カテゴリ:小川山2017( 17 )

2017年11月3-4日、小川山、雨あがりの夜空にRP、愛情スラブWP

 4週ぶりの週末の晴れになるのでしょうか。しかも、「文化の日」で金土日の三連休でした。土曜日に天気が少し崩れる予報でした。それと土曜日の夕方から冷え込むとの予報でしたが、金土で今シーズン最後の小川山のつもりで廻り目平へ向かって出発したのでした。久々の晴れの上に三連休初日は、少し早めに渋滞し始めていた中央道でした。

◇ 11/3(金)
 さぁ、どのエリアへ行くかと悩ましかったのですが、パートナーさまと共通の課題がある妹岩へ向かったのでした。私は、4週前に2便出して登れそうで登り損ねた「雨あがりの夜空に(12a)」です。金峰川は増水していました。裸足になって渡渉したのですが、足が冷え切りました。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、TR
・渡渉で足指が猛烈に冷えてしまいました。足の感覚がありませんでした。1p目かけて降りてきました。
・TRで登りましたが、足指感覚がなくて、怖かった。
(2) 雨あがりの夜空に(12a)、ヌンチャク掛&ムーブ確認
・うっ、出だしがムーブが入りが??? 2p目からのムーブも簡単ではない。うーん。カンテがヌメヌメで、状態悪いぞ。
・結構時間をかけて、出だし以外はムーブを固めた。
(3-4) 雨あがりの夜空に(12a)、RP
・カンテがヌメヌメだった。出だし失敗。あ~。やり直し。
・今度は、ぎりぎりで、成功。そこからも、カンテがヌメヌメで苦戦するが、力づくの無呼吸登攀で4p目に到着するが、前腕張ってきて危なかった。
・ゼーハーゼーハー言いながら、何とか完登。よかった~。

 記憶を見ると、「雨あがりの夜空に(12a)」は、2014年9月に一便だして、全くムーブがわからず、すぐにヌンチャクを回収しています。4週間ほど前に2度目のニンポー触って絶望して撤収し、思い出したように触ってみました。今度は、ムーブがわかりました。核心の出だしをこなして、そのまま登るつもりが、登り損ねてしまったのでした。そして、3週末連続の台風を挟んで、今シーズンの締めのつもりで、再度トライにやってきたのですが、状態が悪く、返り討ちに合うところでした。危ない、危ない。何とか登れました。

◇ 11/4(土)
 二日目も、どこへ行くのか迷いましたが、前日に「愛情スラブ(12a)」をホワイトポイント(WP、Trで完登)したパートナーさまが、シーズン最後に再度トライしたいということで、再び妹岩へ行くことになりました。私も、その、どスラブをやってみることになりました。

(5) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
・今度は、ミウラXXですが、硬~い靴でリードしました。
(6) 愛情スラブ(12a)、TR、ムーブ探り
・ルート名、「愛情のないスラブ」の間違えじゃない?
・こんなのリードできないと言いながらも、ぶつ切れながらも何とかムーブはこなせたのか?今日はフリクションがよい?
(7) 愛情スラブ(12a)、TR、WP
・TRなのに、最初から声が出ました。4-5p間こなせたら、スイッチが入りました。
・前便のリハーサルムーブの隙間にアドリブ入りましたが、何とWPしちゃいました。
(8) 愛情スラブ(12a)、TR、ヌンチャク回収
・ISM君のエクセレントパワーのRPトライみてから、リードでトライしようと準備を始めたら、ポツポツ降り出してしまいました。
・リードはやめて、トップロープで回収へ。途中で、ホールド濡れてきて、最後はゴボウで何とか回収しました。

 暑い時期に触ってみたものの、何もできなくてすぐに回収した「愛情スラブ(12a)」でしたが、状態が良ければ、全然違うルートでした。WPできてしまった自分にビックリです。しかし、神様はいじわるでした。突然に嵐のような雨になってしまって、RPトライさせてくれませんでした。こんな寒い時期しかチャンスがないような。もう、そんな機会はないような気がします。

 三週連続の台風のお陰で、小川山の紅葉シーズンは終わっていましたが、まだ、黄葉はしていて、晩秋の雰囲気を楽しめました。小川山の難しいルートをトライしていたころは、11月に入っても来ていたのですが、こんな寒い小川山は久々でした。そんな寒い廻り目平のキャンプも楽しめました。来シーズンの小川山はどうなりますかねぇ?来シーズンまで、さよーなら!

