カテゴリ:カサメリ沢・不動沢( 65 )

2017年9月9-10日、不動沢、エンペラータワー西面無名カンテをRP

 小川山~ヘルスセンター~外食~瑞牆パターンかなぁと思っていたのですが、パートナーさまが連続して、不動沢屏風岩へ行きたいということで、それなら、私は先週触ったあのルートか? あのルートはガバっぽくないから、ちょっと指持久力に自信がないなぁ、RPトライなんて3ヶ月ぶりだし、はまったら嫌だなぁとか心配しながら、屏風岩へ向かうことになったのでした。前日は16時ぐらいに、その日できることは終わってしまって、オフィスでチビチビ飲み始めてしまい、金曜日なのに、ちょっと飲み過ぎました。それも、少し心配だったのです。

◇ 9/9(土)
(1) エンペラータワー西面無名カンテ(12a)、ヌンチャク掛け&ムーブ確認
・うん?今日は湿っぽいか?あ~、先週と違って風がないからか。
・出だしは先週と同じように、キャメロット#1と#2で。
・核心ムーブは固まっているのだが、2-3p間がちと不安で、ムーブを確認するが、やはり、これしかないか。自分にとっては、ここの方が核心だったりして。
・3-4p間もガバっぽくないし、フリクションで抑える感じで、指がよれそう。
・4p-終了点間の核心ムーブは一発で決まる。

(2) エンペラータワー西面無名カンテ(12a)、RP
・1-2p間のフェースへ移る部分は力がいるし、右足ハイステップから2p目クリップホールド取りは左側へ回りたくないので、右面だけでの無理やりパツパツムーブは疲れる。
・鬼門となりそうだった2-3p間は、うっと声出してデッドで右だしで、できる限り左指ダメージを抑えた。
・3-4p間は腰をしっかり壁にいれて、指の負担を減らせた。
・しかし、指は既に、モヤー! 核心こなせるか?あ~! 何とかこなせました。よかった。

(3) Wanna Be(12a)、ムーブ探り
・同じく無名カンテをRPした横浜のきんちゃんがピーにヌンチャク掛けさせて、このルートをトライすることに。やれっ!って、命令が下りました。
・このルート、10年ぐらい前に一度触っています。核心を繋げて、とまれば完登できうるぐらいまでは詰めていたのですが、今日は核心ができる気配がしませんでした。とても不器用になったような気がしました。

 お盆明けのクライミング復帰から、ようやく1本登れました。先週横浜のきんちゃんから奨められたルートでしたが、所謂得意系のカンテルートでした。久々のRPトライに不安いっぱいでしたが、セーフ!でした。まだまだ、腕の力が抜けません。

〇 エンペラータワー西面無名カンテ(12a)
・無名ルートでは、あまりにspecifyできないので、クライマーで認識できる名前として、このブログでは、エンペラータワー西面無名カンテ12aと仮名をつけました。
・無名ルートで、ボルト4本の短いルートではあるのですが、ガバガバはなくて、なかなか引き締まっていて、それでもって面白いルートでした。
・核心は4p~終了点のムーブだと思いますが、リーチがある男性は、右側のカチから遠い左手サイドへ。そこから、右足左足上げて、ドンと右手リップ取りのミニランジっぽいムーブになると思います。女子は、カンテ沿いから、そのサイドへ右手ガストンで入って、左手サイドへのムーブの方が登り易いようです。
・私のRPの後、女子ムーブを見て、いきなり実践して登ってしまったきんちゃんでした。お二人とも、おめでとうございます。
b0037220_00290635.jpg
〇 百獣の王(11c?)をRPするパートナーさま
・2便目で、終了点直下のムーブを解決して、無事次便でRP。よかった。よかった。
・ヒラヒラさんとパートナーの方が一撃していたので、気合入ったみたいです。笑。
b0037220_00401816.jpg
〇 屏風岩無名ルート(12b)
・体感12cぐらいだそうです。
b0037220_00452631.jpg
◇ 9/10(日)
 今週は、瑞牆からヘルスセンター~外食~植樹祭公園と変則パターンでした。早い時間から、ヨッシーから瑞牆で飲みましょうってメールきていましたが、植樹祭公園に着いたのは、それから2時間も経っていたから、もう酔っ払いで寝ているだろうと思ってたら、まだ起きてました(笑)。近くにいたRXのピーさまも来て、21時半ぐらいまでおしゃべりしていました。今週末は再会の週でした。富山のTK長さんと屏風岩で何年振り?だ。お子さん3人か~。まだまだ登れないね。そして、帰ってきた開拓王で大怪我をして、このブログにコメントしてきたN原さんが、TK長さんと同じ富山チームだったとはびっくりでした。とにかく、大怪我からの復帰おめでおうございます。日曜日は、軽井沢へ引っ越したOKべさんとタラさん、何年ぶりだろう? それに、S木S一さんのお友達、CBさん?にあったり。群馬のHTさんはNDDをRPできたとのこと。おめでとうございます。帰りの中央道双葉SAでは、H山さんとノリノリさんに会った。
 日曜日も、どこへ行くか迷いましたが、とりあえずカサメリ沢へ向かったのですが、モツランドへ上がると、ヨシエさんがいました。え~!もうスクールやってるの?まー、それもニーズにマッチしているような気がしました。ボルドー再トライするかなぁと見に行ったのですが、暗くて、気が進まなかったのか?パートナーさまは、10年ぶり?に「金のわらじ」を探るとことで、コセロックへ向かったのでした。だったら、私も久々にマスター・オブ・ザ・ゲーム、探ってみるか。

