カテゴリ:二子山'16-'17( 29 )

2016年12月23-24日、二子山

 クリスマスの三連休は、金土で登って、これが最後の下吉田キャンプ場泊まりでした。土曜日の夜は、NRM亭で、忘年会、いやクリスマス会でした。
 金曜日は暖かく、金曜日の夜から冷えて土日は寒い予報だったのですが、金曜日の朝は、暖かくはあったのですが、すでに空気が乾燥していました。土曜日の朝は冷え込みましたが、風はなく、昼からは絶好のコンディションではあったのですが、体は既に終わっていました。

◇ 23日(金)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登+Tr
(3) バイパス、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、×
(6) 振り返るな(13a)、×
◇ 24日
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
(10) 振り返るな(13a)、ムーブ探り

 今週もさえませんでした。わかってはいるのですが、岩が冷たいと力を入れてホールド握ってしまうようですねぇ。いつもより疲れていて、特に二日目はさっぱりでした。進展自体はありませんでしたが、手順の整理は進みました。

① 3p目レストは、左膝が壁の窪みに入るようにステミングする。
② 4-5p間のいつも人差し指第1関節を切る左手ガストンは、人差し指をその尖がりホールド自体にあてれば、テーピング不要にできる。
③ 4-5p間の画期的なレストは、やはりない。腰押しつけレストで頑張る。
④ 5p目クリップ後のレストは、やはりない。直前の座り込みキョンで少し休めるのではないかと期待したが、左足フットホールドが奥に入り過ぎていて、傾斜を殺せない。
⑤ 5p目クリップは、フリ体勢でなくて、バックステップでクリップ&焼石握りシェークすること。
⑥ 5-6p間は、左足を右足横の斜め面にスメアで左手ボールホールドで、右足を一気に上げて、左手ロックして右手アンダーサイド取り。
⑦ そのまま左足バックステップで左手アンダー取り。さらに右足スメア気味で6p目クリップホールド取り。ここで右足ヒールフックだと体が落ちて、右手の負担増となりNG。これまで通り、右足ボールホールドに載せて、右手肘をできる限り伸ばすこと。また、右手薬指のサイドにあて物すること。テーピングの芯でもよいが、できればプラスチック製の腱鞘炎対策板がよいのだが。
⑧ 核心セクション最初の左穴アンダークロスから右手ドーンは、左手人差し指にテーピングがなければ、フリクションはよいはず!
⑨ 右手ドーンから飛ばしは、上側のエッジがある部分へ(変更なし)。足踏み替えはひるまずに。
⑩ 左手モニョモニョは、午前中はフリクション悪し。
⑪ 右足ヒールは中間ぐらいに。上過ぎると溝が細いのでかからない。下過ぎると横引きになり、力が弱くなる。上の細い溝にアキレス腱部分のヒールが少しかかるぐらい。
⑫ 右手飛ばしは、ホールドを見定めたら、体を壁に貼り付けて、見えない状態で右手出すこと。
⑬ 思いっきり右へ腰スライドさせれば、左手はコルネホッペをとらえられるはず。
⑭ 左手飛ばしの細かいフットホールドは、ひるまないこと。

 もう、改良はネタ切れ状態です。でも、進展しないといじりたくなるんです。

〇 今週の弓状
・息子が息子なら親父は親父でスーパー持久力のMR井さんが、振り返るなをRPされていました。鳳来の強いお姉ぇさんが、火の鳥を最終日の最終便でRPされていました。おめでとうございます。
・「XXの岩場」の新版で、二子のグレードを変えるとの噂がありました。誰がルートのグレードを定義すべきか?よくわからないですが(初登者?開拓者?)、自分としては、今のグレードに納得した上で、一つづつルートを積み上げてきました。変更しても、他の岩場とのグレードの整合性など取れるわけがないですし、今更変更してもらってもなぁという気持ちです。
b0037220_15334876.jpg
〇 YWT専務の私生活(12c)のトライ
・惜しい!本当に惜しい。左手アンダー捉えられれば、完登だったのに~。
・アンダー気味でなくてサイド気味に手をだしていました。
b0037220_15342702.jpg
b0037220_15344493.jpg

b0037220_15350715.jpg
b0037220_15352405.jpg
b0037220_15354747.jpg
〇 さらば、下吉田キャンプ場
・長い間、お世話になりました。AR井のおじさん、いつまでもお元気で。
b0037220_16203598.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-12-25 15:41 | 二子山'16-'17 | Comments(4)

