2006年7月29日、カサメリ沢

7/29、カサメリ沢

梅雨明け前の大雨を懸念していたのだが、天気予報では朝のうち小雨。土曜日か日曜日か迷ったのだが、みんな土曜日でOKということで、久々のT助さんといつものM代っちさんでカサメリ沢へ向かう。行き先も小川山とカサメリ沢で迷ったのだが、一時雨の予報もあったので、カサメリ沢を選択した。また、お二人にとってカサメリは初めてだったので、とても新鮮だったようだ。結局天候は、朝ウォーミングアップではまっているころに雨が降り出し、モツランドへ移動。たまに雨が降る中。モツランド近辺で少々湿っぽいのではあるが快適にクライミングを楽しむことができた。モツランドではシュクラさんのグループがいらしていた。レーザーエッジの部分のヌンチャクありがとうございました。そして、カサメリ沢に来ていたクライマーが雨のためモツランドに全員集合といったところだ。昨年黒山聖人岩でM堀さんのお仲間でごいっしょしたE藤さんとも出会う。

(1) トータルリコール(10b)、RP、再登
このルートがカサメリで一番、ウォーミングアップに向いていると思うのだが。お二人は不評だった。

(2) 無名(10b)★二つのルート、×
出だしが難しい。しかも、クラック部分が湿っていて、ここだけで11aぐらいに感じてしまったのだが、ここは何とか通過。さらにダイクのところでは、ねばりにねばるが、ついにムーブを見出せずテンション。ここはヒール乗り込みだった。しかし、メンタル的な本当の核心は、その次のセクションだった。スタンスはボルト上すでに50cm。さらに一歩微妙な立ちこみをしないとクリップできない。墜落するラインにはいかにも足を打ちつけそうなダイクが見える。そして、ガバはない。私は男の子になれませんでした。いんちきして、クリップ。その上は特に問題はないのだが。このルート、とても恐かったので、ヌンチャクがかかっているうちにRPしておきたかったのだが、雨が。「おおー、なんてこった!」。これ、精神的にとてもムズイ。ということは、私は逃げる、いやいや私は逃げないシリーズに登録?それにしても、これで10bかよ。

(3) ミルクミルク(10a)、FL
M代っちさんがトライした後、登らせてもらう。うわさ通りに、結構難しい。核心は終了点直下に感じたのだが。グレードは10a?、うーん。

(4) オリーブ(11d)、×
このルート、昨年2便ほど出しているのだが、核心部分でのクリップが解決できていない。ヌンチャクかけながら、ムーブを解析する。だが、ムーブ解決ならず。クリップ飛ばすのかなぁ。だけど、デッドっぽいきわどい核心最後の一手は、クリップなしでは恐すぎる。困った。

(5) オリーブ(11d)、×
結局、核心でクリップできず。テンション。右カチから悪い左カチで立ちこみ右手カチをとった後に左手をガストンに持ちかえるとクリップできることが判明。核心手前のレスト方法も確立できた。もしかしたら、いけるかなぁ。

(6) オリーブ(11d)、×
核心最後の一手まで迫り、左手小さな穴ホールドから棚へのデッドのところ、右足の置き場にこまる、テンション。フォール覚悟で一手出さなかったことを後悔する。

(7) オリーブ(11d)、×
久々に4便出すが、すでに指がよれていた。ヘビークライマーはカチに弱いのであった。今から考えると、3便目が最後のチャンスだったのか。次回に持ち越しだ。RPはできなかったが、それにしても、この緊張感と疲労感、久久に味わうことができて充実。

7月最後の成果を持ち帰れなたかったのは残念だった。久々外岩のT助さんは本数を出せなかったけど、相変わらず軽快な登りだった。M代っちさんも今回は他のルートに浮気せずミルクミルクをRP。M代っちさんは、雰囲気とか静けさ、山深さ等々、たいそう、カサメリが気に入ってしまったようだ。私の方は成果は出なかったけど、ロングルートの4便と10bスラブのはまりで、またしても充実のトレーニング日となった。今日はとても長く、いろいろなことがあり、思い出深い一日になったことだろう。

