<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2005年5月31日、B-PUMP

5/31、B-PUMP、2時間

昨夜は、お手伝い仕事ではまり終電を逃す。週初めから徹夜とはさえないので、3時30ごろに御茶ノ水のホテルへ向かい、寝た。4時間でも寝れた分少しはましだ。仕事は、早めに切り上げB-PUMPへ向かう。そして、B-PUMPは週末のドラゴンギグの課題テープが残っていた。全面課題だらけである。8級から登り始める。6級ぐらいから、いくつかで既にはまりはじめる。5級でも、いくつかはまる。4級にいたっては登れる課題がない始末。グレードはかなり乱れていて、あまり気にしない方がよさそうだが、全般に辛い。T助さん、M谷さん、K島さんはじめ、知り合い、顔見知りクライマーといたるところでセッション状態になり、ハイペースでトライし続けてしまう。あっという間終わってしまったようだ。しばらくは課題テープは残っているだろうから、しばらく、こちらの課題をトライしよう。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-31 23:58 | B-PUMP | Comments(2)

2005年5月28日、河又

5/28、河又

もともとは、午前中会社会議の予定だったが、急遽なくなっため、B-PUMPでの顔なじみT助さんのグループの河又行きに、参加させてもらうことになる。初顔合わせのI本さんと合計3人のパーティである。クライミングの輪を広げていくのは、とても楽しい。いろいろと話をすると、共通の知り合いのオンパレードである。やはりクライミング世間は狭い。岩場に着くと、河又での顔見知りチームも来ていた。

(1) 忍吉(9)、再登
一本目は、力が入る。今日は指がいたい。昨日の雨のせいか、ホールドが弱冠滑りやすい。

(2) ディスコバージョン(10b)、RP
ようやく、このルートを正しいと思われるラインでRPを決める。前回解決した手順はすっかり忘れていた。やはり、結構難しい。

I本さんがモスグレイハンドをトライする。やはり核心部分で苦労していた。私が登った際のムーブを説明したところ、合ってていたようだ。ムーブを解決する。それを見ていたT助さんも、トライするつもりはなかったようだが、見ているとやはりやりたくなるものだ。トライすることに。私も、見ていると、また触りたくなったが、一度RPしているのだから、もう一度登るなら今度はMSでトライしたい。昼飯後、そしてスネークジュニアだ。T助さんに先にヌンチャクをかけてもらいながら、ムーブを研究させてもらう。うーん簡単そうに登る。だが、MSだと3本目のクリップが極端に悪くなるようだ。また、最後の手順が左をつかっていいのか?で迷いがあるようだ。

(3) スネークジュニア(11d)、×
初トライ。出だしのハングで、思いっきり力が入る。迫力がある。一本目プレクリップで2ピン目までは何とか行ける。必死だ。指がめちゃくちゃ痛い。やはり11dは簡単ではない。3ピン目クリップは、どうにもバランスが悪い。ヌンチャクをつかんでしまった。そして、終了点にかけての核心部だが、解決できず、大きく左へ逃げて、土を落としながら、何とか上まで抜ける。ここまで左へ逃げるのはさすがに反則だろう。それにしても、この初トライは疲れた。

河又で顔見知りになったT田(屋?)氏に最後のムーブ部分を聞いてみる。さっきのT助さんの手順でよいようだ。そしてT助さんは、次のトライでみごとRP。おめでとうございます。I本さんは、もう一度モスグレイにトライするも、前半の核心で力を使って、上部の穴ホールドを取りに行くところでフォール。私がたどった過程を順調に歩んでいる。ムーブはかたまったので、次回はRPでしょう。

(4) スネークジュニア(11d)、×
2度目のトライ。出だしをT助さんの手順でトライするが、私には狭いようだ。やはりヒールフックにする。各駅でムーブを固める。2ピン目から結局各駅になってしまったが、3ピン目クリップは、少し重心をおとすとできるようになる。最後の手順も自分なりにアレンジして簡単化できた。ムーブが固まる。

(5) スネークジュニア(11d)、1テン
ムーブは固まったのだが、前の2トライで指にきていたようだ。やはり11bとは違う。2本目で固めて3本目で!というようにはいかない。最初のハング部分で、これは駄目かなと予感が走る。3ピン目クリップしたところで、これは、つっこめないと判断してテンション。手を休めたところで、終了点へ。力が残っている状態なら、いけるような気がする。いつもなら、4便目トライとなるところだが、今日は無理だと判断。無意味に便数を増やすのはやめよう。本日終了。

