<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2006年7月29日、カサメリ沢

7/29、カサメリ沢

梅雨明け前の大雨を懸念していたのだが、天気予報では朝のうち小雨。土曜日か日曜日か迷ったのだが、みんな土曜日でOKということで、久々のT助さんといつものM代っちさんでカサメリ沢へ向かう。行き先も小川山とカサメリ沢で迷ったのだが、一時雨の予報もあったので、カサメリ沢を選択した。また、お二人にとってカサメリは初めてだったので、とても新鮮だったようだ。結局天候は、朝ウォーミングアップではまっているころに雨が降り出し、モツランドへ移動。たまに雨が降る中。モツランド近辺で少々湿っぽいのではあるが快適にクライミングを楽しむことができた。モツランドではシュクラさんのグループがいらしていた。レーザーエッジの部分のヌンチャクありがとうございました。そして、カサメリ沢に来ていたクライマーが雨のためモツランドに全員集合といったところだ。昨年黒山聖人岩でM堀さんのお仲間でごいっしょしたE藤さんとも出会う。

(1) トータルリコール(10b)、RP、再登
このルートがカサメリで一番、ウォーミングアップに向いていると思うのだが。お二人は不評だった。

(2) 無名(10b)★二つのルート、×
出だしが難しい。しかも、クラック部分が湿っていて、ここだけで11aぐらいに感じてしまったのだが、ここは何とか通過。さらにダイクのところでは、ねばりにねばるが、ついにムーブを見出せずテンション。ここはヒール乗り込みだった。しかし、メンタル的な本当の核心は、その次のセクションだった。スタンスはボルト上すでに50cm。さらに一歩微妙な立ちこみをしないとクリップできない。墜落するラインにはいかにも足を打ちつけそうなダイクが見える。そして、ガバはない。私は男の子になれませんでした。いんちきして、クリップ。その上は特に問題はないのだが。このルート、とても恐かったので、ヌンチャクがかかっているうちにRPしておきたかったのだが、雨が。「おおー、なんてこった!」。これ、精神的にとてもムズイ。ということは、私は逃げる、いやいや私は逃げないシリーズに登録?それにしても、これで10bかよ。

(3) ミルクミルク(10a)、FL
M代っちさんがトライした後、登らせてもらう。うわさ通りに、結構難しい。核心は終了点直下に感じたのだが。グレードは10a?、うーん。

(4) オリーブ(11d)、×
このルート、昨年2便ほど出しているのだが、核心部分でのクリップが解決できていない。ヌンチャクかけながら、ムーブを解析する。だが、ムーブ解決ならず。クリップ飛ばすのかなぁ。だけど、デッドっぽいきわどい核心最後の一手は、クリップなしでは恐すぎる。困った。

(5) オリーブ(11d)、×
結局、核心でクリップできず。テンション。右カチから悪い左カチで立ちこみ右手カチをとった後に左手をガストンに持ちかえるとクリップできることが判明。核心手前のレスト方法も確立できた。もしかしたら、いけるかなぁ。

(6) オリーブ(11d)、×
核心最後の一手まで迫り、左手小さな穴ホールドから棚へのデッドのところ、右足の置き場にこまる、テンション。フォール覚悟で一手出さなかったことを後悔する。

(7) オリーブ(11d)、×
久々に4便出すが、すでに指がよれていた。ヘビークライマーはカチに弱いのであった。今から考えると、3便目が最後のチャンスだったのか。次回に持ち越しだ。RPはできなかったが、それにしても、この緊張感と疲労感、久久に味わうことができて充実。

7月最後の成果を持ち帰れなたかったのは残念だった。久々外岩のT助さんは本数を出せなかったけど、相変わらず軽快な登りだった。M代っちさんも今回は他のルートに浮気せずミルクミルクをRP。M代っちさんは、雰囲気とか静けさ、山深さ等々、たいそう、カサメリが気に入ってしまったようだ。私の方は成果は出なかったけど、ロングルートの4便と10bスラブのはまりで、またしても充実のトレーニング日となった。今日はとても長く、いろいろなことがあり、思い出深い一日になったことだろう。

