<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2007年2月28日、B-PUMP

2/28、2時間半

水曜日にBPに現れると、めずらしがられる。だけど、しばらくは毎週水曜日です。今日も、V10の履きこなし研究。4級再登トレーニングまで使ってみる。うーん、ダウントゥーしているので、足裏の角度がアナサジと異なる。無意識に足を置くとバランスが悪くて、手で登ってしまう。正面から押し付ける感じの乗り方は大丈夫なんだけど、靴横向けた状態でフットホールドに乗るときに、真上からのれない。意識しないと修正できないや。必死になっていると、いつもの感覚で置いてしまう。ダウントゥとそうじゃないシューズの同時進行は難しいのか。V10を外で使ったことがないのと逆で、ドラゴンレースはジムで使ったことないけど、ドラゴンもジムで履くと実は同じ感覚になるのか。うーん、研究は続く。それで、またまた、穴あきアナサジベルクロが活躍してしまう。ケーブエリアで、登れていない課題を物色。3級一本登れた。当面、BPでV10だけだと苦しいので、アナサジベルクロでも買っておくかとショップへ行くと、アナサジVERDEが置いてある。しかも、入荷直後でサイズがそろってる。思わず履いてみる。これは慣れ親しんだアナサジと同じ履きごごち。ジムで履くには底がちょっと固いけど、そこはファイブテン。すぐに、柔らかくなるだろうと見込んで、即購入決定。旧アナサジベルクロとアナサジレースはUS8.5。VERDEはUS8でした。K師の情報では、新アナサジベルクロもヒール部分が改良され、ハーフサイズ小さいのが履けるようになったようだ。それにしても、V10、ドラゴンはUS10で、VERDEはUS8。ファイブテンさん、何かおかしい。

○ アナサジVERDE
・花崗岩用として考えていたが、まずはジム用として購入。
・ジムは柔らかいシューズで足指を鍛えたほうがよいとはわかっているのだが。
b0037220_783493.jpg


きん
by climber-kin | 2007-02-28 23:51 | B-PUMP | Comments(2)

2007年2月27日、B-PUMP

2/27、B-PUMP、1時間

今日も、シューズ慣れを目的に軽く登る。たぶん、明日も登るしね。靴底自体はそれないほど固くないので、しっかり押してあててから、乗ればいいんだけど。右足側は、少し小さくて、扱いずらい。V10で4級を登ってみた。うーん、苦しい課題だと、やっぱり、なんだか登りが微妙に崩れるなぁ。結構はきこなすまで時間がかかりそう。だけど、急激に柔らかくなってきているので、気にしないでも普通の靴になってしまうのかもしれないけど。

きん
by Climber-Kin | 2007-02-28 08:16 | B-PUMP | Comments(0)

2007年2月26日、B-PUMP

2/26、B-PUMP、1時間

ジム履きのアナサジベルクロに穴があいてから、久しい。ようやく、ファイブテンのV10/US10サイズを入手できた。そして、今日は靴慣れに1時間全部を費やしてしまった。まだまだ、慣れきれていない。二子ではドラゴンレースを使っている。このV10、見た目はドラゴンのスリッパ版のようで、ドラゴンと同じ感覚だと思っていたのだが、ターンインがきつい。それと、つま先が靴の中でドラゴンより下を向く構造になっているようだ。正対登りは問題ないのだが、当然のことながら、アウトサイドエッジが使えない。キョンはやりずらい。登り方がかわりそうな靴。ジムで、普通の靴も併用した方がよいかも。アナサジ買うか? ジムでもドラゴン使えばいいじゃん。いや、違う靴も履いてみたい。シューズ研究に終わりはない。それと、カラファテでV10買ったときに気になるシューズを見つけた。スカルパのティフォージ。ドラゴンのダウントゥ+ミウラーのエッジング性能らしい。履いたことがあるらしい有名クライマーが絶賛していた。110度ぐらいまではいけそう。今シーズンの花崗岩はこれか?

