<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年のまとめ

昨年の終盤についに触り始めたエクセレントパワー(13a)、そして、エクセレントパワーより優先したのに、寒さに勝てず、登れないまま年を越したカリスマ(13a)。今年の目標は何としても、この二本を登ることでした。私のような限界グレード超えルートをトライする者にとっては、早目早目のトライが戦略上必要でした。シーズンインしてから触りだしていては、登れないままシーズンアウトしてしまうのは容易に想像できます。どんどんコンディションが悪くなっていく中でトライして成果を出すのは難しいことに気づきました。トライしている最中に条件が悪くなっていく状況ではなくて、条件がよくなっていく状況で一手づつ伸ばしていくトライを重ねる。そのタイミングに合わせることが完登への戦略だと思います。だから、とにかく完登するために、まだまだシーズン前の寒~い3月から太刀岡山へ通いだしました。早すぎる太刀岡山は寒かったです。ムーブはもう完璧。もう、いつ登れてもおかくしないつもりなのに、毎週毎週落とされました。まだまだ岩が冷たく、結局よれるのと指の感覚がなくなるのが同時にやってくる、寒い時特有のいつものパターンで落とされながら毎週トライを続けました。どこかで、登れる時は会心の登りで楽に完登できるという甘い錯覚がまだ残っていました。そうではなくて、そのヨレヨレの状態で無心の一手を出す。それを出せなければ登れない。それに、ようやく気づきました。そんな悟りを得たのと同時に、急に気温が緩み、いきなり春めいた4月の終わりに遂に、カリスマ(13a)をRPすることができました。観の目の境地、無心の一手でリップを止めました。余韻醒めあらぬまま、その翌週からGWでした。場所を小川山へ移し、すぐさま、エクセレントパワー(13a)のトライを本格的に始めました。しかし、GWの陽気は、このルートには既に暑すぎました。5月に一度だけ雪がちらつくような寒い日があったのですが、その日に最高到達点を更新してからは、コンディションはどんどん悪くなって行きました。だけど、今年は暑いからと言って、トライを中断しませんでした。きっとお盆あたりから空気がかわり、8月からチャンスがあるはずだ。それまでに詰められることや、できることは全てやっておこう。日数や便数なんて関係ありません。このルートを登るためなら、今年は他のルートの完登は一切捨ててもいいという覚悟でした。猛暑の日も天候不安な日も、マラ岩へ通い続けました。今年の夏も暑かったです。なかなか涼しくなってくれませんでした。9月あたりから、限られた時間帯ですが、不意にチャンスが訪れる時がありました。5月以来到達高度は下がる一方だったのですが、再び、最高到達地点まで高度を戻し、一手づつ伸ばしていける状態にはなってきました。どんなに暑くてもシルク縦の核心は超えられるけど、右ハンドトラバースで力尽きて、ロッキー最初の核心までもなかなかたどりつけませんでした。その不意にやってくるチャンスは、まだまだ、ものにすることができませんでした。シルク縦の核心を超えても、シルクの右ハンドトラバース(初登ライン)が前腕が張らせてくれて、繋げるとロッキー最初の核心をなかなか超えさせてくれません。シルク縦の核心からパンプするハンドトラバース、そしてロッキー最初の核心を繋ぐと超持久力ルートとなってしまい、私にはとても厳しかったです。それでも、徐々にRPできるシナリオが頭の中に固まりだした時でした。ある日当然、シルク縦の核心のフットホールドが欠けていました。とても動揺しました。縦の核心の成功確率が恐ろしく下がりました。しばらく落胆していました。しかし、それも吹っ切れ、とにかく全力でトライするのみ。そう悟ることができました。そして、9月の中ごろ、ついにロッキー最初の核心を抜けられたのでした。前腕は見事なパンプ状態でした。レイバック手前のレストは地獄のようなレストでした。パンプは取れきれずにスタート。案の定、クラックからダイクへ移る真の核心部分で体がよれて足が滑って落ちました。想像はしていましたが、この状態から残りのロッキーセクションをこなさないとならないのかと、またまた愕然とさせられました。私にはまだ無理かも。いや、やってみないとわからない。そのヨレヨレの状態でロッキーロードの残りの部分を登れることがエクセレントパワーなんだ。このルートは、そういうルートなんだ。この時、初めて、このルートの全容を理解しました。二度目の開き直りでした。そして、9月末の平日カードを切った時に再びチャンスがやってきました。ロッキー最初の核心を超えられました。そして、レイバックからダイクへ乗り込めました。登れたと確信しました。ところが、そのダイクトラバースで不意落ちてしまったのです。悪夢でした。もう二度とチャンスはこないかも。そんな絶望感に襲われました。しばらくの間、悔しさと情けなさで頭の中が一杯でした。だけど、ここまで来てあきらめてなるものか。私は三たび、闘志をよみがえらせ、またマラ岩へ向かいました。そして、その日が遂にやってきました。3度目のロッキー最初の核心超えができました。ところが、ここまで来れた2度よりも、ずっとずっと前腕がパンプしていました。歯を食いしばって足の痛みに耐えながらレストしました。ついに前腕は回復してくれませんでした。そこから、ヨレヨレでした。あーダメかも、今度こそダメかも。何度も落ちそうになりましたが、その都度、ギリギリで通過できました。そして最後のスラブ核心の手前では、どれだけレストしても前腕に力は戻ってきませんでした。だけど、負けるもんか!落ちてなるものか!意を決してスタートしました。そして遠くなった意識のなかでついに終了点に立つことができました。これまで、いろいろなルートで味わった会心のRPとは全く違うものでした。むしろ、失敗だらけのいま一つの登りで、ヨレヨレでギリギリの完登でした。だけど、その方がこのルートにはふさわしい登り方だったのかもしれません。こうして長い旅は終わりました。そして、今年はクライミングを始めてから一番熱い年になりました。すばらしい年でした。

