<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2008年6月30日、B-PUMP

6/30、B-PUMP、3時間弱

1階で5級まで再登アップして、2階左奥のリニューアル壁で登っていない5級を登った後、先週の宿題一番左奥垂壁の誰もが簡単に登るが私だけ登れない4級。今日の目標課題。6便ぐらい出して、何とか登れる。体感2級だ。左奥ベンチ前のやはり垂壁4級。これも5便ぐらいだして何とか登れる。途中からトライしたM代っちは2便で登っちまったぜ。その後、3級を彷徨するがどれもムーブができない課題ばかり、前々回から触りだしてるブリッジくぐって、すぐ右の緑2級(■だったっけ?)を探るが3手目から次のムーブがわからん。誰かお手本みせてほしい。クライマーHさんが触っていた、ブリッジ下からスタートの足自由の緑棒2級を触ってみる。おっ。これできるかも。途中からムーブ解析。4手目は右手飛ばしで、左手寄せてから左足左にハイステップ気味に左手薄カチへ。マッチしてから左足ガバへ乗せて。いけそう。少しレスト入れてから、本気トライ。登れたー!。クライマーHさんもすぐ後RP。おみごとです。その後、階段登って正面の新しい4級を触るが、既に指終わってました。次回登るぞ。それにしても、カサメリでブヨにやられた、おでこから頭から耳の後ろを20箇所ぐらい、そして両スネにも20箇所ぐらい。痒くてたまらん。

きん
by climber-kin | 2008-06-30 23:58 | B-PUMP | Comments(0)

2008年6月28日、カサメリ沢

6/28、カサメリ沢

天気予報を見て、今シーズンの有笠に見切りをつけて、カサメリへ向かう。久々の中央道。有笠はコンディションよかったようですね。裏目に出たようです。そして、今日のカサメリはお世辞にもよいコンディションとは言えない状態でした。M代っちは三ツ星のプラチナムを登りたいとのこと。私は、三ツ星ルートのボルドーを触りに来たのですが....

(1) たぬき(5.9)、再登
終了点、濡れた細引き2本では寂しいので、もう一本つけたした。

(2) レイザーズエッジ(10d)、再登
久々に登ると、全くムーブ忘れて新鮮。奮闘的だ。凹角を登る人がいるが、それはレーザーズコーナーになってしまうと思うのですが。

(3) ボルドー(12a)、2ヶ所ムーブ繋がらず
ルートを見つけるために、烏帽子岩一周ツアーをしてしまった。ようやく見つけたルートなのだが...2ヶ所ムーブがわからなかった。この二つのムーブに集約される。あとはガバなのだが。

(4) たらこ(11d)、敗退
テンションが切れてしまって、ボルドーをもう一度触る気になれず、ヌンチャク回収してしまった。もう一度ぐらいさぐっておいてもよかったかもしれないと後悔した。モツランドで登っていない残されたルートをトライする。だが。核心手前のホールド。濡れてる。核心ホールド。濡れている。敗退。ボルドーと同じタイプ。コンディション悪いとはいえ「薄被りをカチでつなぐ」というパターンに弱いなぁ。

(5) プラチナム(11c)、再登
久々に再登してみる。何度登っても、このルート難しいなぁ。

せっかく、カサメリに来たのだが、私はテンションが切れてしまったさえない一日だった。M代っちは、プラチナム、結構いい感じにみえる。あとは3p目レストからの左へ戻るトラバースをどうするかだが。今日はヌメッテいてプラチナムも難しかった。梅雨後半、来週も迷走しそうだ。

〇 ボルドーをトライする私
・このルートは、玄人向けか?指に自信ある人、やってみてください。
・そして、暗いです。
b0037220_095368.jpg


〇 不動沢方面林道入り口
・春から開いていないようです。
・これだと緊急車両が通れません。緊急車両じゃなくても林道管理の車がたまに入るのでは。車にmamutのシールがありました。クライマーでしょうか。
b0037220_0112554.jpg


きん
by climber-kin | 2008-06-29 00:01 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(4)

