<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年4月30日、小川山2日目

4/30、小川山、2日目

FJさんが合流。昨日とうってかわって暖かい一日だった。だが、すでに指も皮も痛い。

(1) 5峰KBさんのルート(10a)、RP、再登
(2) 5峰KBさんのルート(10a)、RP、再登

(3) 苦渋の選択(11c)、×
昨年もトライするか否か散々迷ったルート。昨年トライしようとした前日、たまたま小川山にいたこのルートを開拓したD助さんにいろいろ聞いたのだが、結局トライしなかったルート。いつも、このエリアへ来るたびに迷うので、トライしておくことに。ビレイポイントから難しくなりそうな箇所が見えないので、一段上がったところで一旦ピッチを切る。FJさんがトライするはずだったのだが、なぜか私が初見でトライするはめになる。やられた。この手のルート、初見は難しい。ライン取りをさがしながら、四苦八苦してトップアウトする。FJさんは、その後みごとFL。おみごとです。今度トライするのはいつのことだろう。

(4) ジャック参上(12a)、×
指が痛いのにこのルートやるの?とtsukaさんに言われる。先にトライしたFJさんの手順を参考にするが、指負荷かかりすぎ。自分なりのムーブで散々トライして解決。気持ちがいい。核心ぬけてからの左フレークへの一手が右指が痛くてできなかったが、上部は問題なさそうだ。次回トライの時はRPまで持ち込みたい。

昨日に引き続き、早くも別の12aを触る。ジャック参上はカブトムシよりは早く登れるような気がする。こちらからトライしたいと思った。

○ ジャック参上(12a)をトライする私
・指にやさしい右カンテコース。
b0037220_23352594.jpg


○ ジャック参上(12a)をトライするFJさん
・指に厳しい左ルート。
・FJさんはこの日にRP。一度解決したムーブを確実に再現できる能力がすごい。私が「多便クライマー」であるのに対し、FJさんは、「少便クライマー」だ。
b0037220_23391295.jpg


○ シナプス(12b)をトライするたいちくん
・ランジ課題。ボルダラーはこの手の課題に燃えるようだ。
b0037220_23405492.jpg

by climber-kin | 2006-04-30 23:11 | 小川山2005~2006 | Comments(0)

2006年4月29日、小川山1日目

4/29、小川山、1日目

今日からGW。初日は、tomさん、たいちくん、kのさんと登る。今回のテーマはいろいろなルートを触ること。そして、今シーズン初の小川山、この岩に慣れることだ。そして今年のGWは6日間連荘にすることができた。指の調子から苦戦は覚悟。どうなることやら。

(1) ダーククリスタル(9)、フォロー
何度登っても、いいルートだ。

(2) PTA(11b)、×
昨年2p目がとれなかったルート。温度のかんけいなのか、すんなりと解決して3p目まで、核心はここだったのか。

(3) PTA(11b)、×
RPするつもりでトライしたのだが、核心で足を上げる前につるり、あっさりフォール。まぁ、そのうちできるだろう。

(4) かぶとむし(12a)、×
本日の目的、かぶとむしに触る。先にたいちくんがトライするが、フォールして脛をずるむいてしまい敗退。寒い上に風が強い。ロケーション、ボルト間隔、このルート恐い。恐る恐る登りだすが手順がとても難しい。A0を2回して上まで抜ける。降りる際に核心と思われる手順は何となく判明。だが、その先の最後のクリップまでの手順が不明のまま終わる。

やはり花崗岩難しい。そして、かぶとむしは予想通りの厳しさ。今年中に登れるようになるのであろうか。厳しいスタートとなった。

きん
by climber-kin | 2006-04-29 23:08 | 小川山2005~2006 | Comments(0)

2006年4月25日、B-PUMP

4/25、B-PUMP、1時間半

中二日。指の具合は回復傾向。だが、右手中指はぐるぐる巻きテーピング。がまん、がまん。第一間接も痛めているのは確実だし(これはメリーゴーランド多便トライで)。今日は、いつものメンバが大勢。ボヤッキーさんも、週末の件でBPへ。みんなが、3級をトライしているのを横目に、5級をいくつか登る。6級程度と思われる4級も一本登る。BPで、中指を解禁するのはGW明けだ。韓国帰りのkのさんからジンロ360mlをもらった。アイシングしながら、一口、いや三口。駅まで、二口。帰りの電車で、またまた三口。家に着くころには半分になっていた。BLOG書いているうちに、五口ほど。いや、もっとかなぁ。もう、2/3なくなってしまった。kのさん、おかわり。

それにしても、週末、天気予報悪いですね。困ったもんだ。冷たい空気が入って、天候不安定?

