<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007年8月29日、B-PUMP

8/29、B-PUMP、3時間弱

今日も〇べちゃんに1級先にもってかれた。1階奥の水色T。無駄便打ちすぎて、最後ムーブがわかった時には遅すぎた。次回は登るぞ。水曜日の面子たち、M代っちはムズイ3級登って、次のムズイ3級もリーチ。CHIEちゃんは珍しく1階でトライ。しっかり、1級お持ち帰り。みんな、やるなぁ。

きん
by climber-kin | 2007-08-30 00:12 | B-PUMP | Comments(2)

2007年8月27日、B-PUMP

8/27、B-PUMP、3時間弱

今日は人間ドック。病院のシステムが変わって、例年みたいに午前中で終わらなくなってしまった。そのかわりすばらしい美容院かエステサロンのような、ここは病院かと思うほど綺麗になっていた。結果説明の待ち時間があまりに長く、何となく会社へ行く気がなくなってしまった。会社にトラブルか問題が起きてないことを確認して、そのままBPへ行く。BPに到着して、着替えている間にあれは突然やってきた。もうちょっと我慢できるかなぁと着替えていたが、ダメだー。シャツをTシャツに着替える余裕がなく、短パンに開襟シャツ姿のへんな格好で2階の狭いトイレへあわてて行く。幸いにも誰にも見られなかった。バリウム下しの下剤がいきなり効いてきた。1階でウォーミングアップしていると、2便目をもよおし、またまたトイレへ。それにしても2階のトイレは狭い。ショップのある1階に広くて快適なトイレがありますと張り紙がしてある。3便目は1階へ行くぞと決心して、また1階ボルダーへ戻る。だが、それ以降おさまってしまって、1階トイレへはいかずに終わった。だが、お腹に力が入らないというか、体がだるい。1階の4級、3級を何本かづつ再登する。なんか力ぬけてていい感じだ。そして、1階の残っている2級2本をトライするが、力が入らないというか、入れちゃまずいというか。あきらめて、2階へ行く。右側の壁の登っていない3級や左側の壁の気づいていなかった3級などを登る。結構力入れなくて登れる。力入れないで、パンプしない登りってこんなのかも。2級以上はかなり力入れないと登れないが、3級以下だと結構抜いて登れるのかなぁ。こういう登り方がルートには必要なんだろうなぁと感じたのだった。下剤のおかげで、少し勉強になった一日だった。

きん
by climber-kin | 2007-08-27 20:29 | B-PUMP | Comments(0)

2007年8月25日、カサメリ沢、金のわらじRP

8/25、カサメリ沢

「金のわらじ、正面突破でRP!」

諸般の事情であいかわらず電車。M代っちと中央線各停で山梨方面へ。韮崎駅でたいちくんにピックアップしてもらいカサメリ沢へ向かう。途中、韮崎ICそばのセブンイレブンでKOBAさんたちと会う。今日は、NDDだそうだ。今日のカサメリは5-6パーティ。先週小川山でご一緒したよしえさんも来ていた。そして、小林由佳ちゃんパーティも来ていた。彼女は、金のわらじ、私のヌンチャクを使って軽々とオンサイト。残念ながらその登りは見れず。NDDとトップガンのトライはどうだったのだろう。今日のNDDトライは結構な人数だったのではないだろうか。そして、私は、NDDのコンディションが悪い時に触っていた金のわらじ。先週あたりに、登れそうな気がしてきて、今日は金のわらじをRPするつもりで、カサメリへやってきたのだった。

(1) トラパント(9)、再登
新しいミウラーを試すには丁度よいかもしれないと、ウォーミングアップする。このルート、おもしろい。十数年ぶりに再登。

(2) 金のわらじ(11d/12a)、ヌンチャクかけ
久々になるのだろうか。中二週間、三週間ぶりか?やはり簡単じゃない印象を持つ。今日登れるかナァと不安に感じる。核心デッドのリハーサルはしなかった。数え切れないフォールに耐えている4p目だが、抜けそうで心配なので、5p目からテープでバックアップ工作する。

