<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2006年8月31日、B-PUMP

8/31、B-PUMP、1時間半

調子よかった火曜日に登り過ぎたようだ。初めから疲れている。それでも2級トライしたのだが、腰が落ちてる。できてない3級シリーズへ変更。狭くて、出だしができなかったケーブエリア3級茶×を出だしジャンプで解決。いんちき臭いが完登する。週末もあるし、早々に上がる。帰りにtomさんとキリン秋味。空気がもう秋の感じだった。週末の湯檜曽気をつけて行って来て下さい。k田さんは仕事で指に怪我をしてしまったようだ。お大事に。

今日は、人間ドックだった。一項目を除いてA、その一項目とは中性脂肪。先生:「体重も減ってきているし、他の数値は全部下がってきているのに、これだけ上がっているのは変ですねぇ。お酒ひかえて、三ヶ月後にもう一度検査しましょう。」と言われてしまった。まさか、昨夜1時までスコッチ飲んでましたとは言えないし。検尿が酒臭かった。そしてバリウム出すための下剤。これ強烈過ぎ。一日の許容便数をはるかに超えて、つらかったです。

きん
by climber-kin | 2006-08-31 23:34 | B-PUMP | Comments(0)

2006年8月29日、B-PUMP

8/29、B-PUMP、2時間

今日は早めに行く。復習時間も長くとる。4-2級の再登課題を殆ど一発で登れる。調子がいい。間に登れていない3-2級をトライする。可能性みえてきたのもでてきた。次回は2級を集中的にトライしてみるかなぁ。

きん
by climber-kin | 2006-08-29 23:38 | B-PUMP | Comments(0)

2006年8月26日、カサメリ沢、オリーブをRP

8/26、カサメリ沢

T助さん、そして、久々の○べちゃん。そう、何故か○べちゃんが来るときは雨が多い。いつのまにか天気予報が悪くなってしまった。そして、カサメリに到着すると、弱雨の予報だったのだが強烈な雨。結露さえしていなければ、モツランドは登れると言うのだが、それを疑うT助さん。モツランドにつくと、弱冠しめってはいるが、そこには乾いた岩があらわれた。途中偵察に二人のクライマーさんが来たのだが、その後、その大パーティと思われる方々はこなかった。今日は、我々3人だけ、とても静かにクライミングを一日楽しむことができた。

(1) オリーブ(11d)、×
プラチナムとオリーブしか登れるルートはない。よって、いきなりオリーブ。T助さんがヌンチャクをかけてくれたので、本気トライするかどうか登りながら決めることにする。だが、今日は何だか、前腕が張りやすい気がする。その上、前半のレーザーズエッジ部分の出だしで迷い、フルパワーを使ってしまった。ずいぶん登っているのだが、いまだに覚えていない。中段で大レストして突入するが、やはり、すぐに前腕が張ってしまう。核心に入ってテンションをかける。だが、ムーブを改良する。ただでは降りない。

(2) オリーブ(11d)、RP
途中途中で散々休む。そして、核心。改良したムーブ、右手カチから、左手で一旦細かいポチを持ってから、足を決め、さらに指先が入る穴ホールドへクロスで左手を出す。うっ、左手がぬめる。なんだかぬけそうだ。足はそのままで、せいのでデッド。「パチン!」。よっしゃ。後は、慎重に、一手づつシェイクしながら、やったー。

(3) めんたいこ(11b)、×
ポパイをやるかなぁとも思ったのだが、上部は濡れているがなんとかなりそうと推測して、こちらのルート。二p目クリップがグランドフォールしそうで恐い。テンションする。ムーブ解析しながら、トップアウト。オブザベしたムーブとは全く違っていた。

(4) めんたいこ(11b)、二撃
3箇所で力がいるが、ホールドはよく、登り易い。一日で11台を2本ゲット。11台以上100本まで、あと20本。

(5) たらこ(11d)、×、1p目でおりる
やはり、ポパイをやろうかなぁとも思ったのだが、乾いてきたので、このルートにとりつく。核心と思われる最初の箇所、これはきびしいぞぉと思っていると、ガスがかかりだし、真っ暗になる。先週に続き、まだ、お前には早いという神のお告げが。1p目から降りてくる。

(6) 真のレーザーズエッジ(10c/d)、×
クールダウンに、レーザーズエッジを登る。どうせ登るなら、エッジ通しで登る。が、エッジで足が滑る。テンションしてしまった。なんてこった。

