<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年1月30日、T-WALL東村山

スラブ壁のホールドが替わってから、テープ課題を繋いだアップ用繋ぎルートがまだできていない。適当に緑テープを登ったり降りたりして適当に指を温める。

〇 K沼くん、2011.12/10
・うん?アップに難しいかもと触ってみる。
・紫4-5Q(遠い)は、ハリボテ上の青ホールド取りを手前でマッチして取りに行っていた。はまり。一手目青ホールド右手残したまま、右足スタートに乗せてから右手出しだった。4便出してようやく分かった。完登。
・黄緑4-5Q、緑4Q、水色4Qは一撃できた。
・ピンク(2)-3級は、設定者本人がいたので、ムーブ聞いてみたが、やはり出だしからダブルダイノのようだ。30cm届かない。ジャンプ力のない年寄には遠過ぎる。あきらめる。
b0037220_23352115.jpg


〇 オージ、~うみの生物のページ~、2012.1.22
・先週、さかな茶色3級だけ登れて、ごかい黒2-3級はゴール手前の左手穴ホールド取りが取れなかった課題。
・その、ごかい黒2-3級は、左手穴取りだけリハーサルして感じを掴んでおいて、下から繋いで2回目にできた!完登。
・くじら、黄緑2-3級は、出だし解決できず、後半をリハーサルしたら何とかできたので、前半をしつこく解析。二手目マッチしてから、右足をスタートホールドに戻せばよいのか。前半できたまま後半も成功して完登。
・うみうし、水色3級は二手目円盤ホールドから次がでる気がしない。挫折。
・うみへび、緑2-3級は全然わからん。パス。
・ふじつぼ、ピンク3級は後半はできるが、二手目の紫かまぼこ状ホールドから三手目が出せない。挫折。
・うつぼ、青2級は4手目右手アンダーから狭いダイアゴナルで左手遠い薄いカチ取りか?次回もう一度トライしますかね。
b0037220_23363195.jpg


乾燥してて、指皮がツルツルです。ホールド滑りまくりなのですが、久々に2の付くグレードを2本登れました。3級の方が難しい気がしますが、まーいいや。

きん
by Climber-Kin | 2012-01-30 23:36 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年1月28日、二子山

先週の雪の状態から、さらに、都内も大雪になった月曜日の積雪。林道で上がれるのか、かなり不安だった。途中、コントロールが利かなくなるようなコーナーが何ヶ所かあった。ひやりとする。轍はあるのだが、とても深くなっていて、轍をはずすとスタックしそうだ。タイヤが轍の横の雪にかかると、その抵抗で、どんどん雪の中へ進んで行ってしまう。止まらないように、車に勢いがあるうちに、ハンドル大きく切って、轍へ戻すといったことが何度かあった。日の当たる部分はアスファルトが出ているのだが、日陰は全然雪が溶けていない感じだ。FF車はチェーンを巻かないと上がってこれなかったようだ。4駆でもかなり怖かった。そして朝の気温は猛烈に低かった。弓状に到着した時はマイナス5.5度。今シーズン一番冷えた朝となった。午前中は岩が冷たかった。午後一瞬緩んだが、夕方近くなると、また急激に温度が下がっていった。下りの林道が心配なので明るいうちに下山した。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
このルート、辛い!
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登

(4) 任侠道(12d)、探り便
冷たくて岩がツルツルだ!3p目でもういっぱい。4p目でもテンション。5p目クリップして核心へ入るが前腕が張っていて突っ込めず。5p目でセルフ取って休んでいても、前腕の張が取れないぐらい力いっぱいで登ってしまった。5p目からの核心は6p目はヌンチャク握ってしまう。そして、問題の6-7p間は3回、大フォールして敗退する。右手アンダーさしてから左足が上がらない。一度は左足上げて右足上げたのだが、体が上がらなかった。うーん

(5) 任侠道(12d)、探り便
かなり力が入った登りだったが、4p目までは到着して、ここでテンションする。4p目から5p目さらに核心へ入るが、最初から前腕が張気味。右手遠い6p目クリップホールドへ手をだせず。痛めている左足が我慢できなくなってしまい、降りた。

(6) 大バカ犬(11d)、ムーブ探り
足が痛くて、長いルートをやる気がせず、短いルート、昨年触ったがまだ登れていないこのルートのムーブ探りをすることにした。広場が寒い。指の感覚がなくて辛い。だが、なんとなくムーブは確認できたような。次回機会があれば一発目から狙っていきます。

