<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011年7月30日、甲府幕岩

今日はカサメリかなぁという考えもあったが、小川山方面は厚い暗い雲に覆われていた。とりあえず廻り目平へ向かったのだが、ナナーズの前で今日の天気予報をチェックした。筋肉くんがいた。廻り目平から引き揚げてきたとのこと。朝の4時半から大雨だったとのこと。ピンポイント予報も終日降ったりやんだりの予報だった。北の方ほど雨なのだろう。南下しながら、登れそうな岩場を探すことにした。孫女岩?兜岩とか?ダメならジムかなと塩川ダムを過ぎると空が明るくなった。甲府幕岩は登れるかも?と増富温泉経由クリスタルラインで幕岩へ行くことにしたのだった。

(1) HIVE(10a)、再登

(2) WORK ON(11a)、MS、××
登りずらい。ラインわからないし。

(3) WORK ON(11a)、RP
1便目降りてきて、すぐに再トライ。無理やりなムーブで無理やり登った。

(4) コジマン(11a)、MS、×××
細かい。これはヌメッていると厳しい。

(5) コジマン(11a)、×、回収
降りてきて、すぐにトライしようとしたら、雨が降ってきた。核心?の左手細かいホールドがスッポぬけそうになり落ちてしまった。

(6) ダダ(10b)、×
M代っちがやってみろと言うのでやってみた。最後の核心行く前に足が滑って落ちてしまった。

(7) ダダ(10b)、RP
これ最後がランナウトして、かつ、細かいホールドで怖い。

今日も降ったりやんだりの一日だった。4時前についに暗くなってゴロゴロとなりだしてしまった。大雨降る前に車まで戻りたかったのだが間に合わず。川のようになった林道を下って観音峠を越えて甲府側へ降りて行った。甲府幕岩は難しいです。11aも2便で登れないは、10bでも落ちてしまいました。恐るべし甲府幕岩。秋とかだと、ちょっとは登りやすいのかしら。でも秋にはいかないんだよねぇ。濡れたホールド、ヌメヌメのホールドで渾身のムーブ。たいして登っていないのに、今週はめちゃくちゃ疲れました。指も痛いし、足指も痛みがひどくなってしまいました。それにしても、今年の夏はどこへ行ってしまったのでしょう?

〇 今日の甲府幕岩
・岩場につくと、N礼さんペアがいました。強強T辺さん夫妻。
・一番手前のエリアには、Ichi-Geki氏&ひらひらさんパーティ。
・午後からYFクラブの大パーティが来ていました。

きん
by climber-kin | 2011-07-31 00:50 | 甲府幕岩 | Comments(6)

2011年7月29日、小川山、マラ岩

「雨降ったり、やんだり」

いろいろな背景があって、今週は金土でクライミング。天気予報からは、普通は行かないような予報だったが、どこかで登れるだろうと、気楽に予定通りに小川山へ向かった。廻り目平に到着すると曇り。昨晩降ったのだろう、しっとりしている。5峰かと一瞬頭をよぎったが、このまま雨が降らなければ乾くだろうと淡々とアプローチしていった。マラ岩に到着すると、シルクロードの下部はびしょ濡れだった。雨が降るかもしれないし、すぐに、ヌンチャクを掛けるのか迷った。まずは、アップして様子を見ることにした。ところが、アップしようと、レギュラーに取りつこうとすると、結構な雨が降り出してきてしまった。さらに様子を見ることになってしまった。1時間ぐらいして、ようやく、雨がおさまったので、せっかく来たのだからと、レギュラーを登ってみた。多少濡れてはいるが、なんとかトップアウトすることができた。それからも、終日、降ったり、やんだり。結局、この便でかけたトップロープで、終日遊ぶことになってしまった。

(1) レギュラー(10c)、MS、×
がんばれば再登できたのかも? 濡れていることに警戒心が先行してしまった。ホールドもよく覚えていないし、途中、自らテンションしてしまった。上部のランナウトしている部分が怖い。

(2) ロッキーロード(12a)、Tr
初触りがこんな形になるとは、初トライはリードで、かつ間違えなく敗退するつもりだったのに(笑)。想像通り、出だしがいやらしい。DVDの大先生ムーブをやってみるが、左足悪すぎ、右手遠い斜めカチとってから、動けないぞ。クラックは上部ダイクへ移るところが難しい。雨降ってきて、すべてがヌルヌルで難しい。トップロープと言えど、このルート、ビレイヤー側へのロープでゴボウできないのでムーブを起こさないと上がっていけない。辛い。なんとか、終了点まで抜けられた。

(3) ロッキーロード(12a)、Tr、
出だしムーブだが、M代っちがうまいムーブでこなしていたので、マネしてみた。うーん。なんとかできるのだが、狭いなぁ。それでも、ようやくできたのだが、あまりに足指が痛くて、クラックの途中で降りてきてしまった。

(3) ロッキーロード(12a)、Tr
一発で出だしトラバースをこなすつもりができず。クラック登りもホールド抜けそうで何度もテンションしてしまった。ダイクへ飛び出すところは、濡れたホールドでフルパワー。とにかく足が痛い。そして、最後のラインがよくわからない。まっすぐ上がるのか。右へダイクをハンドトラバースするのか?

