<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年のまとめ

今年は、二子「穴のムジナ(12c)」の苦しいトライで始まりました。登り易いという方も多いのですが、第3核心は窮屈なのか、レストできない私には、その理不尽ムーブをこなすためにそこまでいかに楽に行くかという持久力ルートになってしまいました。ついに繋げられず二子を後にしました。ゴールデンウィークは課題探しの旅でした。悩みましたが「トップガン(13a)」のトライを始めました。いい感触を持って、GW後もトライを継続しました。そして、ランジ課題のお決まりの流血。さらにボルト欠損とかのアクシデントがありましたが、ついに初13aを登ることができました。さらに、気を緩めることなく、以前から気になっていたガバ系どっかぶりルート「海賊船(13a)」のトライを翌週から始めました。雨の中、破れかぶれで、濡れ濡れのホールドへ手を出したら止まってた。嘘のようなRPでした。トップガン、海賊船とも静かにルートと対峙しながら、自分でムーブを考え自分で解決し、自分のペースでトライできる。とてもよい環境でクライミングを楽しむことができました。夏シーズンは花崗岩へ通い、垂壁の12aを3本(スカイパイロット、ギャラクシアン、アジアの星)登ることができました。また、名クラシックルート「メルトダウンダイレクト(11b)」を登ることができました。この手のタイプのルートへの自信を少し付けられたかもしれません。来年は、垂壁のクラシックルートや12bに挑戦したいと思いました。夏の終わりには、大嫌いな甲府幕岩で「アフリカ象が好き(12b)」をほぼ二日で登ることができたのはうれしいです。そして、次のフェーズは石灰岩、中里の岩場へ移りました。「ラウマー(12d)」は、初めて天狗岩へ行った時に強烈な印象を持って、いつかは登りたいと思っていました。登った人はみな登り易いと言うこともあって、取り付いてみました。結局、私は、みなと全然違うラインを登ってました。手数も倍以上多くて、ムーブも難しいラインのようでした。はっきり言って、後で登ったカチの特訓より難しかったかもしれません。初登者がどのラインで登ったかは今になってはわかりませんが、コンディションにも悩まされましたが、結果的に登れたのでよかったです。そのまま、中里で「カチの特訓(13a)」をトライするか悩みましたが、ywtさんからのコメント「より高い難度にトライするほどに実力はアップしていくと思います。つらいですが。逆にトライグレードを下げるとそれなりの実力に収まるかと。」と激励を頂き、カチの特訓をトライし始めました。このルートもみなからお買い得とか言われています。お買い得と言われるルートは取り付いて登れればよいのですが、登れなかった時のことを考えると非常にプレッシャーがかかります。お買い得と言っても12cぐらいはあるでしょう。ボルダー的な核心は登れる人は登れるけど、登れない人は登れない。そんな典型なルートだと感じました。リーチ有利という人もいますが、リーチがあると狭くて厳しい。登る人によってムーブが違う。そんな観点では、とても楽しいルートだと思います。このルートも指穴をあけながら、多分最後のチャンスだったと思われる日にギリギリで登ることができました。変化に富んだいいルートでした。中里の岩場からは、いよいよ二子へ移ります。「おいしいよ(12c)」からトライを始めました。おいしいよは難しいです。ムーブ自体は難しくないのですが、私の最も苦手な繋げる難しさ。持久力ルートです。まだまだかかりそうですが、絶対の登りたい1本です。がんばりたいと思います。tmbさんも同じ感想を言っていましたが、NDDとおいしいよはタイプは違いますが同じぐらいの難しさだと思います。12dでしょう。おいしいよが登れたら、また穴ムジを何日かトライしたいと思います。穴ムジが登れなくても、来年というか今シーズンは、あこがれのババージュ(12d)を触りたいと思っています。 今年は、お買い得とか得意系とかですが、それでも3本の13aを登ることができました。とりあえず、登らないと始まりません。グレード的には飛躍の年だったと思います。これを本物にするには、あと何本も登らないといけないと思ってます。来年もがんばりりたいと思います。岩場でお会いしまたしたら、また宜しくお願いします。

