<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2009年11月30日、T-WALL東村山、3時間

サチくんがいたので、乾杯RP。おめでとうと祝福した。乾杯をサクッと登れたのは、うれしかったみたい。今日は月曜なのに、人が多くて、落ち着かず。薄被り壁がリニューアル。黄色テープ課題まで登るが、難しい。適当に切り上げて、新しいファイル課題をトライするが、どれも難しい。シロクロさんの左壁の4級は一撃できるが、3-4級とかはサイズがあわずに難しい。正面壁のシロクロさん3級シリーズも、少し触ってみるが、難しい。打ち込めきれずに、いろいろと課題を物色して、よれてきてしまった。結局登れたファイル課題は、5級と4級と4-5級の3本だけ。

〇 冬型コンニチワ、Tウォール大原、H21.11/29
・ピンク5級、1手目で落とされた。その次は、4手目指アンダー返せず。激悪。送りのようだ。結局2つホールド使わず登る。
・青4-5級は、みんなで盛り上がる。激狭アンダーで苦しめられる。最後に何とか登れた。
b0037220_23295698.jpg


最近、チーウォールへ行くたびにトライするグレードが下がってきている気がする。チーウォール常連のコンペクライマーI田さんが、最近、4級が登れないんですよねーって、シロクロさんに話してた。くすっと笑ってしまった。

きん
by climber-kin | 2009-11-30 23:40 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2009年11月28日、中里の岩場、カチの特訓RP

先週の土曜日は暖かい予報にもかかわらず、天狗岩周辺はとても寒かった。今週の土曜日も暖かい予報になったのだが、また寒いのではないかと、かなり不安を持ってやってきたのだった。風の通り道になっている天狗岩は、朝のうちは、やはり寒かったのだが、うれしいことに今日は先週よりずっと暖かくなってくれた。しかも、染み出しが少ない。今日は濡れているホールドが二つしかなかった。もう11月最後の土曜日。今週は暖かかったのだが、来週からはどうなるかわからない。例年ならとっくにシーズンアウトの時期なのだ。先々週ようやく、自分のできそうなムーブを見つけ出し。先週の最終便では6p目クリップホールドを取り損ねるところまで詰めてきた。今週は今シーズンの最後のチャンスだ。今週もがんばります。

(1) みずき(10a)、再登
このルートもかなり乾いてきた。岩の冷たさも、ほどほどだった。

(2) カチの特訓(13a)、ヌン掛け
これだけ乾いているのはめずらしい。過去で2番目ぐらいに乾いてる。気温もかなり緩んできた。逆に核心前後の岩のヌメリ具合が気になった。12-15時の間は厳しいかも。

(3) カチの特訓(13a)、×
10時半に早めの本気トライ1便目を出す。昼を過ぎるとヌメリだすからだ。暖かいせいだろう。今日は1便目から動きがいい。これで終わらせてしまいたい。順調に、5p目までやってきた。そして、核心一手目。右手アンダーから左手台形ホールドへ。止まった。さらに左手サイドカチへ。うっ、少し持ち損ねている。右足上げて、左足上げて、右手を甘いカンテホールドへ。何とか止まった。持ち損ねている左手を持ち直そうと、イジイジしていいたら、右手が抜けてしまった。左手なんて気にせず。左手デッド出せばよかった。