○ トータルリコール(10b)を登るT助さん
b0037220_830957.jpg


○ トータルリコールをトライするM代っちさん
b0037220_830404.jpg


○ 無名10bではまる私
・写真の部分はムーブがわかれば問題ないが、その後がマスターだと恐怖のセクションが待っている。
b0037220_831888.jpg


○ ミルクミルク(10a)を登るT助さん
b0037220_8314383.jpg


○ オリーブ(11d)をトライする私
・全体的にはホールドは大きいのだけど、核心だけが細かい。
・カチ苦手の私にとっては、当然苦手ルートとなる。
b0037220_8321029.jpg


○ 今週のスコッチ
・BOWMORE ISLAY Single Malt Scotch Whisky、12年。
・過ぎ去った12年は早いが、これからの12年は長い。最初にカサメリを訪れたのも、たぶんそれぐらい前だろう。これからの12年、どんなクライミングになるのだろうか。ちょっとスリリングな場面もあったが今週もクライミングを安全に楽しむことができた。とても幸せだ。とりあえず、パートナーに乾杯。
b0037220_1440220.jpg


きん
by climber-kin | 2006-07-30 08:32 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(10)

2006年7月25-27日、B-PUMP連荘

7/25-27、B-PUMP連荘

25日火曜日にも、B-PUMPへ行き、みっちり登ったのだが。26日は夕方出張。出先から会社に戻るには中途半端な時間。迷ったのだが、直登することにした。今日は、垂壁ビギナー壁4級や初級者道場の課題をやりながら調整する。最近、ボルダーで力づくのルートばかりやっているので、たまには、登れる4級ぐらいの課題をいかに力を抜いて登るかというトレーニングはどうかなぁと試みる。先日の甲府幕岩でもムーブが少し強引かなぁと感じていたし。最近状態の悪い岩ばかりで力を入れる癖がついてきているような気もしていた。今日は、いろいろ気づくことがあった。最後の方はしっかり足にのりこみ、丁寧に登れるようになった。だけど、足限定はやはりバランスが悪いので力づくが多いなぁ。初級者道場、2本目の課題はなんだか狭いような気がしたが、やはりそうだった。みんなの前で登らなくてよかった。盗み見した他の課題は、あとから一人でトライしましたが、問題なく全て一撃できた。よかった、よかった。Chieちゃんと帰り際に休憩室で、遭遇した。チキチキバンバン(11b)が話題になった。やはり、登っておくべきクラシック課題ですかねぇ。

そして、27日も1時間ほど登ったのだった。三連荘。

きん
by climber-kin | 2006-07-26 22:31 | B-PUMP | Comments(0)

2006年7月22日、甲府幕岩

7/22、甲府幕岩

「久々の幕岩は修行だった!」

実に一年ぶりに甲府幕岩へ行く。メンバはコータローさん、M代っちさん。現地でY中さん、Tsukaさん、O本さん、Sみさん奥さんと大勢。霧雨降る東京、西国分寺駅でM代っちさんをピックアップする際に、同じく小川山へ向かうFJさんたちと遭遇する。笹子トンネルを越えると雨はやみ、観音峠を越えると、なんと青空が広がっていたのだった。しかしながら、岩場は霧がかかるとても幻想的な雰囲気。当然、状態は悪く、厳しい修行の一日となった。また、結構なクライマーの数で、おまけに登れる状態のルートが数少なく、あいているルートをトライしていくといった一日だった。甲府幕岩は混むんですねぇ。

(1) HIVE(10a)、RP、再登
下部がビショヌレだったが、上部は湿っぽい程度。何とか登れた。上部のクラックには花アブがうじゃうじゃ。蹴散らしながら登った。やはり垂壁フェース、難しく感じる。

(2) 深海の幻想(11a)、MSオンサイトトライ、×
クラック部分が、狭くて手順が難しい。一部もろいが、けっこう面白い課題に感じた。なぜか、この手のルートの方が楽しく感じてしまう。

