カテゴリ:二子山'09-'10( 33 )

2010年6月12日、二子山

来週は入梅しそうだ。今日は今シーズン最後のチャンスになるだろう。今週は平日あまり雨は降らなかった。二子に雷雨が降ったかどうかまでは、わからないけど。前線が近くなり、湿度が高いことが気になった。そして、それは、まず指皮に感じた。いつもは固めの指皮なのだが、今日は湿り気のせいでしっとりしていた。岩はさらにしっとりしていた。天気予報は朝は80%以上の湿度を予報していた。昼過ぎは60%ぐらいまで下がる予報だった。昼からは、状態が少しはよくなるのではないかと期待してチャンスを待った。

(1) 高く登れ(10b)、再登
広場の下の方の岩が湿気で、ねずみ色っぽく変色している。触ると、あの独特の水を吸って柔らかくなった石灰岩、粘土が固まった岩のような感触。このルートも、しっとりしていた。

(2) バイパス(10a)、再登
朝はとにかく湿度が高いようだ。

(3) おいしいよ(12c)、ヌンチャク掛け
出だしから、かなり濡れている。3-4p間の左手穴ホールドは手が半分ほど、ずり抜けてきてしまった。ヒヤリとした。5p目クリップの右手アンダーの中は、モヤッとした。そして、拝みホールドはヌメヌメで保持できません。左手小指あたりには、うっすらと染み出しの跡が。小指だけは特にツルツル滑った。そして、拝みムーブ。ここだけ何度やってもできない。疲労するのも嫌なので、チョンボ棒を下から上げた。

(4) おいしいよ(12c)、×
今日が今シーズン最後と覚悟ができた。それならば、おいしいよに集中しよう。我慢して待った。午後2時まで待った。暑いなぁと思いながらスタート。4p目クリップの左手穴取りはしっかりもてなかったが、何とかクリップ。だけど、本気トライの1便目、体は軽い。そして、5p目クリップから核心ムーブへ。うっ、少しヌルヌル感が。フリクションが悪い。そして、拝みホールド、左手は全然保持できません。

(5) おいしいよ(12c)、×、ヌンチャク回収
1630に3便目を出した。夕方近くなってきて予報通りに湿度が上がってしまったようだ。ホールドが粘土のように感じる。ヌルヌルです。フルパワーでホールドを握ってしまいます。それでも何とか核心まで来たが、拝みホールド保持できずにフォール。ヌンチャク回収も危ない状況。テンションして、ゆっくり休んでからなんとか拝みムーブをこなせて、1pごと、ホールドを目に焼きつけながらテンションしながら、終了点まで上がり、ヌンチャク回収。今シーズン最後の便が終わった。

入梅前でしたが、もう梅雨のような湿度でした。来週から、いよいよ梅雨入りでしょう。長かった二子シーズンが終わりました。登れませんでした。2月ぐらいから、左手ピンチがボチボチ止まりだし、3月初めに、ついに6p目クリップに到達したと思ったら大雪。その後はコンディションが悪く、様子を見ながら他のルートをトライしたり。そして、4月後半には核心ムーブを変えて、コンディション悪いながらも再び左手ピンチが止まりだしました。しかし、またまたコンディションが悪化。GW明けに一旦コンディションがよくなり変更ムーブで再び6p目を超えて、あと2手でバケツホールドのところまで到達しましたが、このチャンスをものにできませんでした。また翌週からコンディションが悪化しました。とにかく、コンディションに翻弄されたシーズンでした。一手づつしか伸びていかない私のようなタイプには、それなりのコンディションが3週ぐらいは続いてくれないと厳しいように感じました。長いトライを通して、何が足りないかも少し感じることができました。来シーズンまでに、足りないものを充実させて戻ってきたいと思います。あれっ。来シーズンまで、あと4ヶ月もないぞ。

〇 今日の弓状
・全部で9名。ゼ兄ぃにミッキー兄ぃ。SN川さんY口さんペア。mk畑さん率いるTW東チームのLGくんにS本さん。
・Mよっちのエリーは3p目から右トラバースの右手止めて、左手中継に左手水平チビカチで、右手サイドカチガバへのデッドで2便とも落ちていた。2便ともワンテン。あと3手。あと3日かければ登れるね、このルート。来シーズン、ガンバレ!
・ゼ兄ぃ達も今シーズン最後?みなさん、来シーズンにまたお会いしましょう。
・写真はホテル二子をトライするLGくん。LGくんは2便目でRP。S本さんはクレーター2撃。おめでとうございます。
b0037220_036377.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-06-13 01:09 | 二子山'09-'10 | Comments(6)

2010年6月5日、二子山

「私は大バカ? でも、このコンディションでは!」

最高到達地点が上がった先々週。先週は染み出しに結露と、またまたトライに間が空いてしまった。平日は晴れが多かったのだが、冷たい空気が入って夜に雨が何度か降ったようだ。そして弓状は4月ぐらいの染出具合。流れ込みでバケツホールドはびしょ濡れ。お昼ごろまでどうするか散々迷ったのだが。

(1) 高く登れ(10b)、再登

(2) バイパス(10a)、再登

(3) おいしいよ(12c)、ヌンチャク掛け
4p目から上のヌンチャクがなかった。まずは、ヌンチャク掛けしてから考えよう。見た目以上に濡れていた。バケツホールドがヌルヌルで、7p目に行くのが大変だった。

(4-8) 大バカ犬(11d)、××××
お昼ごろまで、おいしいよをトライするか?しないか?散々迷ったのだが、今日のコンディションでは私には無理だろうと別のルートをトライして、夕方に回収便を出すことにする。今日は登るつもりでこのルートに取り付く。だが、核心ムーブの一手、右足ヒールでクロス出しが下から繋ぐとできない。はまってしまった。3便は、右手ホールドに届いたのだが保持しきれず。右足ヒールして、右手を少し上のアンダーへ移してから右足ヒールを入れなおすことに気づいた時は、時既に遅し。チキチー!

(9) おいしいよ(12c)、×、ヌンチャク回収
k藤先生がおいしいよをRPした。おめでとうございます。それなりにコンディションがよくなったのかと思い、大バカ犬なんてトライしてる場合じゃなかった? しかも登れなかったしと少し後悔していた。ところがびっくり! こんな状態では、私には絶対登れません。当然のごとく拝みムーブでフォール。次回のために、前回修正した6-7p間ムーブの確認するために、5-8p間を繋いで登って、ヌンチャクを回収した。私にチャンスはまだ来るのか?

