<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2009年7月29日、T-WALL東村山、3時間

薄被り左でトライされていた常連の方に便乗して、I崎氏4級とkの氏4級を再登する。オカノ氏の新しい2級を登って、喜んでいたら、一手ホールドが違っていたことが判明。これで、ガックしきてしまった。いろいろな新しい課題を触ったが、登れたのは、ほしのくんのドラクエ10、4級だけ。これは、フィジカルないい課題だった。15手、外岩11dの核心ぐらいだろう。同ファイル課題の3-4級は出だしに理不尽ムーブが出てきてしまって、後半解決したのだが、この理不尽ムーブを解決しないと登れる気がしないが、これもトレーニングにはいい課題だ。。以前、RPには核心手前の理不尽ムーブをなくすことだと書いたことがあるんだが、そのままだ。ボルダーは難しい。この時期は傾斜がない外岩を登るので、平日ジムは傾斜の強いのをやらないといけない。次回から、傾斜のある左壁中心にしよう。

きん
by climber-kin | 2009-07-29 23:30 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年7月27日、T-WALL東村山、3時間

帰りの道が蒸し暑い。いつになったら、さわやかな夏が来るのだろうか。チーウォールに到着すると、大先生が来ていた。kの氏の「幽の沢」でアップして、今日来ていたTKYくんの課題をまずは触ってみた。

〇 元T-WALL、TKYくん、H20.03.02
・ピンク7級でアップ。
・緑4-5級は、何とか一撃できる。予想通り、左手保持力課題だった。
b0037220_23185735.jpg


〇 (芦)氏、わるい奴、6/22
・茶3級の最後は、右手クロスだしだと最初からわかったのだが、ゴール止めるには4便ほどかかる。
・紫2級は難しい。シロクロさんにお手本みせてもらうが、3手目左手黄色スローパーが遠い。登れず。
b0037220_2322956.jpg


〇 H山、カレーシリーズ、2009.07.18
・ハヤシライス、緑4級はハリボテ下の薄いカチに落とされるが、2便で登れる。
・チキンカレー、黒3級も2便でなんとか食べられた。
・ポークカレー、青1級は右足ヒールフックで右手スローパー、恐くて左足切れない。
b0037220_23251351.jpg


オカノ氏の新しい2級は、これまた右手の保持力不足で、できない。シロクロさんがルーフ壁に4-5級と5級を設定。5級は一撃できたが、4-5級の方は登れず。最後が難しい。最後にドイチェ氏の5級を登って終了。よれよれになるまで登った。ガバダコが痛い。

きん
by climber-kin | 2009-07-27 23:26 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2009年7月25日、甲府幕岩、ロイヤルストレートフラッシュRP

新しいザックに慣れていなくて、パッキングに時間がかかる。待ち合わせ時間に遅刻しそうになる。今日は、いつものM代っちに、こーたろーさん、たいちくんと4人でカサメリ沢へ向かったのだが、植樹祭公園に到着すると瑞牆山がない!すっぽりと霧に隠れている。中央道降りるあたりから雨が降り出し、とりあえず、植樹際公園まできたのだが、これは当分は乾かないだろうと転戦することになる。小川山案も出たが、小川山のどこだというところで、誰も積極的なアイデアがなく、甲府幕岩なら乾きも早いだろうと移動した。時たまポツポツと来たが、何とか6時まで登ることができた。ただ、登れるルートは限定された。

(1) ドラえもん(10c)、×
とりあえず、アップに使えそうなルートは、これしか乾いていなかった。以前雨上がりにきたときも、このルート触ったが、やっぱりテンションしてしまった。進歩がないぜ。

(2) ドラえもん(10c)、RP
手順わかれば、10cぐらいなのだろうけど、結構難しいルートだと思う。

(3) ロイヤルストレートフラッシュ(11c)、初トライ、××
さて、何を触ろうかと見渡してみると、一番乾いていた。左壁の限定はないようだ。下部から中段へ。右に左に。ボルトが足元の横にいくので、結構恐い。途中何度かびびってしまった。

