<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2007年7月30日、B-PUMP

7/30、B-PUMP、2時間

長く登れるなら、ついつい、B-PUMPへ来てしまう。今日も1階のみ。最近は1階ではまってしまうので2階までたどり着かない。左奥のエリアで、4級、3級の再登をいくつかして、登れそうな2級を物色。スタートホールドのテープが取れていた課題。スタートにテープが張ってあった。ファイルに書かれているホールドと違うんだけど、まぁいいか。クライマー「H」さんや他のボルダラーさんのムーブを参考に、最後は自分で考えた、せいのーで小ランジ。これ登れるかも。しつこくトライして、何とか完登。ホールド二つほど全く使ってないんだけど、よしとしよう。登る時間より考える時間の方が多くなってきた。

きん
by climber-kin | 2007-07-30 23:38 | B-PUMP | Comments(2)

2007年7月28日、カサメリ沢

7/28、カサメリ沢

にわか雨が心配だったが、青空期待の週末。ゴン助さん、M代っちと中央道にのり、韮崎駅でたいちくんをピックアップのいつものパターンでカサメリ沢へ向かう。トータルリコールでウォーミングアップした後、NDDを2便だす。予報通り、3時ごろににわか雨が降る。丁度、NDDの2便目を出して、回収した直後だった。他パーティが引き上げる中、我々は、金のわらじと漁師の娘にヌンチャクがかかったまま。ゴン助さんは雨の中トライ開始。M代っちも、小ぶりになったところで、トライを開始したのだった。結局雨はすぐにやみ、私も、NDDでのしつこいトライで指がよれよれだったのだが、はりきって金のわらじのムーブ解析便を出したのだった。

○ NDD今日の前進
(1) トラバースムーブ
・散々、ムーブを変えては、これだと思っては。次に、またはまって、またムーブを変える。結局、初トライ時にできたムーブ。足位置に戻す。これがいいようだ。
・スローパーマッチ、カチ&スローパーマッチ、スローパークロスマッチといろいろためしたが、私はスローパーマッチか。
・ポイントは足の掻き込みだった。ちょっとした窪みなのだが、体重をのせて乗り込んでいくと距離が伸びる。前にこのムーブでやってみた時は初速だけで行こうとしてて、失速していたのだろう。
・たいちくんは、スローパー&クロスカチマッチだ。

(2) 4-6p間
・トラバースムーブをこなせて、5p目クリップ。すこしだけシェーク&レストして、5-6p間の前回改良したムーブをこなし、6p目クリップ成功。そのまま核心ムーブへ入ることができた。(当然まだだめだけど)

○ NDD今日の後退
・1時間以上トライしたと思う。指がよれよれ。1便目、2便目とも最後の核心ムーブを起こせず。2便目はヌンチャクつかんで、右手カチアンダーとって、トップアウト。

○ 金のわらじ今日の前進
(1) 4p目まで
・スムーズに核心ムーブに入ることができた。乾いていれば大丈夫みたい。
・4p目クリップも安定してできた。

(2) 核心デッド
・2回目に止まる。前回は左手マッチして、足上げるところでフォール。ムーブがつながらなかったが、今日は左手マッチして、足ブラして、右足上げられた。元気があれば....、どうかなぁ。

(3) 上部
・核心デッド後、右足をハングの上、左足をハング下ではさんだ状態で、5p目クリップ。後半も、とりあえず何とか上まで抜けて、とりあえずのムーブを固めることができた。

ゴン助さんは、金のわらじ核心左よりルート、確率が悪いようで苦労していた。次回はいけるでしょう。たいちくんは、NDDの2便目おしかった、上部核心染み出していなければ、RPしていただろう。まぁ、次回は確実と思われる。M代っちは、漁師の娘。ムーブ解決。次はRPか!というところで雨。調子が狂ったようだ。RPは次回に持ち越し。途中、雨に降られたが、今日もNDDに金のわらじに、ほんの少しだけ前進。指がよれ切るまでトライ。成果はなくても、楽しい、とても充実した一日だった。

○ NDDのトラバースを抜けるたいちくん
・さすが、13クライマー。トラバースは問題ない。
・本日2便目でいくかと思われたが、やはり核心が染み出していては難しかったようだ。
b0037220_0263987.jpg