私の登り方では、途中で濡れた手を拭きながら登ることはできません。今日のコンディションに私のチャンスはありませんでした。もう、本格的染み出しの始まりなのでしょうか。このまま、雨の量が乾く速さを超えてしまうのでしょうか? 多少濡れていても、トライしている私ですが、濡れたコンディションにはかなりナーバスです。あまり休ま(め)ない登り方なので、途中で濡れた手を丁寧に拭く余裕などないのです。雷雨が増えてきました。不安定な夏のような天気になってきました。二子が縞模様になるのも近いかもしれません。どちらにしろ、これから別の岩場へ通っても、もう梅雨だし。まだ二子通いは続くのだろうか?

〇 今日の二子
・弓状は、ほぼ全滅状態に近いのですけど。
・あの状態でRPできるのは凄いです。軽量持久系はコンディションにも強いのですね。重量速筋系は、・・・・・・。
・写真は、おいしいよをRPするk藤先生。とにかく、おめでとうございます。
b0037220_0175523.jpg


〇 ほんとのインドのカレー
・お店の名前です。マチコちゃん達が見つけたというインドカレー屋さん。先週は場所がわからず、今週はインタネットで検索してきました。299号秩父市街地手前、県道44号を左折。数km先の右手側。
・ナンもカレーも都内のインドカレー店の1.5倍の量です。
・インドカレーは太りそうで、最近敬遠していたのだが、おいしいですね。でも、毎週食べていると登れなくなりそうで危険です。だけど、こちらは、オウルと違って、また来たいですね。
b0037220_10285526.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-06-06 00:18 | 二子山'09-'10 | Comments(10)

2010年5月29日、ビッグモモRP

「染み出し、ガス、結露」

週初めの週間天気予報はみごとに外れた。朝家から出ると既に霧雨が降っていた。埼玉に入るとさらに激しく降り始めた。二子のコンディションは、結露でもない限りは、当日の天気より前日までの雨の量に左右される。とは言え、平日随分、雨が降っていた。あまり期待はしていなかったのだが、予想を上回る見事な染み出しだった。先週日曜から、随分降ったものなぁ。雨で濡れているわけではない。染み出しだ。弓状では、ビッグモモぐらいしか登れそうになかった。広場は、セリーヌの出出しが濡れていたが、他のルートは多少染み出しているものの登れる状態だった。右壁も、染み出しのないルートは登攀可能なコンディションだった。転戦も考えたのだが、埼玉方面は既に雨、このあたりの岩場は、みな石灰岩。このまま二子かジムしかないだろう。登れるルートで遊んで、夕方ぐらいに、濡れたおいしいよで練習でもするかなぁと、二子に残ったのだった。だが、ガスはどんどん濃くなり、昼過ぎからは弓状のルートで結露が始まったしまった。ガスで全てのものが湿気湿気だ。しかも寒い。終日10度ぐらいだった。

(1) 高く登れ(10b)、再登

(2) バイパス(10a)、再登
出だし2-3p間のガバに水が溜まってる。

(3) ビッグモモ(11c)、マスター、ムーブ探り
3p目クリップまで行けたが、テンション。出出しのガバには水が溜まってるし、濡れてて使えないフットホールドが多いし、足裏が濡れて、うっとおしかった。そして、4-5p間難しく、ラインとムーブを決めるのに少々時間がかった。5p-終了点間は、ここが核心だろう。ムーブを見つけるのに結構かかってしまった。難しいじゃん、このルート。

(4) ビッグモモ(11c)、RP
3p目までが曖昧だが、とりあえず、全て、手順は決めて、ゴー。やっぱり、アドリブで4p目まで、行ったが、4p目クリップが不安定で消耗した。次の左手水平カチを取ってからクリップだったか?4-5p間遠い右手は指先がなんとかかかり、ギリギリで5p目に到着。ここで疲れを戻せないと登れないぞー。だが、あんまり戻らない。右手アンダーは何だかしっくりこなくて、左手を下向き穴で左足が上げられない。一か八かで右手を水平クラックのようなスローパーへ出したら止まった。左足上げて、左方にあるガバへ。右手が抜けそう!何とか抜けずに耐えた。登れた。よかったー! たまには、こういう奮闘するトライもいいものだ。前腕がパンパンに張ってしまった。

(5) 大バカ犬(11d)、ムーブ探り
みんながやってるNSRに参戦しようかとも思ったのだが、M代っちが何を思ってか、触りだしたこちらのルートに参戦した。うっ。難しい。いや、このルート、フィジカルだ。核心ムーブは何とかわかったのだが、リップ取りで両足ブラになってしまって進退窮まり、落ちる。

(6) 大バカ犬(11d)、ムーブ探り
リップ取りムーブ不明だが、とりあえずRPトライのつもりで取り付くかが、3p目クリップしてからの狭足、左足アウトサイドエッヂでの遠い左手出しで落とされる。終了点までのムーブを決める。このルート、おもしろい。

(7) 大バカ犬(11d)、×
登るぜと鼻息荒く登り出す。今度は3p目クリップからの左手出しは止まって、右足ヒールは!決まりが悪い。右足ヒールで右手届かず。あー!ヒール決まってれば登れたかも。勝負弱い。

(8) 大バカ犬(11d)、×
ホールド湿気湿気だし。もう、よれていました。

結局、昼から結露まで始まって、おいしいよは触れず。誰もが登っているビッグモモはプレッシャーばかりで、なかなか触ることがなかったのだが、何とか2便で登れて、ほっとした。そして、大バカ犬は、意外にもおもしろいルートでした。今日は登れませんでしたが、いつかチャンスを作って登っておきたいです。

〇 今日の二子
・甲府幕岩予定から二子へやってきた、コータロー氏、M師匠、鈴木牧えさんパーティ。予定通りのk藤先生&S田さんペア。後から、SN崎さんペアがやってきていた。
・鈴木牧えさんとM師匠が「NSR(11b)」をRP。K藤先生も「二子においでよチャーリー(11c)」をまさか?の二撃。
b0037220_055081.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-05-29 23:52 | 二子山'09-'10 | Comments(6)

2010年5月22-23日、二子山

「今シーズン最後のチャンスを逸したのかも?」

今週はGW以来の連荘クライミング。土曜日は二子、日曜はどこか別の岩場でもと思っていたのだが、土曜日は曇りがちな暑くないクライミング日和で、日曜は朝から雨のあいにくの天気になった。日曜日が雨では、登れるのは二子ぐらいだろう。土日とも二子で登ることになった。そして、シーズン終了間近の二子だが、先週うっすらわかったような問題点だけでも、すっきりさせたい。そんな気持ちで二子へ向かったのだった。