(3) 金のわらじ(11d/12a)、××
4p目クリップで、ヌンチャクの方向が逆だった。クリップに手間取り右手が疲れてしまう。案の定、デッド失敗。5p目クリップ。これは力吸い取られ過ぎ。左手カチ取って、右足ヒールでクリップしてから、足を下げて、右手クロスで頭上のホールドを取りに行くムーブへ変更する。ムーブとレストポイント確認する。

(4) 金のわらじ(11d/12a)、RP
M代っちが漁師の娘をRPした。私もがんばらなくては。核心デッドこなしてから、一連のストレニなムーブをこなして、レストポイントまで到達できるか心配だ。4p目クリップまではこなれている。核心最初のデッド、指先がかかる。我慢して左手マッチ。右手を持ちやすいところへ送った。これがよかったと思う。ゆっくーり足ぶらしながら、下半身を右へ送る。はがれそうだが我慢できた。ハング下のでっぱりに左足おいて、左手カチへ。すかさず、右足ヒールフックして5p目クリップ。一旦右足をちびカチに下ろして、右手クロスで頭の上のガバへ。右手はガバにならない。右足ヒールに戻して、左手マッチ。6p目クリップ。ヒールでかきこんで、右手小さいカチアンダーへ。ぐぐぐぃと引き寄せて、左手ガバへ。パンプしている前腕に耐えながら、さらに2pクリップして、レストポイントへ。最後手順がなんだか逆になってしまったが、落ち着いて終了点へ。やったー、登れた!ムズかったぁ、このルート。

(5) 十手もち(11d)、カサメリ11d探検シリーズ、×××
これもムズイんじゃないの。最後薄かぶりにしては、細かすぎるホールド。これで12bなら、がんばってトライするんだけど。

金のわらじ、登れてよかった。人とは違うリーチを生かした正面突破ラインでRP。やっぱりこれだと難しいかもと感じていたが、何とか登ることができました。小林由佳ちゃんは、やはり、左よりラインで左手カチとって、右手パーンと、斜め溝(私がデッドで取る溝)とって、右足ヒールフックしたそうです。デッドの確率も悪いがその後の一連のきわどいムーブが続きすぎと感じてましたが、目処がついてから早めに登れてよかった。たいちくんはゴンベイ2で遊んで、11d探検シリーズ、キング・オブ・モンキー(11d)に腰を上げる。これもムズイようです。M代っちは、漁師の娘(11a/b)をみごとなRP。おめでとう。おまけでトラパント(9)もRP。よかったね。次週はどこへ行くか。どうするか。悩ましいなぁ。


〇 ゴンベイ2(11a)をRPするたいちくん
・核心のムーブ。まさかクロスとは。
・この11aのスラブは難しいらしい。
b0037220_0441766.jpg


〇 コセロックの湧き水
・これのおかげで、水を持って行かなくてすむので荷物を軽くできます。しかも、ラーメンもコーヒーも旨い。
b0037220_0463454.jpg


〇 漁師の娘(11a/b)をRPするM代っち
・ミスのない登りでみごとにRP。
・このルート、難しいです。たぶん11b/cぐらいだと思います。
b0037220_0492382.jpg


〇 金のわらじ(11d/12a)で私の核心部分、デッド前
・インバランスから、初速つけて、せーのではなく。寄せて寄せて寄せて、はっ!のデッドでした。
b0037220_0505353.jpg


〇 金のわらじ、私の核心部分、デッド後のマッチ
・右手を持ちやすいところに送っておかないと後で悲しいことになる。
b0037220_0522487.jpg


〇 金のわらじ、私の核心部分、足ブラ
・右手と左手が離れていると、ここで、なぜか落ちてしまう。両手をそろえるのがポイントでした。
b0037220_0535613.jpg


