<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008年10月30日、B-PUMP

10/30、B-PUMP、2時間半

着いた早々に、ミポリンからお久しぶりーって挨拶される。そんなにお久しぶりではないような気がするのだが。二子情報を少しもらう。2階リニューアル壁。新しく設定された5級と4級を一撃する。R壁左カンテ沿いの茶棒3級は狭くて一度落されて2撃。右手ステージの半卵スローパホールドマッチ核心の2級はなんとか登れる。R壁正面の登っていない足自由の2級とmini-catの垂壁の2級は何度もトライすれば何とかなるかも。右手ステージの残り二つの2級は何ともならないような。R壁正面右側の1級は最後だけ狭くて悪い。みな最後で苦労してるみたい。2階のリニューアル壁、3級以下はほぼ全て登れて、2級は4本登って、残り4本。あと2本登って6割にしたいなぁ。もう打ち止めかなぁ。残りは1級を何本落せるか。早くホールド替えしないかなぁ。先日したばっかりだって。ジム疲れ気味なM代っちは執念で2階リニューアル壁階段上がって左手の被った壁の3級をゲット。続けてR壁のきん推奨の2級をトライ。いい感触を得たようだ。

きん
by climber-kin | 2008-10-30 23:30 | B-PUMP | Comments(0)

2008年10月28日、B-PUMP

10/28、B-PUMP、3時間

中5日。元気がいい。何回トライしてもよれてこない感じ。2階リニューアル壁で、3級を4本ぐらい。2級を3本登れた。

きん
by climber-kin | 2008-10-28 23:54 | B-PUMP | Comments(0)

2008年10月22日、B-PUMP

10/22、B-PUMP、3時間+2時間

諸般の事情で、夕方から夜に用事があって、昼間に3時間と用事が終わってから2時間。夜には、2階、正面から右側がホールド替え終了。新しい課題が設定されていた。だけど、その時は既に自分が終わっていました。なんとか4級を2本と3級を2本だけ登る。ほかの3級と2級、今日は登れなーい。登り過ぎで、週末に疲れが残りそう。スタッフのみなさん、ホールド替え、ご苦労様でした。これで、当分、BPで楽しめそうです。たくさん課題作ってください。ガンバです。

きん
by climber-kin | 2008-10-22 23:54 | B-PUMP | Comments(0)

2008年10月20日、T-WALL東村山

10/20、T-WALL東村山、3時間弱

日曜夜は9時には酩酊状態。早々に寝て、よく寝たはずなのに、何故か目覚めは悪く、酒が残っていた。今日帰ってみたら、土曜日に買ったホワイトホースが殆どなくなっていた。なんてこったい。飲んだ量を全然気にしてないんですね。反省。いつもなら月曜BPなのだが、ホールド替え作業?違う?そうだったのか、勘違いだったのかは不明だが、チーウォールへ向かった。アップが薄被り右オーハラ氏6級、5級。意外に普通だった。それから。

〇 kの氏薄被り左「ヘルマン・ブルー」
・青6級。
・ピンク5級、ホールド一個見落として、へくる。2撃。
・緑4級、オブザベしまくって、1撃。
b0037220_23333564.jpg


とここまではよかったのだが、選ぶ選ぶ新課題3級を挫折しまくり、たどりついたオッシー氏の目で作ってる新作3-4級の出だし捻りランジ。一回だけ止ったが、ゴール取り失敗して、本日最初で最後のチャンスを落とす。それ以降一度もランジ止らず。指痛い。これで3-4級?トライの合間に、月曜常連さんがやっていたタカヤ氏の??芋の4級を2本登っておいたので、少しは登った気になって帰ることができた。

きん
by climber-kin | 2008-10-20 23:40 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2008年10月18日、有笠山

10/18、有笠山、ヘルケーブ

有笠の紅葉はあまり進んでいない。ヘルケーブあたりの木々を見ると、紅葉しないでそのまま落葉してしまいそうな雰囲気なのだが、ちゃんと紅葉するのだろうか。今週も晴天。先週の日曜の方が少しフリクションがよかったような気もするが、コンディションはいい。今週もスーさん達(今回は3人)がやってきて、合計5名と静かなヘルケーブで一日過ごせた。それと、今週は新しいドラゴンレースをおろしてみた。4p目ニーバーのためにニーパッドを持ってきてみたのだが、ちょっと裏目に出てしまったようだ。