任侠は全く進展せず。6-7p間のロープ下から引いた状態で、できていないセクションは今日も解決しませんでした。だけど、なんとなく左足が上がらない理由、上がっても体が上がらない理由がわかったような気がします。次回は解決し、暫定ムーブでもよいので全セクションをこなしたいです。

〇 今日の二子山
・今日は20名弱ぐらいでしょうか。
・写真は任侠をトライするワンテン天国のヨッシー。
b0037220_2305295.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-28 23:23 | 二子山'11-'12 | Comments(4)

2012年1月25日、T-WALL東村山

2月前半まで寒波が続くようです。今年は寒さが厳しいですね。月曜に若者系課題を打ち過ぎ、昨日は諸般の事情で渋谷で1時間半ほど寒い中をうろちょろした上に睡眠不足気味。疲れが抜けずに背中のゴリゴリをしょったままチーウォールへ向かった。薄かぶり右の前回登れなかった課題を触ったり、N尾さんの課題を触ったり、全て跳ね返される。大壁正面のオージの21日の新課題、海シリーズを触ってみたが、4級からできる気配がしない。M崎さんに奨められた「さかな茶3級」は、なんとか登れそうな感じがしてトライを続けた。後半の右手2本指からの左手出しが苦しいが、なんとか完登。最初の4級はチエちゃんが出だしをムーブ解決して、みんなして、トライを始めたが登れたのはマオさんだけだった。黒2-3級は前半はできるようになって、ゴール手前の左手穴ホールド取りまでは簡単に行けるようになったのだが、既によれ過ぎていて、結局登れず。ただ、このムーブ苦手。次回元気な便でも登れるかどうか怪しい。帰り道、結構雪が溶けていました。週末の二子は二股峠まで車で入れるとよいのですが。

きん
by Climber-Kin | 2012-01-25 23:35 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年1月23日-TWALL東村山

最初は、いつもの月曜日とは思えないぐらい沢山のクライマーがいたのだけれど、雪コンコン降ってきて、どんどん帰っていきました。私の前にヨッシーが帰って、閉店時間より前なのに居るのは私だけになってしまいました。スラブ壁が変わっていました。水色Cは苦戦する。ムーブ違うのかもと思いながら、打ちまくって、何とか登れました。水色までは触った課題全部完登。赤テープはムズそうで触らず。

〇 TWALLオージ、2012.1.17
・四ッ又山の水色5級と御場山の緑4級は前回登っていた。
・物語山、黒3-4級は前回帰り際、最後にムーブわかったけど、登れなかった。今日は一発で登れた。
・荒船山、赤3-4級は、結構打ったけど登れず。ゴール手前の右手ホールドは、どうやって取るのかなぁ?
b0037220_23224222.jpg


〇 K沼くん、2012.1/23
・メキメキと強くなってる若者の課題。
・いきなり、みなが触っていた水色3Qから始める。ゴール取りを先に固める。右足壁スメアで左足に荷重して思いっきりジャンプ。とれた。で、出だしのランジはなかなか止まらず。若様が足残して一撃していた。なるほど。で、足残すつもりで、一発目ランジ?の振られ止められて、ゴール取りはうっと声だしながら止まった!チーウォールらくしくない斬新な課題だ。
・赤4Qは、なんとか二撃。
・緑3-4Qも難しい。既に体幹がよれていたか。登れず。
b0037220_23284794.jpg


帰るころは東村山でも5cmぐらい雪積もってました。今日もMBTシューズはいてます。この、ソールが反れている不安定なシューズは雪道だと効果倍増です。地元駅からは、明日朝は凍結で道コチコチでチャリはダメだろうとチャリを駐輪場にデポして歩いて帰りました。コンビニで買った白角水割り飲みながら帰ったら、酔いが回って、MBTシューズの効果がさらに増幅。4倍の効果でした041.gif。帰着したころには体幹がヨレヨレになってました。だけど、朝冷や冷やしていた腰回りは全然大丈夫になってました。恐るべしMBTシューズ004.gif

きん
by Climber-Kin | 2012-01-23 23:31 | T-WALL東村山 | Comments(0)

誕生日の酒

誕生日と穴ムズRPのお祝いに久々にシングルモルトを買ってきました。年末年始に飲んでいたろー、久々じゃないって?昨日から酒飲みすぎだろうって、ちゃんと1キロ泳いできました。また一つ歳をとってしまいました。年月が経つのは過ぎ去ってしまうと恐ろしく早いですね。あと何年登れるのだろう?この歳になると時間はとても大切です。だけど、時間と労力がかかっても、一本一本味わいながら、いいルートを登っていければよいです。次にシングルモルト飲めるのはいつだろう?