〇 金のわらじ、私の核心部分、まだ核心
b0037220_0551349.jpg


〇 金のわらじ、ようやくレスト
・でかい私は、ここまでこないととレストできない。
b0037220_056930.jpg


〇 キング・オブ・モンキー(11d)を初見マスタートライするたいちくん
・カサメリの11台はどれも難しいねぇ。
b0037220_0575825.jpg


〇 トラパント(9)をRPするM代っち
・スラビー。いい感じな登りになってきたじゃん。
b0037220_0592782.jpg


〇 ゴンベイ2をトライするNDさんとKOBAさん
b0037220_1129.jpg


〇 今日のメモ
・高尾駅6:13着。高尾駅6:14発松本行き乗り継ぎは経路検索では出てこないが、乗り換え可能。
・高尾駅での乗換えは、中央線の前よりに乗っておくのがよい。
・山梨のキオスクはしまるのが早い。駅に行く前に酒を調達しておくべし。

きん
by climber-kin | 2007-08-26 00:36 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(12)

2007年8月22日、B-PUMP

8/22、B-PUMP、1時間半

小川山四連荘、一日空けてBPニ連荘。指が既に終わっている。1階の昨日再登してなかった4級と3級を再登。指が開く。小川山で4日連続して登ったせいか右手の指が軽い腱鞘炎。ガバがしみるぜ。週末までに、回復するとよいのだが。足の指も痛んでいてシューズをはいているのが辛い。これも治ってほしい。

きん
by Climber-Kin | 2007-08-23 14:34 | B-PUMP | Comments(0)

2007年8月21日、B-PUMP

8/21、B-PUMP、1時間半

先週は、お盆休みと小川山で1週間ボルダーなし。やっぱり弱くなってる。体が重い。こういう時は、簡単なグレードをたくさん再登して、調子を上げるに限る。4級をはじから登るが、何とか一撃で再登できる。3級をいくつか登って体が動くようになったところで、2級トライ。壁を見ると、店長によるグレード改定があったようだ。2級として登った課題二つが1級に昇格していた。そして、今日は、1級から降格した2級のカンテ課題を登れた。1階で登っていなかった3級は2級に昇格していた。自動的に3級は卒業だ。登れていない2級、2本のうち1本は1級に昇格していた。2級を2本登れれば1階は卒業だ。

きん
by climber-kin | 2007-08-21 23:33 | B-PUMP | Comments(0)

2007年8月16-19日、小川山

8/16-19、小川山、4日間

諸般の事情が続き、15日にM代っちと電車で野辺山へ、tsukaさんに迎えに来てもらい、塚小屋に入る。15日と16日はこーたろーさんと合流しマラ岩周辺。17日と18日はよしえさんが加わり、行ったことのない唐沢の滝右壁、きつね岩に雷岩。4日間の小川山を楽しんだ。

〇 16日、マラ岩
こーたろーさんがイエロークラッシュをトライするので、久々にマラ岩へ行くことになった。すばらしい晴天。こーたろーさんは早々にイエロークラッシュをRP。M代っちは、レギュラーの上部で苦戦していた。tsukaさんはノーモアレインをトライ、暑くて大変みたいだった。

(1) レギュラー(10c)、1?年はさんで2撃
実はこのルート、RPしていない。M代っちがトライするということで、tsukaさんがヌンチャクをかけてくれた。私もラッキー。5p目あたりで腕が張ってしまって、レストポイントからなかなかスタートできない。ボウリングのピンのようになってしまった前腕に耐えながら、なんとかRPすることができた。

(2) 帰ってきた開拓王(11c)、×××
レギュラーを登っているうちに、ずいぶん人が増えてしまった。イエロークラッシュ、ノーモアレインにも取り付いている人がいる。私の目の前にある誰も取り付いていない開拓王が私を誘っていた。きっと、ハングの部分が核心なんだろうなぁと想像して取り付いてみた。ところが、このルート、想像とは全く違っていて、私にとっての核心は、4p目取るまでの細かいカチとリップを取ってからの一足だった。細かいカチ部分は、VERDEがよれよれなのも苦しかったが、私にとって限界カチサイズ。とりあえず、パスして上まで抜ける。