◇ 22日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
この順番がアップに一番いい。

(4) おいしいよ(12c)、最高到達地点
アップして、一息入れてから、本気トライ便を11時に出す。登り出す前に、先週気づいたことを何度も頭の中で反芻する。スタート。1便目なのだが、体の動きがいい。5p目まで順調に到達。ヨレていない。拝みホールドを左手で掴む。しっかり持てた。肘を伸ばしながら、考えていた足の方向に左足を上げて、右足流して右手マッチ。少しだけ、指をホールドに当て込むのに時間がかかった。右足を振り子のように右側の所定のフットホールドへ見上げると、左手ピンチホールドは目の前だった。そのピンチホールドをつかみ、落ち着いて、左足上げ、右手水平カチ?中継ホールド、左足上げて、右足上げて、6p目クリップの穴ホールドへ背伸びしながら手を出す。今度は左足を拝みホールドへ上げる。ジリジリと右足を上げて、モニョモニョホールドをプッシュ。左手ミニコルネを掴んで、右手穴穴ホールドで入れ直し。そして、6p目クリップ。だが、右手が何だか抜けてくる。何度か持ち直しを試みたが、何故か、リハーサルの時のようにロックできない。指が急激によれてしまった。しかたなく、そのまま、右足上げて、左足へ踏み替えて、左手遠いカチガバへ。伸びが少し足りず少し持ち損ねている。気にしないフリをして、右足ハイステップ。少し左肘が上がって体が壁から離れていたかなぁ。右手を立て皺ホールドへ出す。右指がよれていて、ピンチ持ちが辛い。左足スメア気味で踏み替えて、右足を6p目穴ホールド差して、左足をミニコルネにヒールで、うっ、次のホールドが遠い。出せ!出せ!手を出せ!出したことは出したが、取れる感じのしない気持ちだけ出し。フォール。あー!ここで落とされるとは悪い予感はしていたが、やっぱり落ちた。指がよれていると右手縦皺ホールドをピンチ持ちは厳しいかなぁとは、少し感じていた。だが、ここまで繋いで来てみて、ようやく判る。詰めの甘さ。私らしい。実はこのムーブも、他の人は右手出し。私だけ左手出しだった。結構時間をかけて、ここのムーブを修正した。そして、前回6p目クリップまで到達して、次の左手1手が出せなかった理由がわかった。右手穴ホールドで指が重なった状態で保持していたからロックできていなかったのだ。指4本を重ねずに幅を持たせるとロックするのがわかった。途中でテンションすると自然とできて、繋げてくると、こういうところが狂ってくる。

(5) おいしいよ(12c)、×
今日は3便に絞って、十分に時間を空けたのだが、1便目で出し尽くしてしまったのか、ピンチが止まらず。

(6) おいしいよ(12c)、×
雲が増えてきて、少し湿度が上がったか。やっぱり、ピンチが止まらず。

◇ 23日(日)
下吉田キャンプ場に到着すると、4、5人のグループが外でバーベキューをしていた。これは夜中まで大騒ぎされるかなと心配しなのだが、母屋の電気を消したら、静かになってくれた?何も気づかず眠りについたのだろうか。朝起きたら、バーベキューの周りがカラスに荒らされていた。片付けずにねちゃったのだろう。酷い惨状だった。そして、朝から霧雨が降りだす。二子に着くころには本降りになってしまった。午前中だけでも、天気もたないかなぁと期待していたのだが。

(7) ワーカーホーリック(10b)、再登

(8) おいしいよ(12c)、×
二日目はアップしすぎても、疲れてしまう。少し柔軟と体を動かしてから、1便目。やっぱり、このルートに二日目はないようだ。

(9) おいしいよ(12c)、×、ムーブ練習便
とりあえず、本気トライするが、やっぱり指がよれて、拝みムーブ、右手マッチできず。
拝みムーブ左手ピンチ取り、どうすれば安定して止まるようになるのか、ずっと考えていたのだが、もうシーズン残りは少ない。フェーズチェンジ! 次にピンチホールド止まったら、絶対登れるようにしておこうと、6-7p間を新しいムーブで猛特訓した。ヨレヨレになるまでリハーサルして、最後に6-7-8-9-終了点と繋いでみた。

(10) 二子フリーク(11c)、初トライ、ムーブ解析
昨日の怒涛のエリートライで、指皮がなくなったM代っちが隙間ルートを触っていたので、触らせてもらった。3p目クリップから、デッド気味なムーブが続く5手、4-5級ぐらいか。結構面白い、このルート。

2ヵ月半ぶりに最高到達地点更新。前に6p目にクリップできたのは拝まないムーブでトライしていた3/6だった。その次の週に大雪が降って、ずっとコンディション悪くなり、他のルートとかもトライしたり。そして、4月末に、おいしいよトライへ戻って、「拝まないムーブ」から「拝みムーブ」へ変更した。GWを挟んで、また二子へ戻ってきた。GW後は疲れで不調。先週も、慣れない拝みムーブで混乱。今回は、ついに最高到達地点を更新したのだが、後一手でバケツホールド手前のホールド、死にもの狂いで手を出せば止まったかも。いやいや、もう指がヨレヨレだった。核心ムーブは越えているが、ここがルート核心。落ちるのが、いつもの私のパターン。だけど、帰る道、激しい雨が続いていた。もう、二子は今シーズンは終わりか、渾身の一手をだせなかった情けない自分に悔しさが募る。今シーズン、もう一度だけチャンスがほしい。来週も乾いていてほしい。

〇 22日の二子
・予想通り、k藤先生に拉致されて二子へ連れてこらえた、ちびCさん。
・エリー2便目でリップ取りまで。惜しくも2撃ならず。
・写真はエリー2便目トライのちびCさん。よく見ると、左手が穴ホールドから抜けちゃった瞬間ですね。
・M代っちのエリーは、いい感じにムーブは固まってきたのだが、まずは、下から、3p目クリップして右手ガバ取り、そして、3p目から続けてリップ取りまでのムーブを成功させたいねぇ。
b0037220_23245335.jpg


〇 拝みムーブに入る私
・これは土曜日の2便目。おいしいよは、指保持持久力ルートですね。ヘビークライマーには厳しいルートです。
b0037220_23253767.jpg


〇 23日の二子
・闇あがりのMKちゃん。私の5倍ぐらいの時間をかけて核心セクションへ。来週もお互い頑張れる状態だとよいですね。
b0037220_2326823.jpg


○ 次回のおいしいよ
・4p目クリップ穴取りは、ホールドとにらめっこしないこと。
・拝みムーブ、右手がんばって、体をスライドさせながら、左手しっかり親指をかけること。右足流して壁にあてて体を安定させること。1-2-3で左手ピンチ出し、右足ステミングで開いた時点で腰が壁から離れていないことがポイント。
・6p目クリップ穴は、右手指4本を重ねず、フラットにして指ジャムが効くようにロックすること。
・6-7p間、左手カチガバから、右足ハイステップで、右手縦皺ホールド保持して、左足チビエッヂに乗せて、右足を6p目クリップ穴差して、左手出し。右足を上げるところはこらえどころで、右足フットホールドに乗せたら、腰を右へシフトさせてから、左手出し。
・それにしても、多少指がよれてても、左手ピンチ止まるようにならないものか。
・凄い雨だ。次回はあるのか?