(4) 猫の?(10b)、再登
・あまり好きではない、このルートだが、トータルリコールが混んでいたので、こちらでアップ。

(5-7) マスター・オブ・ザ・ゲーム(12b)、ヌンチャク掛、ムーブ探り
・N藤さんが開拓したころ、シドニーシェルダンの超訳「マスター・オブ・ザ・ゲーム」がベストセラーになったころだろうか?
・何年か前に一度探っているのだが、後半何もできなかったので、その後、触っていなかった。
・思い出したように、触ってみた。ムズイ!
・前回よりは状態よかったのかもしれない。核心手前までは何とかなりそうな感触は得た。しかし、核心が~。
・5p目クリップしたとして、そこから、左の方の穴ホールドまではたどりつけまい。左手親指と中指のチビ穴ホールドをピンチ持ちから右手出しでポッケホールドへデッドか?右手出し辛い。左手出してみた。5cmはリーチ足りない。う~ん。
・もしかして、左手親指外して、中指か人差し指で穴ホールド耐えらるか?わからん。試していない。
・それと、このルート触るにはやはり今日も暑過ぎたかな。

花崗岩の12bは、どれも難しいです。しかし、逃げずにトライしていくしかありません。それと、花崗岩用シューズは、再検討が必要と感じました。ブースティックは凄く良いシューズなのですが、柔らかくて足指が反り返り易いです。花崗岩でも前傾壁と傾斜の緩いスラブとかのスメアエッジは良いのですが、垂直の極小エッジングは足指力がないと辛いかなぁ。シューズ探すかなぁと感じたのでした。

〇 マスター・オブ・ザ・ゲーム(12b)
・超玄人向けルートか?
・核心と解説されている穴ホールド帯までの骨の折れるトラバースは何とか行けるかも。
・しかし、そこからの核心穴ホールド帯は?
・右手は水平ホールド最後のよさめホールドで、左手は親指人差し指のピンチ持ちから右手を高~い穴ホールドへデッドか?
・それは右手出し辛かった。左手出したが、5cmリーチが足りない。うーん、謎は続く。
b0037220_01184678.jpg
きん



by Climber-Kin | 2017-09-11 00:15 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2017年9月3日、不動沢、久々の本気トライ

 昨夜は、廻り目平に泊まらず、川上村ヘルスセンターのお風呂をもらい、レストラン141へ。混んでいましたが、味噌カツ定食1000円で、野菜サラダ大量で今日も満足でした。植樹祭公園に泊まりました。最初に満腹になってしまうと、お酒が美味しくありません。野菜でお腹一杯で酒飲まない分だけカロリー摂取が低いし、翌日も調子が良くて、実は良いパターンなのかもしれません。
2日目はパートナーさまの日で不動沢の「百獣の王」をトライしたいとのことで、私も登れていない同じルートをやってみるかなと思っていました。しかし、グレードの割に難しい持久系ルートは、あまり気がすすみませんでした。それで、横浜のきんちゃんに誘われて、屏風岩の無名ルートを触ったみました。面白かったです。
 
