カテゴリ:酒ログ( 57 )

「指穴」の酒

二日登った中一日の祭日。いい天気で、しかも二子はとっても暖かそうな。昨日の夕方まで、今日登りに行くか、どうするか散々迷ったのですが、結局レストにしました。9時まで寝て、クリーニング出して、年末大掃除前倒しの窓ふきして、ジム行くかなぁと思いながらも、今日はレストと思いとどまりました。昨日は冬至。今日から陽が長くなっていくなと思いながら、陽が沈むと同時に飲み始めてしまいました。でっ、何の酒?

〇 TULLAMORE DEW、アイリッシュウィスキー
・タラモアの露。
・久々にアイリッシュウィスキーを買ってみました。成果もないのに? って、これ高くないです。1,500円です。
・甘いです。バニラ味が強めです。それと、12年でもないのに、長い間寝かせたように、アルコール刺激がないです。飲みやすいです。
・言い換えると、飲み過そうです(笑)。
・スコッチのシングルモルトのような個性はないのですが、落ち着いた大人の味?いや、おじさん向けの味。
・これは、なかなか、酔いです… また間違えました。良いです。今度酒屋へ行った時に買いだめしちゃいそう。
・年末年始は、どの酒にしよっかなぁ。
b0037220_16511153.jpg
〇 題名の「指穴」ですが
・ケアリーヴ(キズパワーパッドと同じタイプ)貼っていたので、ふやけてしまいました。
・そろそろ、外して、乾燥フェーズかな。
・この指じゃ、登りに行けないよね。
b0037220_16510428.jpg
b0037220_16505757.jpg

きん

by Climber-Kin | 2014-12-23 16:50 | 酒ログ | Comments(6)

ロイヤルストレートフラッシュの酒

まだ、年末のまとめではないのですが、今年は、いろいろなグレードのルートを登りました。そう、結構早めにリーチがかかったのですが、なかなか上がれませんでした。そして、終に、ロイヤルストレートフラッシュの完成です(笑)。12d、13a、12a、12bと来て、次は12cでロイヤルストレートフラッシュ(つまり、12a、12b、12c、12d、13a)なのですが、何の意味もありません(笑)。それでもって、終に「ペトルーシュクァ(12c)」で、ロン(上がり)です(笑)。だけど、そんなことに意味もなく、浮かれないように、とってもスモーキーで、辛いスコッチを飲んで、気持ちを引き締めると言う意味で(これも意味不明ですけど)、これを選びました。うん?11a、11b、11c、(11d)、12a、12b、12c、12d、13aでダブルロイヤルストレートフラッシュ? 残念、11dがない。

〇 ラフロイグ、10年
・何度飲んでも強烈過ぎる!
・これをうまいと感じるようでは、正真正銘の酒飲みです。そう、大人の酒です。シュンタロウくん、ぜひ、飲んでみて!
・でも、日本で結構売ってるってことは、買う人が結構いるのでしょうねぇ。
・月曜日は5時から飲み始めて、知らないうちに半分なくなっていました。晩御飯を食べる前に寝てしまいました。
b0037220_23300005.jpg
〇 持久系完登の酒は?
・実は、ペトルーシュクァ登った当日、新装開店した「やおよし」で、これ買って、下吉田キャンプ場でボトル空けちゃってます。
・300mlのミニボトルですから。
b0037220_23313259.jpg

きん

by Climber-Kin | 2014-11-25 23:44 | 酒ログ | Comments(0)

「8本目の酒」

久々のお祝いのウィスキーです。プールの帰りにジョナサンで生ビール。その帰りに思いついて、府中街道のドン・キホーテによったら、何やら飲んだことのないスコッチが置いてあったので、買ってみました。ジャックポイズン(13a)は、お買い得過ぎ感が強すぎて、登れても、いつもの13登れた充実感はないのですが。ルート自体は、ムーブは激しくて、とてもおもしろかったです。まぁ、いろいろな13があります。お買い得、お買い損、得意系ムーブに不得意系ムーブ。ボルダー系に持久系。兎に角、登った者勝ちです。兎に角、登れたら、約束のシングルモルトです。シングルモルト飲むために頑張ったです(笑)。次にシングルモルトを飲める日はいつだろう。次も頑張るぞ!