2016年12月17-18日、再び進展なしの二子山

 週ごとに今年一番の寒さを更新してきています。土曜日の朝は寒かった。午後から寒気が北上してくれたようで、普通の二子の寒さになってくれました。日曜日は朝から寒さは緩んでくれました。先週は土日の連荘の日曜日でも、結構頑張れたのですが、今週は岩に冷たかったのに出した一便が効いちゃったのか? 疲れが溜まっているのか? 冴えない、進展のないトライになってしまいました。

◇ 17日(土)
(1-2) 高く登れ、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
・あまりに寒いので、さらにアップ。しかし、トライする時にはもう体が冷えてしまっていた。
(5) 振り返るな(13a)、××
・やはり、まだコルネの裏側、穴の中が冷たかった。出すの早すぎた。後悔。左穴指アンダーは捉えるが、右手ドーンは体が上がっていなくって全然ダメ。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・結構いい感じで核心へ到着することができた。しかし!何故か足が滑って、あえなく、核心入りでフォール。凡ミスだった。

 第5回忘年会。今週も飲み過ぎる前に喰いまくりで、酒はちびっとに成功しました。しかし、平日の睡眠不足が累積していたのでしょう。夜は8時台に就寝してしまいました。9時間睡眠達成!

◇18日(日)
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、××
・やっぱり、この時間帯のトライは核心入るところで、指先が濡れている感触になるんだよねぇ。でも、結構腰が入って、右手ドーンは止まりそうで止まらなかった。
(10) 振り返るな(13a)、×××
・ヨレヨレだった。6p目へ突っ込む気力がなくて、5p目でテンションする。こうなったら、ムーブ見直し便へ変更。
・4-5p間レストをM井さんがやっている方法をやってみたが、???
・5-6p間の3手目左手アンダー取りの右足は、右側へ出すのはやめよう。足手前に戻そう。
・そして、6-8p間なのだが、右足トゥフックで右手飛ばした後、そのままの足で右手が次の隠れたホールドまで届くことが判明。しかも、その右足のままでコルネホッペホールドまで取れる!こっこれは画期的だ~!
(11) 振り返るな(13a)、ムーブ探り便
・日没前に、先便のムーブを確かめに行った。しかし、?????
・ロープに引っ張られた超テンションムーブだったのか?がっくし。次回もう1回確かめてみよう。

 そろそろ、右手ドーンが止まるのではないかと期待したのですが、全く進展がありませんでした。しかも、かなり寒くなってきました。これだけトライして、ここまで進展がないルートは初めてです。これまでルートは、やればやるほど、ムーブの先行動作によってムーブが流れていくようになり楽になっていくのです。しかし、このルートはムーブが全く流れないのです。一手づつをガツガツ登るルートです。だから、やってもやっても楽になりません。そして、デブには厳しい被りです。持久力系の超苦手ルートです。試練です。だけど、Never give up!。がんばりましょう。次回は、指先が濡れている感じだろうが何だろうが、出すんだ!手を出すんだ!あきらめるな!それは違うルート名だ!

〇 今週の弓状
・土曜日は、みなさん寒さを警戒してか、空いてました。日曜日は盛況でした。
・写真は、二子で最も難しい12cと思われる「私生活」をトライするマーさま。
b0037220_23250258.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-18 23:25 | 二子山'16-'17 | Comments(3)

2016年12月11-12日、かなり寒くなった二子山

「地味ながらほんの少しづつ前進」

 寒くなる予報でした。土曜日の朝に河原沢を通過した時の電光掲示版は、4度を指していました。あれっ?そこまで寒くない温度でした。しかし、今シーズンとしては、一番寒かったかもしれません。朝のうちは風があったのですが、午後には風もなくなり、空気も緩みました。そして、午後2時あたりから最高の時間帯となったのですが、いかんせん、陽が短くて、あっという間に日没してしまいました。
 寒い予報が出たので、少しは空いている二子になるのかもと期待したのですが、まだまだ盛況な弓状でした。

◇ 11日(土)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××、2テン
・岩の表側はすでにいい感じの温度になっていたが、コルネの裏と穴ホールドの中がまだ冷たかった。
・6p目クリップの右手穴アンダーホールドは、結露してたんじゃないか?核心セクション入る右手サイドが抜けてきてしまった。
・核心セクション薄被り帯は、ツルツルでなんだか滑る!まだ風が強くて、指皮が乾燥しすぎてたのか?
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、前半部分で岩が温かくなってしまっていた。後半は丁度よい感じだった。前便に気付いた?いや思い出したポイント、右手温存作戦! それと、6p目クリップ右手穴アンダーは意識して肘を伸ばすこと!
・とても苦しいのだが、それでも今シーズンで一番楽に核心へ入れてたと思う。左指アンダークロスは取れて、右足踏みかえて、右手ドーンは指先触ったが届かず。まだ腰が落ちていたか。フォールした後、壁に戻れず。そのまま下までローワーダウンした。
(6) 振り返るな(13a)、××、1テン
・今度も右手温存作成。先便と全く同じで、右手ドーンは止まらず。
・左指穴アンダーとれた状態からスタートして、ギリギリで8p目クリップ。そのままワンテンで抜ける。