〇 2009年の成果
(1) カサメリ沢、トップガン(13a)、☆☆☆
(2) 有笠山、海賊船(13a)、☆☆☆
(3) 小川山、メルトダウンダイレクト(11b)、☆☆
(4) 小川山、スカイパイロット(12a)、☆
(5) カサメリ沢、ギャラクシアン(12a)、☆☆
(6) 小川山、アジアの星(12a)、☆☆
(7) 甲府幕岩、アフリカ象が好き(12b)、☆☆
(8) 中里の岩場、ラウマー(12d)、☆☆
(9) 中里の岩場、カチの特訓(13a)、☆☆

〇 2010年のマイルストーン
(1) おいしいよ(12c)
(2) スパイダーマン(12a)
(3) 穴のムジナ(12c)
(4) カリスマ(13a)
(5) 働けロッククライマー(12b)
(6) ルンルンしんすけ(12b)
(7) 正対引付師(12c)
(8) 秋葉大権現(12b)
(9) ババージュ(12d)

〇 2009年のその他
*登れてうれしかった11台ルート
(1) 二子山、クレーター(11b)
(2) 二子山、レイラ(11d)
(3) 甲府幕岩、ダーティクライマーズ(11b)
(4) 甲府幕岩、ジューンブライド(11c)
(5) 甲府幕岩、ロイヤルストレートフラッシュ(11c)
(6) 甲府幕岩、サイコモータ(11a/b)
(7) 小川山、涼しい顔(11c)
(8) カサメリ沢、たらこ(11d)
(9) カサメリ沢、あみだくじ(11c)
(10) カサメリ沢、ボトレイアン(11a)
(11) 小川山、ぶっぽうスラブ(11b)
(12) 小川山、ハム&ムック(11b)

*RPする気でトライしたけど登れなかったルート
(1) 二子山、穴のムジナ(12c)
(2) 二子山、エリー(12a)
(3) 二子山、おいしいよ(12c)
(4) 小川山、ノーモアレイン(12a)
(5) 有笠山、るんるんしんすけ(12b)

*その他、触ったルート
(1) 小川山、デリウス(13a)
(2) 小川山、重いこんだら(11c)
(3) 小川山、登る埼玉県民(12b)
(4) カサメリ沢、ブラッドライン(12b/c)
(5) 太刀岡、カリスマ(13a)
(6) 甲府幕岩、幻の右(12c)
(7) 甲府幕岩、ジベリンクス(11d)
(8) 甲府幕岩、スパイラルリーフ(11b)
(9) 甲府幕岩、パストラル(12a)
(10) 甲府幕岩、オンリーワン(11d/12a)
(11) 甲府幕岩、キルト(11c)

きん
by climber-kin | 2009-12-30 09:35 | 目標と成果 | Comments(6)

2009年12月29日、登り納め

「おいしいよ、2足と半手前進」

弓状に到着すると-3℃だった。アップは相変わらず足先の感覚がなくなった。だけど、今日は晴天だ。どんどん岩は暖かくなり、最高のコンディションだったのではないだろうか。だけど、おいしいよ下部は冷たい。沢からの吹き上げ風があたるおいしいよあたりから右はやっぱり寒かった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
手より足が冷たーい。

(2) 高く登れ(10b)、再登
足指もみもみ。少し感覚を戻してから登った。

(3) おいしいよ(12c)、慣らし便
11時半。よせばいいのに。まだ、岩が冷たいのになんだか、核心までノーテンで突入してしまった。拝まないホールドから右手水平カチ?ホールド取るが、右手の感覚なし。人差指と親指をホールドに掛けられない。粘ったが落ちた。

(4) おいしいよ(12c)、×
13時半。上部の岩はかなり暖かくなってきてくれているのだろうけど、下部は相変わらず冷たい。だけど今回はとてもいい感じで右手を大目に休ませる作戦で、5p目クリップまで到着。核心突入。そして、拝まないホールドから水平カチ?止まった。さらに左足に右足マッチ?で左足ヒール。寄せて寄せてだったが上半身だけ寄せていただけのような気がする。右足をインサイドエッジへ足首返すのを忘れた!デッドで左手ミニコルネ取り。スローモーションでホールドが手から抜けていった。