雨でも登れるモツランド、雨なので、大混雑を覚悟していたのだが、結局、我々のみで、とても静かなクライミングを楽しむことができた。そして、ようやく登れたオリーブ。ついでに、もう一本の11のおまけつき。とても充実した一日だった。T助さんは、一日で、オリーブとプラチナムを落す。すごい。○べちゃんも、レーザーズエッジをRP。帰りは渋滞もなく、国立ICまで高速を使う。国立の藍屋で夕食を取る。22:00帰着。

○ レーザーズエッジ(10c/d)をトライする○べちゃん
b0037220_22184511.jpg


○ オリーブ(11d)核心の私
・撮影は、○べちゃん。
b0037220_1344581.jpg


○ プラチナム(11c)をトライするT助さん
・核心に入るところ。
・このルートラインが難しい。
b0037220_832567.jpg


○ めんたいこ(11b)を登る私
・撮影は、○べちゃん。
b0037220_13452051.jpg


○ 今週のスコッチ
・ISLE of JURA Single Malt Whisky、10年。
・この独特のはちみつのような味というか舌触りというか。他のスコッチもそうだけど、そうか。この味が特徴なのか。
b0037220_1721137.jpg


きん
by climber-kin | 2006-08-26 22:19 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(6)

2006年8月24日、B-PUMP

8/24、B-PUMP、1時間半

リニューアル壁などの4級課題を復習する。そして、登れていない3級課題をトライ。できなかったランジ部分で、一手進む。新しいムーブを習得。なるほどねぇ。その先も難しいぞ、だけど可能性が見えてきた。あまりにボルダーチック。だけどおもしろい。実際にも、ありえそうなんだけど、こんなことしないと登れない外岩ルートに、この先トライすることがあるのだろうか?
帰りは、tomさんとたいちくんと買い食いしながら国分寺駅方面へ向かう。私はもちろんビール。お二人とも、鋸岳気をつけていってきてください。

きん
by climber-kin | 2006-08-24 23:53 | B-PUMP | Comments(2)

2006年8月23日、B-PUMP

8/23、B-PUMP、1時間半

BPへ行くと、一時下山のたいちくんが来ていた。tomさん、M代っちと盆もあけ、いつもの火曜日のメンバもそろって来た。今日は、コブラエリアで復習。この壁少し難しい。4級を何本かと3級と苦労しながら再登した。そして、リニューアル壁の難しい3級。一手、いや、一足進む。できるかもしれない。

13年間お世話になったH社同期入社のk川くんの訃報を受け取った。私と同じく43歳。肝臓癌だそうだ。また、BPでTK島さんが飯豊の沢で亡くなったと聞いた。まだまだ、これからなのに、さぞや無念と思います。ご冥福をお祈りいたします。

きん
by climber-kin | 2006-08-22 23:47 | B-PUMP | Comments(0)

2006年8月19日-20日、カサメリ沢、漁師の娘RP

8/19-20、カサメリ沢

台風の影響で全然ダメかと思っていたが、天気予報が好転。予定通り、塚小屋泊まりでカサメリ沢へ行く。T助さん、みぽりんさんを西国分寺でピックアップして出発する。先に塚小屋入りしているこーたろーさんと何故か塩川ダムで待ち合わせ。そして、現地でtsukaさん、Y中さん、M池さんと落ち合う。結局、土曜日の天気はもったのだが、漁師の娘にはまってしまい。日曜日は昼ごろから雨。またまた、目標ルートのギャラクシアンにはたどり着けなかったのだった。

○ 8/19
(1) トータルリコール(10b)、再登
何度登っても、最後のトラバースはいやらしい。

(2) 漁師の娘(11a/b)、×
宿題ルートの一つ。昔トライした時はムーブを起こせなかった。今の力試しで、ぜひ登っておきたかったルート。核心部分でステミングしてまでは、よかったが、足開き過ぎで身動きできず。足を戻すと、一挙に力を使う。テンション。だが、核心ムーブ解析に結構かかる。アンダーとるまで、結構悪い。とったあとも、なにやらフットホールドの位置がビミョウだ。疲れる。まぁ、何とかムーブ解決して、トップアウト。

(3) 漁師の娘(11a/b)、×
2便で落すつもりでとりついたが、甘く見て、いいかげんにデッドでとりに行ってしまった。結構力を使って、無理やり左足をあげて、アンダーへ。不注意で左手がすぽっと抜けた。この便で登っていれば、その日の展開が違っていただろうなぁ。