私は、アナサジレース、アナサジベルクロはUS8.5サイズですが、ドラゴンとV10はUS10です。この二つ、購入する際はサイズに要注意です。

きん
by Climber-Kin | 2007-02-27 07:42 | B-PUMP | Comments(6)

2007年2月24日、二子山

2/24、二子山

今日で2月の週末も最後になってしまった。メンバーは、ノースマウンテン狙いのこーたろーさん、おいしいよ狙いのたいちくん、モダンラブ狙いのTomさん、ピヨピヨ狙いのM代っち。そして、マイライフ狙いの私。RPトライ体勢の5人でやってきた。果たして何人がRPできるのだろうか。私は4便出した次回の2便目、今日こそはと期待だけは膨らんで二子へやってきた。そして、天気予報は温度もあまり上がらず風が強いと出ていて、今日は厳しいかなぁと想像していた。だが、寒くて全く登れないというほどまでは冷えなかった。それでも、岩は冷たく、やはり、マイライフはとてもつらかった。

(1) 高く登れ(10b)、ウォーミングアップ
(2) 高く登れ、TR
このパターンがいい。

(3) マイライフ(12a)、×
我慢して、1便目遅めにしようと思っていたのだが、今日は岩が冷たいので、2便目以降のために、手を熱くしておこうと、少しだけ早めに出す。相変わらず、最初のムーブがいやだ。10回に1回ぐらい落ちるムーブ。どうしても力が入る。ムーブは少しぎこちないが、それでも元気な一便目体が軽い。順調に5p目クリップまでいく。左手アンダーさしてから、前回決めた、先に右足からを上げ、次に左足上げて左手カチへ。さらに、右手あまりよくないカチを持って、せーので左手例の穴へ。止まった。だが、少し下側だ。うにうに上側へ持ち替えられない。そのまま、右足上げて、一か八かで右手をカチへ、フォール。

(4) マイライフ(12a)、×
そして、本日2便目。今度も順調に5p目クリップまでいく。順調にきてはいるものの、どうしても、この時点で、よれている。左手カチきめ、足踏み替えて左足あげて、右カチ。今度こそ、うりゃーと左手を例の穴ホールドへ出す。さきほどよりは、いい位置。だが、右手に余裕がないのか。左手も冷たくて棒のようになっていて、持っている感触がない。それでも、右手をサイドカチへ、フォール。

(5) マイライフ(12a)、×
16:00を20分ほど過ぎた。今日最後のチャンスだ。大勢の人が応援してくれている。前の二つの便と同じように例の穴までくる。さっきよりは持てているのだが、やはり、手の感覚が棒のようだ。だけど、ガンバだー。右手を出そうとするが、フォール。

(6) マイライフ(12a)、ムーブ修正便
今日三回落された例の穴。実はようやく本当の核心にたどりついたのかもしれない。ただ、ほぼ確実に、ここまではこれるようになった。だけど、3回とも落された。テンションかけてからだと何でもない、ちょっとだけ悪いムーブ。もしかしたら、岩がもう少し暖かくて、左手の感覚があれば、登れたのかもしれない。いやいや、何かを変えなければ、登れないんだ。ちょっとだけ休んで、急遽ムーブ修正の探り便を出すことにした。まず、出だし。T田ママ、M代っちがやっている右手ガストンから左手薄いコルネを取るムーブへ変更してみる。あれー、こっちの方が全然確実だ。次のアンダーガバへ右手出す際に、右足が手に足に近くなって厳しいと思い込んでいたのだが、それを差し引いても、こちらの方が楽だ。そのまま、登ることにする。よれながらも、右トラバースをこなし、指がよれて危なかったが5p目クリップまでして、力尽きる。さらに、例の核心。ミポリンがトライしているのを見ている際に見つけて、ちょっと気になっていたホールド。例の穴をとるのではなく、その手前のホールドで左手ガストン持ちして、右足を上げてみる。ちょっと力がいるが、こちらの方が確実性が高い気がする。肩の筋肉で抑えることができる。これだ。3回連続してリハーサルしてみた。指がよれよれだが、できるぞ。24便目にして、思い切ってムーブ変更しよう。次回はこれでトライだ。

