<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年11月26-27日、太刀岡山

「遠のいたカリスマ」

勤労感謝の日のトライから中二日で週末を迎える。土曜日は今冬一番の冷え込み。日曜日は少し暖かくなる予報だった。激しい睡眠不足でトライした先日だが、そのまま週末へ突入。そこで考えた。寒い土曜日は抑え目にトライする。そして、土曜の夜によ~く寝て疲労を回復させて日曜日に本気トライだ...の目論見だったのだが。

◇25日(土)
いつもの時間に駐車場に到着するが寒っ。アプローチの急登で体が温かいうちにヌンチャク掛けだけ済ませるが、その後は寒すぎて、一便目を出したのは結局12時過ぎだった。

(1) ハッピーバーボン(?)、再登、ヌンチャク掛け
(2) バーボンバースディ(?)、完登
(3) カリスマ(13a)、×、リップ取り手出せず、ムーブ変更
(4) カリスマ(13a)、×、リップ取り体勢になれず

◇26日(日)
今日は暖かくなる予報だったのだが、明け方はずいぶん冷え込んだ。岩は下部は終日冷たかったのに、日の当たる上部だけは午後からヌメるほど岩が温かくなっていた。午後からも気温はそれほど上がらなかった。

(5) バーボン片手に(10b)、再登
(6) やばいから逃げます(10a)、再登
(7) カリスマ(13a)、×、リップ取り体勢になれず
(8) カリスマ(13a)、4-5p間で落ちた

土曜日夜によーく寝て回復させる計画は大失敗に終わった。土曜日は二便しかださなかったものの今冬一番の寒さに岩場にいるだけで消耗してしまったようだ。それに岩が冷たくてホールド握りしめてしまった。岩が冷たいと感覚が薄いからだろうか指のいたるところで出血だらけになってしまった。日曜日は一便目からヨレヨレだった。一方で、6p-終了点のムーブを修正した。多くの人がやっている右足ヒールでリップ取りムーブだ。リップ取りまで足数が増えるがこちらの方が現実的な気がしたので変更した。さらに、5p目クリップと左手レストさせる右手穴ガバホールドの持ち方なのだが、どうも11/5以降のトライからおかしくなっていたようだ(11/5のトライでは6p目到着地点でもう少し余裕があったのだが、6p目到達時点での余裕が、どんどんなくなってきているような気がしていた。)。きっと、このせいに違いない。余裕がなくなってきたのは寒くなったせいじゃないよ。そう信じることにしよう。二か所修正できた。次回もがんばります。だけど、来週末の天気がまたまた怪しいぞ008.gif

〇今週の太刀岡山
・太刀岡には宿題持ちクライマーしかこなくなりました。この寒さじゃ当然でしょう。
・そんな中、M下さんがついに、カリスマ(13a)をRPしていました。余裕の登りでした。おめでとうございます。
・写真はスーパーラットをトライするM子さま。
b0037220_02244.jpg


〇日曜日帰り恒例の渋滞
・日曜日は食べるところがどこも満員でした。行き着いたのは「孫悟空」でした。そしたら、MOTさんとおKEIさんがいました。幕岩方面は来週でゲートが閉まるようです。おKEIさん、「アラポテト」ガンバです!
・いつものように、お風呂入って、ご飯食べて、その間に洗濯して。高速乗ると25km渋滞。釈迦堂PAで「江」の最終回を見てから21:30に釈迦堂PAを出発。22:30に国立ICに到着でした。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-28 00:25 | 太刀岡山 | Comments(8)

2011年11月23日、太刀岡山

小さな会社では大きな案件があるとミッション外の仕事でも巻き込まれてしまいます。そもそも小さな会社では個々のミッションなんて定義されていないのです。なんでも屋です。で、前日は、人の担当の仕事のお手伝いのはずが、うまくいかないため、その案件のベンチマークテストをしていた都心の某大手メーカ検証センターからなかなか帰れず。結局、睡眠時間が3時間になってしまいました007.gif。日曜、月曜とよく寝たから大丈夫ということにしておこうと自分をだましながら、今日も元気?に太刀岡山へ向かったのでした。

