<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007年4月27日、B-PUMP

4/27、B-PUMP、ちょっとだけ

出張帰りにちょっとだけ時間があったのでBPによる。肩の調子を確かめたい。右手保持して、左足アウトサイドでクロス気味に手を出すと痛い。右腕を絞る時に痛みが走る。ペトのムーブを思い出す。出だしに一箇所、3p目クリップあたりでもう一箇所。影響はやってみないと、わからないなぁ。そういうことで、正対登りっぽい課題をやってみる。リニューアルのメインエリア。3級課題がずいぶん修正されている。それに増えている。4級がグレードアップされたり新設されたり。なんだか、登っても登っても、まだまだたくさん残っている3級。新しく設定されている3級、あれ、これは簡単じゃないかい。4級ぐらいか。3便ほどで登れる。次は、前回触ってみて、登れなかった。正面の被ったカンテ3級課題。他の人はなんなく取る3手目。私には左足が狭くて、どうしても取れない。そこで、左手飛ばして、右足ヒールで右手マッチで解決。かなり力がいるが、なんとか完登。こういう登れ方はうれしい。

二子林道復旧したようだ。Mっちさん、情報ありがとうございます。

◆Mっちの「あきらめるな5.13a」 : 4/26の記事参照


そして、二子のコンディションは?染み出しが気になる。関西方面からどっとクライマーが押し寄せたりして、混雑具合も気になるなぁ。

きん
by climber-kin | 2007-04-27 21:57 | B-PUMP | Comments(0)

2007年4月25日、B-PUMP

4/25、B-PUMP、2時間

しまった。やってしもうた。右肩。先日のペト核心の右カチガストン、1便目か3便目にちょっと痛めたかなと思ってたけど。昨日は気にならなかったのに、この日は肩が外れそうな感覚。昨日調子にのって、BPで登りすぎたようだ。インナーマッスルごとはずれてしまうような、毎度の例の感覚。肩が抜けるような感覚になるので、ぶら下がれず、少し力を入れた状態でムーブを起こす。あっという間に張ってしまう。二子越冬の疲れがたまっているのだろう。これも運命か。GWは、一日だけ、ペトをトライする予定。結果に関係なく、一旦ヌンチャク回収した後、小川山へ移動だ。二子は、ここのところの雨で濡れちゃったかも。26日は、カラッと乾燥した晴天かと思ったら、にわか雨。そして夜は冷たい強い西風。行ってみないとわからない。GW、最後のトライになるのかもしれない。既に濡れているのかもしれない。もしかしたら、5月も登れるのかもしれない。いっそのこと壁が濡れてしまえば、あきらめもつく。たかが遊び。気にしない。気にしないと自分をいい聞かせては。今シーズンに登っておきたいという気持ちがまた大きくなってくる。次回登れなかった時、そのまま今シーズンの二子を閉じることができるのだろうか。結論を早く出したい。心が揺れ動く。悩ましい日々が続く。

きん
by climber-kin | 2007-04-25 21:35 | B-PUMP | Comments(2)

2007年4月24日、B-PUMP

4/24、B-PUMP、1時間

今日は、前回目処をつけたリニューアル五十嵐壁の3級、1本狙い。なんだか、一発で登れてしまった。さらに、もう1本、3級。一撃できそうになるが、ホールドの持つ場所間違えたようだ。終了ホールド取ってから振られて落される。間違えたまま落され続けて、気づいた4便目に登れた。さらに、もう1本狙うが、時間切れ、次回かな。1時間で、3級を2本。大満足。

きん
by climber-kin | 2007-04-24 21:23 | B-PUMP | Comments(0)

