ルートですね。
 アプローチの急なところには、まめにガイドロープが張ってあって、終了点には、下降用カラビナが残置されてました。誰かわかりませんが、しっかり整備してくれているようです。ありがたいことです。
<< 2016年11月12-13日、... 2016年11月5日、シーズン... >>