(4) カチの特訓(13a)、RP
12時半だ。夕方まで待てば、フリクションがよくなり、RPの確率が上がるだろう。だけど、私の性格では待つことなんてできません。早めに2便目トライを出して、15:00と16:30に3便目と4便目を出そう考えた。核心部分は10時ぐらいから日が当たっている。ヌメリそうだなぁと懸念しながらもトライを開始する。今度も元気よく下部をこなし。3p目で十分にレスト。手が少し冷たくなった。カイロを持ってこなかったことを少し後悔する。下部はまだ冷たい。我慢できなくなって、核心へ向かってゴー。コルネへの乗り込みから、一手づつ丁寧にシェークしながら、アンダーガバを取って5p目をクリップ。右手アンダー取って、核心左手一手目を台形ホールドへ。うっ。フリクションが悪くなっている。なんとか持って、左足軸を捻りながら、ぐいっと、左手サイドカチへ送る。しっかり持てた。右足上げて、左足上げて、右手を薄カンテへ。うっ。ヌメッてる!あー、また落とされそう。右手保持力が弱そうなので、急遽、右足を決めていたスメア場所より、少し左下へ変更して、体をできるだけ、6p目クリップホールドへ寄せる。落ちるかなぁーと思いながら左手デッド!人指し指がかからなかったが、なんとか止まった。だけど、今度は右手が抜けそうだ。あわてて、右足を所定のホールドへ。左手の肘が上がったままで6p目をクリップする。パンプはしていないのだが、モヤモヤとした前腕に耐えながら、6-7p間のムーブの4手をこなす。終了点クリップ手前で、念のためレストしてから、終了点ホールドを取り、終了点へクリップ。「よっしゃー!」久々に叫んでしまった。

(5) 群馬エリアKB氏ルート(10c)、MS/OS
M代っちが興味があると言うのでトライする。群馬エリア正面のボルトがあるルートは、左から、10b/c、12a/b、凹角11a、ハング11c、ハング右10c、11a/b、10b/cです。そのハング右の10cを触ってみる。うっ、埃っぽい。中段のレイバック部分でホールドがもろい。2個ホールドがもげた。核心は最後のボルト手前。警戒しながら、じっくりじっくりラインを見極めながら、オンサイトできた。

(6) 群馬エリアKB氏ルート(10c)、ヌンチャク回収
何故か、ヌンチャク回収もすることに。

カチの特訓は、いくつかの罠にみごとに嵌り、理不尽ムーブでトライし続けて、4日目にして、ようやく自分のムーブを見つけることができました。そして、寒くて辛くなってしまった天狗岩。タイムアウトかなぁと思っていたのですが、今日はこの時期にしては、とても暖かく。幸いにもRPのチャンスがやってきました。そして、何とか登ることができました。ルートは、いやらしい垂壁からコルネ帯のトラバース。被ったガバアンダーから傾斜の弱くなったほぼ垂壁部分へ。核心が4手に凝縮されたボルダームーブルートでした。核心までの11bぐらいのアプローチをこなしてから核心のボルダームーブ。TW東村山の2-3級ぐらいに感じました。核心を終えてから終了点までは10d/11aぐらいです。変化に富んだ楽しいルートでした。

〇 今日の中里
・いぶし銀クライマーINGDさんは、本日1便目でカチの特訓をRP。危なげないすばらしい登りでした。おめでとうございます。
・しのぶさんのカチの特訓は、2便目、核心超えて6p目クリップ。もういけたーと思ったら。突然動けなくなってしまってテンション。最後の詰めが。おしい。16:30過ぎに最終便。結果はどうだったのでしょう。
・デジタルステップのM代っちは、所謂核心の左上まではノーテン。最後のクリップ近辺がまだ決まっていないようです。最終ピン-終了点間も解決し、あとは、最終クリップ近辺あわせて、いかに繋ぐかになってきました。いいトライでした。
b0037220_9244779.jpg


きん
by climber-kin | 2009-11-28 23:36 | 中里の岩場 | Comments(18)

2009年11月25日、T-WALL東村山、3時間

チーウォールに到着すると、Uジ大先生とサチ君達がセッションしている。サチ君はしばらくは、テクニカルではなくフィジカルな課題を作って、力をつけるとか。そして、今日も、シロクロさん4級シリーズ。新しい課題。

〇 H山氏4級シリーズ、2009.11月21日
・シロクロさん、またまた楽しい課題設定ありがとうございます。のりしおチップス青とかりんとう赤は、だんご姉ぇ、tomさん、M代っち達とはまりまくって盛り上がりました。
・ひねりあげ、緑4級は5便ほど出して登れる。右手3手目からデカ青ホールドへの左手出しが苦手だった。
・かりんとう、赤4級は難い。後半リハーサル何度もしてから、出だしの核心。スタートホールドに左足で羽取り。その後のランジも振られ止めで吸い取られる。打ちまくってなんとか登れた。
・のりしおチップス、青4級は6手目左手から右手アンダー穴指ざしが、手前のデカホールドがじゃまで何とも定まらない。今日は登れず。
b0037220_23401217.jpg


