<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年6月27日、T-WALL東村山

超回復を考えるとジムは明日にしたいところだが、土曜日が何だか登れそうな天気予報なので、レスト日調整。連荘になるがチーウォールへ向かった。やはり、チーウォールは落ち着く。k沼くん@TWALLのアップにならない、4級シリーズの2本をアップアップで登って、kの氏の最新課題にチャレンジしたのだが。

〇 kの氏、2012年6/27
・緑4-5Qは、読み通りでなんとか一撃。
・茶4Qは、出だしで3回落とされるが、出だしできて、そのまま、完登。
・赤3Qは、出だしの緑アンダーマッチがなかなかできず、先に後半を解決。そして、緑アンダーマッチは、しっかりと入り込んでからマッチね。で、RPトライはゴール取りで落とされた。kの氏から左足青でなくて赤だと楽ですよと助言あり。再び、トライしたが、私の場合は赤だとかえって狭くなってNGだった008.gif
・左足青で無理やりゴール取りの方が可能性ありそうで、下からトライするが、既に体がよれていて前半ができなくなっていた。オーマイガー!
・それではと、青3Q触ったあたりで、コテッと体が終了していました。
b0037220_2374821.jpg


連荘で登ってみました。AKBビパンとチーウォールは種目が違うのかも?意外に普通に登れました。中二日で週末外岩は、やっぱり指皮テカテカで突入かなぁ。まー、コンディションは期待できないので秋のチャンスに向けての練習のつもりですが、登れなくても力出し切るトライは気持ちがいいです。

きん
by Climber-Kin | 2012-06-27 23:19 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年6月26日、AKBビパン

今日は年休取りましたが、いろいろな事情で午前中は土浦で熱弁?してきました。昼から会社かという考えもありましたが、たまにはいいだろうと今日は終日休むことにしました。それで、話題?のAKBビパンへ初めて行ってきました。チーウォール行くつもりだったので、シューズは持ってきてません。レンタルでもよいかなと思っていたのですが、考えあってクラック用に緩いカタナレースを買って、それで登りました。通常サイズの+2。ずっと履いてても痛くありません。緩すぎかも?まー、シューズは投資。ダメだったらしかたない。で、6級ぐらいから登り始めましたが、4級までは全然普通というか、よき時代のグレーディングも超えているかも。3級はトライした半分ぐらいの6本は一撃できて、トライした1/4ぐらいは2撃できて、残り1/4は登り辛いって感じでした。やっぱり傾斜が緩い課題は難しいです。そして、2級は3級に比べると随分難しかったです。何本か触ってみましたが、どれも今日中に登れる感じではありませんでした。常連さんに聞いたら、やっぱり、3級と2級のギャップが大きいとのことでした。で、一見さんは2級トライはあまりしないで3級を沢山登ってきました。最後に、ヨレヨレになりながら片っ端から4級を登って上がりました。ホールドは大き目、傾斜が緩いと保持系課題が多かったです。ここの2級と3級の間ぐらいの難しさの課題がほしいのです。やはりビパン、ボールダーっぽい、バンバン系が多くて、とにかく新鮮でした。だけど、ホールドはどれもヌメヌメでした。もうちょっとクーラー効かないのかしら。そして、ここは、私が大手メーカをやめて最初に転職した会社から100mぐらいのところにありました。ここには2年ほどしか勤めなかったけど、良いこと悪いこと含めて、いろいろなことが経験できた。大企業から飛び出して、小さなベンチャーへ。初めて外海の荒波の厳しさを知った、とても長い2年間でしたね~。歩きながら胸キュンとしながら、少し懐かしく思いました。たまにいいですねAKB。だけど、帰りがちょっと遠い。寄り道しちゃいます。

〇 AKBビパン
・3階まであるのかと思ったら、2階までなんですね。
・昼間ということもあり、空き空きで、思う存分登ってきました。
b0037220_20412272.jpg


〇 餃子の安亭
・帰りが遠いので、ちょっとビールでも。JRから西武新宿線への乗り換え、しょんべん横丁で目に止まりました。
・昭和三十四年創業、東京都中華料理コンクール餃子の部、2840店舗中第一位金賞受賞。
・夕呑みセット、ビール+餃子+一品で¥980円。一品で別の種類の極餃子をたのみました。
・年休を満喫して帰りました。
b0037220_2058125.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-06-26 20:53 | B-PUMP | Comments(0)