雨が降ったりやんだりの一日でしたが、午前中の雨の合間にかけたトップロープで一日遊ぶことができました。一本も登れなかったかもしれなかったのに運よく?岩に触れることができました。濡れていたけど。それにしても、濡れたホールドで渾身の力で登るのに疲れました。指が壊れそうです。

〇 今日の小川山
・マラ岩は貸切でした。当たり前か。
・昼過ぎにマラ岩を通り過ぎて奥のエリアへ進んでいった4人組の1パーティがいました。
・ナナーズまで降りると、大雨が降っていました。瑞牆方面は大雨だったようです。
b0037220_0182482.jpg


〇 ロッキーロード(12a)の出だしのトラバース
・ど花崗岩の格調高きルート。12a+12a+12a=12aのような。どこかのジムのグレードみたい。
・クラックは、キャメロット0.3と1が使えそうです。C1だけ使う人が多いのかな。
・めちゃくちゃ印象が悪かったです。シルクロード以上に難しく感じました。こんな日に触って、当たり前か。今日のリハーサルは意味があったのか?なかったのか?
・「格調高いルートほど、終始リードでトライ。」「恐いルートほど、トップロープリハーサルはそのルートの意味をだいなしにしてしまう。」今まで守ってきた掟をどんな状況であったにせよ、自ら破ってしまったのは残念です。このルートに関しては、RP便数を語る資格がなくなりました。と言いながら、登れるのかなぁ、このルート。今日は可能性を全く見い出せませんでした。
b0037220_0201596.jpg


きん
by climber-kin | 2011-07-31 00:24 | 小川山2011~2012 | Comments(6)

2011年7月27日、T-WALL東村山

暑い。蒸し暑い。今日も出張。昼間に出歩くとヘロヘロになってしまう。昨日は1時間ランアウトで指皮を消耗してしまった。今日はあまり指皮を消耗しないように気を付けたのだが。アップのつもりで触った、シブ君の新課題はなんだか登りずらいぞー。2便かかる。もう一本の課題はできる気しない。パス。

〇 ほしの君、2011.7.24
・課題が追加されていた。
・シリツー、青3級は、3手目の左手ガストンからハリボテ上のデカスローパーへの一手が厳しい。乗り込みずらい右足に乗って、左足壁にフラッギングで右手出しは全然止まらず。左足最初のフットホールドから、右足はつま先刺しっぽくした状態から、ランジ気味に右手出したら止まった。そのまま完登かと思ったら、ゴールで振られて落ちてしまった。頭冷やして、もう一便だして完登。
・目の淵、緑3-4級は、4手目左手カチホールド取りで落ちてしまった。左足下のホールドで取れそう。当たり。そのまま完登。
b0037220_23365484.jpg


〇 Don't stop beleaving、H山氏、2011.07.25
・月曜日は、2-3級だったのに、格下げされた、緑3Qは、出だしが遠い。出だしが取れたら、そのまま行けるかと思ったら、ゴールホールドに左手ぶつけて落ちてしまった。
・少し休んで、再トライ。今度は一手目がなかなか取れない。なんとか取れて、そのまま完登。
b0037220_23312877.jpg


kの氏が来ていた、最近の5級は難しくなりすぎているとのこと、易しい?適切な?4-5級を作ったとのことだが本当かなぁ。次回触ってみよう。今日は軽くのつもりだったのだが、またまた課題にはまって、打ち込み過ぎてしまった。指皮がますますなくなってしまった。週末は大丈夫か。指皮より天気の方が怪しいか。

きん
by climber-kin | 2011-07-27 23:33 | T-WALL東村山 | Comments(3)

2011年7月26日、ランナウト、1時間コース

「ヌメヌメホールドなランナウト」

出張、直出直帰。時間が早かったので、ランナウト1時間コースで軽く…のつもりも熱くなって、1階赤テープ課題を打ち込んでしまった。黄色テープ課題は簡単でどれも一撃できるのだが、赤は途端に難しくなるスローピーというかヌルヌルホールドでどれも登れない。ファイル課題の5cを一本登って、登りやすいと奨められた赤テープ6番は確かに登れそうだが、指ヌメヌメで、よれだしてゴール一手手前のガバへの一手で落とされた。最後に巨神兵さんの課題に混ぜてもらったが、遠い。後半ムーブのリハーサルをしていたら時間切れ。tsukaさんやコータローさんから何度も話を聞いていた巨神兵さんに初めて会った。指皮ないせいか、とにかくランナウトのデカいホールドが持ってられない。あまり疲れたわけではないが、指皮なくなった。

きん
by climber-kin | 2011-07-27 23:20 | ランナウト | Comments(0)

