2018年1月4日、穏やかな二子山

 明後日は週末になるし、昨日の3日は新幹線で遠出していたので疲れの影響が気になったのですが、週末も同じような気温になるような予報なので、それなら出し惜しみしないで予定通り行くかなってことで中2日で再び二子へやってきました。昨日は冬型が強くて夜のうちに積雪があったようです。昼間は風が強くて寒かったようです。日が変わって今日は気温は低かったのですが風はおさまり、最高気温が5度ぐらいで空気は冷たかったのですが、穏やかな日となりました。元旦のような強い風もなかったので、ホールドのツリツリ感が少なく、フリクションは久々によかったです。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登+TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・核心セクション右手ドーンは右手中継するか未だに迷っていました。再度中継ムーブを入れてトライしてみることにしました。
・核心セクションまで結構いい感じで進みました。しかし、5p目の腰押しつけレストはいまひとつでした。
・6p目クリップして左手ドーンから右手ワンツー。そして左指穴アンダークロスへ。そこから、右手をすぐ上の中継ホールドへ。しかし、足で立ち切っていませんでした。デッド出しになってしまった右手中継ホールド取りはつかめずにフォールでした。
・先日と同じように左中指ベロンチョしてしまいました。すぐに降りました。
(5) 振り返るな(13a)、×、久々にインチキしないでワンテン
・再度よく考えました。右手ドーンで右手中継は、どうも行きたい方向と違う方向へ手をだすので、もたもたしてしまって、うまくいきません。それと、左中指の皮ベロンチョに100%なってしますようです。
・今度は、右手中継なしで右手ドーンへ入りました。あっ、デカ穴ホールドはあとちょっとのところで右手から逃げてが行きました。おしい!
・繋げてきた場合はクリップしない7p目にクリップして、右手ワンツーからつなげてみました。
・あっ、やはりそうか、タメが必要なのね! 6p目から終了点まで繋げました。7p目はクリップしているので、正真正銘とまでは言えないながらの久々のワンテンで抜けました。
・左手のテーピングがなくて、風がなくて、湿度高めなら、6p~終了点は繋げられるんだ。最近は風があったりで手がツリツリで核心セクションだけやっても、なかなか繋げられなかったのですが、やはりコンディションですかね。

 右手ドーンは止まりませんでしたが、メンタル的には前進できました。
① 1p目クリップホールドは、左小指をジャムしなくてもできるので、テーピングは不要。
② 4p目レストはしっかりレストすること。
③ 4-5p間は左手ガストン持つ場所を選べば、左手人差し指テーピングは不要。
④ 5p目、腰押しつけレストは右腰を回しこんで入れこむこと。
⑥ 右手ドーンはタメがポイント。左中指のテーピングはしておいた方が無難かなぁ?
 迷いはなくなり、やることがはっきりしてきました。次回こそ、右手ドーンを止めて前進させたいです。頑張ります。

〇 元旦以上に空いていた弓状
・静かで集中できました。
b0037220_22171712.jpg
きん

by Climber-Kin | 2018-01-04 22:17 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
<< 2018年1月6-7日、二子山... 2018年元旦、二子山祠~秩父... >>