2007年10月6日、カサメリ沢

10/6、カサメリ沢

NDD、悩ましい。条件悪い時期からトライを開始し、小川山へ行ったり、カサメリへ来たり、雨に降られ、湿度に泣かされ、途中、金のわらじとイエロークラッシュのRPを挟んで、長々とトライし続けて、前々回ようやく3テンにはなったものの、未だRPの可能性を見出せないでいる。今夏は、早い時期から花崗岩に通いだしたせいもあってか、最近指の痛みが気になる。ただ、秋の高気圧に覆われた、よい条件でトライしてみて、どの程度なのかだけは試してみたい。そのチャンスがようやくめぐってきた。いつものパターンだが、このパターンも今日が最後になる。たいちくんが山梨を引き上げるからだ。M代っちと中央道で韮崎駅へ、たいちくんをピックアップして、カサメリ沢へ向かう。紅葉シーズン開始の中央道。ところどころで小さな渋滞に巻き込まれる。いつもより、20分ほど余分に時間かかった。舗装路終点まで行って荷物をデポし、私は車を植樹祭記念公園の駐車場へ戻して、また林道へ向かう。お二人が分担して、私のザックを渡渉点まで持っていってくれた。ありがとう。空身で渡渉点まで早歩きで行くことができたおかげで、早く到着することができた。駐車場から金のわらじ前まで30分でついた。午前中雲が多かったが、秋の高気圧に覆われて天気は上々だった。ただ、標高の高いカサメリは既にフリースを着ていても寒い。岩も結構冷たくて、まだ冷たさになれていないせいか、登ったあとに指に激痛が走るあの感覚を久々に味わった。

(1) トータルリコール(10b)、アップ
岩が冷たい。だけど登りは結構いい感じだった。

(2) ぞうりむしVariation、アップ
M代っちがぞうりむしをトライするので、アップがてらヌンチャクがけをする。トータルリコールは結構いい感じで登れたので今日は調子がいいかなぁとおもったのだが、感じはいいのだけれど、体は疲れているようだ。前回よりかなりパンプした。平日ジムボルダーの疲れが気になる。特に、水曜日BP、あの打ちまくった2級のせいで背中がゴリゴリのままだ。

(3) ナイト・ディジィ・ダンス(12b)、ヌンチャクがけ
マスターではあるが、例のムーブでトラバースを一発で決めたい。左手がじゃまで右手いいとこ持てずフォール。だが、今日は結構フリクションがいい。また、最初のマッチ方法にかえてみようかという考えがよぎるが、左手を指一本分右側にして右手のために場所をもう少しあけてみようと思いつく。それは随分前に成功している保持場所なのだが、その後一度も止まらないので持ちやすい今の場所に落ち着いていた。その分右手のスペースがなく苦しんでいた。すると、今日は指一本右側でも保持できる。そのまま、トラバース成功。おおー。そのまま5p、6p目のヌンチャクをかける。だが、6p目からの核心のムーブが起こせない。いろいろあがいて、また他のムーブを捜そうとしたのだが、やはり決めたムーブしかないようだ。何故だろう。決まるときは一発できまるのに、何が要因なんだろう。とりあえず、ヌンチャクつかんでサイドアンダーカチを持って、上まで抜ける。

(4) ナイト・ディジィ・ダンス(12b)、1テン
目標は6p目クリップまでノーテンション。そして、1便目に改良した方法で、ついに下から繋げてトラバースに成功した。ガストンとってから、ちょっと足使いに失敗したのと、心の準備ができていなかったせいで5p目あたりでもたついたが、6p目クリップまで何とかたどりついてテンション。そして、1便目でムーブ起こせなかった後半の核心。左足はとても小さなフットホールドを使うのだが、どうも足で立とうとする意識が強すぎて、つま先を壁に垂直に立てているせいで、腰が壁から離れているのではないだろうか。M代っちに、1便目は腰が壁から離れていたといわれたことで思いつく。膝を割って、腰を壁につけてやってみよう思った。すると、なんと、いきなり核心の一手が止まった。そうかそうだったのか。ようやく、上下の核心のポイントがわかったようだ。そして、ついに1テンだ。8日19便目。

