<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2011年9月29日、T-WALL東村山

最近の市民プールは22時半まで営業していてくれる。21時までに入れれば十分に泳げる。で、昨日もプールへ行ってきた。1,200m泳いだ。体幹が疲れているせいか泳ぎが乱れて何だか疲れた。不測の監視休憩で途中で切られちゃったり。10分の休憩をはさんで再度泳ぎだすと、何だか、さらに疲れを感じた。土曜日の天気予報がずっと悪かったのと金土日の外岩三連荘だったので、今週のジムトレは火木のつもりだったのだが、土曜日の予報が好転した。今日は疲れないように軽く登るだけにした。

〇 3文字のページ、オージ、2011.09.27
・OPP、赤5QとTPO、緑4Qは、前回登った。
・GTO、ピンク5-6Qは2便かかる。
・AKB、緑5Qも2便かかる。
・BBQ、青5Qも2便かかる。どれも難しいじゃねぇか。
b0037220_22335897.jpg


最後に大壁左のシブくんの3-4級を触ってみたが、最後のランジゴール取りで落とされる。熱くなって打ちまくると指の皮とられる。すぐにやめた。危ない危ない。

きん
by Climber-Kin | 2011-09-29 08:00 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年9月27日、T-WALL東村山

中二週ぶりのボルダー。昨日はレストだったが、体をほぐすために1,000mだけ泳いで来た。なんだか体幹が疲れていて、泳ぐのがしんどかった。そして、今日はチーウォール。やはりボルダーは刺激が強い。久々のボルダーに体がびっくりしてしまった。510ちゃんの正面壁の5-6級とかでアップしたら、2本の5-6級はどちらもムーブの読みが外れて落とされた005.gif。一番右の5級はなんとか一撃するが、久々のボルダーで体が反応しない。

〇オージの新しい課題、2011.09.24
・今だけスタンス、緑4級は4手目アンダーから右手出しで、小さな左足フットホールド使わなかったら3回落とされた。次の便で使ったら簡単に登れた。最初から使えばよかった。思い込みはいかん。
・俺を喜ばすな高枝切りバサミ?、赤3-4級は出だしのムーブで迷ったが、なんとか3便で完登。
・奥さん10分だけ、ピンク3-4級はゴール取り損ねて一撃を逃す。2便目で完登。
・今だけなんです!、水色3級は難しい。登れず。
b0037220_23275576.jpg


シルバーウィーク前にトライしていて、惜しかったチバタケ3級は今日も登れず。kの氏のハシゴIIシリーズは難しすぎ。最後にオージの新しい正面壁課題の5級と4級をぎりぎり登って終了した。ルートは力抜いて、力抜いてと登るのだが、ボルダーは渾身の力を出さないと登れない。なかなかスイッチが難しい。チーウォール東村山グレードだとシルクロードの核心は4級ぐらいになってしまう気がする。昔は11後半の核心が3級ぐらいのムーブだったはずなのだが、まー、ジムのグレードはどうでもいいや。強度の刺激を与えるトレーニング、トレーニング。

きん
by Climber-Kin | 2011-09-27 23:40 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年9月23-25日、小川山、シルクロードRP

「魔法の日」

三日とも秋晴れの大陸の高気圧に覆われ、絶好のクライミング日和となるはずだった。木曜の夜入りしようかとも思ったが、廻り目平は金曜の朝はかなり冷え込む予報だった。ひるんで、金曜の朝に少しだけ早めの出発にした。出発すると同時に雨だった。笹子トンネルを超えると…、やっぱり雨だった。金曜日は午前中雨。お昼ちょっと前あたりから雨が上がった。金曜日はクライミングをあきらめた人も多かったようだ。土曜日は雲一つない青空。朝は3.5度まで下がった。日曜日は知らないうちに悪い予報に変わっていたようで、昼過ぎからポツポツ。その後はガスにすっぽり覆われてしまった。

◇9/23(金)
廻り目平に到着すると、雨だった。林道が台風の雨に激しく掘られていた。雨が小降りになった隙にタープとテントを張った。手がかじかんでしまうような寒さだった。まだマラ岩は真っ黒だった。大陸の高気圧はやってきたが、冷たい空気も急に持ってきてしまったので、大気不安定となってしまった。だけど、午後からは雨が止むはずだ。今日のうちにヌンチャク掛けだけでもしたいなあ。先週はヌンチャクがかかった状態で、陽のあたる前にトライできて感じがよかった。まだまだ登れそうにもなかったが我慢できなくなって、お昼少し前にマラ岩へ向かいだしたのだった。そしてシルクロードは?下部は濡れていたが、上部は大丈夫そうな感じだった。