(1) エンペラータワー西面無名カンテ(カンテ、ワナビーの右の岩)(12a)、初見トライ
・オンサイトグレードは、10年以上前にお買い得11cで、それから変わっていない。
・「ルートと一人で向き合い、ラインとムーブを1人で解決して登る!」、それが最高のスタイル。わかってます。
・でっ、マスターでトライしろと。各停。核心の4p->終了点は解決できず。

(2) エンペラータワー西面無名カンテ(12a)、ムーブ探り
・1-2p間も、2-3p間も解決できていなった。
・4p-終了点で、核心セクション解決したが、その後、終了点へが恐怖でした。ビレイしていた、お二人から大笑いされてしまいました。
・ガバもって落ちるって怖い! 前腕が猛烈に張っちゃいました。

(3) エンペラータワー西面無名カンテ(12a)、ムーブ探り
・とりあえず、全ムーブできたと思ったら、最後の終了点への乗越が坊主ホールドで、越えられず。
・あとで、きんちゃんに右手サイドアンダーと教えてもらった。

(4) エンペラータワー西面無名カンテ(12a)、2テン
・あわよくばでしたが、2-3p間がNGでした。かつ、指皮が終わってました。
・核心の4p-終了点は、わかりました。左足スメアで、右足ジャンプでなくて、左手左足の二軸でドンでした。

 久々に相手にされる?ぐらいのルートをトライしてきました。RPできるかもしれない可能性を感じるルートの探りやトライは楽しいです。
 持久力要素があって、最後にボルダー的なムーブがあるルートです。12aか?もう少し難しいような。でも、このルートは、かなり面白いです。またトライしたいです。

〇 ワナビーと百獣の王の間にある無名ルート(12a)
・これ、面白いです。核心はリーチが必要です。横浜のきんちゃんは、ここだけが核心です。
・私は、ここまで、いかに楽に来るかの持久系的なルートに感じました。
b0037220_22141714.jpg

きん


by Climber-Kin | 2017-09-04 22:07 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2017年6月24日、カサメリ沢

「神様のお告げは空耳だったのか?」

 本格的な梅雨前の最後の週末かもしれません。さて、どこへ行くのかって、全然決まりません。パートナーさまが何を思い出したのか?モツランドへ行って、たらこ(11d)を登りたいと言い出しました。こちらはノーアイデアなので、あー、それなら、昔昔触って、そのままの「ボルドー(12a)」でもやってみるかなと出発したのでした。塩川ダムのトイレを借りたり、のんびりカサメリ沢へ向かったのですが、そこで、神のお告げを聞いたのでした。いや聞いたような…。そう、あのルートを触ってみろと。しかし…

(1) たぬき(10a)、再登
・昔昔、その昔、登り辛かった記憶が、やはり、出だしの1-2p間と最後が少し難しい。昔は5.9だったような。10aに格上げされていました。
(2) メトロノーム(13b)、ヌンチャク掛、ムーブ探り
・被っているので、トップロープはなかろう。下からヌンチャク掛けしながら、少しだけ探り。うん?ううーん?全然わからん。
(3) メトロノーム(13b)、ムーブ探り
・メトロノームするところまで、全然解析できず。乗り越えるところも、よくわからない。
(4) メトロノーム(13b)、ムーブ探り
・あっ、もしかして、トゥフックして薄カチの方か?あたりかも、左手も薄カチによせて、右手カンテスローパーか?いやカンテ保持できる気配なし。
(5) メトロノーム(13b)、ムーブ探り、ヌンチャク回収
・上部乗っ超せないので、上から回って、お助けテープを垂らした。
・あっ、トゥフックして薄カチ薄カチで、右手リップの上側にあるホールドか?しかし、もう体が終わっていた。
(6) 海賊の娘(10c)、セミMS/OS
・「たぬき(10a)」と「ジャガバター(10d)」の間にできていた新しいルート。貼ってあったテーピングに「海賊の娘(10c)」と書いてあった。
・パートナーさまがトライしたが、途中で戻ってきた。いつものパターンで、私は途中からMS/OS状完登。
・難しそうな下部の方が登り易くて、上の方へ行くほど、スローピーになって、ホールド探しが多くなる。結構面白い。

 神のお告げと思って、触ってみたのですが、これの核心は難しいですねぇ。リップ末端のガバへデッドかランジして、体がメトロノームのように振られるのはルート名からわかるのですが、そのメトロームになるホールド取りになるムーブすら、わかりませんでした。どうやって、やるのかしら。あまりに出来なさ過ぎて、もう一回触りたくなってしまいました。小川山砦岩前衛壁の「びんたマン(13b)」といい、みじかしい系の13bは本当に難しいですね。当たり前か。もしかしたら、神のお告げでも、逆の意味の「身の程知らず!」と言われたのかもしれません。