今日は、3時間かけて、4級を2本しか登れず。間髪いれず、打ちまくって、疲れたー。

きん
by climber-kin | 2009-11-25 23:51 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2009年11月22日、二子山

「今シーズンの初二子は辛かった!」

中里へ行こうか二子へ行こうか。かなり迷った。だけど、昨日は暖かいという予報であれだけ寒かった天狗岩。寒い予報の今日はありえないないだろう。二日目に、あの核心ムーブが成功するとも思えないし、週間予報では来週末は暖かい予報が出ていた。そんな葛藤の末、二日目は二子へ向かったのだった。そして、今シーズンの初二子はとにかく、寒くて、痛くて、辛くて、いきなりの厳冬期の苦行のようになってしまった。朝、弱日が差したのだが、すぐに曇って、気温は終日3度を上回らなかった。初日にしては寒すぎました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
シーズン初二子は、やはり、このルートから。

(2) ワーカーホーリック(10b)、×
今シーズンは、アップルートのバリエーションを増やそうと思い、触ってみた。途中で迷う迷う。ラインごと間違えてしまって、また戻ったり。まだ岩冷たくて、これ以上頑張るのは危ないと思ってテンションしてしまった。だけど、ホールド覚えればアップに使えると思った。このルートは、朝早めに日があたることだし。

(3) おいしいよ(12c)、ムーブ思い出し便、トップアウト
5p目まで濡れてるー!7p目から上もびしょ濡れー!今日はムーブを思い出し確認するだけなので、触ってみた。とにかく、ホールドが濡れていて力が入る。3p目クリップまで迷う迷う。触るホールド全て濡れてるし、靴裏も濡れるし、力が入ったー。3p目クリップしてテンション。そこからは、ホールドも手順もわかりやすい。各停でムーブ確認。そして、核心ムーブは1回落ちたが、ポイント思い出し、すぐに抜けられた。6-7p間ムーブも一発で再現できた。7p目から上はビショ濡れだが、手順はわかりやすい。

(4) おいしいよ(12c)、トップアウト
どこまで行けるか、ゴー!。4p目をヒザクリップする左手穴ホールドに手が届いたが、奥まではいっていなくて、ヌンチャク握って、ちょいと左手奥へ入れてからクリップ。手が濡れて、足裏が濡れていて、例の落ちたら指が、もげそうなスリットホールドが怖い。200%の力を入れてしまう。4p目から核心へ繋ごうとしたが、拝まないホールド、少しだけしっかりもてなくて、右手止まらず。テンションしてからは一発でこなせる。もう一回トップアウトしながら、ムーブを確認した。

(5) おいしいよ(12c)、敗退
昨日のトライでかなり指皮を消耗したようだ。今日は朝から指皮が辛かった。もう、岩に手をあてるだけで不快だ。さらに温度が下がってきていたし。3p目クリップして、苦痛でやめた。

シーズン初日の二子はとにかく激寒でした。前日に消耗した指皮が薄くて、痛いのなんのって。久々の「おいしいよ」はトップアウトできるか不安でしたが、核心ムーブは去年よりは楽に感じましたが、単にフリクションがよかっただけかもしれません。そして、これを繋ぐのはやっぱり大変だと感じました。それと濡れていたせいで、前半の印象が悪くなってしまいました。だけど、おいしいよは楽しくて、本当によいルートです。今シーズンこそ、登りたいですね。

〇 今日の二子
・弓には20人ぐらい来ていました。祠からの歓声がよく聞こえました。
・とにかく寒かったです。寒い中、みなさんがんばっていました。
・写真は、龍勢をトライするT氏。
b0037220_044570.jpg


〇 今日のおいしいよ
・濡れ具合が微妙です。強い人は完登できるのでしょうけど。
b0037220_1650346.jpg


きん
by climber-kin | 2009-11-22 23:59 | 二子山'09-'10 | Comments(6)