〇シルクロード(12b/c)、ヌンチャク掛け
先にヌンチャク掛けをすませる。M代っちも開拓王のヌンチャク掛けを済ませた。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
出だしが濡れているだけで、2p目から上は最高のフリクションだった。こんなに簡単にこのルートを登れたのは初めてだった。花崗岩特有の雨あがりの最高のフリクションだった。

(2) シルクロード(12b/c)、RP
出だしはまだ濡れている。急な温度変化に体がついていかなくて、手がとても冷たい。だけど、今日二便出すなら、そろそろ出さないと。あーまだやりたくないなぁと思いながらも気持ちの整理をつけて、14:30にトライ便をだした。湿気っぽい出だしだったが、意識的に息をしたのがよかったのか、とても楽にリズムよく抜けられた。2p目からはフリクションがよい。3p目クリップして、ガバアンダーで大レスト。さすがにアンダーはまだ湿気っぽかった。3-4p間の誰もが嫌な小核心は左手が嘘のように吸い付く。楽にこなせた。その後の小さなレストポイントは最近気づいたのだが、右手を大目に休ませるとよい。4p目をクリップしてから、ちょっと遠い左手を取って、腰を中に入れてシェーク。持ち替えてから右手右足で少し強引な左手出し。一手づつ、丁寧にシェークしながら、少しづつ進む。5p目クリップ。疲れていない!三つのホールドを使ったレストも早々に切り上げ、6p目クリップへ。そして縦の核心ムーブは、これまでにないフリクションで落ち着いて、一手づつ一足づつ丁寧にこなせる。遠い右手取りは落ちる気がしなかった。そして、先週動けなかった遠い右手ホールドはフリクションがあった。左手7p目クリップホールドまでは取れるかも?左足フットホールドを見失ったが、落ち着いて探せた。左足スメアでグイグイっと体を上げて、左手デッド!縦の核心抜けられた!いつもなら、ここで心の準備ができていなくて慌てるところなのだが、今回は何故か落ち着いていた。右足薄いエッジは少し踏み外していたが、なんとか左足を縦の核心の遠い右手ホールドに上げられた。先週思いついたレスト方法。右手を手のひらでプッシュでレスト。息を整えることができた。横トラバース開始だ。これも前々回修正した左手クラックに刺してからの倒れ込み。力をあまり使わずに成功した。体勢を整えて、右足上げて、長ヌン連結の8p目にクリップ。これも前回に修正した。少しスローピーな右手をずらして左手マッチから、足を送って右手ガストンは少し危なかった。左足ハイステップで左手シェークできた。さらにマッチで持ち替えて、今度は右手もシェークできた。遠い右手ガバカチへ手を伸ばす。まだ余力があった。落ち着いて、左手ガストンから右手カンテへ。ここでも思っていたよりレストすることができた。後は落ち着いて、スメアでカンテにしっかり立つ。これも前回しっかり覚えきったテラスへの着地。やったー。登れちゃったー!何だかちぐはぐだった歯車が、いきなり同時に全てがそろったような会心の一本でした。夏の間も頑張り続けてよかった。

奇跡のようなフリクションでした。魔法の日でした。まさかこんな日の一便目で登れるとは。縦の核心を抜けられて、そのまま右トラバースまでこなせるとは。出来過ぎた一本でした。ゴールデンウィークに3日かけて、ようやくトップアウトができ。7月から暑くてヌメヌメで全く可能性を感じないままながら、地道に触りつづけました。ヌンチャクかけたら、雨ですぐに回収という日が何度あったでしょう、お盆明けからも天気が悪く、右トラバースの練習が全然できていませんでした。みなから、秋になったらすぐに登れるよと言われていたのですが、本人はそれを全然信じていませんでした。先週、縦の核心の遠い右手が二度連続して止まり、さーこれから持久力セクションだ。これからが本番だと思っていたのです。登れてしまって本人が一番驚いています。

〇シルクロード
・この日、マラ岩に我々の他にはたいちくんとT田ママしか来ていませんでした。
・M代っちも、苦労していた開拓王。ヌンチャク掛けでハング部分のムーブを修正し、次の便は一発で修正ムーブをこなし、魔法のフリクションでスラブ帯もそのまま登ってRP。おめでとう。このルートは苦労したね。
・たいちくんも、ガンコおやじ(11c/d)のどスラブをガンコなラインでみごとにRP。
・T田ママも楽しそうにロッキーロードを再登していました。
・まさに、「魔法の日」でした。
・写真は、シルクロードと上部ロッキーロードを再登するT田ママ。
b0037220_22572678.jpg