〇 メトロノーム(13b)
・リップガバへの体勢すら作れませんでした。右足トゥフックして薄いカチを右手、左手は当たりのような気がしますが。そこから?
・上部は掃除しないと、登れないぐらい苔むしていました。
・翌日ベースキャンプに来てた、○金さんに聞きました。ダブルトゥフックか〜。なるほど〜。右足だけしかトゥフックしなかった。両足か〜。
b0037220_23435816.jpg
〇 隠れた名ルート、たらこ(11d)
・登ったのは、随分前で。その時にパートナーさまも、いい感じだったような。それから、時は流れて、?年。最初からムーブ作り直しみたいな。
・このルート、ボルダーチックなムーブで、実はかなり面白いんですよね。
b0037220_23443799.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-06-24 23:44 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2017年6月18日、久々のカサメリ沢

「超玄人向けルート、ロボ(12c)に挑戦の巻」

 日曜日はHR岩夫妻に混ぜてもらいました。土曜日の夕方、川上村ヘルスセンターで晩御飯を食べていたらミキティがやってきて、明日混ぜてくれということで、4人でカサメリ沢になりました。土曜日の夜は、HR岩夫妻のタープを訪問したのですが、お腹一杯で酒は飲み過ぎないだろうと思っていたのに、ついつい話に夢中になりながら飲み過ぎてしまいました。酔っぱらって、薄いシュラフのまま車で寝たら、明け方寒くて目が覚めてしまいました。しかも、寝る前に水分とってないし。
 課題探しの身としては、どのルートを探ってみるか迷ったのですが、垂直の12bが登れないなら、ショック療法で12cの垂直未満のを触ってやれと、以前から気になっていたルートをトップロープで触ってみました。

(1) トータルリコール(10b)、再登
・随分アップに登ってきたルートですが、久々に触ってムーブうる覚えだと、結構難しいです。このルート
(2) ロボ(12c)、トップロープ掛
・トップロープ掛けに専念しました。
(3) ロボ(12c)、TR、ムーブ探り
・出だし、中間、最後とさっぱりできません。
(4) ロボ(12c)、TR、ムーブ探り
・最初のセクションは、こうかも、でも、できません。
・中間セクション、こうかも、あっ、ここはできるかも。
・最後のセクション、難しい
(5) ロボ(12c)、TR、ムーブ探り、回収
・もう、ヨレヨレでした。中間セクションだけは繋げられました。

 ロボ(12c)を触ってみました。最初から最後まで、めちゃくちゃ難しいです。小ハング乗越の前半セクション、カンテスラブ前半の中盤セクション、そして最後のどスラブセクション。最初と最後ができません。また、フリクションがよい時に触ってみようと思います。

〇 今日のカサメリ沢
・今日のカサメリ沢は大盛況でした。松本のOKさんが、ギャラクシアン(12a)をRPしていました。おめでとうございます。
・強いおじさん達も11台をRPにフラッシュ多数。こちらは、当たり前なので…笑。
・リトルサンシャイン(12a)の啓蒙活動を1日中したのですが、誰ものってきませんでした。
・たまに、このブログにコメントを頂く、リエコさんにお会いしました。
・帰る時に、コセロックの前で超不機嫌な顔をしたコビッキーをみたら、笑ってしまいました。
・写真は、飛鳥をトライするミキティとはるなをフラッシュするINGDさん。
b0037220_23084154.jpg
〇 ロボを探る私
・前半セクションは、やはり、股で岩を挟んで、ズリズリ上がるのでしょうか? 登った後、股に妙な疲労感が…
・中段セクションへ入る立ちこみまでがめちゃくちゃ難しくて、奮闘的です。
・中段は何とかなりそうですが、最後のボルト2本分が、またまた、めちゃくちゃスラビーです。
・キビチー!
b0037220_23091250.jpg
〇 ロボ岩のスラブ11b/cをトライするリエコさま
・登りが軽い!
・暗くて写真が、ぼけちゃいました。すいません。
b0037220_23173857.jpg


きん

by Climber-Kin | 2017-06-18 23:09 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2016年9月24日、カサメリ沢・モツランド