〇 雨あがりの夜空に(12a)
・イエロークラッシュのすぐ下にあります。キジ場の中のルート。笑。しかし、手強く、面白いです。
・いつぞやのGWに、RCサクセッションの清志郎が亡くなった年でした。そのGWにI川さんがこのルートRPして、KBさんにルート名つけてくださいと頼んだところ、この名前がつきました。ルート自体はもう少し前に開拓されていたと思います。
・3p目まで、ムーブを見つけるのが難しく、12aにしては、理不尽なボルダーチックなムーブが連続して、とても面白いルートです。
・翌日登った、さかもっちんも面白いと絶賛していました。
・イエロークラッシュが混んでいる時とか、シルクロードに疲れてしまった方(笑)とか、ぜひトライしてみてください。

b0037220_23263443.jpg
〇 愛情(のない)スラブ(12a)
・このルート、難しいです。
・核心セクションが長いです。
・でも、指力ルートです。悪いフットホールドをスメアで指力に頼って登ります。そういう意味で、靴フリクションで登る、どスラブではないです。
・声出して登るスラブです(笑)。
・パートナーさまは、2つ目の核心こなしたら、もう、そのまま登ってくれ~と祈りました。みごとRP。よかった、よかった。
・続けて私もWPできたので、ヌンチャク回収しようとしたら、いつぞやのカサメリ沢のリトルサンシャインと同じパターンで、RPしろと司令が下りました。でも、雨降ってきて、トライすらできませんでした。ついてないのか?ラッキーだったのか?笑。
b0037220_23533934.jpg
〇 エクセレントパワーをRPするISMくん
・シルクの核心から全く危なげなく完登。おめでとうございます。
b0037220_00020764.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-11-05 23:20 | 小川山2017 | Comments(2)

2017年10月8-9日、再び夏の小川山

 体育の日の三連休でした。しかし、金曜日の夜から土曜日の朝にかけて、結構な激しい雨でした。睡眠不足も溜まっているので、土曜日はレストで日月で小川山へ向かいました。しかし、この土曜日レストというのは苦手です。結局早めから酒を飲んでしまって、早すぎる就寝となります。その早すぎる就寝だと、夜中に目が覚めて寝付けなくなってしまって、結局、睡眠不足で岩へ出かける、いつものパターンになってしまいました。

◇ 8日(日)
 先週、ようやく、TRで核心出だしが2回できたので、今シーズン一度ぐらいはRPトライをしてみようかと砦岩前衛壁へやってきたのでした。実は、もう一つ理由があったのですが、それは秘密です。しかし、今週は先週と違って、また暑くなってしまいました。
(1) お手伝いします(10a)、再登
・下部が濡れてました。
(2) 修行僧(12b)、TR掛け
・うわ~、湿っぽい。
(3) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(4) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(5) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
 結局暑くて何もできない、いつもの修行僧へ逆戻りでした。核心出だしムーブは下からでもリハーサルでも止まりませんでしたが、核心出だしから先のムーブは、かなり修正できて、ヌメヌメの状態でも、そこから終了点まで繋ぐことができました。少し寒くなってから、再度来てみたいと言う気持ちが少しわいてきました。まぁ、RPトライすると核心出だし止まらないのでしょうけどねぇ。悩ましい!
 夜は、あやちゃんがテントへやってきたので、おしゃべりしてました。テントのお隣さんは、あの声は?と思ったら、やはり、元気くん達で、さかもっちんにISMくんパーティでした。酒はウィスキーボトル1/4に抑えましたよ~。

◇ 9日(月)
 目標課題のない我々は二日目も悩みます。パートナーさまが、再度「愛情スラブ(12a)」を触ってみたいということで、それなら、じゃぁ「あれ!」触ってみるかなということになり、妹岩へ向かったのでした。
(6) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
・今日はブースティック使いそうなので、それでアップしたら、あっ、硬い! 寒くなって、ゴムが硬くなったみたいです。
(7) ニンポー(12d)、TR掛け
・ここまで来たものの、本当にやるのか迷いましたが、やはり再度さわってみることにしました。
・ムーブは全然できませんので、インチキ棒でTR掛けました。
(8) ニンポー(12d)、TR、ムーブ探り、回収
・ボルト3本しかないので、TRもすぐに掛けられます。そのまま、ムーブ探りをしました。
・1-2p間は、右手モニョモニョ中継して、右足上げて、水平ホールドへ飛ばしと妄想していたのですが、全然できません。
・2-3p間は、右手ガストンから左手サイド引き取って、左手左足から妄想していた足踏み替えは狭くてできず、そのまま体を二軸で水平にして、右手中継出しは?…
・うーん。H山さんからは、3p目までは何とかなりそうと感じると言われたのですが、それすら、なんもできません。
・これで、O岩・ハードショート・シリーズ終了でしょうか?
(9) 雨あがりの夜空に(12a)、ヌンチャク掛、ムーブ探り
・昔昔、一度だけ触ってみて、すぐにヌンチャク回収したルートですが、思い出して再度触ってみることにしました。
・1-2p間は相変わらず謎でしたが、2p目からは何とかムーブがわかりました。
(10) 雨あがりの夜空に(12a)、×、ムーブ探り
・2p目までいけるムーブを妄想して、そのままRPのつもりでしたが(笑)、妄想ムーブにはリーチが足りませんでした。
・何度も探って、1-2p間なんとかできそうなムーブを見つけて、次のトライに期待です。
(11-13) 雨あがりの夜空に(12a)、×、詰め甘
・出だしムーブ、2回ほど失敗したのですが、ホールドをブラッシングしたら、3回目に成功!そのままRPのはずが!
・中間のムーブ忘れて固まってしまいました。あちょー! ビレイヤーからの落ちろ光線もすさまじかった!