きん
by Climber-Kin | 2010-05-23 23:27 | 二子山'09-'10 | Comments(4)

2010年5月15日、二子山

「拝みムーブの謎が一つ解けたかも? 」

新緑の葉が一週ごとに大きくなっていく。先週よりも緑が多い。弓状も木陰が多くなってきた。今日は、5月半ばとしては記録的な冷え込みだったようだ。午前中は岩が冷たかった。午後からは私にとっては岩が多少冷たいが、非常によいコンディションだった。こんなコンディションが続いてくれるとよいのだが。季節外れの寒気で、今日は特別なのだろう。

(1) 高く登れ(10b)
(2) バイパス(10a)
(3) ワーカーホーリック(10b)

(4) おいしいよ(12c)、×
下部、2ヶ所変えてみた。出だしと3-4p間のスリットホールドの持ち方。前者は採用。これまで、三手目をフリでとっていたムーブをこれまで右足乗せていたホールドに左足上げて、右足バックステップにしてみた。これはよかったのだが、スリットホールドを指3本上向き差しから指4本普通持ちにしたのだが、こちらはやっぱりNGだった。そして、元気な1便目。多少余計なことをしても比較的元気良く核心ムーブへ。左手拝みホールドで左手左足軸で右足流して、右手マッチ。だが、左手拝みホールドが抜けてくる。右手マッチは失敗してフォール。うーん。やはり、右足流しムーブはNGなのだろうか。だけど、おかしい。拝みムーブに替えて、いきなりピンチ取り成功しているんだよなー。何故かあれ以来、左手ピンチ取りが一度も成功していない。

(5) おいしいよ(12c)、×
拝みムーブ、右足流しムーブの代案の右足掻き込みでの右手マッチを試してみる。このムーブだと右手マッチは確実にできるのだが、両手とも引き付け状態になってしまって、腰が落ちてしまい、左手出しズライとは想像していたのだが、そのまま予想通りだった。ウーム。

(6) おいしいよ(12c)、×
拝みムーブ、もう一度、右足掻き込みムーブで右手マッチ。やはり、左手を出しズライ。そして、ロープをたたんでいるとぜ兄ぃが助言をくれた。右足掻き込みムーブは腰が出てしまって、厳しそうだとのこと。1便目でやった、右足流しムーブは、左肘が曲がっていたとのことだ。そうか。そうだったのか。助言ありがとうございます。

(7) おいしいよ(12c)、×、ワンテンでトップアウト
6時に最終便。ぜ兄ぃの助言を頭に入れて、右足流しムーブで再度試みる。右手マッチできたが、指3本しか、かからず失敗。次回に可能性を残すため、がんばってワンテンでトップアウトした。

難しい拝まないムーブでも、何度か左手ピンチを止めることができた。1度は6p目クリップまで到達することができた。だが、あまりの確率の悪さに、4月中盤に終にオリジナルムーブをあきらめ、拝みムーブへ変更した。そして、拝みムーブでも、いきない左手ピンチをとめることができたのだ。光明が見えたと思えた。しかし、4月末は、また左手ピンチ止められず後退してしまった。GWは結露敗退し、GW明けのトライは疲労と指皮不足で不調だった。そして今週は調子を戻してのトライのはずだった。フリクションは悪いとは思わなかったのだが、なぜか、拝みホールドの左手が抜けてきてしまうのだ。そして、今日、ぜ兄ぃが左肘が曲がっていると指摘してくれた。なるほどと思った。最後の便では右足流しムーブに戻して、意識的に左肘を伸ばしてみた。右手マッチしやすくなった。だが、まだバランスに違和感があり、右手マッチ失敗した。多分、左肘だけの問題ではないのだろう。そう、左肘が曲がるのは結果であって要因ではないような気がするのだ。左肘が曲がってしまう要因は何だろう? 最近はテンションしてからの拝みムーブ左手ピンチ取りも変更当初より難しく感じていた。何かおかしい。帰りによーく考えた。記憶をたどってみた。そうか、左足の向きだ!二軸ムーブだったので、拝みムーブに変更して2週目から、左足を壁に対して垂直にを意識して、フットホールドに乗せていた。曖昧だった足置きを思い込みで間違った角度にしていたのだ。それからおかしくなったのだ。足が壁に垂直方向だと、体が拝みホールドの正面に来てしまい、肘が上がってしまっていたのだ。さらに膝が曲がりやすい方向になるので腰が落ちてしまって、左手ピンチが遠く感じるのだ。デッパリのフットホールドに左足を壁に対して水平に、即ち横置きして、体を壁にくっつけて、拝みホールドに対して右側壁よりに体を落として右手マッチすればよいのか。きっと、これに違いない。次回試してみたい。

〇 今日の弓状
・全部で15名ぐらいだったのだろうか。ガラスキの二子なのだが、おいしいよトライは5人。
・写真は、新緑の中、ホテル二子をトライする弓状2度目のライフガード氏。
b0037220_0275533.jpg


〇 ペトルーシュカ(12b)をRPするM代っち
・本日1便目に、余裕のRP! おめでとう。グレード更新。よかった。よかった。苦労してましたが、学べたことは多かったと思います。そして、12aではなく、12bというグレードには大きな意味があると思います。引き続きがんばりましょう。
・そして、RP後は「愛しのエリー」のムーブ解析。おー。全ムーブこなしていた。次回からRPトライ?
・写真by鈴木牧えさん
b0037220_029486.jpg


〇 好色一代男の核心、Mr.たいち
・おしいトライが続く。
・広場では高田ママがセリーヌをトライしていた。出だしムーブと3p目クリップ。なるほど。
b0037220_032115.jpg