○ トータルリコール(10b)を登るT助さん
b0037220_830957.jpg


○ トータルリコールをトライするM代っちさん
b0037220_830404.jpg


○ 無名10bではまる私
・写真の部分はムーブがわかれば問題ないが、その後がマスターだと恐怖のセクションが待っている。
b0037220_831888.jpg


○ ミルクミルク(10a)を登るT助さん
b0037220_8314383.jpg


○ オリーブ(11d)をトライする私
・全体的にはホールドは大きいのだけど、核心だけが細かい。
・カチ苦手の私にとっては、当然苦手ルートとなる。
b0037220_8321029.jpg


○ 今週のスコッチ
・BOWMORE ISLAY Single Malt Scotch Whisky、12年。
・過ぎ去った12年は早いが、これからの12年は長い。最初にカサメリを訪れたのも、たぶんそれぐらい前だろう。これからの12年、どんなクライミングになるのだろうか。ちょっとスリリングな場面もあったが今週もクライミングを安全に楽しむことができた。とても幸せだ。とりあえず、パートナーに乾杯。
b0037220_1440220.jpg


きん
by climber-kin | 2006-07-30 08:32 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(10)
Commented by まさよ at 2006-07-30 12:47 x
きんさん、今週もありがとうございました。はい、すごく気に入りました◎沢の音、風、そして美しい岩肌、五感に訴えてくる岩場という感じ。
その雰囲気に負けない、気迫ある美しい登りができるといいんですけど!!なかなか、なかなか。。。ムズイ。
オリーブ。ロングルート且つ上部核心で見ている私たちも力がはいりました。次回は登って、ウニ食べて帰りましょう!!
Commented by climber-kin at 2006-07-30 13:10
まさよさん、お疲れ様でした。とても楽しい一日でした。岩の迫力に負けないような登りがしたいですね。そして、お互い、一本づつ、地道にがんばりましょう。それと、カサメリ、とても気にいったようですね。また、行きましょう。
Commented by こーたろー at 2006-07-30 21:17 x
カサメリだったんですね。オリーブ、自分も宿題です。レーザーズエッジの後の4本目?は左手ガストンでした。でもそんなに細かくないですよ。きっと「できない」→「細かい」という先入観でしょう。
Commented by T助 at 2006-07-30 22:57 x
昨日はお疲れさまでした。運転もありがとうございました。久しぶりに楽しめました。一ヶ月しか空いていないのに、アプローチで膝ががくがくで疲れるし、10台を登っても疲れるし、体力が落ちているのを痛感する1日でした。きんさんはさすがに軽快な登りでしたね。オリーブは次回は確実ですね。今後もよろしくお願いします。
Commented by Climber-Kin at 2006-07-31 08:32
こーたろーさん、どうもです。そのホールド、いきなりガストンではもてなくて、下方向にきかせてもって(これが悪い)、それで上の右カチを取ってから、左手ガストンにしてクリップという手順にしました。この日の2便目でムーブがかたまり、3便目では落とせなかった。まぁ、いつものシナリオではあるのですが。残念。
Commented by Climber-Kin at 2006-07-31 08:33
T助さん、お疲れ様でした。1ヶ月ぶりの外岩にしては、体が動いてたのではないでしょうか。オランジュ岩方面へ行くと、また違うカサメリを見ることができます。そちらの方も、きっと気にいると思います。
Commented by シュクラ at 2006-08-01 08:40 x
トータルリコールはUPには丁度良いと思いますが・・・
他にお薦めは有りますでしょうか。
Commented by Climber-Kin at 2006-08-01 18:09
シュクラさん、どうもです。そうなんですよね。他にないんですよね。あえて言うなら、トラパント(スタートが沢でロープが濡れる)とレディバグ(うーん、どうかな)の下部ぐらい?あとはミルクミルク?
Commented by M野 at 2006-08-01 19:27 x
無名の10b、2本ともひどいですよねっ!!^^(ちょっと嬉しい)
Commented by きん at 2006-08-01 19:53 x
M野さん、お久しぶりです。恐いですね、このルート。もう一つの10bも難しいんですか。それじゃ次回は、そちらでも、はまってみます。
<< 2006年8月1日、B-PUMP 2006年7月25-27日、B... >>