2016年12月23-24日、二子山

 クリスマスの三連休は、金土で登って、これが最後の下吉田キャンプ場泊まりでした。土曜日の夜は、NRM亭で、忘年会、いやクリスマス会でした。
 金曜日は暖かく、金曜日の夜から冷えて土日は寒い予報だったのですが、金曜日の朝は、暖かくはあったのですが、すでに空気が乾燥していました。土曜日の朝は冷え込みましたが、風はなく、昼からは絶好のコンディションではあったのですが、体は既に終わっていました。

◇ 23日(金)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登+Tr
(3) バイパス、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、×
(6) 振り返るな(13a)、×
◇ 24日
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
(10) 振り返るな(13a)、ムーブ探り

 今週もさえませんでした。わかってはいるのですが、岩が冷たいと力を入れてホールド握ってしまうようですねぇ。いつもより疲れていて、特に二日目はさっぱりでした。進展自体はありませんでしたが、手順の整理は進みました。

① 3p目レストは、左膝が壁の窪みに入るようにステミングする。
② 4-5p間のいつも人差し指第1関節を切る左手ガストンは、人差し指をその尖がりホールド自体にあてれば、テーピング不要にできる。
③ 4-5p間の画期的なレストは、やはりない。腰押しつけレストで頑張る。
④ 5p目クリップ後のレストは、やはりない。直前の座り込みキョンで少し休めるのではないかと期待したが、左足フットホールドが奥に入り過ぎていて、傾斜を殺せない。
⑤ 5p目クリップは、フリ体勢でなくて、バックステップでクリップ&焼石握りシェークすること。
⑥ 5-6p間は、左足を右足横の斜め面にスメアで左手ボールホールドで、右足を一気に上げて、左手ロックして右手アンダーサイド取り。
⑦ そのまま左足バックステップで左手アンダー取り。さらに右足スメア気味で6p目クリップホールド取り。ここで右足ヒールフックだと体が落ちて、右手の負担増となりNG。これまで通り、右足ボールホールドに載せて、右手肘をできる限り伸ばすこと。また、右手薬指のサイドにあて物すること。テーピングの芯でもよいが、できればプラスチック製の腱鞘炎対策板がよいのだが。
⑧ 核心セクション最初の左穴アンダークロスから右手ドーンは、左手人差し指にテーピングがなければ、フリクションはよいはず!
⑨ 右手ドーンから飛ばしは、上側のエッジがある部分へ(変更なし)。足踏み替えはひるまずに。
⑩ 左手モニョモニョは、午前中はフリクション悪し。
⑪ 右足ヒールは中間ぐらいに。上過ぎると溝が細いのでかからない。下過ぎると横引きになり、力が弱くなる。上の細い溝にアキレス腱部分のヒールが少しかかるぐらい。
⑫ 右手飛ばしは、ホールドを見定めたら、体を壁に貼り付けて、見えない状態で右手出すこと。
⑬ 思いっきり右へ腰スライドさせれば、左手はコルネホッペをとらえられるはず。
⑭ 左手飛ばしの細かいフットホールドは、ひるまないこと。

 もう、改良はネタ切れ状態です。でも、進展しないといじりたくなるんです。

〇 今週の弓状
・息子が息子なら親父は親父でスーパー持久力のMR井さんが、振り返るなをRPされていました。鳳来の強いお姉ぇさんが、火の鳥を最終日の最終便でRPされていました。おめでとうございます。
・「XXの岩場」の新版で、二子のグレードを変えるとの噂がありました。誰がルートのグレードを定義すべきか?よくわからないですが(初登者?開拓者?)、自分としては、今のグレードに納得した上で、一つづつルートを積み上げてきました。変更しても、他の岩場とのグレードの整合性など取れるわけがないですし、今更変更してもらってもなぁという気持ちです。
b0037220_15334876.jpg
〇 YWT専務の私生活(12c)のトライ
・惜しい!本当に惜しい。左手アンダー捉えられれば、完登だったのに~。
・アンダー気味でなくてサイド気味に手をだしていました。
b0037220_15342702.jpg
b0037220_15344493.jpg

b0037220_15350715.jpg
b0037220_15352405.jpg
b0037220_15354747.jpg
〇 さらば、下吉田キャンプ場
・長い間、お世話になりました。AR井のおじさん、いつまでもお元気で。
b0037220_16203598.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-12-25 15:41 | 二子山'16-'17 | Comments(4)
Commented by JILL@ at 2016-12-25 23:03 x
お疲れ様でした。グレード改訂の件同感です。中にはあんまり辛過ぎるのもあるようなので、その辺を整理してくれればと思います。
Commented by Climber-Kin at 2016-12-26 10:32
JILL師匠、おはようございます。グレードって、人によって、得意不得意の上に、体格によってホルード位置が合う合わないの相性があって、一般的なグレードって、あるようでないような。目安にしかならないはずなのですが、やはり気になりますよね。影響力のある方々(JFAとかの協会でオーソライズするのかしら?)がグレードを変更する(しようとするだけで、それは提案?)のでしょうけど、いずれにしても、思い付きではなくて、個人的な印象だけでなくて、何のために変更するのかも含めて、慎重によく検討してから、論理的に決めてもらいたいですね。
Commented by つよぽん at 2016-12-26 13:58 x
きんさん、ブログでは初めましてです。

グレード改訂は自分は賛成ですね。
二子に限らず他の岩場も、おかしいものはどんどんダウングレード、アップグレードすれば良いと思います。
きんさんも色々な岩場でたくさん登られてると思うので、明らかにおかしいだろって思うものはあるかとは思うんですけどね。
日本が全体的に辛いってのはあるとは思うんですが、二子はみんな辛いって言ってますよね~。
Commented by Climber-Kin at 2016-12-26 16:17
つよぽんさん、ご意見ありがとうございます。私としては、個人的なグレード感覚は、このブログからリンクしている「完登ルート一覧」に体感グレードを記載してますが、標準クライマー体格からかけ離れているので、標準とはかなり違うかもしれません(笑)。全世界は置いといて、日本全体でもグレード合わせこむというなら、それは、とても難しい作業だと思いますが、やってもらえるなら整理してもらいたいです。
しかし、つじつまがあう修正なんて不可能だろうという考えの背景があって、どうせできないだろうし、発表されてから、もう20年以上もたっているんだから、今更ほっといてほしいと言うNegativeな表現になってしまいました。すいません。
コメントレスに書いたように、その時は、慎重に、よく検討してもらいたいってところです。
<< 2016年12月29日、二子山... 2016年12月17-18日、... >>