 ニンポーを再び探ってみましたが…どうも、シリーズ終了のようです(涙)。私ごときの保持力では話にならないようです。
 KBさん開拓の「雨あがりの夜空に(12a)」を思い出したように触ってみました。前回触った時は意味不明でしたが、探ってみれば何とかなりそうなムーブを見つけました。RCサクセッションファンとしては、このルートは登らないとねぇ。またトライしてみます。
  そして、来週末の天気予報を観ると元気出ない週になりそう。季節外れの秋雨前線かよ。がっくし。

〇 悩ましい修行僧(12b)
・悩ましい!ルート。
・核心出だしの右手ポンが止まったら、左足スメアエッジで左手頭上の指穴二つをVサイン形持ちで右足きざんで左足を核心出だしの左手ホールドに載せて、左手をダイクのジャガイモ角切ホールドで右足スメアして右手スローピーガストンへデッドで、左足乗り込んで、左手ダイクスプーンカットホールド取り。
・クリップは腰クリップになっちゃうかも!
b0037220_23203737.jpg
〇 愛情スラブ(12a)
・クラシックの愛情物語(8)の右側にある、新しく開拓されたスラブルートです。
・今日のコンディションで、できる気がしないのでパスしました。
・前回触った印象から、カンマンボロン・太陽の塔1p目より、スラビーで難しいような。
b0037220_23213120.jpg
〇 雨あがりの夜空に(12a)
・イエロークラッシュ(12a)の左下にある、KBさんのルートです。
・登りずらい! 出だしが12aとは思えない超理不尽ムーブです。今日は、カンテがヌメヌメで、フリクション悪くて苦戦しました。でも、おしかった。
・ムーブがあって、面白くて人気ルートになってもよいと思うのですが、キジ場の真ん中にあるのが玉にきずか。
・お願いです。ボルトが打ってあるルートの真下だけは、ウ〇〇しないでください。
b0037220_23221903.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-10-09 23:22 | 小川山2017 | Comments(4)

2017年9月30-10月1日、秋っぽくなった小川山

 ようやく秋っぽい週末になりました。私は土日で登れるのですが、パートナーさまは仕事で日曜日のうちに現地入りとのことで、土曜日はパートナーさまのトライのサポートで、日曜日はHR岩一家のお世話になったのでした。でも、まだ、ちょっと湿度が高かったかな。寒くなったけど、日向のルートは、あと5度ぐらい寒い方がコンディションがよいような。まだ、15時以降は湿気湿気でした。もう少しすると、昼間は乾燥気味でツルツルで夕方が丁度よくなる時期になるのでしょう。そろそろ、念のため焼石を持っていく時期ですねぇ。

◇ 30日(土)
(1) お手伝いします(10a)、再登
〇 修行僧のTR掛け&一張羅のヌンチャク掛け
(2) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(3) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り、2テン
・核心の出だし、そこだけリハーサルでようやく止まった。もう1回やってみた。そこだけリハーサルは2回できた。
・やはり、右足は小壷ホールドさして、左足は体真下のフットホールドに載せて、立って立って立って、かつ、左手は5時の方向に引く。そして、少し捻りっぽく体をさらに壁に入れる感じか?
・そのまま続けて、その上の本当の核心で再度落ちるが、左足は足切ってスメアじゃなくて、しっかりホールドに載せて、ここは右手中継を入れれば確率が上がるようだ。
・さらに核心は続いて、左手カンテを使うムーブでやっているが、正面から上がれない。
(4) 修行僧(12b)、TR、再び多テン
・うっ、雲がかかってきて、湿度が上がった。WPするつもりが、ボロボロ。やはり、このルートは状態に左右されやすい。

 気温が下がって、少しフリクションがよくなったら、そこだけリハーサルでムーブできました。しかし、これ下から繋いでできるのか?って、私にとっては、シルクロードより全然難しいです。だって、シルクロードだと下から繋いで、1/2ぐらいの確率で止まってたし、そこだけリハーサルなら100%成功していました。修行僧はそこだけリハーサルしてもほとんどできません。パートナーさまのサポートがあったので、このルート探っていましたが、この日RPしたので、ここへ来る必要はなくなりました。このルート、どうしますかねぇ。そのパートナーさまですが、時間があまったので、RP済みの修行僧をTRで遊んでいましたが、いとも簡単に核心出だしムーブをこなすではないですか?チキチー! ご機嫌のパートナーさまを信濃川上駅へ送ってから、ナナーズで買い出しをして廻り目平へ戻りました。ナナーズにはUS帰りのYI花ちゃんとコブくん夫妻と会いました。ラブラブ臭をお店中にまき散らしていました。廻り目平では、平なところに車を駐車できて、HR岩一家のテントにお邪魔しました。目標のないオヤジは案の定飲み過ぎました。