○ 漁師の娘の核心を超えたM代っち
・声を出しながら、ムーブをこなす。一般的な核心部分ではなくて、ガバアンダーとってからの最後が一番いやだとのこと。
b0037220_0275757.jpg


○ 金のわらじ核心のゴン助さん
・2便目は行けたかなぁと見えたのだが、ちょっとだけホールドはずしたみたい。次回はいけるでしょう。
b0037220_029367.jpg


○ NDD核心の私
・下部のトラバースはようやくムーブ決めたつもりなのだが。
・よれると、上部のムーブこなせなくなる。本当に厳しいルートです。
b0037220_0304635.jpg


○ さらばマイレガシー(7/29)
・今回のカサメリを最後に引退です。
・私のクライミングの殆どの歴史をともにしました。
・ありがとうレガシー。いい車でした。
b0037220_21205211.jpg


きん
by climber-kin | 2007-07-29 00:31 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(6)

2007年7月25日、B-PUMP

7/25、B-PUMP、3時間半

ホールドがすべすべに磨かれてきて、ようやくBPらしくなってきた。どのルートもホールドが悪くなり、お買い得は減りました。最初簡単だけど、少しづつ難しくなっていく。気がつくとどれも難しい。スローパーが多いBPの特徴。今日は、ずっと1階で遊ぶ。1階の奥は、まだまだ触っていないルートが残っている。4級、3級、2級、3級?と登る?よく覚えていないが。2級は一本だけ。難しい2級をしつこくトライする。次回は、うち二つほどやってみますかね。今日も水曜日のBP面子、○べちゃんは2級と3級。M代っちは、4級と3級を順調に落していた。

きん
by climber-kin | 2007-07-26 00:25 | B-PUMP | Comments(0)

2007年7月23日、B-PUMP

7/23、B-PUMP、3時間

コンディション悪いながらもなんとか登れた土日明けの月曜日。たいして登っていないのだが、コンディションが悪かったせいでフルパワー出して、結構疲れている。だが、今週末のことも考えて、月水をジムにあてようと思った。いつもなら、月曜日はT-WALL東村山なのだが、今日は長くやれる。それに、三連荘。疲れてもいるので、テープ課題の再登トレーニングでもしようと思ってBPへやってくる。再登トレーニングのつもりだったのが、1階で触っていない4級3本一撃、3級も一撃と調子を上げてしまい。気がついたら、いくつかの2級を物色した後、登れていない難しいダイナミックムーブ・カンテ課題の2級をしつこくトライていた。激痩せしたミポリンも同じ課題に手を出していた。左手スローパーサイド引きで右足押し気味の決してスタティックにはとれないダイナミックムーブ課題。スタティックな概念を捨て切って、低いインポジションの状態から、ためをつくって、放物線を上るイメージして取りに行く。右手が止まった。未知の上部で落されるが、次のトライで完登することができた。よっしゃー。全然できなかったムーブができるようになるのはうれしい。2階に上がり、あまり触っていない右壁をトライする。CHIEちゃんがお勧めする2級と1級をやってみる。2級のこれまたデッド課題、これはリーチ有利で登ることができたが、1級はリーチ不利、狭まくてできん。2時間半程過ぎたところで、ようやく再登トレーング。2級課題の再登を試みるが、指がよれていてできなかった。当初の思惑とは全く異なるシナリオで充実した一日を終わる。明日は心おきなくレストだ。

きん
by climber-kin | 2007-07-24 00:25 | B-PUMP | Comments(4)

2007年7月21-22日、小川山

7/21-22、小川山

月に一度ペースの泊りでのクライミング。当初は4人で塚小屋におじゃまするはずだったのだが、都合が悪くなる人が続出し、結局私一人だけが雨の東京を後に小川山へ向かう。久々にtsukaさんと二人だけで登ることになった。塚小屋経由で廻り目平へ向かう。雨は降っていないのだが、屋根岩がガスに覆われて農道から見えない。初日はどこも濡れていそうなので、雨でも登れるという、とろろ(12a)をトライすることにしたのだった。

○ 21日(土)