2012年6月23-24日、小川山

すっかり、梅雨時になってしまい、湿度が高くなってしまった。到達高度が下がり始めた。もう何度もこのパターンを経験しているが、ようはシーズンが終わっているということなのだ。RPフェーズの自分にとっては、これ以上通ってもあまり意味はないのだろう。もう梅雨まっさかり、そんなことを考えずとも、しばらくはトライに行けるチャンスはないだろうと思っていた。ところが、なんだか今週末の天気予報は良い感じだ。予想気圧配置をチェックすると、太平洋の高気圧は下がり、大陸側の高気圧に覆われる感じだ。もしかして湿度が低いかもと期待して、久々に泊まりで小川山へ向かったのだった。GWウィーク以来のお泊まりクライミングだった。だけど、やっぱり梅雨時なのですねと思い知ったのでした。

◇ 23日(土)
昨日までしっかり雨が降ったようだ。渡渉は増水で裸足で堰堤部分を渡った。アプローチ道は湿り気十分。マラ岩に到着すると予想通りの下部ヌルヌルの状態だった。昼ごろからお日様が照りだした。気温自体は低く、日陰にいると寒いぐらいなのだが、日の当たるマラ岩は例の岩から熱気を放出していて、モワモワと感じるような日だった。
(1) レギュラー(10c)、Tr、ロッキーロードセクションのヌンチャク掛け
このルートは何度登っても難しい。クラックにベースキャンプと中三週間あいたこともあり、久々の花崗岩フェースは踵が上がりまくる。
(2) ロッキーロード(12a)、Tr
まだまだ、シルク出だしが濡れているので、上部リハーサル練習。何だかクラック部分が緑色に見えた。光の加減か?いや本当に苔が生えていた005.gif

〇 シルクロードセクションのヌンチャク掛け

(3) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
少し花崗岩慣れした方がよいかな。まだ、下部ヌルヌルだしと、もう一本アップしておいた。

(4) エクセレントパワー(13a)、×、シルク縦の核心手前でテンション
出だしヌルヌルということもあったが、三週間ぶりと言うより、ボルダーやり過ぎたのかも。力が入りまくり。シルク縦の核心手前で前腕が張ってしまった。

(5) エクセレントパワー(13a)、×、シルク縦の核心超えたが
前便よりはましだったが、岩の放射熱が辛い。何とかシルク縦の核心を止めて、7p目クリップしたのだが、もうこれ以上進める感じではなかった。

◇24日(日)
土曜日は夕方にもう一便だそうかどうしようかと迷っているうちに湿度がさらに高くなってきたので日曜日に期待しようと結局トライしなかった。土曜日はただの練習日になってしまった。土曜日の夜はピー&あやちゃんのお好み焼き攻めでお腹いっぱいになった。日曜日の朝はいつもなら一番早く起きるのに、一番最後まで寝てた。日曜日は曇り気味で土曜日より5度ぐらい気温は低かった。曇り気味なので、やはり湿度は下がってくれず。湿度計は終日70%-80%をさしていた。

(6-7) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
一回はリードで、2回目はトップロープでずっと左のラインを登ってみた。

(8) エクセレントパワー(13a)、×、横の核心でフォール
どうも、左シューズが緩い。シューズストレッチャーで緩め過ぎたようだ。ただ単に岩の温度が高いせいなのかもしれないが、左足エッジが負ける感覚が終始つきまとう。このコンディションでも、昨日からの練習?で少しづつ順応できているのか。昨日より少し前進した。

(9) エクセレントパワー(13a)、×、繋ぎ部分直前でフォール、トップアウト、ヌンチャク回収
ヌメり気味のホールドを昨日から頑張って持ち過ぎているせいだろう。疲れを感じたままヌンチャク回収便。雨が降ってくる気配もあったので、雨時ヌンチャク回収対策のためにロッキートライしたH山さんにロープ抜かずに脇によけておいてもらった。ありがとうございました。ヨレヨレながらも、何とかシルク縦の核心が止まって、シルク横の核心へ入るが、タコレストはヨレていると戻せない。このまま突っ込むと繋ぎ部分手前あたりで大フォールだなと思いながら、必死の形相で横トラバース開始。予想通り、繋ぎ部分直前で大フォールした007.gif。今日は二日目、足の激痛に我慢できない。少しシューズを脱いでレストしてからロッキーセクションへ向かうが、もうヨレヨレ。殆ど各停で進みながら、何とかトップアウト。疲れた。降りてきて湿度計見たら80%だった005.gif