(3) 帰ってきた開拓王(11c)、××
今度はカチ部分をこなすぞと気合を入れて、トライする。3p目クリップして私の核心部分。根性だして、右手限界サイズカチもって左手を出す。取れた。だけど、持ちづらい。右手出せばよかったところを左手クロスで次の斜めカチへ。無理無理ながら取れてしまったのがよくなかった。そのまま無理な体勢で、右手マッチ。足を上げるが、エッジをはずす。スローモーションで落ちていく自分がそこにあった。落ちる落ちる。切り株がせまってくる。やばい。どーん。マタの間から切り株が飛び出てきた。太ももの裏を枝に打ち付けて止まった。あと、10cmずれてたら、○門串刺しの刑だった。5cmずれていたら、大事なところをなくすところだった。おそろしい。実は今回、新品のスーパーセーフをおろしたのだが、これが初フォール。伸びる伸びる。恐ろかった。だが、これで降りてはトラウマになってしまう。勇気を振り絞って、ムーブを起し、確認しながらトップアウトした。

(4) 帰ってきた開拓王(11c)、×
とても気が重い。だけど、トライせねば。だが今度は楽に細かいカチ部分をこなし、4p目余裕でクリップ。左手リップ持って、右足に立ちこみながら、ボルト上のもちずらいカチ。デッドで左手リップの位置を上げる。右足をかきこみやすいホールドにかえて、せーので右手ガストンへ。微妙な部分は終わった。左足トーフックかけて、左手さらに上へ、右手もリップ上へ。あとは左足ヒールして、せーので頂点を左手でつかむだけ。余裕でチョークアップ?いけるなと内心思った瞬間。トーフックの足があれー。またまた、スローモーションで落ちてしまった。オーマイゴッド! なんてこったい。大チョンボ。カッコつけて、チョークアップなんてする必要なかった。

〇 17日、マラ岩、妹岩
マラ岩周辺は、トライしたいルートがたくさんあるのだが、いつも混雑しているため、ついつい敬遠してしまう。今日は、比較的クライマーが少ないと期待して、マラ岩周辺へ向かったのだった。M代っちは、ようやくレギュラーをRP。こーたろーさんは、シルクロードをトライ。tsukaさんは、ジャガーノートをトライした。次回、マラ岩へ行けるのはいつになるのだろうか。

(5) 卒業試験右のルート(?)、再登
tsukaさんが登っている間に登る。8ぐらいか。

(6) 卒業試験(10b)、再登
このルート、指パワーがいる。10bにグレードアップされたが、10cぐらいでもいいんじゃないかと思ってしまう。

(7) イエロークラッシュ(12a)、初見トライ、MS、×
まだ、誰も取り付いていない。超有名ルートに少々緊張しながら取り付いてみる。2p目からムーブの組立てが難しい。左手サイド引いて、キョン気味に右手ガストンで左手アンダー取って、3p目をクリップ。4p目クリップまでがさらに手順を見つけるのが難しかった。いろいろなムーブを試して、何とか4p目クリップ。そこから4-5p間がさらに手順が複雑だ。散々試したのだが、最後に試した。右手ガストンで一気に左手サイドカチを取るのことにする。

(8) イエロークラッシュ(12a)、××
フットホールドに迷いながらも、3p目クリップまでは行くが、その次の手順があれれ?1便目に最後はどのムーブでやったのか、全く覚えていない。いろいろなことを試しすぎたせいで混乱している。首が日差しで焦げそうだ。汗だくになりながら、何とかムーブを思い出して、4p目クリップ。核心になるであろう部分のム-ブは覚えていた。クリップ方法と核心ムーブへもっていく手順足順を整理して、トップアウトする。ヌンチャク回収。フットホールドを覚えるのが鍵になりそうだ。

(9) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
ミウラーを試そうかなと思ったが、ついつい履きなれているVERDEを使ってしまう。だけど、この靴よれよれだ。