(4) 漁師の娘(11a/b)、×
デッド部分をまた、甘くみて、足を決めずに二軸でいいかげんに左手を出す。一瞬とまって、持ち替えようとして、すぽっ。なんてこった。それにしても、早すぎるペース。あっという間に3便だしてしまった。

(5) 漁師の娘(11a/b)、RP
いいかげんに登らねば、昼食を取り、十分レストしてから、真剣トライ。だが、今度は太陽光線が。雲が太陽にかかるタイミングを見計らって。今度は完登。久々の手強い11bだった。このルート、結構難しい。

(6) 金のわらじ(11d/12a)、敗退
みなさん、どうしても、私にこのルートを触らせたいようだ。いかにも苦手系の気がして、当分触るつもりでなかったのだが、トライすることに。案の定、核心カチアンダーが厳しく、身動きできず。テンション状態から核心へ入るところがロープで後ろに引かれて取り付くのが大変。漁師の娘で既に指をやられていたので、しつこくトライせず。敗退。フレッシュな状態だったら、少し違ったのかなぁ。またやるべきか、しばらく近づかないべきか。このルートの今後の取り扱いに迷う。

(7) ぞうりむし(11a)、敗退
まだ、6本だったので、もう一本登ろうととなりのルートを触る。出だしのオフィスドゥスに入るのがけっこう大変。その上、中間部がめちゃくちゃ狭い。中段ダイクで、指が開く。あーあ、また敗退。それにしても、このルート難しいじゃないの。

○ 8/20(昼ごろから雨)
(1) 猫の手(10a)、再登
昔は、とても難しかったイメージがあったが、記憶よりずいぶん簡単だった。

(2) そうりむし(11a)、敗退、3P目からクライムダウン回収
結局、雨でギャラクシアントライできず。雨も強く降ってきた。1本で帰るのも悔しいので、雨が降っているが、登れるかもととりついてみる。が、岩の裏側、クラック等々、結露ですべすべ、ヌルヌル。ガバだけど指がすっぽねける。恐いよー。だけど、これで気が済んだ。車へ戻る途中、モツランドでトライ中のM堀さん、ZCCのヤマ氏(デザートソングでお会いした)とお会いする。モツランドは10人ぐらいか、これに我々6名が加わるわけにもいくまい。遠くで、オリーブを見ながらカサメリを後にする。

久々の二日間クライミングだったのに、二日目が雨で登れず、とても残念。だが、これは、ギャラクシアンはお前には未だ早いという神様のご指示だったのかも。また、長年の宿題、漁師の娘が登れて、自分の実力の向上の確かな手ごたえを得ることができたのはよかった。こーたろーさんはお疲れモードのようだった。tsukaさん、毎度塚小屋お世話になりました。またお願いします。そして、自分のちょっとしたマイルストーンとして、「11台(以上)の100本完登」を意識しはじめた。

○ 漁師の娘(11a/b)をトライする私
・こーたろーさんに撮ってもらう。ありがとうございます。
b0037220_8172768.jpg


○ ワニワニワニ(11b)とトライするM池さん
・塚小屋に一週間居候しているだけあって上達がすごい。
・1日のうちに落してしまった。
b0037220_2325691.jpg


○ 金のわらじ(11d/12a)をトライするみぽりん
・恐るべし、みぽりん。独自手順で、いけそうな雰囲気。
・Y中さんは、ムーブも解決済み、次回RPしそうだ。
・T助さんも核心こなしていたし、みんな強いナァ。
b0037220_2365021.jpg


○ ギャラクシアン(11d)をトライするみぽりん
・tsukaさんのマスタートライは惜しかった。
・この後、私がトライするはずだったが、雨が。しばらく、様子を見ていたが、雨が上がって乾く雰囲気なし。tsukaさんギャラクシアンとちちくりまんぼうの両ルートのヌンチャクを回収。ご苦労様でした。
・私の順番に雨。神様は私には、まだ早いと言っているのだろうか。
b0037220_236582.jpg


きん
by climber-kin | 2006-08-20 23:06 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(10)

2006年8月17日、B-PUMP

8/17、B-PUMP、1時間半

5~3級を1時間ほど登れる課題を再登して復習する。ちょっと復習が長すぎる気もするが。リニューアル壁の3級スローパー課題のムーブ解析する。15cmずつ進む。この課題と同じスローパーを使う2級課題は落したい。台風が九州方面へそれてくれたようだ。だけど、にわか雨と結露が心配。今週末どうなることやら。

きん
by climber-kin | 2006-08-17 23:36 | B-PUMP | Comments(0)