(5) おいしいよ(12c)、××
拝まないホールドから右足ヒールで水平カチ?を取ってと言うところで左手がスッポ抜けた。痛っー。

(6) おいしいよ(12c)、×××、
日は沈んだが、まだ明るかったので、トレーニング便。ヨレヨレだけれども拝まないホールドまでは到達できた。各停で9p目まで行って降りてくる。

懸念の指穴だが、今日は水絆創膏を塗って、その上からテーピングをしてみた。水絆創膏は一日もってくれた。テーピングは毎トライごとに変えた方がよさそうだ。左手人差指のテーピングは拝まないホールド保持に辛いなぁ。そして、今日は、先日の土曜日のホールドツルツル化現象はなく、フリクションが普通だった。拝まないホールドからの右手水平カチ?止まれば、右手ミニコルネは止まると期待していたのだが、やっぱり甘くなかった。スルリとホールドが抜けていった。それでもほんの少し前進。来年も引き続きがんばります。

〇 今日の弓状
・静かな弓状だった。このぐらい静かなのが集中ができてよいですね。
・おいしいよラインは3人。マイライフ/私生活/龍勢/乾杯ラインは4人。
・状態がよかったので今日はRPあり。SVP(クライマーH氏)とペト(お名前わかりません)でRP。H原婦人も鬼が島RPで復活の第一歩とか。おめでとうございます。
・箸も氏の龍勢とM代っちマイライフのRPは来年へ持ち越しでした。
・ywtさんと箸も氏とM代っちでマイライフ前。箸も氏は学生時代「有名ボルダラー〇川〇〇ちゃんのもと〇〇だった!」と意外な事実が判明して、盛り上がっていた。
・「だんご姉ぇの任侠トライ日記」だんご姉ぇは恐怖の任侠トライから解放されると、マイライフの前で今日も「がんばれM代っち!」ダンスを踊るのだった。
b0037220_8463465.jpg


きん
by climber-kin | 2009-12-29 23:59 | 二子山'09-'10 | Comments(8)

2009年12月26日、二子山

「おいしいよ、後退」

暖かい予報だったのか、弓状は満員御礼でした。弓状につくと1℃。先週の-5℃に比べたら天国のような暖かさでした。昼から晴れの予報だったのですが、朝から晴れてくれました。先週核心ムーブを変えて好感触。期待満々でやってきたのですが…

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) おいしいよ(12c)、×
まだ岩が冷たいが、一週間あいているので、早めに慣らし便を出す。結局拝まないホールドから右手水平カチ?ホールド掴んで指の感覚がなくてフォール。そして、慣らし便だからと思って右手人差指にテーピングしなかったのが大失敗。冷たくて感覚ないので痛いの気づかなかった。そのままムーブ起こして、ベロンチョしてしまった。新しい穴があいた007.gif

(4) おいしいよ(12c)、××
あれー?今日は何だか滑るぞ。最近雨が降っていないので、カラカラ過ぎで、ホールドがツルツルだ!この渇きすぎの温かいホールドは、このルート、いつもこうなるんですよね。

(5) おいしいよ(12c)、×××
右手穴ふさいだテーピングが抜けてしまった。ムニュッと指がぬけてきてしまった。核心までも到達できず。

晴れていて、暖かくて、最高のコンディションのはずだったのですが、「おいしいよ」は下部はやっぱり冷たくて、拝みホールドからは、ツルツル。テカテカ。少し湿り気が必要かもしれません。その上、新しい穴まで作ってしまいました007.gif。だけど、めげずに、がんばります017.gif

〇 新しい穴
・痛ー!トライしている限り、この穴はなかなか閉じないかもしれない。
・5p目クリップから核心へ入る左手一手目の穴ホールド。みなは、すっぽり指を入れているとのこと。私は指の節が太くて入らないので、入り口をカチ持ちしてます。その端の尖がりが当たって指穴を作ります。
b0037220_0242650.jpg