〇 18日、カモシカサイドロック、太陽の塔
唐沢の滝は遠いので、まずは、アプローチの途中にあるポケットマントルをトライしながら現地合流のよしえさんを待つ。そこから25分ぐらい歩くと唐沢の滝だ。第1回ジャパンカップ決勝ルート、パズル。以前から興味があった。tsukaさんは、みごとにパズルをFL。おみごとでした。私はこのルートでまたまた、恐怖の体験をしてしまったのだった。

(10) ポケットマントル(10d)、敗退
tsukaさんが下部の危険な部分にヌンチャクをかけて、まずはM代っちがいけるとこまで行ってみるとマスタートライ。おいおいこのルート知ってるのかい。怖いもの知らずというか。案の定、早々に敗退してくる。このルートは素通りして、唐沢の滝へ行くつもりだったのに、何故かマスターでリードすることになるとは。ポケットマントルは十数年前に2撃している。怖くて、もう登らなくていいやと、ずっと思っていたのだが。一つ目の大穴マントルは問題なくこなすが、その後のダイクトラバースが狭くて怖い。足もとみるたびに、下の方に行ってしまったボルトが目に入ってしまい、落ちた時のことを想像してしまう。クリップしてほっとする間もなく、核心のマントル。そのマントルをこなしても、次のボルトは8mぐらい上だ。よれたVERDEが全く信用できない。カムを持ってくればよかった。敗退。気持ちが負けた。

(11) パズル(11a)、××
第1回ジャパンカップ決勝ルート。以前から気になっていたのだが、先日M香さんのブログに掲載された写真に後押しされて、はるばるやってきたのだった。100岩にはボルトルートとあるが、上の方に走るダブルクラックの回りには、ボルトらしきものが見当たらない。念のために、カムを3本ほど、持っていく。1p目と2p目のボルトの位置関係が不思議だ。取り付いてみるとなるほど、いきなり右トラバースして、たちこんで2p目クリップ。ロ-プが真横から来ている体勢でトラバース。マジかよ?落ちたらグランドじゃねぇか。何度足から飛び降りようかと思ったことか。そこまでは何とかいけたのだが、そこからのスラブ帯。よれたVERDEでは、全く歯が立たない。いや、エッジが立たないのだった。早々にいんちきしてスラブ帯をぬけて、ガバ地帯、ここは快適。そして、ハング帯。でかい私には狭くて力がいるが、悪くはない。最後のピンをクリップして見上げると、終了点は、まだ10mほど上だ。そして最後のピン?やはり、クラックはナチュプロだ。登るのは簡単そうに見えるのだが、傾斜はほぼ垂直で、クラックが右を向いていて、カムを決めずらいことは簡単に想像できる。しばし、テンションしてどうするか考える。行ってみるか。一段あがると、最後のボルトは3mぐらい下になってしまう。もう戻れない。やはり、クラックが右を向いていて、カムがきいてるかどうか見えない。まずは、目の前のアンダーにリンクカムをさしてから、キャメロット#3を右側クラックにさしてみる。引いてみるが止まっているようだ。覗き込むのだが、やはり確認できない。決まっているかわからないのに突っ込むことはできない。抜けても、前のカムが止めてくれるだろうとロープをかけて、少しづつテンションをかけて、回り込むとカムがようやく見えた。やはり、少し決まりが悪かった。もう一本、カムを決めて、決めなおす。3本持っててよかった。クラックの最後がスローパーになってちょっとやらしいが、ダブルクラックで、ステミングで簡単に登れる。カムを3本もって来ててよかった。そして、リンクカムで命拾いした。

(12) パズル(11a)、Tr回収
精神的にまたまた負けてしまって、リードする勇気がでなかった。ミウラーを試すということにして、Trで回収する。5月から使いはじめたVERDEはもうべろべろでダメなようだ。逆に、VERDEでは全く歯が立たないスラブもミウラーなら問題ない。この靴を使いこなせば、スラブ系の可能性が広がるかもしれないといった期待をもつことができた。駐車場まで降りるのに50分かかった。やはり遠い。