2007年4月22日、二子山

4/22、二子山

「今日もペトは登れず、それでも少し進歩」

土曜日は会社内のレイアウト変更があったので、少々その疲れを背筋に残して日曜日に二子へやってきた。天気が心配だったけど、岩はしっとりしてはいるものの、ペト、ババージュ、火の鳥は問題なし。一方、ミイラ、ふり返るな、任侠、ホテル二子、穴むじのラインが濡れていた。コンディションが悪くなったことを知ってか、今日は日曜日というのに空いていた。そして、今日のメンバーも、二子残業組、たいちくんとM代っちの三人。私も今日こそは登れるのではと期待してきたのだが、結局登れず。1便目は終了点一番下のホールドはずして、フォール。2便目は焦ってインターバルが短か過ぎた。3便目が一番良かった。ある程度安定した状態で終了点一番下のホールドを掴みそうになりながら、フォール。4便目は、下部で疲れて、話にならずレストポイントでテンション。レストが決まるか決まらないか。ここに来て、結局、レストポイントでどの程度の疲れで到達するかが鍵だということを悟る。レストポイントと言っても、腕を交互に休ませるレスト。余力があれば、ある程度回復できるし、そこで既に前腕が張ってしまっていれば、全く回復しない。頭ではわかっていたのだが、ようやく、レストポイントまでいかにスムーズに力を使わずに到達するかなのだと今頃実感する。そして、かなり楽にレストポイントに到達することができた今日の3便目。実は内心、登れるぞと思ったのだが。最終クリップ後ちょっと足さばきが失敗だったかもしれない。最後の右手カチのガストンから餃子ホールド取った後も、体が離れず安定していたのだが、最後の余力がなく、終了点一番下のホールドを掴みそこねてフォールしてしまった。登れなくともヌンチャクを一旦回収するつもりだったが、そのまま残置した。よって、次回の対策は、5p目からレストポイントの間。一手づつ休むこと。最近、レストポイントまでたどり着きさえすれば休めるはずという勘違いと焦りでこの区間を一挙に休まずに登っていた。そして、4便目で確かめた、私オリジナルの核心の右カチ、ガストン持ち。小指を穴に入れることで保持力を少し上げられるはずだ。さらに、終了点一番下をつかめた時は、右足一段上げて、左足を小さな出っ張りに上げてから右手を終了点に添える。さらに、右足、穴ホールドに突っ込んでから左手終了点に添え直して、左足を餃子ホールドに乗せてからクリップだ。たいちくんは、行きの車で、少し酔ってしまったようで、午前中はいまひとつさえなかったが、最後は体が動くようになり、ムーブを何箇所か改良。一歩づつ近づいている。M代っちの火の鳥。少しづつ慣れてきている感じだ。本日も二子残業お付合い頂いたお二方ありがとうございました。今日を二子今シーズン最後とする人も多いようだ。いつまで続くか我々の二子残業。

○ ババージュ(12d)のたいちくん
・いつも落されるところ、アンダー気味サイドを下向きに変更。かなり確率が上がりそうだ。次回がんばれ!
b0037220_22573520.jpg


○ ペト、5p目あたり
・下部のポイント。
b0037220_22581723.jpg


○ ペト、6p目あたり
・このあたりを丁寧に一手づつ休ませないと。
b0037220_2258523.jpg


○ 今日のレスト
・腕が伸びて、いい感じだった。
b0037220_2259243.jpg


○ 火の鳥出だしのM代っち
・下からつめていく、極地法的なアプローチ。見てるとじれったいけど、それもいいかも。
b0037220_22595018.jpg


○ 今週のスコッチ
・蒸留所、MACALLAN。この「シャトー」のような農園と蒸留所は、イースター・エルキス・エステートにあり、スペイ川を見下ろす位置にある。アベラワーから流れるこの川の対岸のクレイゲラキに近い。このウィスキーは、こくがあり、ドライオロソフの樽で熟成することで有名である。顕著なフルーツっぽい特徴を持っている。このウィスキーに熱中する者は、どれだけの期間、熟成したものが、その質を最もよく表現するのかを論じる。(文献、「SCOTLAND AND ITS WHISKIES」より。)
・The MACALLAN、HIGHLAND SINGLE MALT SCOTCH WHISKEY、12年。
・あっ、これ、ハニーな味だ。ペト登って、ハニーな気分を味わいたいよー。登らせてくれー!
b0037220_21324038.jpg


きん
by climber-kin | 2007-04-22 22:45 | 二子山'06-'07 | Comments(8)

2007年4月18日、B-PUMP

4/18、B-PUMP、3時間

リニューアル五十嵐壁周辺。前回取りこぼしていた4級を2本登る。垂直カンテ課題3級も1本登れた。もう一本3級登れそうな課題。ムーブがわかった時点では、時既に遅し、指がよれて次回へもちこし。これは登れるだろう。

きん
by climber-kin | 2007-04-18 23:41 | B-PUMP | Comments(0)

