靴の酒

 長年、花崗岩にはミウラーVSとミウラー紐を使っていました。サイズも迷うことなく、試し履きをすることなく同じサイズを購入していたのです。花崗岩の12台は殆どミウラー紐で登ったと思います。エクセレントパワーはミウラーVSで登りました。花崗岩用なので、多少小さめを買います。履き慣らすために、シューズストレッチャーによるストレッチと慣らし時間が必要だったのですが、問題ありませんでした。ところが、数年前(多分3年前だと思います)、同じ表示サイズなのに、いきなり実質サイズが1サイズほど小さくなったのです。それでも何とか履けるものの、しかし、いくらなんでも小さすぎでした。困りました、そのころ、花崗岩は「力The大岩」をトライしていたのですが、困りました。トライシューズがありません! シューズ探しが始まりました。私の体重だと、XGrip/Edgeしかありえないので、それほど種類がありません。スカルパのブースティックに落ち着いたのでした。しかし、初チャレンジ靴、やっちゃいました。最初に買ったのは、案の定、1サイズ小さすぎました。毎度の授業料です。その翌週に、1サイズ大きな「ブースティック」を買い直して、トライ用シューズを作ることができました。
 そして、残ったのは、履けない「ミウラーVS」、「ミウラー紐」、「ブースティック」でした。私のサイズのちょっと小さいサイズ。サイズぴったりの人を探していたのですが、なかなか見当たりませんでした。ジムへもっていっては、試し履きしてもらったりしたのですが、なかなかいませんでした。そして、ついにぴったりのクライマーが、すぐそばにいたのでした。狼おじさんことHR岩ダンナでした。狼おじさんは今年はエクセレントパワートライ中です。ぜひ、このシューズ達で登ってくださいって、あのルートトライしてると、あっと言う間に靴底なくなっちゃうから、さらに、2、3足ぐらい必要そうだけどね(笑)。

〇 アイラ島、BOWMORE、18年
・シューズのお返しに、バウモア18年もらっちゃいました。ありがとうございました。
・女王のウィスキー、スモーキーでほのかな塩味。そして潮の香。
・バウモアの18年を飲むは初めてでしたが、そのスモーキーさが、ほどよく枯れて。何とも、すばらしい味でした。12年とは全然違う風味でした。
・今度は成果を出して、シングルモルト18年を飲みたいなぁ。
b0037220_09294106.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-09-08 09:30 | 酒ログ | Comments(0)
<< 2017年9月9-10日、不動... 2017年9月3日、不動沢、久... >>