◇ 9/24(土)
少し飲みすぎました。朝はずいぶん冷え込みました。先週までは暑い、ヌメるヌメると言っていたのに、今週からいきなり真冬です。来週からどうするか考えどころですが、今日はとりあえず、ロッキーロードを触りにマラ岩へ向かいました。

(3) レギュラー(10c)、×
岩が冷たい。寒さで体が全然動きません。指もかじかんで二か所でテンション。

(4) ロッキーロード(12a)、ムーブ探り
1p目までは、シルクロードのヌンチャク掛けにいつも掛けていたので大丈夫なのですが、その先から、どテンションでムーブ探りは左手ガストンへの飛ばしや、クロスやらいろいろ試したのですが、やっぱり左手ガストンへの飛ばしなのかなぁ。左手ガストン取った後が動けず。

(5) ロッキーロード(12a)、ムーブ探り
うーん。左手ガストンで取ってから右足上げて、右手薄いアンダー取ってから左足を送るのか。なんとかムーブはこなせたのだが、難しいなぁ。出だしは、とりあえずのムーブはこなせたので上へ行ってみることにした。クラックのレイバックセクションはカム赤#1がなんだか決まらない。いまひとつ信用がおけないがこれ以上いると前腕が張ってしまう。一つ足を上げて、長ヌンにクリップできて、ほっとする。カムは5cm下に入れるんだった。おー恐。そして、クラックからダイクへ入るところは怖くて、ヌンチャクの高さから一歩も足を上げられなかった。

(6) レギュラー(10C)、再登
下からシルクロードを次から次へとクライマーが上がってくる。エクセレントをトライしていた方がヌンチャク回収するかなと思ったら、最後に回収便を出されるとのこと。ロッキー部分はヌンチャク掛け替えるならやってほしいとのことだった。一方、H岡さんは明日もエクセレントをトライするので自分のヌンチャクを掛けたいとのこと。私は先便で怖くて何もできなかったダイクへ出る部分をトップロープで試してみたい。それを一発でやる方法と思い、レギュラーを登り、レギュラーのヌンチャクを回収して、ロープをロッキー側へ回して、H岡さんのヌンチャクを持って、トップロープでロッキーをトライしようという作戦に出た。ところが、レギュラー側からロッキー側へなかなかロープが回らず、そのうちにロープを何度も回してしまったようで、トップロープ状態にはなったのだが、ロープがやたら重い状態で何だか不安を持ちながらのスタート。なかなかロープを引いてもらえない。恐い恐いと思いながら、何とかこの便の全ての目的は達成できた。疲れた。

ロッキーロードは難しいです。と言うか、ムーブがとてもいやらしいです。だけど、岩の弱点をついた奇跡のラインです。エクセレントパワー(13a)は、12b/cと12aを繋いで13aで、グレードの足し算だけだと、なんとなく簡単そうな13aに見えるのかも知れませんが、実は全然ちがいます。難しいシルクロード(12b/c)の核心と、これまたいやらしくて難しいロッキーロード(12a)の核心を続けて繋がなければならないのです。しかも、あの長さ。最後はロープの重さとの戦いになるでしょう。とても難しく、精神力が必要なルートです。だけど、すばらしいラインとすばらしいラインを繋いだ、エクセレントなラインです。いつか登りたいです。頑張ります。

〇ロッキーロード(12a)
・まさに花崗岩を代表するようなルートです。
・出だし核心で、力入れ過ぎて、久々に深爪してしまいました007.gif
b0037220_22583439.jpg


〇シルクロードをトライするヨネヒコさん
b0037220_2259816.jpg


◇ 9/25(日)
最終日はどこへ行くか散々迷いました。結局、砦岩前衛壁へ向かったのですが、降りだして5峰へ向かったり。やっぱり、砦岩前衛壁へ向かうことに。朝は前日と同様に冷え込みました。午前中は日が照りだして、これは暖かくなるかもと思っていたら、昼からどんどん雲が上がってきて、ポツポツ雨が降るような天気になってしまいました。

(1) お手伝いします(10a)、再登
うーん。何度登っても登りずらい。

(2) 森林エスカレーター(10c)、×
3日目、疲れているのだが、このルート、今年は登っておきたいとトライしたのだが、また、中段のマントルでやれた。マントルじゃなくて、チクタクで持ち替えて、左手カンテに出せばいいんじゃん。その上も怖ぇ。

(3) 修行僧(12b)、ムーブ探り
湿気っぽかったが、前回触ったヌメヌメの修業僧よりは、かなりよかった。最初の核心手前まで、なんとか一発で行けたが、最初の核心部分のホールドは全然思い出せなかった。そして、前回一度しか止まらなかった。右手デッドは一発目のリハーサルで止まった。ダイク取りもできた。そして本当の核心は、なんだかよくわからないけど、なんとかできたのだが。

(4) 修行僧(12b)、敗退
最初の核心右手デッドは全然止まる気配なし。雨がポツポツ降ってきて、ガスが出てきては、単に左手スローパーが持てなく?なっただけ?