(1) ハッピーバーボン(?)、再登、ヌンチャク掛け
寒い。迷わず、焼石使った。

(2) カリスマ(13a)、×
岩が冷たそうだった。11時半まで待って一便目を出す。やはり焼石を出した。焼石のお蔭でそれほど冷たく感じることもなく、ムーブ核心の4-5p間を通過する。5-6p間も無事にこなして、6p目クリップして、右手中継ホールドを取ったところで右手がよれていることに気付かされる。右手三角形ピンチ持ちホールド取って、リップの一つ穴ホールドははるか遠くに見えた。右手引付力なくて腰が全然上がらず。

(3) カリスマ(13a)、×
今度も同じだった。6p目クリップしたところで、もう右手ヨレヨレ。全く同じく、左手リップ一つ穴ホールドは届く気配なし。

(4) カリスマ(13a)、××
今日は前腕の回復が遅れ気味だった。3トライ目に至っては、最初から息が上がり気味。なんとか5p目までは到達したが、左トラバースはこなせず、フォール。

前回までの最終便や二日目での最高到達地点更新とか。スタミナがあった自分とは別人のようなトライになってしまいました。各トライの間に前腕は回復せず。3便目はもうヨレヨレでした。やはり睡眠不足はスタミナと持久力に多大な影響があるようです。1トライ目と2トライ目とも、6p目クリップしてから、リップの指穴一つホールドは遥か彼方に感じました。二便とも全く同じ個所で力つきました。前回は、ここでまだ少し余力があったので、みながはまっている、リップ取りワンテン地獄に自分ははまるまいと期待していたのですが、私も、まさしくその状態になってしまったようです。これからが勝負のようです008.gif。まっ、安定して4-5p間はこなせるようになったということで、次回も頑張ります。あー次回も睡眠不足のトライになりそうです。まー、祭日、週末休めて、クライミングへ行ける。それだけで幸せなのです。感謝です。

〇今日の太刀岡山
・なかなか成果のでない、どよよ~んとしていた太刀岡山から久々の吉報です。
・写真はカリスマ(13a)をトライするkの嬢。次の便でみごとにRP。おめでとうございます。
b0037220_2215557.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-11-23 22:29 | 太刀岡山 | Comments(8)

2011年11月19日、雨、紅葉の二子山

土日とも雨の予報から土曜大雨で日曜晴れの予報に変わっていた。日曜日に太刀岡山へ変更するかなとも迷ったが、このパターンのコンディションはどうかなーと確実に登れそうな土曜に二子にした。1ヶ月ぶり、今シーズン2度目の二子はやはり雨でしたが、終わりかけた紅葉を少し楽しむことができました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
新しいドラゴンレースを慣らすためにおろしてみた。何だか登りにくいぞ。石灰岩への違和感と新しいシューズへの違和感とダブルだからか。

(2) 高く登れ(10b)、再登
同じ10bでも、こちらのルートは登りやすい。

(3) バイパス(10a)、再登
出だしのガバホールドが動いていて落ちそうだ。テーピングで×ってんしてある。このホールド使わないとなると結構出だしが難しくなる。無理やりムーブで落ちそうになった。

(4) 穴のムジナ(12c)、ムーブ探り
穴ムジにヌンチャクが掛かっている。このキワモノ?ルートに残置ヌンチャクする奇特な人は誰だろう? ミッキーだった。ヌンチャク掛け便をださなくて済む。ありがたい。で、早々にムーブ探り便を出す。第3核心はムーブ改良できたのだが、第1核心ムーブがまだ思い出されてこないのだ。第1核心が難しい。3シーズン前は何十回もこなしていたのに、おかしい。指がよれてきてしまったので、第1核心ムーブが終わったところから上部を繋いでみる。第3核心で落とされた。

(5) 穴のムジナ(12c)、ムーブ探り
とりあえず、下から繋げてみたのだが、第1核心で落ちてしまった。右手持ちづらくて力が入らない。少し右手穴を触っていた。そうか、持ち方が違っていたのか。少し下からリハーサルしてみた。できた004.gif。なるほど。