(3) ドラエモン(10c)、MSオンサイトトライ、×
10cにしては難しい。中段のガバホールドに気づかず、登れなかった。

(4) ドラえもん(10c)、RP
結構おもしろかったので、RPしておく。

(5) トカゲ北上中(11b/c)、人工登攀
見た目、しめっているが、フリクションは結構きくように思えて、取り付いてみた。しかし、ツルツルでお話にならなかった。このルート、乾いていても登れる気がしなかった。

(6) スパイラルルーフ(11b)、×
ジューンブライドとこのルートをトライするつもりだったが、ジューンブライドは大盛況。こちらのルートはトップロープがかけられてしまい。トライできたのは4時半過ぎになってしまった。下部はビショ濡れ、慎重に登る。上部核心までは何でもない。ホールドのないツルツル岩部分から、デッドっぽく、左手を出してトラバース。そして、アンダー持ち替えで右手を出して、核心の穴ホールド。テンションしてしまった。そこまでは、何とかなりそうだ。だが、その後、解説にある意外な穴ホールド(水がたまっていて指を突っ込むたびに濡れて不快だった)をとってから、はまってしまった。次の左手カチとって、マッチして左足に乗り込み、カンテホールドという手順を見ていたので、この手順で抜けようとするのだが、どうしても、私の身長だと狭い。散々ためすが、どうしてもできない。ヘロヘロになってしまった。結局、いんちきして終了点へ。そして、降りる際に確認してみたが、左手カチからステミングで右上方サイドカチホールドでさらに足を上げて、上部ガバへ抜けられることがわかった。できないムーブを何十回もトライしてしまった。はまってしまった。しかも時間切れ。2便目だせず。

みなさん、岩の悪い状態の中、それぞれ自分の課題をみつけてトライしていた。当然だれも、成果らしきものはなし。何だか、こんなクライミング最近続いているなぁ。甲府市内でちょっとあやしい、少し高い系中華料理屋さんで夕食をとる。バーミヤンが近くにあった。次回からバーミヤンかなぁ。強烈な眠気をがまんして中央道を帰ったのだった。二つのルートではまり、今日も筋肉トレーニングとメンタルトレーニングに終始する一日だった。みなさんお疲れ様でした。

○ HIVE(10a)を登るM代っちさん
・霧のかかる中を登る。
b0037220_231654.jpg


○ 深海の幻想(11a)
・このあたり風が通らないようだ。比較的岩の状態はよかったが、クラックがヌメヌメ。終了点近辺のカンテは上当然びしょびしょ。
b0037220_23182129.jpg


○ トカゲ北上中(11b/c)
・見た目は結構乾いているとおもったんですけどね。すべすべでした。
・このルート、乾いていても登れる気がしない。
b0037220_23195261.jpg


○ 今週のスコッチ
・Bunnahabhain, Single Islay Malt Scotch Whisky。
・ブナハーベン、12年。
・今回の甲府幕岩のように、辛めのテースト。
b0037220_18223688.jpg


きん
by climber-kin | 2006-07-22 23:20 | 甲府幕岩 | Comments(5)

2006年7月20日、B-PUMP

7/20、B-PUMP、1時間半

今日は、けっこう空いていた。だが、遅い到着。どうせ疲れているから、ちょうどよい。前回の3級マラソンの残りを片付けながら、M代っちさんに4級課題でダイナミックムーブのコツを伝授する。合理的な動きが理解できて、それを繰り返せれば、すぐに習得できると思います。がんばってください。久しぶりk田さんが来る。ずいぶん忙しかったようだ。それにしても、天気予報が二転した。にわか雨つきだろうけど、登れるかも。

きん
by climber-kin | 2006-07-20 23:42 | B-PUMP | Comments(0)

2006年7月18日、B-PUMP

7/18、B-PUMP、1時間半

少し週末の疲れを感じながら、ゆっくりウォーミングアップしていると、FJさんから3級マラソンに誘われる。Tomさん、kのさんも参加で、ケーブエリア左端から始める。途中、取り残されて、二つほど課題をパスしたが、全部で9本?よくわからん。たくさん登る。疲れたー。帰りにTomさんとコンビニでビール。ここちよい疲労感が。