〇 古い穴
・テーピングしているのですが、毎回スリットホールドでこするので、テーピングの上から血がにじんできてしまいます007.gif
・穴周辺も痣のようになってしまって痛いです。
b0037220_0244934.jpg


〇 今日の弓状
・唐獅子ラインは8人の混みよう。おいしいよは5人。私生活ラインは乾杯トライ者がいなくて、5人ぐらいでした。
・例年年末年始にやってくる京都チームに、あまり二子でお見かけしない面子も多勢いらっしゃいました。
・オカベさん達は混雑している二子に勝手がわからず困惑気味でした。この混雑で、3人パーティは厳しいですよね。今日は、チーウォール東村山組が多く。エナジーチームより多かったかもしれません。
・今シーズンは二子通いの顔見知りの群馬ペアさんから、ヘビークライマーきんさんでしたかと声をかけられる。正体がばれてしまいました。
・箸も氏、龍勢をワンテンに持ち込んでいた。RPは近いですね。M代っちは、なれない眼鏡とヨレヨレのコブラのせいか、マイライフRPは次回に持ち越してました。
・そして、私のおいしいよ。次回の対策は?対策は?まずは指穴対策考えないと。

きん
by climber-kin | 2009-12-26 23:59 | 二子山'09-'10 | Comments(4)

2009年12月22日、T-WALL東村山、2時間

今日登って、3日レストで週末を迎える予定で、連荘でチーウォールへ向かう。休み前なのだろう。空いていて落ち着いたトライができた。薄被り左のオカノカン氏の3級登って、同じく薄被り左のチバタケ4級は出だしが狭い。後半ムーブ固めて、出だし1回だけできて、トラバース後失敗。その後出だしできず。その後は登れそうな課題をトライする。薄被り左のチバタケ氏3Qは愛があった。2撃で登れた。

〇 オカノカン氏、2009.12/14
・青3級は先日登れた。
・カンテ沿いのいやらしいピンク3級課題。
・3便?出して登れた。すっきりしない課題だった。
b0037220_104189.jpg


休み前の空いていそうなビパン行こうかなとも思ったのだが、空いてて落ち着いてるチーウォールで正解だったかも。指皮がなーい。回復してくれ。

きん
by climber-kin | 2009-12-22 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年12月21日、T-WALL東村山、3時間

今日も、(香)さんの薄被り左の課題でアップ。十分にアップできました。シロクロさんの大壁左のやっていない4級課題少し触って、ゴール2手前の足が深いフリの右手出しで何度か返される。このムーブ苦手だ。なにやら薄被り壁がもりあがっていたので、そちらに参戦。ハラダ氏4級を何便か出して登れたが3級は難しい。オカノ氏の課題がたくさんあったのでそちらをトライした。

〇 からすうり、(香)さん、2009.12.12
・赤5~6級と青5級は一撃。
・緑5級は、2手目の緑スローパーに4回落とされる。
・スローパー取れた後も右手持ち場所がわからず、またまた落とされる。6便かかったぜ。アップ十分。
・全くサイズの違う方の課題は、セマッ苦しいムーブになって、やたら難しくなるのだが、それはそれでおもしろい。
b0037220_23391733.jpg


〇 オカノカン氏、2009.12/14
・青3Qは、マントルっぽい左手返してのプッシュとゴール取りで左肩を痛めてしまったが、何とか登れた。
・黒3Qは、緑つかみホールドからクロス左手2本指ホールド取りがサイズ合わんぜ。挫折。
b0037220_23461511.jpg


〇 オカノカン氏、2009.12/14
・青3Qをkの嬢に薦められてトライする。
・これも肩に悪いぞ。最後に何とか登れた。
b0037220_23473996.jpg


土曜日のダメージが酷くて、最初は調子がでなかったのだが、登りこんでいるうちに体が動いてきた。指皮はますますなくなってしまったのだが、週末までには再生してくれるだろう。

きん
by climber-kin | 2009-12-21 23:50 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年12月19日、二子山