〇 GlenDronach、Original、12年
・グレンドロナック蒸留所。フロア・モルティング設備と石炭の直火焚きのスチルを持っているが、この立派な蒸留所は、ここ何年か継続的にのみ操業している。そのスムーズで、ビッグで、麦芽風味のウィスキーはまだ入手可能である。(SCOTLAND AND ITS WHISKIESより)
・グレンドロナックとはゲール語で「黒イチゴの谷」の意味。スパイシーで華やか。ドライでバランスがよいとのことです。
・シェリー樽を使っているようです。フルーティながら、スパイスさも少し。ハニーさとバニラも少し強めです。
b0037220_18362482.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-22 21:01 | 酒ログ | Comments(0)

2012年1月21日、二子山、穴のムジナRP

「ありがとう!林道マニア!」

大寒。暦通りの日になってしまった。土曜も日曜も同じような天気予報だった。日曜日の方が気温が上がるようなので当初日曜日に行くつもりでいた。ところが、諸般の事情で急遽土曜日に行くことになってしまった。金曜に積もったであろう林道の積雪が心配だった。ダメならベースキャンプへ行けばいいやといつもより30分遅れで二子へ向かったのだった。ところが、関越は事故渋滞。さらに30分以上遅くなってしまった。途中から下道を使った。皆野有料道路を超えるあたりから雪国だった。こりゃダメだと思いながら、誰か林道に入っていないかなぁ。さすがに今日は誰も来てないだろう。いや、誰々なら来てるかも?と殆どあきらめ気分で雪道を走って行った。そして、その二子の林道には2台ほどの轍が走っていた。おっ! だけど引き返してきたのかもと用心深く林道を上がっていった。轍は二股峠の駐車場を素通りして続いていた。林道マニアさんか。助かった。この雪で轍がなかったら、間違えなく林道に入らなかっただろう。そして、南岸を通過する低気圧による雪の日は、これまでの経験上、気温は終日0度ぐらい。放射冷却がないので岩はそれほど冷たくない。風はなく、湿度が高いので寒く感じないのだ。予感は的中した。まったくその通りだった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
悪魔とこのルートぐらいしか、アップに使えるルートはない。

(2) ワーカーホーリック(10b)、再登
他にアップルートもないので、もう一度登った。

(3) 穴のムジナ(12c)、×、第1核心フォール
今日は昼から暖かくなるわけでもなし、アップが終わって一息ついてトライする。あっ、体が軽い。と思ったのもつかの間、第1核心で力を入れなかったのか落ちてしまった。

(4) 穴のムジナ(12c)、RP
1時間後に2トライ目を出す。うっすらと曇り空から太陽の光が見えた。晴れているわけではないが、明るくなった。雪のせいもあるのだろう。雰囲気は悪くない。先便で感じたが、今日は何故か体が軽い。登れちゃったりして。少し邪心がよぎってしまった。焼石をあっちっちに焼いて、靴はいて出発前に十分に指を温めてからスタート。足の感覚がないので、一度左足を抜いて足指の入り方を直して履き直した。第1核心は勢いで左手ガストン取れた。いつもだとこの後の足上げと4p目クリップホールドへの一手で力が入ってしまい疲れるのだが、今日は軽くいけた。第2核心手前で右手と左手を焼石で短時間で温めた。3秒ほどだが、指が熱いと感じるぐらい握りしめた。第2核心もリズミカルにこなせた。第3核心手前のクリップガバホールドへ、これまでになく元気に到着することができた。両指を焼石で温めること5回ぐらいづつ。そして第3核心は先週戻した、ど正対ムーブで。左手クロス、がっつり握れた。右手マッチでこのルートで一番小さいカチホールド。次のピンチ持ちホールドは遠く感じる。せーので左手出す。止まった!だが浅持ちだ008.gif。だけど、もう持ち直せない。右足寄せて左足上げて、そして右足をいつもの滑りそうなでっぱりに載せるが、左手浅持ちなために腰が落ちている。一か八かで右手を出したら、指が引っ掛かった。抜けそうなのを堪えながら、本来のムーブなら、終了点ホールドを左手で掴むのだが、体勢が崩れていて届かない。ホールドをあわてて探した。あった。なんとか体勢を整えて終了点ホールドを掴んで、終了点にクリップした。「ダァー!」雪の二子に思いっきり叫んだ。

(5) 任侠道(12d)、ムーブ探り
前回のムーブ探りで全然わからなくなっていた2-3p間の左足フットホールドを確認した。5pからの核心の入りのムーブを探った。6-7p間のムーブをインチキして次のピンにロープをかけて探った。いや、このルート?遂に、このルートをトライしなければならないのか?