〇 2012年に登れたルート

◇ 13a
(1) 太刀岡山/カリスマ(13a)
・今から思えば、登れてしまえば、ムーブもサイズあってたし、2分10秒で逃げ切れる得意系だったのかもしれません。
(2) 小川山/エクセレントパワー(13a)
・まさに旅でした。

◇ 12台
(1) 二子山/穴のムジナ(12c)
・一度は挫折しながら、2年ぶりに再挑戦。雪の日に無心の一手で登れた思いで深いルートになりました。このルートのRPがきっかけで今年の大きな成果につながったのかもしれません。
(2) 二子山/ころがるシビック君(12a)
(3) 太刀岡山/うぉりゃー(12c)
(4) 城山/ドロンパ(12a)
・城山で登れた初12になりました。
(5) 城山/フェイト(12a)
・登り易いとの噂でしたが、簡単ではなかったです。

◇ 11台
(1) 二子山/大バカ犬(11d)
・このルートは難しかったです。
(2) 二子山/二子フリーク(11c)
・このルートも難しかったです。ボルダー系、普通の12aより、難しいかも。
(3) 太刀岡山/夢をあきらめないで(11d)
(4) 小川山/PTA(11b)
・多分最初に触ったのは20年前です。
(5) 小川山/サイコロルーフ(11b)
(6) 小川山/ノイズ(11a)
・これも20年ぐらい前に触ってから避けていました。
(7) 太刀岡山/ゴーオンザボルト(11d)
(8) 太刀岡山/おさがわせしました(11d/12a)
(9) 城山/オーバードライブ(11d)
・難しいという、噂のこのルート、2便で登れちゃいました。

◇ 10台ながらも渋いルート
(1) 小川山/森林エスカレータ(10c)
・1年に1回づつトライ。3年かかりました。
(2) 小川山/JECCルート(10d)
・これも20年かけての完登です。難しい!