(6) 穴のムジナ(12c)、××、ツーテン
下から繋いでみる。第一核心止まるとおもったのだが、少し腰が壁から離れていた。もう少し左足で立ってから、右足左足バックステップか。それと、ここは「うっ!」と力を入れないといけない。第1核心少し下からリハーサルしてみた。第1核心は一発でできた。さらにムーブを繋げてみた。第2核心は左手抜けそうだったが何とかこなせて、第3核心手前のレストは前腕張っていなかった。第3核心もこなせるかもとムーブを起こしたら左足が滑って落ちてしまった007.gif

(7) 穴のムジナ(12c)、×××
4便目は指と体幹が終わっていた。

登れることは登れるのだが、時たまガスに覆われたりと、コンディションはいまひとつだった。しかし、そんな言い訳がましいことが通じないような、みごとな完登がいくつもあった。強い人は登れるのだ。そして、今シーズンの二子ですが、まだまだ通い始めるわけではないのですが、太刀岡山が雨でNGな日に、まめに二子へ行っては、12月一杯までは穴ムジをトライしてみようと思っています。寒くなってRPトライ者が減る1月を任侠道のムーブ練習にあてたいと思っています。その穴ムジですが、前回と今回の触りで、第3核心の左足フットホールド変更で、もしかしたら今年は登れるかもしれないという淡い期待を少し持ちだしたのでした。ただの妄想かもしれません。

〇 今日の二子山
・紅葉のピークは少し過ぎたか。晴れていればハイカーがたくさんきたのでしょう。
・雨になると二子へやってくるパーティが何組も来ていました。
・カランバのA山さんのお連れの方がペトをRP。ポップS木さんがSVPをRPしていました。おめでとうございます。
・M代っちのおいしいよは、指が故障中なのに、今シーズン初トライでいきなり初のワンテンに持ち込んでいました。前進です。ガンバ!
b0037220_23541746.jpg


〇 唐獅子核心の一手のぜ兄ぃだぜ!
・何故か赤いTシャツを着たぜ兄ぃが三人登ってるぜ037.gif
・写真は、唐獅子の核心のぜ兄ぃだが、いい感じでタメ作ってるぜ。
b0037220_2353449.jpg

・体が少し壁から離れたか。ぜ兄ぃ、参考にしてくれ。って、ブログ見てねぇか。
b0037220_11321365.jpg


〇禁断のホワイト餃子
・ホワイト餃子、はながさ日高店。8ヶ月ぶりに行ってしまいました。
・お店の近所に住んでいるイッチーが興味を持っていました。
・うまい。これで太っても本望。明日からダイエット再開だ!説得力なーい。
b0037220_2352961.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-11-20 00:00 | 二子山'11-'12 | Comments(10)

ビデオ

デジタルカメラをオリンパス3030Zの調子が悪くて、オリンパスSZ20へ買い替えたのだが、このSZ20はフルHD録画機能がある。岩場で自分の登りも、ムービーで撮ってもらえるようになった。そこで問題なのが、ビデオの最終形態だ。SDカードは32GBを入れたので、フルHDで撮影しても210分は録画できる(カメラの場合、1回の最大撮影時間が30分と言う制限はあるがクライミングを撮影するとしては問題ないだろう)。週末のクライミングシーンを撮るには十分な容量だろう。しかし、フルHDの映像をリアルタイムで再生するには、今はカメラから直接テレビへ出力する手段しかない。SDカードにずっと残しておくわけにはいかない。今使っているPCの能力では、リアルタイムで再生できるのはDVDレベルまでだ。フルHDの映像ファイルは今のPCではまともに再生できないのだ。車のカーナビも、DVDは再生できる。よって、現在のリソースでのソリューションは、次になる。