今日は林道入れないだろうなぁと思っていたのですが、林道マニアが入っていてくれてました。ラッキーでした。それでも十分にリスクがあるのですが、そのリスクを冒した甲斐がありました。まさか、こんな日に登れるなんて。「穴のムジナ」は3シーズン前に、丸ワンシーズントライして遂に登れなかったルートです。再びトライしようか散々迷いました。シーズン始まる前に、雨で他の岩場で登れない日に二子へ来て、穴ムジを久々に触ってみました。もしかして、今シーズンは登れるかもと感じて、期待しました。そして、12月クリスマス寒波から二子今シーズンを始め、再度、この穴ムズのトライを開始しました。だけど、簡単には行きませんでした。ムーブは、3シーズン前のムーブから、第1核心と第3核心の2つフットホールドを変えただけでした。一度は前のムーブに戻したのですが先週、再び、今年のムーブに変更しました。今日は、こんな天候で岩も冷たかったのですが、何故か体が軽く、焼石を沢山握る余裕がありました。再挑戦してよかったです。3シーズンで少しだけ強くなった自分を感じることができました。一度挫折したルートを再挑戦し、そして登ることができて、はっきり言って「おいしいよ」を登れた時よりうれしいです。

〇 今日の二子
・去年までは雪が降っていても、みな結構やってきていたのですが、今年は雪が降るとこないのですね。
・晴天続きで、寒いのと乾燥して手がツルツルなこと以外は、すばらしいコンディションが続いていましたが、今回の大雪で今後どうなるか心配ですね。
b0037220_23324012.jpg


〇 穴のムジナ(12c)
・3つの核心があります。3つのムーブしかありません。
・普通のリーチなら、第1核心が一番難しいのですが、私は第3核心が狭っ苦しく。よれて苦手なムーブをこなさなくてはならない第3核心が苦手でした。3シーズン前もついに、この第3核心を超えられなかったのです。
・小さい人は第1核心、リーチのある人は第3核心が鬼門になると思います。
・そこだけリハーサルしても、第1核心は2回に1回は失敗する感じ。第2核心は4回に1回は失敗、第3核心は3回に1回ぐらい失敗する感じです。
・チーウォールボルダーグレードで表現すると、3級、4級、3-4級の核心ムーブといった感じでした。
・ルートとしては、異色でおもしろいルートだと思います。
b0037220_0354665.jpg


〇 ラッセル
・2年前の大雪よりは少ないですが、40cmぐらい積もっているような気がします。
・冬山みたいで、むしろ楽しいです。なんか、冬山やっていたころの感覚が少しして、とても懐かしい感じがしました。
b0037220_2333149.jpg


〇 林道
・帰りは道が広くなっていました003.gif。昼間に林道マニアが5台ぐらいは通ってくれたようです。帰りは心配なく戻れました。
・今晩も下の方はみぞれ、雨でしたが、二子は結構な雪でしょう。林道入れるか、来週も心配です。
b0037220_23333949.jpg


〇 駐車場
・車をUターンさせるのが大変でした。
b0037220_2334778.jpg


〇 ホワイト餃子
・帰りは、成果が出るまで食べるまいと誓ったホワイト餃子へ行ってきました。おいしいです。
b0037220_23342762.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-21 23:43 | 二子山'11-'12 | Comments(26)

2012年1月18日、T-WALL東村山

寒い。週末、二子は雪か?まー、1月後半は毎年こんな感じですよね。モチが急降下してしまいますが、それはそれ。元気にチーウォールへ向かいました。薄かぶり右壁のオージの新課題の5級、4-5級あたりでアップ。