(4) ロイヤルストレートフラッシュ(11c)、RP
前半の核心、できるかなぁーと心配したが、積極的に動くと、思ったほど難しくなかった。中段のちょっとだけいやらしいステミングをこなし、再び壁を右よりへ向かって、終了点クリップ。見た目はそれなりにカッコいいんですけど、雨上がり以外には、あまりお奨めできないかも。

(5) アフリカ象が好き(12b)、初トライ、ムーブ探り
今日は右側がびしょ濡れなので、12bバージョンでしか登れない。3p目クリップ後の核心。右手ホールドがびしょ濡れで、そこから動けなかった。4p目以降は、カンテびしょ濡れでもなんとかこなせた。このルート。おもしろいルートだと感じた。今日の状態では、私には核心ムーブできそうになかったので、1便だけでやめておいた。

(6) サイコモーター(11a/b)、ワンテン
まだ、時間があったので、もう1ルート。朝はびしょ濡れだったが、昼過ぎぐらいから乾きだしていた。嫌な予感もあったのだが、予想通り、狭くて出だし核心ができない。普通は右足ヒールで右手チビカチからさらに一手右手出しなのだろうけど、狭くて一手右手出しで落ちてしまう。はまったかと思ったが、左足ヒールでやってみると、できた。そのままもらいかなぁと思ったら、最後終了点手前がびしょ濡れでテンション。登れるムーブを見つけておいた。

(7) サイコモーター(11a/b)、RP
ヌンチャク回収しようと思ったら、やりたい人がいたので、ヌンチャクを残す。やらなくてもよかったのだが、登っておくことにした。今度は余裕でRPできた。

昨夜の大雨に今朝の雨。さすがに今日は登れないかなぁと思ったのだが、幕岩へ転戦して正解だった。一日登ることができた。アフリカ象が好き12bバージョンはいいルートだった。コンディションよい時にまた触ってみたい。帰りは増富温泉による。前回七枚のチケットと交換した招待券で入りました。洗い場で遭遇した箸も氏達もカサメリ避けて小川山行ってきたとのことです。カサメリ行ってたクライマーの話では、モツランドは登れて、遅くなってから漁師の娘あたりが登れるようになったとのことでした。幕岩行って正解だったようです。

〇 今日の甲府幕岩
・久々にタープ出動。結局必要なほどは降らなかったのだけど、これ張ってあると、トライしている時、ビレイしている時に降りだしても安心です。
・今日の幕岩は4パーティほどと、クライマーは少なかった。あたり前か。
・甲府の軟派氏の右2mぐらいのところに、20cm径ぐらいの蜂の巣ができてました。
・こーたろーさんは、スパイラルリーフをRP。たいちくんは、アフリカ象が好き12bバージョンを2撃。M代っちは、キルト(11b/c)を本日3便目にRP。
b0037220_044325.jpg


〇 アフリカ象が好き12bバージョンをRPするたいちくん
・みごとに2撃。
・その後、触ったけど、あれだけ濡れていて、登れるのは凄い。
b0037220_0444723.jpg


〇 みすこり半劇場をトライするこーたろーさん
・「ウッ!、ウッ!」と声が幕岩に響いた。
・これは、傾斜がない12c。難しそうです。
b0037220_0451781.jpg


〇 サイコモーター(11a/b)をRPする私
・キルトと同様にサイズ合わず、はまりそうでしたが、何とか登れました。
b0037220_0455374.jpg


きん
by climber-kin | 2009-07-25 23:59 | 甲府幕岩 | Comments(6)

ザック

今日は、ザックを買ってきた。週末に20年間使っていたザックの背中のフレームが折れてしまった。コージツ山荘新宿店でTKYくんにお世話になった。大きなザックは少ない。グレゴリーもよかったのだけど、ちょっと、ごつすぎて重いかな。シンプルで流行の形(縦細)じゃないオスプレーのイーサーにした。細身だと70mのロープが入らないし。色はイエローがよかったんだけど、汚れのことを考えてエメラルドにした。