エクセレントパワーはトライするたびに難しくなって来ています。もうシルクセクションすらなかなか超えることができなくなっています。そろそろ、別のルートでも触るかなぁと思いながらも、じゃ何やるんだ?そもそも、外岩登れる時期じゃないのだから、今日はラッキーでした。トライできたことに感謝しないといけないです。疲れている二日目の最後に、しかも湿度80%のコンディションで、よく、あそこまで行けたもんだと前向きに考えましょう。自分で言うのも何ですが、よいトライでした。

〇 今週のマラ岩
・もう少し湿度が低いことを期待したのですが、もう梅雨です。
・梅雨の中休みのエクセレントラインは結構な人がトライしていました。土曜日は6人。日曜日も6人。
・写真は初トライで核心まで迫るすずちゃん。
b0037220_2347440.jpg


〇 ロッキーロードの謎(備忘禄)
・ロッキーロードのクラックからダイクへ上がるムーブ。何故か、簡単に上げれる時とできない時がある。できない時は必ずロープが股の間に入る。何故かなぁとずっと思っていた。ただのヨレの違いかなと思い込んでいた。
・今日、kの嬢にそのあたりのムーブを聞いてみたら、なるほど004.gif。右のコーナー側に体を入れてしまうと難しくなってしまうのか。確かに、体が右に入ってしまう右手肘が上がってしまうためか。謎はこれだったのかも、結果の違いには必ず原因がある。これが最後の鍵になるかも。次回ヌンチャク掛けの際に確かめてみよう。
・写真は、必至の形相でここまで繋いだ私。写真by H山さん。この後、大フォール。
b0037220_94273.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-06-25 00:05 | 小川山2011~2012 | Comments(6)

2012年6月20日、T-WALL東村山

抜けた台風4号の影響だろう、風があって、それはそれで心地よいのだが、湿った空気のせいか室内は蒸し暑い。チーウォールへ入った瞬間はクーラー効いてて涼しく感じたのだが、勘違いだった。いや、勘違いではなくて、自分の指皮がなくなっていただけだった。そう言えば、最近ジム登りが続いていた。ずっと中一日で今日で5日目だ。ジムは外岩ルートの100倍落とされるから、指皮がテカテカになってしまっていた。最初に薄被り右のkの氏の課題を触ってみたが、4-5Qなのに指汁でてきて全然登れず007.gif

〇 キャメロット、K沼くん@TWALL、2012.6.16
・登っても登っても終わらないファイル課題。このファイル課題、フィジカルで、それはそれでまたいい。
・ピンク4-5Qは、3手目ピンクアンダーからの返しで落とされる。2撃。前回。
・黄緑4Qは、4手目赤縦長ホールドからの指二本穴ホールドがなかなか止まらず止まったら登れた。前回。
・右から2番目の水色4Qは、赤デカホールドから左手出して、右足ハイステップで散々落とされるが何とか右手デッドて止めて、そのまま完登。帰り際にLG氏がトライしていたが、デカイ人は右手先に出すのか。なるほど~。難しいムーブでトライし続けていた。ボルダーは一人でやっていると、はまるなー。でもそれがいいんだけど。
・一番右の青4Qは、最後のゴール取り以外は簡単なのだが、これも最後のゴール取りで3回落とされる。やっぱり最後は左手出しか。何便も出してようやく完登。
・まだ、二本残ってるが、指皮に危険を感じて、早めに上がる。
b0037220_23215681.jpg


指皮がありません。どうりで、指先がツルツルしていたはずです。スローピーなのが全然止まりません。こんなんで、週末大丈夫か?