2007年4月14日-15日、二子山

4/14-15、二子山

今週は月に一度のお泊り登り。二子林道崩壊のため、矢久峠側から入る。メンバーは、二子残業組のたいちくん、M代っち。天気予報は好転し、二日ともよい天気だった。ただ、昼間は暑く、ヌメッて、RPトライには厳しかったようだ。私はもちろんペト(12b)にトライ。二日間で5トライした。初日は、先週固めたムーブでトライした。レストもそれなりに、決まったものの、最後の核心、右手カチをガストンで持って、足の踏み替えで、どうしても体の緊張が抜けて、フォールしてしまう。2便目同じ手順でトライしても、やはり同じ結果、余儀なくムーブ修正を試みる。左手アンダーで狭キョンから右手をカチへ飛ばすところは同じ。そこから、足の踏み替えは行わず、右足流して、餃子ホールド、さらに、終了点一番下のガバへ飛ばし。そこから、右足あげて、小さなフットホールドに左足あげて、クロス気味に右手終了点ガバへ。さらに右足、例の穴ホールド、左足を餃子ホールドへ上げて終了点クリップ。こちらの方がかなり楽になる。しかも、厳しい足の踏み替えを省くことができる。いつものごとく、3便目はレストも決まらず、休めずに核心へ突っ込む。右ガストン止まらず。修正したムーブを確認して終了した。泊まりは、いつものおがの山荘。しっかり、寝て、次の日に期待をかける。そして、翌日。また暑くなりそうだ。さらに今日は混みそうなので、11:00前に1便目を出す。二日目の辛さは承知の上、下部で指がよれているのがわかる。だが、レストが決まり、腕の張りをやわらげるぐらいは回復できた。腹筋と足がだるくなって我慢できなくなったところで、核心へ。最終クリップして、例のムーブ。右カチ、ガストン止まり、中継の餃子ホールド。右手が苦しい。もう一手、最終ホールドへタッチしてフォール。畜生!右足を流していなかった。それから、ずいぶん休んでから2便目。やはり、今日は1便目で終わっていたようだ。今週も登れなかった。だが、最高到達地点は更新。ムーブ修正して、終了点タッチまでいくことができた。あとは、体調、コンディション。そして、レストが決まりさえすれば、登れるかもしれない。次回に期待したい。たいちくんのババージュ(12d)は、平日クライミングの疲れが残っていたようだ。残念。そして、M代っち、ノース(12a)をついにRP! 初12a、本当におめでとう。ついにやったね。二子で10dから積み上げて行って、ワンシーズンで、よくがんばったと思う。その調子で、お互いがんばろう。そして、登れなかったたいちくん、次回もがんばろう。まだまだ二子残業は続く。

○ ババージュ(12d)をトライするたいちくん
・初日、いけるかなぁって感じだったんだけどね。ちょっと疲れてたみたいだね。だけど、二日目にムーブ修正。次回がんばろう。
b0037220_22554420.jpg


○ ノース(12a)、初日2便目のM代っち
・初日の3便目で、ついにノースをRP。おめでとう。がんばったね。
・二日目は、火の鳥にトライ。こっちは、ちょっと難しいかも。
b0037220_2257837.jpg


○ ペト(12b)のレストにもがく私
・何度も出てくるこのシーン。私の核心は間違えなくこのレストだ。
・いつかは、こんなレスト方法などしなくても、ペトを軽く登れるようになりたいものだ。
b0037220_22581967.jpg


○ 今週のスコッチ
・IRISHウィスキー、Black BUSH。
b0037220_22593553.jpg


きん
by climber-kin | 2007-04-15 22:59 | 二子山'06-'07 | Comments(10)

2007年4月12日、二子山林道崩情報

河原沢からのアプローチの林道で崩壊があったようです。このブログをどれだけの二子常連が見ているかわかりませんが、ご参考まで。今日二子へ行ってきたミポリンからメールで確認していますが、私もまた聞きの情報です。崩壊ポイントから岩場まで徒歩で40分かかるそうです。まだまだ崩壊が進んでいるらしく。崩壊ポイントを超えるのはかなり危険なようです。二子へ行く場合は、各自、情報を確認して、お出かけください。

◆Mっちの「あきらめるな5.13a」
・木曜日に二子へ行かれて、詳細な情報あり。

◆H森氏のブログ
・了承なしで、いきなりリンクしますが、ご勘弁を。

◆だんご姉ぇの「ごほうび日記」
・Y子さんのコメントをご参照ください。

きん
by climber-kin | 2007-04-12 21:37 | 二子山'06-'07 | Comments(0)

2007年4月11日、B-PUMP

4/11、B-PUMP、2時間

リニューアルされた壁の4級、5級をM代っちといっしょにトライする。1時間づつとはいえ、連荘は指に来る。リニューアルされた五十嵐壁周辺、今日は3級をかたっぱしから触る。やはり3級はムズイが、最初に取り付いた1本だけ初見で一撃できてしまった。お買い得なのだろうが、3級のオンサイトなどは、そうめったにできるものではない。うれしい。あとは、どれもムーブ解析が必要そう。

きん
by climber-kin | 2007-04-11 23:39 | B-PUMP | Comments(0)

2007年4月10日、B-PUMP

4/10、B-PUMP、1時間

五十嵐壁リニューアルと思ったら、ホールドそのまま、テープ課題だけ変更。4級課題まで設定されている。それでも、とても新鮮。ゴン助さんと端から4級トライ。前回リニューアルのケーブエリアより少しグレード甘めか。いくつかを一撃できる。おもしろい課題は、何便か出して完登していった。1時間だけど、たくさん登った。帰りがけに会ったTomさんは、顔が真っ黒だった。

きん
by climber-kin | 2007-04-10 21:23 | B-PUMP | Comments(0)

2007年4月9日、B-PUMP

4/9、B-PUMP、1時間

新学期が始まった。よって、月曜日のBPは、1時間コースだ。今日は、馴染みの面子も少なく、M代っちとミポリンだけ。先日登ったケイブの3級を一発で再登。その後、2級を物色するが、どれも難しい。

きん
by climber-kin | 2007-04-09 22:01 | B-PUMP | Comments(0)