今日も登れなかったマイライフ。ワンテンになったのは、かなり若い数の便数だった。そこから、一手づつ伸ばしていった。しかし、そのたびに、核心が一つづつ上へ移動していった。そして、今日、ようやく最後の核心にたどりついたようだ。他の人と違って先に左足おくっておけるので得していると思っていたのだが、左手出しで、穴の下部分しか持てないので、それはそれで辛いのだ。今日の最初の便で、この最後の核心までいくことができた。だが、それから3回とも同じ場所でフォール。今日で24便。これまで、いろいろなルートのRPをしてきたが、やはり、最後にムーブ修正して登れたルートが殆どだ。このルートも例外ではないだろう。テンションかけてムーブを起こせば、ちょっと悪いけど失敗するような難しいムーブではない。だが、下から繋げるとよれておとされる。もっと確実なムーブへ修正しよう。本日4便目にムーブ修正するためのワーク便を出した。例の穴を使わないムーブに思い切って変えてみよう。さらに出だしのムーブも変える。私にとっては、とても手強いルート、マイライフ。だが、次回こそ、この手順でRPしたい。M代っちは、ピヨピヨ(11b)をみごとにRP。このピヨピヨ部分で疲れるから、私はマイライフを登れないんです。ムーブにはりがあって、かっこよかったです。次回はジョーズ? こーたろーさんは、ノース、最後の核心で2度落される。次回こそはいけるでしょう。たいちくんは、おいしいよ、みごとに核心抜けてから、痛恨のチョンボ。Tomさんも、モダンラブ、核心抜けて、あれれ?結局、RPトライでやってきた5人のうちRP果たせたのはM代っち一人でした。帰りは、天狗坂ドライブインへ、だんごちゃん、H田さんたちがいた。今日も、最後は満腹で帰りました。みなさんありがとうございました。次回もがんばりましょう。

○ クレーター(11b)でアップするたいちくん
・このルートでアップするのは、ウッチーとたいちくんだけ?
b0037220_0395792.jpg


○ ノースマウンテン(12a)をトライするこーたろさん
・二子中注目のなか、最後のムーブで落される。おしい。
b0037220_15223067.jpg


○ ピヨピヨ(11b)をRPするM代っち
・おめでとう。
・またまたみんなの助言、次はノースでしょ?を無視して、ジョーズ(11c)なのかな?
b0037220_046431.jpg


○ マイライフ(12a)の核心の穴ホールドを持つ私
・このホールド、すべすべ過ぎ。
b0037220_044394.jpg


○ マイライフをトライするT田ママ(盗撮)
・私の知っているうちでは、CHIEちゃんが最初にトライしてRP。その途中から私が参戦。MAO氏もたまにトライしているようだ。T田ママがその後、参戦。JINさん一便だけ出す。さらに、SVPをRPしたミポリンが参戦。
b0037220_0422318.jpg


○ おいしいよ(12c)をトライするたいちくん
・二子中が注目の中、今日もやってしまいました。核心抜けてから、あれれー。
b0037220_048637.jpg


○ モダンラブ(12a)をトライするTomさん
・核心抜けたのに。あれれー。
・最後、油断ならないんですよね。だけど、4便で核心ぬけちゃうのはすごい。さすが。
b0037220_0491588.jpg


○ 今週のスコッチ
・蒸留所、DALMORE。「シガーモルト」とリッチ、マスタード風味の食後向きのウィスキーは、インバネスの北にある、魅力的なハイランドの蒸留所で造られる。
・THE DALMORE CIGAR MALT, SINGLE HIGHLAND MALT SCOTCH WHISKEY。
・何年ものか書いてない。
・アップル、フルーティ系の味。少し甘いかも。マイライフ、ムーブ修正。私の考えも甘いかもね。
b0037220_0262334.jpg


きん
by climber-kin | 2007-02-25 00:02 | 二子山'06-'07 | Comments(4)

2007年2月21日、二子山

2/21、二子山

二子依存性症候群。私も病状が進行してしまったようだ。平日に有給とって、マイライフをトライにM代っちと二子へやってきてしまった。春のような天気。絶好のRPびよりだ。そして、平日抜け駆け二子にRPなしのジンクスは破れるのか。今日の弓状は、平日というのに、群馬チーム多勢。そして、K師と松さん(K師は任侠。松さんはノースをトライしていた。)。ウッチーにK原さんが来ていて、全部で12名ぐらいだっただろうか。なぜか、モダンラブが大人気だった。