〇 今年新たに触ったルートとトライ継続中のルート
(1) 二子山/任侠道(12d)
(2) 太刀岡山/スティングレイ(13b)
(3) 城山/ポコチン大魔王(12d)
(4) 小川山/修行僧(12b)
(5) 小川山/一張羅(12d)
(6) カサメリ沢/ごっくん小僧(12a)

今年も、登れたルートの数こそ少ないですが、いいルートを沢山登れたと本人は思っています。そして、再び触りだした二子の「任侠道」。このルートは、これまで登れたルートと比較して、私には格別に厳しいです。どこまで行けるのか。無心でトライをしていく。来年も私には、それしか作戦がありません。そして、新年も熱いクライミングを!新年もブログに岩場に宜しくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-30 22:00 | 目標と成果 | Comments(6)

2012年12月29日、二子山、登り納め

当初は、28日に登り納めに行って、29日に大掃除の予定だったが、諸般の勘違いで、28日に大掃除で29日に登り納めになった。週の始めの予報より早めに天気が進み、明け方に雨が上がってくれた。今日の二子はポカポカになるはずだった。しかし、午前中は適度に湿り気の絶好の状態だったのだが、午後からは寒々しい曇り空になり、ガスが立ち込める湿っぽ過ぎるコンディションになってしまった。ところで、股峠に到着した時間を見て、おやっと思った。もしかして、城山の方が近いのか?先週と同じ時間に出発したのに、到着時間が二子の方が30分ほど遅かった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 任侠道(12d)、×、2テン
中二週でのトライ。動きが固かったが、それほど、岩がつめたくなかった。これまでで一番楽に5p目まで到着できたかも。しかし、息は上がっていた。核心一手目の右手アンダーからの遠い左手カチは握りこめず、バランス悪くドアオープン状態で体が離されていった。ワンテンにするかと、5p目からスタート。6p目はインチキしないでクリップできて、そのまま最後の垂直地帯は?7p目にヌンチャクがないことを見つけて、動揺してテンション。自分のヌンチャクをかけてトップアウトした。

(4) 任侠道(12d)、×、6p目敗退
今度も同じ。右手アンダーから左手カチ取りはドアオープンで左手カチに届いても、体が引きはがされてしまった。うーん。左足ホールドを変えるか。右上を使うと立ち上がるのが苦しくなるので、少し左下の方を使っていたが、これだと体がはがされる力が大きくなる。一旦、左足を戻そう。

(5) 任侠道(12d)、××、5p目敗退
新しいドラゴンレースでやってみた。体幹がすでにやられていたのと、足置きに気を使って、超スローな登りになってしまった。5p目で、前腕張ってて、何もできなくなってしまった。オーミに7p目のヌンチャクの回収をお願いした。ありがとうございます。その前にU子ちゃん、ヌンチャクいつも使わせてもらって、ありがとうございます。

情けない登りで今年のクライミングは終了しました。任侠の前半は疲れます。とりあえず、核心セクションに入る前に息が上がってない状態にしないととは感じながら、これ以上の改善の方法が、みつからない状況です。さらに慣れるしかないのでしょう。今日は、2便ほど核心セクションの最初の一手を出せるところまでは到達できました。微々たる前進でしたが、ほんの気持ち少しだけ進展です。どうも、トライする気持ちが消極的です。次回はもっと積極的な気持ちでトライしたいです。

〇 今日の二子山
・年末のせいでしょうか?空いていました。
・スーさんが、ノースマウンテン(12a)を静かに完登していました。
・だんごねぇが、ペトルシュクァー(12c)をRP。凄い。
・まー様がさるの腰掛をRPしていました。みなさん、おめでとうございます。
・写真は、「任侠道(12d)」をトライするオーミ。
b0037220_8395854.jpg


P.S.
書きかけのままで、操作ミスで公開のままなっていました。31日の朝に加筆修正しました。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-30 08:40 | 二子山'12-'13 | Comments(0)

2012年12月26日、T-WALL東村山、ジム登り納めか

寒い。今年はめちゃくちゃに寒い。どうなってしまったのでしょう。温暖化なのに。毎年寒い。温暖化で寒暖の差が激しくなっているような。アップの繋ぎものと長てもので落ちた。あまりにホールドがツルツルで、これは頑張らない方がよいと思って、自ら落ちた。手がツルツルのスベスベ。えぐれている簡単なテープ課題でのアップに切り替えた。昼のマダム達の置き土産の油っぽいお菓子を食べて、指先に油がついて、濡れている方がまだ滑らない気がする。

〇 kの氏、4Q~3Q、12/26
・本日の追加課題、茶色4Q~3Qをkの氏に奨められて、触る。
・出だしが??? 見るに見かねた、kの氏が右足トゥーフックですと教えてくれた。なるほど。次の便でそのまま完登。
b0037220_2331076.jpg