フルHD映像->PC->MPEG4ファイル-(映像変換)->MPEG2(DVDスペック)->DVD-R

この映像変換に、AVS4YOUをダウンロードして試してみた。MPEG2へ変換後、以前から持っていたDVDitでDVD-Rに焼くことができた。カーナビで再生も成功。ただし、音に定期的なインターバルでノイズが入っていた。音の問題は残っていたがDVDまで変換できたので、とりあえず、ライセンスを購入した。このAVS4YOUだが、お試し版だと、映像にロゴが入るのだ。その後、何故、音にノイズが入るのかなぁと考えていたのだが、もしやと思い、MPEG2へ変換する際に、サンプリング周波数を48KHzから44.1KHzにしてみた。ノイズは消えていた。なるほどね。AVS4YOUは、映像変換の他にビデオエディターも付いていた。ビデオを理解していなかった撮影者がカメラのように縦長で撮影してしまったスーパーラットのRPビデオを90度回転させてDVDに焼いてみた。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-17 00:01 | クライミングギア | Comments(2)

2011年11月16日、T-WALL

午後から出張、直帰で18時にチーウォールに到着する。kの氏の初心者向け課題でアップして、薄被り左に沢山新作があった。若様の4級ではまる。フランスパンホールドでアンダーに返せない。適当なところでやめて、kの氏の新課題にトライする。

〇kの氏、2011.11/15
・ピンク5Qは、出だし左手3手目で右手がスッポ抜けて落とされまくる。左サイドでなくて、上側を持てば右手がスッポ抜けないのね。そのまま完登。
・青6Qは、一撃。
・青3-4Qは、出だしで苦労するが、スタート土星ホールドにニーバー少し入れて、黒ハリボテホールドを持ち直す。そのまま完登のはずが、ヒールはずれてもう一便かかる。
・ピンク3-4Qは、スローパー右でヒールして、左手保持して、右手アンダーは悪い。右手いきなり次のホールドへ出すが止まらず。右手アンダーで腰を上げておいてから右手飛ばしが正解のようだ。今日は登れず。
・緑2-3Qは、最後だけ悪い。最後のムーブを散々リハーサルして、ついにわかったところで、下から繋げたら、指皮なくなっていて、指汁まみれになってしまった。登れず、悔しい。
b0037220_23484323.jpg


最後に大壁左のオージ4級を触ったが、体が終わっていた。意地になって、3トライしてみたが、やはり終わっていた。4時間打ちまくった。やりすぎたか?まー週末は雨みたいだし、関係ないかも。週末雨予報で元気でな~い。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-16 23:56 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年11月12-13日、太刀岡山

金曜日は結構な雨が降ってしまった。午前中は濡れているだろうけど、午後からはトライできると信じて、土曜日に太刀岡山へ向かった。想像以上に雨が降ったようだ。リップから上はびしょ濡れで、ラットの終了点の大穴には、たっぷりと水が貯まっていた。正面の壁以外は絶望的な濡れぐらいだった。

(1) ハッピーバーボン(?)、再登、ヌンチャク掛け
最初から最後までびちょびちょで怖い。

(2) カリスマ(13a)、×
11時過ぎまで待った。前半はそれほど湿っぽくなかったが少し冷たかった。なんとか5p目クリップまでいくが、ホールド持ち損ね多数でここまでだった。

(3) カリスマ(13a)、×
4-5p間で落とされてしまった。リハーサルしてみる。うーん。そうか。腰をしっかりいれて左手寄せはそうなのだが、右手持ち直しで親指を下の穴にひっかけると、手前に引く力が増えてよいのか004.gif

(4) カリスマ(13a)、×
先便の4-5p間の安定化のヒントで今度は順調に5p目まで進む。そして、左トラバースは、左手アンダー刺したところで、右手がスッポンと抜けてしまった。ヌメッていたように感じた。何故だ?その理由は翌日わかることに。

午前中の状態が悪かったせいで、3トライしかできなかった。日曜日は小川山へ行く予定だった。カリスマの二日目は期待できないだろうと思いながらも、土曜は満足できるトライできなかったし、希望者もいることなので、そのまま太刀岡に残ることになった。