(1) 高く登れ(10b)、ウォーミングアップ
(2) 高く登れ(10b)、TR
リードしたあと、そのままTRで登ってみた。

(3) マイライフ(12a)、××
12:30に一便目。暖かいとはいえ、まだ岩が冷たかった。5p目クリップ後、左アンダー差しから、左足上げるところで左手抜けて、スローモーションでフォール。前回、左足から先に上げれば、落ちないはずだったのに。なんてこった。ようは左手アンダーがツルツルなのだ。力がいるが、右足先に上げるムーブに修正。

(4) マイライフ(12a)、××
あせって、ちょっとピッチが早かったか。14:00に2便目を出す。そして、5p目クリップ後、左手アンダーさして、今度は右足を上げて、左足を上げるところで、またしても左手アンダーが滑って落ちる。なんてこったい。

(5) マイライフ(12a)、×
16:00に3便目を出す。今度は左手アンダーは滑らずに、右足、左足とあげて、左手カチへ飛ばす。そして、右手カチを持つ。だが、3便目のためか、よれている。なんとか、左手を穴ホールドへ。止まった。だが、ホールドが利く上側まで指をさし入れる、心も力も余裕がない。しかたなく、そのまま右足を上げようとして、左手滑ってフォール。悔しいー。あと2手。

(6) マイライフ(12a)、××
陽が長くなった。まだ太陽が沈む気配がない。ダメとはわかっていても、もう一便だすことにした。17:00ごろか。限られた時間で、できる限り回復を待ち、本日最終トライ。だが、3便目でよれていては、4便目で登れるわけがない。それでも、5p目クリップして、左手アンダーも耐えて、せーので左手カチへ。届かず。だが、この疲労で、どの程度の感覚なのか確かめることができた。

二子の平日抜け駆けはRPできないというジンクスを破ることはできなかった。そして、ついに20便当確してしまった。さらに、最も難しく感じた12aも、このルートを登れたら、火の鳥からマイライフへ自動更新。二子の12bをトライする前に軽い気持ちで取り付いたマイライフ、みごとにはまってしまった。今日は、休みをとってまで来たのだが、自分の力のなさとミスでRPできなかったことは納得できて、ある意味すっきりした気分で帰ることができた。本日2ヶ所修正。それは、ホールドの持ち方とか、足を上げる順番とか、とても細かいこと。それと、ホールドの利き具合をしっかり覚えることができた。次回は失敗しないぞ。それにしても、2便目の失敗が悔やまれる。だが、4便だせた次回の2便目。今度こそはRPしたい。M代っちも、ピヨピヨ(11b)で、ムーブを固め、次回はRPトライだ。今日もありがとうございました。次回もがんばりましょう。

○ 17:10ごろの二子弓状
・陽が長くなった。
b0037220_21574028.jpg


きん
by climber-kin | 2007-02-21 22:06 | 二子山'06-'07 | Comments(4)

2007年2月19日、B-PUMP

2/19、B-PUMP、1時間

時間が短い時は、再登トライ。だが、久々の3級は、結局手順を思い出せず。次回またトライしよう。だけど、最初から飛ばしすぎたか、間髪いれず、4級連続で疲れてしまった。いくらなんでもペース速すぎた。

きん
by climber-kin | 2007-02-19 21:34 | B-PUMP | Comments(0)

2007年2月17日、二子山

2/17、二子山

今週も当然二子。メンバーは、Tomさん、こーたろーさん、たいちくん、M代っち。そして現地集合でプラクライマさんの今週も6人の大所帯となる。ゴン助さんは、風邪でお休み。天気予報は遅くなって雪。朝から薄い雲が広がり、昼過ぎからは雲が厚くなってきた。当然、寒く、マイライフ周辺は、今日も岩が冷たい辛い一日だった。

(1) 高く登れ(10b)、ウォーミングアップ
(2) 高く登れ(10b)、ウォーミングアップ
いつもだと、バイパス(10a)へいくのだが、バイパスは右手を結構消耗する。今日は、同じルートを2回登ってみる。

(3) マイライフ(12a)、××
終了点以外は下からヌンチャクをかけられる。ピヨピヨをトライしたM代っちに、終了点だけヌンチャクをかけてもらう。岩が冷たいので、先に昼飯を取り、12:30ごろに一便目を出す。さすが一便目、体が軽く。力に余裕がある。だが、岩が冷たい。右トラバース最初の右手アンダーがいまひとつ、持ちづらい。持ち直しているうちに、ちょっと疲れる。そして、4p目クリップしている最中に右手が冷え切り、5p目クリップするころには、左手も冷え切る。それでも何とか5p目クリップして、左手アンダーへ。ここで、右足を一段上げようとして、左手アンダーが滑って抜けてフォール。うーん。冷たい。

