クライミングにおける乾燥手対策の研究(2017年)

 石灰岩のシーズンがやってきました。今年は、10月の週末ごとにやって来た台風に秋を持ってかれてしまったのですが、その後はいきなり冬になってしまいました。そして、冬と言えば乾燥です。もう、手のツリツリ対策を行わなければならない季節になってしまいました。
 オイルカットの「極水」がよいと思っていたのですが、「白潤(シロジュン)」がどうも、しっくりきます。微妙な成分の割合の違いだけなのですが。ヒアルロン酸が多すぎると、ちと、ヌルヌル感が長引きます。今年薬局を覗くと、「白潤プレミアム」が出ているではありませんか。思わず手が出てしまいました。パフはそのままぶら下げられるそうな大き目のパフを買ってみました。ハーネスの締めテープに簡単につけられそうです。

〇 乾燥手対策のアイテム
・「Bioreうるおい弱酸水しっとり」は少しヌルヌル感が強すぎます。買ってから減りませんでした。
・「白潤」は、いまのところイチオシです。今年も新しいのを買いました。
・「白潤プレミアム」は、少しヌルヌル度が高いかなぁ。
・ヘチマ水と思ったら、これレンズクリーナーでした(笑)。関係ありません。
・「極水」は、塗った後サラサラ感が強くて、グリセリンが多いのかなぁ、結局、あまり使いませんでした。
・中荒目#120、幅100m×3mの紙やすり。
b0037220_15210063.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-11-24 15:22 | クライミングの研究 | Comments(0)
<< 2017年11月25-26日、... 2017年11月23日、雨のち... >>