(1) とろろ(12a)、初見MSトライ、×××
最初のハング下、そしてハングのアンダーあたりがびしょ濡れだった。足が滑って、不意落ち、恐い。フルパワーで登ってしまう。恐ろしくて前腕が張ってしまった。それを超えてもホールドが全てサイド。二つ目のハングはムーブがわからず苦労する。ありえないムーブ、フルパワー、悪いホールドでなんとかクリップする。ラインをさぐるが、右上のガバへ向かうのが正しいのだろうか。そのガバへ行く手順を確認して、そこから、核心と思われるハング帯抜け口へ。難しい。中間終了点に到達した時にはよれよれ。その次のピンはずいぶんランナウトしている。落ちると壁にぶつかりそうだし、登る気になれなかった。ブログや記事を検索すると易しいとか簡単めという評価が多いのだが、お買い得とはとても思えないのですが。

(2) とろろ(12a)、××
やはり、最初のハングが濡れていてフルパワーになってしまう。垂壁帯でレストできずテンション。その後も、一便目で決めたムーブは悪すぎる。右上ガバへの手順を変える。ガバでのレスト方法をためしてみる。狭いなぁ。腕はレストできるかもしれないが、足や腹筋がだるい。だが、ここでレストできないとRPはできないのだろう。そこからの一連の核心ムーブ。アンダーからクリップが苦しい。最後の悪いムーブも一応手順は決める。右足滑ってフォールすると左指が持ってかれてしまいそうで恐い。やはり、中間終了点から上へ行く気にはなれなかった。

(3) 自然薯(11a/b)、A0
もう一本ぐらい登りたい。移動している時間もなかろうと、濡れている隣のルートをトライする。マントルできませんでした。いんちきして、終了点へ抜ける。
->ルート情報はこちら

○ 22日(日)

雲も高く、昨日より天気がよいように思えた。働けロッククライマーをトライすべく、そらまめスラブへ向かったのだが、屋根岩方面は南よりの湿った風が直撃するせいか。結露でびしょ濡れだった。どうも、雨降った翌日で、湿った南風吹くときは屋根岩方面はだめなようですね。覚えておこう。こちらの方面でどこか登れるとこはないかなぁと思案する。5峰の上部はガスがかかっている。先週はおむすび山スラブは登れたらしい。それではと、tsukaさんも行ったことのない雀卓スラブへ行ってみることにした。アプローチがわかりずらかったが、何とか迷わずに到着することができた。

(4) 宝さがし(11a)、×××
tsukaさんは、みごとマスターオンサイト。私は、恐くて恐くて、もうボロボロ。確かに、11aのスラブフェースなんて、まだRPしたことないもんなぁ。いや、初めての11aは15年前おむすびのジェイコブスラダーだったのだが。

(5) 宝さがし(11a)、×
トップロープの誘惑にかられたが、登る直前にロープを抜いた。がんばって5p目までノーテンで行ける。だが、核心と思われる滑りそうな細かいホールドに乗り込みきれずフォールしてしまう。うーん、足を信用できない。何度かやって、ようやくできる。そのまま、終了点まで落ちずに登れた。がんばった自分をほめてあげたい。

tsukaさんは、国師夢想あと1mいければ、そのままオンサイトかと思われたが残念。その後、2時を過ぎたあたりにポツポツ。そしてザーザー降りに。宝さがしにロープかけっぱなしでよかった。しばらくやむのを待つが一向にやむ気配なく、小ぶりになったところでロープをたぐり回収。宝さがしの終了点から国師夢想の終了点までの木登りが恐かった。無事全ヌンチャク回収。ずぶぬれになって、大日広場へ戻った。tsukaさんとは、ここで別れ、早めに小川山を後にしたのだった。今週も何とか登ることができてよかった。tsukaさん、ありがとうございました。お盆あたり、また、お世話になります。

○ とろろ(12a)をトライするtsukaさん
・一つ目のハングを超えて、いやらしい垂壁。
・tsukaさん、うまい。ここで休めるといいですね。なるほど、次回試してみよう。
b0037220_213012100.jpg


○ とろろ(12a)の核心をこなすtsukaさん
・二子のように、よれた後に核心がやってくる。このルート、易しくない。
・もしかして、最初濡れ濡れ、その後もヌメヌメだったから、やたら難しく感じた?わかりません?
b0037220_21324759.jpg


○ マントル課題?、自然薯(11a/b)を登るtsukaさん
・トロロの左側の大岩さん開拓ルート。
・私はできませんでしたというより、しっとりしたホールドで、マントルを試みることなく戦意喪失。
b0037220_21335876.jpg