(1) 始めの一歩(10a)、再登
テラス状へ出るところは、右側へ50cm回ると楽なことがわかった。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け
新しいドラゴンが馴染まない。いきなり下ろして使っているので当たり前なのだが。ニーバーが決まらない。ニーパッドは、はずれだったか。4-5p間のムーブを確定させる。右足ヒールフックで右手レスト。その右足に乗り込んで、右手右足バランスで左手レストだ。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、××
一度だけ、新しいドラゴン履いて、ニーパッドつけて本気トライしてみる。やはり、ニーバーが決まらない。4p目でテンションかけてしまった。ニーパッドやめて、ミウラでやってみるかなぁ。とりあえず、そのまま、4p目からどこまでいけるか試してみる。前便で決めた手順で5p目まで進み、両手一度づつシェークしてから、核心へゴー。6p目は何とかクリップして、左手出して、右足を高くあげて、まずは遠い右手は何とか止った。そして悪い左手マッチ。これも何とか止った。カンテのグルーホールドも何とか取れるが、ここで限界か。もう一手で終了点直下のガバ。左手出せなくもないが、ひっくり返っていた6p目のカラビナが気になって、テンションしてしまった。うーん。このぐらいの疲労で5p目まで到達できれば、何とか登れるのかもしれない。そんな感触は得られた。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
今度は、ニーパッドをあきらめて、ミウラでやってみる。有笠はいつもドラゴンなのだが、夏の間ミウラにすっかり馴染んでしまったようだ。こちらの方が登りやすい。まぁ、ドラゴンはまだ新品なので。ジムではヨレヨレドラゴン履いているわけだから、問題ないはずなんだけど。ニーパッドしてた時よりは少しだけニーバが止るがいまふたつだ。そのまま右手力入れたまま4p目クリップ。前腕が張ってしまったが、そのままゴー。5p目クリップするが。このまま核心へ突入しても登れる気がしないので、レストを試みる。やっぱりレストできない。レストポイントで散々疲労してから核心へ突入する。6p目は何とかクリップして、左手出すが、持つところ手前側にしか届かず、右足上げられなかった。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、回収便
今度もニーバ決まらない。ニーパッドとドラゴンでわからなくなってしまったようだ。4p目テンションして、確認してみる。少し休んで、4p目から終了点まで目指す。今度はよれる前に終了点まで到達できた。

「ルンルンしんすけ」とりあえず、3-4p間のニーバが決まらなくて、もがいて余計な疲労をしてしまったが6p-終了点間の核心あたりまでは到達できた。それと、4p目テンションから終了点まではノーテンで繋げられた。前進は感じることができた。次回に期待したい。だけど、ニーバどうするかだ。6月はばっちり決まっていたのだが、今のままでは、疲れるためにニーバをしているようなものだ。ニーバ決まれば、両手を2,3度シェークできて、4p目から終了点への今日の前進に繋がる。だけど、そこではそれほど疲れているわけではないので、いっそニーバ捨てて真っ向勝負か。いや、4p目のクリップをどうするだ?うーん、迷うところ。次回ヌン掛け便でもう一度ニーバを確認してみよう。M代っちのブラストオフはムーブがほぼ固まって今日からRPトライ。核心抜けてガバへあと一手でフォール。ガバ取れてればいけたかも。あと2-3日でいけそうな雰囲気。残された時間は短いが今シーズンで登りたいねぇ。

〇 ルンルンしんすけ(12b)の核心を登るTさん
・スーさんのお連れのTさん。
・3便目は核心左手まであと2cmまでせまったのだが。
b0037220_22581844.jpg


きん
by climber-kin | 2008-10-18 23:17 | 有笠山 | Comments(4)

2008年10月、BLOG四周年

「BLOG四周年」

気が付かないうちに、BLOG四周年が過ぎていた。現在の記事数753件。よく書き続けられたと思う。最初は自己顕示的な気持ちも強かったが、最近では純粋な自分の記録、ムーブやポイントのメモとして、また、意見や心情、感想、考えを書き下す日記として書けるようになってきていると思う。オンサイト狙いの方には申し訳ないが、多くの人にルート情報として使って頂ければ幸いだ。また、自分のクライミング情報を公開することで、たくさんのクライマーの方々とのよいコミュニケーション手段になっていると思う。五周年目も「キンBLOG」をかわらず継続していきたいと思います。宜しくお願いします。そして、このBLOG×周年がくると、もう直ぐ二子シーズン。あと2ヶ月ほどになってしまった。今年も12月半ばぐらいから二子通いを始める予定だ。去年のように、シーズン前に、二日ほど、平日に「穴のムジナ」のムーブ探りができるとよいのだが。そして、シーズン前に、ストレニ真の12bシリーズ(私が勝手に決めている。NDDに加え、秋葉、ルンルンしんすけの3本。実は1テン地獄状態になっているだけとも言えるのだが)の完登を完成させ、勢いをつけて、二子シーズンを迎えたいなんて野心を持っているのだが。かなり難しいと思う。とにかく、がんばります。