〇 19日、キツネ岩、雷岩
tsukaさんが開拓したルートがあるキツネ岩と雷岩へ行く。

->ルート情報はこちら

(13) きつね岩、ニャンドリー(10c)、A0
出だしにワイドクラック(9)がある。1p目プレクリップして登る。ムーブがひらめき、一発で抜けられた。だが、性懲りもなくVERDEを履いてる私は核心のスラブで簡単に跳ね返されるのだった。

(14) きつね岩、よたきつね(11b)、××
右に左に弱点をつくルートだと聞いてたので、2p目から左へ行ったのだが、全く逆だったようだ。またまた、真横からロープが来て恐ろしい思いをしながら、何とか3p目にたどり着く。そして、核心と思われる部分。今度はミウラーを履いている。たぶん、右のカンテもって立ちこむんだろうなぁとはわかっていたのだが、足がよれてしまった。次のピンクリップしてから核心部分をやってみると、なんとかできるのだが、下から成功する自信が持てないなぁ。スラブのうまいtsukaさんらしいルートだ。スラブうまくなったら、また挑戦しにこよう。

(15) 雷岩、湖の伝説(11a)、MS/OS
こちらは、バランス系フェースルート。自信がなかったのだが、オンサイトトライを挑戦させてもらう。出だしのスタートがちょっといやらしい。そこからは、細かいエッジにのりながら、バランスクライミングが続く。楽しいルート。ちょっと被った部分を抜けるところでパワームーブが出る。最後、本当は右へ行くのだが、左へ行ってしまった。やったー、久々の11オンサイト。

4日間、いろいろなエリア、いろいろなルートを触り、怖い思いも随分したけど、とても楽しかった。混んでて敬遠んしていたマラ岩に二日も行った。そして、開拓王とイエロークラッシュを触れて、どちらもムーブをこなせたのはうれしい。ミウラーで実績も上げられた。ずっと気になっていた太陽の塔へも行くことができた。そこでも、怖い思いをしたのだが。ポケットマントルの敗退以外はとても満足できた4日間だった。塚小屋にはお世話になりました。また、宜しくお願いします。帰りは、よしえさんの車に便乗。とても助かりました。M代っち、登れなくてもいいけど、いいトライができるように、お互いがんばろう。

〇 帰ってきた開拓王(11c)
・このルート難しいが、ムーブがおもしろい。次回の機会にはRPしたい。
・みな難しいのを知ってか、あまり取り付いていない。
・17日は、1パーティ取り付いていたが、やはりはまっていた。
b0037220_23471961.jpg


〇 ノーモアレイン(12a)をトライするtsukaさん
・このルートも気になる。
b0037220_23482235.jpg


〇 レギュラーをRPするM代っち
・フェース部分はすばらしい動きで登るのに、傾斜がなくなると、いきなりへッピるM代っち。そのギャップなんとかしてくれ。
・写真byこーたろーさん。
b0037220_23525134.jpg


〇 卒業試験(10b)を登る私
・おもしろいんだけど、このルート、カチが厳しい。
・写真byこーたろーさん。
b0037220_23535079.jpg


〇 イエロークラッシュをトライする私
・ジムっぽい動きが多い。ホールドは想像より悪かった。短い12aだから、そんなにホールドがいいわけないか。
b0037220_23564112.jpg


〇 ジャガーノート(12a)をトライするtsukaさん
・バランス系とのこと。こんなルートを気楽にトライできるようにいつかはなりたいものだ。
b0037220_23575774.jpg


〇 ポケットマントルを登るよしえさん
・機会があれば、また再登しなければ。あばたもえくぼに継ぐ、再登チャレンジ課題を作ってしまった。次回はミウラーで挑戦だ。
b0037220_2359895.jpg