○ たまご茸
・屋根岩遊歩道でtsukaさんが発見。そろそろ夏のきのこの季節とか。
・生えてたところ。
b0037220_2134528.jpg

・抜いたところ。
b0037220_21352024.jpg

・剥いたところ。汁物にあうとのことだ。
b0037220_2135465.jpg


○ 結露でびしょ濡れの「働けロッククライマー」
・濡れていると、とても難しく見える。NDDと同じく、私のカチ克服課題。
b0037220_21363662.jpg


○ 雀卓スラブ
・ロープがかかってるのが、宝さがし。その右側があの国師夢想。
・宝さがし(11a)で、この難しさか。国師夢想(11c)は・・・・。リングボルトだし、夢想に終わりそうだ。
b0037220_21374743.jpg


○ ずぶ濡れの雀卓スラブ
b0037220_2138413.jpg


○ 今週のスコッチ
・GLENLIVET、18年。18年のわりには高くなかったので買ってみた。
b0037220_21391837.jpg


きん
by climber-kin | 2007-07-22 21:28 | 小川山2007~2008 | Comments(4)

2007年7月18日、B-PUMP

7/18、B-PUMP、3時間弱

BP水曜日のいつもの面子、M代っちに○べちゃんがいる。今日は○べちゃんに尾行されてた気がする。私が登ったルートを後から全部登られた。一階二階で、登っていない4級、3級を何本かづつ登る。2階左奥は茶棒3級の2本が難しいなぁ。この二つは、やっぱり○べちゃんも登っていない。登れそうな2級は登ってしまったし。2-1級を物色するがどれもムズイ。お買い得は売れ切れかー。手数少ないムズイ2級のムーブをk師に教えてもらうが、できるかなぁ。次回本腰入れてやってみるかな。あっという間に、登れない課題ばかり残る、いつものBPパターンになってしまった。ホールド替えはいつだ。一方、M代っちは、4級2本と3級2本を登って、ごきげんだった。

きん
by climber-kin | 2007-07-18 23:56 | B-PUMP | Comments(0)

2007年7月16日、カサメリ沢

7/16、カサメリ沢

台風4号マンニィ到来。土日は大雨。月曜日は曇りだが天候不安定という予報だ。登れない可能性も高かったのだが、ダメもとでゴン助さん、M代っちとカサメリ沢へ向かう。植樹祭公園への入り口のゲートが閉まっている。台風接近により閉鎖すると記載されたプレートが貼られている。小川山かなぁと相談するが、とりあえず、旧道側へ回ってみる。丁度ゲートを空けている林道管理のパトロールカーの方と遭遇する。県の指導でゲートを閉鎖したとのこと、これから確認作業をしてからゲートを空けるとのことだ。植樹祭公園でトイレを済ませ林道分岐まで戻ると丁度林道管理の方が戻ってきていて、大丈夫とのことで、カサメリ沢へ向かうことにする。ちょっと林道の掘れ具合が激しくなっていたような気がしたが、問題なく林道終点に到着する。何だか、沢の音がいつもより激しい。準備をすませ、渡渉ポイントへ行くと、フィルムを早回ししているように沢の水が猛烈な速さで流れている。渡渉ポイントを探して、靴を脱いで、倒木がブリッジしている場所で何とか渡渉できたのだが、うーん、湿っぽい。ミルクミルク(10a)がびしょ濡れだ。とりあえず、雨宿りもできる金のわらじの前に荷物を置いて、周辺のルートを見て回るが、全て全滅状態。やはり、結構降ったのだろう。これから小川山へ向かうかどうか迷うが、昼過ぎには乾くのではないだろうかという楽観的な望みを持って、様子を見ることにしたのだった。時間をつぶせない性分、待っていられない私は、ムーブがわからない核心部分は探れるのではないだろうかと、濡れている金のわらじを遊びがてら登ってみることにする。前半のスラビーな部分がびしょ濡れでとても恐ろしい。核心部分のヌンチャクをインチキしてかけて、ムーブ解析。いやいや、シューズを壁にあてるだけで、濡れてしまう。もちろんホールドもびしょ濡れ。雑巾、チョーク、たわしを駆使して、ホールド乾かしてはムーブを探る。もちろん正面突破を試みる。3度ほど右手デッドが止まる。1度はさらに左手マッチできて、足を右に振るところで手がはずれて落ちてしまった。右足出して、フラレをとめてから足を上げればよかった。その後2便ほど出すが、今度は結露で状態は益々悪くなり、その後、結局デッドは二度と止まらなかった。NDDを見に行ったのだが、上から水が激しく落ちてきていて、壁も滝のようになっていた。金のわらじも、話にならない程、どんどん結露して悪い状態になってしまった。4時ごろ金のわらじを後にしたのだった。