〇 シブくん、2012.12.23
・紫4Q、ゴール手前の左手ホールドが遠い。一回目は手を出せず。二回目は3cmはずす。三回目に止まって、ゴール取りは右手クロスでぎりぎり止まった。完登。
・水色2Qは、2Qにしては登り易いとのことだが、ゴール手前穴ホールド取りが難しい。挫折。
b0037220_23304611.jpg


〇 ナベちゃん@T-WALL、2012.12.24
・ハードサンタ、ピンク3Q-は、出だし右手出しでランジしたが届かず。左手オレンジピンチ持ちで取ってから、右手ガバね。なるほど。次の便で完登。
b0037220_23331376.jpg


ストーブで背中をアツアツに温めてはトライして、またストーブの前へ。なんだか、あっと言う間に、時間が過ぎてしまって、ジム登り納めは終了してしまった。チーウォール、今年一年もお世話になりました。ジムならびに常連の方々、来年もよろしくです。家に帰って、あわてて指皮を削ったのでした。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-26 23:35 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年12月23-24日、城山、フェイトRP、オーバードライブRP

当初は、土日で城山の予定だったが、土曜日は間違えなく雨のようだったので、日月に変更した。以前、雨の日に無理して行って、雨に濡れて酷い目にあったからだ。アプローチの長い岩場では、この時期に雨に濡れると風邪をひくだけだ。少し賢くなりました。行きは、中央道~八王子~厚木~東名~新東名~長泉沼津IC経路で行ってみたら、7時に峠に到着した。こちらの経路の方が早いかも?結局その都度の車の量の問題で川崎IC経由でも一緒かも?しかし、伊豆の国市に到着すると、麓から見た城山は何だか黒かった。今朝がたも雨が降ったようで、登れるルートは限定されてしまいました。目標のルートの上部は水没。さーて、何をやるかなぁと悩みながらのクライミング開始でした。

◇ 23日(日)
ワイルドボアは濡れていて、午前中触れるルートはなさそうで、とりあえずチューブロックへ行く。寒い。何やるかなぁと悩みながら冬の短い一日が始まりました。

(1) ストーンフリー(10c)、MS/RP
チューブロックは少し吹上風が吹いて寒かったです。焼石しして、前回の雪辱。無事RP。

(2) フェイト(12a)、MS/初トライ、××、ムーブ探り
迷いに迷って、乾いているルートはチューブロックか二間バンド。と言うことで、このルートにトライすることにした。出だしがムズイ。4p目あたりまで行ったが、そこでテンション。各停でヌンチャクがけしながら、ムーブを探るが、核心ムーブがちょっと強引すぎるかなと思いながら、一通り決めて降りる。核心手前で大レストできそうなので、何とかなるかも?

(3) フェイト(12a)、××、ムーブ探り
出だしから忘れている。先便でこなしたムーブをパートナーに教えてもらう(笑)。だいたいは先便と同じように、一か所、詰まったが、核心手前まで行ける。そして大レスト。無理やりムーブでなんとかできることを祈りながら、核心へ入るが、左手穴ホールドは、アンダー方向には全然持てず。うっ、テンションムーブだったかとあきらめる。再度ムーブ探り。狭っ苦しいバックステップで、右手ガストンで左足上げて、左手小さな穴ホールドで右手リップのガバ?か。最後の乗越しは、繋げてくるとやられそう~。右足ヒールフックでガバ取りできることを見つけた。

(4) フェイト(12a)、RP
またまた前半はムーブが変わってしまったが、まーまーの登りで核心手前の大レストポイントに到着。しっかり休んで、核心へゴー。右手アンダーから5p目?クリップ。左手穴ホールド差して、狭いバックステップで右手ガストン取りは止まった、左足上げて、左手小さい穴。右足は畳み込めない悪いバランスのままから右手デッドで持ち損ねて、足ブラになったが、なんと耐えた。シカーで固めてある、いつ取れてもおかしくないホールドは避けて、最後の乗越しは?まだ、カラータイマーは点滅していなかった。先便で見つけたヒールフックで乗り越し終了点に到着。