〇 NGムーブでおいしいよをトライする私
・この後、右足掻き込みで右手マッチするのですが、この状態でかなり肘が曲がってしまってます。これから、マッチして、右足決めて左手ピンチ取りはテンションムーブのようです。
・写真by鈴木牧えさん。
b0037220_030328.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-05-16 00:32 | 二子山'09-'10 | Comments(13)

2010年5月8日、二子山

「不調」

GW中の晴天で二子はかなり乾いてきたようだ。昨日の雨も二子ではあまり降らなかったようだ。自分の方はGW連荘登りの疲れが気になるが、乾いた岩を期待して予定通り二子へ向かったのだった。荒涼とした二子とは異なり、新緑にあふれた二子が我々を迎えてくれた。ただ、昼からは暑すぎる。当然なのだが、岩は冷たいがフリクションがよかった二子から、岩は暖かいがヌメり気味なコンディションへ変わっていた。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) おいしいよ(12c)、慣らし便
久々というか、GWに全くタイプの違うルートを沢山トライしたので、感覚がずれてきているだろう。早めに慣らし便を出してみた。うっ、厳しい。傾斜が強い。ホールドがガビガビだ。凄い違和感。

(4) おいしいよ(12c)、×
暑くなる前に早め、10時半に1便目を出す。慣らし便がよかったのか、それなりに体が動く。順調に拝みムーブへ突入するが、拝みホールド保持した左手がズルズルぬけてきてしまう。右手マッチできず。うーん。フリクションが悪いのか。

(5) おいしいよ(12c)、×
朝のトライ便を12時半に出す。手の平のヒリヒリが気になる。指皮が痛くて力が入ってしまった。そして、拝みホールドは、下から繋げると、やはりズルズルっと、抜けてきてしまう。今のムーブは、拝みホールドを先に左手保持して右手マッチなのだが、左手はかなりフリクションに頼っているなぁと感じていた。この部分は変更前のムーブと同じなのだが、暖かくなり始めた4月から、このズルズル感が気になっていた。このムーブはNGか。

(6) おいしいよ(12c)、×
暑い時間帯を避けて、4時に本気トライ3便目を出すが、結果は同じ。ムーブ変更を探るが、手の平が痛くて、ホールド保持できず。断念する。

(7) おいしいよ(12c)、×
もう、手に平が終わっていた。

GWの疲労が取れていないのだろう。特に足が非常にだるい。長いアプローチの連続で下半身の疲労が取れていない。それと重いザックでの長いアプローチは体幹をよれさせたのだろう。さらにとどめは花崗岩で薄くなった手の皮はガビガビの石灰岩のホールドには耐えられなかったようだ。それにしても、悩ましい拝みホールド。みながやっているように、右手から保持するムーブは、私にはよいフットホールドがなくてデッド気味になってしまう。右手マッチは、今のムーブの右足流しではなく、前のムーブの右足の掻き込みだと、もっと安定してマッチできる。ただ後者だと体が一度上がって、左腕引き付け状態になってしまって、次の左手出しが少し苦しくなるのだが、今のムーブでは結果は同じだろう。次回は右足掻き込みで右手マッチでトライしてみたいと思う。実は、GW中は、一部のクライマーが絶賛しているクライムオンを塗っていたのだが、どうも自分には合っていなかったようだ。今回の手の平痛い痛い症候群は、以前にもなった覚えがある。そう、正月に尿素入りクリームを塗ったときと同じような症状だ。もしかして、クライムオンに尿素か皮膚軟化剤か何か入ってる?

〇 今日の弓状
・山ちゃんとエンさんがペト(12b)でグレード更新。おめでとうございます。
・M代っちのペトは本当にあと1手。焼けくそで右足上げれば登れてたような。とにかく、今シーズンに登っちゃえ。がんばれ!
・Y川さん&スズちゃんペア、p-chan&あやちゃんペア。たいちくん、ozkkyにdadachaさんに山ちゃんパーティ、さくたろう夫妻、ひろしくん&マチコちゃんペア。総勢14人の静かな二子でした。
・スズちゃん@八番嬢のエリートライで、ムーブ変えた方がいいとか、余計なことをみんなで言ったので、ご本人やる気をなくしてしまったようです。ペース乱してすいませんでした。ただ、長引くのは何かに問題があるはずで、確率が悪いムーブが一つならいいのですが、それが二つあって、その確率が1/5だと、(1/5)*(1/5)は1/25の確率になってしまい、それは、まず登れないってことになってしまいますよー。やはり、確率の悪すぎるムーブは変えた方が?
・写真は新緑をバックに唐獅子を登るマチコちゃん。
b0037220_1014012.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-05-09 10:19 | 二子山'09-'10 | Comments(6)

2010年4月24日、二子山

木曜金曜と雨が降った。今日もセリーヌのムーブ探りかなと、ほぼ絶望的な気持ちで二子へ向かう。弓状に到着すると、予想通り弓状はほぼ全滅。おいしいよの下部は先週よりは乾いているのだが、上部の流れ込みが酷く。拝みホールドあたりまで全面びしょ濡れ。例のごとく、雨あがりの二子は、晴れているのに、雨が降っている弓状だった。木の根っことかが一部に氷が張っている。まだ寒気が残っているのか。朝はとても寒かった。曇りがちだったせいもあるだろう。岩は終日あまり温かくならず。真冬の冷たさよりは、ましなのだが、少し辛い冷たさだった。セリーヌ触るか、おいしいよが乾くのを待つか。散々迷った。

(1) 高く登れ(10b)、再登
冷たい。

(2) バイパス(10a)、再登
冷たい。しかもポケットに水が溜まっている。右手がはってしまった。

(3) 青い目のセリーヌ(12c)、ムーブ探り
11時。おいしいよが乾くのを待つかセリーヌ触るか。散々迷う。おいしいよは上部が滝のようになっている。今日は乾く気がしない。決断の時。セリーヌを触ることにした。だが、おいしいよが気になり。全く集中できなかったのか。今日は先週より弱かったのか。一つもムーブができずに疲れるだけで終わってしまった。

(4) おいしいよ(12c)、×
ダラダラしているうちに、2時を過ぎてしまった。6p目までは、いつもの濡れぐらいだ。その上はびしょ濡れだが、まだ、拝みムーブに慣れていないことだし、もしかしたらとほんの少しだけの期待を持って討死トライを試みることにしたのだった。だが、今日の自分は何だか弱い。拝みムーブに到着するころにはよれてきてしまった。しかも指が冷たい。よろよろっと右手拝みマッチ。人差指がかからず。右足フットホールドも見失う。無理矢理左手ピンチ取り出したがフォール。指が冷たい。