◇ 12日(日)
 土曜日の夜は、第2回忘年会でした。しかし! めずらしく飲み過ぎませんでした。その代わり、お腹が張り切れそうなぐらい食べました。日曜日は、寒いけど、いつもより早めに起きて頑張って出発しましたが、日曜日の方々は早いのですね。既に4パーティ目でした。河原沢の電光掲示板は、-1度を指していました。昨日より5度寒い! だけど、日曜日も満員御礼な二子でした。

(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
・岩冷た~い。
(9) 振り返るな(13a)、××、2テン
・11時ぐらいだったか?まだ、穴の中が冷たかった。
・右手温存作戦。右手ドーンは触って落ちる。うーん。
・どうせ、薄被り帯はツルツルだろう。無理しないで2テンで抜ける。
(10) 振り返るな(13a)、××、1テン
・結構、いい感じで入ってきて、6p目クリップしたつもりだったが、体はヨレていた。左手ドーンから、体が上がらなかった。
・疲れていて、ドカ落ちするのも嫌なので、8p目かけて、降りてきて、6p目からリハーサルした。
・ヨレヨレながら、終了点まで繋ぐことができた。しかし、これ厳ちぃ!

 右手ドーンでタッチ。今シーズンでは最高到達地点です。しかし、右手ドーンが止まってからが勝負のルートです。まだまだです。だけど、核心セクションへ入るまでは、何を注意するのか整理できてきました。6p目から終了点まで、少しづつ小慣れてきました。あとは、とにかく頑張るだけです。

① 核心セクション入るまでは右手温存。
② 4p目右寄り過ぎレストは、手の交互レストはあまりやらないこと。じっと我慢がよい。
③ 5-6p間腰押しつけレストは、所定の場所に左足載せて、一発で腰を入れ込む。10秒数えてゴー。長居は無用。右手温存で。
④ 5p目からの左手、右手アンダーから、右足は少し右上でやってみよう。これも右手温存作戦。
⑤ 6p目クリップの右手穴アンダーは、腰入れて肘のばすこと。右手薬指のテーピングは厚めに!
⑥ 右トラバースはこれまで通りのイメージ+下半身も使うことを忘れないように。
⑦ 右手ドーンからの右手飛ばしは上より掴むこと。足踏み変えはひるむな!
⑧ 左手モニョモニョホールドは落ち着いて二股持ち。
⑨ 右足ヒール決めて、腰右へスライドは大げさに!
⑩ 8p目クリップ後も雑にならないように。腰が壁から離さないように。
そのほか、家飲みは控えること。これが一番大事かも007.gif

〇 今週末の弓場
・前回、振り返るなの終了点を補強しました。今回は、YWT専務が打ってくれていた出だしの1本目ボルトにかかっていた、落ちたら切れてしまいそうな擦り切れたダイマーニテープを10mmロープシュリンゲへ交換しておきました。ここは、めったに落ちることはないのでしょうけど、少し気持ち悪かったです。
・身近なところでは、元気くんがババージュRPしていました。アッキーは龍勢前半の私生活をRPしていました。754くんがエリーRPしてました。おめでとうございます。
・山形のクライマーさんから、ブログの方ですかと声をかけてもらいました。
・自分が対峙している課題からの現実逃避か? 待ち時間中、いろんな人にムーブの助言しながらブラブラしてたら、自分のルートに集中しろ!と怒られました。028.gif
・写真は惜しかった穴ムジトライのおけいちゃん。
b0037220_22120650.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-11 22:12 | 二子山'16-'17 | Comments(0)