(5) ナイト・ディジィ・ダンス(12b)、回収便
RPするには、6p目クリップするまで、いかに疲れないでいくかが次の課題になる。とりあえず、行けるところまで行って、研究してみよう。そして、今度も下からつないでトラバースに成功した。実は先便で、もう一つのあるポイントを掴んでいた。そのおかげで、左手をガストンへ出す前にシェークする余裕がうまれた。そしてもう一つ、ガストン取ってから、足を送る際に、右足はしっかりインサイドエッジを使うこと(先便で失敗した)。さもないと、左足が次のフットホールドに届かない。だが、やはり5p目クリップしてアンダーガバでのレストがいまひとつで、6p目を目の前にして右手が穴から抜けそうなので、自らフォールする。この6p目クリップとその前のムーブはボルトの位置関係でどうしてもロープの内側に足が入ってしまう。リスクマネージメントが必要だ。少しアンダーガバでのレスト方法を研究する。左手を休めるのが難しい。右手を休める際に、足位置の関係で、どうも左手にへんな方向に力がいる。トラバーススローパーをバックステップして体を壁に入れ込むと少し楽かなぁ。

NDD、ようやく1テンになる。とりあえず前進なのだが、どうなることやら、これからが長いような気がする。それとも、いきなり登れる日が来るのだろうか。一番元気な状態でぶつかってみれば、6p目クリップのところで余力を残すことができて、いきなり登れてしまうのではという期待はある。だけど、その期待は他のルートでも何度も裏切られているからなぁ。カサメリの季節は、もう長くない。今日の岩の冷たさでわかったのだが、この壁は日が当たらないせいで、寒くなると辛いだろう。今月いっぱいが限界だろう。指も少し休めてやる必要がありそうだ。このルート、夏の間は条件悪いし、条件がよくなると冷たくて登れない。だから難しいのかもしれない。M代っちは、本日1便目でぞうりむし(11a)をみごとRP。よかったねぇ。たいちくんは、NDDやればいいのに私に遠慮して、前回触ったキングオブモンキー(11d)をトライした。なんだかんだ言いながら本日2便目でRP。下から見てると結構すっきりするラインなのだが、本人曰く核心が超恐いらしい。帰りはヘッデン隊となって、満点の星空を見上げながら植樹祭公園駐車場へトポトポ歩いて帰っていったのでした。

〇 ぞうりむし(11a)の核心に入るM代っち
b0037220_0232352.jpg


〇 そうりむしの核心
・リーチがあるとここは遠くない。
・リーチがない人にとっては、ここが核心になるようだ。
b0037220_0242989.jpg


〇 ぞうりむし、最後の乗っ越し
・実はここからが恐い。
・金とわらじとぞうりむし。終了点手前のライン、パンプトポだとクロスしているので、我々はぞうりむしは左。金のわらじは右を登っている。
・そして、その上部、右側の方がいやらしいと言う人もいる。左側の方が難しいという人もいる。
まぁ、両ルートとも登って、どちらのラインものぼっておけば、どっちがどっちでもいいんじゃないかい。はっはっ。
b0037220_0253642.jpg


〇 ぞうりむしをRPするM代っち
・おめでとう。
b0037220_02610100.jpg


〇 追伸
・NDDの上の核心、サイドアンダーカチはまだ染み出してます。一番下部分は中継に使えないです。一挙に染み出しの上を取りに行ける人は問題ないです。
・トップガントライされていた方がRPされていました。おめでとうございます。すごい気合でした。見習いたい。