(5) おいしいよ(12c)、×
出だしが濡れていると調子が狂う。力も入ってしまう。靴裏が濡れていて滑りそうで、ホールドに乗るのではなく、ついつい滑らないように押し付けてしまい。体が壁から離れ気味になってしまった。拝みムーブ。左手ピンチ止まらず。あちゃー。また後退だ。なんてこったい。

(6) おいしいよ(12c)、ワークアウト便
30分後にワークアウト便を出す。出だしの染み出しが増えたのか、いきなり左手が濡れて、もうメロメロ。拝みホールド掴んだところで力付きた。5p目から8p目まで、各停でポイント確認と何か改良点はないか探った。2ヶ所マイナー修正できました。

先週から拝みムーブでのトライに変更して、左手ピンチを止めて、再びこれから到達地点を延ばしていこうという矢先から到達地点が後退してしまった。めげそうです。とりあえず、今日はコンディションの悪さに加えて岩が冷たかったということにしておきます。なまじ、拝まない難しいムーブで6p目まで行けて、拝みムーブに変えた今、中途半端なコンディションなのですが、やめるにやめられません。

〇 今日の二子
・ミポリン、Mっちさん、箸も氏、H田さん、M代っちに私の全部で6人でした。ガラ空きです。ただ、登れるルートは広場だけです。しかも、セリーヌの出だしのキーホールドは濡れています。弓状はペトが何とかトライ可能ですが、他は全滅です。
・箸も氏の好色一代男(13a)は、あと一手で最終クリップがバホールドのところで痛恨のフォール。
・H田さんの怪人ダンス(13c)もおしいトライが続く。
・ミポリンはセリーヌ(12c)のムーブ探りに苦戦。Mっちさんは筋を痛めたとのことで軽く登られていました。
・M代っちのペト(12b)は、息もあがらず2便ともいい感じで核心突入していましたが、終了点直下の左手ピンチが止まらず。最後にムーブ修正していました。
b0037220_23545415.jpg


〇 今日の改良
(1) 拝みムーブの左足は壁に対して垂直方向に。ニ軸ムーブの基本だった。体を棒にして、右足を大きく左へ流して右手マッチすること。
(2) バケツホールドから7p目クリップのサイドガバへの右足ハイステップでの右手出しは左足を切るのではなく、左足のホールド拾うこと。
(3) 8p目レストは、右手一番いいホールド真ん中の窪みを使うこと。

きん
by Climber-Kin | 2010-04-24 23:59 | 二子山'09-'10 | Comments(4)

2010年4月18日、二子山

先週、拝まないムーブから拝みムーブへ変更。今週は拝みムーブでどこまで行けるか期待して週末を待っていたのだが、金曜の夜は家の周りでも雪だった。土曜日の二子行きはあきらめ日曜日に変更した。まだ寒気が残る日曜日の朝。299号沿いの桜はまだ満開で綺麗だった。そして、二子はかなり雪が積もったようだ。道の脇に雪が残る小鹿野。林道はところどころ凍結。登山道には残雪。こりゃダメだな、残った雪が融けてルートへ流れ込んでるなぁと思いながら、弓状へ向かうと、予想通りだった。朝の弓状は全面びしょ濡れだった。広場で遊んで、夕方に1便ぐらい、おいしいよを触っておくかなと思いながら、一日が始まった。

(1) バイパス(10a)、再登
日が当たっていなかった。日が長くなるにつれて、お日様が横から出てくるので日があたるのが遅くなる。まだ冷たかった。

(2) 高く登れ(10b)、再登
一部濡れているが、登れなくはなかった。

(3) セリーヌ(12c)、初触り
憧れのセリーヌ。出だしは濡れていて厳しそうだ。何もさせてもらえないのではないかと心配したが、その通りになってしまった。一つもムーブを起こせず。全体像を掴むため人工登攀で4p目まで行く。

(4) セリーヌ(12c)、探り
前便は、おっかなびっくりで、力を入れられなかったので、今度は力入れて一つぐらいはムーブをこなしたい。出だしはやっぱり濡れているので、4手目の左手から。静かに登ろうとせず、どりゃーと軽いランジ気味で、右手止まった。左手デカ穴へ。当然3p目クリップはできず。そして、左手デカ穴からランジだ!フットホールドの組み合わせを変えながら、何度か目の試行で止まった。そこから、やりずらいクロスピンチ持ちで右足を左へ流して右手出し、4p目クリップまでのムーブは何とかなりそうだ。やったー2ムーブできた。残りは、出だしムーブと3p目クリップと4p目から終了点まで。それと、各ムーブの繋ぎ方だ。要するにまだ全然できていません。やっぱり3年ぐらいかかりそうだ。でもこのルートも楽しい。がんばりたい。

(5) おいしいよ(12c)、×
ちょくちょく、乾き具合を見に行ってみた。いつものごとく、出だしと右側コルネがびしょ濡れだが、6p目ぐらいまでは行けそうだ。2時半ごろに1便だしてみる。濡れているのと、セリーヌ探り便の後と言うこともあって、力が入る入る。拝まないホールドじゃなくて、拝みホールド保持した時は指が冷たくなってしまった。あれ?どこ持つんだっけ?内側の皺、外側の皺だっけ。と迷っているうちによれてきてしまった。まだこの拝みムーブに慣れていない。

(6) おいしいよ(12c)、×、拝みムーブでピンチ止まる
セリーヌのムーブ探り、おいしいよも1便だして、よれ気味。あまり登りたくなかったのだが、次回?のために出しておこうとがんばってみる。疲れているが、今度は濡れ具合にも少し慣れて、力も少し抜けて、拝みホールドへ到着。今度は落ち着いて、拝みホールドで右手アンダーマッチして、せーのでピンチへ。あれ! 少し持ち損ねたが止まった! 慌てて右フットホールドを捜す。水平?カチ持って、左足右足上げて、6p目穴持って、左足を拝みホールドへ上げたところでフォール。左手ピンチしっかり持てていなかったので、6p目穴ホールド所定の場所を握っていなかった。

セリーヌ(12c)を初触り。これは、予想通り強烈です。レイラより二つは難しく感じたエリー。さらにそれより三つぐらい難しいような。何もできないのではないかと心配したのですが、少しだけムーブこなせました。出だしは細かいのですが、それ以降はまぁまぁ大きなホールドでした。直ぐには登れるようなルートではないです。自分の力のバロメータになりそうなルートです。長期計画でがんばります。そして、「おいしいよ」は、みんながやっている拝みムーブへ変更してからの初トライ。下から繋いでピンチが止まりました。それと同時に今まで何やってきたのかねって。あー、4ヶ月時間を戻したい。気づくのに遅すぎたか。もうないかもしれないが、残りのチャンスは全力でトライしたい。そして、6p目穴取りムーブもオリジナルムーブ。このムーブにも疑惑がわいてきている。困ったものです。そして、来週も天気が怪しいemoticon-0106-crying.gif