2008年6月25日、T-WALL東村山

6/25、T-WALL東村山、3時間弱

薄被り右で、6級、5級とアップして、kのさんの薄被り左の新しいファイル課題「岩茸」の4級課題、2本を一撃する。

〇 岩茸
・赤4級はリーチあると有利かもしれない。
・緑4級はトゥーフックのムーブが一発で読めました。
b0037220_23202512.jpg


薄被り右のノリノリさん新課題は出だしができない。土曜日にトライした大壁左のオッシー3級。ゴール手前まで2回来たのだが、いずれも最後の一手で落ちる。右手飛ばしでゴールかなぁ。よれてきてしまったので、薄被り左のオカノ氏のガバばかりなのだが何故か難しい2-3級のムーブを探る。前回触った際は全然わからなかったのだが、みなでやると何故か、一つづつムーブが解明される。各ムーブはできたので、次回この2本を登るぞ!どちらも、よれて落される課題だ。

きん
by climber-kin | 2008-06-25 23:27 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2008年6月23日、B-PUMP

6/23、B-PUMP、3時間弱

少し遅くBPに到着。1階でアップして、スラブ壁の5級マントル?課題。腕が返せない。今日も登れず。2階左奥で6級を何本か登ってアップ続き。そして、5級を2本は問題なし。4級1本は問題なかったが、左奥の垂壁の4級の1本が登れん。私以外はみんな簡単に登るのだが、体感2級。これに時間かけてると終わっちゃうので今日はパス。次回は登るぞ。その左隣のカンテの4級は一撃。体感6級。ブリッジから見て右手の指カチ系茶色Tの3級は3便ほど出して登れる。さっきの4級の方が全然ムズイ。2級をいろいろ物色するが、先週探ったブリッジくぐって、すぐ右の緑2級(■だったっけ?)を思い出す。一手進んだが、その先はどうするんだ。で時間切れ。うーん。弱いなぁ。

きん
by climber-kin | 2008-06-24 00:20 | B-PUMP | Comments(0)

2008年6月21日、有笠山

6/21、有笠山、結露

関越道を北上する途中、何度も前が見えなくなるような大雨にあう。群馬地方、このパターンは結露かなぁと思いながら、予報では朝晩降るが昼間は曇りの予報が出ていた。少しは期待していたのだが。東登山口からフェアリーに到着すると、蛇が出迎えてくれた。少々驚いた。見上げたパスファインダーの岩色がいつもより濃い赤色をしていた。ダメか。ヘルケーブに到着すると、とても明るく。登れそうな雰囲気だ。ルンルンは下部は湿っぽいが上部は大丈夫そうに見える。アップに「始めの一歩」に取り付こうと岩の下へ行くと、ようやく結露でびしょ濡れなのに気づく。あきらめて、下山するかどうするか悩む。とりあえず、様子を見るために「ルンルン」にヌンチャクがけをしてみることにした。やはり、3p目までは濡れている。4p目から上はかなり湿っぽいが登れないわけではない。ただ、クラックの中はシケシケの状態だ。回収するかどうか迷ったが、もうちょっと様子を見てみることにする。そうこうしていると、K田氏とハマ〇さん。そして、T中氏&マチコさんペアもやってきて、今日のヘルケーブは合計6人だった。しばらく、様子をみていたが、お昼ごろにかけて、どんどん状態が悪くなってしまった。M代っちもBlast-offにヌンチャクがけするが、中段のガバ帯の裏がビショ濡れなので、途中で残地カラビナで回収してしまった。お昼ぐらいに1便だしてみたが、3p目までびしょ濡れ帯で指が濡れてしまい。3-4p間をこなせない。今日はここまで、ヌンチャクを交換して下山していった。他の方々はまだまだがんばられていた。どのジムへ行くか迷ったが結局T-WALL東村山に4時ちょっと前に入店した。外岩撤収でジムへ行くのは、2年前の結露した北川からランナウトへ行った以来かなぁ。

〇 今日の「ルンルンしんすけ」
・見た目は登れそうなのだが。
・3p目まで結露でびしょ濡れ。その上もクラックは全てヌメッている。
b0037220_2344289.jpg


〇 T-WALL東村山
・何だか指が疲れている。アップなしでいきなり取り付いた濡れたルンルンにやられたか。3級は登れず。
・なんとか4級を2本登る。

きん
by climber-kin | 2008-06-21 23:37 | 有笠山 | Comments(12)

2008年6月18日、T-WALL東村山

6/18、T-WALL東村山、3時間

薄被り右の6級課題を二つ。これどちらも4級ではないだろうか。せめて、5級ならわかるのだが。
先週登れなかった「こわれもののしな10/30」の3級を1便だすが、月曜日のBPで指に穴作って、今日はテーピング。フリクション悪くて、ちょっと難しそう。同ファイル課題の茶色3-4級を苦労して登る。次に、オーハラ氏の「17年蝉」の2級を探る。そろそろT-WALL東村山の2級も登りたいぞ。できそうでできないムーブ。うーん。次回も探ってみるか。

