<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2011年4月26日、T-WALL東村山

kの氏の作成途中と思われる新しいファイル課題でアップしたのだが、6-7級の割には、うっ難しい。6級も、これ初心者は登らないんじゃないかなぁ。それから、登った記憶のない「玉川上水」ファイル課題を取り出し、アップのつもりで取りついたのだが、日曜日のダメージがしっかり残っていることを認識してしまった。深い谷を作ってしまったようだ。

〇 玉川上水、2011.1/25、kの氏他、合作
・緑5Qを触るが、出だしができない。後回しにして、青5Qを触ってみる。出だしオレンジを先に取ったのだが、難しいぞ。落とされる。2便でなんとか完登するが、ノリノリさんが後からやっているのを見たら、先に左手ガバアンダーから入っていった。なるほど。そうなのか。
・赤4Qは、私には出だし核心。4-5便打ったら、なんとか出だしができて、そのまま完登。
・そして、問題の緑5Qは、ノリノリさんの助言でホールド持つ場所変えたら出だしできた。すぐに、スタートから始めて完登。どうも、難しくして登る癖がついているというか、簡単なムーブが思いつかない。外岩と同じパターンです。
b0037220_2331443.jpg


登るつもりでいた前回ムーブ解析だけで終わったオカノ氏の3級は結局、私の核心へ行く前に手順を何度も間違えたり、失敗したり、結局よれて登れず。最後に後藤組5級も2便かかるは、4級は2便出して登れず。最後に出し切りました。というか、今日は最初から出し殻のようで既にボロボロでした。日曜日は睡眠不足でスーパーラットに、ムーブ探るの上に4便だしたからでしょうか。体から疲労が全然抜けてませんでした。指皮はヒリヒリのままだったし。さらに深い谷を作ってしまったような。まぁ、怪我もなくGWを迎えることができそうです。修行してきます。

きん
by climber-kin | 2011-04-26 23:39 | T-WALL東村山 | Comments(0)

小川山、悩ましき課題達

小川山には登りたい課題が沢山あるのですが、実は触っておきながら登れていない課題(*印)もたくさんあります。今年も死のロードが始まります。何日か小川山へも行くでしょう。新しく取りつくルートも登りたいのですが、一本ぐらいは長年の課題も減らしたいのですけどねぇ。つくづく思うのですが、小川山はグレードに関係なく、難しいルートやいいルートがたくさんありますね。怖いルートも多いですけど008.gif

