<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2006年11月30日、B-PUMP

11/30、B-PUMP、2時間半

今日はジムボルダー用のシューズを買った。ミレーのビブラムソールのスリッパで、ダントゥしていて柔らかいシューズ。直ぐにモデルチェンジするっていうやつ、名前覚えていなーい。外岩用のドラゴンと感じが似ていて、足にしっくり来たので、コブラと比較して、こちらを購入したのだが、どうもビブラムはゴムが硬過ぎて冬ははじかれてしまうようだ。失敗なのか? 買って、そうそう、夏まで、冬眠かい。いやいや、もう少しはいてみよう。おかげで、登れそうだったキングコブラ壁の最後の3級を逃してしまった。いやいや靴のせいにしないで、これが実力だよ。同じ課題やりすぎで、指は磨り減り、よれてしまい、最後の復習シリーズでは、3級どれも登れなかった。
それにしても、週末は寒そうだ。だけど、金日が寒くて、土曜日は少しましなような予報。期待したい。

きん
by climber-kin | 2006-11-30 23:29 | B-PUMP | Comments(0)

2006年11月28日、B-PUMP

11/28、B-PUMP、3時間弱

先週木曜日は外岩だったので、一週間ぶりのボルダー。最初少し違和感があって、なんだかその違和感があるまま、登ったような感じだった。ただ、日曜日に外岩登ったわりには、調子がよかった。いつものTomさん、M代っち。めずらしく水曜日の○べちゃんがきている。なにー、会社休んだ?そして、「ぎょうざの満州」の豆柴さんもめずらしく来ていた。ChieちゃんMao氏もめずらしく、火曜日のBPに。二子の情報をChieちゃんからもらう。今年は染み出しが多いようだ。そして、今日新しく登れたのは、キングコブラ壁のスローパ課題3級茶棒。左手マッチせずに、ランジっぽく取りにいったら、あっさり止まる。これまでの苦労はなんだったんだろうか。キングコブラ壁の登れていない課題はあと一つ。ついでに落してしまえとトライしたのだが、これは足があがらない。再登シリーズも調子がいい。2級も3級も、どれも一発で落せる。あっ、一つだけ、再登していなかった豆柴さん、M代っちといっしょにトライしたコーナーの3級課題は出だしで狭くてめちゃくちゃはまったが、出だしこなせたら、問題なく登れた。今日は登れていない2級をトライすべきだったのかもしれない。久々に会ったChieちゃんに痩せたでしょうと言われる。ばれちゃしょうがない。私少し痩せました。ふっふっ。スコッチダイエットプロジェクト継続中。

きん
by climber-kin | 2006-11-28 23:52 | B-PUMP | Comments(3)

2006年11月26日、金毘羅

11/26、金毘羅

今日は、木曜日に続き今日も金毘羅モンスターパニック。メンバーは木曜日のゴン助さんに加え、TomさんとM代っち。Tomさんもモンパニトライに参加。コンディションは木曜日よりは弱冠よい。だが、気温は低く。そろそろ金毘羅のシーズン終わりを感じる岩の冷たさだった。

(1) NEW(9)、ウォーミングアップ
岩は冷たいのだが、あまりホールドを握らなくて登れるので、冷たさも気にならない。

(2) ピョンピョン(10c)、×
M代っちの今日の課題。ヌンチャクがけする。春に1便出しているのだが、限りなくオンサイトトライに近い。そして、やはり手順が難しい。しかも、最初の2p分下からヌンチャクをかけてトライしたのだが、なんと一本もヌンチャクを持たずにトライしてしまったのだった。やってしもうた。ホールドにマーキングしながら、手順を解説。このルート、私はいつになったらRPできるのだろうか。

(3) モンスターパニック(12b)、×
11:00ぐらいだったろうか、まだ岩が冷たい。前回修正したムーブを確認しながら登る。だが、6-7p間がどうしてもしっくりこない。

(4) モンスターパニック(12b)、×
6-7p間の手順を変えてみる。裏目にはまる。右手ラップ持ちがいま一つ。体を振るのが苦しい。踏み変えがないように足運びを修正する。うーん、こちらの方が楽そう。7-終了点、またまた、画期的な楽なムーブを見つけてしまった。