2009年11月21日、中里の岩場

土曜日は暖かくなるとの予報に期待して中里へ向かった。確かに中里の岩場の天狗岩以外は暖かかったようだ。天狗岩は今日も冷たい風が終日吹きぬけ、期待を裏切られて、とてもとても寒かった。岩は午前中少しだけ日が当たったのだが、その後はいつもの通りずっと日影だ。もう天狗岩のシーズンは終わっているのでしょうか。

(1) みずき(10a)、再登
岩が冷たい。濡れている場所を避けて、少し右よりラインを登ってみた。ホールドが遠い!指の感覚がなくなり、危うく落ちそうだった。パンプした。

(2) カチの特訓(13a)、ヌン掛け
予想はしていたが、下部と中段コルネ帯は今日もびしょ濡れだ。しかも岩が冷たい。テンションしながら、ヌンチャク掛けをする。核心ムーブは一度だけリハーサル。一発でできる。期待が高まる。

(3) カチの特訓(13a)、ワンテン
びちょ濡れ下部を力づくでぬけて、3p目レスト。冷たい指が回復するのを待ってスタート。ワントライ目、少し動きが固いが、核心ムーブへ。キョン気味にし過ぎたようだ。左足がチビ穴からはずれてしまい、フォール。いきなりバックステップすると外れてしまった。とりあえず、5p目から終了点まで抜ける。これでようやく、体は動くようになった気がする。

(4) カチの特訓(13a)、×××
濡れた下部が少しづつ乾いてきている。それでも、指が濡れてしまうのだが。今度はさらに落ち着いて、3p目レストから5p目クリップまで慎重にかつリズムよくこなし、核心の1手目。止まった。そしてサイドカチへ左手。うっ。なんだか抜けてくるぞ。右足上げて、左足上げて。左手が抜けてしまった。もう一度、核心をリハーサルしようとしたのだが、左手が1手目台形ホールドに全然止まらない。止まったと思って、サイドカチへ左手出して、そこから、左手が抜けてきてしまい、全然足を上げられない。何度も何度もやったのだが、ダメだー!今日の自分はいつもより弱いのかも。今シーズン、終わったかもと嘆いた。(この激しいリハーサルがただ疲れただけの無意味なものだったと、後で気づかされた。)

(5) カチの特訓(13a)、×
日が傾いてきた。寒さがましてきた。寒い! そして、本日最終便。前便のリハーサルでかなり疲れてしまった。ほぼ、あきらめ気分でトライを始める。下部はかなり乾いてきた。だいぶ楽にこなせたのだが、指のよれを感じる。3p目レスト、チョークバックに入れたカイロを左右交互に握って、少しでも指の冷たさをまぎらわせる。3p目から5p目クリップ。指のよれを感じながらも丁寧にリズミカルに一手づつ進める。そして、核心一手目、右手アンダーから左手を台形ホールドへ。止まった!。しかも、すいつくようなフリクションだ。さらに左手サイドカチへ。これも持てるぞ。右足上げて左足上げて、右手を右方のモニョモニョホールドへ。止まった!体勢作って、6p目クリップホールドへ左手をデッド!掴んだのだが、強い力で後ろへ引きずり込まれた。保持できなかった。チキチー!しまった。右足スメアを意識しなかった。左手掴んだのだが、剥がされる力で、ひきはなされてしまった。思いもよらない展開に頭が真っ白になってしまい。肝心な右足スメアをぬかってしまった。なんてこったい。

前回、核心の左手一手目はバックステップ気味だと思いながらも、何か違うような気がしていた。これまでのトライは、いつも昼過ぎの便で思考錯誤し、その日の最終便で必ずいい感じになる。単に岩の状態、フリクションだったのか。フリクションよければ、左手台形ホールド保持して、腰を壁に寄せることができて、さらにサイドカチも、よく保持できて、ムーブが成功しているだけだったようだ。やられた!ここまできたら、もう1日トライしたい。来週土曜日が暖かい予報だったら、もう一日だけ中里へ行きたい。もうムーブに迷いはない。来週の天気がどうなるかわからないが、今シーズン最後のチャンスだろう。