きん
by Climber-Kin | 2012-06-20 23:20 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年6月18日、T-WALL東村山

会社で使ってるPCがとんでもなく古くて(440BXチップセット)、ついに我慢できずに一大決心して、開発用の負荷マシンで使っていたが、これまた時代遅れで最近殆ど使ってなかったサーバ(Xeon 5130/2.0GHz/Dual Coreの2CPU、FBDIMM/16GB)を自分のPCにしようと先週からOSのインストールを始めた。アプリやらウィルスソフトやらのライセンスの移行を一つづつ、調べながら、手続きしながら、Windows Updateしながら。一週間かけて。メールの移動が試行錯誤だった。ExportしてImportは時間かかり過ぎで何度もキャンセル。Outlookのファイルを直接コピーしてから、アカウント作ってインポートすればよいのね。これらの試行錯誤の作業が嫌で今まで移行する決意が固まらなかったのだ。そして、移行がかなり進んだところで問題発生。このPCは、PCIeスロットはあるのだがx8のため、最近のグラボカード(PCIe×16)が刺さらないのだ。ということで、PCIスロットがあったので、GeForce6200のPCI版をなんとか見つけて、取り寄せたのだが、これが調子が悪いというか、フリーズの連続。ビデオチップが古いからなのか、PCIだからなのか、Windows7(x64)用ドライバがバグだらけだからなのか? 今どきはDirectXが動かないとインターネットもまともに見られないし。DirectXが効いていないような振る舞いのままでもフリーズするし。これNGか。PCIeのビデオカードは×16のカードなら¥3,000円台であるのに、x8のビデオカードなんてないみたい。あるのはx1。だけど、×1は逆に高いのしかない。うーん。このままあきらめるのも、悔しいので勝負を掛けて、HIS Radeon HD6450を取り寄せた。よかった。まともに動いた。ところが、ビデオポートがDVI-IではなくDVI-Dだった。そんなスペックまでチェックしてないよー。ディスプレイは古いVGAしかないよー。これではDualディスプレイできないじゃん。DVI-D->VGAはできないのだ。あっ、DisplayPortがある。DisplayPort->VGAはあるようだ。と昼休みに池袋東口のビックカメラで変換コネクタを購入して、ようやくこのPCマイグレーションプロジェクトは完成したのだった。最初から普通のPCを申請してればよかったのかもと思いながら、最後にアドビのソフトをインストールして無事動いて終了。あーすっきりした。その後、快適に仕事ができた。と言うことで前置きは長かったが今日はチーウォールへ向かう。土曜日にベースキャンプで登りすぎて、昨日はプールで疲労。できれば明日でよかったのだが、週末にタイミングを合わせるなら、ジムは月水だろうと向かったのだが。着替え忘れた007.gif。やっぱり帰ろうか迷ったのだが。またまた近所のダイエーに短パン買いにいくか?いや、もう短パンは沢山ある。不要だ。そのままの格好で登ることにした。元気でなーい。気持ち入らなーい。落ちるとシャツが破けそう。スラックスも黒くなりそう。そんなこんなで集中できずに、k沼@TWALLくんの新しい、4級ばっかりのファイル課題を力入らない状態でトライして。案の定、2本しか完登できず。アップ不足で右手肘痛めたし007.gif。登れないと無用に指皮取られるし。明日は完全レストだ。何だか長い一日でした。

きん
by Climber-Kin | 2012-06-18 23:31 | T-WALL東村山 | Comments(4)

レスト日

蒸し暑かった。久々にプールへ行った。プール再開です。カリスマトライあたりから疲れを残さないようにプール控えていたのですが、そのまま行かなくなってしまいました。習慣とは恐ろしい。暑かったこともあり、今日から再開しました。まずは1キロ泳いできました。やはりプールは疲れます。エアロビクス運動なのですが、遅筋だけでは運動はできません。速筋が連動されること明らかです。エアロビクス運動だからって、遅筋のみ動くことはないようです。だから、疲労しますね。だけど帰りのビールがうまかった。最近、久々に会う人会う人に、やせた?とか言われるのですが、全然体重減っていません。顔がやつれただけです。単なる歳です。昨年プール毎週通っているうちは、確かに2キロほど落ちていましたが、プール停滞してからはジリジリと体重が上がってきました。脂肪はやはりエラロビクス運動しないと落ちないようですね。

〇 東村山中央公園
・プール帰りにのぞいてみました。緑見ながらのビールがうまかった(笑)。だけど蒸し暑かった。
b0037220_19511175.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-06-17 19:58 | 基礎トレーニング | Comments(2)