2016年12月3日、暑いじゃん二子山

「労作性頭痛に悩まされる」

 今週も忘年会をやりたかったのだが、諸般の都合で土曜日日帰りでした。しかも、本日は無形遺産の秩父夜祭の日でした。駐車場取りなのでしょうか?屋台の場所取りなのでしょうか。299号に停車した車の列が朝の6時からできていました。これは帰り大変だ~。帰る際にグーグルマップで確認したところ、使う道にところどころ渋滞の赤い線が。もしかして、これは駐車場待ちの動かない渋滞とか? ということで危険を感じて、花園ICから関越道で帰ったのでした。
 さて、岩の方ですが、朝はかなり冷え込んでいたのですが、風がなかったせいか、陽が当たりだすと、あっという間に温かくなってしまったようです。10時の1便目ですら、二段岩壁はもう岩が温かくなりすぎていました。そして、今週の問題はそれだけではありませんでした。先週の1便目のワンテンにしたトライで頑張り過ぎたせいか、酸欠みたいに頭が痛くなってしまったのですが、その後、調子がよくありません。平日に筋トレしても頭が痛くなるし、クライミングジムへ行って力を入れると頭痛が始まってしまうのです。グーグル先生に聞いてみたところ、「労作性頭痛」別名「重量挙げ頭痛」というらしい症状にぴったりです。50歳過ぎてから発生した場合は、一度検査した方がよいようです。それはそれで、どこの病院へ行けばよいのか難しいのですけどね。血管の膨張とかいろいろな原因があるようですが、私の場合、多分、首の凝りから来ているような気がしています。ちょっと前から、なんとなく首回りに違和感がしていて、ビレイグラスを買ったのです。最近気にしていて、首のストレッチも結構やっていたのです。やはり、血管の拡張とかの原因なのかもしれませんが。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××××
(5) 振り返るな(13a)、××
(6) 振り返るな(13a)、××

 バッファリン系の方がよいような情報もありますが、今日は持っていたロキソニンを飲んでみました。水分も多めにとりました。しかし、核心セクションまでくると、やはり頭が痛くなってしまいました。5-6p間は力がいるのですね。
 そして、先日思いついた5-6p間の改良は全て妄想でした。これまで通りのシナリオで頑張るしかないようです。あっ、1つだけ進展がありました。4-5p間の腰押しつけレストです。左足高めフットホールドで、腰入れてから左足を所定の場所へ下げていたのですが、最初から左足所定の場所で腰を入れ込んだ方がはまりやすいようです。今日は2回ほど、いい感じになりました。しかし、体幹を使うのは同じで、10秒程度で再出発する必要があるのは変わりありません。まぁ、シナリオがこれしかないってわかったのも前進かも(笑)。
 2トライ目は情けなかったです。左指穴クロス刺して体勢を整えたのに、怖くて右手ドーンを出せませんでした。恐いってのもあるのですが、辛いゴボウ登りと落ちた時の左穴アンダーの指皮ズリ剥けがトラウマになっているような気もしています。3トライ目は、いつもの通りヨレヨレでした。このルートには、メンタルでも負けています。落ちるの嫌がっていないで、頑張って一手づつ伸ばしていかないと!

〇 今日の弓状
・ベテラン勢が穴ムジに、おいしいよに、多数RPだしてました。あなた達強すぎ。うらめしや~。
・写真は、ペトルーシュカ(12b)をトライするHRKDさん。10年前のきんムーブを採用。 ガンバレ~!
b0037220_22314181.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-03 22:31 | 二子山'16-'17 | Comments(2)

2016年11月26日、真冬並になった二子山

「バック・トゥ・ザ・ワンテン」

 土曜日は寒そうではあるが、15時ぐらいまでは晴れるはずの天気予報だった。だけど、陽が出ていたのは11時ぐらいまででした。それ以降は陽の射さない寒い一日でした。しかし、先日まで暖かかったので岩が冷え切っていないのと、まだ真冬本番の寒さではないので、狙えるぐらいのコンディションではありました。アップ後にすぐトライした1便目は、まだ岩が冷たいものの、陽が射していました。しかし、2便目と3便目は、寒々しい曇り空で、トライする気にさせるように自分を奮起させるのが大変でした。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・パートナーさまのアドバイスのもと、4p目まで少しゆっくり目に登ってみた。
・元気な一便目の余裕があって、4-5p間腰押しつけレストも少し、はまってくれて、ここで10秒数えられた。5p目クリップして、6p目クリップへゴー! しかし、あちょー! ゲートがさかさま向いてます。ロープ側ゲート固定用のゴムもなくなっていました。カラビナをひっくり返っていて、びっくりしましたクリップしてテンションしました。
・気を取り直して、6p目からどこまで行けるかは、勇気を振り絞って、核心セクション後半も繋ぎました。恐ぇー! けど、終了点まで到達できました。今シーズン初のワンテンでした。
(5) 振り返るな(13a)、××
・曇空で寒々しくて、モチが上がらない。それでも、順番通りにトライするのですが、体の動きが消極的なのか疲れてしまって、6p目へ突入する気がしませんでした。5p目でテンションして、ちょっと5-6p間のフットホールドを洗い直してみた。5p目から3手目の左手アンダー取りは右足遠目で足開いてバックステップの方がよいかも。
・5p目からどこまで行けるかは、6p目超えて、右手ドーンが止まって、左手モニョモニョホールド取れて、右手一手送りまで行って、今度は突っ込む気がなくて、自らテンションしてしまいました。2テンで抜けました。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・3便目は、気持ちも切れてて、いつもの通りダメダメ。5p目でテンション。6p目でテンション。1便目でベロンチョした、左手人差し指が痛くて、核心セクション前半をはちょって、後半だけリハーサルして抜けました。