◇ 13日
NHK杯を見てから就寝。真央ちゃんの滑りは別格に見える。SPの失敗が残念だったと思いながら21時半に就寝。眠いが、今日は混みそうだ。6時に起床した。それでも、岩場には3番手だった。

(5) ハッピーバースディ(11a)、再登
混雑しているアップルートの隙まに登らせてもらう。

(6) カリスマ(13a)、×
少し気温が緩んだ11時前に出す。昨日確認した4-5p間は無事通過する。5p目で7秒レストしてゴー。左トラバースはいい感じでムーブが流れた。6p目クリップも少し余裕でクリップできたような気がしたのだが。右手を三角形ピンチホールドへ送って、左足右足と決めて、左手をリップの一つ穴ホールドへ、あれ?マーキングしてたはずだが見失っていた。穴がないところを掴んでしまった。腰が少し落ちていた。持ち直せず。うっ、繋げてくると、この一本指穴ホールドへホールインワンは難しい。

(7) カリスマ(13a)、×、ワンテン
今度も順調に、4-5p間をこなして、左トラバースへ。あれ、右手クロスはなんだかヌメる。左手アンダー刺した瞬間に抜けた。あれー?今日は混んでいるので、これが最終便になるかもしれない。上まで抜ける。降りてくる時に確認してみた。左手アンダー刺しの時の、クロスで取る右手ホールドは持つところを意識していなかった。あーそういうこと。たまに、このホールドがやたらヌメるように感じる時があったのだが、持つ場所が違っていたからだったのね004.gif

(8) カリスマ(13a)、×
疲れてきた。1-2p間でも、少し息が上がってしまった。疲れていると何故か息が上がってしまうのだ。4-5p間は前日見つけたポイントでこなせた。左トラバースも前便で見つけた持つべき場所をしっかり持って、左手アンダー刺せたが体幹がヨレヨレだった。右足クロスで右手寄せるところで、体の軸がなくなって落ちてしまった。リップ左手一本指穴ホールド取りを4回ほどリハーサルしていみた。左足掻き込み気味に乗せて、右足チビ穴ホールド入れて、左よりへ重心上げながら、寄せて寄せて、手だけだしかも?027.gif

初めて太刀岡で連荘で登ってみました。二日目の割には頑張れました。前回より0.5手進みました。4-5p間の不安定の謎も解決したつもり。左トラバースの不安定要素も解決したつもり。あとはガンバルのみです。次回も頑張りますって、また来週末は怪しい天気予報になっている008.gif


〇今週の太刀岡山
・さすがに激しい雨あがりの土曜日に来たのは2パーティだけでした。カリスマラインは3人のみ。コンディションはいまふたつでしたが、好きなペースでトライできました。k藤先生のお仲間の方がゴーオンザボルト(11d)を完登。おめでとうございます。
・M子さまは、スーパーラット(12c)惜しいトライが続く。
・日曜日のカリスマラインは9人トライで激混みでした。太刀岡山には東村山メンバーが多数。
・H山さんはスーパーラットをちょっとだけ本気モードになって完登。二日目組のM子さま、M代っちはお疲れ気味でした。腹筋を痛めたM下さんも徐々に復活してきているようです。
・写真は、スーパーラットをトライするM代っち。徐々にいい感じになってきている。日曜日は「太陽が恋しい(11a)」を2撃して登ったり、小遣い稼ぎをしていた。
b0037220_23544459.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-11-14 00:23 | 太刀岡山 | Comments(4)

パフォーマンス向上の試み

春からプール、Dr. ストレッチ、減量といろいろ試していますが、これも、クライミングのパフォーマンスが少しでも向上すればと試行しています。減量はなかな進みません008.gif