2011年7月25日、T-WALL東村山

昨日は、雑用の合間にいつものプールへ行った。最初の1,000mは自分なりにハイペースで泳いで、その後はのんびりと言うか、ゆっくりしか泳げず。水の中から時計見ながら、1時間泳ごうと決めて、泳げるだけ泳いだ。上がった時には、ふらふらのヘロヘロのヨレヨレになってしまった。2,100m泳いだ。疲れた。先週見なかった「江」を泳ぐ前にNHKオンデマンドで見てから泳いだのだが、泳いでいる最中に、やたら、「江」の映像が頭に浮かんでしまった。プール帰りに帽子やら、靴下やら買いに行った。今週の「江」を見るころには、すっかり酔っ払い。21時に就寝した。週明けの月曜日は、昨日まで涼しかったのに、やっぱり暑さが戻ってしまった。暑くて、違うパターンは嫌て、いつものチーウォールへ向かった。

〇 若様、H.23.7.16
・紫4級は、出だしで2度落とされる。後半は思った通り。3便かかる。
・緑4級は、最後右手をゴールに飛ばしてしまった。設定は左手出しだと思う。一撃。
・赤2級は、一手目保持できる気がしない。早々にパスする。
b0037220_2347766.jpg


〇 ほしの君、2011.7.24、
・核心と思われる、手に足ヒールで右手出しで落とされる。
・核心リハーサルして確認して、次の便で完登。
b0037220_23485294.jpg


〇 オッシー、ヨワヨワ、2011.7.23
・赤4-5級は、遠い!が、何とか一撃できた。
・緑4級は、少しはまる。中段と最後でてこずる。4便かけて完登できた。
b0037220_2351121.jpg


〇 H山氏、2011.7月25日
・遅め入りのH山さんが、即興で課題作る。
・愛のある黒4Qは、一撃できたが。
・赤4Qは、出だしでサイズ合わず、落とされまくり。H山さんサジェッションで右手飛ばしは、2回目に成功。そのまま完登できた。
・青3Qは、ようやく3Qにたどり着いたが、すでに終わっていた。
b0037220_235546100.jpg


なんだか、4Q課題がオンパレードで、4Qばかり7本登って、時間も力も尽きてしまった。最近、花崗岩ばかりのせいでしょう。指のモヤモヤ感がとれません。指伸びないし。まー、花崗岩シーズンも後二ヶ月。エンジョイしながら、がんばるか。

きん
by climber-kin | 2011-07-25 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(4)

2011年7月23日、小川山、マラ岩

台風が通過してから空気が変わった。灼熱のマラ岩はしばらく避けて、別のエリアへ行くつもりだった。川上村に入ると路上の温度掲示版は16度を差していた。陽が出るとやっぱり暑くなるんだろうなぁと思いながらも、考えが変わってマラ岩へ行くことにした。廻り目平に入るとさらに涼しい。突然秋になったような空気だった。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
古いミウラー、Xgripになる前のビブラムのミウラーだ。実は初めて買ったミウラーなのだが、足が痛くて履いていなかった。最近足が小さくなった?のか、ミウラーに慣れてきたのか?家で履いてみると、今履いている小さい方のミウラーと靴のサイズの感触があまり変わらない。今日から使ってみることにした。ビブラムラバーが固くてよいのか。単にフリクションがよいのか。まだ靴が固いわりには、良い感じで登れた。

(2) 帰ってきた開拓王(11c)、ヌンチャク掛け
このルートは初見でのヌンチャク掛けは難しい。アップがてらヌンチャクを掛けてあげると安請け合いした。以前何便か触ったのだが、縁が遠くなっていた、このルート。核心ムーブはすっかり忘却の彼方。これで疲れるのも本末転倒なので、ムーブをはっしょって、スラブセクションへ行くが、うっ、このスラブ難しい。ここも、インチキしながら、何とかヌンチャク掛けをして降りてきた。

〇 シルクロード、ヌンチャク掛け
結構な時間になってしまった。誰かヌンチャク掛けているだろうと期待して荷物のところへ戻ったのだが、かかっていなかった。今日のシルクロードは空いていた。ロッキーロードの方は大賑わいだった。

(3) シルクロード(12b/c)、トップアウト、4テン
先週よりも状態は少しよいのだが、まだまだ、3p目までは湿気っぽい。その上もヌメヌメになってしまう。縦の核心手前の6p目まで繋いだところで、右手がモヤモヤ状態になってしまった。指がよれてきたところで、6p目クリップで吸い取られて、ムーブに入れずテンションする。6p目から縦の核心は一発で遠い右手は止まるが、そこから動けず。2回目のリハーサルは7p目クリップできて、横トラバースへ入ろうとしたら、右足がはずれてフォールする。7p目からリハーサル。8p目クリップをガバから無理クリしてみる。連結ヌンチャクで長くしてあれば、できなくはないのだが、右足が悪くて、何とも疲れる。これはNGか。久々に終了テラスまで行ってみるが、テラスへの着陸方法がまだ未解決だった。ブルースパワーの1p目にテンションしてから、テラスへ移った。トップアウト2回目だ。