◇ 24日(月)
ドントスピークをトライするつもりだった。一手ものらしいが、前回来た時にMOTさんとGAIDAさんが触っていて、自分もやってみたかった。昨日はびしょ濡れだったが、昨晩は結構な風が吹いていた。今日は乾いているかもしれないと期待してきたのだが、今日も濡れていた。さて、何やるんだ。朝から悩ましかった。しかも、今朝はとっても寒いです。M代っちが混みだす前に先にオーバードライブにヌンチャク掛けたいとのことで、まずはビレイから、小春日和(12a)でも触るつもりでいたが、チューブロックの方は混んでいそうなので、今日はこれやるかな。

(5) オーバードライブ(11d)、初トライ、××、ムーブ探り
アップなしで、いきなり、初トライ。もちろん出だしでテンション。このルート、出だしから難しいです。体はまだ全然動かないわ。岩は冷たいは。指皮は乾燥してツルツルテカテカ。各停でムーブ探りになってしまいました。

(6) オーバードライブ(11d)、RP
とりあえず、ムーブはできたような。だけど、記憶がかなり曖昧です。特に下部と上部。核心ムーブは難しいムーブで組み立てちゃったかなぁと思いながら、まー、今日はまだ時間があるしと、登り始めました。出だしが思った通りにこなせて、3p目?クリップ。ここから核心。核心の右手ガバツノホールドから左手が止まった時にスイッチと言うか目が覚めました。核心は先便に解析したムーブを一発でこなせて、そして本当の核心は、まだカラータイマーはついていません。上部を迷いながら、さまよいながら、こなして、最後は手順間違えて、二手戻って、パンプしながら、終了点クリップ。がんばりました。

(7) インスタンブール(8)、MS/OS
午後から寒気が入って、急に気温が下がった。もう、難しいのをこれから触る気になれなかった。とは言え、まだ2便しか登っていない。と言うことで、次回アップに使えるか登ってみました。あっ、これいいルートです。岩が冷たくて、降りてくると、指がジンジンしていました。

今回の城山も、とても緊張して、プレッシャーのかかる楽しいトライができました。その日のうちに登れそうなルートを選んでトライしているわけですが、11dとか12aはとても微妙なグレードです。それほど簡単ではない。結局、それがプレッシャーになって、この最終便で登らないと、そんなプレッシャーを楽しんでいるような。どんなグレード触っても、そんな緊張感がクライミングの楽しさなのかなぁと思うこのごろです。帰りは、伊豆スカイライン~ターンパイク~小厚~R129経由~八王子経路で帰ってきました。渋滞殆どなしでした。伊豆スカイラインは雪が降っていて、ホワイトクリスマスでした。メリークリスマス!

〇 クリスマスの城山
・日曜日に峠につくと、黒くて大きな車がやってきました。マッキーさんでしたが、その後チューブロックでも顔を合わせながら、私だと気づくのに5時間以上かかったようです(笑)。
・雨水ほとばしり、寒風が吹き抜けるワルドボアは両日とも静かでした。
・チューブロックは両日ともめちゃ混みだったようです。
・日曜日、二間バンドが大賑わいでした。ポカポカでした。月曜日は空いていたようです。
・両日とも、めったに合わない知り合いクライマーさん達が沢山。新鮮でした。
・まーさまは、寒くて、こりゃダメだろうと思うような寒くなり過ぎた、二日目の最終便でオーバードライブをRP。あー、よかった、よかった。
・写真は、月曜日にポ〇〇ンをトライする、コブくん。ガンバ。
b0037220_2344439.jpg


〇 フェイト(12a)
・出だしが嫌らしいが、結局核心手前で大レストができる。そこから、右手ガバアンダーでクリップしてから核心セクションでクリップはできない。実質3手のボルダールート。
・だけど、核心は結構難しいです。持久力がないと核心こなしても、最後の乗越しでやれられるかも。
・うーん。体感グレード。11dか11d/12aぐらいでしょうか。最近登ったルートと比較すると、太刀岡のゴーオンザボルトと同じぐらい?
・写真は、同じくこの日にフェイトをトライされていた方。
b0037220_23445640.jpg