2006年8月15日、B-PUMP

8/15、B-PUMP、1時間半

入る際に、9時以降料金か否か受付でもめる。暗黙の了解で、8:45以降は9時から料金のようだ。T助さんが来ていた。週末の相談。今週末は難しいかなぁ。M代っちに教えながら、「ため」という言葉を思いついた。スキーでは、「ため」という表現をよく使う。クライミングでムーブ開始する際の「ため」。意味がぴったり合うような気がした。週末の小川山の状況をFJさんから聞いた。2時ぐらいまで大丈夫だったようだ。リニューアル壁の登れていなかった一番難しい5級を登る。ホールド間違えて完登していた4級を正しいホールドを使って登りなおした。

きん
by climber-kin | 2006-08-16 00:03 | B-PUMP | Comments(0)

2006年8月13日、中里の岩場、復活右RP

8/13、中里の岩場、理事長岩・復活タワー

当初は、十石峠のパンピースパイヤーエリアへ行く予定だったのだが、登攀禁止の札を発見、別の岩場へ移動する。木古里岩2階は南面。それよりは、こちらの方が少しは暑さをしのげるだろうと移動した。今回のメンバーはT助さんとM代っちさん。そして、結果的には、こちらの岩場が正解だった。木古里岩付近がよく見えるのだが、あちらは灼熱地獄のように見えた。だが、こちらの岩場も昼過ぎからルートの一部に太陽が当たりだし、汗だくのトライとなった。実は前日、昼寝したのがいけなかったのか、一睡もできなかった。体力的には、とても、シンドイ一日になった。

(1) With(10a)、OS/MS
妻は新古品だと思っていたのだが、後ほどの情報で、後から設定されたWithだったようだ。

(2) 復活左(11a)、×
下部が濡れているし、脆いし、かなり恐ろしかった。被った核心部分でホールドがわかりずらく、オンサイトは難しく感じた。最後の被ったクラックも最高にいやらしい。

(3) 復活右(11c)、×
T助さんがトライしてヌンチャクがかかったので、私もトライさせてもらった。核心部分に入っての2p目と3p目を悪いホールドでクリップしてしまった。3p目クリップして、力尽きる。

(4) 復活右(11c)、RP
1便目でムーブをかためたつもりだったが、先ほどクリップできたホールドを維持することができない。急遽、先にRPしたT助さんの手順をまねして、あとはアドリブでなんとか核心を抜ける。汗だく。

(5) 復活左(11a)、RP
ゴロゴロと雷が鳴り出したので、ヌンチャク回収便。もう、睡眠不足の上に汗かきすぎで疲労困憊。登れる気はしなかったのだが、何とか根性で終了点までいけた。

3時ぐらいから雷を覚悟していたのだが、何とか、最後まで天気はもってくれた。暑さだけは、この時期しかたなかろう。睡眠不足というか寝てなかったのだが、二本とも登れてよかった。帰りは、秩父のガッテン寿しへ行ったのだが、めちゃ混み。瑞穂のボン天に変更。この中華、油が強すぎのような気がする。22:30に帰着。今日は暑かったが、静かでよい岩場だと思う。また、10月ぐらいに来てみたい。

○ With(10a)をFLするM代っちさん
b0037220_2333550.jpg


○ 復活左(11a)をオンサイトトライする私
・ホールドが見えず、オンサイトは難しい。
・2便目でなんとかRPできたが、核心抜けた後の被ったクラックもいやらしい。
・復活右と同じぐらいの難しさのようにも感じるのだが。むしろ、いやらしさは左の方が上のような。
b0037220_2344813.jpg


○ 復活右(11c)をオンサイトトライするT助さん
・T助さんは、もちろん、その後、二撃。
b0037220_2362295.jpg


○ 復活右をRPする私
・直射日光で死にそうだったが、なんとか2便目でRPできました。
b0037220_2375831.jpg


○ 復活左をトライするM代っちさん
b0037220_23491128.jpg


きん
by climber-kin | 2006-08-13 23:03 | 中里の岩場 | Comments(12)

2006年8月13日、十石峠下のエリアが登攀禁止

十石峠が登攀禁止になったと人伝えに聞いたのですが、本当に札が立てられていました。上のエリアには、ありませんでした。地主さんからの通知なので、登らず他の岩場へ移動しました。

○ 現在、十石峠下のエリアに登攀禁止の札がたっています。
・水汲み場とその上部の入り口にも同じ札がたっています。
b0037220_22562322.jpg

b0037220_22564343.jpg


きん
by climber-kin | 2006-08-13 22:59 | 十石峠 | Comments(0)