〇 オスプレー・イーサー85
・写真はサイズが違います。
・最近荷物がどんどん重くなってきている。ロープ(60m->70m)。お茶&スポーツドリンク(夏だからたくさんに持っていく)。カム類(花崗岩だと念のため持っていく)。雨具(この時期はしかたない)。シューズ(迷いがあるのでたくさん持っていく)。ヌンチャク(長いルートのトライを兼ねて毎回たくさん持っていくが毎回敵前逃亡)。タープ(にわか雨対策、心強いです)。フリース(未だに着ている)。水(2L、ラーメンとコーヒー用)。
・次回は、水を1.5Lにして、フリースはやめて、飲み物類は毎回残ってるので、よほど暑そうでない限り少し減らしていこう。
・2kgぐらいは軽くなりそうだ。
b0037220_23541833.jpg


きん
by climber-kin | 2009-07-23 00:05 | クライミングギア | Comments(6)

2009年7月22日、T-WALL東村山、2時間半

昨日に続き今日もジム。週末の花崗岩に昨日のBPとかなり指がよれているが、木金はレストしたいので連荘なれどジムへ行っておきたい。そして、外岩と同じく、二日目は著しくパフォーマンスが低下してしまう。

〇 オカノカン氏、辛苦了/ドウエ、2007/11/15
・古い課題、まだやってないので、やってみた。
・辛苦了、青4-5級は一撃。
・ピンク、3-4級も一撃。
・が、ドウエ、茶3級は、ムーブ解析難しい。一手づつ詰めるが最後の一手が下から繋げるとできず。
b0037220_23373982.jpg


はやりのオカノ氏新作、4-5級を触るが、苦手系だ。指よれて、保持力なくて、リップの黒ホールド取れませんでした。

きん
by climber-kin | 2009-07-22 23:52 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年7月21日、B-PUMP、2時間

三連休明けの雨、今日は空いているだろうと久々にBPへ行く。予想通り空いていて集中できた。うるさいBGMはいらないと思うんだけどね。1階垂壁でアップして、1階奥の壁。7級から2本づつ。4級は、一撃できなかった。3級は何便かづつ出して2本登る。2級は窓際の緑■は数便で登れて、一番大きい壁の緑↑は手順解析に手間取りながらも登れた。テープ課題は把握するのが早いのでハイペースで登れてしまう。2階で4級を一本登ったところで、指がよれていることに気づいて、早めに上がった。

きん
by climber-kin | 2009-07-21 23:59 | B-PUMP | Comments(0)

2009年7月18-19日、カサメリ沢、たらこRP

梅雨明けのクライミング。M代っちは土曜日日帰り、k師と植樹祭公園で泊まり。日曜日はこーたろーさんと合流の予定で久々のお泊まりクライミングだったのだが、梅雨のような天気に逆戻りした週末だった。小川山-カサメリかカサメリ-甲府幕岩のパターンもあったのだが、にわか雨の可能性が高いので、土日ともカサメリ沢へ行くことになった。そして、土曜日は、朝から雨。モツランドへ朝一番で行ったのだが、その後、カサメリ沢中のクライマーが全員集合。S崎さんスクールも加わり、土日のジムのような混雑具合だった。日曜日は土曜よりはよい天気だったのだが、朝は岩場に到着すると、いきなり雨。今日もモツランドemoticon-0107-sweating.gifかと頭をよぎったが、その後は、たまに空が暗くなっては、風が吹いて、来るかなぁと思うとポツポツ雨で直ぐやんで、それを何度も繰り返して落ち着かない一日だったが、取り付く人が少ないルートで二日間を十ニ分に楽しむことができた。

〇 7/18
(1) レーザーズエッジ(10c/d)、再登

(2) たらこ(11d)、ヌンチャク掛け
このルート、過去に2度ほど触っているが、いずれも核心の手順がわからず、敗退しているルート。そして、今回は、核心ホールドは右手という情報をもらい(ずっと左手でやっていた)、やってみることにした。モツランで登っていないのは、これしか残っていないというのが正しいのだが。核心で体を棒状に保持できて、左手止まりそうになった。できそうだ。アッキーくんが登る準備を進めているので、とりあえずムーブ探りはほどほどにヌンチャク掛けに徹する。

(3) たらこ(11d)、ムーブ固め
核心ムーブできて、2p目のクリップも成功。だけど、その先は全然ムーブをつなげていない。テンションがてら、キームーブは固める。

(4)(5) たらこ(11d)、核心できず
うーん、何かが先便と違う。右足上げる際に左足が左すぎて、右手核心ホールド持つ際にバランスが少しずれているようだ。左足はスメアで右足を右側フレークに乗せることを確認した。