(5) モンスターパニック(12b)、×
やはり、手順をさぐりながらの3便目は苦しかった。6-7p間でテンションしてしまう。やはり、右手ラップ持ちで左上カチ取りのムーブで力を使う。テンションかけた後、終了点まで行く。最後恐怖に負けて終了点を掴んでしまった。完全にブラックな1テン。6-7p間を除いて、ほぼムーブは完成したと思う。そして、この6-7p間の問題は、帰りの車で考えたのだが、右手に力を入れすぎているのが問題なのではないだろうか。いまひとつ持ちずらいので、力が入って、思いっきり手で引いている。そのため、体を左へ振れない。振れないので、右足をプッシュして無理やり、次の左手カチを取りに行っている。そこに無理があるような気がする。たぶん、ふっと、右手の力を抜けば、体が自然に左へ振れて、左手カチがとれるのではないだろうか。

やはり、12b。そう簡単には登らせてくれない。今日で7便。前回の修正部分のブラッシュアップ。さらに、2ヶ所ほどでムーブ修正した。特に7-終了点間の手順はかなり楽になったような気がする。あと二日ほしいところだが、金毘羅の今シーズンは終わりかなぁ。来週から二子になりそうだ。どこか、平日でもう一日だけトライしにいきたいのだが、天気がいまひとつ。チャンスはあるか?。やはり今シーズンの金毘羅は終わりかも、残念。ゴン助さんは、最後のチャンスをものにして、本日みごとRP。おめでとうございます。春からの長期間に渡るトライ、お疲れ様でした。TomさんもピョンピョンをしっかりFLし、モンパニでずいぶん楽しめたようでよかったですね。M代っちは、苦労しながらもNEW(9)をFL。ピョンピョン(10c)を2撃。カバのふく子(10a)をFL。いよいよ乗り込みを覚えられたか。みなさん、今日もありがとうございました。

○ 定番ウォーミングアップNEW(9)を登るゴン助さん
b0037220_22112620.jpg


○ モンスターパニック(12b)をトライするゴン助さん
b0037220_22115681.jpg


○ モンスターパニックをトライする私
b0037220_22121237.jpg


○ モンスターパニックをトライするTomさん
・Tomさん、かっこいい。だけど体振りすぎ、腕疲れないですか?
b0037220_22123114.jpg


○ 今週のスコッチ
・蒸留所、GLENFARCLAS。傑出したモルト。ビッグで、非常に複雑で、レーズンやアーモンドや生クリームを思わせる風味を伴う。スペイ川沿岸の最も密に蒸留所がある地域で、グレンファークラスは、最も上流の方にある。J&Gグランド所有。(Scotland and its Whiskiesより)
・Glenfarclas、Single Highland Malt Scotch Whiskey、12年。
・このスコッチ、不思議な味がする。解説通り、いろいろな味がまざっているようだ。
・モンパニ、ボルダームーブからストレーニアスな後半。いろいろなエッセンスがつまっているいいルート。モンパニに乾杯。そして、絶対に登りたいルート。
b0037220_17564369.jpg


きん
by climber-kin | 2006-11-26 22:00 | 金毘羅岩 | Comments(6)

2006年11月23日、金毘羅

11/23、金毘羅

天気予報で、北川へ行くか神の戸へ行くかとても迷った。朝から雨だと乗っ越しがある北川は厳しい。結局朝6時の天気予報を見て決めることにする。今日は、ゴン助さんと二人だ。朝、雨が降っていない。しかも、どこも曇りの予報にかわっている。そして、二人が向かったのは、北川でもなく神の戸でもなくモンスターパニックの待つ金毘羅だった。

(1) NEW(9)、ウォーミングアップ
ウォーミングアップは、これしかない。

(2) モンスターパニック(12b)、×
春に指を壊しながらメリーゴーランドをRPした直後に一便だしている。ただ、指が痛くて下部ボルダー部分は話にならずパスしている。実はボルダー部分がとても心配だった。逆に上は何とかなるかなぁなんて甘い考えを持っていた。下部ボルダー部分、ゴン助さんのムーブを実際にやってみると、難しい。テンション。少し考えて、手順を変えてみた。うーん、こちらの方が断然楽に感じる。ボルダー部分終わりのニーバーレスト。拷問だ!。そしてストレーニアスな後半。4-5p間、別にできるんだけど、力使うなー。5-6p間、左手指ジャムが下に引けず、ガストンのように力を入れてしまう。春はしっかりジャムできたんだけどなぁ。6-7p間、テンションかけてだと抜けられるが、こんなムーブは下から続けてできるわけがない。7-終了点、迷ったがなんとか固まる。問題はここでどれだけ疲れているかだ。春に触った記憶とはずいぶん違った。