◇ 1日(日)
 二日酔いです。ナナーズで買ったジョニーウォーカー赤のボトルが半分以上なくなっていました。いや、まだ気持ちがよくて、二日酔いではありませんでした。マラ岩へのアプロ―チは酒臭くてしんどかったです。呼気にアルコールが入っているからでしょう。喉が渇いてしかたありませんでした。朝ホロ酔い気分で準備していたら、ノリノリ師匠とH山さんと会いました。ニンポーの情報を仕入れました。元気くんがマラ岩へやってきたので、ニンポーのビレイをしてもらいました。

(5) 屋根の上のタジヤン(9)、酔登
・気持ちがよくて脳天気な登りでした。
(6) ニンポー(12d)、ヌンチャク掛け
・チョークバック忘れました。ここまで上がってくるの大変で、そのままヌンチャク掛けです。
・いきなり、インチキ棒を背負って忍者です。
(6) ニンボー(12d)、TR、ムーブ探り
・プリクリップしないで落ちたら、そのまま奈落の底へ転がっていきます。
・1pにぶら下がった状態で、いきなり15mぐらいにいるみたいな。不安です。
・1-2p間は右足ガバで右手出したいのですが、左手ホールドの向きが悪くて、できない。スメアエッジでフリで右手出しか?しかし、その右手が悪い。
・その次の水平スリットホールドは持てて、2p目クリップはできそうで、そこから、右手ガストンで体水平にして左手ホールド取り。足踏み直して次の右手ホールドだろうけど? どこへ行けばいいのか?
・あ~、ここがH山さんが言ってた核心あたりか?ホールドっぽいホールドがない!ガチャガチャホールドばかりだ。そして、その次の左手ホールド?っぽいサイド?は、はるか彼方。
・終了点が見えなくて、終了点まで行けないんじゃないかと心配したのですが、終了点はリップのすぐ上でヌンチャクは回収できました。

 とりあえず、ニンポー触ってみましたが…ボルト3本。O岩ハードショートシリーズは進めば進むほど、ルートがどんどんチ〇ケになっていきます(笑)。特に、このルートはロケーションが…何と言ったらよいのか。他の2本は、初日に「あっ!」もしかしたら?という感触があったのですが、このルートは… 体重が10kgぐらい落ちたあかつきには、再度触ってみますかねぇ。

〇 ロッキーロードをトライする水戸のチエちゃん
・パートナーさまは、砦岩前衛壁「一張羅(12d)」をみごとRPでした。
・HR岩一家の狼おじさんは土曜日にシルクロード(12b/c)をRPしたとのことです。
・水戸のチエちゃんは最終便でロッキーロード(12a)をRP、来週からシルクロードとのことです。
・みなさん、おめでとうございます。
・NDDをRPして絶好調のHTさんもシルクロードのムーブは全て解決していました。
・マチコちゃんとアヤちゃんは、ブラックホール(12b)やってました。このルートも????だよね~。ロッキーとかシルクとかエクセレントとか、ノーマルなルートをトライしている人達がうらやましい(笑)。
b0037220_22465216.jpg
〇 一張羅(12d)をトライするパートナーさま
・こっそりと、花崗岩で、グレード更新。
b0037220_16590100.jpg

きん

by Climber-Kin | 2017-10-01 22:47 | 小川山2017 | Comments(2)

2017年9月23-24日、湿気湿気の小川山

 金曜日の夜から朝にかけて本降りの雨で、またまた微妙な週末になってしまいました。雨が降ったとは言え、朝から雨はやんで午後からは晴れる予報だったので、いつも通りに出発しました。岩が濡れてて、すぐには登れないはずなのでナナーズ川上(9:00開店)へ買い出しによったのでした。ナナーズの駐車場では、もう廻り目平へ行ってきた元気くんとISMくんが戻ってきていました。小川山はガスガスのびしょ濡れとのことで、甲府幕へ向かうそうです。甲府幕なら何かは登れるかもしれないのですが、このパターンで登れるルートって、あれがあるけど... 結局、午後から登るつもりぐらいで、廻り目平へ向かったのでした。廻り目平に到着すると、S木S一さんと久々に、ばったりお会いしました。お元気そうで、なによりです。

◇ 23日(土)
 昼近くになっても、まだ岩が黒い! どこへ行くか散々迷いましたが、マラ岩は大盛況のようなので、同じく露出の多い、おむすび山スラブ&屋根岩1峰へ向かったのでした。5峰は遠いしね。

(1) おむすび山スラブ・無名ルート(10a)、TR
・靴慣らしです。ミウラXXの足さきはツンツンでスメアできずに出だしムーブこなせません。
・仕方ないので、思いっきり指の力を入れて、出だしムーブこなしました。指痛ぇじゃねぇか!
・足指も痛~い。
(2) おむすび山スラブ・無名ルート(10a)、TR
・今度は、カタキで登ります。こうやって、傾斜の緩いスラブを登ると、本当の靴の硬さがわかります。
・思ったより、グニャグニャじゃん。これ。やはり、前傾壁用か?
〇 ムーランルージュ(11e)、ヌンチャク掛
・バイスクルダイクへ移動しようかとも思ったのですが、もう時間もないので、近くのこれに。
(3) ムーランルーシュ・RIGHT(11c)、TR
・下から青の小さいの下向きでヌンチャク延長。次が緑、その次は青#3かな。
・でっ、正規ムーブでなく、右寄りムーブは? あ~、なるほど。右足は押すんじゃなくて、掻き込むのね。
・しかし、今日の核心はこの上だった。湿気湿気でモニョモニョホールド、全然持てません。