(5) 修行僧(12b)、ムーブ探り
ミニチョンボ棒を持って探り便。もう体がヨレヨレだ。ミウラーベルクロで触ってみた。最初の核心は止まりそうだったけど。左足が邪魔して、右へ行けない。何か違うかも。その上はさっきと違うムーブだけど、何とかなりそうな感触。このルート難しいけど、なんだかおもしろい。

三日目で、ちょっと疲れていましたが、修行僧のムーブ探りがんばってみました。ロッキーで深爪した右手が辛かったですが、なんだか楽しめました。寒くて、あまり暖かい着るもの持っていかなかったせいもあり、寒くて一日ブルブルしていました。修行僧は基本的なことをやらせられるスタンダードな花崗岩の12bだと思います。また触りに来たいです。

〇修行僧フォールのコータローの兄弟
・tsukaさんは、2便目で修業僧(12b)をみごとにRP。
・コータローの兄弟は、核心最初の右手デッドが止まらず、ワンテン天国へ。
・写真は、まさに、右手止まらずフォールしてくる兄弟。
・何故か、今日の砦岩前衛壁には6パーティも来ていた。たいちくんは、ビッタ第2登?おしかった。
b0037220_2259566.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-09-25 23:12 | 小川山2011~2012 | Comments(22)

2011年9月17-19日、小川山

「縦の核心、遠い右手は止まったけれど?」

当初は土日で小川山の予定だった。殆どの天気予報は土曜日は絶望的な予報を出していたのだが、ある天気予報だけは終日曇りで朝は強風が吹く予報だった。曇りで強風が吹けば、あっと言う間に乾いてくれるに違いない。午後から登れるかも。そんな都合のよい期待を持って予定通り小川山へ入った。結局、土曜日は終日雨ザーザーでした。日曜日は晴れ時々曇りの予報だったのですが、じっと我慢できず。土曜日は行ってしまいました。

◇ 9/17(土)
午前中に雨さえ止めば、風が強いのでヌンチャク掛けぐらいできるのではないだろうかと午前中はずっと、テントでフテ寝をしていたのですが、どうも雨は一向に止む気配はありませんでした。私はレストで昼から酒でも飲んで早々に就寝でよかったのですが、約1名、どうしても我慢できない人がいて、あそこへ初めて行ってしまいました。

〇オンサイト
・10a数本。10b数本で新品のミウラーベルクロの足慣らしをしました。
・その後少しだけボルダーを。他の4級は難しくなかったのだが、青×だけは異常に難しかった。一つホールドシールがはがれているのかも。
・2年前にYき君が設定したとのこと。
・Sみさんスクールが登っていました。久しぶりにヨシエさんに会いました。
・誰かさんは、人生初の2級を完登して喜んでいました。調子に乗って、明日のことも考えず、登れそうな3級とかも打ちまくって2本も完登していました。
・私は明日があるのに、ウィスキー飲みすぎました002.gif。20時就寝。
b0037220_23503675.jpg


◇ 9/18(日)
朝方まで雨が降っていたので午前中はダメかなぁと思いながらマラ岩へ。一便目は下部が湿気湿気でしたが、二便目からは乾いてきました。雲一つない晴天でしたが、昼からは岩はあまりヌメることはなかったのですが、直射日光で体は暑くてたまりませんでした。

(1) レギュラー(10c)、MS/再登
まだ湿っぽくて、力いっぱい登ってしまった。降りてきたころから、いい風が吹き始めた。

〇シルクロードヌンチャク(12b/c)掛け

(2) シルクロード(12b/c)、×××
新品のミウラベルクロで挑戦。出だしで湿り気味のホールドで足がツルりと滑ってから、もうダメ。力入りまくりの手登りになってしまった。核心手前の6p目をクリップしたところで前腕がパンパンに。テンション。

(3) シルクロード(12b/c)、××
ホールドはまだ熱くないのだが、背中が暑い。岩がまぶしくてフットホールドがよく見えない。だけど、今度は結構いい感じで縦の核心へ突入できた。遠い右手取りは? 立ち上がろうとしたら、左手がスッポ抜けた。