 今日は寒かったのですが、そのお陰でフリクションがよくなっていて、6p目からのリハーサルで核心セクションを繋ぐことができました。今シーズン初のワンテンで抜けられました。登っている最中に首に力が入り過ぎて、その後、頭が痛くなってしまいました。よほど、怖かったのでしょう。やはり、リハーサルでも落ちると10mのフォールは、怖いです。
 ムーブは全部できるのですけどねぇ。繋げることが出来ないのです。持久力ルートです。持久力のない私にとってはこれまでにない1番厳しいルート。しかし、望みある者には道が拓ける。そう信じよう。絶望的な寒さの1月まで、あと1ヶ月です。とにかく頑張ります。

〇 今日のまとめと次回やってみること
 6p目から終了点までは繋げられるので、とにかく6p目まで楽に到達することが肝要なのです。それで、5-6p間でのダメージが大きいような気がしてます。腰押しつけレストが、はまった時の5p目到達時は、それほどよれていないような気がするのですが。それで、6p目クリップして、核心セクションへ入る時に既にレッドゾーンになってしまっているのです。もしや、5-6p間に問題が多いとか?
① 前半はゆっくり登ること
・4p目まではゆっくり登ること。片足切りはしないで、なるべく、フットホールド踏むこと。
② ムーブできて以来、手つかずの5-6p間を再度洗い直すこと
・左手アンダーから、右手6p目クリップ穴ホールドへ。右足が低いのかも?そのために、右手が穴アンダーが浅持ちになっていないか?
・5p目からの左手の一手目のホールドに右足載せて、体を上げて、右手穴アンダー取ってみる。足が左より高目になるので、裏目にでるかも。
・その前の左手アンダー取りも、右足遠目フットホールドで再度試してみること。

〇 今日の弓状
・H田さんが、ピープウォールのカオスをRPされたとのこと。元気くんが、ペトルーシュクァをRPして、高所登山のリハビリを進めていました。おめでとうございます。
・パートナーさまも「私生活(12c)」をワンテンにしていました。
・写真は、「振り返るな(13a)」で、おしいトライが続くISMくん。そろそろ核心最後のムーブを固めて、抜けてください。
b0037220_21521609.jpg
〇 恒例の指皮ベロンチョ写真
・右手ドーンのところで、指穴アンダーのエッジに引っかかるんだよねぇ。痛い。
b0037220_10382634.jpg

きん


by Climber-Kin | 2016-11-27 21:52 | 二子山'16-'17 | Comments(0)

2016年11月23日、初雪前の二子山

 中二日で、再び二子山へ向かう。天気予報によっては、15時ぐらいまでは太陽が出てくれそうな予報が出ていました。ところが、朝は雲が多かったです。弓場も午前中は曇り空に風がビュービューで、各ルートは遅いスタートでした。私の方は先日の2便しか出せなかった消化不良的な思いから、寒くて冷たいルートに一番で取りつきました。今日の「振り返るな」は4人でした。だけど、長野の方が1便だして、すぐに帰っていかれたので、その後は3人でした。3人なら、この時期でも全員が3便づつ出せるようです。そして、昼からは晴れてきて、いつもの暖かい二段岩壁になったのですが、3便目では、太陽が再び雲に隠れ、寒気が下がってきたのでしょう。急に寒くなってしまいました。23日の夜から雪が降るようです。秩父山間部の積雪予報は10cmです。週末の入山は大丈夫でしょうか?