〇 Glen GRARIOCH、12年、ハイランド
・少しスモーキーです。クリーミィでナッツ味が強いです。ピート香も強いです。コクがあります。
・すきっ腹にしみて、うまいです。
・「オールド・ファッション」で、ピーキィで、スモーキーなウィスキーは、このこぎれなハイランドのモルティング施設と蒸留所で、1970年代、1980年代、1990年代初頭に生産された。現在使われている麦芽は、微かにのみピート焚きされている。(SCOTLAND AND ITS WHISKIESより)
b0037220_17140399.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-10-19 17:30 | 酒ログ | Comments(2)

意味不明の酒

成果があった時や特別の時だけ、お祝いにシングルモルトを買うと言う約束にしていた。右肩の調子を悪くしてから、運動量が減っていることに気づいてなかった。気が付いたら、1ヶ月で2キロ増だった。オーマガー005.gif。一方で、肩が痛い上に、岩場へ行っても、なかなか、思う通りにならなくて、別のストレスが溜まる。プールの帰りに不足気味の靴下を買って、その帰りに、酒屋へよった。もちろん安いブレンドウィスキーを買うつもりだったのだが、最近、あまり見かけなかった、グレンフィディックが目にとまってしまった。何の酒だ?一生懸命、買うための後付けの理由を考えたのだが、思いつかなかった。そうだ、「意味不明の酒」にしよう004.gif
午前中に今月のインボイスにレポート書いて、昼から掃除して、プール行って、買い物して、本日終了。もう、飲んでます。

〇 GLENFIDDICH、12年
・グレンフィディック。シングルモルトをポピュラーにした蒸留所であり、全てのモルト愛好家はそれを知るべきである。長年にわたり、グレンフィディックの主要バージョンは、熟成年を記載しておらず、比較的若いあじわいがした。現在、12年熟成ものが販売されており、かなりスムースなナシのような風味がして、よりナッツやクリームのような特徴が加わった。より熟成年度の長いものは、チョコレートの特徴が出ている。(SCOTLAND AND ITS WHISKIESより)
・成果どころか、肩痛くて満足に登れないは。体重は増えてるは。暑すぎて、岩場行っても何もやらせてもらえなかった。だけど、旨い酒は飲みたい(笑)。
b0037220_16353121.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-07-27 16:39 | 酒ログ | Comments(2)

後付けのお祝いの酒

瑞牆山の帰りに、韮崎で洗濯してました。乾燥機回している間に、オギノを物色していたら、白州みつけちゃいました。12年じゃないけど、12年だったらブレーキがかかったのでしょうけど、ノーマルな白州もおいしいです。気がついたら、これもって、レジに並んでいました。あっ、何のお祝いにしよう。そうだ!「一張羅RP」のお祝いにしようと、後付けでお祝いの理由をつけたのでした。

〇 白州、シングルモルト
・一度、12年飲んでみたいですねぇ。そのためには成果を出さなければ。がんばろう!その前に、その、頑張る課題を見つけないと始まらない。
・土日の2日でなくなっちゃいました。
b0037220_17552484.jpg
〇 JAMESON
・近所のスーパー、サミットで、ド派手なJAMESON見つけました。たまには、アイリッシュウィスキーもいいかもと、久々に買ってみました。
・このデザイン、何の意味があるのだろう?
b0037220_17560439.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-06-01 17:58 | 酒ログ | Comments(2)