(4) シルクロード(12b/c)、××
17時過ぎ。日が沈んでからトライしてみた。背中は暑くならなくなったのだが、まだホールドが温かい。どうせならもう少し待った方がよかったかも。新品のベルクロにも少し慣れてきた。結構順調に核心へ突入できた。遠い右手が目の前だ。取れるかもと慌ててしまった。立ちきる前に手を出してしまった。あーあ。

◇ 9/19(月)
日曜日に帰るつもりだったのだが、天気予報が急転して月曜日も晴れ時々曇りの降水確率20%へ好転した。もう一日残ることにした。食糧もなく、ナナーズへ買い出しに出かけた。買い出しに出かけるとやはり時間がかかる。簡単なレトルトカレーを食べて、2110に就寝した。

(5) 屋根の上のタジヤン(9)、MS/再登
朝いきなりレギュラーでアップはどうも疲れてしまう。どうもレギュラーは難しい。二日目だし、作戦変更してみた。バランシーなスラブでアップしてみた。だけど、このスラブ、久々に登ると難しぞ。ランナウトしてるし。

(6) シルクロード(12b/c)、×、縦の核心遠い右手止まる
昨日からヌンチャクを残置したままだった。今日は涼しいうちに2便トライしようという魂胆だ。アップ不足が少々不安だが9時に1便目を出す。まだまだ靴の硬さが気になるが、順調に5p目まで到達する。昨日より始めた3つのハンドホールドを使ってのレスト方法。あまり長居をしないで6p目クリップへ入る。そのまま縦の核心へ。そして、遠い右手は? 今度はしっかり立ちきってから右手出し! 止まった! 左手中継の薄薄水平ゴミホールド取って左足を極小ホールドに乗せて、あれっ?体が動く気配がない。フォール007.gif

(7) シルクロード(12b/c)、×、縦の核心遠い右手止まる
11時に2便目を出すが、もうルートにはサンサンと日が当たりだしてしまっていた。前腕は既にピシピシ痛い。だけど、靴が少し馴染んできていた。二日連続でトライしているのでリズムもよかった。そして、縦の核心は? 遠い右手は今度も止まった! 左手中継の薄々水平ホールド取って、左足を極小ホールドに乗せて、うっ! 今度もやっぱり動けない。またまた同じところでフォール。あっ、そうか、下から繋げると右手が良いところより少し下を保持していて、持ち直さないといけないのか039.gif

(8) 帰ってきた開拓王(11c)、敗退
もう今日はシルクロードは厳しいだろう。指皮が全然ないし。ヌンチャク回収とムーブ固めで触ってみたのだが、第1核心どころか2-3p間の細かいホールドが保持できない007.gif。すまん。回収すると言ったのに。

(9) シルクロード(12b/c)、××
もう、どのルートもダメなようだ。ワークアウトのつもりで、もう一便出してみる。縦の核心は遠い右手取りの体勢までは入れたが、そこまでだった。

ついに、縦の核心の遠い右手が止まりました。だけど、私はみなが使っているフットホールドではムーブを起こせず、私には十分に狭いのいですが、結構下の方のフットホールドを使っています。そのため遠い右手取れてもパツパツで次の7p目クリップの左手ガバカチ取りを難しくしています。今日は、ついに遠い右手が止まったのですが、その次の左手ガバカチ取りは、全然動けませんでした。右手取った後に持ち直しが必要なようです。そして、ここから始まる右トラバースは、前腕がパンパンになってしまいます。最も苦手が持久力フェーズへ入ってきました。ようやく、スタートポイントに立てたようです。引き続き、がんばります。

〇エクセレントパワー(13a)をRPするてっちゃん(18日)
・かんかん照りなのに、余裕のRP。力あるなぁ。おみごとです。
b0037220_23512779.jpg


〇スペシャリストをトライするマチコちゃん(18日)
・このルート、どっちが上か下かよくわかりません。
b0037220_23523189.jpg


〇エクセレントパワーをトライするT田ママ(19日)
・炎天下の中、この長いルートを1日3便?凄い体力です。
b0037220_23541825.jpg


〇ガンコなライン(11c/d)を追及するたいちくん(19日)
・こだわりのラインで登りたいとのことです。
b0037220_23553113.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-09-19 23:59 | 小川山2011~2012 | Comments(2)

2011年9月14日、T-WALL東村山

昨日の今日、二連荘なのだが同じ顔が多数。みなさん毎日登っているのでしょうか。話が戻るが、昼休みに池袋駅まで明日の大阪出張の新幹線の切符を買いにでかけた。帰りにコージツでもみてこようかなと歩いていると、「Dr. ストレッチ!5分間ストレッチ無料」と呼び込みが声を上げていた。無料?ならうけるかと、実際はもう少し長かった。人にストレッチしてもらった。気持ちがいい。右肩をほぐしてもらったのだが、結構可動域が広がったような気がする。これはクライミングへの影響ありかもと期待してチーウォールへ向かったのでした。