〇 オーバードライブ(11d)
・うーん。このルート難しいです。ヌンチャク掛けからやっていたら二便では登れなかったでしょう。ヌンチャクがかかってたからこその二撃だったと思います。
・出だしから悪く。スローピーなホールドが続き、核心も簡単ではありません。それを超えても、スローピーなスラブフェース帯が続きます。
・嫌らしいけど、いいルートです。
b0037220_2345479.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-12-24 23:46 | 城山 | Comments(8)

2012年12月21日、JetSet

久々に土日で登りに行く予定だったが、土曜日の午前中は雨予報なので、日月に予定を変更した。でっ、久々にJetSetへ行ってきた。久々なのにM島夫妻からは今回も温かくウェルカムしていただけました。

〇 今日のJetSet
・暁人くんがいました。髪型かえたようです。さっぱりした髪に日焼けしていました。
・スラブ壁で、4-5Qやら、3-4Qやら。
・被った壁で、M島さんに奨められるまま、4-5Qやら。
b0037220_2333284.jpg


触った課題を全部登れるのは、なんだか楽しい。またこよう。ところで、最近、庭の工事で、業者さんの作業スペースを作るため、ここ1週間ほどは連続して、毎日車を出しては駅の近くのタイムズに駐車してます。そして昨夜は忘年会でした。もちろん車は駐車場にデポでした。生まれて初めて二日続けて、コイン駐車場に車を置いてしまいました。駐車料金は1日最大¥1,200円、24時まで。もしかしたら、1日目の24時を過ぎると、¥1,200円にそのまま通常金額が上乗せされてしまうのではないかと心配していました。ドキドキしながら、精算ボタンを押してみました。¥2,400と表示されました。あー!よかった。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-21 23:39 | JetSet | Comments(0)

2012年12月19日、T-WALL

昼から川崎出張で、4時半に終了。パンプ2へも行けるつもりで道具は持ってきていたのだが、ノートPCやら鞄が重くて、結局、駅から近いチーウォールにした。帰りの南武線は最高のiPhone5練習場。タッチパネルに慣れていないせいで、SNSで操作誤って、知らない人と友達になってしまった003.gif。誤操作をたまにしますが、とりあえずiPhone5は快適です。アップルのソフトは、機能指向でなくて、オブジェクト指向なので直観的にわかっていいです。

〇 「いろんなありのページ。」、オージ@T-WALL、2012.5.18
・何やら古い課題が流行っていた。私もアップがてら参戦。
・あり、赤5-6級は、一撃。ちょっと登りずらい。
・はたらきあり、青4-5級は、紫スローパーを右手でクロスで左手出したら全然できなかった。右手を送って、左手を紫スローパーアンダーに寄せて、ゴール取りが正解では?二便かかる。
・たたかうあり、紫4級は、これ難しい。ハリボテ上のホールド取りの体勢になるまでのムーブでまずはまり、ハリボテ上のホールド取りに散々落とされた後、完登。
b0037220_2332135.jpg


今日は湿度が低すぎて、スローピーなのは難しい。きん3級課題は今日も登れず。シブくんの今日作成の3Q課題が登れそうで登れず、打ちまくる。あっ、ホールドの持つ場所間違っていたのかと気づいた時は、時既に遅し。よれて、その後が取れなくなっていた。次回か。結局4時間半も登っていた。最後に任侠対策の研究少し。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-19 23:38 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2012年12月17日、T-WALL

朝起きた時に、おやっ?二日酔いまではいかないが、少し、ぼーとした感覚があったので、変だなぁと思っていたのですが、家に帰ってきて、わかりました。昨日買ったボトルを見たら、半分なくなっていました005.gif。なんてこったい。日曜日は自分の書斎の掃除やら整理やら買い物やら、雑用が終わったのが、夕方の4時過ぎで、もう暗くなり始めていました。時間があれば、プールへ行くつもりだったのに、なんとなーく、黄昏時の条件反射で酒が恋しくなってしまいました。今日はまーいいかなと早めから飲み始めてしまいました。気持ちよーくなったところで、BSの平清盛がスタート。酒のみながら見ていたら、知らぬうちに酒が進んでしまったようです。夕飯食べて、9時には夢の中でした。よく寝たのに、酒が残っているとは、どれだけ飲んだのかと思っていたのですが。これは飲み過ぎでした。登らない日曜日はとっても危険です。だけど、夕方にはすっきりして、元気よくジムへ向かいました041.gif

