2007年6月23-24日、カサメリ沢

6/23-24、カサメリ沢

今週は月に一度ペースの泊まりでのクライミング。天気予報は二転三転して、うれしい予想外の天気になる。二日とも登れそうだと期待したのだが、天気が早まり日曜は昼から本降りだった。今回も塚小屋のお世話になった。今週の塚小屋にはY中さんとミポリンが同宿していた。お二人とtsukaさんは二日とも小川山。M代っちと私は二日ともカサメリ沢でそれぞれの課題を楽しんだ。

○ 6/23
クライマーとは会わなかった。修行僧みたいな人が沢を登ったり降りたりしていた。コセロックあたりにはクライマーがいたのだろうか。とにかく、静かな一日だった。

(1) トレビの泉(10a)、NDDのヌンチャクがけ
このルートはNDDのほぼ真上に終了点があり、ロワーダウンでNDDにヌンチャクがけが可能だ。だけど、このルート自体のヌンチャク回収は大変で、M代っちに苦労させてしまった。フォロー回収した方がいいのかもしれない。

(2) ナイト・ディジイ・ダンス(12b)、×××
先週できた最初の核心トラバースを素早く抜けて、前回こなせなかった上部のムーブを解析したい。ところが、そのトラバースがなかなか成功しない。何回かやってなんとか抜けられたのだが、何がポイントなんだろう。落されすぎで、毎回違うことを気にしながら、トライするので、どれが正解なのか、さっぱりわからなくなってしまった。とりあえず、今回の目的は上部ムーブの解決することなので気にせず上部のセクションへ。アンダーガバから、左手カチで大きめホールドへ。うーん、こんなに厳しかったか?今日は先週より少し弱い気がする。6p目クリップは、平日ずっと空想していた大きめのホールドにマッチする手順、期待ほど楽にはならなかったが、こちらの方が楽な気がする。ただし、6p目のヌンチャクを長くする必要がある。そして、どう使うのかわからなかった、チョークで真っ白な溝の中の3本指穴。この手順だと使える。少し左手振れるかもしれない(うん?もしかしたら、こっちで6p目クリップ?)。そこからは前回と同じ手順。左手伸ばしてカチをとる。そして、次の右手マッチするために右足をヒールフックするのだが、そのポイントは左足をどこに置いて、右足を上げるかだ。そして、右手をマッチしてから、さらに、左手を一つ上のカチへ。ここからが、先週できなかった右手カチアンダーへの一手だ。右足を先週より一段手前の6p目マッチしてクリップするホールドへ上げるしかない。1回目、やはり落される。そして、ポイントはやはり左足をどこに置くかだった。2回目、おおー、止まった!そこからも気を抜けない。右手カチアンダーで、左足上げて掻き込みしながら、きわどいバランスで、左一本指ホールドとって、左足フットホールドかえて、右足上げてから、終了点直下の穴へデッド。右手持ちやすいアンダーに送ってから、左手を小テラスエッジへ、足踏み替えて、マントル気味にガバへ。こんなの下から続けてできるのだろうか?いやいや、手順はさほど多くない。がんばろう。

(3) ナイト・ディジイ・ダンス(12b)、敗退
今度こそは、下から登ってトラバースを一発で成功させたい。ところが、またまたはまってしまう。いろいろ試して、左手で穴ホールドのエッジカチをつかっても、スローパー持ちしても、右手は結局同じ場所になることがわかる。そうなると、右手アンダーから直接穴ホールドを左手パーミング持ちした方が楽だ。そして、左手ガストンへの遠いダイナミックムーブ。二十回ぐらい落されただろう。どしても、右手の登れた時のコツが思い出せない。よれよれになってきたが、何とか、トラバースを成功さえることができる。どうも、考えすぎだったようだ。親指で岩を押さえようとしていたので、左手が伸びないし、左手ガストン取れたときも、その瞬間に右手が抜けて、落されていたようだ。素直にパーミング持ちして、親指を人さし指にあてて、手のひらで挟む感じがいいようだ。すると、左手は伸びるし、左手ガストン抑えた後も、右手が左方向に引けるようになり、はがされない。いまひとつ自信がもてないが、とりあえず、そういうことにしておこう。だが、今日はこれで終わってしまった。最後のムーブをトライする前に敗退。また、指皮を全部持っていかれてしまった。二日目にしても、まだ、一日に2便しか出せない。厳しい。