(3) モンスターパニック(12b)、×
下部ボルダーは無難にこなし、中段ニーバーへ。うーん、痛いナァ。がまんしきれず、RPトライでもないので、休みきらずにスタート。やはり、4-5p間疲れるが、これでやるしかないか。5-6p間、さらに疲れるように、左手ジャムで下に引くのではなく、ガストンっぽく力を入れて、次のわしずかみホールドへ行ってしまう。6-7p間、後半の核心だ。ゴン助さんは、右手でホールド持って、ふりながら7p目クリップホールドを取りに行くが、私は左手でホールド持って、正対で取りに行っている。7-終了点、固めたムーブを再確認する。うーん、厳しい。

(4) モンスターパニック(12b)、×
ボルダー部分抜けてからの中段ニーバーへの数手。濡れていることもあり、はまってしまいパンプする。いまだに手順が決まっていない。ニーバーまでは行ったのだが、既に終わってしまった。当然、回復せず、後半へ。今日は終わってしまったようだ。ムーブ最適化モードへ変更する。5-6p間は、他の人のように左足を上げてキョンしながら、左手ジャムすると、私の場合、左手ジャムを下に効かせられないことが判明。5p目クリップしたキョン足のまま、体が左よりに上がらないようにして、左手ジャムすることにする。そして、問題の6-7p目。4種類ぐらいの手順をやってみるが、どれもできるのだが同じぐらい厳しい。そして、最後に、一番楽なムーブをみつける。これだ。

先週に引き続き、「4便目の男」が「2便目で終わる男」になってしまった。まぁ、ムーブさぐりながらじゃ、しょうがいないか。何とか、手順は決まったようだ。後は便数だしてコナレテいくしかない。ゴン助さんも私のムーブを2ヶ所取り入れたようだ。ゴン助さん、今日も、おつきあいありがとうございました。また、宜しくお願いします。

○ モンスターパニック(12b)のボルダー部分
・私の手順でBPの4級ぐらいか?
b0037220_20404758.jpg


○ モンスターパニック(12b)後半の核心部分
・やはり、12bはムズイぜ!。
・4級ボルダーこなした後に12a登るような感じ。
b0037220_20411477.jpg


きん
by climber-kin | 2006-11-23 20:45 | 金毘羅岩 | Comments(16)

2006年11月21日、B-PUMP

11/21、B-PUMP、2時間ちょっと

火曜日のいつものメンバは、木曜日休みということもあるのか、M代っちぐらいしかいなかった。外岩の次のBPは、テンションが下がるというか、まったりモード。4級の復習ではまってしまう。だけど、この4級。3級よりムズいんじゃない。多便トライで最後は本気モードで、なんとか再登。あんまり再登してない4級とか登って、最後に、やはり再登していないBandItの3級。登れなかった。やはり、BandItの課題はムズイや。次回は、これからやるかな。

きん
by climber-kin | 2006-11-21 23:47 | B-PUMP | Comments(0)

2006年11月18日、北川、北落師門RP

11/18、北川の岩場

「北落師門12aを6便目でRP!」

今日は久々に大勢となる。Tomさん、○べちゃん、M代っち、シュクラさん。よねひこさんもパートナーさんを連れて上がってこられた。北川の岩場は今日も満員御礼。昼ごろから、少し気温が緩み、楽になったが、午前中はとても寒かった。そして、今日の狙いはもちろん前回からトライしている北落師門。

(1) もうすぐ七夕(8)、ウォーミングアップ
桧フェースの5.8よりは、ずいぶん登り易い。

(2) 茶摘み唄(10c)、×
なんだか、前腕が張る。ラインもわからずテンション。チャートはホールドがわかりずらい。岩が冷たいこともあり、ずいぶん前腕がはってしまった。

(3) 北落師門(12a)、×
まだ、気温も低く、岩も冷たいが一便目。今冬、きんちゃくくん(カイロ)の初登場。下の2pだけプレクリップ。その上からはマスターになるが、いけそうなら一発できめたいところだ。だが、何だか今日は前腕が張る。最後の核心手前でパンプしきってしまった。冷たいせいかもしれない。一週間の展示会の仕事で疲れたからだろうか。昨夜あまり寝ていないせいだろうか。今日はもしかしたら…。ちょっと、いやな予感が走る。乗っ越しのムーブをかためる。2回ほどリハーサルした。なんで、これまで、しっかりやっていなかったのだろうか。最後のクリップを左足ヒール&トゥ。右手ガバからクリップ。左足を一段上でヒールして、左手少々上のカチ。そのままクロスで右手を上の方へ送り、左足をリップに上げて、いっきょに乗り込む。