今日は、T助さん、I本さんと初パーティ。3人とも同じグレードのルートをトライして、とても楽しかった。スネークジュニアもこんなに早くムーブを固められたのも、T助さんのおかげだ。またいきましょう。そして、次回はスネークジュニアをおとしたい。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-28 22:13 | 河又 | Comments(9)

2005年5月24日、B-PUMP

5/4、B-PUMP、1時間30分

今日は、前前前々会社の山岳部の総会&飲会。その前にB-PUMPで登る。まぁ飲み会に多少遅れてもかまうまい。私にとっての超苦手系左指カチ課題、茶色(3級)を登れる。本当の核心はその前なのだろうけど。その他、苦手指カチ系4級、3級をトライするが、この一本だけ登れた。最初は違和感があったが、やればできるじゃん。という意味で私には深い一本だった。やれば、カチ持ちも慣れてくる。次回もカチ系3級、4級を克服しよう。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-24 23:32 | B-PUMP | Comments(3)

2005年5月22日、B-PUMP

5/22、B-PUMP、3時間

米国に住んでいる女房のおばさんが、夫と孫をつれて日本へ旅行に来ており(孫といっても、大学を卒業して次はマスターへ行くということなので、もう22歳だ。)、土日は、家族全員で青梅のホテルに泊まり、おもてなし。土曜日は、藍染め体験や日原鍾乳洞へ案内する。昼食は御岳いもうと屋へ行く(味は上品でまぁまぁよい。有名なだけある。いいお値段だ。)。何人かがとけたソフトクリーム岩をトライしているのが見えた。日原鍾乳洞の帰りに白妙を道路から観察すると、何人かが登っていた。たまに外国人が来ると、トラディショナルな日本風のところへ連れて行くのだが、寺などみても歴史的な背景がわからなければ面白くないだろう。高級日本料理もなかなかテーストが合わない人が多いようだ。今回の御岳はまぁまぁよかったようだ。水に入って喜んでいた。また、高級日本料理屋より居酒屋へ連れて行くのがよいと思うのだが。そっちのほうが普通の日本文化だと思う。次は京都の知り合いへバトンタッチなので、日曜日東京駅まで送っていき、帰りにB-PUMPへ行く。
金曜日は睡眠時間3時間で、最低の結果だったが、今日も、まだ疲れを引きづり、成果のないボルダーになってしまった。新しいエリアで見逃していた5級を苦労して登る。2級、3級は今日は登れるわけがない。以前登った4級を何本か登って終了。終わりがけに顔見知りのカップル?に苦しんでいた4級課題の手順を教えて、ありがたがられる。完全レストが必要かなと感じる。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-22 22:44 | B-PUMP | Comments(2)

2005年5月20日、B-PUMP

5/20、B-PUMP、2時間

2級ではまる。3級でもはまる。1テン地獄。最後に以前登った4級を何本か登って終わる。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-21 00:02 | B-PUMP | Comments(0)

2005年5月18日、B-PUMP

5/18、B-PUMP、1時間30分

いつもだと火曜日のはずなのだが、昨日は臨時の他プロジェクトのお手伝いで、遅くなってしまった。めずらしく水曜日にB-PUMPへ行く。思ったほどは混んでおらず、水曜日の常連が登っている。なぜか火木に顔をあわせる人も多い。こいつらは毎日登っているのか。うまくなるはずだ。私からすると、毎日登れる体力と指を持っているのがうらやましい。適当にウォーミングアップした後、予定通り2級をトライする。前回登れなかった右奥のスローパー課題、緑■だ。途中まで顔見知りクライマーといっしょにトライしていたのだが、あきらめて抜けられてしまった。自分のペースで何トライか、ようやく登れることができた。やはり体をいかに壁の中に入れ込むかのようだ。久々に2級をおとすことができた。次の2級はと物色するが、なかなか登れそうな課題はない。そこで、私の「ムーブ試行マシン若者I君」にお買い得2級何本かとムーブまで教えてもらう。次回トライしよう。何度かトライして登れていなかったカンテの茶色3級課題、できない箇所をしつこくムーブ解析。I君にも違うムーブを教えてもらったが、ヒールがぬけなくなりそうで恐いので自分のムーブで解決する。これも体を壁際によせてから手を伸ばすことがポイントだった。閉店間際、核心でホールドがとまった。もらいと思いきや、最後の一手あわてて取りに行き落ちてしまう。もう一度、そこだけスタティックに取れることを確認して、再トライ。そして、今日の最後のトライで、ようやくおとすことができた。新しい右奥のエリアはグレードがめちゃくちゃとの評判があるようだ。今日も、その筋の人々が大勢、普通の2級をトライして、おとされていた。