(1) とろろ(12a)*
ずいぶん以前、梅雨時にtsukaさんと触ったっきりになっている。

(2) ムーランルージュ(11c)*
これは11cじゃないだろう。いいルートらしいのだが、もう一度取りつく気になれない。

(3) マウンテンショップ岳(12b)*
カチが苦手だ。

(4) マジのライン(12a)
苦手そうで、なかなか取りつく気にならない。

(5) ロッキーロード(12a)
尻込みしてしまう。

(6) シルクロード(12b/c)
王道。大物過ぎて、なかなか取りつけない。

(7) ブラックホール(12b)
超苦手系のはずだが、あこがれのルート。なのだが。

(8) ノーモアレイン(12a)*
ハング上のスラブが何故かフルパワームーブになってしまう。

(9) ブルースパワー(11c)*
20年前に初11cを目指してトライしていたが。

(10) 帰ってきた開拓王(11c)*
恐怖の切り株はなくなったのだろうか。

(11) 雨あがりの夜空に(12a)
KBさんのルート。RCサクセッションにちなんだルート名なので登りたい。

(12) 働けロッククライマー(12b)*
出だしができない。正対でなく、左足バックステップ気味とか。またやってみるかなぁ。

(13) エンドルフィン(13a)
これは難しそうですね。

(14) 帰ってきたタジヤン(11b)*
11bのスラブが登れない。

(15) スラブの逆襲(11b)*
11bのスラブが登れない。

(16) PTA(11b)*
私の実力では、GWぐらいの一番フリクションがよい時にしか登れないだろう。これ、かぶとむし(12a)より絶対に難しいと思う。

(17) 裏ジェットストリーム(11b)*
一度触ったきりになっている。

(18) レベッカへの鍵(12b/c)
とても興味があるのだが、脆いと聞く。

(19) 重いコンダラ(11c)*
恐るべしルート。

(20) 空中決戦(12a)
みなから、出だしが狭くてできないだろうと言われている。

(21) こんちにはおっぱい(12b)
触りかけたのだが、突然の雨で触れず。

(22) 松茸風味(11c)*
ヌメヌメ。

(23) 登る埼玉県民(12b)*
1日触ったが、核心できず。

(24) 修行僧(12b)
核心ムーブが???らしい。

(25) 一張羅(12d)
カンテ系。触ってみたい。後半のナチュプロセクションはトップロープでリハーサルすれば何とかなるかなぁ。

(26) ビンタマン(13b)
登れるわけないけど、これ、触ってみたーい。

(27) トルネード(11d)*
カチカチ。触りたくないなぁと思ってしまう。

(28) ノイズ(11a)*
最後のランナウトは怖すぎ。一度だけトップアウトしたが、二度と取りつく気になれずにいる。

(29) バイスクルダイク(11d)*
私の実力では登れないのはわかっているが、登りたい。

(30) 国師夢想(11b)*
クラシックな11bは難しい。

(31) 宝探し(11a)*
これは多分登れると思うのだが、雨敗退した。

(32) 無職の夏休み(12b)*
苦手だー。

(33) 真骨頂(12a)*
これはいいルートだが、最後の岩茸ランナウトが。取りつきまでの20mトラバースも核心。この場所にありながら、グレード辛い。

きん
by climber-kin | 2011-04-26 12:40 | 目標と成果 | Comments(4)

2011年4月24日、太刀岡山

「ムーブ変更、ルートも変更」

もともと土曜日は所要があって、登りは日曜の予定だった。土曜は荒れた天気だった。土曜日は雑用の合間に不在者投票をすませた。そして、やはり慣れない日曜日の日帰りは、あまり眠れずに睡眠不足で便数ごとのパフォーマンスの落ち方がいつもより激しかったような気がした。暖かい一日を期待したのだが、この時期にしては寒かったのでなないだろうか。全便焼石を持って行った。ダウンを持ってこなかったことを後悔した。そして、私のカリスマだが、未だ5p目に到達できていない。私は「おいしいよ」と同じ過ちを犯しているのではないだろうか 土曜日にカリスマの最初の核心の右トラバースをよーくよーく考えなおしてみた。そして、ある対策を思いついたのだった。そして、右トラバースと左トラバースの二つの核心。まずは、核心が一つのスーパーラットをトライすべきではないかと、自分の実力と照り合わせて、結論を出して太刀岡へ向かったのだった。この時期にしては寒かった。さすが太刀岡。だけど、雨あがりのホールドはフリクションがよく、午前中岩が冷たすぎたのと、午後からは風が強くて寒かった以外はコンディションは今まででの太刀岡の中では一番よかったと思います。

(1) バーボンを片手に(10b)、×、スーパーラットヌンチャク掛け
出だしの左手穴ガバに水がたまっていた。その次の右手もびしょ濡れだった。靴はリソールしたばかりのミウラー。足も滑ってしまった。落ちた005.gif

(2) ハッピーバースデイ(11a)、×
軽く再登のつもりが、最初から苦戦。焼石持ってこなかった。後半は手が冷たすぎ、頑張ることなくテンション。

(3) スーパーラット(12c)、探り便
まずは、思いついた修正ムーブを試みる。あれっ?できない。私は、4p目クリップ穴ホールド左手から、右手浅穴2個ホールド取りで、左足ハイステップで左手チビホールド中継に左手飛ばしで5p目クリップの穴ガバ取りムーブでトライしているのだが、左足手前だと狭くて、左手ミニ穴(みんなが右手ガバアンダーから取っているホールド)への寄せができないのだ。それで、左足遠目のハイステップで、左上のチビホールド中継で5p目クリップガバ穴を取りに行っているのだが、これが非常に力の必要なムーブで、未だ下からつないで5p目まで到達できていないのでいるのだ。それで、左足上げずに右足と踏みかえて、先に左手寄せてから左足をハイステップする作戦を思いついたのだ。テンションして、よーく考える。今度は左手ミニ穴への寄せに成功した。この穴ちっこい。左手寄せてから左足手前側にハイステップ。この左足だと次のホールドが近い。このムーブでやってみるかな。そして、ラットの抜け口は、私のサイズにぴったりの手順とムーブを発見した。

