2005年10月9日、カサメリ沢、プラチナムRP

10/9、雨のカサメリ沢(10/9-10)、1日目

「プラチナム、ようやくRP」

10/8-10の3日間小川山の予定だった。だが、天候が。10/8朝の出発は取りやめ、夜にtsuka小屋に入る。一時は、10/9-10の予報がよくなったのだが、二日とも前線が北上し最悪の天気となる。そして、二週前と同様に雨でも登れるカサメリ沢モツランドへ向かうことになる。今回は、tsukaさん、Y中さん、O本さん。そして、廻り目平でテントを張るI藤くん、K田さん、K野さんと二日とも、モツランドで登る。二日目はFJさんも合流。そしてカサメリ沢モツランドといえば、前回同じく雨の日、5便出してRPできなかったプラチナムである。

(1) プラチナム(11c)、×
3人組のパーティの先客がいた。我々のパーティからもレーザーズエッジをトライするので、なかなか、そちらを登れる機会が回ってこない。あいているプラチナムをヌンチャクかけがてら、ウォーミングがてら登ることにする。3p目取りに行くところで、いきなり足が滑りフォールする。

(2) プラチナム(11c)、×
前回と同じムーブでいくか迷うが、まずは1便は同じムーブでトライすることにする。4p目クリップした後核心へ。うーん、カンテがばから足が抜ける。少しもがいて、キョン気味で足をかけていたのを正対で乗り込むようにしてみると、なんと次のホールドが楽に取れるではないか。もらいと思うが、最後のテラスへの一手。力尽きてフォールしてしまった。おぉ、なんてこった。うーん、途中のテラスであまり休まずに突っ込んでしまったなぁと後悔する。

(3) プラチナム(11c)、RP
今度は、いけると確信して取り付く。カンテで落ち着いてレストする。順調に最後のホールドも取り、終了店のテラスへ手を伸ばす。そしてRP。10年越しの課題をクリア。うれしいですね。

(4) レーザーズエッジ(10c/d)、10年ぶり再登
今日はオリーブ(11d)を登る時間はないが、その前半部分であるレーザーズエッジ、登って確認しておく方がよいだろう。また、この部分だけでも、非常によいルートだ。だが、力ずくで登ってしまった。楽にレーザーズエッジ部分をこなすためには、かなり手順の改良が必要そうだ。

Y中さんはプラチナムを軽くFL。そのまま上部へつなくポパイ(12a)をトライしていた。tsukaさんは、11cに3便は不本意ながらプラチナムをRP。I藤くんも3便でプラチナムをRP。O村さんとK田さんはレイザーズエッジで苦戦。K野さんはレイザーズエッジを2便で片付け、プラチナムへ参戦。1テンRPトライ態勢へ持ち込んでいた。

帰りにナナーズ経由でtsuka小屋へ戻る。20:30ごろ、野辺山駅へFJさんをtsukaさんと迎えに行く。FJさん合流。秋の夜長。久々の成果。ついつい酒が進んでしまった。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-10-10 22:39 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)
<< 2005年10月10日、カサメリ沢 自然岩ルートの各セクションのム... >>