 そろそろ夜は寒いだろうからテントの中で食事しようということで、大きなテントを持ってきたけど、今晩は全然寒くありませんでした。このところ車で寝ていたのですが、久々の大きなテントは快適でした。HR岩夫妻の訪問を受けました。白州ウィスキー少しもらいました。シルクの核心ムーブのコツがわかったとのこと、翌日はRPしたのかな?

◇ 24日(日)
 予定通り、砦岩前衛壁へ向かいました。今日は、隣(酒乱)の隣(びんたマン)の隣(プロジェクト)の隣のルートも触ってみようとヌンチャクを沢山持ってきたのですが、ザックが重くてアプローチでヘロヘロになってしまいました。

(4) お手伝いします(10a)、再登
(5) 修行僧(12b)、ヌンチャク掛&一張羅TR掛
(6) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
・うーん。相変わらず、左手スローピー触った瞬間から、指が逃げていく。
(7) 武勇伝(13a)、ムーブ探り、敗退
・最近UR野さんが、2撃していたので、もしかしたらと勘違いして触ってみました。やっぱり勘違いでした。
・うっ、やはり。見た目通りの薄被り系ルートでした。こんな湿気っぽい日に触るんじゃなかったかな。
・しかし、芸風じゃないことが、しっかりわかりました。
(8) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
・再び、こちらを触ってみました。
・最初の核心は、足開くのでなくて、左足をみんなのフットホールドに載せて、立って立って立って寄せて、手だけだしなのですね。右手は、手前に引ける一番上の部分。あと、もしかして、左手は5時の方向に引いたほうが、体が右へよるのかも?
・右手はホールドまで届きましたが、場所がNGで、ズリっと落ちました。
・さらにやる気をなくさせている。その上の本当の核心ですが、あ~、足つま先エッジングで遠い二本指穴ホールド取って、さらに右足を足つま先エッジングで右手デッドができるかも。ミウラXXの威力ですねぇ。
・その上は、左指1本まるごと入る穴ホールド発見。核心ムーブができないながらも、少し前進してしまいました。

 昔のこの時期の小川山は、いきなりコンディションがよくなって、岩が冷たくなる前の一番良い時期だったのですが、最近は変わってしまいましたね。目標ルートのない自分は関係ないんですが(笑)。
 砦岩前衛壁ですが、びんたマンはめちゃくちゃ難しいし、武勇伝は芸風じゃないみたいだし。修行僧は相変わらず登れる気配がないのですが、もう少し通うことになりました。

〇 修行僧(12b)
・カメラは持って行ったのですが、CFカードが入ってませんでした。がっくし。写真は、6月に触った時の写真です。
・パートナーさまは、左のカンテライン「一張羅」をWPしてました。
b0037220_00315085.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-09-25 00:32 | 小川山2017 | Comments(3)

2017年9月18日、台風一過の小川山

 三連休で、3日間キャンプ&クライミングのはずだったのですが、台風18号が連休中に日本を縦断しました。がっかりでした。
 17日(土)は、ベースキャンプでした。18日(日)は、朝から雨でしたが、急遽、車のオイル交換をいれました。この雨がチャンスとばかりにディーラーへ行ってきました。19日(月)は、夜中のうちに加速した台風が抜けて、花崗岩で乾きの早い、露出しているマラ岩か屋根岩とかなら登れれるだろうと思っていました。雨が上がったばかりで、温かい湿った強い南風が吹いていましたが、廻り目平へ向かって出発しました。どこへ行くか、悩みました。廻り目平に到着すると、岩は結構な勢いで乾き始めていました。南寄りの湿った風が弱冠ひっかかりますが、ここまで来たら行くしかありません。パートナーさまの希望で砦岩前衛壁へ向かいました。

(0) 修行僧と一張羅のTR掛け
・いつもアップに使う10aはびしょ濡れでした。
(1) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(2) 脱走修行僧(?)、TR、ムーブできた!
・「ムーブできた!」って、核心セクションがあまりにできないので、右カンテと右壁使って終了点まで行ってみました。できました! 新ライン名は「脱走修行僧(11b)」です。
(3) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
・6-8p間ができません。6-7p間が全然できずに困っていますが、右手ポン!が止まったとして、次のピンまでが核心のようです。8p目までいけば、何とかなりそうです。