この冬一番の冷え込みになった。小鹿野に入ると路面にうっすらと雪が積もっていた。冬型が強くて、雪雲が日本海側から流れてきたのだろう。そして弓状に到着すると、温度計が-5℃を差していた。岩は、いったい何度まで冷え込んでいるのだろう。コーヒーわかしたり、かなりのんびりペースで準備する。ようやく二段岸壁に日が当たりだし、温度計が-3℃まで上昇したところでアップを始めた。寒くて敬遠したクライマーが多かったようで、今日の二子は20人と私生活ライン以外はすいていた。今日の二子はカラッカラに乾いていた。だけど猛烈に寒かった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
使っているドラゴンはよれよれ。この寒さで新品を下ろすには勇気がいるが、がんばって新品を下ろした。手は猛烈に冷たかったが、足指はさらに辛く、指の感覚が全くなくて恐ろしかった。そして降りてくるとお決まりの激痛が、しかも冷たさと新品の痛さで2倍か。辛い。

(2) おいしいよ(12c)、ムーブ修正便
下部で2ヶ所ほど、しっくりきていない。そして、初トライにできたムーブをずっと継続している核心ムーブ。この一週間は毎日通勤電車の中で、その修正案を二つほど考えては頭の中で温めてきた。3-4p間の右手スリットホールドは薬指~小指の3本を下から上に向かって挿せばよいことがわかった。4p目クリップの左手穴取りは、乾いていればそれほど問題ないようだ。アンダー気味に持ち直して、セーので取る。そして、核心ムーブ。まずは、アンダー右手から左手の拝まないホールド取りは中継ホールドを入れてみた。左足右足とステップして、左手を中継ホールドへ。すると右手アンダーを持ち直せる。それから左足を4p目クリップの穴ホールド差してから拝まないホールド左手取りにすると少し楽になる。採用。そして、核心ムーブ自体だが、これまで拝まないホールドを左手で取った後、右足アウトサイドエッジで思いっきりフリで右手水平カチ?ホールド取りしていたのだが、右足と左手でオポジションになっていて、結構な力が必要で気になっていた。①右手中継ホールドで左手を引き付けてから右手出しか?それとも、②これまで右足置いていたフットホールドに左足置いて、キョンかカウンターでできないかなぁ。いろいろ試行錯誤、これまでのムーブと比較しながら現場で検討した。前者の①は先に左足ヒールしてから右手出しとかも試みたが、いずれにしろ、力のいる引き付けながらの右手出しの動的なムーブになるのでNG。取る先がガバならいいんですけどね。そして、後者②のムーブにヒールフックで右手水平カチ?取りが弱冠楽になるという結論にした。またまた誰もやっていないムーブを思いつき、自己満足に浸る。誰もやっていないムーブは結局難しいことが多くて、それが結果的にRPを遅らせることが多々あるのだが、自分らしくていい。そして、ごめんなさい。指を切って、またまた血のマーキングしちゃいました。テーピングしても指が穴に入ることがわかったので次回からテーピングします。もう血だしません。

(3) おいしいよ(12c)、××
12時半。さっそく、修正したムーブでトライ。焼石握りながらでその都度ムーブの流れが止まるが致し方ない。そして拝まないホールド持ってから、右足ヒールで水平カチ?取り。左手の感覚がなくてはずれた。

(4) おいしいよ(12c)、×
2時半。雲がなかなか太陽を出してくれない。それでも先便よりは、岩が温かい。途中足順間違えたが、順調に拝まないホールドまで到達。そして、右足ヒールで右手水平カチ?取り。止まった。修正したムーブは左手拝まないホールドを持ちなおせるのがいい。さぁ、いくぜーと気合がはいったのだが、その次の、ムーブ変更の副作用で発生した足の踏み替えで右足つりっと滑って、あっさりフォールする。オーマイガー!左足の足首を外へ捻って、右足を置くスペースを作るんだった!