(4) シルクロード(12b/c)、トップアウト、4テン
今度は下から繋いで、縦の核心もムーブを起こしてみようとがんばったのだが、縦の核心へ入って、すぐの右手ホールド見失ってしまった。フォール。6p目からのリハーサルは一発で決まって7p目クリップしようとして、手間取ってしまった。横の核心開始しようとしたところで右足がはずれてフォール。7p目からリハーサルは、今度は、8p目クリップを一手進めて、右手ガストンでやってみた。左足が滑りそうで怖い。渾身の力でクリップして、自らテンション。左足は、穴ではなく、右カンテ手前のカチガバ取りに行く際の左足まで上げてからクリップがよさそうだ。8p目から終了点テラスへ向かうが、やっぱり着陸できない。ブルースパワーの取りつきの全く逆の手順にするのね。そして、最後はせーので左足をテラスへ出しながら、壁から離れるのか。3回ぐらいリハーサルしてしまった。とりあえず、これで、クリップ入れた一通りの仮ムーブはできたようだ。

(5) シルクロード(12b/c)、トップアウト、3テン
指がよれてきていたが、張り切ってトライ便を出す。少しリズムが出てきた。6p目クリップは、一番いいところ持てて、右肘を少し伸ばしてクリップできた。縦の核心へ入るが、右指がモヤモヤだ。なんとか、遠い右手取りへの立ちこみに入れたが、左手がスッポ抜けてフォールした。体全体を右へシフトしないで立ちこもうとしてしまった。この右へ重心をシフトする動きはイメージを頭に焼きこまないと。そして、6p目からの再スタートは遠い右手取れずに落ちてしまった。遠い右手取りからリハーサルして、7p目クリップできて、横の核心のスタートはこなせて、8p目クリップは恐かったけど、右手一手出して、左足ハイステップにして、壁にピタリと体を寄せてからクリップ。できた。力入りまくりで、それ以上は進む気になれず自らテンションした。8p目から終了点テラスへのリハーサルは、先便のテラス着陸練習の甲斐あって成功。テンションかけずにテラスに立てた。

今日は少し状態がよかったせいでしょうか。少し前進できました。懸念の8p目クリップ方法もとりあえず、決めました。仮ムーブが固まり、第2フェーズへ。まだまだ、小さな改良が沢山必要そうですが、ムーブを繋げるフェーズへ移ります。今日は、どのエリアへ向かうか迷いましたが、結局マラ岩へ行ってよかったです。この涼しさは一時的でしょう。まだまだ、暑い夏は続くのでしょう。

〇 今日のマラ岩
・朝到着すると、どこかで見た車が二台。シロクロさん&kの嬢ペアでした。後からマラ岩へやってきました。ブラックホール(12b)は、この時期、まだ状態悪かったようです。
・ムーブ考えながら、ボーとしてたら、いきなり、ヒロシ君に声を掛けられました。その後マチコちゃんも登場。
・最近、マラ岩の常連、N村さんペアもやってきていました。
・お久しぶりに、U2呑み屋さんとお会いしました。強い人たちと来ていました。
・Oh!No!さんとチーウォール常連I田さんが来ていました。久々に会ったOh!No!さんは修行僧のように痩せていました。
・Dさんとヨジ氏が届け手のひらで遊んでおられました。イォークさんはチビちゃん連れてボルダーへ行ったそうです。
・M代っちは、帰ってきた開拓王を触っていましたが、ムーブ解決できず。悔しそうでした。
・写真は、久々にシルクロードを触るkの嬢。早くムーブ思い出して、エクセレント登ってくださいませ。
b0037220_0345678.jpg


〇 シルクロード(12b/c)の3p目でレストする私
・6p目クリップまでいかに力を温存していくかがポイント。個々のシェーク体勢時のフットホールド、もう一度確認した方がよいのだが、6p目までの途中だと通り過ぎてしまうので確認しずらいなぁ。
・6p目クリップしてから、左足はガバ足へ上げずに、一つ下のホールドだと、右手寄せがデッドにならないのかも。次回確認。6p目クリップしてから、少し下がって呼吸を整えた方がよいと言われたが、どこでレストのするのか?
・7-8p間、右手ガバへプッシュで少しレストできるかも。次回確認。
・7-8p間、ガストンで入りこんでいるが、クロスの方が楽だといううわさも。ガバから右手一手はちょっと強引かも。
・写真はH山さんから頂いたデータを1/8に縮小(ブログの制限)した写真です。あまり、自分の写真がありません。自分の登っている写真はうれしいです。
b0037220_1311947.jpg


〇 帰ってきた開拓王を探るM代っち
・実は、このルートまだRPできていません。
・次回もヌンチャク掛け頼まれそうなので、ついでにムーブ固めておくかな。下はムーブわかれば、大丈夫そうだけど、問題はスラブ帯か?
・これも、H山さんから頂いた写真を1/8縮小してます。
b0037220_13144219.jpg


きん
by climber-kin | 2011-07-24 00:30 | 小川山2011~2012 | Comments(4)