(1) プール
時間がある時にまめにプールへ行っています。週末の登りに行かないレスト日は1,500~2,000mぐらい、平日に行けた時だと1,000~1,200mぐらい泳いでいます。水泳自体で体重が減るとは思っていません。インナーマッスルの活性化を目的にしています。重力がキャンセルされる水の中は、もっともインナーマッスルトレーニングによいとされています。期待している効果は以下です。
・インナーマッスルで骨格を支え、骨格で登る省エネな登りを目指す。
・インナーマッスルでレストすることで、レストポイントで回復量を向上させる。
・クライミングで固くなった筋肉をほぐす。
・インナーマッスルを活性化させて、怪我を予防する。
最初は、疲労が残るほど一生懸命泳いでいたのですが、もともとの目的から、最近は最初からゆっくり泳いで、疲れないようにしています。それと、とにかく、エアロビクス運動は爽快感があって気持ちいがいいし、全身運動で、Nativeなところで体によいでしょう。ランと違って上半身にも負荷がかかるところも、そして、もっとも重要なのが膝に負担がないところですね。

(2) 筋肉のケア
マッサージとかDr.ストレッチとか、お金がかかるので頻繁には行けませんが、次のことを期待してたまに行っています。登りにいかない日とかは、ストレッチポールやテニスボール使って、自分でやってます。
・肩回り、特に肩甲骨の可動域を広げ、背中の筋肉をより活用する。
・筋肉の凝りをほぐす。
筋肉が凝っているということは、既に力が入っている状態と同じことなので、パフォーマンス劣化を引き起こすようです。これは非常に重要なことだと最近思っています。週末に限界グレードのRPトライをした翌日など体中が酷い凝り方をしています。筋肉が凝りやすい速筋系のクライマーは特に要注意だと思います。平日のクライミングジムでのトレーニングも気を付けた方がよいのでしょう。ほっておくと、どんどん筋肉が固くなり故障に陥るシナリオが見えます。だから、冬の二子シーズンは危険です。毎年、冬後半にやってくる腰痛は、この体の凝りから来ているに違いありません。凝りとともに、パフォーマンスもどんどん落ちていく。登れるはずのルートも登れなくなる。前傾壁ルートのトライを継続している時の平日ジムトレーニングでは、その負荷の掛け方を注意深く考慮すべきでしょう。筋肉に疲労を残すトレーニングは避けるべきだと思います。逆に傾斜の少ない花崗岩をトライする夏季は平日のジムトレーニングを重くするとか、年間を通して、週末と平日との負荷の種類と量のバランスが大切なのだと思います。

(3) 減量
やはり、被った持久系ルートでは最も影響が大きいと思われます。体重を減らすには食事制限しかないと思っています。プールとかは基礎代謝を上げてくれるかもしれませんけど。
・体重による負担が減れば、絶対的な酸素借量は減る。
・指の負荷が減り、指の故障が少なくなる。指がよれるまでの時間が長くなる。
・これまで、レストできなかったところでレストできるようになる。
・レストポイントで戻せる量を増やせる。
・サーシチュイン遺伝子(長寿遺伝子)をオンさせる004.gif
しかしながら、酒を飲む身としては、なかなか厳しいです。目標5kg減に対して、まだ2kgしか減っていません。そして、注目は数年前に発見されたサーチュイン遺伝子です。人類の歴史、飢餓との戦いの末に作り出した遺伝子です。「いいもの食って、長生きしよう」は嘘で、「粗食こそが、長生きのコツ」を裏付ける遺伝子なのです。ところが、この遺伝子は普通の生活(栄養が十分)をしている時は活動していないのだそうです。しかし、この遺伝子がオンになると、例えば、細胞内のミトコンドリア数が上昇するそうです027.gif。ミトコンドリアが多いということはフィジカルな持久力が高いということです。歳をとっても体力が衰えないために、10年後も13をトライできる体力を維持するために。また現時点でのパフォーマンスにも、効果があることは確実です。細胞が元気になるわけですから。そして、このサーチュイン遺伝子をオンさせる方法は? それは粗食なのです。悲しいかな、飢餓状態にならないとオンにならないのです。1日1,600キロカロリーを継続して初めてオンになるそうです。ただし、結構短期間でオンにすることができるようです。逆に簡単にオフにもなるらしいのです。サーチュイン遺伝子をオンさせるサプリメントも研究されているようです。既にたくさんの製品も販売されているようですけど。効果についてはまだまだ研究段階なのでしょうね。確実な方法は粗食なようです。知っていても、実行は難しいですね。それと、多分、これは、若い人には関係ないと思います。まだ細胞が元気ですから。高年齢クライマーほど影響があるし効果があるということでしょうね。