(4) スーパーラット(12c)、2テン
一発で右トラバースを決めるぞと張り切ってトライしたのだが、右手浅穴二個ホールド取って、左足を右足と踏みかえて、右足はゴミチビホールドを拾って、左手寄せは失敗だー。うーん。何が違うんだ?テンションかけてからやってみたらできた。そのままワンテンにしてやろうと、6p目クリップして、先便のリハーサルムーブは?右手ガバには届かず、手前のスローパーで止まってしまった。動けなくなりフォール。うーん。そうか左手アンダーに持ち替えないといけないのか。さっきは降りる際にトップロープで途中からムーブを起こしたからか。

(5) スーパーラット(12c)、×
右トラバース、左手寄せはなんとできたのだが、両手とも肘が上がってしまった。6p-終了点は両手カチから狭っ苦しい立ちこみは、ロープに足がからみそうで怖い。さらに安全性が高いムーブに変更できた。

(6) スーパーラット(12c)、×、ヌンチャク回収
ヨレヨレだった。

右トラバースのムーブ修正をしました。結局今日も5p目まで到達できませんでした。とてもフィジカルなムーブから、微妙でテクニカルなムーブへ変えました。新しいムーブはちょっと停滞時間が長いのが気になりますが、このムーブが安定してできるようになれば、今後の展開が大きく変わると思います。バランス的に難しいムーブで1日ではコツをつかめなかったのですが、次回もこのムーブでトライしたいと思います。それと、目標をカリスマ(13a)ではなく、スーパーラット(12c)へ変更しました。上部のムーブはガンガンと行ける自分向きのムーブがありました。まずは、スーパーラット。がんばりたいと思います。

〇 今日の太刀岡山
・カメラを忘れてしまった002.gif
・INGDさんが、VOGEL(12d)をRPしていました。おめでとうございます。このルート難しそうです。
・N村さんパーティが大勢で来ていました。ルートキラーが大人気になっていました。
・M代っちのミストラル(12a/b)は、あと2手まで迫って、最後詰め切れておらず、惜しくもフォール。次回に期待です。
・ヨネヒコさんは、カリスマ(13a)をワンテンにしていました。
・いろいろなブログに登場されているak2さん、初めてお目にかかりました。
・夜勤明けの筋肉君がラット2便トライのためにわざわざきていました。脱帽。

きん
by climber-kin | 2011-04-24 23:59 | 太刀岡山 | Comments(6)

2011年4月21日、T-WALL東村山

連荘でジム。今日はチーウォール。昨日から、ジムシューズを変えたと言っても、よれて外岩で使えなくなったドラゴンですけど、それでも、長靴なみにぐにゃぐにゃになったドラゴンよりは画期的にエッジがきく。それを期待して、前回登れなかったkの氏水色3Qをチャレンジするが、靴はよれていないけど、やっぱり、体がよれてる今日は、ましてや登れないと感じて別の課題を触ることにした。

〇 玉Q、5/20、kの氏の古い課題
・登った記憶のない古いファイル課題を引っ張り出した。紫5Qは、一手目が遠い。あっ、右足バックステップ気味で取るのね。これがわかるのに5便かかった。二手目も遠い。フリで取りに行くが、微妙に届かず、これはスタートに足載せて取りに行くのね。わかるまで、さらに5便かかった。だけど、まだ止まらず。取りに行くスローパーホールドの上側じゃなくて、下側を狙うと近いのか。で、さらに5便かかって完登できた。これで5Qですか、難しかったが面白しろかった。M崎さんに奨めたたら、松Q父さんにもひろがり、今日の人気課題になっていた。
・オレンジ4Qの方は比較的素直で、リーチ有利。2便で登れた。
b0037220_23314621.jpg


〇 2011.4/20、オカノカン氏
・久々にオカノ氏の課題があったので、早々にトライした。
・緑3-4Qは、出だしが狭くて、左手アンダーから右手寄せして、立ちこむのがなかなかできない。立ちこむより、右寄りのホールドへ飛ばした方が楽なことが判明。さらに2便ほど出して完登できた。
・青3Qは、出だしからずっと難しいい。なんとかこなせるムーブを見つけて、最後キョンでゴール2手手前ホールド取りだと楽らしいが、キョンなんかできず。いろいろなムーブを試行錯誤。左手飛ばしの難しいムーブで解決。が、すでに体が終わっていて、その私だけの核心まで到達できなくなっていた。次回は登るぜ。
b0037220_23323018.jpg