2012年6月16日、朝からベースキャンプ

雨でも登れる岩場かなぁ。行ったとしても状態よくないのはあたりまえだし。もしかしたら日曜日は登れるかも、いやいや、朝まで雨で昼間は気温上がりそう。結露パターンではないか? 行っても無駄だろう。そんな葛藤がめんどくさくなって、早めに土曜はベースキャンプと決定する。今日は朝からベースキャンプへ行ってきました。そして、めずらしく、ジムルート触りました。午前中だけですけど。ボルダーでアップして、10台で沢山アップして、人気ルートらしい11ノーマルトライは、多少迷いながらも、ムーブの蓄積使って(笑)、核心セクションへ。ガバでクリップすればいいやと核心入ったら、ガバがない。怖くなって自らフォールした。核心突っ込む前にクリップするのね。戦術で失敗。2便目は流れるようなムーブ(笑)で完登。だけど、どうも私の登りは異質だったようです。自分ではルート登りをしているつもりだったのですけど。全くのボルダー登りだったって指摘されました。でっ、午後遅めからボルダー。被ってる壁はホールド変わっていた。結局3級は4本ぐらい触ったが1本しか登れず。よれてきて4級触ったがすでに終わっていた。Sテーさんとミキティさんが来ていた。そして、Sテーさんから挑戦状を叩き付けられた。秋からやりますから、「早くエクセレント抜けてください!」って。

きん
by Climber-Kin | 2012-06-16 23:55 | ベースキャンプ | Comments(2)

2012年6月14日、T-WALL東村山

いつもは、週末前は中二日なのだが、今週末は雨っぽいので中1日でジムへ行く。これで土曜日もジムなら、さらに中1日でジムになる。まー、それは超回復の回数を増やすパターンだから、それはそれでもよいかも。超回復しているのかどうかは疑問だが。ジムはクーラーがかかっていて、涼しいのだけれど、なぜか指汁がでまくり、指が抜けてきます。昔はこんなに指汁体質ではなかったと思う。指汁は伝染するのか013.gif

〇 Monsoon Cafe、H山氏、2012年6月9日(土)
・紫5Qとピンク4-5Qは、一撃できたが、緑4Qやさしめは、ゴール取りで3回落とされた。
・微妙に難しくておもしろかった。
b0037220_9483239.jpg


前回帰り際最後に触った、K沼@TWALLくんの薄被り左のスローピー課題を散々トライするが、登れず。kの氏の大壁左にできていた新しい課題の4級は2撃できる。3級課題も後半すぐにできたのだが、前半は自分だけ解決できず007.gif、チキチー。
今週末はどうしましょうかね。雨でも登れるところへ無理やりいくのも…、どうしたものか057.gif

きん
by Climber-Kin | 2012-06-14 23:32 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年6月12日、T-WALL東村山

あー、今日はサッカーWCアジア最終予選、オーストラリア戦だった。電車の中で携帯のテレビで試合を見ている人を見て、思い出した。日本代表は今日はアウェイだが、私は今日は久々にホームへ向かった。いつものアップのあと、さらにアップにk沼くん@T-WALLの薄被り左の課題を触る。

〇 5級入門、 女性でもイケル!!課題、K沼くん@T-WALL、2012.6.11
・黄緑の5Qは出だしで落とされる。これは女性には厳しいだろう。2撃。他は1撃できた。
b0037220_2327183.jpg


続けて、新しいK沼くん課題の水色4Qは3便でなんとか登れたが、赤3Qのランジ課題は届きそうで届かず。もう一本のスローパ課題はムーブ解決できず。ラップ持ちかも?次回。大壁左のW辺@T-WALL課題は4級を一撃するが、もう一本の4級はできる気がせず、3-4級も難しい。常連T中さんの新しい課題は4-5級は1撃して4級は2撃。3-4級は薄カチアンダーはちょっとサイズがあわず厳しいかなー。久々にホームへ戻ってきて。実は先週も登っているのだが。出稽古にPUMP2とエスカラーダへ1回づつ行っただけだけど。T-WALL東村山の壁は大きくていいです。トレーニングには、やっぱりここが一番いいかも。と思いながら、アウェイなら2級は難しいけど3級ならちょくちょく登れるのに、そのホームでは、2級はめったに登れない。3級もたまにしか登れない。4級課題も苦戦する4級クライマーになってしまうのですが。ホームとアウェイが逆じゃないか。まーいいか。

きん
by Climber-Kin | 2012-06-12 23:35 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年6月9日、小川山、クラック講習