パフォーマンス向上が頭打ちになっている気がして、少し観点の異なる試みを始めてみました。(1)はクライミングの上手さとのコンビネーションが必要でしょうし、(3)の減量は永遠の課題でしょう。これらの効果は、(3)以外はわかりずらいところがあるので、評価するのがとても難しいですが、しばらくは、この試みを続けたいと思っています。そして、もう一つ、パフォーマンスに重要なのが指皮です。私は特にフリクションに頼った登りをしがちなので、何とかしたいと思っているのですが。寝る前にクリーム塗って手袋して寝ることぐらいはしてます。すり減った指皮の対策については未だよい案が思いつきません。平日にジム行かなきゃ、すぐ回復するって(笑)。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-10 11:00 | クライミングの研究 | Comments(0)

2011年11月9日、T-WALL東村山

アップのつもりで触った、新しいチバタケ5級はホールド遠い。出だしでやられて、二便かかる。次の4級課題は一本指ホールドが嫌でやめておく。〇ベちゃんがスパイに来ていたが、このチバタケ課題にはまっていた041.gif。うーん。5級って、昔は、ほぼ一撃できるグレードだったような気がするのだが。

〇 オージ、2011.11.08
・ダッフィー、赤5級は二つほとホールド使わず、手順間違えて2便かかる。
・シェリーメイ、緑4-5級は丸ホールド取って、右足深いピンクでマッチは失敗だった。左足でマッチだったか。二便かかる。
・ミッキー、青4-5級は、4手目左手のオレンジホールド取り狭くて落とされる。一手目にヒールフックで取って、そのまま完登。やっぱり二便かかる。
・デイジー、黒4級はスタートホールド間違えていたり、三手目ハリボテ裏のホールド見落としていたり、手順間違えたり、やたらかかってしまった。多便で完登。
b0037220_23504695.jpg


アップ用課題のつもりが、全部登るのに、ずいぶん時間がかかってしまった。その後、オージ3級とか触るが時間がないので、永遠の課題チバタケ3級を2便だすが、今日も登れず。最近ボルダー調子いいですねとkの氏に言われるが、登ってた課題は4-5級なんですけど。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-10 00:01 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年11月7日、TWALL東村山

先週は文化の日があって外岩へ、指皮温存でジムにはいかず。今日は中二週での久々のジムボルダー。スラブ壁でのアップはゆっくり登った。薄被り右壁で510ちゃんの易しい課題でアップ後、オージの課題でさらにアップした。

〇 TWALLほしの、2011.10.27
・GoGo、黒4-5級は、読み通りで一撃。
・コムコム、青4-5級も一撃。
・切り返し、緑4Qは3手目アンダーからデカフランスパンホールド取り損ねる。2便かかる。
・アッシー、ピンク4級は、帰り際に登ってなかったと思って取りつくが、2便かかった。
b0037220_23315818.jpg


〇kの氏、暮坂峠、2011.11/7
・オージの課題を登っていたら、kの氏が課題作っていたので登ってみた。
・暮坂峠は、有笠の先にある峠。ビッグプレゼントをRPした時、峠の駐車棒で泊まった記憶がある。寒かったが紅葉がきれいだった。今ごろはもう落葉しているだろう。
・ピンク4Qは出だしで落とされ、その後の3手目取ってからの手に足ヒールがなかなかとまらない。止まった後の右手穴ホールドからの次の一手で落とされる。その後ヒールがなかなか決まらず。多便打ってなんとか完登。
・緑3-4Qは、出だしの返しが厳しいが2便で完登。
・青5級、なぜかこれだけ、Qではなく級はギリギリ一撃。
・紫3Qは、出だし核心も決まらず、後半も難しい。挫折。
b0037220_2343457.jpg


kの氏の課題をトライしていたら、大壁トライする時間がなくなってしまった。ずっとトライしているチバタケ3Q課題を3便だすが、今日も登れず。今日は久々のジムボルダー、どの課題も理不尽で、持久系カリスマには、こんな難しいムーブ出てこないぞ。キワモノ系13aには出てくるけど。カリスマのムーブ核心の右トラバースはチーウォール4Qぐらい。リップ超えは5Qぐらいです。まー、11bぐらいこなしてから、4Qで、よれよれの状態で5Qですから、ルートのムーブディフィカリティは、ちょっと意味が違いますけど。とりあえず、ジムボルダーは難しいですね。