〇 今日の中里
・天狗岩、今日のカチの特訓には、以前北川でお会いした、山梨のしのぶさんと先月中里でお会いした、またまたお名前頂かなかったいぶし銀クライマーの方と3人でした。
・天狗岩には、数年前パンキンプンクンでお会いして、たまにBPでお会いし、先日聖人岩でよしえさんと一緒にいらしていた方のパーティが。
・M代っちのデジタルステップは、下から核心?までつないで、そこからの最終クリップまでの一連のムーブを探っていました。
・写真は、カチの特訓をトライするいぶし銀クライマーさん。午前中はそこそこ日があたるのですが… この午前中の日当たりが2トライ目の午後1時から2時あたりの指が抜けてっくるヌメリを作っているような気がしています。
b0037220_013934.jpg


きん
by climber-kin | 2009-11-22 23:48 | 中里の岩場 | Comments(2)

2009年11月18日、T-WALL東村山、3時間

会社から最寄駅へ向かう途中、寒いなー、今週末は寒さ核心かもと思いながら歩いていると、モッチーからバッドニュースを受信した。「河又が登攀禁止!?」なんてこったい。まぁ、もともと登攀禁止のところなのでどういうことか不明ですけど。成り行きを見守りましょう。チーウォールに到着すると今日は凄い混んでいる。アップでkの氏の「wゲン5級」を再登しようとしたら、はまってしまった。3便かかった。これで前腕はってしまった。なんてこったい。kの嬢が設定した中間試験3-4級を一撃していい気分になって、またまたC葉氏の1-2級の最後のゴール取りをリハーサルするも、やっぱりできん。ぼーっと壁見ていたら、Dukeさんが声をかけてきてくれて、何やら渡してくれる。V10のお礼?気を使わなくて、よかったのに。バウモア12年。ありがとうございます。今週末のご褒美のお酒にしたいです。今日も3-4級トライしては、登れそうな1-2級と2級を物色し、また3-4級をトライしました。

〇 中間試験、緑3-4級、kの嬢、2009.11.16
・何人かトライを見て、自分のイメージ固めて、一撃。リーチ有利のようです。
b0037220_2341586.jpg


〇 くもりの木曜日、青3-4級、H山氏、2009.11.11
・この課題、シロクロさんの4級シリーズで最強です。
・今日はシロクロさん4級シリーズとkの嬢課題が大人気で、kの嬢、ノリノリさん、だんご姉ぇやTomさん、M代っちがはまっていました。
・この課題は短いのに4級x3です。3級ムズメか、2-3級でしょう。コグマ氏も難しいと言っていました。
・最後の最後の閉店5分前になんとか登れた。よかった。
b0037220_23432371.jpg


C葉氏の1-2級はやっぱり可能性を感じられない。愛があるというkの氏の2級は私には全然愛を感じられなかった。2級完登6割の目標は遠いなぁ。そういえば、WC帰りのサチくんが変体ストレッチをやっていた。柔らけー。それ見て、ドイチェ氏も同じポーズ。この人達、股関節の脱着が自由のようだ。と思っていたのだが、帰ってやってみると、自分も意外とできた。この股関節ストレッチ方法は採用だ。

きん
by climber-kin | 2009-11-18 23:51 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年11月16日、T-WALL東村山、2時間半

Kの氏の6級でアップ。落とされた。やられた。オーハラ5級とかもアップに登る。刺激が強い。土曜日登り過ぎたか。なんか最初から、よれているような。気のせいにしておこう。まずは、登っていなかった、風邪でダウンしたらしいシロクロさんの4級を触る。

〇 H山氏、キミドリ4級、2009.10/22(水)
・これ触っていなかった。ムーブの組み立てが難しい。中盤の紫色カチホールドの持ち方がポイントだった。右側のアンダーガバ取りの際に左手はがされないように、逆V字カチに、2本指づつあてるとよいようだ。
・ハングドックムーブ探りいれて、ようやく登れた。
b0037220_2345276.jpg