(6) たらこ(11d)、RP
指がよれはじめていて心配だったが、今度は核心が止まる。そして、2p目クリップ、右足一番いいところにおいて、体を落とし込むと安定するのだが、ヌメッていてフルパワーだ。右足掻き込みながら右手右上部の薄いカチ持って、右足を左足に踏み変えて右足を上げて、デッド気味に右手ホールドを取る。左手寄せてから、さらに左足高い位置へスメア気味。右足高く上げて、安定させて、左手デッド気味で右から二つ目のホールド。右手よせて、左足上げて左手穴ガバ。3p目クリップ。そこから、ガバを伝って4p目クリップ。両手交互にレスト。ガバは濡れているが少し回復できた。最後のいやらしいフレークはヌメヌメだが、失敗しないでこなせて、RP。指のよれとムーブの慣れとの競争で、なんとか競り勝つことができた。状態悪いけど、登れて一安心。このルート、名前はいまひとつですが、弱点をついた好ルートです。核心ムーブは1p目から3p目クリップするまででのクリップ動作入れて、3級(TW東村山)ぐらい。3-4p間はガバを繋いで4p目で濡れたガバでレストできて、4-5p間は濡れていると5級ムズメぐらいに感じました。

〇 7/19
(7) トータルリコール(10b)、再登アップ
何度も登ってるはずなのだが、細かい手順をすぐ忘れてしまう。途中何度か迷う。

(8) ボトレイアン(11a)、マスター初見、×××
レディーバグ(11a)を登るつもりで行ってみたら、下部がコケコケで恐そうなのでやめた。オランジュ岩へ戻るために登ってきたら、目の前にこのルートがあった。やってみるかと触ってみたが、花崗岩チックで手順がなかなか読めない。強引だけど、ムーブを一通り決める。

(9) ボトレイアン(11a)、×
核心で力入れたら、右手アンダーが欠けてフォール。

(10) ボトレイアン(11a)、RP
もう一回やるのか。また、同じところで落ちたら嫌だなぁと思いながら、核心ムーブへ入る。今度はホールド欠けなかった。花崗岩らしい、それなりにおもしろいルートだと思う。上部に繋げる12bは難しそうだ。増富温泉の湯船で会った箸も氏に聞いてみたら、難しいけど観音開きムーブがおもしろいそうだ。今度触ってみようかなぁ。

(11) あみだくじ(11c)、ヌンチャク掛け、ボロボロ
ギャラクシアンをトライするはずだったのだが、いつ雨が降ってくるかわからないので、今日も敵前逃亡。で、昨年2便だして、ワンテンで終わっていたこのルートを触ってみたのだが、カンテが濡れ濡れだった。5p目ヌンチャク掛けられないし。去年のムーブはフリクション頼みの無理矢理ムーブだったのだろうか。何かホールドが欠けたのだろうか?

(12) あみだくじ(11c)、ムーブ探り
4-5p間を右カンテ回りでいくムーブを組み立てるが、難しいぞと言うか、フットホールドに靴が負けていて、恐くて足を上げられない。またまた別の手順をいろいろやってみたが、やはり、このムーブしかないような気がする。この探りで疲れてしまった。両手高めでサイド持ち、右足を極小エッジに乗せて、左足をボルト上のこれまたチビエッジに乗せるのだが、靴が負けていて、右足が信用できず、どうしても左足を上げられない。上からロープが来ているとできるんだけど、ボルト足元だと怖くてできない。今回のミウラ39.5はおろした時から柔らかいのが気になっていた。次回は、39の小さめのミウラでトライしてみたい。

(13) あみだくじ(11c)、××、指も心もよれよれ
前便で探り過ぎたようだ。急に下半身に疲れを感じてしまった。核心ムーブもリハーサルできなくなっていて、途中で降りてくる。

梅雨明けのはずだったが、梅雨のような天気。コンディションはあまりよくなかったが、「たらこ」を登れたのはうれしい。だけど、テクニカルな「あみだくじ」にはコテンパンにやられてしまいました。ガイダ氏はその「あみだくじ」をすばらしい登りで、みごとRP。コンディションが悪かったと言い訳できなくなってしまいました。二日目は、早々によれてしまい、成果が出ない私ですが、ガイダ氏の登りを見てわかりました。技術で登っている人は、二日目でも成果を出せるんだなぁと。私は力だけで登っているので、二日目は極端にパフォーマンス劣化するのだと、ようやく二日目の謎が解けたのでした。