最後に、大流行になっていたkの氏水色3Qを再トライするが、指も体もヨレヨレだった。よれていると、この課題、ずっと息ができない。苦しい。次回指が元気な時に再トライだ。週末の天気予報が好転した。週末は外岩登れるかなぁ。

きん
by climber-kin | 2011-04-21 23:32 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年4月20日、B-PUMP

混雑を避けて、水曜のビパンへは行ってなかったのだが、リソール完了のミウラーが届いていると連絡があったので、GW前に受け取りに行く最後のチャンスと思ってビパンへ向かったのだった。1階のスラブ壁で5-4級まで全て再登してアップする。奥の壁で登っていないかもしれない5級も登っておく。1階で取りこぼしている登れそうな課題はもうなさそうだ。2階へ上がると、ひな壇の壁がリニューアルされていた。いきなり5級課題でやられた。4級は難しい。ムーブを見つけるまでのブレイン核心課題が多かった。3本ぐらい登ったか。マオさんと〇べちゃんと一緒に3級課題をトライするが、結局2本しか登れなかった。3級もブレイン核心っぽかったような。休まずに打ちまくったので早めに上がる。

きん
by climber-kin | 2011-04-20 23:26 | B-PUMP | Comments(0)

2011年4月18日、T-WALL東村山

昨日のダッシュ&ウォークで頑張りすぎたか、全力ダッシュで太ももが筋肉痛で激痛のまま月曜日を迎える。階段を登るのが辛い。久々のチーウォールはオフのkの氏が来て、課題を作っていた。

〇 南極、2011.3.30、kの氏
・赤3-4Qは前回登っていて、緑3Qは挫折したファイル課題。
・新しく増えていた青4Qは一手目が指皮ないやつには厳しい。すべすべだ。それがとまってそのまま2便で完登する。
b0037220_23205167.jpg


〇 北アルプス、2011.04.18、kの氏
・茶4Q、一手目スローパーは親指で握れと助言を受けたが、そうすると登れず。親指で挟まず、左足切って壁に入り込んだらマッチできて二手目が取れた。そのまま完登できた。
b0037220_23234972.jpg


〇 桜山、2011.4/10。kの氏
・緑5Qと赤3Qは、前回完登した。
・新しく追加された水色3Qは、難しい。散々トライしたが、8手目左手穴ホールドから飛ばしで右手穴差しからゴール取りのムーブを見つけるが(設定は違う)、時既に遅し、指がよれてしまって飛ばした左手がホールド握れない。次回指がよれていないときに再トライだ。だが、今日はこれで指がやられてしまった。
b0037220_23254671.jpg


オージの新課題、4Qを1本一撃できるが、3級課題はどれも目途が立たず。再びkの氏課題に戻るが、やはり指がヨレヨレだった。それにしてもチーウォールはなかなか登らせてくれない。まぁ、フィジカル的には登れても登れなくても、強度の刺激を与え、そしてレストすること。めげずにがんばろう。

きん
by climber-kin | 2011-04-18 23:30 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年4月16日、太刀岡山

「夏日」

二転三転する天気予報に翻弄される週だった。結局、土曜日の甲府は夏日の予報で、午後から上空を寒冷前線が通過し、にわか雨が降るかもしれないといった予報に変わった。何度か暗くなって、強い風が吹いていたものの雨は降らなかったが、温度はかなり上がったようだった。太刀岡で何度まで上がったかは現地でチェックしなかったが、甲府は26.5度まで上がったようだった。カリスマの上部の岩はかなり温かくなってしまって、指汁体質は二手出すとチョークが取れてしまうようなコンディションで、ちょっと暑すぎだった。

(1) バーボンを片手に(10b)、再登、カリスマヌンチャク掛け
出だしの核心で力を使うせいだろうか。毎回そのまま腕登りになってしまう。

(2) ヤバイから逃げます(10a)、MS/OS
先週ヌルヌルで1p目から降りてきたルート。今日は若干湿っぽかったが登れそうな状態なので触ってみた。このルートは右へ右へ登っていくのだが、ライン取りが難しい。考えながら登ったので時間がかかかった。登り辛いがおもしろいルートかもしれない。