先日探ったC葉さん、1-2級の理不尽ムーブでのゴール取り。ここだけやっても、今日は全然できない。ドイチェ氏が見本を見せてくれた。最後は左手出しの方が簡単とか。コグマ氏も左手出しとのこと。やってみるが、体が壁から離れてしまって、届いているのだが止められない。しばし封印か。

〇 kの嬢、新課題、4級、2009.11/16
・写真がぶれてしまった。次回撮りなおします。すいません。
・赤4級は、ハングドックを挟んで、なんとか2便で登れる。核心越えた後に、もう1回4級が出てこないので、愛のある4級に仕上がってました。エッセンスがわかりやすい。いい課題です。
・ドイチェ氏追加課題の2級は難しいぞ。出だしはできたが、赤デカホールド取りが厳しい。左足バックステップ気味で腰が壁によるようにするといいらしい。その後の青穴取りが核心か。
b0037220_23494220.jpg


私が履けないV10の行き先がようやく決まりました。新品を捨てるのはあまりにもったいない。だけど、履いてくれる人がいませんでしたが、Dukeさんがぴったりのようでした。使ってくださいな。

きん
by climber-kin | 2009-11-16 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2009年11月14日、二子結露敗退、T-WALL東村山、6時間半

平日もかなりの量の雨が降った、昨日も。そして、今日も午前中は激しく降るようだ。この状況で、登れる?いや居場所がある岩場は、二子と有笠ぐらいしか思い当たらない。二子は金曜日に状態が悪いとモッチーから情報をもらっていた。だが、いまさら有笠もなぁーと、多少の染み出しはよしとして、二子へ行ってみることにした。

〇 今日の二子
・壁が真っ黒だー。コルネ全てから、水が滴っている。上部1/3は吹き込み水で滝状態。
・昨日は寒かったのだが、今日になって南から温かい湿った風が吹き込んだので、結露したのだろう。
・マイライフ/私生活のラインも湿っぽくて、岩が黒いのだが、他のビチョビチョルートに比べれば…。M代っちが1便とりついていた。お疲れさん。楽しそうだった。私は、ビレイだけ。
・こんな天気なのに、ozk氏達がやってきた。我々帰る時には、まだ白いジムニーがあったので、まさか、祠で登ってたの?
・帰りがけ、I田Uカちゃんパーティがあがってきた。帰りの林道では、S野保さんとすれ違った。
・結露では、今日はどこも登れないだろう。潔く?、T-WALLへ向かった。有笠も、きっと岩が結露で真っ赤になっていただろう。
b0037220_23422947.jpg

b0037220_003147.jpg


結露敗退後のT-WALL東村山は、今年二回目かな? 時間もあるので、まずは5級を沢山登った。アップし過ぎる。今日は2級でも物色するかと、サチ課題ファイルが目に入る。そう言えば、ライフガード氏が例のサチ2級ランジ課題はヒールでスタティックに取れると言っていたなぁ。やってみるかとトライ始めたのだが。確かにヒールでランジはしなくて右手で緑色デカホールド取れる。だが、パツパツでその後何もできん。やっぱりパスだ。シロクロさん作成のほやほや4級課題をやってみる。1撃逃して、何とか2撃。またまた、2級の物色モードへ。〇武マークのファイル課題をたまに見るのだが、誰のだろうと聞くと、C葉さんの課題とのこと。それでは、C葉さんの2級でも触ってみるか。前半中盤、劇悪ムーブに、スローパーからランジに、フルパワーのクライムダウンがあるのだが、そこは何とかできそうなのだが、最後のゴール取りが狭くて遠いのなんのって。ゴール取りだけ、10数回あれやこれやで、打ちまくり、シロクロさんにお手本を見せてもらったり、C葉さんに最後だけムーブを見せてもらったり。そして、何とかイメージを掴んだ。少し休んで、RPトライ。最後のゴール取りまでは来れたのだが、最初からフルパワーでなかなか息ができない。そしてゴール取りは、繋げてくると、50cmは飛距離が足りない。だけど、これ、次回の元気な時に登るぜ! そして、kの氏の愛を感じるという2級も物色。これも可能性ありそう。その同じファイル課題3-4級は…。というところで、6時間以上経過。久々にボルダーマラソンを楽しみました。
イウォークさん達がチーウォールにやってきていた。かってわからず、慣れないと登りずらいかもしれませんが、また行ってみてください。ダンゴ姉ぇ、H田さんに今日の二子の状態を聞かれましたが、写真の通りです。kの嬢、腰お大事に。シロクロさん、また新課題宜しくです。