〇 後半戦、オージ@T-WALL、[3~4級のページ」、2012.12.11
・先週の残りの課題をトライする。
・黄緑3-4Qは、この写真の解像度だと見えずらい。狭っ苦しいスタートから右手ガバ穴アンダー。狭っ苦しいまま左手を青スローパで赤ハリボテを右手で取る。左手マッチして、右手送り、小さなカチ左手でハイステップで、右手ガバホールド。左手アンダー側へマッチして、右手ゴール取り。出だしと中盤で要リハーサルで4便ぐらいかかる。
・紫3Q-は、三手目の三日月状器ホールドからムーブがわからず、悩んでいたが、右足を黄緑デカホールドにトゥーフックを見つけるまで時間がかかる。下から繋いで、ガバアンダーへ一発で掴んで、そのまま完登。
・ピンク3Qは、出だしが恐ろしく遠い。しかもスタートホールドが持ち辛い。若様とk沼くんにお手本見せてもらったけど、まだできない。苦節40分。スタート時に左手親指をしっかり当てて、左手でもひきつけながら体上げてから左手ランジ気味で足ブラか。でっ止まって、もらいと思ったら、左手の緑穴ホールド外して落ちる。あちゃー。だけど、スタートのコツは掴んだ。次は左手の緑穴ホールド止めて、右手ガバへ取った瞬間に左手が抜けてフォール。チキチー!根性で次の便で完登。動的なムーブで次のホールド取りの瞬間にデッドポイントを作らないといけないムーブは難しいです。
b0037220_23171472.jpg


三つ目の課題にやられました。体が終わってしまって、キン3Q課題は今日も登れず。最後に黒4と黒7を登るが黒7は登れず。土曜日の二子で背中の張りを感じていたのですが、増幅されました。

ところで、冒頭に書いた、NHK大河ドラマの「平清盛」は視聴率低迷のようですが、私はとても、「おもしろー、おかしく」、見ています。この時代の歴史って、あまり把握できていませんでしたが、源平から平氏、そして平家へ。頼朝の源氏再興と北条政子。あー、そういうシナリオだったか。清盛がどんどん悪者になっていく。それに反して、清いイメージの頼朝と悪女と呼ばれる北条政子は、ずいぶん、かわいく描かれています。いいですねぇ。この時代に武士の時代が作られ、やがて戦国時代へ突入していく。面白いです。そして、平家物語の「おごれる者も久しからず」ですね。謙虚な心が大切ですね。クライミングも。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-17 23:32 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2012年12月15日、二子山

土曜は雨の予報で、日曜は晴れの予報でしたが、雨あがりの晴れ、しかも暖かそうな二子よりは、終日曇り時々雨の少し湿り気のある、曇りだけど暖かい方。土曜日を選びました。結果は終日晴れちゃいました。雨予報を嫌ってか、今日の弓状はいつもより、随分空いていました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 任侠道(12d)、4テン、トップアウト
(4) 任侠道(12d)、核心最初の一手止まらず、6p目敗退
(5) 任侠道(12d)、多テン、5p目敗退

未だ昨シーズンの2テンにもなりません。やる気がないのでしょうか?ジンさんの解析によれば、任侠の5p目までは11cとのことで、11aぐらいに感じないと登れない! 私には11dぐらいに感じます。「乾杯」の下を通り過ぎる時、悩ましいなぁとつぶやいたH田さんにエコーしたら、あのルートは打って打って打ちまくって、目を閉じていても登れるぐらいにするしかないでしょうと助言されました。このルートの前半は全然ムーブが流れません。普通のルートなら、数便も出せば、コナレテしまうのに。ムーブが流れずらいのでしょうか。いや、違いました。このルートは普通のルートではないのでした。格調高き二子を代表するようなルートでした。登り易いわけがありませんでした。前半が登り易いのなら簡単に登れてしまいます。やはり、何度も何度も繰り返して慣れて、体に染み込ませるしかないようです。それと、どうもジリジリ登りになっています。それは、自分の登り方ではありません。まずは、リズムとか変えてみたいと思います。二子にはルートの選択権が殆どありません。他の岩場だと自分が登り易そうなルートとかを選べるのですが、ここの岩場ではトライするルートがほぼ階段状に決まっています。選べないのです。300便コースになりそうです。まぁ、それでも登れればよいのですけど。