(3-5) カリスマ(13a)、×××
ムーブ探究便にしようかと思っていたのだが、ヌンチャク掛けで変更するムーブを確認したので、そのままトライ便にした。3-4pをムーブを変更し、と言っても右手穴ホールドサイド持ちして、左足を折り曲げて、右足をちゃんとフットホールドにのせるようにしただけなのだが。4目クリップホールドの持ち替えは、やはり持ち替えることにした。4-5p間右トラバースの右手浅穴2個ホールド取りはイメージ通り、右足で立つイメージ左足をしっかり壁押してからホールドを見ること。このイメージはあたりで、左足ハイステップで中継ホールドは、掴んだがはがされてしまった。となると、4pから終了点まで繋ぎたい。左トラバース左手アンダーは届いて、足クロスで右手を出そうとした瞬間に左手が抜けた。テーピングが滑る。4便とも殆ど同じ内容だった。落ちるたびに大フォールで、ゴボウで上がると疲れてしまい。一度もトップアウトしなかった。

(6) カリスマ(13a)、×××
右トラバースの右手浅穴2個ホールドからの左足ハイステップでの左手チビ中継ホールド取りだが、どうも腰が離れているとのこと。左手が邪魔をして体勢をくずされているので、やりにくいのだが、よりイメージを持ってムーブを起こさないといけない。確かに、腰を入れるイメージが薄かった。4便目も、まぁまぁ順調に右手浅穴2個ホールド取って、今度は腰をより入れるイメージを持ってで左手チビ中継ホールドは掴んだが逃げて行った。うーん。今日も5p目まで到達できなかった。左トラバースと6p-終了点間を他のムーブをいろいろと試してみた。うーん。どれもしっくりこない。

4p目まではかなりムーブが流れてきました。4p目クリップホールドの持ち替えも少しづつコツを掴んできて、いい感じで右トラバースへ入れるようになってきました。そして、その右トラバースなのですが、みながやっているムーブとは全然違う、オリジナルムーブになってしまいっています。ここのムーブは何種類かあるのですが、狭かったり胸元マッチだったり、どれも苦手で、できないのです。それで、いつものことですが、誰もやっていないオリジナルムーブになってしまっています。これが、また力のいるムーブなのです。まぁ、できるムーブがあっただけよかったと前向きに考えなければと思います。さらに困っているのが左トラバースの核心の方です。左手アンダー差してから右足クロスでスメア気味でアウトサイドエッジに乗って右手寄せで何度も通過できていたのですが、今日はそれができません。テーピングテープで滑ったから?ホールドが熱くてヌメったから?今日はフリクションが悪かったとにしておきましょう。それと、先週流血した左手人差し指の穴の原因がわかりました。右トラバースの左手中継ホールドでした。とんがったエッジへデッド。人差し指でひっかけて止めるのですが、引き離される際にえぐられることがわかりました。テーピングしないと、また穴があいてしまうし、テーピングすると、このデッドで人差し指が滑る。その他にも3ヶ所ぐらいでテーピングにホールドがあたり、保持しずらい箇所があります。これも困ったものです。4p目まではムーブが洗練されたものの、全体では後退でした。

〇 今日の太刀岡山
・いつもの面子の適正人数でした。この狭い小さな岩場は、許容人数が少ないです。これから混みだすのでしょうか。
・お昼過ぎのカリスマは既に厳しくなってきました。
・M代っちの「おさがわせしました(11d/12a)」1トライ目は二つ目の核心を超えたのにヌンチャクを掴んでテンション003.gif。2便目は安定した登りでRP。その後、ミストラル(12a/b)を2トライして、ムーブ解決? またまた鼻息が荒くなってきてました。
・カリスマの左のラインが「おさわがせしました(11d/12a)」。
・写真はカリスマをトライするM下さん。
b0037220_064086.jpg


〇 新パンクスインザジャム
・以前あった、3-4pにかけてのガバアンダー帯が全てなくなっています。
・写真の真ん中あたりの明るく黄色になった部分です。
・ヌンチャクがかかってるのは、VOGEL。
b0037220_071826.jpg


〇 今日のカリスマ
・4p目までは、ムーブがうまく固まってきました。
・4p目クリップホールド持ち替えは、左手少しでもよいところを持ってから持ち替えすれば少し力がいらなくなることがわかりました。
・右トラバースは当面の今のムーブでがんばります。
・左トラバースは改良の余地多しです。
・6p-終了間はムーブ探り直しが必要そうです。
・やはり、この手の持久系ルートは、3桁の長期戦覚悟が必要そうです。
・写真はカリスマとトライするヨネヒコさん。
b0037220_075645.jpg