 「武勇伝」触ってみたかったのですが、成り行きで、またまた「修行僧」を探りました。しかし、指汁もひどく、何もできませんでした。もう、このルートはやらなくてもよいのですけどねぇ。成り行き的に触る機会が多いです。
 みんな、よく、これこなせるなぁ。花崗岩登れない12bシリーズですが、こっそり書くと次のルートです。要は花崗岩チックなネチネチ垂直系12bは登れていないってことです(笑)。
① 修行僧(小川山・砦岩前衛)
② こんにちわおっぱい(小川山・屋根岩5峰)
③ 睦月誕生(小川山・ローリングストーンの岩場)
④ ちゃっかりどんべい(小川山・きつね岩)
⑤ マスターオブザゲーム(小川山・カサメリ沢)
⑥ 無職の夏休み(小川山・ゴジラ岩)
⑦ ムーランドラギャレット(カサメリ沢)
 エクセレントパワー(13a)を登れても、修行僧(12b)は登れない。力The大岩(12c)を登れても、こんにちわおっぱい(12b)は登れない。ナイト・ディジィ・ダンス(12c)を登れても、マスターオブザゲーム(12b)は登れない。花崗岩は厳しい! じゃなくて、得意不得意というか、ムラというか。とにかく、自分の不得意が多すぎだろう(笑)。

〇 修行僧(12b)と一張羅(12d)
・最初の核心の右手ポンで一つわかったことがありました。左手引きつけてやれば、お尻が落ちないで、右手ポンと出せることは出せるようです。
・バリバリのフリクションでは触ったことがありません。もう、やめた!と言う前に、状態が最高の時にも触ってみますかね。今目標ルートありませんから(笑)。
b0037220_23432456.jpg
〇 17日(土)のベースキャンプ
・久々にM下夫妻と会いました。
・そういえば、池ちゃんも久しぶりだったり。
・久々のジムのルートをやってみました。10dと11bを登れましたが、難しさの差がわかりませんでした。どちらもカラータイマーぎりぎりでした。
・その後にやったボルダーが、前腕モヤモヤでなんとも奮闘的でした。
b0037220_23444434.jpg


きん

by Climber-Kin | 2017-09-18 23:45 | 小川山2017 | Comments(4)

2017年9月2日、またしてもすっきりしない小川山

 昼から晴れるとおもっていなのだければ、、午後も曇り気味で、湿気湿気だった。何もできませんでした。何年か前に触ってみたものの、相手にされなかった、あのルートですが、とりあえず触ってみるかと、また触ってみたのですが…

(1) 紅葉(10a)、再登
〇 めおとカンテ(13a)、TR張り
(2) めおとカンテ(13a)、TR、ムーブ探り、何もできない
(3) めおとカンテ(13a)、TR、ムーブ探り、何もできない
(4) スケアクロー(11c)、再登
・ヌンチャク回収で、登った。
・10年以上前に登った時は、ハーケンのところから左回りで登ったが、そこを右回りで登っていみた。登れるみたい。
・最後終了点直下をボルト沿いで登ると、めちゃくちゃ難しい気がします。

〇 相変わらず相手にされないめおとカンテ
b0037220_21381630.jpg
〇 スケアクローをオンサイトするリハビリ中の元気くん
・米国?の有名アルパインクライマーの接待みたい。
b0037220_21391108.jpg


きん


by Climber-Kin | 2017-09-04 21:32 | 小川山2017 | Comments(4)

2017年8月27-28日、何もできなかった小川山

 二子山部屋、廻り目平宴会の週末でした。排他的でもないし、広く誘うような人達でもない集まり、所謂友好的でもないような。まぁ、気心知れた、知り合いクライマー同志の集まりで、誰でも参加OKの集いでした。今回も急遽、UR野さんと元気くんが参加でした。私としては、クライミング復帰の2週目なので、ビシっと行きたいところだったのですが、なかったことにしたいような登りになってしまいまいました。

◇ 27日
 迷いに迷って、リハビリ後、12aのスラブへ挑戦でしたが、スラブでは何もできませんでした。ヌンチャクかかってるシルクロードを久々に触ってみましたが、このルート、ザッツ花崗岩ですね。フットホールドがスメアフェースで前腕力入りまくりで前腕はりました。核心ムーブはヌメヌメで、できる気配なしでした。このルートを登ったころの自分は強かったんだなぁと感心した次第です(笑)。

(1) 屋根の上のタジやん(9)、再登
(2) 妹岩、KT山さんの新ルート、スラブ(12a)、TR掛
・4-5p目あたりから何もできません。
(3) 汁苦ロード(12b/c)、遊び

〇 12aのスラブ
・私は何もできませんでしたが、パートナーさまの登りが光ました。また来たいそうです。
b0037220_21175132.jpg
〇 汁苦ロードを詰めていく狼おじさんことHR岩ダンナ
・いいなぁ、こんないいルートを本気トライできるなんて。
b0037220_21185258.jpg


◇ 28日
 迷いに迷って、唐沢の滝へ。2峰へ行けばよかった。暑いだろうと思って、涼しいはずの唐沢の滝周辺の岩場だったが、リハビリにいいだおろうと思っていたスーパーガールだったが、アプローチの9のスラブのボルト位置が悪すぎる!続けて、11cのスーパーガール触ったが、テラスにグランドフォールしそうで、NG。パートナーさまに上がって来てもらったが、出だし核心? まぁ、いいや、敗退。