きん
by climber-kin | 2008-06-18 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2008年6月16日、B-PUMP

6/16、B-PUMP、3時間

1階スラブ壁でアップして、スラブ壁の目新しい5級を触るが、マントル?これ登れない。2階へ上がりリニューアルエリア。いつものごとく5級から2本づつ登る。一番奥のハング壁の4級で、手順が決まらずに、はまるが4便ぐらいで登れる。その横、お買い得3級は一撃する。そして、もう一本3級を登ろうと物色するが、先週〇西店長が設定していたリニューアルエリア入口のブリッジ道路側からスタートする茶色■をトライしてみるが、これがフィジカルだ。最後の一手だけなんだけど止らない。散々打って、右指を弱らせるだけに終わる。登れない。これやってると終わってしまうので、クライマーHさんやShi〇田さんがやっている2級を物色しては可能性を捜す。どれも難しい。最後に茶色■3級をもう一度トライ。最後の一手が止る。登れた。よかったー。何とか3級は2本登れた。それにしても、今日は保持力の弱さを痛感させられた。やっぱり体重なのかもなぁ。次回は3級を2本登れるか怪しいなぁ。とりあえず、次回トライする2級は決めておいた。また来週がんばろう。

きん
by climber-kin | 2008-06-16 23:45 | B-PUMP | Comments(0)

2008年6月14日、有笠山

6/14、有笠山

うれしい梅雨の中休み。今週も有笠山ヘルケーブへ向かう。今日も静かなヘルケーブ。我々と後からT中氏&マチコさんペアの合計4人だった。懸念の「ルンルンしんすけ」、先々週欠けたホールドが先週日曜日に戻されたということだった、確かに、元の位置に貼り付けられていた。保持した感触も記憶と同じだった。ホールドがなかった先週は左ラインに可能性を見出せなく、カンテラインでトライして、おしいところまで行ったのだが、欠けたホールドが戻ってきたので、また左ラインへ戻すことに決断したのだった。

(1) 始めの一歩(10a)、再登
ホールドが暖かい。

(2) 寝ぼすけクラック(10c)、×
まだ、ルンルンには陽があたっていたので、濡れているこのルートを触ってみた。最後終了ホールドが目に入らず、濡れたホールドを探りまくった挙句にテンション。あらら。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、×
まだ体が動かない。4p目でテンションして、ヌンチャクかけながらカンテラインで終了点までワンテンで抜ける。戻ったホールドを確認する。なるほど。左ラインへ戻す決意をする。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、5p目直前でフォール
3-4p間でニーバが決まり、両手を交互にシェークできた。5p目手前左トラバースへ。だが、何だかヌメルぞ。指が抜けてきてしまった。たまらずフォール。そのまま降りることにする。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、左ラインで1テン
3-4p間、今度もニーバが決まる。結構順調に5p目クリップして、レストなのだが、このレストポイントがレストできない。適当に切り上げて、6p目クリップポイントへ突入したのだが、ここが実に狭い。通りぬけるだけならよいのだが、足を折りたたんでクリップしようとすると、右指が開いてきてしまう。手繰り落ちしそうだ。テンションをかける。とりあえず、5p目から終了点まで抜けて、左ラインでワンテンにする。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
今度も全く同じだ、5p目レストポイントにいると、どんどん疲れてくるぞ。しかたなく、6p目クリップポイントへ突っ込むが、またまた指が開く。レスト方法を探るが、やはり、5p目までもう少し余裕を持って到達しないとレストできないような気がする。

(7) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク回収便
3-4p間をうまくこなして4p目クリップするが指よれててテンション。本当にただの回収便になってしまう。一つだけ確認しておきたいことがあった。6p目クリップを最後の核心抜けて、カンテスローパーガバで膝クリップ体勢を作れるか試してみる。膝クリップができることがわかる。