久々の成果のお酒

今年は例の大雪の結果、なかなかスタッドレスタイヤを夏タイヤへの交換に踏み切れませんでした。例年なら、路面温度が上がる4月の前、3月末に交換するのですが、今年は不安で未だにスタッドレスタイヤのままでいました。先週そして今週と、二子山と小川山へスタッドレスタイヤで行ってきました。それで安心して、夏タイヤへ交換する決意ができました。昨年の連続パンクアクシデントで、夏タイヤは一本だけ古いタイヤだったのですが、今回それも、その古い一本を新しいタイヤと交換してもらいました。出費が痛い。去年の夏のアクシデントも精算しました。すっきりしました。その帰りに酒屋へよっちゃいました。久々?に酒ログです。シングルモルトはどれも特徴的な味や香りがして、とてもおもしろいし、おいしい。日本酒のように蔵ごとに全然味が違うと同じです。だから、買ってくると、一晩で半分とか、それ以上に飲んでしまう。キリがないと言うか、財布が破たんしてしまう。そこで、成果がある時か正月とかの特別な時だけにしようと決めている。ところが成果がなかなか出ないので、めったに買えなくなってしまった(笑)。そして、久々に成果が出ました。さっそく買ってきてしまいました。マッカランはファインオークの10年とシェリーオークの18年は飲んだことがあるような気がします。普通ならシェリーオークなのでしょうけど、ちょっとボルダーチックな「白壁の微瑕」と、とってもみじかしい「エンドルフィン」にちなんで?、ちょっとかわった作り方のファインオークにしてみました。

〇 マッカラン・ファインオーク12年
・蒸留所、MACALLAN。この「シャトー」のような農園の蒸留所は、イースター・エルキス・エテートにあり、スペイ川を見下ろす一にある。アベらーから流れるこの川の対岸のクレイゲラキに近い。このウィスキーは、こくがあり、ドライオロロソの樽で熟成することで有名である。顕著なフルーツっぽい特徴を持っている。このウィスキーに熱中する者は、どれだけの期間、熟成したものが、その質を最もよく表現するかを論じる。(文献、SCOTLAND AND ITS WHISKEYより)
・マッカランの蒸留所では、シェリーオーク熟成の原酒を使っているらしいのですが、ファインオークは、バーボンオーク原酒を混ぜているようです。
・箱の説明を読むと、トリプルカスクのミックスで、シェリーのヨーロピアンカスク、シェリーのアメリカンオークカスク、バーボンのアメリカンカスク。これらの3つのミックスと記載してある。難しい。
・フルーツっぽい特徴というのは、シェリーカスクなのだと思う。だから、ファインオークはフルーツっぽさがすくないのかも?
・作り方はよくわからないし、講釈はそのぐらいにしておいて、まー、とにかく、おいしければよいのです。
・あっ、やっぱり、マッカランの味です。ハニーでバニラ風味が強い。そしてスパイシーですね。味は辛めです。あー、うまいなぁ。次のシングルモルトは、いつになるのだろうか。また、がんばろう!
・登れた当日の夜は、山崎のスモールをセブンイレブンで買って、飲みました(笑)。これは、「白壁の微瑕」分です(笑)。ついでに、サントリープライムも買っちゃいました。
・女性ミストシリーズ。登る時の乾燥肌対策に使っています。小川山では、これではなく、伊香保温泉版をつかってみたのでした。写真は天童温泉版です。
b0037220_13050580.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-04-20 12:41 | 酒ログ | Comments(0)

確定申告の酒

確定申告を始めて、今年度は3年目の3回目です。1回目は白色申告で、随分余分に税金を納めちゃいました。2回目からは控除額が大きい青色申告へ切り替えました。最初の年申告そのものの仕組みを理解するのが大変でした。2年目は青色申告を理解するのに大変でした。だけど、一度理解すれば、比較的気楽に申告できるようになりました。そして、3年目の今年は医療費控除に挑戦です。昨年の肉離れの医療費とリハビリの医療費、それに歯医者分を申請してみようと思います。申告書は随分前に仕上げていたのですが、今日最終的な確認をして封書に入れました。来週中に郵送します。何だか、すっきりした気分です。