2011年7月20日、T-WALL東村山

台風接近しているにもかかわらず、結構な人だった。気にしないというか、それすら知らない人もいたようだ。薄被り壁には新課題はなさそうで、大壁右でアップする。

〇 TW岩、'11.7/18
・黒6級は、一度落とされた、ゴール手前は飛ばしだったのか。2便かかる。
・赤6級は、読みとは違ったが一撃できる。
・緑5級は、松Qが何故かはまっていた。核心は黄色テープ課題と同じホールドだ。右足素直にホールドの穴に刺せば、振られないよ。一撃できる。
・青6級も登っておいた。
b0037220_23272591.jpg


新しいシブ課題4Qシリーズができていた。黒4Qは2便ぐらいで登れたが、青4Qはサイズがあわず、結構打ったのだが、結局登れなかった。今日の本命課題トライ前に疲れてしまった。しまった。

〇 SUMMER TIME BLUES、H山氏、青3Q
・ミニ夏休み前に触って、できなかった課題。
・6手目左手の核心は、その前の右手出しで、右足を残すことがキーだった。
・本日3トライ目で登れた。ゴール取り前で落とされそうになって、思わず声を出してしまった。耐えられた。うれぴー041.gif
・コグマ氏が、赤2Qの方が易しいと言っていたので、期待して触ってみたら、こっちの方が普通に難しいじゃん。
b0037220_23334160.jpg


今日は朝直出の出張帰りにコージツで捨て縄テープ(1.5m@1.5cm幅)を10本買った。あのエリアのルートは終了点の補強が必要だろうからねぇ。楽しみだ。

きん
by climber-kin | 2011-07-20 23:40 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2011年7月16-18日、小川山、松茸風味、草溝直上ルート、裏ジェットストリームRP

三連休のミニ夏休み。朝の渋滞を気にして。いや、熱~い寝苦しい東京から脱出して、夜のうちに涼しい廻り目平へ入って、快眠しようという魂胆だった。金曜日、待ち合わせ時間にギリギリの時間に出発した。いつもと違うパターンだった。府中街道つかっちゃダメだった。渋滞。間に合わない。裏道へ回ろうとしたが、時間帯右折禁止だった。前から車来てないし、いっちゃえっと右折したら、パトカーがいた。あちゃー。切符をきられて、待ち合わせ場所には結局30分遅れに。自業自得な不愉快な思いをしながら、中央道を小川山へ向かったのだった。小川山に近づくにつれ、そんなことは徐々に忘れていった。廻り目平にはなんとか24時前には到着、ちびっと飲んで25時前には就寝した。朝はちょっと寝坊しようと思っていたのだが、マナー知らずのキャンパーの大声で朝の5時に起こされてしまった。この人達は何故に朝の5時に大声で叫ぶのだろう。事故でも起きたのかと思ったほどの大騒ぎだった。余りの常識知らずに腹が立って、それから寝つけなかった。

◇ 16日
朝から青空が広がっていた。どんどん車が上がってくる。林道の両脇はあっと言う間に駐車スペースがなくなってしまいました。だけど、何故?この狭い林道をそんなに飛ばすのだろう。やはり三連休の小川山は混みますね。特に最近はキュンパーが増えたような気がします。そして、今日は暑くなるだろうなー。灼熱のシルクロードになりそうだ。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
カラカラかと思ったら、意外と湿気ていた。

(2) シルクロード(12b/c)、ムーブ探り
今日はRPトライを優先。先にイエロークラッシュのヌンチャク掛けを済ませてもらった後、マラ岩へ戻ってくると、上から懸垂下降でシルクロードにヌンチャクを掛けている方がいた。このルート、初めての人のヌンチャクでトライする。予想通り、湿気湿気の上にアップ不足で力入りまくり、3-4p間のアンダー取りは、左足も使おうとしてホールド拾ったら、それがはずれてフォールしてしまった。右側のホールド使うべきだった。核心セクションに注力しようと、各停で6p目までチャカチャカ登る。6p目到達したところで、かなりの余力を残してこないといけない。先は長いな~。前腕の張を取ってから、6-7p間のムーブ探り、遠い右手は2度ほどのリハーサルで取れたが、そこからのまだできていない7p目クリップの左手ホールドへは、やはり体が上がらず取れず。まずは、遠い右手取った状態からのパツパツムーブだけリハーサルした。おっ、なんとかできた。ここで体力がつきた。

(3) シルクロード(12b/c)、ムーブ探り
昼過ぎ。暑い。岩も熱すぎる。3-4p間の小核心で落ちてしまった。各駅停車で6p目まで行ってから、足指と前腕を休ませる。そして、6-7p間のリハーサル。この区間だけでも何とか繋ぎたい。遠い右手は一発で止まり、左手薄い下引きカチで左足チョビホールドで乗り込んで、左手出そうとする前に左足が滑ってしまった。うーん。もう一度パツパツ状態から、7p目クリップホールドまでリハーサルした。