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、××、2テン
・焼石持ってGO! 岩が冷たいと腕で引いて登ってしまう。
・4-5p間の腰押しつけレストなしで突入する。6p目クリップから、核心セクションへ! 左手ドーンは止まったが、あ~体がよれてる。右手フリで飛ばしてサイドは届かず。
・左手人差し指第2関節のところを指皮ベロンチョしてしまった。オーマイガー!
・7p目かけて、どこまで行けるかは、まだ心の準備ができてなくて、びびってしまって、右足ヒールの右手飛ばしががだせなかった。
(4) 振り返るな(13a)、×××、3テン
・わずかワントライで前腕が疲れてしまったようだ。6p目へ突っ込む気がせず。テンション。
・気持ちを変えて、5p目からどこまで行けるかは? 左手人差し指第2関節にテーピングすると、左指穴アンダークロスから指が抜けてきてしまうのね?
(5) 振り返るな(13a)、×××、3テン
・体がよれていて、5p目から各停。6p目からどこまで行けるかは? フリで右手アンダー穴からサイドへの飛ばし、さらに、左指穴アンダークロス取り成功。右手ドーンも決まった。右手さらにガバカチへ飛ばして、左手モニョモニョホールド取り、さらに右手カンテ浅穴取って、右足ヒールで凹状内浅穴取り取れて、左手コルネホッペ取りは、ヒールはずれて大フォール。

 今日も後退しているのか進展しているのか、よくわからないトライでした。月曜日の夜に走ったのがよくなかったのかもしれません。今日も体が重かったです。一時的に弱っているだけのつもりなのですが? やはり、本当に弱くなっているのかは、少し観察しないとわかりません。
 前半と後半、それぞれに課題があります。前半はいかに楽に4p目に到達して、右行き過ぎレストでいかに早く回復させるかです。長時間かかると、レストで前腕は回復するのですが、体幹がよれてしまい、結局後半が苦しくなります。後半の課題は多いです。5-6p間の腰押しつけレストの成功から、さらに所謂核心セクションの繋ぎです。核心セクションのムーブは徐々になれてきました。それに伴い、少しづつフォール距離も増えてきて、心の準備も進めます。
 しかし、私の課題はやはり、持久力で、いかに余力を残して、核心セクションへ突入できるかだと思っています。核心セクションのムーブはこれ以上自分にフィットする手順ムーブはないでしょう。前半部分と4-5p間のレスト、ここに何かブレークスルーが必要です。痩せろって? その通りです。

〇 今日の弓状
・祭日だったからでしょう。寒さの割にかなり賑やかでした。
・あやちゃんがノースを終にRPしました。チエさん(マオチエのチエちゃんでなく)がペトルーシュカ(12b)をRPしていました。おめでとうございます。
・写真は、ノースをRPするあやちゃん。
b0037220_23125679.jpg
〇 穴のムジナ、おしい!
・motさん、終了ガバホールド取りでフォール。おしい!でも次回はRP確実でしょう。
b0037220_23132747.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-11-23 23:09 | 二子山'16-'17 | Comments(2)

2016年11月20日、進歩のなかった二子山

 日帰りで二子の予定で当初は土曜日のつもりだったのだが、どうも結構な雨が降るような予報だった。日曜日は晴れで暖かいようだ。日曜日は混むだろうなぁと思いながらも、雨の日に岩場へ行くモチベーションはなくなってしまった。これ幸いに、床屋へ行ったり、恩師の後援会に出たりと、有意義な土曜日を過ごして、日曜日に二子へ向かったのでした。しかし、土曜日の酒疲れか、日曜日のコンディションか? 日曜日は暑過ぎでしたが、下部で疲れてしまい、なんだか、指が抜けてくるような感覚がして、核心セクションへ入る元気が湧きませんでした。

(1) 高く登れ(10b)、再登
・あっ、チョークバック、ザックのところに忘れた。
・何だか指が抜けてくる。
(2) バイパス(10a)、再登
・チョークって、効果があるのか。これもチョークなしだとフリクション低下。いや、単に指皮がないだけかも?
(3) 振り返るな(13a)、×××
・今度はチョークバックを持っていきます(笑)。
・しかし、なんだか、ホールドがヌルヌルです。下部のホールドがほっかほかです。
・一応RPトライのつもり、4p目で右より過ぎレスト。そして、4-5p間の腰押しつけレストは?全然決まらない!
・5p目でテンションして、5p目からどこまで行けるかに切り替えるが、6p目から核心セクションの入りは?できない。
・結局、3ヶ所テンになる。
(4) 振り返るな(13a)、×××
・下したばかりのドラゴンレースにした。今度はいい感じで4p目右より過ぎレストで休む。
・しかし、4-5p間の腰押しつけレストがまたしても、全然決まらない。またしても、6p目突っ込む気がなくなって、5p目からどこまで行けるかへ切り替える。
・核心セクション最初の左手穴アンダーは刺したが、体を上げようとしたところで、指がスッポ抜けた!あー、中指の第1関節にテーピングしちゃダメなのね。
・5m以上もゴボウ登りすると、もう落ちるのが嫌になってしまいます。8p目までロープかけて、セミトップロープで核心セクション練習しようとしたましたが、あっ、これだとロープがじゃまでムーブ起こせないんだった。