きん
by climber-kin | 2006-07-19 00:01 | B-PUMP | Comments(3)

2006年7月15-16日、小川山、スケアクロー2撃

7/15-16、小川山

3日間登る予定だったのだが、天気が悪い。結局2日目登って引き上げとなる。だが、土曜日は、ほぼ一日。日曜日も午前中雨だったのだが、昼過ぎからなんとか登れたのだった。いつ雨が降り出すかわからないこともあり、二日とも近場の兄岩を登った。メンバは、15日は、Tomさん、こーたろーさん、M代っちさん。16日は、Tomさん、M代っちさんに加え、FJさん、Kのさん、シロクロさんが朝から合流した。

◆ 7/15

「長年気になっていたスケアクロー(11b/c)を二撃」

前夜は、24:30ごろに到着。26:00ごろに寝た。5:30過ぎごろに近くのテントの話声に起こされ、テントから顔を出すと、丁度こーたろーさんがトイレへ行くところだった。天気予報では15時ごろからにわか雨。そのまま起きて、7:30ごろには兄岩へ向けて出発するのだった。そして今日のターゲットは、ずいぶん前から気になっていたスケアクロー。そして、それが登れたら、アルパイン少女マミにトライだ。なんと、Y中さん、tsukaさん達も兄岩に現われる。びっくり。

(1) もみじ(10a)、RP、再登
まだ、朝早く誰も来ていない。この近辺で一番簡単ルートから。結構手順を考えさせられる。

(2) ガンバレくまさん(10b)、RP、再登
実は、このルート10数年前に、ずいぶん苦しめられて苦労してRPした記憶がある。力試しに登ってみることにした。このルート、ヌンチャクがかかっているとずいぶん楽かもしれない。

(3) スケアクロー(11b/c)、×
私がこのルートを取り付くというと、こーたろーさんも興味があるようなので、一緒にトライすることになった。私がマスターオンサイトトライする。この手のルートはルートファインディングが難しい。3p目あたりから、いきなりわからなくなりテンション。その後、5p目までは順調に行く。しかし、なんと6p目がハーケンだ。その次のボルトまでも結構ランナウトしている。意を決して、さぐりながら登っていき、なんとか7p目をクリップしてテンション。疲れる。そして、8p目が、またまたはるか上に。左カンテから登り、手前ボルトが足元ずいぶん右下に見える。カンテにはりついて、さぐるのだが、突破口を見出せない。やばい。だが、絶対にここで落ちたくない。大フォール+フラレで、とても危険な感じがする。前腕の時間切れも近くなってくる。最後のかけで、気持を落ち着かせて、右手ガストンで上のホールドを取りに行くことを試みる。ガバではないが、何とかクリップできた。セーフ。全く寿命が縮まるよ。

(4) スケアクロー(11b/c)、二撃
コータローさんは、6p目から右カンテに入り、ずっと右カンテを登るラインでFLしてしまった。えっー。登れても登れなくても、今日はあと一便だけにするとコータローさんに告げてトライを開始する。1便目と同じラインでトライする。だが、マスターオンサイトトライと違って、全て手順ライン取りがわかっていると、基本的には全てガバである。ランアウトも恐くない。落ち着いて、全てのムーブをこなし。無事RPすることができた。このルート、1便目に価値がありますね。このシリーズ、このエリアではあとは屋根の上のバイオリン弾きか?そして、カサメリのギャラクシアンへ繋げるルートと思うのは、飛躍しすぎ?