きん
by Climber-Kin | 2008-10-16 20:24 | 目標と成果 | Comments(2)

2008年10月15日、T-WALL東村山

10/15、T-WALL東村山、3時間

薄被り右5級を何本か登ってアップする。今日は薄被り左のオカノカン氏サンダーストームを選ぶ。

〇 オカノカン氏(2008.8.5)
・青4-5級、サンダーストーム。オカノ氏にしてはめずらしく辛い。核心と思われる赤いカツオ?ホールドから青いサイドスローパーへのデッドで落とされる。2便目はそこを超えたが、超奮闘的にぎりぎりで二撃。ぜーぜー。
・紫2-3級。赤4級触ったが難しいので、こちらも触ってみると、こちらの方が登りやすい。4便ほど出して登れる。
・赤4級、カヅロウ25才。これ難しい。一手づつ解析していったが最後の左手一手がわからない。kの嬢が左手カンテで右手だしで解決する。なるほど。少し休んでから、慎重に完登する。
b0037220_23173545.jpg


宿題を2本早々に落として、ごきげんのM代っちがやっていた新しいオッシー4級。ガバアンダーが苦しい。4便ほど出して、ギリギリで登れる。その他の最新オッシー課題3級を物色するが、どれも難しいぞ。

きん
by climber-kin | 2008-10-15 23:22 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2008年10月14日、B-PUMP

10/14、B-PUMP、1時間ちょっと

土日の疲れも残っているので、少しだけ登る。店入って階段上がっていったら、たいちくんが、やりましたねと手厚く迎えてくれた。ありがとう。そろそろ、被った壁を登らねばと、2階左奥で5級と4級をたくさん再登する。登っていない2級を探る。ハングカンテ沿いの2級は登りたいなぁ。ムーブ的には、あまり実践的な課題ではないのだけれど、強くないと登れない課題だ。「弱いなぁ。重いなぁ。」なんてつぶやいていたら、顔見知り常連の強いボルダラーおにぃさんに、これ難しいですよねって慰められた。

きん
by Climber-Kin | 2008-10-14 23:55 | B-PUMP | Comments(0)

2008年10月12日、有笠山

10/12、有笠山ヘルケーブ

「NDDのRP」の余韻冷めあらぬうちに140km移動する。日曜朝のカサメリはきっと氷点下だろう。長い間向かい続けた目標がなくなり、魂が抜けた体でなにげなく、一日岩場で過ごすには、あまりにも寒い。それに、残り短いベストシーズン。次のルートに向かって、疲れた体に鞭打って移動した。NDDのRPと運転で興奮したのか、なかなか寝付けなかった。朝も早くに目がさめてしまった。朝少し寒かったが、ここはカサメリよりは標高が1,000mは低い。凍えるような寒さは全くない。移動してきてよかったと思った。

(1) 始めの一歩(10a)、再登アップ
おー。ガバだ。久々のガバの感触を楽しむ。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ確認、2テン
スーさん達が昨日から入っていて、ヌンチャクがかかっている。まずは、ムーブ思い出し便。4p目クリップ体勢の左足ニーバ。何か変だ。思わず、ヌンチャクを握ってしまった。5p目までは6月に最後に修正した手順を試す。6p目から終了点へ。記憶より少しづつ遠いホールドへ一手づつ躊躇しながら、トップアウトする。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
岩場で初めてお会いしたJILL師匠が一発でRP。力強い登りでした。おめでとうございます。私もがんばらなくては、だが、下から繋げると一手一手が記憶より悪い。ついつい力が入ってしまうが、それでも、5p目まではノーテンで行けた。レスト?がレストにならない。やっぱり前と一緒だ。次のムーブへいけずにテンション。やっぱり繋ぐのは難しいなぁ、このルート。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、2テン
4p目クリップするが、左足ニーバがはずれてきてしまった。もう、よれよれだ。テンションしてから、4-5p間のムーブ修正を試みる。直接、5p目の水平クラックへ取りに行く前に右足ヒールフックで小レストしてみる。おっ、これはいいかも。一旦右側へよると、左手穴のききもいい。そのまま、5p目クリップして、今度は1度づつシェークしただけで、最後の核心セクションへ突入してみる。うっ、遠い。右手がマッチホールドへ全然届かない。