きん
by climber-kin | 2006-04-25 23:45 | B-PUMP | Comments(8)

2006年4月22日、有笠山、パスファインダーFL

4/22、有笠山、フェアリーロック

「有笠の真実」

今日は、FJさんと久々に二人で登りに行く。二人だけで登りに行くのは1年ぶりぐらいではないだろうか。私が指が痛めているで、指に優しい岩場ということで、有笠を選んだ。気を使ってくれたFJさんに感謝します。沢渡あたりは、まだ桜が咲いており、途中、心が和む。そして、とても穏やかな一日だった。

○ フェアリーロック
(1) ステミングダンス(11a/b)、1テン
このエリア、ウォーミングアップルートがない。いきなり11a/bから。そして、このルート、2-3p間がとてもいやらしい。そこは何とか通過したのだが、途中レストポイントで四苦八苦。あまり休めないまま突入。最後のルート名由来の部分手前で、手がでず。1テン。一本目は体の動きが悪い。

(2) ステミングダンス(11a/b)、RP、2撃
2-3p間、またまた危なかった。手順が1便目と違う。中段レストポイントで今度はしっかりレストし、最後も正しい手順でステミングをこなし、RP。★なしルートだが、くせがあって、奮闘的でおもしろい。今日トライしたフェアリーロックのルートでは、一番難しいかも。

(3) 夢見る頃(11a/b)、FL
昨年、河又でよく顔を見かけた女性がトライしていた。とても、おもしろそうなのでやりたくなり、ヌンチャクをお借りしてトライすることにする。期待を裏切らないガバ。だけどムーブがあります。わかりやすくて、とても気持ちがよいルート。百岩では11a/bだが、パンプトポでは11bになっていた。

(4) パスファインダー(11b/c)、FL
先に、FJさんがOSしたので、とてもやりずらくなる。だが、FJさんが降りてくると、急に小声になって、何やらブツブツ言っている。どうやら、ガバばっかりで期待はずれだったようだ。そして、私もいとも簡単にフラッシュしてしまった。うーん、★三つなんだけど、グレードに疑問が残る。やはり最後に限定があるのだろうか。だけど、最後右側限定だとすると、1ポイント系ルートになってしまう。残念ながら今年の成果(11c以上)には入れられないかぁ。やっぱり入れちゃお。

○ ヘルケイブ
(5) Blast-off(12a)、×、敗退
11台の2撃、FL、FLでいい気になり、場所を移動して、有笠の12aにとりつく。結果は敗退。このエリア、ホールドが限定されていて、とても難しい。そして、グレードも全然甘くないのではないか。これが、「有笠の真実」か?そして、ヘルケイブはボルダー系ルートに近い印象を持った。二子で言えば、広場エリア系なのだろう。やはり、様々な12aを登るには、ボルダー力を強化しなくてはならないと痛感した。

右中指の悪化も懸念されたが、被った11台は指にやさしかった。たまにあたる程度。だが、Blast-offはモンパニと似たようなホールドの感触。やはり、痛かった。全般としては、高速代とガソリン代がはってしまったが。とても楽しい一日だった。1撃を狙うときの緊張感は、12aをRPトライする時とは異なる、また違った緊張感を楽しめた。帰りに沢渡で温泉に入って帰る。清瀬の寿司心に入る。ここは種類は少ないが、ネタが大きくて、うまい。

○ ステミングダンス(11a/b)
・2-3p間の手順がわかりずらく、しかも、とてもいやらしい。
b0037220_23504326.jpg


○ 夢見る頃(11a/b)
・とても素直で、とても登り易い。超お勧めです。被り入門に最適。
b0037220_23505615.jpg


○ パスファインダー(11b/c)
・グレード疑惑が残ってしまった。
b0037220_23555567.jpg


きん
by climber-kin | 2006-04-22 21:45 | 有笠山 | Comments(12)

2006年4月20日、BPUMP

4/20、B-PUMP、1時間

1時間だけ軽く登る。指は今日も「2級養成ギブス」をはめるが、アンカーを手首までもっていき、手首でとめてみた。これやると、本当に中指が使えなくなり、保持力が相当低下。登れない6級も出てきてしまった。5級も限られた課題しか登れなくなる。PUMP2がオープンしたせいなのか、ガラスキだったが、登れないので、おもしろくなく、早めに切り上げてしまった。

きん
by climber-kin | 2006-04-20 22:47 | B-PUMP | Comments(7)

RPまでの便数と日数について (2)