 週末は秋雨前線が南下するという天気予報を聞いていたので、何も考えずに出発したら、天気予報悪くなってたのね。その前に随分雨が降ったみたいでした。見る川全部が増水中でした。植樹祭公園に到着した時は雨がやんでいましたが、結局終日降ったりやんだりみたいな天気でした。こんな時に登れるのは、カサメリ沢・モツランドだけでしょう。しかし、そのモツランドでも、流れ込みで濡れている「プラチナム(11c)」を初めてみました。オリーブ(11c?)を再登でもしようと取りついたのですが、ヌルヌルのレーザーズエッジ(10c/d)でお腹一杯でした。

〇 幻想的なモツランド
・レーザーズエッジはヌルヌルでたまらず、出だしでテンション。足滑ってテンション。握ったホールドスッポぬけてテンション。2便目は、必死になって、再登しました。
b0037220_21501207.jpg
〇 流れ込みのプラチナム
・上段の岩からしずくが落ちてきていて、終了点のテラスに当たり、それが流れ込んでいるみたいです。
b0037220_21503647.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-09-25 21:51 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)

2016年9月17日、不動沢

「難しい11d? え~! 11c!」

 3連休でした。2泊3日で植樹祭公園泊の予定でした。新たな課題との出会を期待していたのです。しかし、台風16号の影響で大気不安定でした。土曜日は何とか登れそうで、土曜日の夜から日曜日の午前中にかけて雨で、月曜日で降水確率90%の予報でした。こんな時は、小川山の方が天気がよくて、しかも露出の多い岩が多い小川山の方が登れる確率が高いです。でも、廻り目平キャンプ場は混みそうな感じです。双葉SAで休みながら決めようと思っていたのですが、その双葉SAが渋滞していて、そのまま通過することになってしまいました。須玉で降りて、松屋で、ちょっと贅沢な朝ご飯を食べながら思いつきました。アプローチも近いし、露出もしてる。グレード的にも丁度よい。そうだ、あそこへ行ってみよう。

(1) 百獣の王(11d)、初トライ、半分MS
・パートナー様はずっと大昔に触っているので、先に登ってもらったのだが、予想通りの展開になって、半分フラッシュ。半分MSOトライ。
・しかし、2p目ではまってしまった。そして後半。段々難しくなってくるし、ヌルヌルで指が抜けてくる。このルート難しい。
・最後が核心らしいのだが、その手前も、ムーブがわからなかった。さらに核心ムーブは???無理やりムーブで何とかトップアウトしてヌンチャク掛けはできたのだが、これ今日中に登れる気がしない。

(2) 百獣の王(11d)、××、ムーブ探り
・とりあえず、行けるとこまで繋いでみようと行ってみたものの。すぐに前腕が張ってしまった。
・そこからも、2pぐらいづつは繋いでみるが、とにかく前腕が張ってしまう。
・核心手前の右トラバースは、ムーブ解決できたが、最後の核心ムーブ解決は容易ではなかった。難しい。

 3時ぐらいから、たまにポツポツやってきた。3時半には、すっかりガスに覆われてしまって、3便目は出せなかった。出しても多分登れなかっただろう。いや~、難しかった。他の人の話や記録をみると、オンサイトしたり、2便か3便で登っている記録が多かったので、それほど難しくないと思っていたのですが、12a以上に感じました。ただ、自分が弱っているだけかもしれません。確かに7月から、まともな外岩クライミングはやってないですからねぇ。ここまで落ちてしまったと自覚するしかありません。クライミング復帰を目指して、とにかく頑張りましょう。

〇 百獣の王(11d?)
・これ11cなのか? たしかに、太陽の塔の1p目や2p目みたいな難しいムーブはないのですが、ホールドがえぐれていません。最初から最後までホールド保持してると、終始指が抜けてきます。それがずっと続きます。そして、一番最後に一番難しいムーブが出てきます。
・今日の感じだと、12aぐらいは軽くある感じなんですけどねぇ。そこまで衰えたのか? 湿気湿気でフリクションがなかっただけなのだろうか?
b0037220_21365280.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-09-18 21:37 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)

2016年5月22日、カサメリ沢、次の課題探しの旅

 先週の日曜日は自棄酒の二日酔いで何もできませんでしたが、今週は先週の教訓をいかし、ウィスキーは180mlのミニボトルを2つしか持ってきませんでした。ヨッシー夫妻の焚き火にあたらせてもらってる間にあっと言う間に、そのウィスキーはなくなってしまいました。しかし、今週が本当の自棄酒だったのかもしれません。翌日は、小川山に後ろ髪引かれながら、先週と同じパターンでカサメリ沢へ向かいました。先週のコロッセオは多勢いたのですが、今日は貸し切りでした。みなさん、昨日来たのかな?