〇 今日の弓状
・雨の予報でしたが、終日晴れてくれました。昼からは暑過ぎぐらいでした。
・暖かくて体は動くのですが、ホールドも温かくて保持できません。
・任唐ラインは7人。凄い勢いで回ってました。速過ぎ。だけど、このペースで、全員3回でした。日が短すぎますね。
b0037220_2355477.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-12-15 22:08 | 二子山'12-'13 | Comments(2)

2012年12月12日、T-WALL東村山

貸出機が展示会から帰ってきたら、壊れてた。なんてこったい。次の貸出が来週なのに、自分が検証用に使っているマシンとパーツを交換して何とかするか。何気に年末の小忙しいムード。iPhoneいじってる暇がないぞ。そして、今日は何か完登して、iPhoneで課題の写真を撮りたいぞと、張り切ってチーウォールへやってきたのでした。

〇 kの氏、穴社長、追加課題、12/12
・紺4Q-5は、3手目クロスのガバ取りで右足ヒールがどうも決まらない。と思ったら、ヒールじゃなくてフランスパン一番手前に普通に置くのか。そのまま完登。
・ピンク4-3Qは、カンテホールド右手で、デカ青ハリボテに左足ヒールで左手穴ホールド寄せて、右手穴ホールドはバランスが窮屈で出せない。左手を次の穴へ送って、右手をチビ穴ホールドへ戻して、左手ガバ取り。設定手順と違うだろうな~と思いながら、難しくして完登。
b0037220_23243531.jpg


〇 オージ@T-WALL、[3~4級のページ」、2012.12.11
・黒4Qは、設定は二手目アンダーだろうけど、狭くてできず。上側持って、右足ハイステップで右手オレンジデカホールド取りはリハーサルでできた後、下から繋いで一度落とされる。次で完登。
・紺3-4Qは、一手づつ、ムーブ解析に時間がかかる。全部リハーサルでできえから、下から繋げる。ガバ赤アンダー取りは止まった!そのまま完登。
・緑3-4Qは、まずは、出だし3手目で行き詰まる。足で立つんだ!中盤のクロスから左手穴ホールドはリハーサルで何とかできて、下から繋げて、その左手穴取りで3回落とされた。その後完登。
・登っても登っても、沢山課題が残る。残りは次回か。
b0037220_23285621.jpg


最後に登れていない、きん課題3Qは、核心超えて最後のムーブよれてできずではなくて、覚えていなかった。再度リハーサルして確認して、今度はうまくいったが、ゴール取りで落とされた。あちゃー!これも次回だ。なんとか、課題の写真撮れて送れました。ちょっと解像度が低かったか。次回はもう一つt高い解像度の写真を送ろう。

きん
by Climber-Kin | 2012-12-12 23:29 | T-WALL東村山 | Comments(2)

iPhone 5

壊れかけていた携帯をずっと使っていました。インド人から、「○○○さん」の携帯は古いねって、言われてから長いです。今月中だとテザリングオプションが2年間無料ってことで、思い切って、買い替えました。それがどのぐらい使えるかはわかりませんが。買った、その日は、もう大変でした。メール出すのも一苦労で、肩が凝ってしまいました。だけど、二日目は随分なれました。操作感は昔のアップルと同じでした。文字入力だけはやっぱり時間がかかります。昔の携帯の方が2倍ぐらい速いです。そのうち、これも慣れると思いますけど。

〇 iPhone 5
・朝起きて、年賀状の住所印刷。PCからWiFiルータ経由でプリンタへたくさんデータ送ると、プリンタがハングします。
・iPhone5買って、不在者投票行って、タイヤの100km点検。
・その間、iPhone5の操作に翻弄されっぱなし。
・ようやくなれてきました。
b0037220_23582582.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-12-11 00:01 | クライミングギア | Comments(2)