(5) おいしいよ(12c)、×××
3時45分。インターバル短いが、トレーニングトレーニング。今日は岩が冷たい上にムーブ探りで指皮がボロボロになってしまった。その上、さらに岩が冷たくなってしまった。拝まないホールド保持できずにフォール。氷のように冷たい岩で探りムーブをたくさん起こしたので、指皮がヒリヒリに痛くてホールド持つのが苦痛になってしまった。

核心周辺のムーブを思い切って変えてみました。修正ムーブの方が安定性がある。さっそく一手伸びてくれました。他の人から見ると、この一手はさほどたいしたことには見えないかもしれませんが、私にとっては非常に大きい一手になりました。左手に結構な保持パワー(右足とオポジションでさらに引き付け)が必要だった核心ムーブは所謂テンションムーブではないかと最近疑いを持ち始めていました。弱冠不安が残る足の踏み替えがうまく行けば、次はバランスがよい手だけ出しデッドなので、左手ミニコルネは多分とれると思います。微妙な足上げムーブがない私は、そこから6p目クリップまではいけるような甘い期待をしています。次回は6-7p間まで伸ばしたいです。寒さにめげず、がんばります。

〇 今日の弓状
・今日の寒さでRPは難しいだろう。MaoさんがモダンラブをRPしていた。おめでとうございます。だけど、Maoさんのグレードではないので、おめでとうございますと言うと失礼になるか?13a登ると12a登っても誰も誉めてくれなくなるんですよね。この寒さでおみごとです!
・M代っちのマイライフは核心越えて、みんな、あっ登れたなと思っていたら、エー!のフォール。惜し過ぎる、いきなりあそこまで行ってしまったので、心の準備ができてなかったのでしょう。とにかくナイストライでした。
・写真は任侠をトライするダンゴ姉ぇ。初トップアウトでご機嫌だった。
b0037220_094335.jpg


〇 二つの穴
・薬指の穴は1便目の探り便でまた切ってしまいました。次の本気トライでは、さらに人差し指にも穴を開けてしまいました。ガビガビでえぐられるので血が一杯出てしまいました。マーキングどころか、いたるところに血を垂らしてしまいました。すいません。次回からテーピングします。
b0037220_20484947.jpg


きん
by climber-kin | 2009-12-19 23:57 | 二子山'09-'10 | Comments(4)

2009年12月16日、T-WALL東村山、2時間半

昨日のJetSetから連荘でチーウォールへ行く。アップで(香)さんの薄被り右のファイル課題6級は2本とも登り応えあり。練ってるなぁ。5級は4回落とされた。先週登れそうだったクサノ氏2-3級は、キョンではめると壁に入り過ぎて左手がホールドに当たって出せず。右足切ると空間ができて左手出るのだが、その分苦しくなり登れず。次回元気な時に再トライかな。

〇 (香)さん、2009.12.9
・6級二つは一撃できたが、5級は出だしから手順間違えて落とされる。その後も3回落とされてから完登。またしてもやられた。
b0037220_2350522.jpg


〇 チバタケ氏、H21.12.8、赤3Q
・出だしの手順と最後のゴール取りでムーブ解析。ゴール取りはチバタケ氏に助言をもらう。2撃できた。愛を感じた。
b0037220_23512292.jpg


〇 チバタケ・クサノ合作、2009.12.5、青3級
・青3級は、出だし青ガバアンダーの足決めるのに手間取ったが、読み通り。すぐに登れた。これも愛を感じた。
b0037220_23523931.jpg


〇 チバタケ氏、H21.12/12、赤3-4Q
・閉店まじか、薄被り左で流行っていた課題。初トライは足ないじゃん。黄色スローパーをマッチしてキャンパで左手黒ホールド。その後オレンジにヒールと聞いて、やってみる。
・2撃できた。これも愛を感じた。
b0037220_23531964.jpg


チバタケ課題が沢山できていた。しかも、ちょっとマイルドな感じがしたが、気にせい?二日連荘のわりには登れたようだ。JetSetはATP使っただけだったのか?昨日登ったお陰で体がよく動いたのか?クライミングは謎が多い。

きん
by climber-kin | 2009-12-16 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2009年12月15日、JetSet、3時間