(1) トータルリコール(10b)、MS、再登
・新品ブースティックの足慣らし。さすがに新品は固い。
(2) 猫の手(10a)、再登
・このルートは苦手。出だしの核心を正しいと思われるムーブできません。今日も正しいムーブで登ろうとしたのですが、できる気がしないので、そのまま左手飛ばして、ぶら下がって、右手取り。

(3) レマンサル(12d)、Tr掛け
・パートナーさまの触るルート次第で3つのパターンを用意していた。パートナーさまがNDDを触るということで、今日はこちらのルートを触ることにしました。
・kの譲がNDDより登り易いと超ご推薦のルートです。
・でも、このルート、実は数年前に触るつもりで見に来たことがあるのですが、出だしが濡れていて、取りつきまで登るであろうと思われる草の階段がびしょ濡れ、ルートもできる雰囲気がしないので、見ただけで敵前逃亡したルートです。
・下から登って行って、いきなり2-3p間が意味不明でした。とりあえず、インチキして、トップロープ掛けしました。

(4) レマンサル(12d)、Tr、ムーブ探り
・やはり、2-3p間でわからない。散々探ったあげく、あっ、右足スメア気味でフリムーブで右手穴カチホールドか。
・しかし、3-4p間がさらに不明だった。右側の面が法面工事をしたような岩でフットホールドが全然ない。お腹のあたりに極小エッジやら、被り面部分に多少乗れるフットホールドがあるのだが、できる気がしない。問題がここだけなのか。とりあえず、その次を探てみる。
。4-5p間も難しい。そして、左トラバース気味?な5-6p間も???だった。
・6-7p間も使えるホールドがめちゃくちゃ遠い。フットホールドが悪い。
・7p目から終了点は大丈夫そうだ。

(5) レマンサル(12d)、Tr、ムーブ探り
・2-3p間は先便で探ったムーブでクリアできて、そのまま謎の3-4p間へ。やっぱり、?????
・散々考えたのですが、自分にできるムーブが見つかりません。再度、とりあえず、問題はここだけならと次へ進みます。
・しかし、結局、3-4p間、5-7p間が????

 いやー、見た目から自分の芸風ではないなぁとは思っていたのですが、やっぱりでした。でも、この手のルートも登れるようにならないと世界がひろがらない。と言っても、レマンサルは、この手のルートとしては、自分にはオーバーグレードです。先にムーランドラギャレットととか、ブラックホールあたりが登れないと、これは登れないでしょう。まだ、ブラッドライン(12d)の方が可能性あるなぁと思ったのでした。

〇 今日のコロッセオ
・貸し切りでした。いい風吹いて、いい状態でした。寒いくらいでした。
・パートナーさまのNDDは、ムーブ解析進んだようです。2週連続触ってたりして、可能性感じてるんじゃないかと勘違いされないかしらと心配してました(笑)。
・写真は下から見上げたナイト・ディジィ・ダンス(12c)。12cか~、力Theも12cなんですよねぇ。花崗岩の12cは難しいです。
b0037220_00074309.jpg
〇 レマンサル(12d)
・こういうのを登れるクライマーは、小川山の「金メダル(13a/b)」とかカサメリ沢の「鳳凰(13b)」とか登れるんだろうななぁ。
・いやー、超スーパー、花崗岩チック。
・kの譲は、花崗岩の達人です。ご推奨ルートには要注意(笑)。
b0037220_00081594.jpg
きん



by Climber-Kin | 2016-05-23 00:07 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(4)

2016年5月15日、二日酔いのカサメリ沢

 カンマンボロンへ行く予定だったのですが、階段一歩上がるにも息が切れそうな酔い具合です。完全な二日酔いで、まだ気持ちがよいです。フラフラです。午前中は放棄状態になってしまいました。パートナーさまがやりたいと言うNDD、コロッセオへ向かいました。午後からは酔いが醒めたので何か登ろうかと思ったのですが、新しい課題を触るまでの気持ちまでは回復しませんでした。目の前にヌンチャクが掛かっている、かつて登れたルートを触ることにしました。