きん
by climber-kin | 2009-11-14 23:56 | T-WALL東村山 | Comments(10)

2009年11月11日、T-WALL東村山、3時間

薄被り右壁で、kの氏の6級、5級あたりを4本ほど登ってアップする。シロクロさんの作りたての大壁左の4級をやってみる。一箇所ムーブが定まらず、2回落とされて、ハングドックして、そこだけムーブ探る。次の便で登れた。そして、今日のターゲット。

〇 kの氏、2009.10/10、紫2級
・先日、登れそうで登れなかった課題。
・今日もなかなか登れず。5分休んではトライして5分休んではトライして。5便ぐらい打ったところで、ようやく登れた。いやー、2級って、やっぱり難しいなぁ。こんなのルートの途中で出てきたら登れないよ。
b0037220_232724100.jpg


〇H山氏、2009 11月11日(水)、雨の水曜日シリーズ
・そして、シロクロさんの課題へ戻る。
・雨の水曜日、4級はアップの後に3便かけて登れた。第2登だ(笑)。
・晴れの週末、オレンジ3-4級は、シロクロさんとコグマさんの登りを見ていて、イメージができていた。黄色デカアンダー持ち替えで、ちょっとまごついたが、なんとか一撃できた。やったー!
・くもりの木曜日、青3-4級はフットホールド見落とす。が、そこからが難しかった。途中からも始められないぐらいヨレヨレになってしまった。
b0037220_23293195.jpg


「晴れの週末」を一撃できたから、土曜日は天気予報が外れて、晴れに違いない。

きん
by climber-kin | 2009-11-11 23:35 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2009年11月9日、T-WALL東村山、3時間

薄被り右壁の(香)さんの6級課題でアップしようとしたら、ジムボルダー中2週間の体が、いきなりでビックリしてしまった。あれー、力めちゃくちゃ落ちてるかと思ったら、サイズあわなくて、手順がめちゃくちゃだったみたいだ。大壁左の「マツザキ」5Q。松Qくんの課題? これ最後遠いよ。結構力がいる。ぎりぎりで一撃できた。kの氏の「キホン」4級の登っていなかった右側から2番目の課題をトライするが、2度落とされる。難しいじゃんこれ。M代っちにムーブ教えてもらったら登れた。これで4本の「キホン」?課題は全て完登できたが、3級以上を登るための「キホン」かな。新しいオカノ氏の3級は出だしが狭くてできる気がしない。前に触ってみたkの氏の2級をトライすることにした。前半の黒デカホールド取りは手前豆腐ホールドサイド持ちで、右手右足軸で左手出しすれば100%取れるようになった。そして、問題のゴール一つ前の穴ホールド取り、体を畳み込んで、落とされる落とされる。3度ほど、穴取れたけど、ゴール取りで落とされた。チキチー。左手薬指に巻いたテープでフリクションが悪い。次回は登るぜ。

コグマ氏が、XSグリップ2のコブラを履いていた。従来のXSグリップより、さらに柔らかくなったそうな。えー!、ミウラもそうなっちゃうの?ミウラは、エッヂとかと言うタイプの固めのソールになるらしい。一安心。XSグリップはファイブテンほど粘りがないし、固くもなくて、どっちつかずだったけど、これではっきりしていいかも。ソリューションとテスタロッサはXSグリップ2になるとか、従来のXSグリップも前よりは柔らかくなったとは言え、まだまだ、固いパコパコ感があって、石灰岩に使う気はしなかったのだが、少し興味でてきたなぁ。基本的にスポルティバの方がファイブテンより靴としての作りはいいからねぇ。

きん
by climber-kin | 2009-11-09 23:40 | T-WALL東村山 | Comments(2)