(4) 北落師門(12a)、RP
1時間以上休んだのだが、前腕のパンプのダメージが少々残る。今日は、とてもパンプしやすい。それでも、トライするしかない。やはり、体が重く感じる。弱気になってもしかたがない。決めたムーブをこなすだけ。最後のクリップ。そして、先ほど決めたムーブで乗っ越す。うっ、右足のつま先が岩にひっかかって、失速して体が上がりきらない。やばい、ふとみると、左手サイドカチがある。ひっかかっている右足をはずし、冷静に左手カチをとり、右手を次のホールドへ。右足をリップにあげる。やったー。

(5) ミンボー(12a)、初見、×
既に終わっていた。北落師門と共通の下部もめちゃくちゃな登りになってしまった。北落師門、2便目に登れてよかった。だけど、このミンボーは力がいる。傾斜の割りにホールドがよくなく、横を向いている。乗っ越す元気なく。回収。次回がんばります。

今日は、冷たい岩に慣れていないせいか、疲れていたのか。前腕がすぐに張ってしまった。今日は3-4便目でのRPはなかったような気がする。2便目で北落師門をRPできて、本当によかった。あやうく、持ち越すところだった。乗っ越し部分を前回、しっかりムーブを固めていなかったことがくやまれるというか、いい加減だった点は反省したい。Tomさんは、本日2便目で謙譲の美徳をRP。M代っちと○べちゃんは、同じく謙譲の美徳をがんばりましたが、もう少しでしたね。シュクラさん、ムーブがつながり、RP体勢。次回はいけそうな気配ですね。みなさん、今日も楽しく登れました。ありがとうございました。また宜しくお願いします。

○ 謙譲の美徳(11a)をトライするM代っち
・11aにしてはムズイよね。
b0037220_22275488.jpg


○ 北落師門(12a)とトライするシュクラさん
・ムーブは固まったようだ。次回、いよいよRPトライですね。初12aですか?がんばってください。
b0037220_22284824.jpg


○ 謙譲の美徳をトライするTomさん
・この次の便でRP。
b0037220_223054.jpg


○ 北落師門をトライするTomさん
b0037220_2232725.jpg


○ 今週のスコッチ
・蒸留所、Talisker。スカイの有名な蒸留所で、胡椒のようなウィスキーを造っている。UDV/ディアジオ所有。(Scotland and its Whiskiesより)
・TALISKER、The Only Single Highland Malt Scotch Whiskey from The Isle of Skye、10年。
・味が濃い。歴史的ルート、北落師門に乾杯。今日もスコッチがうまいぜ。
b0037220_2233122.jpg


きん
by climber-kin | 2006-11-18 22:08 | 北川の岩場 | Comments(18)

2006年11月16日、B-PUMP

11/16、B-PUMP、2時間

めずらしく、こーたろーさんがBPに来ている。肩に加えて、展示会で立ちっぱなしで腰がやられているようだ。復習シリーズを多くして、登れていない課題のトライを少なくした。人のムーブを見たり、Tomさんに助言してもらったり、3つの登れない課題にヒントをもらう。次回はがんばろう。

きん
by climber-kin | 2006-11-16 23:30 | B-PUMP | Comments(1)

2006年11月14日、B-PUMP

11/14、B-PUMP、2時間半

今日は、Tomさん、M代っち、ゴン助さん、そして山梨からたいちくんがくる。土曜日の筋肉疲労が残っている。特に肩が痛い。だけど、復習シリーズでがんばる。3級、4級の再登をたくさんした。M代っちに対角のバランスを教えるが、ちょっとわかりずらかったようだ。教えることは難しい。

きん
by climber-kin | 2006-11-14 23:57 | B-PUMP | Comments(0)

2006年11月11日、有笠山

11/11、有笠山、フェアリー

先週に引き続き、北川の予定だったが、雨の予報。急遽、有笠へ変更する。沢渡温泉トイレに到着するころには、しっかり雨が降ってきた。雨の予報なので、誰も来ないだろうと思っていたのだが、続々パーティがやってきて、今日も満員御礼。雨が降ったりやんだりでホールドが湿っぽくはあったが、何とか一日登ることができた。