「今年の目標完登ルート数の変更」

年初めに、今年の目標完登数を決めた。それは、
11c:9本
11d:6本
12a:3本
なのだが。既に12aを3本登ってしまったので、やはり修正せねばなるまい。だが、この合計18本という数。昨年の完登数から何となく決めた本数なのだが、以外と現実的な数字なのである。
これまでのRPまでの平均日数から、この18本のRPに要する延べ日数を計算すると、
11c:9x2.4日=21.6日
11d:6x2.5日=15.0日
12a:3x4.5日=13.5日
合計50.1日と、年間クライミング日数とぴったり一致してまうのである。各グレードの目標完登数の割合をネリなおし、12bを一本加えて、各グレードの目標RP数を以下のように決めた。これに要する日数を計算すると、
11c:6(3)本 -> 14日 ( )内は既に登った本数。
11d:6(0)本 -> 15日
12a:6(3)本 -> 27日
12b:1(0)本 -> 9日 (12aの2倍かかるとして9日)
合計65日となる。50日を大幅にオーバーしてしまうのだが、昨年よりは、レベルが上がっていると仮定して、RPまでに要する日数は少なくなっていると期待したい。

きん
by climber-kin | 2006-04-20 00:19 | 目標と成果 | Comments(2)

2006年4月18日、B-PUMP

4/18、B-PUMP、1時間半

中二日でB-PUMP。少し指の腫れは引いてきた。そして、ぐるぐる巻きの「2級養成ギブス」を今日もする。少し、テーピング方法に工夫要。占めすぎると痛いので緩めでぐるぐる巻きだと、指サック状になって、指汗をかきはじめると、途中で抜けてきてしまう。アンカー作って手首で抑えないと。そして、今日は、やたらと顔見知りばかり。FrogerTさんとHitomiさんはGWは二子から鳳来へ行くらしい。鳳来、見知らぬ岩場。行ってみたい。今年のうちに、どこかで計画しよう。FJさんtomさんは4級マラソンボルダー。久しぶりに豆柴さんもBPへ。私はM代っちさんと5級トライする。M代っちさんも手首の腱を傷めていることが判明。本当に怪我人ばかり。そして、たいして登らず。疲れず。不完全燃焼が続くのだった。がまんがまん。

きん
by climber-kin | 2006-04-18 23:42 | B-PUMP | Comments(5)

RPまでの便数と日数について (1)


「ストラテジッククライミングにおける完登までの便数と日数の意味」

登ったルートをアップデートした。

登ったルート
(2006.04.16更新)


完登までに要した日数を追加してみた。完登までの便数というのも、クライミング戦略上、非常に重要な情報なのだが、限られたクライミング日数でどれだけ完登できるかと考えた時、むしろ完登までの日数の方が成果をたくさん出す(完登ルート数)という観点では、より重要な要素なのだと気づいてしまった。例えば年間のクライミング日数が50日程度だと限られてしまうと、あるルートをRPするために10日使ってしまうと、他のルートをトライするチャンスは当然減ってしまい、残り40日になってしまうのである。よく考えると、その日に何便トライしようが関係ないのである。今回苦労したメリーゴーランド(12a)であるが、便数は22便とすごい数だが、核心が下部にあることもあり、指と膝が痛いとはいえトライできてしまい、便数がとてつもなく増えてしまったのだ。しかし、トライ日数で見ればトータル4日。他のRPした12aと変わらないのである。当然、2日で落せたのなら、残りの2日間をモンスターパニックに当てることができたわけであるけど。即ち、年間あたりの完登ルート数を目標におくなら、便数より日数が重要なのだということを納得してしまったのだった。

この観点からだと、その日に多便出すアプローチは間違えではないのだと思う。何便だそうが、登れたか登っていないかであり。次回のRPのために疲れていてもトライしてムーブをより確かな記憶にするというのは戦術的にあっていると思うのである。そして、より多くのルートを登るには出した便数ではなく、かかった日数の方が戦略上は重要なんだと、思ったのである。ただ、便数と日数というのは因果関係があるので、便数が増えればトライ日数も増えていくのは当たり前だし。一方で、旨さという意味では、より少ない便数でそのルートを登ることが重要であることは間違えない。今回の検討は、年間の完登ルート数を増やすにはという観点で書いているので誤解のないようにお願いしたい。そして、人気ルートで混みこみルート、順番待ちで一日に2トライしかできないとなると、別のエリア、別のルートを登るのが得策かな思うのである。そのルートに思い入れができてしまったらしょうがない、混んでいてもトライするしかないのであろうけど。混んでいる岩場を直感的にきらってる理由もこれで説明がつくのかなぁと思ってしまった。結論としては、トライするルートのグレードとRPに要する日数の見込みをよく考慮してトライしていく必要ありと再認識したのであった。