きん
by climber-kin | 2011-04-17 00:16 | 太刀岡山 | Comments(2)

2011年4月13日、馬場エナ

連荘でジムへ行く。チーウォールでもよかったのだが、激混みを懸念しながらも、今日は馬場エナへ向かった。予想に反して空いていた。このジムはクライミング中毒者が少ないのかもしれない。所謂初級者ぐらいだと、このご時世に、わざわざ登らなくてもよいと思うのかもしれない。だから、昨日のビパンではないけれど、クライミング中毒の常連が多いジムはもとに戻ったとか037.gif。推測ですけど。連荘二日目と言うわけで、しつこくスラブ壁でアップした?実は、どの課題も登るのに何便かかかっただけです。窓際の壁の3-4級を数本登った後、130度壁の左よりの3級をトライ。一撃できたり、数便で登れたり。一本は登れる気配なし。最後に触ってた課題のハイステップヒールでのゴール取りはスローパー、ヌメヌメ、テーピングすべすべ、怖くてでききん。最後に5級を触るが、今日は既に終わってた。今日もミッキーがいた。二子再開したそうだ。真夏も二子にいたりして041.gif

きん
by climber-kin | 2011-04-13 23:54 | エナジー | Comments(0)

2011年4月12日、B-PUMP

久々にビパンへ向かう。ビパンは混んでいた。1階のスラブ壁と垂直壁は新しくなっていたのね。前回4級を登った時は気付かなかった。登っていない5-6級を全部登る。太刀岡山へ通いだしてから垂壁には慣れてきたのか、全部一撃できる003.gif。5-6級で喜ぶなって。早めに2階に上がるが、目新しい課題はなかったので、みながやってるどっかぶり面壁ファイル課題の4級を触る。遠い! が、ムーブを解決して3便ほどで登れた。2階奥の奥の前回登れなかった、お久しぶりの近藤先生が触っていた4級は、ミポリン先生の必死で登る模範演技を見て、なるほどと思いながら、全く違う手順で完登。他の4級を2本程触るが狭~い。できねぇ。面壁に戻って、マオさんと一緒に2級を触ったが既によれていた。k師、883さんとか、おじさんチームは若者達とは一線を画して、自然と固まって静かに小じんまりと楽しんでいるのが印象的だった。なんか楽しそうだった。あまりに混んでいて、早めに上がった。

きん
by climber-kin | 2011-04-12 23:11 | B-PUMP | Comments(0)

2011年4月10日、太刀岡山、陽の当たらない坂道RP

土曜日の天気予報が本降りだったので、日曜日の統一地方選を不在者投票して、クライミングを日曜日に変更した。おかげで中3日となり、しっかりレストしてのトライになるはずだったのだが、日曜の日帰りは慣れていないせいで、土曜の夜はあまり眠れなかった。そして日曜は、甲府は20度まで上がる暖かい予報だったのだが、太刀岡山は終日曇りがちで岩が結構冷たかくて、調子を狂わされた。

(1) バーボンを片手に(10b)、再登、カリスマヌンチャク掛け
うっ、ボルト横の左手ガバが濡れている。中段まで湿気湿気で足が滑りそうで、腕登りになってしまった。

〇 ヤバイから逃げます(10a)
1p目クリップして上がろうとしましたが、コケっぽくて湿気でツルツル。ヤバイからすぐに逃げました。

(2) 陽の当たらない坂道(11c)、MS/所見、敗退
「ヤバイから逃げます」をクライムダウンして、せっかくロープ結んでシューズ履いたのだからと、その横のこのルートを触ってみましたが、2-3p間でフォール。まだ岩が冷たい。熱くなりかけたが、何をしに遠くまで来たのか思いだし、ヌンチャク外しながらクライムダウンして回収した。勇気ある敗退(笑)。

(3) カリスマ(13a)、2テン
10時ちょっと過ぎに1便目を出す。まだ、岩が冷たい。焼石して登る。4p目まで力が入る。持ち替えでさらに力が入って、右トラバースは右手、浅穴2個ホールド持ち損ねる。4p目からスタートして、5p目をクリップし、左トラバースはアンダー触って落ちる。5p目から終了点へ力づくで抜ける。2テン。このルート、やはり冷たいと岩を握りこんでしまい、なんだか動きがとてもスローモーションになってしまう。ようするに力入り過ぎて前腕がすぐに張っちゃいます。