若者I君がモスグレイハンドをトライしているようだ。最後のジャミングホールドでおとされたとのこと、次は登ってしまうだろう。手ごろな11dはないかと聞かれる。こっちが聞きたいところだが、今度スネークジュニアをトライしようと思っていると答える。彼はクライミングは慣れていないのだが、毎日かよって急速に強くなってきている。そして2級1級をバンバンおとしている彼のことだから、スネークジュニアを登るぐらい、補って余りあるだろう。先にやられるだろう。教えるんじゃなかったかな。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-18 23:59 | B-PUMP | Comments(2)

2005年5月15日、河又

5/15、河又

FJさんと先週に引き続き、河又へ行く。今日は天気に翻弄される一日だった。降ってはやんで、晴れ間がのぞくと、また降り出し、また晴れる。今度は雷が鳴り出し大雨に。だが、また晴れ間が見えてくる。そして、また小雨が降る。そのな中、ルートにも翻弄されながら、不完全燃焼気味の一日だった。FJさんはデザートソングを2回で完全燃焼したようだ。

(1) タワーロック/ノーマルルート(5.8)、FL
傾斜もないルートだが、一本目で力が入る。

(2) タワーロック/モスキートカンテ(5.9)、FL
5.9だが迫力がある。登ってみれば、後半は大ガバなのだが、迫力におされ力を使う。

(3) タワーロック/ハピネス(11a)、×
恐い。モスキートカンテを降りる際に1本目にロープをかけてのトライしだったが、ボルトと自分を信用できずに、踏み切れず。ムーブもバランシーで勇気を出せずにテンション。もう一度トライするか迷ったが、やめてしまった。精神面での課題ルート。あとから、2便目トライしておけばよかったと後悔しきり。FJさんはオンサイト。こういったバランシーなルートで力を発揮する。お見事です。

(4) シュテファンフェース/おむすびころりん(10b)、OS
ハングをガバからガバへ。きもちいいルート。

(5) シュテファンフェース/ゆで卵(11b)、敗退
1ポイント11bは手強い。かぶっている。ホールドももろい。雨も降ってきた。途中、FJさんと選手交代。が、やはり難しいようだ。そんなことをしていると雨が強くなってきた。FJさんが10bを登り撤収すると、晴れ間が出てきたが、やる気もおきず、こうもり岩へ移動することにする。

(6) H・E(11a)、RP
前回最後にヘロヘロになりながら、登っておいたルート。今回は少し力が残っている。指が途中しなって痛かったが、なんとかRP。このルート、ムーブがあっておもしろい。左側の限定がなければ、星がついてもおかしくないのだが。

ここで雷が鳴り出し、大雨となる。モスグレイハンドの下で雨宿り。コーヒーを飲む。かなり降り続けたが、傾斜が被っているルートは問題がないようだ。雨がやんだので、スネークジュニアへ向かうが終了点付近が濡れている。断念。デザートソングかドラゴンストリートで迷うが、FJさんがデザートソングを登りたいということで、デザートソングをトライすることになる。FJさん、かなりの試行錯誤を繰り返し、核心部分のムーブは解決したが、その次で力がなくなり、最後のボルトへ行き着けない。

(7) デザートソング(12a)、×
あまり乗り気ではなかったが、回収できなくなる可能性もあったので、ロープは引き抜かず、途中までトップロープ、途中からリードで取り付くことにする。核心部分は難しい。今日の状態では、こなせなかった。雨のせいで、ホールドも滑りやすいようだ。核心部分をごまかして、何とか上までは抜けた。

タワーロックは玄人向けルートが多いようだ。グリーンティは絶望的で取り付けなかった。どうみても11bには見えないのだが。FJさんも???のようだ。成果なしで終わる危惧もあったが、H・E(11a)をRPできた。デザートソングは触ってしまったが、現時点で可能性があるかどうかはわからない。核心は4手ほどで、後半は比較的大きなホールドで最後1/3は問題ないようだ。だが、核心がこなせるかどうかが(今日はできなかった。)?? やはり11dを登ってから取り付こうと思う。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-15 20:51 | 河又 | Comments(2)