きん
by climber-kin | 2007-10-06 23:22 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(10)
Commented by よねひこ at 2007-10-07 08:03 x
すごい!懸案のNDD、ワンテンですか!詰めて通える状況ならRPは確実ですね!でも遠いうえに、岩のコンディション、身体のコンディション、頭(イメージ)のコンディション(?)の3拍子がそろわないと…となると難しさ倍増ですね。「もしかしたら」なんて思うと行かなくちゃ気が済まないところがクライマーのサガ。ひそかに期待しています!
Commented by climber-kin at 2007-10-07 08:47
よねひこさん、ワンテンから23便かかったルートもありましたし、このルート登れるぞという感覚にはまだ至れていないです。標高1500mの日が当たらないNDD、ヌメリとの戦いから、今度はいきなり岩の冷たさとの戦いです。昨日は苦笑いしてしまいました。NDDは、かなり余裕がないと、1シーズンで登る切るのは難しいんだろうなぁと思いました。本当に、いろんな面で修行ルートです。
Commented by ゴン助 at 2007-10-07 10:10 x
そうですか。もう岩が冷たいんですね。条件のよい時期は限られてるんですね。条件の良い時は泊まりがけで行くのも手ですね(難しいですけど)。それにしても1テンになり、RPが近そうですね。頑張ってください。
Commented by まさよ at 2007-10-07 11:30 x
ぞうりむし、ヌン掛け(お助けヌンチャクも)どうもありがとうございました。
今日のNDDは応援にも熱が入りまくりでした、楽しかったあ。
アンダーガバのレストと最終クリップの改良が出来れば、確率は相当高くなりそうに見えました。
カサメリ静かで大好きなので、いくらでもカサメリでいいです。そしたら、図々しく十手もちとか、コセドドンとか触っちゃおうかなー。
Commented by climber-kin at 2007-10-07 12:58
ゴン助さん、指の関節を痛めてるせいか。冷えて、とても痛くなりました。NDDは指の負荷が高くて力入りっぱなしですから、岩が冷たいと辛いかもしれません。
強い人はいつでも登れるんでしょうけど、そうでない人は10月と5月狙いなんでしょうねぇ。夏に、NDDは秋だから時期が悪いと言われたことありますが、秋から始めるとあっという間に冬が来てしまいますよね。良い条件の時期が短い。それも、このルートを難しく感じさせているんだと思います。
ありがとうございます。ずっと被っていて、最後までずっと厳しいので、1テンもあてにならないです。だけど、チャンスがあれば、またがんばりたいと思います。
Commented by climber-kin at 2007-10-07 13:05
まさよさん、ぞうりむしRP、おめでとうございます。一発でいっちゃいましたね。まぁ、よれてなければ問題ないでしょう。ザック運びと応援もありがとうごじました。アンダーガバは3便目やってみたくらいしかネタがないです。6p目クリップは、既にかなり研究しつくしたんですけどねぇ。ただ、手足とも同じホールドで、次のホールドも取に行くので、体勢で少し楽にできるのかもと考えてます。そうですね、あと一回ぐらいは再トライしたいですね。また、宜しくお願いします。
Commented by こーたろー at 2007-10-07 16:53 x
きんのアニキ せいが出るねぇ。そろそろかい?ガンバだぜ。
Commented by climber-kin at 2007-10-07 17:17
こーたろーの兄弟、兄弟がやってるモンパニも去年はコンディションに泣かされ結局登れず、半年持ち越して再トライしたからな。そんなパターンで終わってもいいと思ってるぜ。トライしただけでも有意義だったぜ。一便目にいきなりトラバースできちまって勘違いしたのが始まりだったのかもしれねぇけどな。はっはっ。まぁ、今シーズン中に登れたら、最高なんだがな。体調やらいろいろあるし、勝負は時の運もあるからな。それにしても、NDDしびれるぜ。兄弟もそのうちトライしてみてくれよ。このルートは、たぶん12後半への鍵だぜ。きっとな。その鍵がほしいぜ!
Commented by もっちん at 2007-10-08 19:23 x
やっぱり、金さんでしたか。
遠くに見えたきがしましたよ。
Commented by climber-kin at 2007-10-08 19:37
motさん、あっ、やっぱりモツランドにいました。朝早くからオリーブやってる人がいるなぁと感心してましたよ。それにしても、半日でも遠くの岩場へ来て、そして、しっかり成果だしてますね。すごいです。
<< 2007年10月9日、T-WA... 2007年10月3日、B-PUMP >>