(5) アルパイン少女マミ(11d)、核心敗退
昨年雨の日に一度だけトライしたが、核心敗退だった。トラバースラインに立つところまではノーテンでいける。たち込んでトラバース開始した直後に右指が痛くて思わずテンション。核心部分を探るが、薄カチピンチホールドを持って正対ではアンダーを取れないようだ。これは登れないかなぁ。次回は体をふるかキョンしてアンダーを取りに行く方法を試してみよう。

(6) 弟岩、下積み生活(10b)、×
16時から17時にかけて雨が降り出す。雨宿りしながらコーヒーを飲んでいると、太陽が再び顔を出す。荷物をたたんでテントへ向かうが、M代っちさんがまだやりたいようだ。弟岩のこのルートをいっしょにトライした。たしか、2回は登っているルートなのだが、出だしラインを完全に忘れきっていて、しかも濡れ濡れだった。少しラインを変えて、登った。

15日は、雨が降り出すのが16時だったおかげで、結構登ることができた。Tomさんは、森と緑おしかったですねぇ。M代っちさんは、10bを初FL、おめでとうございます。私は、スケアクローもよいスタイルで登ることができて、とても満足する一日だった。ナナーズへ買出しに出かけ、よく食い、よく飲み、よくしゃべった。夜も満足。


◆ 7/16
昨夜から雨、しかも結構強く降った。朝も雨音で目がさめる。kのさんとシロクロさんが合流し、FJさんも遅れてやってくる。だが雨。結局11時ごろ、ようやく、やみだしたので、早昼をとって、近場の兄岩へ出かけた。着いて驚いたことに反射炉、スケアクロー、マミ、ムーンサルト、森と緑と兄岩下部のスラブ以外はみな登れる状態ではないか。

(1) 北条カンテ(10b)、雨
もみじ周辺はスクールで混んでいたので、M代っちさんとTomさんはガンバレくまさんに取り付く。私は、長年のムーブ不明ルート北条カンテに取り付く。いろいろとラインを変えてやってみるが、なかなか登り方を見出せない。最後にカンテをそのまま登ると次のホールドを取ることができた。そうですか。しかし、ここでまた、強い雨が降ってきてしまった。ガバまで、そのまま、カンテなのだろうか?次回のチャンスには登れるか?

(2) ウォーリーをさがせ(11a)、×
細かすぎるので、やるかどうか迷ったが、登っていないルートも少ないので風あたりがよくて、乾いていそうなこのルートをトライする。出だしラインが違うは、クラックに指が入らないわで、ぶつぶつ文句を言いながら、上までぬける。

(3) ウォーリーをさがせ(11a)、二撃
結構危なかったが、なんとか2p目をクリップ。その上に立ちこむところで雑に左足を置いたために大苦戦するが、何とか3p目に到着。これでもかというぐらいレストして上部へ。登れたー。よかったー。指痛い。細かい前半から大きなムーブの後半。中段のレストポイントがなければ、とても難しかったかも。だけど、結構面白いルートでした。

M代っちさんはもみじをRP。その後、ガンバレくまさんをトライするが、えっ!どうしてと思うほど昨日とは違ったとてもよい登り。RPはできなかっただが、その登り方を忘れないでください。そして、今日も登ることができた。よかったよかった。いつものファミリーチャイナで夕食をとり、渋滞した中央道を上野原から降りて、いつもの通り檜原街道経由て帰る。みなさんお疲れ様でした。

○もみじの前から金峰山荘(15日)
b0037220_15989.jpg


○スケアクロー(11b/c)の全貌(15日)
・結構長い。葉っぱで見えない部分にも1ポイントあり。
・ワイルドなルート。こういうルートをたくさん登ると強くなれるような気がするのは私だけ?
b0037220_153789.jpg


○ スケアクローを登る私(15日)
・ここで、落ちるとやばいぞー。
・有笠のマーヤといい、最近、ビレイヤーをヒヤヒヤさせることが多くてすいません。
b0037220_164937.jpg


○ ガンバレとむさん?を登るTomさん(16日)
・森の緑・・・もそうだが、持久力で落される好ルート。
b0037220_173244.jpg



○ 今週の酒
・Glenfiddich(12年)、シングルモルト、スコッチウィスキー。
・甘めのテースト。あぁー、スケアクロー1便目の恐怖が癒される。
・今回の小川山も楽しかった。次もがんばるぞ。
b0037220_17442642.jpg