(4) カリスマ(13a)、2テン
13時。焼石持っていかなかったのだが、曇りがちだったせいでまだ岩が冷たかった。失敗。それでも前便よりは少しは体が動く。4p目から右トラバースは今度は浅穴2個ホールドは止まり、左足ハイステップで寄せて寄せて、左手を中継ホールドへ出すが、右手が冷たくて、かつ、もやもや状態だった。届かず。4p目から右トラバースから左トラーバスへ。そして、左手アンダー差して体勢整えて6p目クリップまで繋げられた。が、6p目クリップしたところで精一杯。まだまだ力入り過ぎ。動きが遅い。ムーブがスローモーションだ。

(5) カリスマ(13a)、×
15時。まだ、前腕がもやもやしてたが3便目を出す。前便で左手人差し指のガバダコが裂け初めていたのだが、4p目からの右トラバースで、今度はザックリ開いて出血してしまった。まくりあがったガバダコが痛くて、テーピングしないとホールド握れない。カリスマは本日終了。

(6) 陽の当たらない坂道(11c)、ムーブ探り
穴の開いた左手人差し指の修理をした。まだ、時間があったので、今朝敗退した、このルートをもう一度触る。今度は2-3pのムーブは下からこなせて、そのまま登っちゃえとがんばったのだが、3p目ヌンチャクかけたところで左手の指が開いてきてしまった。ちょっと強引な体勢だった。ヌンチャク握ってクリップ。その上のラインがわかりずらいが、なんとかラインを見い出した。

(7) 陽の当たらない坂道(11c)、RP
降りてきて、すぐにロープを抜いて結び直す。わかってみればカンテの得意系だった。自分でラインを考え、試行して解決し、そして完登する。こういうクライミングは実に楽しい。ムーブとラインがわかれば、となりの小僧(11b)より登りやすいかもしれない。

カリスマのムーブは一通り固まり、テンションかけた後なら、それぞれのムーブは流れ出しました。今日からRPトライにつもりでした。あわよくば5p目クリップまで到達のつもりでしたが、私は、やはり持久系は全く不得意のようです。まだ、納得できてないムーブが3ヶ所ほどあります。やはりそれを修正しないとダメでしょう。次回1便をムーブ修正便に充てるつもりです。1便目は全然だめだし、慣らし修正便として丁度良いでしょう。朔太郎氏はカリスマをみごとにRPしていました。強い人をうらやましがっても始まりません。ヘビー系速筋クライマーはマイペースで我が道をいくしかありません。まだまだ、がんばります。

〇 今日の太刀岡山
・先週の土曜日とほぼ同じメンバーの太刀岡山。INGDさんと久々にお会いしました。
・M代っちは、おさがわせします(11d/12a)で全てのムーブをこなせていました。出だしと中段の2つの核心を同時に成功させるのはなかなか難しそうですが、次回ガンバです。
・写真は、カリスマ1便目の朔太郎氏。次便でRP。
b0037220_22483218.jpg


〇 小僧をフラッシュトライするIchi-Geki氏
・お奨めルート。GAIDA氏は2便目でみごとなRP。Ichi-Geki氏のフラッシュは惜しかった?って直登ライン狙ってたのか?名前の通り、果敢なトライでした。
・右のカンテラインが「陽の当たらない坂道(11c)」。次は難しいとのうわさのある南面のカンテ課題触ってみるかなぁ。
b0037220_22485990.jpg


〇 次回のカリスマは
私の場合は、もっともっとムーブを流さないと完登はほど遠く感じます。ムーブが流れていない箇所や納得していない箇所のムーブを修正すること。少し焦っていた気がします。戦略上、このあたりで一度全体の動きをレビューすることが得策でしょう。次回一便目をムーブ修正便に充てるつもりです。
・3-4p間で左手の中継ホールド出しが何ともバランスが悪い。左足を折りたたんでフリにしてみよう。
・4p目クリップ後の持ち替えが何とも吸われてしまう。クリップホールド左手出しを探ってみる。
・5p目左手シェークから、次の右手出しは右足バックステップで力セーブ。
・6p-終了点間、左手リップ直下の穴ホールド取りは、左足が低い。壁の中の穴を拾うと足で立てるからよいかもしれない。

きん
by climber-kin | 2011-04-10 22:49 | 太刀岡山 | Comments(6)