〇 想像より、ずいぶんりっぱだった唐沢の滝
・よしえさんは、冬に氷瀑化した唐沢の滝を登ったとのこと。
・この大きさなら、結構な氷瀑だろうなぁと想像できる。アイスやる人は、ぜひ登ってみてください。
b0037220_00048.jpg


〇 パズル(11a)をFLするtsukaさん
・おみごとです。
b0037220_01233.jpg


〇 パズルをトライするよしえさん
・上部で、リーチがないとつらい。
b0037220_022574.jpg


〇 湖の伝説(11a)をRPするよしえさん
・すばらしいファイトで、みごとにRP!
b0037220_034588.jpg


きん
by climber-kin | 2007-08-19 23:58 | 小川山2007~2008 | Comments(12)

2007年8月11日、北川

8/11、北川

今日は、久々のコータローさん、ゴン助、M代っちの4人で、北川へやってきた。カサメリという話もあったのだが、今日は、お盆初日。中央道の大渋滞を避けて、猛暑の北川にやってきたのだった。とにかく暑い。ちょっと登ると汗だくだ。朝早い時間は岩が湿っぽくてヌメる。昼ごろからは自分がヌメる。

(1) 張子の虎(10d)、×××
このルート、ヌメヌメ。ガバだけど、握った手がずりずり抜けてきてしまう。殆ど各停になってしまった。降りる際に、秋葉大権現のヌンチャクがけをする。

(2) 秋葉大権現(12b)、敗退
出だし被っている。2p目をプレクリップしてやってみる。だが、出だしができない。とにかく、いろいろやってみたが、ハング下の右手カチをカチ持ちして、ランジ気味にハング上にある水平カチへ左手一挙に飛ばすのがよさそうだ。何度もやってみるがとまらず。

(3) 秋葉大権現(12b)、敗退
いろいろな作戦を考えて、いろいろなことをやってみるが、やはり出だしができない。右手カチ持ちを横引きのピンチ持ちにして、左手をアンダーで補助しながら、少々振り気味にして、体を上げてからデッド。ようやく、止まった。指がよれよれだ。また、休む。

(4) 秋葉大権現(12b)、3p目で敗退
今度は、出だし水平カチが止まる。ムーブがわかれば、ここは、それほどでもないのかもしれない。そして、その後が本当の核心なのだろう。厳しい。トゥフックとか使いながら、水平カチをマッチして、右足上げて、右手薄いカチへ。厳しい。左手、ほぼ同じ高さのカチを中継して、左上カチホールド。右足を例の水平カチに一挙に上げて、右手上部のこれまたカチへ。狭い。左足を上げて、右足よりに重心を移して、左手アンダーを持ち、せーので右手ガバへ。3p目クリップできた。その後も厳しい。日が照って、ホールドが熱い。指の皮が殆どなくなってしまった。またまた、降りて休む。

(5) 秋葉大権現(12b)、トップアウト、回収
何とかトップアウトしたい。回収もしなければならない。下部をやる元気はもうない。私のプロトレックはまだ32℃を指している。ロープ抜かずに、ゴボウで3p目まで行き。そこから、ムーブ解析。ここからも、全く気を抜けない厳しいカチが続く。指よれよれ、指汁が出まくり。それでもムーブはできて、何とか抜けることができた。よかったー。回収。だけど、4p目クリップはどうするんだろう。解決していない気がする。

とにかく暑かった。こんなコンディションで秋葉大権現をトライするのは、バカなのかもしれないが、このコンディションの中、一通りム-ブができて、大満足。大充実でした。がんばりすぎて、指がパンパンに腫れてしまいました。こーたろーさんは、このコンディションの中、みごとミンボー(12a)をRP。すごいですねー。ゴン助さんは、ルンルンひろしくんをトライ。大汗かきながら、前半部分のム-ブを解決。M代っちは、少しお疲れ。張子の虎、出だしではまってしまう。熱帯夜の睡眠不足でお疲れだったようだ。猛暑の中、みなさん、本当に、ご苦労さまでした。こーたろーさん運転、ありがとうございました。帰りは、飯能でぎょうざの満州でうまい餃子を食べて、これまた満足。