〇 今朝の弓状
・まだ、上に雪が残っているのでしょう。上からの流れ込みで全面びしょ濡れ。
b0037220_23325217.jpg


〇 今日の二子
・広場に12人。エンさんだけが、濡れたペトをトライしていました。
・マチコちゃんは、1便目で「愛しのエリー(12a)」をRP。かっこよかった。
・ヒロシくんは、「藤娘(12b)」を二撃?。スゲェ。
・M代っちは、「一反木綿(11c)」を3便目?清き心?でRP。おめでとう。
・写真は、セリーヌを探る強強T田ママ。
b0037220_23322614.jpg


〇 愛しのエリー(12a)をトライする八番嬢さん
・映画早回しのようなスピード。男らしいムーブで、かっこいい。各ムーブは軽くこなしていたので、次回落ち着いて行けば登れるでしょう。このルートは、とても価値のあるルートだと思います。がんばってください。
・エリートライの写真がたくさんあります。誰経由で送れるのかしら。
b0037220_23455966.jpg


〇 好色一代男(13a)をトライするたいちくん
・箸も氏とたいちくんの好色は登れそうで登れない。
b0037220_23362228.jpg


〇 拝みムーブでピンチが止まった私
・拝みムーブはできないと、ずっと信じ込んでいて、オリジナルムーブでずっとトライしていました。
・止まりましたねー。って、今まで何て難しいムーブでトライしていたんだろう。
・だからと言って、登れたわけでなし。リセットだ。やり直しだ。「ブラッディおいしいよ」、「きん再起動計画」だ。ちょっと古いか。
b0037220_2331364.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-04-18 23:36 | 二子山'09-'10 | Comments(6)

2010年4月10日、二子山、愛しのエリーRP

「今年初のRP、おいしいよはムーブ変更」

平日にまたまた雨が降って、二子は今週もあまり期待できない。平日に、「おいしいよ」のことをいろいろ考えていた。1ヶ月前に6p目クリップまで到達できてから、コンディションが悪いと言うこともあるのだが、全く進展しない。その6p目クリップまで到達できる前も到達地点が上がったり下がったりだった。最近暖かくなってきてからは拝まないホールドがヌメって指が出てきてしまうようになっていた。その次の水平カチ?ホールドは、ヌメヌメでフリクションが悪くなってきている。前進するには、シナリオが必要だ。一方、「愛しのエリー」は、落とされていた最後リップ取りは、みながやっているムーブへ変更したら、そこは核心ではないことが先週わかった。まだ、今年は、RPがない。今週は、エリーを1発目でRPして、昼過ぎあたりに、おいしいよのムーブ修正便を出し、夕方に変更ムーブで本気トライ便と目論んでいたのだが。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、Tr
(3) バイパス(10a)、再登

(4) 愛しのエリー(12a)、×
邪心が入り、力が入る入る。足が浮きまくる。だが、元気のよい1便目、力づくでも3p目から右トラバースから左へ戻り、左手穴ホールドへのデッドは?あちゃーはずした。まぁ、1便目はこんなもんだろう。

(5) 愛しのエリー(12a)、×
そして2便目。この便で登らないと。そんな焦りのせいで、手ばかりが先行してしまう。動きが雑だ。3p目レストから、右手2手目出しと左手マッチから、右手サイドカチは取り損ねて落ちてしまった。オーマイガー!

(6) 愛しのエリー(12a)、RP
お昼を回った。今日は暖かくなるというか、既に暑い。ヌメりそうだ。トライ便出すなら早く出さないとまずい。それとも、夕方まで待つか。夕方まで待って登れなかったら、今日の計画が総崩れになってしまう。ここは邪心を捨てて、トライに集中しよう。その結果次第で次にどうするか考えよう。今度は少しリラックスできた。3p目レストで十分休み。右手出しは十分な距離から手を出す。しっかり持てた。左手マッチして右手出し。ここは腰が壁から離れないように左腕を絞って右手を出したら、スタティックにしっかり保持できた。ちょっとヌメっとしたが、なんとか耐えて、左手出しと足踏み替えして、左足を穴ホールドさして、例の左手穴ホールドはデッドが止まった!落ち着いて、右足上げて、一瞬左手がヌメっと、はきだされそうになったが、左足上がった。この体勢になれば、右手出せば確実にリップが取れる。後は慎重に慎重に。やったー。今年初のRPだ!

(7) おいしいよ(12c)、ムーブ修正便
まずは、これまでのムーブで本気トライ。ところが、3p目クリップしようとして、ロープ手繰ったところで左足がスッポ抜けて、大フォール。帰りの車で気づいたのだが、どうもスタート時に踏んだマットがびしょ濡れだったようだ。即刻ムーブ修正便にする。各停で5p目までクリップして、フットホールドを決める。早々に変更ムーブを試す。あれ、ピンチ取れた。すぐにテンションして、となるとその次のムーブも固めないとと、リハーサル。一発で6p目まで。うーん。やっぱり、みんながやってるムーブが楽なんでしょうか。繋いでやってみないとわかりませんけど。

(8) おいしよ(12c)、変更ムーブでトップアウト
もう、よれていました。エリー3便は効きました。さらに、足が濡れていて、拝まないホールドではなくて、拝みホールド取りで足が滑って取り損ね。各停でトップアウト。

エリーに浮気を始めて、どうも、本命がおろそかになってきていました。まずは、エリーをRPしてから、おいしいよへ集中しないとと思い。先週エリーのムーブがはっきりしたところで、一発勝負に出ました。ところが、そんな力みが災いして、2便とも失敗。一時は広場で黄昏ていました。あー、どれも登れねーって。気持ちを入れ替えて、なんとか3便目に「愛しのエリー」をRPできました。今年初のRPです。とにかく、うれしいです。エリーは3p目クリップしてレストできます。そこから、6手のボルダーチックルートで、核心セクション内にロープクリップが出てきません。ヒモつきボルダーです。チーウォール東村山の2-3級ぐらいです。ホールドはガバですが、激しいムーブで指皮を持っていかれて、結構難しかったです。最初は本命ルートの片手間でトライしていたのですが、本腰入れても登れませんでした。いつものように、かってに本当の核心以上に難しい別の核心を作っていたようです。そして、おいしいよは、登るにはシナリオが必要だと思い立ち、今日ムーブ変更しました。こちらも、難しく登っていたような気もしています。繋いでみないと、わかりませんけど。今シーズンは残りわずかですが、変更ムーブで頑張ります。