〇 レーザーズエッジを楽しむk師
・久々の3Dクライミング?
・「たらこ」は安定した余裕の登りで3撃。二日目は「あすか」と「あみだくじ」と精力的にクライミングを楽しまれていた。
b0037220_0433524.jpg


〇 今日のカサメリ沢
・コンディション悪くて、みなさん成果はいまひとつだったようですが、たいちくんは「NDD」を軽くお持ち帰り。k師は「たらこ」を3撃。ガイダ氏は「あみだくじ」を3撃。おめでとうございます。フージン、めげずに「オリーブ」がんばれ!カレータンドリーチキン一切れありがとう。
・写真はたらこをトライするM代っちと久々登場のあやちゃん。
・M代っちは、「たらこ」の核心ムーブをガイダ氏の手順で成功させていた。「たらこ」に興味がわいたようだ。
b0037220_0435847.jpg


○ 「たらこ(11d)」をRPする私
・ガバだけど、びしょ濡れだったレストポイント。ここでレストできたので、最後のヌレヌレの小核心もこなせました。
・写真はk師ブログから。
b0037220_17571321.jpg


○ 「あみだくじ(11c)」にはまる私
・ここは前半の核心。細いクラックに右手ガストンで、左足上げる。狭いぜ!
・左壁使わないと結構な力を使うムーブになります。
・去年2便だして、最後のクリップしてあと一手で実質終了まで行けたんですけどね。今年はそのラインでは全然登れませんでした。フットホールドが欠けたのか?
・私の今日の体感グレードは、11eでした。
・写真はGAIDA氏ブログから。
b0037220_17591438.jpg

きん
by climber-kin | 2009-07-19 23:59 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(6)

2009年7月15日、T-WALL東村山、5時間弱

ちょいと野暮用。朝早く新幹線で出かけてきた。西武線か中央線か迷ったが、西武線を選んだら、人身事故でストップ。焦った。機転をきかせて、タクシー乗り場へ全力ダッシュ。なんとか予定の新幹線に間に合った。そして用事を済ませて、T-WALL東村山に5時に到着。暑い。まだ、日が屋根に当たっているのだろう。扇風機が熱風機になっていた。その暑さは結局、人が多かったこともあって、閉店まで変わらなかった。

〇 T-WALL渡辺氏、7/15
・グランバザール、ピンク5級はなんとか一撃。
・背筋イタシ、青4級もぎりぎりで一撃できる。ホールドが遠いぞ。
b0037220_23274726.jpg


とここまではよかったが、その後、今日は、3級以上は一本も登れず。2級何本か探るが、どれも難しい。核心がどれもこなせない。RPトライまでもっていけない。松Qくんの3級課題はよれてなくても登れないし。ホシノ君悪い課題のスローパー課題4級を1本登れただけで、延々と10時少し前まで登る。よれよれ。疲れた。ジムも夏は厳しいですね。割り切らないと。

きん
by climber-kin | 2009-07-15 23:30 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年7月13日、T-WALL東村山、3時間

薄被り左の〇香さん6級、2本でアップ。やったことのない、オッシー4級は2便ほどで登れたが、3級はさっぱりわからず。H田さんの新しいファイル課題3級を触るが6手目、ゴール手前の右手ホールドが止まらない。グレード更新プロジェクトの1-2級を触るが、今日もできる気がしなくて、M代っちが拾ってきた課題。

〇 名無し、紫3級
・手順がほぼ読めて、途中苦しかったが一撃できた。オンサイトトライは次の一手出すまで時間がかかるから疲れる。
・緑2級は手順を目で追っただけで、触らず敗退。
b0037220_23464549.jpg


それから、いろいろ触ってみる。最後に松Qくんの新作課題3級?はゴール手前ホールドまで来れたが、ゴール取りの手が出ず終了。

きん
by climber-kin | 2009-07-13 23:48 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年7月11日、甲府幕岩、ジューンブライドRP

