2016年12月3日、暑いじゃん二子山

「労作性頭痛に悩まされる」

 今週も忘年会をやりたかったのだが、諸般の都合で土曜日日帰りでした。しかも、本日は無形遺産の秩父夜祭の日でした。駐車場取りなのでしょうか?屋台の場所取りなのでしょうか。299号に停車した車の列が朝の6時からできていました。これは帰り大変だ~。帰る際にグーグルマップで確認したところ、使う道にところどころ渋滞の赤い線が。もしかして、これは駐車場待ちの動かない渋滞とか? ということで危険を感じて、花園ICから関越道で帰ったのでした。
 さて、岩の方ですが、朝はかなり冷え込んでいたのですが、風がなかったせいか、陽が当たりだすと、あっという間に温かくなってしまったようです。10時の1便目ですら、二段岩壁はもう岩が温かくなりすぎていました。そして、今週の問題はそれだけではありませんでした。先週の1便目のワンテンにしたトライで頑張り過ぎたせいか、酸欠みたいに頭が痛くなってしまったのですが、その後、調子がよくありません。平日に筋トレしても頭が痛くなるし、クライミングジムへ行って力を入れると頭痛が始まってしまうのです。グーグル先生に聞いてみたところ、「労作性頭痛」別名「重量挙げ頭痛」というらしい症状にぴったりです。50歳過ぎてから発生した場合は、一度検査した方がよいようです。それはそれで、どこの病院へ行けばよいのか難しいのですけどね。血管の膨張とかいろいろな原因があるようですが、私の場合、多分、首の凝りから来ているような気がしています。ちょっと前から、なんとなく首回りに違和感がしていて、ビレイグラスを買ったのです。最近気にしていて、首のストレッチも結構やっていたのです。やはり、血管の拡張とかの原因なのかもしれませんが。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××××
(5) 振り返るな(13a)、××
(6) 振り返るな(13a)、××

 バッファリン系の方がよいような情報もありますが、今日は持っていたロキソニンを飲んでみました。水分も多めにとりました。しかし、核心セクションまでくると、やはり頭が痛くなってしまいました。5-6p間は力がいるのですね。
 そして、先日思いついた5-6p間の改良は全て妄想でした。これまで通りのシナリオで頑張るしかないようです。あっ、1つだけ進展がありました。4-5p間の腰押しつけレストです。左足高めフットホールドで、腰入れてから左足を所定の場所へ下げていたのですが、最初から左足所定の場所で腰を入れ込んだ方がはまりやすいようです。今日は2回ほど、いい感じになりました。しかし、体幹を使うのは同じで、10秒程度で再出発する必要があるのは変わりありません。まぁ、シナリオがこれしかないってわかったのも前進かも(笑)。
 2トライ目は情けなかったです。左指穴クロス刺して体勢を整えたのに、怖くて右手ドーンを出せませんでした。恐いってのもあるのですが、辛いゴボウ登りと落ちた時の左穴アンダーの指皮ズリ剥けがトラウマになっているような気もしています。3トライ目は、いつもの通りヨレヨレでした。このルートには、メンタルでも負けています。落ちるの嫌がっていないで、頑張って一手づつ伸ばしていかないと!

〇 今日の弓状
・ベテラン勢が穴ムジに、おいしいよに、多数RPだしてました。あなた達強すぎ。うらめしや~。
・写真は、ペトルーシュカ(12b)をトライするHRKDさん。10年前のきんムーブを採用。 ガンバレ~!
b0037220_22314181.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-03 22:31 | 二子山'16-'17 | Comments(2)
Commented by 土屋 at 2016-12-04 23:07 x
労作性頭痛、私も悩まされたことがあります。10年ぐらい前、スポーツジムでベンチプレスやったり、クライミングジムでボルダー打ち込んでいると頭痛が。
都立大久保病院でCTスキャンとってもらったけど、異常なし。徐々に負荷を上げていくしかないみたいです。最近は出ません。
Commented by Climber-Kin at 2016-12-05 09:00
土屋さん、経験談ありがとうございます。とりあえず、首に炎症鎮痛系シップを貼ってますが、やはり首の凝りだけではないような。でも、4kmランしてもおきないです。少なくとも下を向いて力を入れると発生するパターンがあるようです。発生パターンを特定できれば、よいのですが。病院行くと、またCTですか。この1年いろいろとCTにかかり過ぎで被爆量の方が気になっちゃいます。
<< 2016年12月11-12日、... 第1回忘年会、のちベースキャンプ >>