のんびりしたいところだが、ベストシーズンの終わりは近い。二子の前に登っておきたいルートがまだたくさんある。一日でも無駄にしないように、がんばって有笠へ移動した。気温も丁度よく、コンディションも最高だった。そして、「ルンルンしんすけ」は相変わらず、難しかった。このルート、核心は6p目クリップから、遠い右手取りと足そのままで左手ニ軸マッチの2手なのだが、鍵は3p目クリップしてから、5p目までをいかにセーブしてこなすかだ。このルートも手強い。

〇 ルンルンしんすけ(12b)を危なげなくRPするJILL師匠
・完璧で余裕のRP。朝からいい登りを見せてもらいました。おめでとうございます。
b0037220_9151651.jpg


〇 ルンルンしんすけをトライする私
・手順をかえたムーブで5p目までは到達。だけど、ここまでで力を使いすぎたようだ。
・とりあえず、6月時点の感じへ戻すことはできたと思う。
b0037220_9152727.jpg


〇 ルンルンしんすけをトライするスーさん
・雪が降るまで、がんばりましょう。
b0037220_9153592.jpg


きん
by climber-kin | 2008-10-13 08:59 | 有笠山 | Comments(4)

NDDのRP写真

記録:「ナイト・ディジィ・ダンス」のRP

RPした時。その時の実際の写真があるというのは、とても貴重です。箸も氏、ありがとう。

(1) 最初の核心
・スローパーマッチ成功してから左手ガストンへ。
・何度やっても、脇から足元まで、スースーする感じだった。
b0037220_18234336.jpg


(2) アンダーガバへ
・私はいきなり、アンダーガバを取りに行ってしまう。
・右手、左手と刻む手順もあるようだ。
b0037220_18244682.jpg


(3) 右トラバース
・実はここも力がいる。ここを省力化するのは必須ポイント。
・リーチない人は、穴ホールドを左手で取って、右の方のアンダーを取って、左手を三角形ホールドへデッドのようだ。
・私のようにリーチある人は、左手を高いガストンで三角形ホールドへ行く。実はここはポイント。ここで、どれだけ力をセーブできるかが後々効いてくる。
・私のポイントは、左手ガストンして、左足を大きく、左へ流して重心をしっかり右足(穴ホールド)へ乗せてから、右手を三角形ホールドへ出す。これで、かなり楽になりました。
b0037220_18253241.jpg


(4)左手中継の台形ホールド
・普通のクライマーは右手穴ホールドから左手台形ホールドへ出して、右手マッチして左手おにぎりホールドへの手順が普通だと思います。私はこれはNGでした。このムーブはテンションかけてからやればできるのですが、この一手で全ての力を使いきってしまうムーブでした。このムーブを捨てて、自分にあったムーブへ替えたのも、RPへの繋がる一つでした。
・左手台形ホールド取ってから、右手穴ホールドのまま、先に右足上げて、左手おにぎりホールド取ることにしました。
b0037220_18255758.jpg


(5) 左手おにぎりホールド取ってから
・ここもポイント。右手中継ホールドへ出せるか出せないかはバランスが入ってるか入っていないか。
・私の感覚では、腰を少し右へ捻って、右足にしっかり乗ってから右手を出す感じでした。
・NDDの難しさは、力もいるのですが、全てのムーブがとてもデリケートで、力づくだけでは登れない花崗岩特有の難しさなのかもしれません。
b0037220_18263430.jpg


(6) 右手アンダーフレーク止まった!
・たぶん多くの人は三角形ホールドに右足、左手おにぎりホールドでアンダーフレークへ行きます。私にはこのムーブは確率が悪すぎました。
・右足一つ下げて、右手を2回中継して、デッドでアンダーフレークへ変更して、止る確率が格段とよくなりました。これで、RPが少し見えてきました。
b0037220_1827136.jpg


(7) 左手穴ホールドへ
・最後の最後まで触ったことがなかった、左手穴ホールド。
・RPした日に初めて触りました。
b0037220_18274437.jpg


(8) あと一手でリップ
・アンダーフレークから一手右手をガバへ送ってから、左手リップへ。
b0037220_18283233.jpg


(9) テラス上のガバへ
・このガバが取れれば、一安心。
・テラスで終了というのはうれしいですねぇ。
・終了点に立ったら、吠えましょう。山深いカサメリはどれだけ吠えても大丈夫です。
b0037220_18285468.jpg


きん
by climber-kin | 2008-10-12 23:50 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)