何を思いついたのか?クラック講習を受けることにしました。本当は土日の予定でしたが、土曜日は雨のため中止に。日曜日は終日曇りの予報で決行とのことで日帰りで小川山へ行ってきました。国分寺B-PUMP時代から知り合いのY崎さんの講習会に参加してきました。廻り目平へのアプローチ、笹子トンネルを超えると少し空が明るくなってきたのですが、野辺山あたりから雨が降ってきてしまいました。廻り目平も雨がパラパラ降っていました。集合時間までボルダーでもしようかと思っていたのだが、ザックのパッキングを済ませてから車でふて寝していました。この状態では、マラ岩行っても無駄だろう。心置きなくクラック講習に集中できると言うものだが、この天気では、それすら、危うい状況。ところが、9時ごろには雨が止んだ。まずは、混むかもしれないが、雨でも登れる小川山レイバックへ行きましょうということで講習は始まったのでした。結局、終日、時たま雨がパラついたりしたのですが、何とか?無理やり?講習は夕方まで行われたのでした。

(1) 小川山レイバック(9)、TR、△
小川山レイバックでの1本目は酷い登りだった。全く、ジャムを効かせられず。いつ落ちるかと超奮闘的な登りになってしまった。

(2) 小川山レイバック(9)、TR、〇
二本目はいきなり慣れた。ジャムはいまひとつ効いてないのだが、安定して登ることができた。大勢このルートに集まってきた。雨ではここしか登れないからだろうけど。あまりの混み具合で、場所を移動することになった。

(3) 愛情物語(8)、TR、〇
無理やりジャムしながら登ったが、これはプロテクションの課題とのこと。あまり気にしないで登っていいとのことでした。

(4) 龍の子太郎(9)、TR、〇
こちらは、ジャムしないと登れない課題。だが、その前のビチョ濡れの出だしが何とも。クラックの中もビチョ濡れだった。とっても奮闘的だったが、なんとか登れた。

(5) 龍の子太郎(9)、TR、◎
トップロープで、カムをセットしながら登った。後からY崎さんにチェックしてもらった。カムは全部効いていたのだが、核心手前のカムの位置が少し低すぎるとのこと、核心は怖いのでなるべく高く取る方がいいとのこと。その下に黄色を入れて、もう少し高いところに緑を入れれば安心。なるほど。これは次回リードできそう。

(6) カサブランカ(10a)、TR、×
下1/3の非ジャムセクションがビチョ濡れで超難しい。ジャムセクションもフレア気味のクラックが超ビチョ濡れ。これは厳しい。途中で足の痛みに我慢できなくなってしまって、あきらめてしまった。かなり緩めのミウラーを持ってきたのだが、足指がダウントゥするミウラーヒモは足痛くて、クラックにはNGだそうだ。

(7) カサブランカ(10a)、TR、×
後一手で核心抜けられそうだったが、ちょっとしたミスで落ちてしまった。悔しい。今日のカサブランカを登れるようなら自信を持っていいと言われたのに。

クラックは新鮮でした。5.9でも思いっきり楽しめます。講習では、ジャムのポイントやカムのポイントを教えて頂きました。教科書にはないポイントもたくさん。わかりやすいシンプルな説明でした。なるほどでした。既に体中がバキバキです。クラックの中が濡れていたこともあり、疲れ切りました。夏の間にあと2回ぐらい講習受けるつもりでいます。次は濡れていないクラックを触ってみたいです(笑)。

〇 一つ目の課題、小川山レイバック(9)
・実は、このルート20年前にリードしている。全部レイバックで。
・スラ婆さんがやってきていた。お久しぶりでした。
b0037220_0201392.jpg


〇 二つ目の課題、愛情物語(8)
・登ること自体は簡単なんですけど。プロテクションをセットしずらいようです。
・この日は濡れていて登ることも、少し難しかったです。
b0037220_021350.jpg


〇 四つ目の課題、カサブランカ(10a)
・妹岩には誰もいませんでしたが、この状況では誰もこないはずです。
・いやー、こんなビチョ濡れでもリードしなければならないとは、インストラクターは大変です。こんな難しいカサブランカは初めてとのことでした。見てる方も緊張しました。そして、TRで触ってみてびっくり!クラックの中は下から上までビチョ濡れです。
b0037220_0221180.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-06-11 00:22 | 小川山2011~2012 | Comments(8)