〇 愛しのエリー(12a)をRPする私
・核心最後のリップ取りがとてつもなくバランスが悪くて、はまっていたのですが、実は、それは核心ではありませんでした。
・また、難しいムーブでトライしていた私でした。
・写真は修正したリップ取りムーブ。
・それと、たいちくん、4p目ヌンチャクかけてくれてありがとう。
b0037220_0415921.jpg


〇 今日の弓状
・少々暑すぎたか。それと、染み出し多し。
・飢えたP chanがビービーって泣き出して恐かったので、煎餅上げました。
・木曜日に高田ママが「ようこそTウォール(13a」を、たいちくんが「バスター(13b)」(唐獅子核心越えてから左ライン)をRPしたそうです。おめでとうございます。
・M代っちのペトは、2便目がおしかった。次回もガンバだ!

きん
by Climber-Kin | 2010-04-10 23:39 | 二子山'09-'10 | Comments(10)

2010年4月3-4日、二子山

水曜日、木曜日はびしょ濡れと言う情報から、本当にシーズン終わりかなぁと、この週末はどこへ行くか、かなり迷った。正直言うと開放感を感じていた。土曜日はペトのヌンチャク回収。私はエリーでもトライしよう。日曜日は聖人岩でパルチザンのムーブ探りでもするかなぁーなんて考えながら、二子へ向かったのだった。ところが、弓状は思っていたより全然乾いている。と言っても、染み出しは多数あって、任侠、SVPあたりは厳しそうだ。おいしいよは3-5p間のコルネが染み出して、いつものごとく足が濡れてうっとうおしそうではあるが、RPトライができそうな状態に見えた。既にシーズン終わりになっていた気持ちのスイッチを変えるのが大変だった。結局、土曜日の午後はポカポカでヌメリ気味。日曜日は薄曇りで寒くて、おいしいよトライには少し厳しかった。

◇ 土曜日
(1)(2) ワーカーホーリック(10b)、再登

(3) おいしいよ(12c)、慣らし便
先週は触っていないので、アップがてら、慣らし便を出す。ムーブを確認しながら、7p目まで各停で行く。ムーブは一つも失敗しないで行けたのだが、足が濡れることもあり、力が入る入る。

(4) おいしいよ(12c)、×
かなり力が入ってしまったが、拝まないホールドから水平カチ?を取って、左手ピンチ出しは、右手がスッポ抜けてしまった。少しヌメった。久しぶりのトライ便としては、まぁまぁだった。

(5) おいしいよ(12c)、×
今ひとつ力が入ったまま、拝まないホールドから水平カチ?を取って、左手ピンチ出しは、左手ピンチを握りこめず、フォール。うーん。

〇 下吉田晩餐
今日の下吉田は2組と箸も氏だけだった。今日は、すきやきでなくて、餃子に生姜焼き。下吉田ダイニングで、箸も氏と3人で静かな晩餐を楽しみました。手前の部屋ではウッチー達がもりあがっていました。

◇ 日曜日
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登&クライムダウン

(8) おいしいよ(12c)、×
14時ぐらいに出したのだが、指が冷たかった。拝まないホールドから水平カチ?取って、左手ピンチは握りこめず、逃げていった。

(9) 愛しのエリー(12a)、×、ムーブ修正確認
薄曇りから本格的な曇り空になってしまった。気温も8度から5度ぐらいになってしまった。おいしいよはチャンスはないだろうと、エリーをトライすることにした。とりあえず、前回までのムーブで一発勝負と思っていたのだが、3p目から右トラバースは、右手アンダーへ持ち替えずに右手出したら遠かった。右手アンダーにして体が少し上げる必要があるわけね。なるほど。ついでに、みながやっている普通のムーブで最後のリップ取りをやってみる。あれ、こちらの方が全然楽じゃない。2度ほどリハーサルして、次に便にかける。

(10) 愛しのエリー(12a)、×、回収
あれれ、やっぱりよれていて、右トラバースから左手マッチして、右手出しで体幹ヨレてて落ちた。3p目から新ムーブでリハーサルして、ワンテンで抜ける。次回エリーは決めるぞ!

今シーズンは、終わりかなと切れていた気持ちを切り替えて、おいしいよをトライしたのですが、中二週あけただけで、これほど調子が落ちるとは恐るべし。二日4便だして、ようやく、前の状態に戻ったような感じでした。来週はどうなるかわからないですが、ここまで来たら、4月一杯はトライですかね。そしてエリーの方は、あいかわらず、難しいムーブではまっている私でしたが、ムーブ変えて、ようやく12aぐらいのムーブになってきました。人のRPがとてもうらやましい今日このごろ。何でもいいからRPしたーい! 来週はアップ終わったら、午前中に一発だけエリーに勝負かけてみたいと思います。

〇 今週の弓状
・みんな、どこへ行ったんでしょうね。土曜日は7人でした。日曜日はそれなりにクライマーがやってきましたが、空いていました。
・トライしていますが、殆どのルートはどこかかしらが濡れています。宿題ルートに思い入れの有る人だけが来た方が無難でしょうね。
・M代っちの出だし濡れているペトは、抱っこちゃんレスト方法のコツを忘れてしまったようで不調。話をしながら、コツを一つづつ、思い出していた。
・写真は、「よーこそチーウォール」をトライするT田ママ。日曜日の最終便でワンテンに詰めていた。二子のルートのワンテンは殆ど意味がないんだけど、核心手前でレストできるみたいなので、大きなワンテンですね。次回あたりRP?かも。
b0037220_23284851.jpg


〇 真珠入り(13a)をトライするたいちくん
・日曜日の3便目?にみごとにRP。2日目、ヨレヨレでRPするとは凄い。
b0037220_23294376.jpg


〇 愛しのエリー(12a)を触る私
・右トラバースから、この体勢になるまでが結構大変。
b0037220_23252162.jpg


〇 愛しエリー、修正ムーブ
・前のムーブは、この右足に左足をスメアして、右足を開いてヒールで振られ止めしながら、リップへデッドでした。できることはできるのですが、かなりバランスの悪いムーブでした。
・右足をガニからアウトエッジ気味へ直して、左足上げのようです。
b0037220_23263871.jpg


きん
by Climber-Kin | 2010-04-04 23:29 | 二子山'09-'10 | Comments(4)