きん
by climber-kin | 2006-07-17 00:32 | 小川山2005~2006 | Comments(15)

2006年7月13日、B-PUMP

7/13、B-PUMP、1時間半

今日は、人が多かったので、空いているケーブエリアを中心に登る。4級、3級をたくさん登った。最初落されても、トライし続けると登れるようになってきた。故障する前、3月ぐらいの力には戻ったようだ。これからだ。よれて来たので、最後に5級もたくさん登る。少し登り過ぎた。

きん
by climber-kin | 2006-07-13 23:40 | B-PUMP | Comments(0)

2006年7月11日、B-PUMP

7/11、B-PUMP、2時間

今日は少しだけ早くいける。リニューアル壁の5級課題に少々手こずる。その後、ありえない3級をしつこくトライするが、登れず。あと少し腰が入れば。次回は登るぞー。その後、ケーブエリアで久々に2級が登れる。そろそろ、ムズイのをしつこくトライする時期に来た。駅までtomさんといっしょに帰る。コンビニで買ったビールがうまかった。

きん
by climber-kin | 2006-07-11 23:34 | B-PUMP | Comments(2)

2006年7月8日、北川からランナウト

7/8、北川、結露で登れず

今日のメンバは、M代っちさんとプラクライマさん。プラクライマさんと登りに行くのは何年ぶりだろうか。今週は、車が使えないので、近場ということで、北川へ行ってみる。岩場までの徒歩アプローチの途中、湘南ナンバーのジム二ーが走っていた。クライマーっぽい。自治会館から山道を登っていくと、二人組のジムニーのクライマーが降りてきた。ダメですよーと言って、降りていった。ここまで来たのだから、もちろん自分の目で確かめる。そして岩場は見事な結露。今年は雨が多く、奥多摩、奥武蔵はダメのようですね。次回来るのは、また車の使えない時の秋あたりか、来年4月ぐらいですかね。

(1) 謙譲の美徳(?)、敗退
ここまで来て、一本ぐらいは登りたい。ぞうきんでふけば何とかならないかなぁと思って、とりつくが、2p-3p間で敗退。ホールドから指がスッポン、スッポンぬけるのであった。これは無理。納得した。

(2) 茶つみ唄(?)、回収
プラクライマさんが上から回ってトップロープをかけてくれた。M代っちさんにすすめるが、私に登れるかどうか確認させたいようだ。登りはじめたのだが、すぐに回収モードになる。

西吾野から岩場まで、蒸し暑いなか途中道を間違えながら50分ほど歩く。かなりばてた。濡れ濡れの岩で少し遊んだ後、プラクライマさんが夕方、立川に用事があるということで、ランナウトへ向かう。さらにいい汗かいた。外岩雨で敗退の後は、ジムボルダーの方がまだいいかなぁと思う。ランナウト終了後、国分寺でタイ料理。辛いけどうまかった。うまいタイ料理を食べられたので、今日は満足。こんな日もあるかなぁ。

○ 謙譲の美徳(11a)
・奥で作業するのはプラクライマさん。
b0037220_23245778.jpg


○ 北落師門(12a)
・見事な結露。
b0037220_23254924.jpg


きん
by climber-kin | 2006-07-08 23:26 | 北川の岩場 | Comments(4)

2006年7月6日、B-PUMP

7/6、B-PUMP、2時間

今日も木曜日のメンツがたくさん。だけど全般には空いていた。リニューアル壁の触っていなかった5級をいくつか登る。登れていない4級、3級を触るが、どれもムヅイ。空いているケーブエリアで5~3級をたくさん登る。中1日でちょっと疲れが残っているように感じたが、後半体が動くようになってきて、結局たくさん登れた。車を車検に出したのだが、治すところが多くて週末までに戻ってこなかった。今週末は電車でいけるところ。天気が持つとよいのだが。マイネームカードを作るとアクセス解析情報が増える。6月のページビュー数は4,652でした。

きん
by climber-kin | 2006-07-06 23:56 | B-PUMP | Comments(0)