〇 カイラス山、kの氏、2012.1/18
・茶色4Qは、ゴール手前つかみ損ねて一撃を逃す。2便目も同じようにヒールが外れて落ちてしまった。kの氏が傍にいたので設定ムーブを聞いてみた。なるほど。次の便で完登。
・水色かピンクか迷ったが、ピンク3Qを触る。出だしで悩み。中盤で悩み。最後でも悩む。出だしは簡単にできるようになったが、中盤のトゥーフックで、紐靴はどうしても止まらない。なんとかこなして最後は狭~い右足上げにはまる。結局トゥーフックでなくてヒールで解決。最後の狭ーい足上げは強引に。なんとか登れた003.gif
・水色2-3Qは、どうみても最後が難しそうだ。H田さんがはまっていた。kの氏がお手本を見せてくれたが、うっとなっていた。3Qから2-3Qに格上げしていた。結局触らず。
b0037220_23381745.jpg


その他、いろいろ物色したが結局どれも登れず。右足の指を痛めていることもあって、あまり元気に登れませんでした。週末は土日とも同じような天気予報で降水確率60%。同じような予想気温。その雨?雪?の後、来週は大寒波とか。この時期は例年そうなのですが、と言いつつ、やっぱり元気なくなりますね。まー、その大寒波が過ぎれば、チャンスも少しづつ増えていくでしょう。

きん
by Climber-Kin | 2012-01-18 23:55 | T-WALL東村山 | Comments(0)

MBT

通勤用に使っているリーボック/エアークッションがボロボロになっていました。最近は殆どカジュアルで通勤していて、エアークッションは腰痛対策に効果があるのではわないかと、このトレーニングジム用のシューズを使っていました。さすがに恥ずかしいぐらい傷んできていたので、そろそろ買い替えないとと思いながらも半年も過ぎてしまっていたのでした。シューズ選びは面倒でついつい放置していたのですが、先日思い立って新しい通勤靴を購入しました。

〇 MBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)、マフタ103M
・マサイ族が強くて元気な理由。裸足で大地を歩いているからだそうです。
・裸足で大地を歩く、その不安定性が体を鍛えるとのことです。MBTは足元が不安定な靴です。大地を素足で歩くのと同じようなシチュエーションを再現するシューズとのことです。メーカーが言う効果は以下です。
① MBTは全身の筋肉を活性化しその協調性を向上させます。
② MBTは足だけでなく全身に優れたトレーニング効果をもたらします。
③ MBTは起立時及び歩行時のカロリー消費を増加させます。
④ MBTは以上のようなトレーニングを促すため、健康増進に効果的です。
   (http://jp.mbt.com/Footer/Company/About-Us.aspx より)
・よい姿勢で立ち歩くことで、膝や腰の負荷を下げ、腰痛も軽減できるとか。しかも、体幹を鍛えられ、トレーニング後は回復を早めるとか。
・うーん、怪しい。嘘くさい。そんなに効果があるとは思えん。そもそも、この靴高すぎる。
・と思いながら、真央ちゃんも使っているという一言に釣られて買っちゃいました。
・この靴履いて酔っぱらうと危険です005.gif。駅のホームでバランス崩して落ちそうになります037.gif
b0037220_11244028.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-17 00:30 | 基礎トレーニング | Comments(2)

2012年1月16日、T-WALL東村山

今年二回目のジムへ行く。向かったのはチーウォール。薄被り壁には目新しい課題はなく、大壁正面のkの氏の年末の課題でアップすることに。

〇 kの氏、4-5Q、2011年12月
・4Qとかかれていない課題は4-5Qなのだろうと、右端のピンク課題から。出だしに手こずる。3回ぐらいリハーサルしてようやく手順がわかる。中盤で落とされた。その次にようやく完登。
・緑4-5Q?は、読み通りとはいかなかったがなんとか一撃できる。
・左端、青4-5Q?は、黒いデカアンダーガバ取りに悩む。4便出して完登。
・水色4Qは、出だしと中盤のムーブ解析に3回かかる。ムーブわかって登るつもりでトライも足滑って落とされる。次の便で完登。
・赤4Qは、読み通り。なんとか一撃できる。
・どれもこれも登りずらい。kの氏、最近課題設定が冴えてますねー。
b0037220_083513.jpg


〇 kの氏、芸なし、穴、2012.1/4
・続けて、kの氏課題。
・水色4Qは、後半の手順は、赤デカホールドから右手穴へ飛ばして寄せで次の右手穴か。二便かかる。
・赤4Qは、4便かかる。手順とフットホールドわかれば4Qか?
・緑3-4Qは、一手だけ難しい。できない。
・ピンク3Qは、なんじゃこりゃ。本当に穴ホールドばかり。どれも指に悪いぞー。
b0037220_09121.jpg