(1) ナイト・ディジィ・ダンス(12c)、×××
・このルート、難しい。核心のスタートの穴スローパー、クロスマッチが全くできません。
・中盤後半は、意外とムーブを覚えていました。でも、核心最後の右手サイドアンダー取りはできまへん。
・こんなルート、よく登れたなぁと昔の自分に関心してしまいました。

(2) トップガン(13a)、×××
・今度はこちらのルート。エンドルフィン(13a)、デリウス(13a)の花崗岩飛び系13a、三兄弟の末っ子。
・これが一番簡単だというイメージだったのですが、遠~い。めちゃくちゃ遠~い。
・アプローチ部分の10cでホールド探しながら登ったら、ここで前腕張っちゃいました。
・こんなルート、よく登れたなぁと昔の自分に関心してしまいました。

 久々にお酒を飲み過ぎました。しかも、泊まりで登りに行った土曜日の夜に。最近酒の量が増えていました。今度は酒をやめなきゃとは思わないのですが、少し減らさないとねぇと思ったのでした。あ~、飲まない日を作るかな?

〇 神の手をトライするH山さん
・今晩はH山さんが自棄酒かも?(笑)
・kの嬢から、岩場珈琲いただきました。ブレンド珈琲の推奨。なるほど。ごちそうさまでした。
b0037220_23492133.jpg
〇 NDDをトライするショウコさま
・このルートは、ムズイけどカッチョえーなー。
・kk沼ダンナさまは、トップガンのムーブできていました。後は繋げるだけ。通ってくださいませ。
b0037220_23502489.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-05-15 23:47 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(4)

2015年11月1日、カサメリ沢

 土曜日は小川山だった。土曜日の夜に植樹祭公園へ移動して、翌日の日曜日はカサメリ沢で先週触った「ブライダルシャワー」って? えっ寒くないか? と思いながら植樹祭公園でキャンプでした。テントの中にあった鍋の水に氷が張っていました。テントから外へ出たら、雪が降ったのって思うほどの、一面霜だらけでした。

(1) トータルリコール(10b)、MS、再登
・しっかり焼石して登りました。
(2) 鳳凰(13b)、ヌンチャク掛
(3) 鳳凰(13b)、Tr、ムーブ探り
(4) 鳳凰(13b)、Tr、ムーブ探り

 パートナーさまが今日は登らないと言い出したので、ブライダルシャワーは中止で、日が当たって暖かそうなオランジュ岩のルートでも触ろうとあの!「鳳凰」を触ってみました。でも、この時期のオランジュ岩の取り付きは昼過ぎでも、なかなか日があたりませんでした。寒いのなんのって、登りだせば温かくはなるのですけど。
 そして、初めて触ってみた鳳凰ですが、このルート登った人凄い!浜ちゃん凄い!

〇 鳳凰(13b)
・まさか、このルートを自分が触ることがあるなんて、考えてみませんでした。まぁ、触って、全くNGと言うのも、意味があると言うものです。
・これまで、触ってはみた難しいルート達。このルートやるなら、まだあのルートの方がましだって(笑)。
・傾斜がどんどん強くなってきます。
・ちょっとだけ凹角になっているので両足張って上がっていくのでしょう。
・一番被ってるところは、右回りで行くのでしょうか?
・左上にがばホールドがあるのですが、ちょっと左寄り過ぎのような。それに、そのガバホールドへ行くには、凹角から凸角を横切らないといけない。
・幅4mぐらいで、チョークが残っていて、先人も悩みまくっているのがわかります。
b0037220_23270509.jpg
〇 雪が降ったような、みごとな霜の植樹祭公園
・H山さん、kの嬢、Y神さん達、マユさまも旦那を連れて、我々のすぐ後に不動沢駐車場へやってきました。
・先日、有笠山でお会いしたのはY神さんだったのね。
b0037220_23271096.jpg
〇 ギャラクシアン(12a)
・松本ナンバーの方が今日もトライされてました。全トライおしかったです。最後に登れたかな?
b0037220_23273075.jpg
きん

by Climber-Kin | 2015-11-01 23:36 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2015年10月25日、カサメリ沢