〇 「ファースト」ラードマン、6級、8/27
・ラードマンって、あの伝説のラードマンなのでしょうか。思わず、この課題トライしちゃいました。本当のラードマンだったら、私のこと覚えているかなぁ。
・ゴール取りで、ハリボテに体がひっかかるわ、狭いわで、なんと、5便かかりました。アップとして丁度よかった。
b0037220_2338102.jpg


〇 「Dream Lover」、H山氏、2011年9月11日
・赤4Qは、二手目直接スタートから取って、左手足ジャンプで咄嗟にランジ!止まった!一撃。
・青4Qは、ゴール取りデッドで一回落とされる。二撃。赤4Qと同じような感じだった。
・黒4Qは、読み通りで一撃で登れる。
b0037220_23402660.jpg


〇チバタケ、H23.8/3、青3Q
・青3Qは、出だしはなんとかなりそう。赤スローパーから青スローパーへは、赤スローパーの上のサイドカチホールドは私には使えない。この部分のムーブ解析で30分はかかった。
・でっ、RPトライは出だしができない。出だしが安定してきたところで、核心の赤スローパーへの右足のヒールフックが体がよれて、できない。
・結局登れず、次回の課題に。チキチー。
b0037220_2344535.jpg


Dr.ストレッチの効果はあったのか。M代っちに見た目には、成果はでなくても、ボルダー絶好調のボルダーおじさんに見えたらしい。ストレッチの効果あったのかも?041.gif

きん
by Climber-Kin | 2011-09-14 23:48 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2011年9月13日、T-WALL東村村山

AKBビパンができて、荻パンが空いているという噂をきいた。ビパン行くかなと思いながら帰りのめんどくささを感じて、やっぱり今日もチーウォールへ向かった。

〇 鴨汁つけうどん、H山氏、2011年9月7日
・赤3Qの後に3Qが二本追加されていた。
・黒3Qは、出だしリーチ有利で一撃できた005.gif
・青3Qは、赤ホールド右手から左手が止まらず、ピンチ+ピンチの保持力を求められるところでヘビーな私としては、ピンチ苦手で苦戦する。だけど、こういうのをこなさなくてはと。ガンバルができず。ドイチェさんとかにもアドバイスをもらったが、やはりできない。悔しい021.gif。やっぱり保持力か。
・赤3Qは、青デカホールドの穴に指がホールインワン、なかなかできない。でかい奴はど正対でデッドになってしまう。そして、ついに止まったと思ったら次のホールド間違えてNG。そして、今度は青デカホールド穴になかなか指が入らず。何便だしたかわからないほど出して、ようやく、完登できた003.gif
b0037220_23221618.jpg


次の長手もの課題、ヨワヨワ11の手順を覚えようとしたが、なかなか覚えられず。今日はトライせずに時間がきてしまった。最後に先日登れなかった。銀ダコ赤3Qを触る。多分キャンパっぽく右手出すんだなとわかるが、緩めて握る。それに筋肉の速さがついていかない007.gif。歳とると筋肉のスピードがなくなるんだよね。

きん
by Climber-Kin | 2011-09-13 23:25 | T-WALL東村山 | Comments(0)

さらば、C-3030ZOOM

長い間使ってきたオリンパスのC-3030ZOOMでしたが、ここに来て不調がさらに進んでしまいました。液晶はわれてからはファインダーしか使えず(これは電池消耗対策でよかった)、CFカードを認識できなくなったり、閉めているのにカバーオープンのワーニングが出たり。ごまかしながら何とか使ってきたのですが、もう限界のようです。充電式電池ではないので電池代がバカにならないこともあり、デジカメも随分安くなったので、買い換えることにしました。先週から新しいカメラで撮影し始めました。

〇 オリンパス C-3030ZOOM
・2000年の販売です。もう11年使っていたことになります。
・きんブログの写真は、このカメラで撮ってきました。ジムのファイル課題の写真は携帯ですけど。
・古いカメラでしたが、画質は気に入っていました。
b0037220_1321599.jpg


〇 オリンパス SZ-20
・SZ-30MRもよかったのですが、光学24倍ズームとマルチレコーディングはいらないだろうと、販売価格で¥8,000円ほど安いSZ-20にしました。HDムービーも30分まで撮れます。
・使い始めましたが、Auto/Pモードでは、なかなか露出が思った通りになってくれません。
・前のカメラでは、Pモードでしか撮っていませんでしたが、練習して、もう少し使いこなせるようにするかな。
b0037220_13223578.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-09-13 12:50 | クライミングギア | Comments(4)

