2017年12月29日、登り納めの二子山

 登り納めは、仕事納めの翌日の29日か?30日か迷ったのですが、天気予報を見ると、どちらも同じような天気だったので、29日の方にしました。朝は寒かったです。北風を二子山が遮り、陽だまり状態を期待したのですが、何故か風は北東から吹いて来て岩場へ回り込んできました。太陽は燦燦と輝くのですが、岩は冷たく、風もありました。午後からは緩んだのですが、空気は終日冷たかったです。コルネの裏と穴ホールドの中は冷たかったです。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登/TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・1便目は、岩が冷えてて握りこんでしまったようです。核心セクションへ入るころは、もうヨレヨレでした。左指穴アンダークロスムーブへ入るところで、自らテンションしました。
(5) 振り返るな(13a)、××××
・2便目は、もう体が疲れていました。寒い日はボロボロです。それでも、右手ドーンの手を出すところまではいけました。
・結構冷静に、左指穴アンダークロスをとって、立ち上がって、左手引き付けてロックしようとしましたが、ロックできません。そのまま右手ドーン出しましたが、ホールド触って落ちていきました。

 お昼前の1便目で6p目クリップ右穴アンダーの持ち損ねで指がやられてしまったようでした。2便目はもうダメダメでした。しかし、ヨレヨレなれど右手ドーンムーブまでは行けました。いつもなら必死で意識が遠目になって落ちるあたりは何がなんだかわからなくなるのですが、何故か、よれている体ながら「観の目」の境地で自分を観察できたのでした。力がなくて引き付けられない自分がそこにいました。右手ドーンですが、引き付けて引き付けて手だけだしの「ワン・ツー・イメージ」でやってみようと先週ぐらいに思ったのですが、自分的には動的な「ワンムーブ・イメージ」で右手ドーンの方がよいのかもしれません。その場合は右足の掻き込み意識がポイントになります。いずれにしろ、寒いとボロボロです。体が動かないせいなのか?岩が冷たくて握りこんでしまうせいなのか?乾燥してツリツリホールドのせいなか? 全部なのでしょう(笑)。
 来年も続く!

〇 今日の弓状
・熱意溢れたクライマーが今日も弓状へやってきてました。しかし、空いていました。
・写真は、「任侠道」をトライするJILL師匠。ロープを足にからませて、頭を岩にぶつけていました。ヒヤリとしましたが、大丈夫のようでした。
・パートナーさまの「私生活(12c)」は、先週のMっちさんのアドバイスをもとにシナリオ変更していました。1便目にムーブ変更して固めて、2便目でいきなりいい感じで、あと2手まで詰めていました。
b0037220_22560865.jpg
〇 「観の目」の境地(これが正しい意味なのかは知りません)
・何かを行っている自分。そこから精神が分離して、離れたところから自分を冷静に観察しているような境地。
・射撃とか弓とかを行う人がよく表現する言葉のようです。私も、ライフル射撃をしている友人から聞きました。
・クライミングでいうと、スクリプト化されたムーブを行う操り人形のような自分を離れたところからコントロールしているようなイメージです。落ち癖がついてしまった時とか指の感覚がなくて自らあきらめてしまって落ちるような状況が続いた時など、この「観の目」の境地で苦しさや冷たさを意識からシャットアウトして、RPに至れた経験が私にも何回かあります。

きん

by Climber-Kin | 2017-12-29 22:56 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
Commented by JILL@ at 2017-12-30 20:57 x
こんばんは。ご心配をおかけしましたが大したケガにはなりませんでした。今日早速ヘルメット物色しにいきました。
また、来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。
Commented by Climber-Kin at 2017-12-31 11:24
JILL師匠、大したケガでなくてよかったです。ラクビー用ヘルメットがよいとか、HR野さんがおすすめしてます。
はい。良いお年をお迎えください。
<< 2017年のまとめ 2017年12月23-24日、... >>