〇 張子の虎(10d)でいきなり泣きが入る私
・朝は岩が冷えて、少し結露するのだろうか。チョークが取れるほど、湿めぽかった。恐かった。
b0037220_212026.jpg


〇 ミンボー(12a)をRPするコータローさん
・このコンディションでRPは凄い。
b0037220_2123788.jpg


〇 秋葉大権現(12b)の出だし核心
・下部核心の手前で、はまってしまいました。この部分だけで何回したかわからないほど、トライ。おかげで指が死にました。
b0037220_213971.jpg


〇 秋葉大権現(12b)の出だし核心の私
・写真 by こーたろーさん。
b0037220_552328.jpg


〇 秋葉大権現(12b)の後半を登る私
・写真 by こーたろーさん。
b0037220_5533620.jpg


〇 お疲れのM代っち
・XXXかいて、気持ちよさそうだった。お疲れさまでした。
b0037220_2132366.jpg


きん
by climber-kin | 2007-08-11 21:03 | 北川の岩場 | Comments(8)

2007年8月9日、B-PUMP

8/9、B-PUMP、2時間半

月曜日の疲れが残って水曜日は登れないと言っていてた奴が何故か、木曜日もBPにいる。しかも、何故か1級をトライしている。水曜日の面子が何故か木曜日に、M代っち、〇べちゃん。ミポリン@北海道が。あれっ、CHIEちゃんがいる。後ろから見てると、この姉ちゃん強ーぜとつぶやいてしまった。あと、3cmで登れない1級。これ超お買い得なんだろうけどなぁ。3日間だけ、2級2本、〇べちゃんよりリードしていたのだが。今日、2級2本をあっという間においつかれ、1級2本越されてしまった。三日天下だったか。M代っち、ちょっと基本的なところを教授。いい感じになってきたと思うけどね。みんな、それぞれの目標目指して、がんばろう。

きん
by climber-kin | 2007-08-09 23:28 | B-PUMP | Comments(4)

2007年8月8日、B-PUMP

8/8、B-PUMP、2時間

やっぱり、いつものパターン。月曜日は調子がよくて、登りすぎ。水曜日は疲れが残って登れず。それでも、今日は、1階の登れていない3級の4本のうち2本を登る。垂壁とスラビーだけど。例の左奥窓際の最強3級は登れず。大きな壁の残っている2級の2本のうち、右側、ムズイなぁ。だけど、少しだけ可能性が見えたかな。早く2階へ行きたいのだが、タイミングが難しい。この真の2級と最強の3級登れたら、2階へ行くことにしよう。

きん

P.S.
今日は、コータローの兄弟がいたぜ。今週末は久々に兄弟と登りに行くぜ!場所は秘密だぜ!
by climber-kin | 2007-08-08 23:14 | B-PUMP | Comments(1)

2007年8月6日、B-PUMP

8/6、B-PUMP、3時間

今日は時間をかけて、じっくり登る。BPスタッフがやっていた2級に目がきらり、そうですか、そんなムーブですか。リーチ有利で、一撃できてしまう。さすがにこれは簡単過ぎ。その左の2級。何をやらせたいのか、よくわからないが、4便ぐらい出して登れた。落ちると後ろの壁に激突?危険度も加味で2級か?以前からずっと、触ってた、窓際の最後にぶっ飛んでガラスにつっこみそうな指痛いカンテ課題2級。今日は指の痛さがまんできて、めがねをホールドにぶつけながら、登れてしまった。そして、その右隣の散々落されていたスローパーマッチの2級垂壁課題。足上げる前にマッチしてみた。おっ、可能性が見えた。何便出したかわからないが、最後にせいので右手出た!○べちゃんより先に登ったぜ!今日は2級を4本。出来過ぎ。やはり、1階はあの大きな壁の真の2級、あの2本を落さなければ。

きん
by climber-kin | 2007-08-07 00:11 | B-PUMP | Comments(0)