〇 スーパーガール
・アプローチの9のスラブが超難しいというか、ボルト位置が悪すぎないか。
・2p目クリップしたが、フォールしたら、テラスに激突だし。そのまま上がると、ロープが出てこない。
・出だし不明だった。敗退。
b0037220_21193607.jpg
 午前中に下山して、そのまま帰ってしまいました。飲み会だけになってしまった、何だか、すっきりしないクライミングでした。

きん


by Climber-Kin | 2017-09-04 21:09 | 小川山2017 | Comments(2)

2017年8月19日、クライミング再開の小川山

 当初の予定では沢登り後、小川山か瑞牆でそのままリハビリクライミングの予定でした。8/16(水)に誰もいない植樹祭公園に泊まりました。8/17(木)の朝、甲府幕岩なら登れるかなと思いながらも、10時間×4日間の体のダメージはまだ残っているし、壊れた旅行鞄の買い物とか床屋とか、やりたいことも多いので一度帰着するかなと帰ったのでした。
 そして、夏休み最後となる週末も微妙な微妙な天気でした。しかし、マラ岩か屋根岩5峰なら登れるだろうとリハビリクライミングに小川山へ向かったのでした。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、MS/再登
・2ヶ月振りのクライミングは、足痛い! 何この小せぇ靴! 笑。
(2) レギュラー(10c)、MS/ワンテン
・腕に力入りっぱなしで、次のホールド探していたら、前腕張ってしまいました。テンション。
(3) ブルースパワー(11c)、TR、ムーブ探り
・核心ムーブが全然わかりませんでした。もうイイやと焼けにならずに、粘って何とか解決。
・上部は左へ回らないとNP取れなくて、超ランナウトするけど、まっすぐ登っちゃった方が登りやすい。
(4) ブルースパワー(11c)、TR、ワンテン
・WPするつもりだったのですが、核心で指汁に耐えられませんでした。

 久々のクライミングでしたが、体が重い割には動きました。指皮がふにゃふにゃで、すぐに指汁ドバーとでてきてしまいました。次回から目標ルート探ししますかね。
 夕方、廻り目平から川上村一帯は、雷雨で大雨でした。翌日はカサメリ沢へ行きました。しかし、あまりのしっとり感で引き上げてしまいました。引き上げる途中に沢山のパーティが上がってきました。久々にお会いする群馬組とか目がキラキラしています。ここ最近では、今日は一番天気がよいとか。あー、こちらは、今までずっと雨だったのですね。久々のクライミングのこちらは、まだ、クライミングのシーズンじゃないのか? と思ってしまいました(笑)。

ブルースパワー(11c)
・25年前、初11cを目指して、このルート、何度もトライしました。登れませんでした。このルートとカサメリ沢のプラチナム(11c)を並行してトライしてましたが、いずれもRPできませんでした。
・ブルースパワーは難しいです。これじゃ、昔登れなかったはずだ。と妙に感心したのでした。
・HR岩家と1日、一緒に遊びました。
b0037220_06261567.jpg
〇 汁苦ロードを探るHR岩ダンナ
b0037220_09140504.jpg
b0037220_09142939.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-08-22 06:24 | 小川山2017 | Comments(0)

2017年6月17日、小川山

「登れない12bシリーズ、成り行きで再び」


 今週は例年なら梅雨真っ最中のはずで、それを見越して、パートナーさまが帰省を入れてしまいました。しかし、雨は降りません。土曜日はこーたろーさんに混ぜてもらいました。てっきり兄岩かと思っていたら、砦岩前衛壁でした。ビンタまんでも探ろうかなぁと思っていたら、デカムーブアナライザーWTRさんが上がってきたのでした。ということで、もう一度、あのルートのあのムーブをやってみることにしたのでした。

(1) お手伝いします(10a)、MS、再登
(2) 修行僧(12b)、Tr、ムーブ探り
(3) 修行僧(12b)、Tr、ムーブ探り

 結局、今日も核心入りのムーブはできませんでした。いろいろやってみたのですが、右手は一番上のカチで右足をスプーンカットホールドへ、左手クロス添えから左足を真下のフットホールドに上げて左手スローピーホールドから右手カチへデッドがよさそうです。3回ほど右手ホールド触りました。あと2cmぐらいで指が回り込みそうです。もう少しフリクションがよければ止まるかもしれません。
 それと、もう一つ発見がありました。垂壁系の12b以上のルートって何登ったんだっけ?と思い起こせば、シルクロードだけ? あっ、私は垂壁系の限界グレードは12aなんだ。あーそういうことか! 修行僧のムーブができないことを妙に納得してしまったのでした。あれっ? 隣のルート登ってるか。

〇 一張羅(12d)を探るこーたろーさん
・ほぼムーブ解決できたようです。
b0037220_22480903.jpg
〇 修行僧(12b)を探るWTRさん
・左手スローパーから右手デッドでなくて、左手クロスですか~150.png。それは私のカチ力では、ちょっとできないです~140.png
b0037220_22482862.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-06-18 22:49 | 小川山2017 | Comments(2)