〇 シーバスリーガル12年 wt 18年ミニボトル
・シーバスリーガル12年に、18年のおまけがついてました。買っちゃいました。シングルモルト買うつもりなし。お使いで近所のサミットの酒コーナーにブレンデッドのシーバスリーガルありました。しかも、18年一口のおまけ付。買っちゃいました。
・海外出張する際に、成田の免税店で出発前にこれ買ってでかけて行ったなぁ。
・やっぱり18年はうまいなぁ。ボトルで買うといくらなんだろう?
・背景は、上腕三頭筋をストレッチするカンガルー。
b0037220_18480268.jpg
〇 JAMESON、IRISH WHISKEY
・久々にアイリッシュウィスキーを買ってみた。ブレンドスコッチの12年ものよりは当然安いです。もちろん、こちらも12年ものになると、それなりの値段になってしまいます。
・質素な味というか、少し枯れたような味わい。若干淡白な味わいでもあるが、たまにはアイリッシュウィスキーもいいですね。
・米国出張して、現地でアイリッシュバーに連れて行ってもらい、それからウィスキー呑みが増えた。そんなきっかけになったウィスキーです。
b0037220_18021583.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-03-02 17:30 | 酒ログ | Comments(0)

年末年始の酒

今年はいろんなことがありました。クライミングの成果が少ない年でした。シングルモルト買っても二日で飲みきっちゃうので、きりがない。それで、成果ごとにシングルモルトを買うということにしているのです。だから、最近はあまり飲めていませんでした。だけど、年末年始ぐらいいいだろうと、買ってきました。ようやく、仕事(12月のレポート)に目処が立ったので(大晦日にも仕事してる)、1700にウィスキースタートです。こんなに早く飲みだすと、酩酊して、紅白終わるまで持たないでしょう。今年も除夜の鐘をきかずに年越しかな(笑)。皆様、よい年をお迎えください。

〇 ボウモア12年
・カタカナで書くと、バウモアでなくて、ボウモアでした。以前の記事でバウモアと書いていたかもしれません。
・エグニマとかテンペストととかもあるけれど、オーソドックスな12年を買いました。
・スモーキー過ぎないスモーキーさ。ハニーな香り。癖を感じないバランスのよさ。チョコレート味です。少し、潮っぽいところもよいです。
・値段も手ごろだし、スコッチ飲んだことない人には、一押しの一本です。
・要するに無難なシングルモルトです。あー、でも、この酒、うまいわー! 間違えなく飲みすぎそう。
・来年は、この酒のように無難でバランスのよい年になりますように。
b0037220_16192927.jpg
〇 ジョニーウォーカー黒ラベル12年
・こちらは、ブレンドです。有名なお酒ですが、ご存じの通り、白ラベル、赤ラベル、黒ラベル、ゴールド、ブルーがあります。
・黒ラベルは、12年で売り出すようです。
・ブルーは一度だけ、飲んだことがあります。多分20年以上熟成なのでしょう。以前勤めていた会社の社長が会社の経費で借りていた別邸にお呼ばれして飲みました。味は記憶にないです。投資で集めたお金と自分のお金と区別がつかない、そんな社長が経営するその会社は当然今は消えています。
・何だか昔のこと思い出しちゃったなぁ。
・ブレンドは、いろいろな酒を混ぜることで、新しいテーストを作ると言う意味では、シングルモルトとは、また違った面白みがあります。
・珈琲もブレンドが面白いですよね。
・石灰岩、花崗岩に凝灰岩。クライミングも、いろいろな岩を登れるようなブレンディッドがよいかもしれません。
b0037220_16194220.jpg
きん

by Climber-Kin | 2013-12-31 16:58 | 酒ログ | Comments(4)

「忘年会の酒」

忘年会用に久々にシングルモルトを買ってみました。スコッチウィスキーには、モルトウィスキー(大麦麦芽100%)とグレーンウィスキー(トウモロコシ(5) : 大麦麦芽(1))があるのですが、この名前のグレンは、グレーンのことではなくて、谷の意味でリベット谷の蒸留所(ジョージスミス氏設立、政府公認初の登録らしい)のお酒という意味らしいです。紛らわしい。ペトルーシュカとペトルーシュクァも紛らわしいですね(笑)。