(4) シルクロード(12b/c)、ムーブ探り
少し雲が出てきてくれた。3p目クリップしてレストしながら、太陽が隠れてくれるのを待ったのだが、すぐに雲に隠れる気配がなく、スタートする。6p目まで小まめにシェークしながら、いい感じで6p目まで到達するのだが、やはり、続けて核心セクションのムーブを起こせるほど余力が残っていなかった。テンションする。太陽が雲が隠れるのを見計らい、6-7p間、6p目クリップ体勢からリハーサル。おっ、7p目クリップできた。そして、そこから横の核心へ。右足がホールドに負けていて、左足を上げられない。テンション。3回ほどリハーサルして、何とか7-8p間をこなし、連結された8p目にクリップできた。そして、テラスへのトラバースは、左手サイドのガバまで行ったが、足先が熱くて激痛状態。それ以上怖いムーブを起こす気になれず、自らフォールして、そのまま降りた。疲れた。

(5) ビクター、コンケーブ3級、×
この時期のシルクロード探りは3便だぜば、もう満足。縦の核心ができたので今日の目標も達成したし、三連休の初日に疲れ切るのもねと、T橋さんとボルダーしようとビクターへ向かって早めに下山した。ビクターには大勢のボルダラーがいた。一番簡単そうな、この課題をトライしてみた。リーチ有利で遠い左手はアンダー使わず取れて、右手リップへ。だが、そこから狭くて、左足が所定のフットホールドに上がらず。一旦あきらめる。

(6) ビクター、コンケーブ3級、完登
もう一度岩を見てみた。やはり、他の人が左足上げているフットホールドは私には狭い。T橋さんは一撃していた。少し下のフットホールド使ってみるか。当たりだった。左足をそのフットホールドに載せて、左手小さな穴があった。右脚をリップまで上げて、体が上がった。ボルダ―と言えど、久々の成果はうれしい。

とりあえず、シルクロードのムーブのブランクセクションはなくなった。あっ、8p目クリップが残っていた。今回の「縦の核心区間6-7p間を繋げること」という目標はできたと言え、このルートは先が長そうだ。帰りにおみやげに、コンケーブ3級を登れました。ボルダーも登れれば楽しいし、うれしいです。テントについたら、まずはクーラーボックスで冷やしていたビールを一本。金峰山荘のお風呂をもらって、さらに缶ビールを買って、黄昏時の最高の時間帯にビール飲みながら、テントへ向かいました。あー。最高のひととき。夏野菜カレーを食べて、20時には就寝しました。

〇 今日のマラ岩
・松本のあのN村さんの仲間の方がシルクロードにヌンチャクを掛けてくれました。ありがとうございました。
・今日のシルクロードは、松本の方、T橋さん、H岡さん、そして私の4名でした。暑さと直射日光、それに湿気湿気でみな苦戦していました。特に横トラバース。
・M代っちのイエロークラッシュはヌンチャク掛けした後の1便目で登ったかと思ったら落ちてきてしまいました。13時ちょっと前、多分本日最後のチャンス。日が当たりだした2便目で、完璧なムーブでRPしていました。おめでとう。
・写真はシルクロードをトライするT橋さん。
b0037220_23575293.jpg


◇ 17日
二日目は、どこへ行くか、散々迷ったのだが、見たことのないルートをトライしてみようと4峰東面へ向かったのでした。入り口を上がりすぎたようで、徘徊して、戻って登り直して、ようやく、それらしきルートに到着はできたのですが…。

(7) 4峰、浪漫飛行1p(10d?)、×
10d、11bの2p。ボルトラダーのフリー化ルート。予想はしていたが、メルトダウンダイレクトよりもスラブ気味。1p目のリングボルトから2p目までは簡単なのだが、ランナウトしていて絶対に落ちられない。ちょっと怖かった。次も錆びたリングボルト。その次がようやく錆びたアルミハンガーボルト。そこからが核心だろう。だが、ホールドがない。テンションして探ってみたが、全くできる気配がない。リングボルトでそこだけ人工して、1p目終了点まで行った。降りながら、よーく、見てみたが、3ヶ所ほど、ホールドが欠けた跡がある。もしかして、ホールドが欠けた?私の実力がないからか? そこだけが難しいのだが、登れる気配がない。2p目まで繋ぐつもりでいたのだが、2p目はいやらしそうなスラブに日がさんさんと当たり、てかってまぶしかった。触らずして敗退した。ヌンチャク回収がてら、M代っちにトップロープで登ってもらったのだが、やはり、できる気がしないそうだ。謎を残したまま去って行ったのだった。

(8) 草溝直上ルート(11b)、MS、×
4峰を道に迷いながら降りてくると、見たことがある光景が。働け!の取り付きのところだった。働け!には誰もおらず、ちょっとホールド触ってみたが、ヌルヌルだった。今日は触るのやめておこう。これ以上暑い中を彷徨するのも嫌なので、今日はソラマメで登っていない宿題ルートを触ることにした。そして、このルート、昔昔敗退してから、昨年ふと久々にマスターでワントライだけ再トライしたのだったが登れなかった。今日もマスターで挑戦。だが、この時期の11bは甘くなかった。やっぱり同じ場所で右足のフットホールドがわからず落ちてしまった。