(4) マイライフ(12a)、××
ちょっとインターバルが短かったが、これ以上暖かくなるとは思えないので、14:30ごろに2便目を出す。一便目の冷たさで、ちょっと右手がやられている。やはり、右トラバースの一手目が持ちづらく、リズムが乱れる。今回は4p目クリップを飛ばしてみる。だが、あまり楽にならない。なんとか、今度も5p目クリップ成功。そして、左手アンダーで足を上げようとして、またまた左手アンダーが滑って落ちる。うーん、どして落ちるかな。いろいろ考えたが、右足を先にあげようとすると、左手を手前に引かなければならないので抜けてしまうことが判明。左足から先に一段上げると手が滑らないことが確認できた。だけど、ここから、まだ5手あるこのルート、私に登れるのだろうかと、またまた大きな疑問がわいてきた。

(5) マイライフ(12a)、×
よどみなく、スムーズにムーブをこなすことを心がけた。右トラバースもアンダーが少々持ちづらくても、そのまま流れにのって、マッチ。左足バックステップ気味に穴ホールドへ。そこではシェークせず、そのまま、右手を例のガビホールドへ飛ばす。左手穴ホールド取り、体勢を整えてから、4p目クリップする。左手穴ホールドで、右手シェーク。これまでで一番余力がある。両足上げてキョンで、5p目クリップ。左手アンダーさして、今度は間違えなく左足から上げ、そして右足を上げ、いちにの3で左手カチへ。止まった。足踏み替えて、左足を左へ送り、少々シェークしながら、右手カチへ。うん、持ち損ねたが、親指添えて、せーので左手穴へ。あー。右手滑ってフォール。だが、手数が三手進む。残り三手。またまた、光が見えてきた。

マイライフ、これで16便。ようやく、RPの可能性を期待できるムーブが固まったという感じだ。今日も何度もトライやめようかとも思ったのだが、進歩がある限りトライせねばなるまい。幸いにして、最後の右手カチからの一手は、私は、先に左足を送っておける。次の一手、左手穴ホールドが止まりさえすれば、たぶん、いけるだろう。次回は登るぞー。こーたろーさんは、ノースで何度もワンテン。4便だせた次回の2回目。もう、いけるでしょう。Tomさんは、モダンラブに初トライ。ボルダー強いTomさんには基本的にムーブには問題なし。早く手順を固めて今シーズン中にRPですね。先週おしかった、たいちくんの「おいしいよ」は、やはり今日は岩が冷たく、ちょっと後退。M代っちのピヨピヨは少しづつムーブの成功率が上がってきた。次回ぐらい、RPできる可能性も見えてきた。プラクライマさんは、ペト。最後の核心がムズイようだ。帰りの天狗坂食堂で、今シーズン中に登るために平日クライミング宣言が出た。だんご姉ぇがペトを執念のRP。いやーすごい迫力だった。おめでとうございます。みなさん、今日もありがとうございました。次回もがんばりましょう。

○ モダンラブ(12a)と初トライするTomさん
b0037220_22551634.jpg


○ SVP(12b)をRPするミポリン
・朝の一発でRP。おめでとう。岩冷たいのに、二子中のみんながあきれる。
・人造人間ミポリンには、温度センサーがないようだ。
・次は、マイライフへ参戦。えー?強い人は12cやってよ~。
b0037220_22555655.jpg