 土曜日の夕方に紅葉の小川山をあとにして、植樹祭公園へ向かいました。午後から風が出だして急に寒くなりました。夜中に強風が吹いて、テントの外張りがはずれてしまいました。風でテントが揺れて押されて何度も起こされました。明け方は、瑞牆山登山者さん達のハイテンションな声に起こされました。やはりこの季節。登山者が多いですね。
 日曜日の朝は冷え込みました。風が冷たかったです。カサメリ沢へ向かったのですが、途中で車を停めて考えました。H山さん、kの嬢、まゆさまの車がカサメリ沢へ入っていきました。寒そうで終日辛いかも、あっ、暖かそうな甲府幕岩へ行こうとUターンして幕岩方面へ向かったのでした。少し進んだところで、待てよ、この時期、この天気だと、幕岩は激コミの予感がしました。やっぱり、寒くても静かなカサメリ沢にしようと、再度カサメリ沢へ向かったのでした。コートダジュールのさらに奥、ドーム岩にあるブライダルシャワーへ向かいました。きっと、オランジュ岩のように日が当たり暖かいに違いないと期待して。ところが…

(1) トータルリコール(10b)、MS、再登
・焼き石しちゃいました。

(2) ブライダルシャワー(11d)、Tr、ムーブ探り
・アプローチを間違えて、少し彷徨してしまいました。ロボ岩から右上へ上がって行くのではなく、水平移動してから、踏み跡を上がるです。たどり着いた取り付きは寒い!大きな杉で終日日陰でした。不動沢が見えるぐらいだから、尾根筋だからでしょう。風の通り道でした。
・終了点直下のムーブが難しいらしいとあったのと、寒くて積極的になれないところもあって、トップロープです。
・そしたら、3-4p目からはまり。ガビガビアンダー持ち替えて下側からいこうとしたら、これは小さい人ムーブみたいで全然できず。でかい奴は、左手ガビガビアンダーから頭の上の薄いガストン右手で、左手遠い水平カチのクリップホールド取りか。パツパツ。左手取ってからも、ステップして体勢作るのに、ちょっと苦しい。
・4-5p間から、左手はガバ、右手はポケットなのだが、フットホールドが乏しくなる。足滑ったら、指なくしそうなぐらい、ホールドがとがっていて、そこに指をチョックしてるんですけど。怖い。
・8p目クリップしてから、その核心は待っていた。散々探って、右手アンダーから核心の左手穴ホールド?取り。右足普通において、正対で右手モニョモニョホールド取りか?それ取れれば左手クロスでガバで終了点に上がれる。

(3) ブライダルシャワー(11d)、Tr、1テン?
・中盤に自信がなかった。と言うより、ここ寒すぎ。取りつきが大きな杉の木に囲まれていて、日が当たらない上に風の通り道で今日は寒すぎる。トップロープでWPすればいいやぐらいの気持ちだった。
・とは言え、おじさんは頑張って、出だしの核心は超えて、中盤の指落としそうなダイナミックな地帯も超えて、核心へ。ウォー前腕張っちゃった。でも、核心手前でレストして回復できた。登ってやるぜー!って頑張ったですが、核心ムーブで右手届いたのですが、その瞬間に左手スッポ抜けました。

 あまりに寒いと指皮がイヤイヤ状態なので、少し早めに引き上げました。オランジュ岩あたりまで降りてきて、あまりの暖かさにびっくりしました。このあたりは陽だまりになっていて暖かいのですね。100m離れただけで、これだけ違うとは。
 ブライダルシャワーは、とてもおもしろいルートでした。自分のムーブを見つけるのにパズルのような前半。レストできずに、そのままストレニっぽく、大きな動きの中盤。パンプしてしまいます。そして、終了点直下に現れる核心。その核心は瑞牆ガイドブックの通り難しかったです。指先が入るポケットホールドで、日が当たってると難しいかなぁ。でも寒い日は辛いエリアです。おもしろいルートなので、また、来たいです。

〇 ブライダルシャワー1pt目(11d)
・午後から日が当たる角度なのですが、杉の大木が太陽を遮っています。でも核心には日が燦燦と当たっています。
・終了点直下の核心手前までで、11ノーマルぐらい? レストはさんでの核心ムーブは3-4級ぐらいか? グレードは12aでもよいような気がしました。そしてら、人気ルートになるとか。
b0037220_23074206.jpg
〇 ドーム岩から見たロボ岩
・ロボ岩上部はあんなに大きな岩なのか?「明日があるなら(12a)」はスラビーで難しそう!
b0037220_23093453.jpg
〇 夕日に染まるオランジュ岩をトライするクライマー
・クライマーはMOTさん。
b0037220_23084814.jpg
きん

by Climber-Kin | 2015-10-25 23:09 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)