きん
by Climber-Kin | 2011-11-07 23:45 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2011年11月5日、太刀岡山

中1日で再び太刀岡山へ向かった。中央道はところどころ霧がかかっていた。コンディションが気になる。昼から曇り夜から雨の天気予報だった。それと、一昨日の疲れが少し残っているのも気になるが、はりきって、邪心満々(笑)で岩場へ向かったのでした。

(1) ハッピーバーボン(?)、再登、ヌンチャク掛け

(2) ハッピーバースディ(11a)、再登
うわー。湿っぽい。

(3) カリスマ(13a)、×、ワンテン
まだ岩が冷たかった。ムーブ核心4-5p間は、うっとなりながらもこなせたが、左手5p目クリップホールドを持ち損ねたまま持ち替えムーブして5p目をクリップ。そのまま左トラバースへ入るが、よれていた。一昨日の疲れで背中がバリバリだったのだが、この便で少しほぐれたような気がした。

(4) カリスマ(13a)、×
4-5p間、二つ穴ホールド取り左手寄せから左手出しは外した。うーん。次に賭けるためにすぐ降りる。

(5) カリスマ(13a)、×
またまた、4-5p間で落とされてしまった。うーん。今日はないかも。4-5p間のリハーサルをする。中継しないでランジ気味に左手5p目クリップ穴へ出す方法が一番安定しているのだが。まーここだけリハーサルするからだろう。左手寄せの際にもっともっと腰の位置を壁に入れるように気を付けないといけないようだ。ついでに後半のリハーサルもする。

(6) カリスマ(13a)、×、ワンテン
湿度が上がった。雨が降りそうな雰囲気。先便で探り便を出してしまっている上にもう4便目。ところが、今度は4-5p間がピシッと決まる。前腕の疲れを感じながら、5p目で7秒レスト。前腕の疲労に黄色信号を感じながら、左トラバースへゴー。左手アンダーは止まり、右足クロスでステップして、右手寄せはギリギリ止まった。左手サイドガバへ飛ばす。左手がヌルッと少し出てきた。右足を所定場所にスメアして、6p目クリップはたぐり落ちしそうだった。右足スメア気味のホールドにのせて、比較的かかりのよい三角形ホールドをピンチ持ち。左足小穴ホールドへそして右足を小穴ホールドへ。だが、なかなか右足が穴に定まらず、自らあきらめて、そのままフォールしてしまった。あと左手一手で、リップの指一つ穴ホールドだったのに(本人はこのホールド取れば登れると信じている)。まー、このよれ具合では無理か。

4-5p間がなかなか決まりせん。3トライ目でフォールした後、ムーブイメージを確認してみました。スーパーラットRP時は全然気にしていないままこなしていたのですが、右手二つ穴ホールドから左手寄せに入る際に、どうも腰が壁から離れてしまっているようです。腰が離れた状態での左手出しはデッド気味になってしまうので、確率が悪いようです。それとも、フリクションがよい時はそれでもとれていたのかも。今日も最後の最後に、ようやく、よいトライが出て、なんとか前回よりも4手&ワンクリップ進みました。来週から、いよいよ例年なみの寒さになるようですが、次回は早い便で4-5p間成功するといいな。がんばります。

〇 今日の太刀岡山
・朝から曇り気味。4時ぐらいから雨が降り出してしまいました。下山は雨に降られました。
・写真は、今日もとっても惜しかったkの嬢。
b0037220_0175183.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-11-06 00:05 | 太刀岡山 | Comments(6)