(9) 草溝直上ルート(11b)、RP
降りてきて、熱くなった体が少し冷えるのを待って、再トライ。今度は無事RP。ホールドが熱い。ヌメヌメで危なかった。このルート、見た目と違って、短いながらもかなり内容が濃い。花崗岩らしい、面白いルートです。5峰へ行く方、アプローチ休憩とアップがてら触ってみてはいかがでしょう。

(10) 裏ジェットストリーム(11b)、×
このルートも大昔に一度だけ触って、放置していたルート。ヌンチャクがかかっていたので、トライさせてもらった。出だしから力づくになってしまった。途中レストできて、最後のピンへのラインが不明。前腕張っておちてしまった。

(11) 裏ジェットストリーム(11b)、RP
ヌンチャクの持ち主の方がRPされて、回収されるとのこと、私が回収するとお願いして、残してもらった。途中、ライン間違えて、1p戻って、もう一度レスト。二つ目のレストはヌンチャクの持ち主の方のラインを取り入れて、完登できた。下から見ると、長大で難しそうなルートに見える。出だしに力を使うポイントがあって、そこから3p程進むと右上で大レストできる。最後のピン手前をクライムダウン気味にトラバースすると、そこでも大レストできる。三つのセクションに切れるので、やはり11bぐらいなのでしょうか。終了点で後ろの木の枝が頭に刺さりました。痛い。

小川山は知らないエリアへ行くと、いつも、軽く1-2時間はルート探しに彷徨してしまう。久々に藪漕ぎしました。汗だくで疲れてしまいました。ついでに、「エビのしっぽ」の東さんのルートを探しにさらに上部を彷徨したのですが。KBさんのルートが20本ぐらいはありました。結局、「エビのしっぽ」はこれかなーという、立派な露出度の高い、凄い迫力のラインがあったのですが、それがそのルートか確信がもてず、降りてきました。いやー、このあたりのルートを整理して発表すれば、一大エリアになると思うのですが。もったいな~い。

〇 4峰、浪漫飛行2p(10d,11b)
・私には1p目の核心セクションと思われる数手。登れる気配がありませんでした。誰か登りに行ってみてください。2p繋げれば、充実できると思います。
・帰りにMOTさん&おKEIさんペアに会いました。MOTさんは、「パンキンプンクン(12b)」RPとのこと。おめでとうございます。この一番暑い時に12bをRPできるとは凄いですね。おKEIさんは惜しかったとか、酒抑えて、最終日朝一で勝負とか、どうだたったかな?
・写真は浪漫飛行、下から見上げた写真。ラインは、ずっと続きます。
b0037220_002390.jpg


◇ 18日
三日目も出発する直前まで、どこへ行くか決まらず。ふと思いついたのが、砦岩前衛壁でした。今日は曇り気味で涼しいかなと期待して、アプローチにも迷わず岩場に到着できました。この壁はマイナーなのでしょうか。終日我々以外誰も上がってこなくて、落ち着いて静かななクライミングを三日目にして味わうことができました。これぞ夏の小川山だ。

(12) お手伝いします(10a)、再登
このルート、出だしが登りずらい。

(13) 松茸風味(11c)、×××
どのルートを触るか迷ったのだが、まずは、宿題のこのルートを登らないと始まらないかなぁと、嫌ーな記憶を払拭して取りついてみましたが、このルート、難しいです。やはり、カンテものは夏に取り付くものじゃないと触ったことを思いっきり後悔しました。泣きながら、どテンションしながらトップアウト。これ一日じゃ登れないかも。

(14) 松茸風味(11c)、 ××
出だしの核心は何とかなりそう。3-4p間が一番嫌だ。5-6p間もいやらしいなぁ~。とりあえずのムーブはできそうです。それにしても、靴が負けて辛い。

(15) 松茸風味(11c)、RP
小さ目のミウラ―に変えて、トライしてみました。あー、印象が全然違う。スメアで立てます。5-6p間で足がずるりとして危ない場面もありましたが、無事RPできました。ふー、よかった。それにしても、このルート、手強いですが、おもしろいです。

3日間、雨に降られず夏の小川山を満喫することができました。4峰の探検は失敗しましたが、情報集めて、また探検に行ってみたいです。あれだけ沢山ルートがあるし。一番上露出度高い岩が気になります。だけど、エビのしっぽの形はしてなかったような気がします。シルクロードの縦核心のムーブが固まりました。とりあえず、シルクロードは状態よくなるまで離れるかなと思いながらも、夏の間もまめに触っておくべきなのか迷います。それから、この時期に、ど花崗岩ルートを登ってみて靴のサイズについて気づかされました。そろそろ適正サイズの予備靴を準備しておかないといけないように感じました。花崗岩はあっという間に靴が減ってしまいます。

〇 松茸風味(11c)
このルートは、まさに「ザ・花崗岩」。「花崗岩カンテ・マジック」。絶対ジムにはない、おもしろいルートです。三つ星ルートではないでしょうか。体感グレードは、この時期だからかもしれませんが、11e?、11d/12aぐらいありました。なかなか手強いルートでした。
b0037220_02124.jpg