○ 次回のマイライフ
右手小指第2関節にテーピングすること。腕が曲がらないように終始気をつける。呼吸を意図的にすること、特に2p目クリップして、左手を薄いコルネへ飛ばす際は、スーハスーハ、ホイッという感じでらくにらくに。右手サイドアンダー左手、そして、右手笑い目ホールドへの手順時も手に力を抜いて。3p目クリップのレストでは、両足でしっかりガバを挟み両手を交互に3回づつレスト。右トラバースは、一手目持ちづらいが、そのまま迷わず、マッチして次の穴ホールドへ。そして、ここでも躊躇せず、いちにのさんで右手ガビホールドへ飛ばし、足を右へ送って、左手穴ホールドを取り体勢整えて、4p目クリップ。左手穴ホールドで一旦体落して、右手をシェーク。右手をガビホールドへ戻し、右足スプーン穴、左足薄いコルネでキョンして、5p目クリップ。左手アンダー、しっかり親指あてて、左足から足上げて、右足ガバホールドへ上げて、せーので左手カチへ。足踏み替えて、左足送り、右手チョークアップ。右手カチ、しっかり持って親指つけて、左足乗り込み気味に左手穴ホールド。右足ステミング、キョン気味にして、右手サイドカチへ。右足上げて、左手サイドアンダーへ。左足踏み替えて、右足、そして左足決め、キョンして、終了点クリップ。これで、RPするぞー。今週も頭の中でムーブが回る。

○ 今週のスコッチ
・蒸留所、GELN ELGIN。ハチミツのようで、柑橘系(タンジェリン・オレンジ?)のスペイサイド・モルトはこのエルギンに近い蒸留所で造られる。このウィスキーはホワイトホースの原酒である。
・GLEN ELGIN、SPESIDE SINGLE POST STILL MALT WHISKY、12年。
・たしかに、蜂蜜味だが、柑橘系のほのかな味がする不思議なテースト。
・短いけど、内容の濃いマイライフにぴったりだ。次回はRPするぞ。
b0037220_1814301.jpg


きん
by climber-kin | 2007-02-17 23:01 | 二子山'06-'07 | Comments(6)

2007年2月15日、B-PUMP

2/15、B-PUMP、1時間

木曜日は、1時間しか登れなくなった。よって、再登のみのトライにする。キングコブラ壁の何度も登った3級をトライするが、落される、落される。ホールドが磨かれて、ずいぶん進化している。それでも、何とか6便出して登れた。もう一本、3級を2便で再登。他の触った2級と3級は再登できず。私の方は進化どころか退化しているのではないだろうか。

きん
by climber-kin | 2007-02-15 21:26 | B-PUMP | Comments(0)

レスト日のひとりごと

「マイライフの研究、5p目クリップの謎」

いつも力尽きる、5p目クリップする際の右手ガビホールド。下から続けて、5p目クリップできたのは一度だけ。しかも、めちゃくちゃ痛い。岩が冷たいから痛いのだと思っていたのだが、よくよく思い出してみると、テンションかけてからだが、比較的楽にクリップできて上まで抜けていることが2度ほどある。何故、下から続けると右手が極端に苦しいのだろうか。そして、楽にクリップして上まで抜けた際に決めたフットホールド。ところが、その翌週に下から続けてきた時、膝でロープを巻き込んでしまうので、仕方なく左足のフットホールドをガバ足からわざわざ小さな薄いコルネへ一段下げたのだった。うん?何故?もしかして、そうなのかもしれない。きっと、そうだ。無理やりキョンして入れ込もうとしているから、右足と右手がオポジションになって、無理キョンの体勢を維持するために、強引に横へ引いているから右手に余計な負荷がかかってしまうのかもしれない。だから、右手がめちゃくちゃ痛いように思えてきた。右手は素直に手前に引いて、左足を前のガバ足において、キョンしないでクリップしてみよう。そうすれば、ロープも膝で巻き込まないし、足の置き換えが一回減る。たぶん、比較的楽にクリップできた時は、ロープの巻き込みなんて気にならなかったし、きっと、そうしてたに違いない。それと、笑い目ホールド持ってレストする際に右手引っ掛けているのだが、ジャミング気味にしてやってみよう。あとは、4p目クリップしてから、体を少し振って、ちょっとでも右手をシェークできるとよいのだが。右手シェークできないのなら、4p目クリップ飛ばしだ。

きん
by climber-kin | 2007-02-14 23:53 | 二子山'06-'07 | Comments(2)

2007年2月13日、B-PUMP

2/13、B-PUMP、2時間半

キングコブラ壁で4級、3級を再登トレーニングする。調子は悪くない。むしろよい方に感じる。ケーブエリア、はまっていた4級課題、一つだけ、左手飛ばしで解決して登る。他の4級は狭すぎてダメ。しばらく封印。次回からはケーブエリアも3級トライ中心に変更。落とされすぎて指が痛い。

きん
by Climber-Kin | 2007-02-14 07:49 | B-PUMP | Comments(0)