2017年6月10日、とても寒かった小川山(2)、磁力RP

「エピソード2」

 週の半ばに関東も梅雨入りしてしまいました。まさに梅雨のような空模様になってしまいました。それでも、週末は雨が降らいないような予報でした。しかし、朝のラジオの天気予報を聞くと、冷たい空気が上空に流れ込み、大気不安定で午後からところにより雨との予報が流れていました。今日は午前中だけの勝負になるかも…
 結局、終日風が強く、午後から、たまにポツポツと降ったりやんだり、結果的には寒いのを我慢すれば、岩は冷いけれど、この時期としては、めずらしく良いフリクションでした。だけど、風で体温を持っていかれました。寒かったです。そして手が冷たいこと。最後の便は焼石で手を温めてからスタートしました。

(1) ままこスラブの左(10a)、再登
・2-3p間が登り辛い。登った後、反対側の磁力の終了点へ行き、ヌンチャクを掛けた。
(2) 磁力(12d)、アップ兼ムーブ確認
・いきなりトライしても寒くて体は動かないだろう。ムーブ確認とクリップ体勢の確認をしながら、一応全ムーブのリハーサルをして終了点まで抜けた。
(3) 磁力(12d)、×
・2p目クリップで左手横引きだとバランスが悪くて右手離せない。下引きにしたら、何とかクリップできたのだが、随分力を吸い取られた。
・デッドデッドデッドとムーブを繋いで、長テープで延長した3p目クリップは何とか成功!
・2個目の弁当箱ホールド取りは?はずれた。あー!よれていた。2p目クリップで余力を吸い取られ過ぎた。
(4) 磁力(12d)、×、2p目クリップムーブ再探り
・天気が怪しくなってきた。空は真っ暗で強い風が吹いている。これで決めないとまずいなぁ。
・しかし、2p目クリップができなかった。落ちた。グランドフォールはしなかったが、思いっきり、壁に足が着いた。
・まずいなぁ。1トライ目はできたのに、少し指皮なくなったらできなくなってしまった。探りモードになってしまった。
・ふと最初の日に思いついた左足ニーバ―は? ニーバ―すると、体を落とさないと効かないのと腰が下がってしまって、次のホールドは取りに行けないのでNGにしたのだが、クリップならできるかも?あっ!できた。
(5) 磁力(12d)、×、弁当箱ホールド取りでまたしても落ちる
・今度は、2p目クリップは成功して、長テープで延長した3p目クリップも成功して、1トライ目に落とされた2個目の弁当箱取りは?またしてもやられた!
・あー、右足にしっかり乗り込み、左足スメアで固めて固めて、手だけだしのイメージか。なるほど。
(6) 磁力(12d)、RP
・これでクリップ含めて、ムーブは固まった。あとは、ヨレが勝つか?慣れが勝つか?
・そして、2個目の弁当箱ホールドを取ってからも、もう1回キワドいデッドと遠いデッドがあって、よれて、終了点クリップも危なかったのですが、セーフ! 登れちゃいました。

 梅雨入りして、今日登れなかったら、秋にシフトだったでしょう。先々週、先週、今週のここ3週間は、6月にしては、小川山は非常に低温で岩のフリクションがよくてラッキーでした。ここ3年ほどは、5月から真夏並みに暑くなってしまって、シーズン終了的な感じでしたが、今年はちょっと天候が違うようです。持久力勝負の暗~い二子から解放されて、ムーブ解析にムーブ組立、ムーブ勝負の2ヶ月でした。一手もレストできない、誰にも平等なルート。持久力関係ないクライミングって、幸せ~!

〇 磁力(12d)
・ムーブ作りに加え、2p目のクリップと3p目のクリップ方法を自分なりに見つけ出さないといけないです。3p目クリップ失敗するとじゃなくて、3p目クリップ当たりのムーブは全てきわどくて、落ちる可能性が高くて、しかも、そこでフォールするとグランドフォール、間違えないです。過去に何人もグランドフォールしているようです。あのトキオちゃんも骨折したとか。
・私はボルダーマットを引きました。先が尖った危険な岩がゴロゴロしてます。後ろの白樺からロープを引いて、フォール時にビレイヤーが引っ張られて浮かばないように、アンカーを取ってもらいました。
・このルートは、どんどんホールドが欠けていきます。逆層ですから、仕方ありません。
・花崗岩逆層ルート、ある意味、花崗岩のエッセンスがつまっているようなルートです。
・テク二カルな「力The大岩」と比べて、フィジカル色が強いです。手数が多くてルートらしい「力The」に比べると手数が少なくて短く感じます。
・写真は、磁力(12d)のムーブ探りをするこーたろーさんチームと一緒に来ていたO澤さんです。こーたろーさんは「めおと」トライ。あやちゃんはマミトライ。
b0037220_22491449.jpg
〇 じゃんがら(11b)
・パートナーさまのルートは、フットホールドが2回欠けて、延長になってしまいましたが、本日RPでした。よかった!よかった!
b0037220_22495631.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-06-10 22:50 | 小川山2017 | Comments(8)