きん
by climber-kin | 2006-04-16 18:13 | クライミングの研究 | Comments(2)

2006年4月15日、金毘羅岩、メリーゴーランドRP

4/15、金毘羅岩

「4本目の12a、メリーゴーランドを静かにRP」

先週に引き続き、金毘羅岩へ行く。メンバーはT助さんとFJさん。指と膝の調子が悪いのだが、このルートだけは、けりをつけたい。天候が危ぶまれたが、当日、問題なく登れる天候となった。数日前に降った雨のせいか、モンスターパニックには染み出しが。メリーゴーランドは少々湿っぽいが、問題ない状態だった。

(1) New(9)、再登
指の調子は、あいかわらずのようだ。

○ きりんさんが好き(10b)
指のウォーミングアップのために登ろうとしたが、一本目クリップして右手で次の一手へ行こうとして、指がやばそうなことに気づき、あわてて、クリップをはずしてクライムダウン。

(2) メリーゴーランド(12a)、×
あまり指に余裕のないことから、早々に取り付くことにした。しかし、体はあまり動かず。テンションをかけて、各停で、ヌンチャクがけに徹する。

(3) メリーゴーランド(12a)、×
昼飯後の本気トライ。核心最後のホールドから抜けるところでフォール。指が痛い。今日はだめかも。気を取り直して。直ぐに降りて、次のトライにかけることにする。

(4) メリーゴーランド(12a)、RP
指の調子から今日は、あまり多便は出せそうにない。殆どあきらめ気分で取り付く。が、今度は核心最後のホールドもしっかり、指二本かかった。4本目をクリップして、レストする。レストのガバホールドに指があたって痛いが、がまんして、しっかりレストする。だが、100%回復はしない。出発するタイミングが難しい。意を決して、登り始める。次の弱冠休めるレストポイントで、少しだけ両手シェーク4回ほど。後半へ突入。一手づつシェークしながら、最後のクリップへ。トラウマのいやな記憶が頭をよぎる。2度ほど両手をシェークして、思い切って右手を出す。さらに左手で保持しながら、足を上げ、左手を終了点へ。今度は正しい終了点ホールドへ行く。落ち着いてクリップ。やったー。解放だー。

(5) モンスターパニック(12b)、×
そして、次はモンスターパニック。だが、指が痛くて下部のボルダームーブができない。右手中指にもろにエッジがあたり激痛が。それでも、いんちきしながら、ヌンチャク握りながらトップアウトした。今日は、これ以上無理のようだ。指を治してから、再チャレンジしたい。

ようやく登れたのだが、かかりすぎたメリーゴーランド。指と膝の故障と言い訳しておこう。FJさんに右手中指をみせたら、腫れ具合に、少々驚かせてしまった。右手中指は当分レストだ。T助さんはモンスターパニックを1テンまでつめる。次回はいけるかも。FJさんのモンスターパニックもムーブが固まりつつあり、結構近いような雰囲気だ。そして、私の次の課題は指の治癒だ。

○ モンスターパニックを登るFJさん
・またまた、ニーロックか。
b0037220_22474994.jpg


○ モンスターパニックを登るT助さん
・RPは近そうだ。
b0037220_224919100.jpg


きん
by climber-kin | 2006-04-15 22:34 | 金毘羅岩 | Comments(16)

2006年4月13日、B-PUMP

4/13、B-PUMP、1時間

今日は休むつもりだったが、気が変わってB-PUMPへ行った。そう、FJさんのコメントから、簡単なことに気がついたのだ。痛い指を使わなければいいのだということに。そういえば、H山氏も、中指を骨折していた時、テーピングでぐるぐる巻きにして、使わないようにしてBPで登っていたのを思い出した。膝の方は気をつければ、痛い角度にしないことはできるわけだし。右手中指をテーピングでぐるぐる巻きにして、使えないようにする。左手中指も少し痛いので、ついでに第2間接を固定する。保持力がかなり落ちるが、その分バランスをよく探るようになった。当面、これでいこう。6級は、ほぼ登れそう。5級も、課題によるが登れることがわかった。長手課題は、保持力がない分、肘に負担をかけるのでやめておいた方がよさそうだ。保持力が級二つ分落ちると仮定すると、これで4級が登れるようになれば、ギブス(テーピング)をはずした時は、2級が登れるということ? そうだ! 名づけて、「2級養成ギブス」。指は治るは、グレードは上がるは、なんとすばらしいことだ。

きん
by climber-kin | 2006-04-13 23:21 | B-PUMP | Comments(4)