最後にオージの15日の課題を2本触ったがよれていた。アイシングして上がり。氷なしでも十分冷たい。任侠トライ中のヨッシーは帰る前にプロテイン飲んでいた028.gif。私は上がって、白角水割り飲んでいた041.gif

きん
by Climber-Kin | 2012-01-17 00:22 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年1月14日、二子山

「登れない穴ムズ、ムーブを戻す!」

寒そうな天気予報だった。弓状に到着した時の温度はマイナス4度だった。午前中は岩が冷えていたが、終日、雲もなく晴れていて、風もそれほどなかった。1便目は岩が冷たかったが、2便目と3便目はRPのチャンスがあるぐらいの温度まで上がってくれたのだが...

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登

(4) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
12時半過ぎまで待ったが、まだ岩は冷たかった。第2核心の左手ガストンから取る右手アンダーガバ?を持つ手が冷たくて、岩がスベスベで持っている感覚がなかった。落ちるかと思った。ランナウトしていてここで落ちたくない。フルパワーで耐えた。岩が冷たかったせいか?第3核心手前でかなりよれてしまっていた。第3核心ムーブへ入るが、指先にツルツル感があって、右手アンダーはいまひとつ浅持ちになってしまった。右足が滑ってフォール。腰が落ち気味のまま、バックステップ動作に入ってしまったのかもしれない。腰が下がっていると右手アンダー浅持ちになってしまうのだろう。

(5) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
15時半に2トライ目を出す。先便より余裕で第3核心手前に到着。今度こそと第3核心へ入るが、今度も腰が入りきる前バックステップ動作へ入ってしまった。全然ダメ。うーん。先日はこのムーブで左手クロスでガバ四角ホールドとれたのだが。第3核心だけリハーサルしてみるが失敗005.gif。やはり、このムーブは体の持って行き方が複雑で微妙。難しい。前のムーブでリハーサルしてみる。左足スメアで正対で上半身だけ捻る前のムーブの方がよいような気がしてきた。バックステップムーブは3シーズン前に登れなかったムーブだ。ムーブを戻すことを決意した。

(6) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
戻したムーブでトライしたくて、第3核心まで到達できないかもしれないけど、16時過ぎに、もう一便出すことにした。日没と同時にスタート。登れなくて元々の開き直りがよかったのかもしれない。動きが元気いい。第1核心と第2核心を超える。そして、第3核心を戻したムーブで!左手クロスはガバ四角ホールドを捉えたが勢いが少し弱かった。浅持ちは耐えられずフォール。残念。

うーん、穴ムズ登れません。普通のリーチなら第1核心が一番難しいのですが、リーチのある私は第3核心のサイズが合わなくて一番難しくなってしまっています。第3核心手前に余力がないのが一番の要因なのですが、第3核心のムーブを戻しました。もうムーブに迷わずにトライしたいと思います。それと失敗を恐れている嫌々便が一番いけないのでしょう。次回は失敗を恐れずノビノビと元気にトライしたいです。

〇 今日の弓状
・正月前後の空き空きの弓状から、普通の1月の越冬人数に戻りました。30人ぐらいです。
・M代っちのおいしいよは、今日は2便ともピンチ止めていましたが、6p目クリップまでは到達できず。それでも気持ちだけ前進したようです。問題点も見つけたようです。
・写真の遠くに見えるのはSVP(12b)を探っているJILL師匠です。
b0037220_2332663.jpg


〇 穴ムズの第1核心のIK田さん
・Ik田さんのリーチで穴ムズ登れたら凄い。頑張りましょう。
b0037220_23324131.jpg


〇 秩父市パリー食堂
・マンネリ化している二子帰りの晩御飯ですが、インターネットで調べて行ってみました。
・超...超...昔からの定食屋さんでした。野菜炒めは、味の素たくさんの期待通りの味でした。餃子は焼き方がうまい。合格点でした。味噌汁もうまい。唐揚げは肉が淡白過ぎかも。
・くいしん坊!万才の梅宮辰夫と山下真司がここで食べている写真が飾ってありました。
・九時ごろまで営業。
b0037220_23332267.jpg


〇 ストーブに猫
・レトロなストーブが置いてありました。人馴れしたネコがこちらをジッと見ながらストーブに当たっていました。
b0037220_23334955.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-14 23:34 | 二子山'11-'12 | Comments(4)