2005年5月12日、B-PUMP

5/12、B-PUMP、1時間30分

やはり木曜日は人が多い、おまけに雨でホールドはぬめり気味。元EジムのHっちゃん、I川さん、FJさんに会う。いつもの常連も多い。赤(5級)を1本登った。これで、新しいエリア5級は全て登れたようだ(マントル課題の5級はまだ。)。紺(4級)も残るは2つだが、一方は出だしが狭く、2手目がでない。もう一方は、かぶり指カチ系でやる気がしない。茶色(3級)をトライするも、やろうとしていた課題は考えていたムーブでは不可であることがわかる。仕切りなおし。簡単だという奥にある緑■(2級)をトライする。できそうでできない。結局、これ一本で終わってしまった。おまけに登れなかった。このエリア、トライすべき5級、4級課題がなくなったので、次回からパターンを変えて、2級中心でトライしながら3級を間に入れるというパターンに変更してみようと思う。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-13 00:11 | B-PUMP | Comments(1)

2005年5月10日、B-PUMP

5/10、B-PUMP、1時間30分

まだ、日曜日の疲れが残っている。昨晩あまり寝ていないせいもある。指も痛い。最近いいペースでクライミングできているが。一方で、体の疲れ、特に指の痛みが回復しないまま登り続けている。いけたらいけたで、体が続かない。難しいですね。今日も、いつものパターンで新らしい壁で5級から2本づつ登っていく。が、体が重い。指が痛い。5級と4級をなんとか2本づつ登れたころには22:30になってしまった。次回登れそうな3級を物色して終了する。苦手パターンばかりが残ってきた。今日の紺■の豆腐ホールドは典型的な苦手パターンだが、集中して登ると次のホールドがとまる(デッドぎみ)。やはり気力の要素が大きい。集中力で筋動員数が上がるのだろう。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-11 00:16 | B-PUMP | Comments(3)

2005年5月8日、河又、タコRP

5/8、河又

今日は、金毘羅岩という案もあったが、結局、K寄さん達は金毘羅岩へ、私とFJさんは河又へ行く。こうもり岩での登れそうな課題が減ってきた。今日は、畑、スネークジュニアと取りつくつもりだったが、畑はホールドを触って棄権。予定変更で、触っていないタコをトライすることに。

(1) いきのいい奴(10a)、再登
昨日朝までの雨のせいで、湿度が高いのか弱冠足が滑る気がする。そして、小川山花崗岩とのあまりに違う岩質に戸惑う。

(2) ディスコバージョン(10b)、×
以前から取り付いているが、今日はラインを見極めようと取り付く。左よりを登るのは難しいし、右へ行き過ぎると簡単になってしまう。やはり、カンテから右側へ50cmぐらいの幅を登るようだ。途中の右側のガバを使わずに登れる。ラインはこれのようだ。グレードは10c/dぐらいのような気がするのだが。以外とムーブは面白い。その後、FJさんがFLした。

○ 畑(11b)、?
ホールドを触って思わず棄権。ウーン、今日はやめておこう。予定変更でタコをトライすることにする。

(3) タコ(11b)、敗退
途中から、ムーブ解析。力尽きて、途中敗退。もっとよいホールドがあるのではと、ついつい、しつこく、さぐってしまう。

(4) タコ(11b)、×
なんとか手順は決め、上まで登る。タコから上へは、左上ガバを取りに行くと簡単のようだ。

(5) タコ(11b)、×
RPするつもりで、FJさんの登りを参考に、4ピン目のクリップ方法を取り入れよう試みたが、うまく行かない。その迷いで、前腕が張ってしまった。はまり。

(6) タコ(11b)、RP
リハビリ中のはずのFJさんが2撃でRPしてしまい。プレッシャーを感じる。落ち着いて自分で見つけた手順で登る。今度は全てのムーブを無難にこなし、4便めにしてRP。4本目クリップは、右手で腰クリップ。これだと、MSでもクリップできる。この傾斜で4便も出すと疲れる。今日は終わってしまった感があるが、まだ14:30だ。

(7) H・E(11a)、×
ハピネスという案もあったが、次回ということで、とりついていないHEに手を出す。だが、すでに気持ちのテンションがきれていたようだ。それでも、根性で上まで抜ける。最低限の仕事はなんとかできた。

FJさんが、2便目でタコをRP。早くも復活ですね。スネークジュニア(11d)をトライしている人を少し見たが、最後が難しいようだ。だが、残るルートを考えると、次回はこれか。それにしても今日は花崗岩と石灰岩の違いに驚かされた。数本登ると、すぐに石灰岩モードに戻るのだが、最初の違和感はなんとも不思議だった。

Heavy Climber-Kin
by Climber-Kin | 2005-05-08 18:58 | 河又 | Comments(7)