(1) 夢見る頃(11a/b)、ヌンチャクがけ
M代っちがトライするとのことで、ウォーミングアップがてらヌンチャクがけする。

(2) 非牡丹博徒(12a)、×
このルートをトライするクライマーを何度も見ているが、自分がトライするのは初めてだ。そして、5月に見た、たいちムーブがすりこまれている。下部は自然に手順が決まったが、核心が????。そこにマオさん&Chieちゃんがやってきた。Chieちゃんにリップのカチを使うんですよと助言される。確かにカチがあった。全然気づかなかった。なるほど、右手でリップカチ。左手リップスローパーにマッチ。右足、少々ハイステップ気味にして、右手浅い穴へデッド。さらに右手穴ホールドへ飛ばし。たしかに、これがたいちムーブだ。

(3) 非牡丹博徒(12a)、×
3p目クリップが少々いやだが、順調に核心に到着。せいので右手浅い穴へデッド。あれ決まっちゃったよ。まだ、心の準備ができていなかったのか、次の飛ばしであっさり落ちてしまった。あれっ。だけど、いけるかも。

(4) 非牡丹博徒(12a)、×
今度も3p目のクリップで力を使うが、核心へ突入。右手浅い穴へのデッド、なんなく止まる。さらに飛ばし。止まっちゃったよ。もらいかも。あれ、ちょっと穴奥まで手が入ってないぞ。しまった。左手を離してしまった。このまま行くしかない。ありゃりゃ。足を踏み変えた直後に降られてしまい、フォールしてしまった。横方向に指がひっかかってるだけだとふられないように右足しっかりフラッギングしないとだめなんだ。落ちてから気づく。悔しい。

(5) 非牡丹博徒(12a)、×
3p目クリップを改良してトライするが、なんてこったい。裏目に出てしまった。右手穴を取った瞬間に左手がはずれてしまった。力十分な最後のトライだったかも。悔やまれる。

(6)(7)(8) 非牡丹博徒(12a)、×
結局。三便目を逃したのが痛かった。悔しい!7便目は、核心落ちて、気持ちのテンションが切れて、もうボロボロ。チョンボ棒でトップアウトして回収。

(9) 夢見る頃(11a/b)、回収
こちらも、もうボロボロ。ヌンチャクつかみながら回収。

非牡丹博徒、今回のムーブだと核心3級。下から続けてB-PUMPの2級かムズ目3級ぐらいに感じた。日ごろのBPキングコブラ壁の修行の成果を出すはずだったのだが、残念。小川山で何度かおみかけした、めちゃ強い熟練クライマーが同じ手順をキョンで登っていた。えっ、もしや、キョン可能?次回の機会にはRPしたい。M代っちは、夢見る頃ではまってしまったが、3便目?でムーブ解決し、トップアウト。この傾斜は初体験でちょっとかってが違ったようだ。だけど、次回はいけるでしょう。雨でもなんとか登ることができてよかったよかった。非牡丹博徒は、もうちょっとだったし、十分に楽しめました。お疲れ様でした。

○ 追伸、今週のスコッチ
・蒸留所、Auchentoshan。3回蒸留法を使う、クラシックなローランドの蒸留所。草っぽく、レモンのようなウィスキー。モリソン・ボウモア所有。(Scotland and its Whiskiesより)
・The Triple Distilled, LOWLAND Scotch Whiskey、10年。
・一夜たった今日は、体中痛い。短いルートだったけど、筋肉痛だ。そんな体によくしわたる。
b0037220_1931526.jpg


きん
by climber-kin | 2006-11-11 23:15 | 有笠山 | Comments(5)

2006年11月9日、B-PUMP

11/9、B-PUMP、2時間半

復習シリーズをこなした後、登れていないキングコブラ壁のムズイ3級茶矢印。今日は、フリクションがいい。3トライ目で完登。この壁の残る3級はあと二つ。気をよくして、例のBandIt壁の2級課題をトライするが、三手目が止まらなくなってしまった。足が滑る。なかなか2級を登らせてくれない。1級は遠いなぁ。復習シリーズに戻り、前回凡ミスで再登を逃したキングコブラ壁のスローパー一手もの2級を4トライで再登する。当面、4級まで復習->登れていない2-3級->2-3級の再登のパターンでいこう。よれてきたところで、3-4級をこなすというのが、12台RPのポイントでもあるだろう。一つのトライの中での疲れとは違うが、そんなイメージを持って22時台はトライしたい。今日は、いつもの顔が少なかった。M代っちに足への乗り込みに続き、バランスの中に軸を作る意識を教えた。登れなかった5級課題を登り、ムヅイ4級もいけそうじゃん。動きが、けっこう、いい雰囲気になってきたんじゃない。がんばれ!

きん
by climber-kin | 2006-11-09 23:51 | B-PUMP | Comments(1)