JetSet行ってきました。オーナーとオーナーママにご挨拶。「おめでとうございます。」お祝いのお菓子とかが沢山あったみたいで、たくさんもらっちゃいました。おいしかったです。そうそう、オーナーとは春に有笠山でお会いして以来、岩場でお見かけしなかったのだが、足が動かなくなってしまって大変だったそうな。今はもう痛くはなくなったそうだ。お大事に。適当にアップして、赤(4-5級)テープ課題を隅からトライしました。赤1~5は、殆どは一撃ぐらいで登れて(スラブ~垂壁は5級甘めぐらい)、赤6はスタートできず。赤6から急に難しくなる。赤7はムーブ見つけるのに苦労したが登れる。一番いい壁はスタッフ達で盛り上がっていたので、反対の端からトライする。赤15番は難しいが、ホールド二つ使わずに強引ムーブで登れたのだが設定ムーブとあっているのかは不明。赤14、赤13もムーブ解析に時間がかかったがなんとか登れた。赤12のトライを始めてタイムアウト。久々にボルダーっぽい、ボルダー課題を楽しめた。なんだか国分寺BPの課題みたいな感じて懐かしいような感じだった。グレーディングをk西店長が気にしていて、帰り際に聞かれた。幅のあるグレードにしたけど、殆ど上側のグレードに張り付いてしまったとか。赤(4-5級)は最近のチーウォール東村山の4級よりは易しめだし、いいのではないでしょうか。

〇 店内の雰囲気
・強いお姉ぇさんがいた。赤を登りまくっていた。閉店時間にも気づかずに登っていたのは誰だ?(写真にいる女性のことではありません。)
b0037220_011178.jpg


きん
by climber-kin | 2009-12-16 00:11 | JetSet | Comments(2)

2009年12月12-13日、二子山

土曜日朝、二子の林道の脇には、薄っすら雪が残っていた。前線が通過した後は急激に暖かくなったようだ。二子に到着すると、寒くない。だけど、湿度が高い。弓状のコルネからは水がポタポタ落ちてきていた。それも徐々に止まり、少しづつ乾いてきたのだが、午前中は岩が冷えていて冷たく、午後からは湿度と気温が高いせいかヌメり気味。あまりよいコンディションではなかった。日曜日は、予報では午後から曇り。朝もそれほど冷えなかった。午前中は岩が冷たいのは当然なのだが、まぁ、二子の冬のコンディションとしては、まずまずのコンディションだったのではないだろうか。

〇 12日

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
岩が冷たい。落ちそうになった。
(2) ワーカーホーリック(10b)、再登
1回目は、いま三つぐらいでしっくりこなかったので、もう1回登ってみる。やっぱり、いま二つぐらいしっくりこない。

(3) おいしいよ(12c)、××
10時半ぐらいに1便目を出すと言っても、まだ冷たいので慣らし便。とりあえず、上までいってみた。

(4) おいしいよ(12c)、×
下部いまひとつのまま、拝まないホールドへ、右手、水平カチ?ホールドタッチしてフォール。とりあえず最高到達地点、チビっと前進。

(5) おいしいよ(12c)、×
ヌメって、拝みまないホールドがスッポ抜ける。

〇 13日
昨夜の下吉田は、ガメラ氏、OhNoさん、Maoさん、Chieちゃん達で食堂で宴会がもりあがっていた。我々の方は、腰が痛いやら、前日遅かったのやらで早々に就寝。

(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登

(8) おいしいよ(12c)、×
11時半に1便目を出す。拝まないホールドまでは行くのですけどね。持ち損ねた。

(9) おいしいよ(12c)、×
下部結構力抜けてきたのですが、冷たくて指の感覚がなくなるのとよれて落ちるのが同じ場所。拝まないホールド、左手スッポ抜けた。

(10) おいしいよ(12c)、ワンテン
3-4p間のスリット右ホールドがいまひとつだなぁ。拝まないホールドとれずにフォール。よれてる。少し休んで、今回は終了点まで行く。これだけよれていても、ワンテンにはできるみたい。あんまり意味ないけど。それにしても、下から終了点まで48手。いい長手ものトレーニングだ。