 今日の「振り返るな」は4人でした。3便目は回ってきませんでした。「振り返るな」に4人は、定員オーバーですが、私以外は1ヶ月ぐらいで抜けそうな人達ばかりなので、すぐに静かな「振り返るな」に戻るでしょう。それにしても、何の進展もありませんでした。体調とコンディションがよくなかったことにしておきましょう。
 手も足もヌルヌルでした。靴はそろそろ新しいドラゴンレースへ切り替えた方がよさそうでした。腰押しつけレストが全然決まりません。と言っても、昨シーズンも、めったには決まりませんでしたからねぇ。遠く下から見ていると休んでいるように見えるらしいのですが、いればいるほど体幹が疲れるレストです。しかし、ここで力を殆ど戻せていないと完登は難しいのです。しかし、やるしかありません。シーズンは始まったばかり。頑張りましょう。

〇 今日の弓状
・今日の弓状というか祠もだったようですが、凄い賑わいでした。今シーズン一番の賑わいのようでした。予報通り、木曜日に雪が降れば、一挙に越冬隊だけになっちゃうのでしょう。そうですよねぇ。11月下旬、もう12月ですよねぇ。
・ヒロさんが、「穴のムジナ(12c)」をRPしていました。強~。
・写真は、おしいノーストライが続くあやちゃんと任侠をトライするウッチーJr.。
b0037220_22491366.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-11-20 22:49 | 二子山'16-'17 | Comments(2)

2016年11月12-13日、秋深まる二子山

 しかし、二日とも暑かった。
 当初は、土曜日に二子、日曜日は木古里か中里か十国峠の岩場へ行くパターンのつもりだったのですが、パートナーさまの土曜日はうまく行かなかったようで、土日とも二子へ行くことになりました。わかっていはいるのですが、二日目は指皮が持ちません。「振り返るな」は特にガビガビホールドが多くて指皮を持っていかれるのですが、今回は土曜日にムーブ探りというかレスト探りをしつこくしたので、いつもにも増して日曜日のトライは指皮が辛かったです。土日とも、よく晴れてくれました。でも、二段岩壁には、ちょっと暑過ぎました。

◇ 12日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、ムーブ修正&確認便
(5) 振り返るな(13a)、ムーブ修正&確認便
(6) 振り返るな(13a)、×、2ヶ所テン
◇13日(土)
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×××
(10) 振り返るな(13a)、ムーブ確認便

 先週から開始した今シーズンの「振り返るな」ですが、ずっと温めていた新ムーブやら新レスト方法やらを試してみたのですが、本日全て確認終了しました。全て妄想に終わりました007.gif。結局、昨シーズンの手順とムーブに落ち着きました。1日目の3便目に、腰押しつけレストなしで核心へ突っ込みました。6p目クリップできて、左手ドーンは止まりました。そこから、セミトップロープ状態で2ヶ所テンできました。ずっと、昨年よりフィジカルな力が落ちているような気になっていたのですが、とりあえず、去年と同じぐらいのような気にはなりました。パートナーさまは、それで?って笑っていますが、来週からRPトライ開始します。どんな状態だろうが、本人がRPトライと思えば、それはRPトライということにしています。頑張ります。それにしても、ムーブ探りは指皮が傷みます。皮穴多数に血豆まで作って、ダメージが酷いです。最近「メモA」塗っていたのですが、これは皮膚を軟化させて、よくないのかもしれません。指皮ケアーの季節も始まりました。

〇 今週の弓状
・あれっ?土曜日って、誰かRPしてたっけ?
・日曜日は、Shunくんが、「よーことTウォール」を朝の一便目でRPしてました。「振り返るな」を奈良の青年がRPしてました。奈良のカシ?くんが「任侠道」を二撃してました。極悪ルート引きが得意みたいなヒロさんは、エリーRPしたのかな?聞いてないや。
・日曜日は、H塚翁がいらしてました。好色は登っておらず、13c以上は別ものとして、これは棺桶に持っていきたいとのことです。今の二子に来ているクライマーはH塚マスターを知らない人が多いかもしれませんが、以下のホームページを参照ください。昔は誰もが参考にしたものです。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~rock-jiji/index.html
・パートナーさまの「私生活」は、先週は簡単にこなしていた前半核心が突然できなくなってしまったようで、悩んでいました。
・写真は、「ノースマウンテン」をトライするAYAちゃんです。全日本バレーボール協会公認ニーパッド買ってね。
b0037220_22191117.jpg
〇 秋深まる二子
b0037220_22200430.jpg