2011年9月11日、T-WALL東村山&プール

昨日は、汁苦ロードを3トライしたのだけれど、被っていないルートは指の疲れは感じるが体への刺激はいまひとつなので、どうしようかなぁ。チーウォールへ行こうかプールへ行こうか迷った。ならば、どっちも行こう。まずはチーウォールから。

〇 kの氏、目追いのページ、2011年9月
・最近日曜日の常連、修行僧OhNoさんが、やってみてと言うのでトライする。
・青5Qは、読み通り、青スローパーから緑足が遠いが一撃できた。
・赤5Qは、途中足ブラになってしまったが一撃。
・紫5Qは、一手目だして足踏み替えで左足壁の下に入ってしまって落とされてしまった。先に左足スメアしてから右足ホールドに載せないと。2便かかる。
・ピンク4Qは、ムーブわからず、リハーサルして解決。左足スタート穴に刺して、左手アンダー左足軸でオレンジホールド取りか。次の便で完登。
・緑3-4Qは、狭いぞ。みんなにも狭いらしい。紫アンダーから右足はホールドに乗せずに、壁スメアでドリャーらしいが、できず。
b0037220_1672375.jpg


〇 T-WALLオージ、パワーK、2011.8/14
・銀ダコソースカツ味、赤3Qを先に触るが、核心が一手に凝縮されていて難しい。
・青3-4級は、簡単に4手目まで行けるが次の右手デッド取りでホールドに指4本かからずに何度も落とされてしまう。5便目ぐらいでようやく完登。
・赤3Qに戻って、4トライしてみたが、ゴールに後2cm指が回らず。次回元気な時かな。
b0037220_168626.jpg


〇 H田氏アップ課題、サヤマコメグリ(11b)、Day 4、RP
・2時間半経過。最後に2便出してみようとトライする。
・1便目はやはり、一週回った後の紫部分の核心で落とされる。
・5分休んで、2トライ目。今度は余りレストをしない作戦でやってみた。カラタイマーが点滅する前に核心を抜ける作戦だ。RP。
・32手。設定者のH田さんの説明では、一挙に抜けられてしまうこの手数では、持久系には入らないらしい。次はオッシーの11cか。これも持久系ではなさそうだが。
b0037220_169207.jpg


店番してた松Qくんに登りやすい2Qはないかと来週の課題のために聞いてみた。登りずらい5Qから3Qは沢山知っているが、登りやすい2Qはないとのことだ。確かに(笑)。それで、オカノ2Qを物色してみたのだが、やっぱり2Qは難しいなぁ。一度家に帰り、軽く雑用(掃除)の続きをすませ、今度は柳泉園プールへ向かった。1時間で2,050m(多分)を泳いだ。相変わらず、前半は1キロ25分ペース(全然遅いとと思う。泳ぎが下手です)で、後半はバテバテ。最後はクールダウンになってしまった。20分1キロペースで1時間で3キロは遠いなぁ。まぁ、それは体力的に頑張るというよりは、泳ぎをうまくして、力使わずに速く泳げるようにするというのが正しいアプローチのような気がする。クライミングと共通しているような。

きん
by Climber-Kin | 2011-09-11 16:09 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年9月10日、小川山マラ岩

久々の晴れの予報だったが、太平洋高気圧から湿った空気が流れ込む天気予報だった。予報通り、気温も高めで朝から湿っぽかった。スペシャリストの洞穴は午後結露してしまったようです。夕方から雨かもという予報ははずれて助かりました。今日も練習かと気楽にやってきたのですが、久々のシルクロードは、やはり手強く緊張してしまいました。

(1) レギュラー(10c)、MS再登
濡れていないこのルートを久々に登ったのだが、ガバが遠くて難しい。必死になって登った。

〇 シルクロード(12b/c)、上からヌンチャク掛け

(2) 汁苦ロード(12b/c)、××××
久々の花崗岩は足に戸惑う。しかも、湿気っぽい。核心手前でレストしていると、どんどん前腕が張ってくるぞ。核心近辺のホールドのマーキングが雨に流され一切消えている。右手デッド先のホールド間違えてフォール。トップアウトするが、6p目から各停でボロボロ。汗まみれで手汁がひどく、ホールドがヌメヌメです。指皮がないからか。