結構期待して来たのですが、コンディションはいまひとつでした。おいしいよは私にとってはかなり難しいです。これまで登れた、どの13aより難しいです。5p目まで真っ向勝負で登っているのはわかっているのですが、これが自分のサイズにあってるムーブだと思っています。拝まないホールドは、右手を先に出すと楽らしいのですが。私は拝まないホールドから右へ行くムーブしかできないので、やっぱり左手出しかなぁ。だけど、このルートをいまのムーブで登れれば、新しい世界がひろがるような気がします。がんばります。

〇 今週の二子
・土曜日は比較的すいてましたが、おいしいよラインとマイライフラインは混んでいました。だけど、どちらも回転速くて、ペースが速かったです。
・日曜日のおいしいよラインは、私とチーウォール常連のI田さんだけで、マイペースで登れました。
・祠でリハビリのU御大、来週から、おいしいよ参戦です。
・きんちゃん、がんばりましょう。
・M代っちのマイライフは、二日目にワンテンに持ち込み。まだまだ改良点多くて、私のおいしいよより早く登れそうな気配が。
・写真は、ようこそTウォール(13a)をRPする箸も氏。登りそうだなぁと思って、カメラ用意してたら、本当に登っちゃいました。おめでとうございます。下部から一切ペト側の壁使いませんでしたね。いかにもこだわりのある箸も氏らしいRPでした。
b0037220_23151079.jpg


○ 今日のおいしいよ、次回は
大きな進展なし。2-3p間は左手一手送ってから左トラバースは正解で、スムーズになった。3-4p間のスリットホールドに薬指が入らない。ここで、うっと力が入ってしまい、次の左手アンダー持って、右足クロスステップでフリの部分がスムーズにできていない。4p目クリップホールドの左手穴への一手で穴奥まで届かず。持ち直すために力を使っている。ここも、この二日間で5/6回失敗している。下部から、5p目クリップまでで、11dぐらいに感じてしまっている。5p目クリップホールドからスタートして、8p目クリップホールドまで、クリップ動作も数えて18手。チーウォールの4級ぐらいだろうか。5p目からスタートして終了点までで、核心が前半にある12aぐらいの感じだ。全体だと、今の体感で12d/13aぐらいになる。これをRPするには、5p目クリップまでを体感11bぐらいまでにしないといけない感じだ。後半は殆ど改良の余地がなくなってきた。ポイントは下部の省力化しかない。
(1) 3-4p間スリットホールドからの左手アンダー取り
・あまり壁に入ろうとしないで、むしろ体を外へ出して、左足に乗ることを意識してみよう。
・中指、薬指、小指の3本を入れているのだが、人差指、中指、小指で入れてみてはどうだろう。
(2) 3-4p間左手穴取り
・右手が濡れているせいか、少しためらいが出てしまう。左足にうまく乗れていない。靴がよれてきているのかもしれない。新しいドラゴンレースをおろしてみるか。
(3) 5-6p間拝まないホールド左手取り
・右手サイドアンダーから、左1-右2-左3(穴差し)とステップして、いきなり左手拝まないホールド取り、しかも私は手首まげて、ピンチ持ちしなければならない。その右手引付がよれて、持ち損ねている。そこで、いきなり左手で拝まないホールド取るのではなくて、その左にあるサイドカチを中継して、体をよせてから、左手ピンチ持ちを取ってみる。

きん
by climber-kin | 2009-12-13 23:14 | 二子山'09-'10 | Comments(8)

寒い

金曜日は結構な雨が降る。出張先の京都はそれほど降ってなくて暖かかったのですが、東京駅へ降りると寒い。小鹿野のピンポイント天気予報を見ると、明日朝はそれほど冷え込むわけではないようなので、カチコチの299号ではなさそう。だけど、ウェザニュースの二子山頂天気予報では雪。林道には積雪あるかも。朝から快晴を期待してたのに、終日曇りの予報が多い。この雨の染み出しはいつから出るのか。土曜日はタイムラグで大丈夫?わかりません。

きん
by climber-kin | 2009-12-11 18:10 | 二子山'09-'10 | Comments(0)