〇 AVクライマー民宿へチェックイン
・ともちゃん、頑張ってました。
b0037220_22224853.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-11-13 22:24 | 二子山'16-'17 | Comments(0)

2016年11月5日、シーズン初の二子山

「リハビリ開始?」

 甲府幕岩のパートナーさまの課題が完了したので、まだ、ちょっと早いかなぁと思いながらも、今シーズン初の二子山へ行ってきました。お盆明けから週末の天気がことごとく外れて、課題すらできずにいました。それどころか、6月から、真面な岩登りらしいことを一切やっていないのです。やはり外岩へのリハビリ期間が必要なのでしょうとは思うのですが、年寄にはもう時間がありません。最初から難しい課題です。

(1) 高く登れ(10b)、再登
・あっ、二子の10bは簡単だ~。いやいや、やってる回数が全然違うから、簡単には判断できまい。
(2) バイパス(10a)、MS、再登
・こちらのルートは、力が入る!
(3) 振り返るな(13a)、ヌンチャク掛
・ワーカーホーリックも登って、アップのフルコース(レパートリー少なすぎ)のつもりでしたが、今日から二子というクライマーが多かったみたいで、混雑していたので、ヌンチャク掛けすることにしました。
・4p目までで、とっても疲れます。各停で5p、6pへ行こうとしたら、6p目はヌンチャク掛かっていないと私のムーブではクリップできませんでした008.gif
・いくつか、ポイントを確認しようとしたのですが、ヌンチャク掛けで精一杯で、それ以外何もできませんでした。
・あ~。終了点のテープが片一方傷んでました。ヌンチャク回収する前に交換しておかないと、終了点だけでローワーダウンするのは、気持ちよくありません。
(4) 振り返るな(13a)、ムーブ思い出し&確認便
・実質のムーブ思い出し便。だいたいの手順はわかるのですが、細かいポイントを全然忘れています。
・核心セクション入りのムーブは力不足で全然こなせません。
・核心セクション最後あたりは、手順すら忘れていました。
(5) 振り返るな(13a)、ムーブ思い出し&確認便
・もう手の皮がヒリヒリで、もう一便出すのも億劫でした。
・マオさんが言っていた、ニーバ―レストって、5p目直下で左足ニーバ―のことでしょうか?もう聞く人はおらず。
・核心セクション入りのムーブのポイントは何となく思い出しました。そうそう、ステップしながら、体をあげていきながら、右手サイド十分引付けて左手指アンダークロス取りだ!その時に、次に右手出しやすいように、指を少し右向きへ入れ込むことだ! その時の右足掻き込みが全然きかない。あ~、体が上がってないからだろう。
・無駄だとわかりながら、左足のよいフットホールドはないのか?つま先を壁に押し付けて、少し右への推進力を作れるかも。
・左手モニョモニョホールドは、この暑さでは保持できねぇ。次の右手も指がムミョ~って出てくる。岩が熱い。

 シーズ初の二子は紅葉が進んでいました。紅葉した葉っぱの裏から陽がさして、きれいでした。この時期の二子は美しいです。
 そして、半年ぶりの二子というか、半年ぶりの被った石灰岩は難しかったです。しかも、暑い過ぎました。予習というか復習が足りませんでした。ポイントをすっかり忘れていました。困った時の「キンブログ」読んで、ムーブを予習しよう。

〇 今日の弓状
・今日から二子のクライマーが多勢いました。
・お猿のHR田さんが、ついに、乾杯(14c)を完登していました。おめでとうございます。以前に乾杯を登られた時も、私は見てました。今回は振り返るなにぶらさがりながら見てました。
・47哲のMR井さんは、ブロースト(12c)をシーズンしょっぱなでRPしていました。凄いですねぇ。次から、「振り返るな」をトライされるそうです。あっという間に登るでしょう。
・パートナーさまの「私生活」は、いきなり下部核心を超えて、マイライフ終了点まで繋げていました。凄ぇなぁ。さらに、マイライフ終了点からの最後の核心手前までのセクションでムーブにひらめいたみたいです。
b0037220_22113630.jpg
〇 振り返るな(13a)
・久々に触った「振り返るな」は、とっても難しくなっていました。ここ半年、まともに登っていませんから、仕方ありません。一から出直しです。
・写真に写っているのは、乾杯RP後のHR田さんです。
b0037220_22122482.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-11-06 22:10 | 二子山'16-'17 | Comments(0)