(3) シルクロード(12b/c)、××
2便目は14時過ぎに回ってきた。午前中に出した便よりは少し湿度が下がって、足も慣れたのだろう。湿気っぽい割には少し余力を持って核心へ入れた。遠い右手は?5cm届かず。しまった!重心を右へシフトしなかったから、腰が落ちたままだった。7-8p間リハーサルは左足が同じ場所で3回滑って落ちた。8p目は、汗だくのせいか、ホールドがヌルヌルで恐くてクリップできなかった。終了点への着地も怖くてできず。

(4) シルクロード(12b/c)、×××
16時半。涼しくなってきたのだが、夕方は湿度が上がる。今回も少し余力を持って核心へ入ることができたのだが、左手スッポ抜けてしまった。7-8p間リハーサルはやっぱりボロボロ。このセクションは改良の余地が多い。やっぱり、H岡さんの助言通り、左手クラックガバから無理クリしてから行くかなぁ。トラバース中段まで行ってから8p目クリップだと、本当はその方がトータルでは楽なはずなのだが、ランナウトで怖くて力が入りすぎてしまう。

約1ヶ月ぶりの汁苦ロードは、まだ秋の気配がありませんでした。6-7p間の遠い右手はもうすぐ止まるかもという期待は感じましたが、全体的には余り進展もなくて、「登れるのかなぁ、このルート」と弱気になってしまいました。それと、シルクロードのために買ったミウラベルクロの右足のソール、早くも、つま先部分がほとんどなくなっていて少しはがれていたのですが、今日の3トライ目にはがれたゴム部分が切れてしまい、掻き込めないシューズになってしまいました。ピンチです。来週までに汁苦トライ用シューズを何とかしないと。

〇今日のマラ岩
・朝早くから、何やら研修をしているような大集団がいました。妹岩を懸垂下降しては、何だか盛り上がっていました。警察関係?いや、その割には腹は出てるし、弱っちく見えました。仕切っていたスタッフっぽい女性に思わず聞いてしまいました。研修ですか?「そうです。」警察関係の?「いえ、一般企業のリーダー研修です。」ビジネスか~。多分一人あたり数万円。20人以上は軽くいたような。トータル費用は百万円を超えているのではないでしょうか。
・マラ岩はこんでいたような、混んでいなかったような。シルクラインは5~6人?3トライしかできませんでした。シーズンに入るともっと混むのでしょうね。次回こそ進展させたい。
・写真は、エクセレントパワーをトライする「てっちゃん」。2便目は惜しかった。てっちゃん、早く抜けて!(笑)
b0037220_034741.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-09-11 00:07 | 小川山2011~2012 | Comments(8)

2011年9月7日、T-WALL東村山

昼間はまだまだ暑いのだが、空気が変わった。秋の雰囲気が少ししてきた。冷房の効いたチーウォールの中で扇風機の風にあたると寒い。チーウォールに到着すると、H山さんが薄被り右壁で易しい課題を作っていると言うのでアップがてら触ってみたのだが。

〇「八王子ラーメン」、H山氏、2011年9月7日
・青5Qは、核心青色脳みそホールドから右手出しなのだが、落ちそうで左手飛ばしてしまった。インチキムーブで一撃。
・赤4Qは、出だし核心の青スローパーマッチから右手出しがなかなか止まらない。狙う場所を右よりスローピーなところではなく、左よりの出っ張った方を狙ったら止まった。そのまま完登する。
・黒4-5Qは、お手本見ていたので、そのままのムーブで一撃。
b0037220_23313915.jpg


〇 「COFFEE&TV」、H山氏、2011年8月15日、赤2-3Q
・先週から触っているオージの3級は赤スローパーへのランジではなくて、右足ハイステップで赤スローパー取りかもと、そこだけトライするが、そこだけでもできず。指皮がなくなってきたところで別課題へ移る。
・でっ、今日もちょっと難しい課題、H山2-3Q。
・青デカスローパーから、右手黄色アンダーホールドはいきなりアンダーには持てない。一旦上側持ってから、青デカスローパーを少しだけえぐれているサイドに持ち直して、右足上げてから、右手をアンダーへ持ち替える。左足を青デカホールドにヒールフックして、黒かまぼこホールド取りでムーブ解決。次の便で完登できた。やったー!
b0037220_23323884.jpg


そして、最後の長ものトライの時間帯。「サヤマコメグリ(11b)」をワントライするが今日も登れず。と言うか、赤2-3Qで力出し尽くしたか、核心全然力出ずにフォール。帰りのビールじゃないや。発泡酒がうまい。最近、週末が天候不順でジム続きで指皮が全くなくなってしまった。テカテカのすべすべ。今週末の久々の外岩は大丈夫か?008.gif

きん
by Climber-Kin | 2011-09-07 23:55 | T-WALL東村山 | Comments(0)