○ 6/24
もう、指が終わっていたので、みんなの誘いにのって小川山でもよかったのだが、雨が早まったようなので、カサメリ沢へ行くことにする。二日登れる日はNDDは避けて、他のルートをたくさん登る方が賢いかもしれない。それがなかなかできないんだけど。

(4) ワニワニワニ(11b)、×
このルートは10年以上前にRPしている。M代っちがトライしたいとのこと。雨も早そうなので、ヌンチャクがけに、いきなり登った。最後のデッドで、フットホールドがわからず、テンション。落ち着いて行けば、登れたはずだ。まだまだ甘い。

(5) 金のわらじ(11d/12a)、敗退
何とか、核心ムーブを解決したい。TJさんの情報をもとに、正面突破のムーブ、いろいろ探る。そうこうしているうちに雨がひどくなる。結局解決できず。いんちきして上まで抜ける。うーん、わからん。

(6) プラチナム(11c)、×
金のわらじの下で雨宿りして、昼飯を取る。ルート見てみて、登りたいと思ったら登ろうと、モツランドへ移動する。既に2パーティが雨宿りしていた。指が終わっていたのだが、トレーニングがてら、抜けられるかなぁと不安を持ちながら、プラチナムをトレーニングトライ。最後のカンテのカチを取るところで落された。もう指が登攀拒否反応。本日終了。

NDD、それにしても難しい。今回で、何とかムーブは全部こなせたのだが、どれも確率が悪すぎる。まだまだ細かい改良が必要そうだ。下から続けて、トラバース部分を超えられて、6p目へ向かう時に、どれぐらい指がよれているかが問題だ。まだまだこの先の展開が読めない。まずは、そのあたりまでステップを進めたいのだが。修行は当分続きそうだ。M代っちは、初日に真実の口ではまって落ち込んでいたが、ワニワニワニ(11b)1便目でいい感触。さらに、プラチナム(11c)も1便目で全てムーブ解決。真実の口は、ちょっといやらしいルートなのかも。

きん
by climber-kin | 2007-06-24 22:51 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(6)
Commented by こーたろー at 2007-06-25 07:44 x
きんのアニキ 今週もカサメリかい。いいねぇ。オイラ今週末も外岩はNGだから禁断症状が出始めちまってるぜ。
じゃ、またな。
Commented by Climber-Kin at 2007-06-25 09:16
こーたろーの兄弟、そりゃ辛いなぁ。そんな時はジムで精進だぜ。
Commented by まさよ at 2007-06-25 19:40 x
お疲れ様でした。雨でも登れる場所選んでくれてありがとうございました、モツランドは雨の日しか行かないけど、あのしとしと雨の静かな雰囲気結構お気に入りです。それにしても、あのトラバース、コツは何なんだろう。右手の保持力?今度、ジムでどの程度の極悪ホールドか教えてください。今週もボルダー強化にダイエットだ!
Commented by climber-kin at 2007-06-25 21:43
まさよさん、お疲れ様でした。人は少なくてよかったのですが、金のわらじ下もそうでしたが、モツランドもブヨでにぎやかでしたね。おかげで、いまだに痒くてたまりません。あのトラバース、リーチのある自分はまだ有利だと思います。リーチないけど軽い人は、右手カチで左手ガストンを取りに行くんじゃないのかナァ。私はとても難しく感じます。NDDでも感じましたが、ムーブできなきゃ話にならないですからねぇ。お互いボルダーがんばりましょう。
Commented by こーたろー at 2007-06-25 22:37 x
アニキ ジムで精進してるんだけどよ、それもあきてきた。来週末まで週末は外岩なしだぜ!!
Commented by Climber-Kin at 2007-06-26 07:55
こーたろーの兄弟、そんな時もあるさ。あとちょっとの我慢じゃなぇか。だけど、そんな時は頭の中ですげぇ簡単に登れるイメージが出来上がっちまうんだよな。想像クライミングは負荷がかからねぇからな。
<< 2007年6月26日、T-WA... 2007年6月20日、B-PUMP >>