「さえない男」

太刀岡か、カサメリかと散々迷ったのだが、懲りずに甲府幕岩にする。車のアイドリング時にターボチャージャーからオイル漏れすることが発覚し、修理中。ファミリアの古ーいセダンの代車で甲府幕岩へ向かう。ブレーキ甘いし、不安定さで、道中凄いスピード感があった。林道では腹をすりまくってしまった。梅雨前線が前日に南下し、弱くなったので、週関予報はずれの天候にめぐまれた土曜日だった。天気予報によれば、湿度が結構下がるようなので、コンディションも期待していたのだが、いかんせん風がなかった。前日の雨の湿気を森が蓄えてしまったのだろう。前回の甲府幕岩より、ずいぶんヌメった感じだった。

(1) HIVE(10a)、再登
なんだ、湿っぽい。

(2) 森の唄(10a)、再登
ラインが難しい。最後は左カンテを回り込んで、終了点で戻って、クリップした。

(3) スパイラルリーフ(11b)、×
以前、びしょ濡れの際に触ったことがあるルート。M代っちがマスターでトライしたいとのこと。核心手順しっかり見せてもらって、いざトライ。順調に核心まできて、左手穴ホールド。指が入らん! かかりが悪い。保持できん! なんてこったい。

(4) パストラル(12a)、敗退
CHIEちゃんに「きんさん向き」と奨められて、やってみるが、足が、低すぎるか、狭すぎるか。ぜんぜん向いてねぇ。

(5) オンリーワン(11d/12a)、ヌンチャク掛け
M代っちがはまってしまったので、ヌンチャク掛けをする。全ホールドがヌメヌメ。このルート、今日は登れないだろう。このルートは登り易いという人が多いが、私の今日の体感グレードは12bだ。ヌメってるとホールド保持できない。めちゃくちゃ悪く感じる。

(6) ジューンブライド(11c)、××
ツッチーさんがトライされていた。ヌンチャクをお借りする。うっ、ホールドが熱い。これもヌメヌメじゃん。核心部分の2pは各停になってしまったが、ルート自体は自分向きのようだ。

(7) ジューンブライド(11c)、RP
日が少し陰ったところで、トライ。相変わらずホールドが温かい。悪いクリップ部分は、右手サイド引きで右足高めに上げて、右手右足で少々無理やりクリップ。バランスくずして、手繰り落ちしそうになったが持ちこたえて、核心こなせて、なんとか登れた。このルート、ダーティクライマーズより難しい。ツッチーさん、ヌンチャクありがとうございました。終了点手前のクリップは、左手サイドに右足ヒールから、さらに2手進めて、左手水平ホールド取って、右足ハイステップ気味にしっかり乗り込んでクリップがいいですよ。これだとマスターでもクリップできると思います。終了点のロープが最後のガバホールドの上に被っていて、持ちづらかった。

(8) キルト(11c)、ヌンチャク回収便、××
出だしボルダームーブ、サイズが合わなぇー。最後はカンテなし?難しいじゃん。

いろいろなルートを食い散らかして「さえない男」で終わってしまった。ボルダーチックなルートと言われても、幕岩では垂壁ボルダーだったのでした。今年は、めずらしく2度も甲府幕岩へやって来たのだが、やはり、幕岩は私には微笑んでくれなかった。幕岩は難しいです。運転しずらい代車のせいで林道が長かった。

〇 今日の幕岩
・今日の幕岩は空いていた。久々にTKY氏とお会いした。昨日US出張から帰ってきたとのこと、お疲れ様でした。
・マオさんとアントニオがレラ(12d)をRP。おめでとうございます。
・鈴木牧えさんはスモーキーまた一歩前進とのこと。
・M代っちは、スパイラルリーフ(11b)を2撃。キルト(11b/c)も、あわや1.5撃かというところ、最後の核心を超えられず。本物になったねぇ。
・写真は、レラ(12d)の出だし、パストラル(12a)核心部分をこなすマオさん。ビレイはCHIEちゃんがBPでナンパしたアンドレ?じゃなくてアントニオ。
b0037220_0261610.jpg


きん
by climber-kin | 2009-07-11 23:59 | 甲府幕岩 | Comments(10)