〇 ザ・グレンリベット12年
・密造酒時代、グレンリベットの偽物が大量に出回って、これが本物だよということで「ザ」がついたようです。
・酒屋で一番安い12年ものを購入しました(笑)。買ったのは、3度目ぐらいのような気がします。
・とてもハニーな味です。忘年会でみんなに飲ませたら、これがハニー?と首をかしげていました(笑)。
・スコッチウィスキーのテーストについては、次の文献に詳しく書いてありました。
http://www.ballantines.ne.jp/scotchnote/38/
http://www.ballantines.ne.jp/scotchnote/39/

b0037220_10034154.jpg
きん
by Climber-Kin | 2013-12-16 10:04 | 酒ログ | Comments(0)

台風の酒

今日は台風18号で一日、家に缶詰だろうとおもっていたが、その通りになった。昨日はそんな予感から、ジムで自分で設定した課題で出し切ったのだが、単に疲労の谷を深くしただけだろう。夕方からプールでもという気持ちもあったが、とっても体が怠くて、行く気もしなかった。昼寝してから、夕方、台風の雨もやみ、散歩がてら、今晩の酒を買いに、近所のサミットまで歩いていった。そこで目についたのはこの酒でした。

〇 竹鶴12年、ニッカ
・はっきり言って、高くない。¥2,380でした。お酒飲まない人から見ると、とっても高いかもしれませんけど。いや、シングルモルト12年で一番安いグレンフィディックと同じぐらいの値段かなぁ?
・シングルモルトでなくて、ピュアモルトだからかもしれません。これニッカです。
・サントリーの白州とか山崎はもっともっと高いです。だけど、白州と山崎をブレンドした北杜12年もそれほど高くありません。ブレンドは安く設定しているのか?作り方の原価から来ている価格なのか?マーケティング的な戦略的な話なのかまでは、私には、ちょっとわかりません。
・さすがに、21年ものは、9,000円ぐらいするみたいですが、一度飲んでみたいですねぇ。今の課題が登れたら、思い切って買っちゃうとか。だけど、9,000円払うなら、あれも飲みたいし。
・竹鶴は何度か飲んでいるのですが、値段の割にはあまり買ってないです。なぜなら、ちょっとセメダイン味が気になるからです。このセメダイン味はウィスキーのアクセントとして、ありなのですが、強すぎるのは、どうも苦手です。一番、セメダイン味が強いウィスキーは? それは、私の知る限り、メコンウィスキーです。
・セメダイン香(味)が強い場合は、ロックでも、少し、氷が解けて水が増えた状態で飲むとおいしくなります。
b0037220_1811396.jpg


そして、ずっとトライしている例の課題なのですが。自分の性格からか、一つの課題を始めると、他の課題に全然興味がわかなくなってしまうのです。良いのか悪いのか?
登り損ねた7月13日のトライ。リップ取りで、その前回の失敗(リップに届かなかった)から、勢いよく左手出し過ぎて、右手が外れてフォール。悔しかったのですが、そこまで行けてるから、そのうち間違えなく登れると思ってトライを継続していました。真夏のコンディションでは、今から考えると、厳しかったようです。一方で、トライしている最中に、穴ホールドの結晶が二つ取れて(すいません)、状況が少し変わってきたように思います(やはり難しくなった)。状態がよくなってからも登れないかもしれません。そうなっちゃったら、少し合間をとって、さらに鍛えて、再チャレンジなのかなぁ。今までも何度も経験してきましたが、引き際は難しいです。とは言え、まだ結論が出ているわけではありません。シーズンはこれからです。まずは、全力で頑張るのみです。酔っ払うと前向きになるなぁ(笑)。

きん
by Climber-Kin | 2013-09-16 18:20 | 酒ログ | Comments(0)