きん
by climber-kin | 2011-07-19 00:02 | 小川山2011~2012 | Comments(21)

2011年7月13日、T-WALL東村山

人がいっぱい。それでも空いているチーウォール。薄被り壁はあまり見かけぬ人たちに占拠されていたので、大壁右でアップするが。

〇 やまぼうし、香さん、2011.6.19
・赤5級は最後狭くてできなかったが、再トライはせず。アップだからねぇ。
・緑5級はなんとか一撃。難しくないか?
・青5級は3便かかる。これ5級じゃないだろうー。
・まー、香さんは作った課題に全て5級とつけるから。
b0037220_23261739.jpg


〇 Summer Time Blues、H山氏、2011年7月5日
・黒4Qやさしめは、ホールド見落としていて、なかなかできず。見落としたホールド発見してからも足滑ったり、さらに3便かかる。
・緑4Qも、リハーサル多数ながら、なんとか登れる。
・青3Qは、ムーブばらして、解析に45分かかるが、なんとか解析できて、最後に下から繋いでみたが、中段で指よれよれで、次回へ。
・前回登った「オニヤンマ3Q」に比べると随分難しい。だけど、自分にとっては指保持力勝負のとてもよい課題。この課題登りたいなー。
b0037220_23292912.jpg


次回トライは、小夏休み後で、垂壁でヨワヨワになって、指皮なくなって、ボロボロになった後か。今週末は天気安定するとよいですね。

きん
by climber-kin | 2011-07-13 23:38 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年7月11日、T-WALL東村山

土曜日の小川山午前中雨敗退+ベースキャンプは、長時間行動で結構ダメージが大きかったようだ。濡れたシルクロードのヌンチャク回収は渾身の力を使ってしまった。日曜日は雑用が多くて、午前中しか時間がなくて、無理やりプールへ行った。開店10時にプールに到着すると券売機には子供たちの長蛇の列が。アジャパー。15分並んでようやくチケット購入できた。着替えて速攻泳ぐが、今日もプールは大混乱でした。超スローの人と速い人。平泳ぎと背泳ぎまで混じっていては、私も高速レーンで泳ぐしかないのだが、高速レーンだと、ちょっと頑張って泳がないと迷惑かけてしまう。結構疲れながら、ヘロヘロになりながら45分で1,500m泳いだ。意味があるのかないのか。まー、泳がないよりましだろう。雑用とは、テレビの購入。アナログ放送が終了するが、JCOMに入っているのでしばらく使えるはずだったのだが、この時期にいきなり、壊れてしまった。なんというバットタイミング。家電屋さんに行ってみるが、入荷は8月になるとのこと。今朝入荷したという不人気の東芝製なら今日納品かと思ったら、先約で売り切れ。それなら、最初から気に入っていた、シャープ亀山モデルLEDバックライトのスタンダードモデルでいい。ただし、入荷は8月に入ってから。他のメーカも入荷は7月末だし。だったら気に入っているテレビがいい。日曜日は昼寝2時間。雑用すませて、テレビがないので携帯で江を見て速攻爆睡してしまった。土曜日は本当疲れていたようです。400キロの往復の運転もしてるしね。そして、梅雨空けした月曜日は暑いこと。お昼ご飯に一回のミニストップは飽きたので、ちょっとセブンイレブンまで買いに行ったのだが、暑さでクラクラした。10分の往復で熱射病になるかと思った。今日は出張がなくてよかった。そして、月曜日はビパンかもというのもあったが、チーウォールへ向かった。薄被り右左とも新作はなく、大壁正面のチバタケ課題でアップした。5級、4-5級は一撃したが、難しい。3-4級はムーブ不明で早々にパスした。

〇 「オニヤンマ」、H山氏、2011年7月9日
・赤4Qやさしめ。4手目ガバアンダーマッチで左手出しが私には核心だった。上部リハーサルしておいて、気合入れてアンダーマッチから左手出しが決まって、そのまま何とか登れた。
・青4Qは、4手目赤V字ホールドのクロスマッチでてこづった後、核心の右手ガストン気味チビカチからの遠い左手出しで何度も落とされる。少し左へ重心移して足で上がれば左手取れた。そのまま完登できた。この思いっきり力のいるムーブ。なんだか新鮮だった。あきらめなくてよかった。
・緑3Qは、一番私のサイズにあってたかも、後半2度ほどリハーサルしてから、繋げてトライの2便目で完登できた。
・H山さんにしては、甘目グレードだったかもしれない。このファイル課題、みな警戒してか、私以外の人は見向きもしていませんでした。
b0037220_23433684.jpg


最後に、k"んさんのファイル課題の5級を一撃するが、この課題登りずらい。ここでアイシング時間となり終了。月曜日のチーウォールは空いているので落ち着いてトライできる。それはそれでよいのかも。

きん
by climber-kin | 2011-07-11 23:43 | T-WALL東村山 | Comments(0)