○ 今日のNDD
・一便ぐらいは出したかったのだが、上から水がポタポタ滝のように落ちていた。がっくし。
b0037220_23215435.jpg


○ 金のわらじ
・この状態から、右手デッドで溝ホールドへ。リーチ限定かなぁ。正面突破できるかも!
・RP狙いのゴン助さんは、ずーと様子見で結局登らず。
b0037220_2322143.jpg


○ 金のわらじ、デッド止まった!
・これがあっているかどうか、わからないが、リーチがない人は、やはり、左よりで行くしかないように思えた。
・手は湿っぽく、足もすべすべだったためか、とても難しく、2級ぐらいに感じた。
・写真 by ゴン助さん。
b0037220_9213439.jpg


○ 金のわらじ、フォール
・デッド止まらないと間違えなくフォール。
・熱くなる。登ってやりたいぜ、このルート。
・写真 by ゴン助さん。
b0037220_1048197.jpg


○ 今日の渡渉ポイント
・M代っち、いくらなんでも、ビビリすぎ。
b0037220_23223050.jpg


○ 今週のスコッチ
b0037220_23224430.jpg


きん
by climber-kin | 2007-07-16 23:59 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(8)

T-WALL東村山は金曜日休み

7/13、T-WALL東村山、休み

週末は台風到来。とりあえず、土日は強制レストになりそう。間が開くので、金曜日は定時終了後、足早に会社を後にして、T-WALLへ向かったのだが、なんと、金曜日は休み!がっくし。それならと、土曜日に隙を突いてT-WALLへ行くつもりだったが、雑用ばかりで結局いけず。久々の中4日レストになってしまった。

きん
by climber-kin | 2007-07-13 20:07 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2007年7月11日、B-PUMP

7/11、B-PUMP、4時間

那須への出張から直登。6時前から登り出す。1階、凹壁の右にある4級と3級を2本づつ登って、同じく凹壁の右カンテにある先週触った2級をトライする。この課題指痛い。対象をその右横の2級に変える。○べちゃんもトライするが、結構難しいみたい。苦労したがなんとか登れる。さらにの右のカンテ2級は、左手スローパー持って、右足押し気味で、右手デッドは、厳しいなぁ。M代っちが凹壁4級トライしている時にだんご姉ぇ様が登場。M代っちの履けなかったドラゴン、サイズOKのようだ。そのまま、一緒に登れるかと思ったが、今日は登る用意していないとのこと、そのままお帰り。残念でした。2階に上がり、先週終了点間違えた階段前の壁、緑棒イボイボホールド2級をしっかり落とす。そして、2階右奥側の課題。緑矢印、散々トライして、よれよれだったけど最後に登れた。やったー。一日に2級を3本だ。疲れた。今日はCHIEちゃんがやたら元気だったのが印象的だった。MAOさん、がんばれー。

きん
by climber-kin | 2007-07-12 00:19 | B-PUMP | Comments(2)

2007年7月9日、T-WALL東村山

7/9、T-WALL東村山、1時間ちょっと

ファイル課題を読むのが省けるとばかりに、kのさんがやっていた4級を教えてもらうが。うっ狭い。できない。仕切りなおして、5級を登って、4級でムーブが不明。またまた、kのさんがやっていた3級に便乗。最後が恐い。最後に勇気を出して、何とか登れた。もう1つの2-3級課題をちょっと触って、ここで時間切れ。M代っちは腰(脇腹の少し後ろ)が痛くて、早々に帰る。たぶん症状から、ビレイまたは墜落時にレッグループ側ではなく、ウエストベルト側で負荷を受けてしまったんじゃないかなぁ。対策は、ウエストベルトを締めすぎない。ビレイ器から45度未満の水平方向になるまで下がらない。なるべく、レッグループで負荷を受けるように意識するぐらいかな。実は私も軽いのだが同じ症状。原因はビレイ時に後ろに下がってもたれるように姿勢で、ウエストベルトで負荷を受けてしまったせいだと思う。

きん
by climber-kin | 2007-07-09 21:52 | T-WALL東村山 | Comments(0)