「ルンルンしんすけ」、より充実する左ラインでトライすることに決めた。だけど困ったぞ。5p目レストポイントで回復できない。しかも、6p目クリップが狭くて辛いときている。だけど、これまでもレストができないという困難は何度も経験してきている。そして、これを乗り切るシナリオは、
・5p目までをさらにスムーズに楽に到達できるようにする。
・5p目レストでもう少し回復できるようにする。(多分、もう少し余裕があれば少しは戻せると思う。)
・6p目クリップを核心抜けてからカンテスローパー右ガバで膝クリップ。
かな?RPはかなり遠のいた。だけど負けない。がんばるぞ。M代っちのBlast-offは、1テン。ムーブも固めた。いよいよRPトライ体勢。あとはど根性のみだ。がんばろう。来週も晴れてくれー。

〇 正対引き付け師をトライするT中氏
・このルート、かっこいい。「ルンルン」登れたときにはトライしてみたい。
・かなり難しそうな前半核心こえて、レストポイント。そして、非常に難しそうなトラバースから、極悪な終了点直下の核心ボルダー。
b0037220_23305013.jpg


〇 ルンルンしんすけをトライするマチコさん
・強い。うまい。あっという間に登れるでしょう。
b0037220_233113.jpg


きん
by climber-kin | 2008-06-14 23:54 | 有笠山 | Comments(10)

2008年6月11日、T-WALL東村山

6/11、T-WALL東村山、3時間

いつものごとく、スラブ壁でテープ課題を繋いで、アップダウンアップダウン。足に乗るバランス感覚を確認する。薄被り左で、kの氏6級。ホシノ氏5級。ホシノ氏3-4級は3手目よせが狭く、5便ほど出すが何とか登れた。同じく2級のランジ課題は10cm届かず。あきらめる。続いて大壁正面。

〇 「こわれもののしな10/30」緑色3級
・右足ヒールして、右手穴ホールドを2本指では体上がらず。かなり打ったが、今日は登れず。
・次回俵もち3本指で再トライだ。
b0037220_23203296.jpg


〇 「交代制の日」茶色3級
・これ難め3級だと思う。
・kの嬢とtomさんがトライしていたので途中から参戦。
・こぐま氏はさりげなく一撃する。強い。こぐま氏とはアイシングしながらご挨拶した。
・最後ニーバーすれば終了点手前デカ赤ホールドが楽に取れることが判明。そこまで行き着けばなんとなりそう。
・kの嬢完登のあと、私も何とか登れた。課題替えてよかった。
b0037220_2323389.jpg


「交代制の日」2-3級のランジ課題を触るが、体幹と指がよれてて感触わからず。2個目のランジ左足ヒールフックで楽に取ったら、kの嬢からクレームが。また、元気な時に触ってみよう。T-WALL東村山のボルダー課題は結構手数が多いので3級ぐらいになると、前半いかに力抜いてこなして、核心にたどり着くかというパターンになるまさにストレニ系ルート対策にぴったりだと思うのだが。よれた状態で最後に黒テープ10c。どんなによれていても、10cを登れるようにする。この課題は「おいしいよ」の7p目から終了点と同じぐらいの感じかな。「おいしいよ」の方がもうちょっと難しいか。「おいしいよ」はよれてるだけじゃなくて、パンプもしてるからなぁ。ちょっと違うか。

きん
by climber-kin | 2008-06-11 23:34 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2008年6月9日、B-PUMP

6/9、B-PUMP、3時間

激しい雷雨。三鷹に落雷でポイント故障とかでJR中央線が止りそうだったが、なんとか荻窪までたどり着く。激しい雨の中、パンをかじりながらBPへ向かう。ズボンがびしょ濡れだ。1階で新しい長手もの10bでアップしてから、2階リニューアルエリアへ向かう。今日も5級から2本づつ、3級の1本目まではほぼ一撃で快調だったのだが、一番左手奥の足自由課題3級、これも一撃できるかと思ったのだが、最後考えすぎで落される。ところが、この課題にはまってしまう。途中、M代っちがトライしていたBell-Treeの4級とか登りながら、また再トライして10便ぐらいだして、ようやく登れる。それから、やっと2級トライだ。Bell-Tree壁の緑×2級に目をつける。3手目穴ホールド取れず、右足高めのヒールフックで試してみると取れた。そのまま何手か手を出してゴールを取り損ねて落ちてきた。これいけそう。クリス課題みたいでおもしろいぜ。2便目、やっぱり各々の一手はぎりぎりなのだが、止める。次もとめる。最後スローパーからゴールへ、やったー!2撃!その他の2級を探るがどれも難しい。最後に4級登って終了。ボルダーは、登れると楽しい。

きん
by climber-kin | 2008-06-09 23:44 | B-PUMP | Comments(2)